Azure Stack でストレージ アカウントを管理するManage storage accounts in Azure Stack

ビジネスのニーズに基づいてストレージ容量を検索、回復、および回収するために、Azure Stack でストレージ アカウントを管理する方法について説明します。Learn how to manage storage accounts in Azure Stack to find, recover, and reclaim storage capacity based on business needs.

ストレージ アカウントの検索Find a storage account

リージョン内のストレージ アカウントのリストは、次の方法を使って Azure Stack で表示できます。The list of storage accounts in the region can be viewed in Azure Stack by:

  1. 管理ポータルにサインインします。Sign in to the Admin portal.

  2. [管理] の下で、[すべてのサービス] > [リージョン管理] を選択します。Select All services > Region management under Administration.

  3. [リソース プロバイダー] リストから [ストレージ] を選びます。Select Storage from the Resource Providers list.

    ストレージ リソース プロバイダー

  4. [ストレージ] で、[ストレージ アカウント] を選択します。Select Storage accounts in Storage.

    ブレードに、そのリージョンのストレージ アカウントのリストが表示されます。The blade displays the list of storage accounts in that region.

既定では、最初の 10 個のアカウントが表示されます。By default, the first 10 accounts are displayed. リストの下部にある [さらに読み込む] リンクをクリックすると、さらに多くのアカウントをフェッチすることができます。You can choose to fetch more by clicking the Load more link at the bottom of the list.

またはOR

特定のストレージ アカウントに関心がある場合は、フィルター処理して関連するアカウントのみをフェッチすることができます。If you are interested in a particular storage account – you can filter and fetch the relevant accounts only.

アカウントをフィルター処理するには:To filter for accounts:

  1. ウィンドウの上部にある [フィルター] を選択します。Select Filter at the top of the pane.
  2. [フィルター] ウィンドウでは、アカウント名、**サブスクリプション ID、またはステータスを指定して、表示するストレージ アカウントのリストを細かく調整できます。On the Filter pane, it allows you to specify account name, **subscription ID, or status to fine-tune the list of storage accounts to be displayed. 必要に応じてこれらを使用します。Use them as appropriate.
  3. [Update](更新) を選択します。Select Update. リストが更新されます。The list should refresh accordingly.

  4. フィルターをリセットするには、[フィルター] を選択し、選択をオフにして更新します。To reset the filter: select Filter, clear out the selections and update.

(ストレージ アカウントのリスト ウィンドウの上部の) 検索テキスト ボックスを使用すると、アカウントのリスト内で選択したテキストを強調表示することができます。The search text box (on the top of the storage accounts list pane) lets you highlight the selected text in the list of accounts. この方法は、フル ネームまたは ID が簡単には見つからないときに役立ちます。You can use this when the full name or ID is not easily available.

ここでフリー テキストを使用すると、関心のあるアカウントが見つけやすくなります。You can use free text here to help find the account you are interested in.

アカウントの詳細の確認Look at account details

表示で関心のあるアカウントが見つかったら、そのアカウントを選択して特定の詳細を表示できます。Once you have located the accounts you are interested in viewing, you can select the particular account to view certain details. 新しいウィンドウが開き、アカウントの種類、作成時、場所などのアカウントの詳細が表示されます。A new pane opens with the account details such as: the type of the account, creation time, location, etc.

削除されたキーの回復Recover a deleted account

削除したアカウントを回復する必要がある場合があります。You may be in a situation where you need to recover a deleted account.

Azure Stack では、これを行う簡単な方法があります。In Azure Stack there is a simple way to do that:

  1. ストレージ アカウント リストを参照します。Browse to the storage accounts list. 詳細については、この記事の「ストレージ アカウントの検索」を参照してください。See Find a storage account in this article for more information.
  2. そのリストで特定のアカウントを検索します。Locate that particular account in the list. 場合によっては、フィルターを使用する必要があります。You may need to filter.
  3. アカウントの状態を確認します。Check the state of the account. [削除済み] になっているはずです。It should say Deleted.
  4. アカウントを選択して、その詳細ウィンドウを開きます。Select the account, which opens the account details pane.
  5. このウィンドウの上部にある [回復] ボタンを選択します。On top of this pane, locate the Recover button and select it.
  6. [はい] を選択して確定します。Select Yes to confirm.

  7. その結果が正常であったことを受けて、この回復は [process…wait](処理中…お待ちください) と表示されます。The recovery is now in process…wait for an indication that it was successful. ポータルの上部にある "ベル" アイコンを選択して、進行状況インジケーターを表示できます。You can also select the “bell” icon at the top of the portal to view progress indications.

    回復したアカウントが正常に同期されたら、もう一度使用できます。Once the recovered account is successfully synchronized, it can be used again.

注意事項Some Gotchas

  • 削除されたアカウントの状態が、保有期間外として表示される。Your deleted account shows state as out of retention.

    "保有期間外" は、削除されたアカウントが保有期間を超過しており、回復できない可能性があることを意味します。Out of retention means that the deleted account has exceeded the retention period and may not be recoverable.

  • 削除されたアカウントがアカウント リストに表示されない。Your deleted account does not show in the accounts list.

    削除されたアカウントが既にガベージ コレクトされている場合、アカウント リストに表示されません。You account may not show in the account list when the deleted account has already been garbage collected. この場合、回復はできません。In this case, it cannot be recovered. この記事の「容量の回収」を参照してください。See Reclaim capacity in this article.

保有期間の設定Set the retention period

保有期間の設定では、クラウド オペレーターは削除されたアカウントが回復できる可能性がある期間を日数で指定できます (0 から 9999 日の間)。The retention period setting allows a cloud operator to specify a time period in days (between 0 and 9999 days) during which any deleted account can potentially be recovered. 既定の保有期間は 0 日に設定されています。The default retention period is set to 0 days. 値を “0” に設定すると、削除されたすべてのアカウントがすぐに保有期間外になり、定期的なガベージ コレクションの対象としてマークされます。Setting the value to “0” means that any deleted account is immediately out of retention and marked for periodic garbage collection.

保有期間を変更するには:To change the retention period:

  1. 管理ポータルにサインインします。Sign in to the Admin portal.
  2. [管理] の下で、[すべてのサービス] > [リージョン管理] を選択します。Select All services > Region management under Administration.
  3. [リソース プロバイダー] リストから [ストレージ] を選びます。Select Storage from the Resource Providers list.
  4. 上部の [設定] を選択して [設定] ウィンドウを開きます。Select Settings at the top to open the setting pane.
  5. [構成] を選択してリテンション期間の値を編集します。Select Configuration then edit the retention period value.

    日数を設定して保存します。Set the number of days and then save it.

    この値はすぐに有効になり、リージョン全体に設定されます。This value is immediately effective and is set for your entire region.

容量の回収Reclaim capacity

保有期間を設定することの副作用の 1 つは、削除されたアカウントが、保有期間外になるまで、容量を消費し続けることです。One of the side effects of having a retention period is that a deleted account continues to consume capacity until it comes out of the retention period. クラウド オペレーターには、削除されたアカウントの保有期間が終了していなくても、その領域を回収する方法が必要な場合があります。As a cloud operator you may need a way to reclaim the deleted account space even though the retention period has not yet expired.

ポータルまたは PowerShell のいずれかを使用して、容量の回収ができます。You can reclaim capacity using either the portal or PowerShell.

ポータルを使用して容量を回収するには:To reclaim capacity using the portal:

  1. [ストレージ アカウント] ウィンドウに移動します。Navigate to the storage accounts pane. ストレージ アカウントの検索」を参照してください。See Find a storage account.
  2. ウィンドウの上部の [Reclaim space](領域の回収) を選択します。Select Reclaim space at the top of the pane.
  3. メッセージを確認し、[OK] を選択します。Read the message and then select OK.

  4. 成功を通知するベルのアイコンがポータルに表示されるまで待ちます。Wait for success notification See the bell icon on the portal.

  5. [ストレージ アカウント] ページを更新します。Refresh the Storage accounts page. 削除されたアカウントは消去されているため、リストに表示されません。The deleted accounts are no longer shown in the list because they have been purged.

PowerShell を使用して保有期間を明示的にオーバーライドし、すぐに容量を回収することもできます。You can also use PowerShell to explicitly override the retention period and immediately reclaim capacity.

PowerShell を使用して容量を回収するには:To reclaim capacity using PowerShell:

  1. Azure PowerShell がインストールおよび構成されていることを確認します。Confirm that you have Azure PowerShell installed and configured. それ以外の場合は、次の手順を実行します。If not, use the following instructions:
  2. 次のコマンドレットを実行します。Run the following cmdlets:

注意

これらのコマンドレットを実行すると、アカウントとその内容が完全に削除されます。If you run these cmdlets, you permanently delete the account and its contents. これは復旧できません。It is not recoverable. 慎重に使用してください。Use this with care.

    $farm_name = (Get-AzsStorageFarm)[0].name
    Start-AzsReclaimStorageCapacity -FarmName $farm_name

詳細については、Azure Stack PowerShell のドキュメントを参照してください。For more information, see Azure Stack PowerShell documentation.

次の手順Next steps