Azure Stack への Linux イメージの追加Add Linux images to Azure Stack

適用先: Azure Stack 統合システムと Azure Stack Development KitApplies to: Azure Stack integrated systems and Azure Stack Development Kit

Azure Stack Marketplace に Linux ベースのイメージを追加することによって、Azure Stack に Linux 仮想マシン (VM) をデプロイできます。You can deploy Linux virtual machines (VMs) on Azure Stack by adding a Linux-based image into the Azure Stack Marketplace. 最も容易に Linux イメージを Azure Stack に追加する方法は、Marketplace Management からです。The easiest way to add a Linux image to Azure Stack is through Marketplace Management. これらのイメージは、Azure Stack との互換性を確保できるよう、あらかじめ準備され、テストされています。These images have been prepared and tested for compatibility with Azure Stack.

Marketplace ManagementMarketplace Management

Azure Marketplace の Linux のイメージをダウンロードするには、次の記事の手順に従ってください。To download Linux images from the Azure Marketplace, use the procedures in the following article. Azure Stack で、ユーザーに提供する Linux のイメージを選択します。Select the Linux images that you want to offer users on your Azure Stack.

Azure から Azure Stack に Marketplace の項目をダウンロードするDownload marketplace items from Azure to Azure Stack.

独自のイメージを準備するPrepare your own image

次のいずれかの手順を使用すると、独自の Linux イメージを準備できます。You can prepare your own Linux image using one of the following instructions:

  1. Azure Linux エージェントをダウンロードしてインストールします。Download and install the Azure Linux Agent.

    Azure Stack に Linux VM をプロビジョニングするためには、Azure Linux エージェント バージョン 2.2.2 以上が必要です。なお、一部のバージョン (2.2.12 や 2.2.13 など) は動作しません。The Azure Linux Agent version 2.2.2 or higher is required to provision your Linux VM on Azure Stack and some versions do not work (2.2.12 and 2.2.13, for examples). 前に説明したディストリビューションの多くには、エージェントのバージョンが既に含まれています (通常 WALinuxAgent または walinuxagent と呼ばれる)。Many of the distributions listed previously already include a version of the agent (typically called WALinuxAgent or walinuxagent). カスタム イメージを作成する場合は、エージェントを手動でインストールする必要があります。If you create a custom image, you must install the agent manually. インストールされているバージョンは、パッケージの名前から、または VM で /usr/sbin/waagent -version を実行して判断できます。The installed version can be determined from the package name or by running /usr/sbin/waagent -version on the VM.

    Azure Linux エージェントを手動でインストールするには、以下の手順に従います。Follow the instructions below to install the Azure Linux agent manually -

    a.[サインオン URL] ボックスに、次のパターンを使用して、ユーザーが RightScale アプリケーションへのサインオンに使用する URL を入力します。a. まず、GitHub から、最新の Azure Linux エージェントをダウンロードします。例:First, download the latest Azure Linux agent from GitHub, example:

         # wget https://github.com/Azure/WALinuxAgent/archive/v2.2.21.tar.gz
    

    b.b. Azure エージェントを展開します。Unpack the Azure agent:

         # tar -vzxf v2.2.21.tar.gz
    

    c.c. python-setuptools をインストールします。Install python-setuptools

     **Debian / Ubuntu**
    
         # sudo apt-get update
         # sudo apt-get install python-setuptools
    
     **Ubuntu 16.04+**
    
         # sudo apt-get install python3-setuptools
    
     **RHEL / CentOS / Oracle Linux**
    
         # sudo yum install python-setuptools
    

    d.d. Azure エージェントをインストールします。Install the Azure agent:

         # cd WALinuxAgent-2.2.21
         # sudo python3 setup.py install --register-service
    

    Python 2.x および Python 3.x がサイド バイ サイドでインストールされたシステムでは、次のコマンドを実行する必要がある場合があります。Systems with Python 2.x and Python 3.x installed side-by-side may need to run the following command:

      sudo python3 setup.py install --register-service
    

    詳細については、Azure Linux エージェント README をご覧ください。For more information, see the Azure Linux Agent README.

  2. Marketplace にイメージを追加します。Add the image to the Marketplace. OSType パラメーターが Linux に設定されていることを確認してください。Make sure that the OSType parameter is set to Linux.
  3. Marketplace にイメージを追加すると、Marketplace アイテムが作成され、ユーザーが Linux 仮想マシンをデプロイできます。After you've added the image to the Marketplace, a Marketplace item is created and users can deploy a Linux virtual machine.

次の手順Next steps

Azure Stack でのサービスの提供の概要Overview of offering services in Azure Stack