SQL Server リソース プロバイダーを Azure Stack にデプロイするDeploy the SQL Server resource provider on Azure Stack

Azure Stack SQL Server リソース プロバイダーを使用して、SQL データベースを Azure Stack サービスとして公開します。Use the Azure Stack SQL Server resource provider to expose SQL databases as an Azure Stack service. SQL リソース プロバイダーは、Windows Server 2016 Server Core 仮想マシン (VM) 上でサービスとして実行されます。The SQL resource provider runs as a service on a Windows Server 2016 Server Core virtual machine (VM).

重要

SQL または MySQL をホストするサーバー上に項目を作成できるのは、リソース プロバイダーのみです。Only the resource provider is supported to create items on servers that host SQL or MySQL. リソース プロバイダー以外がホスト サーバー上に項目を作成すると、不一致状態になる可能性があります。Items created on a host server that are not created by the resource provider might result in a mismatched state.

前提条件Prerequisites

Azure Stack SQL リソース プロバイダーをデプロイする前に、いくつかの前提条件が満たされている必要があります。There are several prerequisites that need to be in place before you can deploy the Azure Stack SQL resource provider. これらの要件を満たすには、特権エンドポイント VM にアクセスできるコンピューターで次の手順を実行します。To meet these requirements, complete the following steps on a computer that can access the privileged endpoint VM:

証明書Certificates

統合システムのインストールのみを対象For integrated systems installations only. Azure Stack のデプロイの PKI 要件に関するページの「オプションの PaaS 証明書」セクションで説明されている SQL PaaS PKI 証明書を指定する必要があります。You must provide the SQL PaaS PKI certificate described in the optional PaaS certificates section of Azure Stack deployment PKI requirements. DependencyFilesLocalPath パラメーターで指定された場所に .pfx ファイルを配置します。Place the .pfx file in the location specified by the DependencyFilesLocalPath parameter. ASDK システムの証明書は提供しないでください。Do not provide a certificate for ASDK systems.

SQL リソース プロバイダーをデプロイするDeploy the SQL resource provider

前提条件がすべてインストールされたら、DeploySqlProvider.ps1 スクリプトを実行して SQL リソース プロバイダーをデプロイできます。After you've installed all the prerequisites, you can run the DeploySqlProvider.ps1 script to deploy the SQL resource provider. DeploySqlProvider.ps1 スクリプトは、Azure Stack のバージョンに応じてダウンロードした SQL リソース プロバイダーのバイナリの一部として抽出されます。The DeploySqlProvider.ps1 script is extracted as part of the SQL resource provider binary that you downloaded for your version of Azure Stack.

重要

リソース プロバイダーをデプロイする前に、新しい機能、修正、デプロイに影響を与える可能性のある既知の問題に関する詳細については、リリース ノートを確認してください。Before deploying the resource provider, review the release notes to learn about new functionality, fixes, and any known issues that could affect your deployment.

SQL リソース プロバイダーをデプロイするには、管理者特権で新しい PowerShell ウィンドウ (PowerShell ISE ではない) を開き、SQL リソース プロバイダーのバイナリ ファイルを抽出したディレクトリに変更します。To deploy the SQL resource provider, open a new elevated PowerShell window (not PowerShell ISE) and change to the directory where you extracted the SQL resource provider binary files. 既に読み込まれている PowerShell モジュールによって発生する可能性のある問題を回避するには、新しい PowerShell ウィンドウを使用することをお勧めします。We recommend using a new PowerShell window to avoid potential problems caused by PowerShell modules that are already loaded.

DeploySqlProvider.ps1 スクリプトを実行すると、次のタスクが完了します。Run the DeploySqlProvider.ps1 script, which completes the following tasks:

  • Azure Stack 上のストレージ アカウントに証明書とその他のアーティファクトをアップロードします。Uploads the certificates and other artifacts to a storage account on Azure Stack.
  • ギャラリー パッケージを発行して、ギャラリーを使用して SQL データベースをデプロイできるようにします。Publishes gallery packages so you can deploy SQL databases using the gallery.
  • ホスティング サーバーをデプロイするためのギャラリー パッケージを発行します。Publishes a gallery package for deploying hosting servers.
  • ダウンロードした Windows Server 2016 Core イメージを使用して VM をデプロイした後、SQL リソース プロバイダーをインストールします。Deploys a VM using the Windows Server 2016 core image you downloaded, and then installs the SQL resource provider.
  • リソース プロバイダー VM にマップされるローカル DNS レコードを登録します。Registers a local DNS record that maps to your resource provider VM.
  • リソース プロバイダーをオペレーター アカウントのローカルの Azure Resource Manager に登録します。Registers your resource provider with the local Azure Resource Manager for the operator account.

注意

SQL リソース プロバイダーのデプロイが開始されると、system.local.sqladapter リソース グループが作成されます。When the SQL resource provider deployment starts, the system.local.sqladapter resource group is created. このリソース グループに対して必要なデプロイが完了するまで最大で 75 分かかる可能性があります。It may take up to 75 minutes to finish the required deployments to this resource group.

DeploySqlProvider.ps1 パラメーターDeploySqlProvider.ps1 parameters

コマンド ラインから次のパラメーターを指定できます。You can specify the following parameters from the command line. 必須パラメーターの指定がない場合、またはいずれかのパラメーターの検証が失敗した場合は、指定することを求められます。If you don't, or if any parameter validation fails, you're prompted to provide the required parameters.

パラメーター名Parameter name 説明Description コメントまたは既定値Comment or default value
CloudAdminCredentialCloudAdminCredential 特権エンドポイントへのアクセスに必要な、クラウド管理者の資格情報。The credential for the cloud administrator, necessary for accessing the privileged endpoint. 必須Required
AzCredentialAzCredential Azure Stack サービス管理者アカウントの資格情報。The credentials for the Azure Stack service admin account. Azure Stack のデプロイに使用したのと同じ資格情報を使用します。Use the same credentials that you used for deploying Azure Stack. 必須Required
VMLocalCredentialVMLocalCredential SQL リソース プロバイダー VM のローカル Administrator アカウントの資格情報。The credentials for the local administrator account of the SQL resource provider VM. 必須Required
PrivilegedEndpointPrivilegedEndpoint 特権エンドポイントの IP アドレスまたは DNS 名。The IP address or DNS name of the privileged endpoint. 必須Required
AzureEnvironmentAzureEnvironment Azure Stack のデプロイに使用したサービス管理者アカウントの Azure 環境。The Azure environment of the service admin account which you used for deploying Azure Stack. Azure AD のデプロイでのみ必須です。Required only for Azure AD deployments. サポートされている環境名は AzureCloudAzureUSGovernment、または中国の Azure Active Directory を使用している場合は AzureChinaCloud です。Supported environment names are AzureCloud, AzureUSGovernment, or if using a China Azure Active Directory, AzureChinaCloud. AzureCloudAzureCloud
DependencyFilesLocalPathDependencyFilesLocalPath 統合システムの場合のみ、証明書 .pfx ファイルはこのディレクトリにも配置する必要があります。For integrated systems only, your certificate .pfx file must be placed in this directory. 必要に応じて、ここで 1 つの Windows Update MSU パッケージをコピーできます。You can optionally copy one Windows Update MSU package here. 省略可能 (統合システムでは_必須_)Optional (mandatory for integrated systems)
DefaultSSLCertificatePasswordDefaultSSLCertificatePassword .pfx 証明書のパスワード。The password for the .pfx certificate. 必須Required
MaxRetryCountMaxRetryCount エラーが 発生した場合に各操作を再試行する回数。The number of times you want to retry each operation if there's a failure. 22
RetryDurationRetryDuration 再試行間のタイムアウト間隔 (秒単位)。The timeout interval between retries, in seconds. 120120
アンインストールUninstall リソース プロバイダーと関連付けられているすべてのリソースを削除します (以下のメモを参照してください)。Removes the resource provider and all associated resources (see the following notes). いいえ No
DebugModeDebugMode 障害発生時に自動クリーンアップが行われないようにします。Prevents automatic cleanup on failure. いいえ No

カスタム スクリプトを使用して SQL リソース プロバイダーをデプロイするDeploy the SQL resource provider using a custom script

リソース プロバイダーをデプロイする際の手動による構成を除外するには、次のスクリプトをカスタマイズできます。To eliminate any manual configuration when deploying the resource provider, you can customize the following script.

必要に応じて、Azure Stack のデプロイに適した既定のアカウント情報とパスワードを変更します。Change the default account information and passwords as needed for your Azure Stack deployment.

# Install the AzureRM.Bootstrapper module, set the profile and install the AzureStack module
Install-Module -Name AzureRm.BootStrapper -Force
Use-AzureRmProfile -Profile 2018-03-01-hybrid -Force
Install-Module -Name AzureStack -RequiredVersion 1.5.0

# Use the NetBIOS name for the Azure Stack domain. On the Azure Stack SDK, the default is AzureStack but could have been changed at install time.
$domain = "AzureStack"

# For integrated systems, use the IP address of one of the ERCS virtual machines
$privilegedEndpoint = "AzS-ERCS01"

# Provide the Azure environment used for deploying Azure Stack. Required only for Azure AD deployments. Supported values for the <environment name> parameter are AzureCloud, AzureChinaCloud or AzureUSGovernment depending which Azure subscription you are using. 
$AzureEnvironment = "<EnvironmentName>"

# Point to the directory where the resource provider installation files were extracted.
$tempDir = 'C:\TEMP\SQLRP'

# The service admin account can be Azure Active Directory or Active Directory Federation Services.
$serviceAdmin = "admin@mydomain.onmicrosoft.com"
$AdminPass = ConvertTo-SecureString "P@ssw0rd1" -AsPlainText -Force
$AdminCreds = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ($serviceAdmin, $AdminPass)

# Set credentials for the new resource provider VM local administrator account.
$vmLocalAdminPass = ConvertTo-SecureString "P@ssw0rd1" -AsPlainText -Force
$vmLocalAdminCreds = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ("sqlrpadmin", $vmLocalAdminPass)

# Add the cloudadmin credential that's required for privileged endpoint access.
$CloudAdminPass = ConvertTo-SecureString "P@ssw0rd1" -AsPlainText -Force
$CloudAdminCreds = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ("$domain\cloudadmin", $CloudAdminPass)

# Change the following as appropriate.
$PfxPass = ConvertTo-SecureString "P@ssw0rd1" -AsPlainText -Force

# Clear the existing login information from the Azure PowerShell context.
Clear-AzureRMContext -Scope CurrentUser -Force
Clear-AzureRMContext -Scope Process -Force

# Change to the directory folder where you extracted the installation files. Do not provide a certificate on ASDK!
. $tempDir\DeploySQLProvider.ps1 `
    -AzCredential $AdminCreds `
    -VMLocalCredential $vmLocalAdminCreds `
    -CloudAdminCredential $cloudAdminCreds `
    -PrivilegedEndpoint $privilegedEndpoint `
    -AzureEnvironment $AzureEnvironment `
    -DefaultSSLCertificatePassword $PfxPass `
    -DependencyFilesLocalPath $tempDir\cert

リソース プロバイダーのインストール スクリプトが終了したら、最新の更新プログラムが表示されるようにブラウザーを最新の情報に更新します。When the resource provider installation script finishes, refresh your browser to make sure you can see the latest updates.

Azure Stack ポータルを使用してデプロイを確認するVerify the deployment using the Azure Stack portal

次の手順を実行すると、SQL リソース プロバイダーが正常にデプロイされたことを確認できます。You can use the following steps verify that the SQL resource provider is successfully deployed.

  1. 管理ポータルにサービス管理者としてサインインします。Sign in to the admin portal as the service administrator.
  2. [リソース グループ] を選択します。Select Resource Groups.
  3. system.<location>.sqladapter リソース グループを選択します。Select the system.<location>.sqladapter resource group.
  4. リソース グループの概要の概要ページで、失敗したデプロイは表示されていないはずです。On the summary page for Resource group Overview, there should be no failed deployments. SQL リソース プロバイダーのデプロイの確認Verify deployment of the SQL resource provider
  5. 最後に、管理者ポータルで仮想マシンを選択して、SQL リソース プロバイダー VM が正常に作成され、実行されていることを確認します。Finally, select Virtual machines in the admin portal to verify that the SQL resource provider VM was successfully created and is running.

次の手順Next steps

ホスティング サーバーを追加するAdd hosting servers