Azure Stack の物理ディスクを交換するReplace a physical disk in Azure Stack

適用対象:Azure Stack 統合システムと Azure Stack Development KitApplies to: Azure Stack integrated systems and Azure Stack Development Kit

この記事では、Azure Stack で物理ディスクを交換する一般的な手順について説明します。This article describes the general process to replace a physical disk in Azure Stack. 物理ディスクが正常に機能しなくなった場合、早急に交換する必要があります。If a physical disk fails, you should replace it as soon as possible.

この手順は、統合システムと、ホット スワップ可能なディスクを含む開発キットのデプロイに使用できます。You can use this procedure for integrated systems, and for development kit deployments that have hot-swappable disks.

実際のディスク交換手順は、ご利用の OEM (Original Equipment Manufacturer) ハードウェア ベンダーによって異なります。Actual disk replacement steps will vary based on your original equipment manufacturer (OEM) hardware vendor. お使いのシステムに特化した詳しい手順については、ベンダーの現場交換可能ユニット (FRU) ドキュメントをご覧ください。See your vendor’s field replaceable unit (FRU) documentation for detailed steps that are specific to your system.

ディスクのアラート情報の確認Review disk alert information

ディスクが正常に機能しなくなると、物理ディスクへの接続が切断されたことを通知するアラートが表示されます。When a disk fails, you receive an alert that tells you that connectivity has been lost to a physical disk.

物理ディスクへの接続が切断されたことを示すアラート

アラートを開くと、スケール ユニット ノードおよび交換が必要なディスクの厳密な物理スロットの場所が、アラートの説明に示されます。If you open the alert, the alert description contains the scale unit node and the exact physical slot location for the disk that you must replace. Azure Stack では LED インジケーター機能を使用して、障害が発生したディスクを識別するさらなる手助けをします。Azure Stack further helps you to identify the failed disk by using LED indicator capabilities.

ディスクの交換Replace the disk

実際のディスク交換については、OEM ハードウェア ベンダーの FRU 手順に従ってください。Follow your OEM hardware vendor’s FRU instructions for actual disk replacement.

注意

一度に 1 つのスケール ユニット ノードのディスクを交換します。Replace disks for one scale unit node at a time. 仮想ディスク修復ジョブが完了するのを待ってから、次のスケール ユニット ノードに移ります。Wait for the virtual disk repair jobs to complete before moving on to the next scale unit node

統合システムでサポートされていないディスクの使用を回避するために、ベンダーでサポートされていないディスクはシステムでブロックされます。To prevent the use of an unsupported disk in an integrated system, the system blocks disks that are not supported by your vendor. サポートされていないディスクを使用しようとすると、サポートされていないモデルまたはファームウェアであるためディスクが検疫された、というアラートが新たに表示されます。If you try to use an unsupported disk, a new alert tells you that a disk has been quarantined because of an unsupported model or firmware.

ディスクを交換すると、Azure Stack が自動的に新しいディスクを検出し、仮想ディスクの修復プロセスを開始します。After you replace the disk, Azure Stack automatically discovers the new disk and starts the virtual disk repair process.

仮想ディスクの修復状態の確認Check the status of virtual disk repair

ディスクの交換後、特権エンドポイントを使用して、仮想ディスクの正常性状態と修復ジョブの進行を監視できます。After you replace the disk, you can monitor the virtual disk health status and repair job progress by using the privileged endpoint. 特権エンドポイントにネットワーク接続されている任意のコンピューターから、次の手順に従います。Follow these steps from any computer that has network connectivity to the privileged endpoint.

  1. Windows PowerShell セッションを開き、特権エンドポイントに接続します。Open a Windows PowerShell session and connect to the privileged endpoint.

        $cred = Get-Credential
        Enter-PSSession -ComputerName <IP_address_of_ERCS>`
          -ConfigurationName PrivilegedEndpoint -Credential $cred
    
  2. 仮想ディスクの正常性を表示するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to view virtual disk health:

        Get-VirtualDisk -CimSession s-cluster
    

    Get-VirtualDisk コマンドの Powershell 出力

  3. 現在の記憶域ジョブの状態を表示するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to view current storage job status:

        Get-VirtualDisk -CimSession s-cluster | Get-StorageJob
    

    Get-StorageJob コマンドの Powershell 出力

仮想ディスク修復のトラブルシューティングTroubleshoot virtual disk repair

仮想ディスクの修復ジョブが進行しないようであれば、次のコマンドを実行してジョブを最初からやり直してください。If the virtual disk repair job appears stuck, run the following command to restart the job:

      Get-VirtualDisk -CimSession s-cluster | Repair-VirtualDisk