Azure Stack Capacity PlannerAzure Stack Capacity Planner

Azure Stack Capacity Planner は、Azure Stack のキャパシティ プランニングに使用されるスプレッドシートです。The Azure Stack Capacity Planner is a spreadsheet used for Azure Stack resource capacity planning. このツールは、コンピューティング リソースのさまざまな割り当てを設計し、ハードウェアのさまざまな選択に対してこれらがどのようにフィットするかを確認する機能を提供します。The capacity planner provides you with the ability to design various allocations of computing resources and see how these would fit across a selection of hardware offerings. Azure Stack の計算ツール使用の詳細手順については後述します。Detailed instructions for the use of the Azure Stack Calculator are provided below.

ワークシートの説明Worksheet descriptions

以下に Azure Stack Capacity Planner のスプレッドシートに含まれているワークシートの概要を示します。このスプレッドシートは http://aka.ms/azstackcapacityplanner からダウンロードできます。The following is a short summary of the worksheets contained in the Azure Stack Capacity Planner spreadsheet that can be downloaded from http://aka.ms/azstackcapacityplanner:

タブ名Tab Name 説明Description
Version-DisclaimerVersion-Disclaimer 計算ツールの目的、バージョン番号、およびリリース日の簡単な概要です。Brief overview of the purpose of the calculator, version number, and released date.
InstructionsInstructions Azure Stack Capacity Planner の使用方法について、詳細な手順を提供します。Provides detailed instructions for the use of the Azure Stack Capacity Planner.
DefinedSolutionSKUsDefinedSolutionSKUs 最大 5 つのハードウェア定義を含む複数列テーブル。Multi-column table that contains up to five hardware definitions. このシートの入力内容は例です。The entries in this sheet are examples. この意図は、ユーザーが詳細を変更して、使用または購入を検討しているシステム構成に合わせることです。The intent is that the user will change details to match system configurations being considered for use or purchase.
DefineByVMFootprintDefineByVMFootprint さまざまなサイズおよび VM 数のコレクションを作成して適切なハードウェア SKU を検索します。Find the appropriate hardware SKU by creating a collection of various sizes and quantities of VMs.
DefineByWorkloadFootprintDefineByWorkloadFootprint Azure Stack のワークロードのコレクションを作成して適切なハードウェア SKU を検索します。Find the appropriate hardware SKU by creating a collection of Azure Stack workloads.

DefinedSolutionSKUs の手順DefinedSolutionSKUs instructions

このワークシートには、最大 5 つのハードウェア定義の例が含まれています。This worksheet contains up to five hardware definition examples. 詳細を変更して、使用または購入を検討しているシステム構成に合わせます。Change details to match the system configurations being considered for use or purchase.

ハードウェアの認定パートナーによって提供されるハードウェアの選択Hardware selections provided by Authorized Hardware Partners

Azure Stack は、ソリューション パートナーによってインストールされたソフトウェアが組み込まれたシステムとして提供されます。Azure Stack is delivered as an integrated system with software installed by solution partners. これらのソリューション パートナーは、それぞれのソリューションに固有の、信頼できる Azure Stack キャパシティ プランニング ツールのバージョンを持っており、これらのツールを使用して、ソリューションのキャパシティに関する検討をまとめる必要があります。These solution partners will have their own, authoritative versions of Azure Stack capacity planning tools and those tools should be used to finalize discussions of solution capacity.

コンピューティング リソースをモデル化する複数の方法Multiple Ways to Model Computing Resources

Azure Stack 計画ツール内のリソース モデリングに使用する基本的な構成要素は、さまざまなサイズの Azure Stack 仮想マシン (VM) です。The basic building blocks used for resource modeling within the Azure Stack planner are the various sizes of Azure Stack virtual machines (VMs). これらの VM のサイズ範囲は、最小サイズの「Basic 0」から最大サイズの現在最大の VM である「Standard_Fsv2」までです。These VMs range in size from the smallest, "Basic 0", up to the current largest VM, "Standard_Fsv2." ニーズに基づいて、このツールを使用して 2 つの方法で、さまざまな VM を好きな数量使用して、コンピューティング リソース割り当てを作成できます。Based on your needs, various quantities of differing VMs can be used to create computing resource allocations using this tool in two different ways.

  1. 計画ツールのユーザーは、特定のハードウェア製品を選択し、さまざまなリソースのどの組み合わせがこのハードウェア リソース内に収まるかを確認します。The planner user selects a specific hardware offering and sees which combinations of various resources fit within this hardware resource.

  2. 計画ツールのユーザーは、VM 割り当ての特定の組み合わせを作成し、使用可能などのハードウェア SKU がこの VM 構成をサポートできるかを Azure Resource 計算ツールに表示させます。The planner user creates a specific combination of VM allocations and then lets the Azure Resource Calculator shows which available hardware SKUs are capable of supporting this VM configuration.

このツールは、VM リソースを割り当てる方法を 2 つ用意しています。VM リソース割り当ての 1 つのコレクションとして割り当てる方法または最大 6つの異なるワークロード構成のコレクションとして割り当てる方法のいずれかです。This tool provides two methods for allocating VM resources; either as one single collection of VM resource allocations or as a collection of up to six differing Workload configurations. 各ワークロード構成は、使用可能な VM リソースの異なる割り当てを含むことができます。Each Workload configuration can contain a different allocation of available VM resources. これらの割り当てモデルそれぞれを作成し、使用する詳細について以下に示します。Detailed information for creating and using each of these allocation models is provided below. 非バック グラウンドのシェードされたセルに格納されている値、またはこのワークシートの SKU プルダウン リスト内の値のみ変更する必要があります。Only values contained in non-background shaded cells, or within SKU pull-down lists on this worksheet should be modified. シェードされたセル内で行われた変更によってリソースの計算が損なわれる場合があります。Changes made within shaded cells may break resource calculations.

DefineByVMFootprint の手順DefineByVMFootprint instructions

さまざまなサイズの VM とさまざまな VM の数量を持つ 1 つのコレクションを使用してモデルを作成するには、[DefineByVMFootprint] タブを選択し、この一連の手順に従います。To create a model using a single collection of various sizes and quantities of VMs, select the "DefineByVMFootprint" Tab and follow this sequence of steps.

  1. このワークシートの右上隅で、指定されたプルダウン リスト ボックス コントロールを使用して、各ハードウェア システム (SKU) にインストールするサーバーの初期の数 (4 ~ 16) を選択します。In the upper right corner of this worksheet, use the provided pull-down list box controls to select an initial number of servers (between 4 and 16) you want installed in each hardware system (SKU). このサーバーの数は、リソース割り当てモデルの使用可能なリソース全体への影響を確認するために、モデリング プロセス中にいつでも変更できます。This number of servers may be modified at any time during the modeling process to see how this affects overall available resources for your resource allocation model.
  2. 1 つの特定のハードウェア構成に対してさまざまな VM リソース割り当てをモデル化する場合、ページの右上隅の「Current SKU」(現在の SKU) ラベルの真下にある青のプルダウン リスト ボックスを探します。If you want to model various VM resource allocations against one specific hardware configuration, find the blue pull-down list box directly below the "Current SKU" label in the upper right-hand corner of the page. このリスト ボックスをプルダウンし、目的のハードウェア SKU を選択します。Pull down this list box and select your desired hardware SKU.
  3. さまざまなサイズの VM のモデルへの追加を開始する準備が整いました。You are now ready to begin adding various sized VMs to your model. 特定の VM タイプを含めるには、その VM エントリの左側の青枠で囲まれたボックスに数量の値を入力します。To include a particular VM type, enter a quantity value into the blue outlined box to the left of that VM entry.

    注意

    各 VM は最初に割り当てられているストレージ サイズで始まります。Each VM starts with an initially assigned storage size. ストレージ サイズはリスト ボックスを使用して表示され、各 Azure Stack の VM のストレージ リソースの必要なレベルに合わせて変更できます。Storage size is displayed using a list box and can be modified to fit your desired level of storage resource for each Azure Stack VM. 使用するストレージ サイズが指定されていない場合、ページの右側にある「Available Storage Configurations」(使用可能なストレージ構成) リストに含まれている 10 個の初期サイズのいずれかを変更して追加できます。If the storage size you want to use is not provided, you can add it by modifying any of the 10 initial sizes contained in the "Available Storage Configurations" list found on the right hand side of the page.

    各 VM は、最初に割り当てられたローカルの一時ストレージから始まります。Each VM starts with an initially assigned local temp storage. 一時ストレージのシン プロビジョニングを反映するには、可能な最大一時ストレージ量を含むドロップダウン メニューのいずれかにローカルの一時的な数を変更します。To reflect the thin provisioning of temp storage the local-temp number can be changed to anything in the drop down menu including the maximum allowable temp storage amount.

  4. VM を追加すると、使用可能な SKU リソースの変更を示すグラフが表示されます。As you add VMs, you will see the charts that show available SKU resources changing. これにより、モデリング プロセス中にさまざまなサイズと VM の数量を追加することの効果を確認できます。This allows you to see the effects of adding various sizes and quantities of VMs during the modeling process. 変更の影響を把握する別の方法は、使用可能な VM の真下にリストされる消費された数とまだ使用可能な数を確認することです。Another way to view the effect of changes is to watch the Consumed and Still Available numbers listed directly below the list of available VMs. これらの数値は、現在選択されているハードウェア SKU に基づく推定値を反映しています。These numbers reflect estimated values based on the currently selected hardware SKU.

  5. 一連の VM を作成した後は、ページの右上隅の「Current SKU」(現在の SKU) ラベルの真下にある「Suggested SKU」(推奨 SKU) ボタンをクリックして、推奨ハードウェア SKU を検索できます。Once you have created your set of VMs, you can find the suggested hardware SKU by clicking the "Suggested SKU" button found in the upper right corner of the page, directly below the "Current SKU" label. このボタンを使用すると、VM 構成を変更し、どのハードウェアがそれぞれの構成をサポートするかを確認できます。Using this button, you can then modify your VM configurations and see which hardware supports each configuration.

DefineByWorkloadFootprint の手順DefineByWorkloadFootprint instructions

Azure Stack のワークロードのコレクションを使用してモデルを作成するには、[DefineByWorkloadFootprint] タブを選択し、この一連の手順に従います。To create a model using a collection of Azure Stack Workloads, select the "DefineByWorkloadFootprint" Tab and follow this sequence of steps. Azure Stack のワークロードは、使用可能な VM リソースを使用して作成されます。Azure Stack Workloads are created using available VM resources.

ヒント

Azure Stack VM に指定されたストレージ サイズを変更するには、前のセクションの手順 3 のメモを参照してください。To change the provided storage size for an Azure Stack VM, see the note from step three in the preceding section.

  1. このページの右上隅で、指定されたプルダウン リスト ボックス コントロールを使用して、各ハードウェア システム (SKU) にインストールするサーバーの初期の数 (4 ~ 16) を選択します。In the upper right corner of this page, use the provided pull-down list box controls to select an initial number of servers (between 4 and 16) you want installed in each hardware system (SKU).
  2. 1 つの特定のハードウェア構成に対してさまざまな VM リソース割り当てをモデル化する場合、ページの右上隅の「Current SKU」(現在の SKU) ラベルの真下にある青のプルダウン リスト ボックスを探します。If you want to model various VM resource allocations against one specific hardware configuration, find the blue pull-down list box directly below the "Current SKU" label in the upper right-hand corner of the page. このリスト ボックスをプルダウンし、目的のハードウェア SKU を選択します。Pull down this list box and select your desired hardware SKU.
  3. 上記の DefineByVMFootprint の手順の手順 3 で説明しているように、DefineByVMFootprint ページの目的の Azure Stack VM それぞれに対して適切なストレージ サイズを選択します。Select the appropriate storage size for each of your desired Azure Stack VMs on the DefineByVMFootprint page as described above in step three of DefineByVMFootprint instructions. VM あたりのストレージ サイズは、DefineByVMFootprint シートで定義されます。The storage size per VM is defined in the DefineByVMFootprint sheet.
  4. DefineByWorkloadFootprint ページの左上から、ワークロード内に含まれている各 VM タイプの数量を入力して、最大 6 つの異なるワークロード タイプの構成を作成します。Starting on the upper left of the DefineByWorkloadFootprint page, create configurations for up to six different Workload types by entering the quantity of each VM type contained within that Workload. これは、該当のワークロードの名前の真下にある列に数値を入力することによって実行します。This is done by placing numeric values into the column directly below that Workload's name. ワークロード名を変更して、この特定の構成でサポートされるワークロードのタイプを反映できます。Workload names may be modified to reflect the type of workloads that will be supported by this particular configuration.
  5. 「Quantity」(数量) ラベルの真下にある該当する列の下部に値を入力することによって、それぞれのワークロード タイプの特定の数量を含めることができます。You may include a particular quantity of each Workload type by entering a value at the bottom of that column directly below the "Quantity" label.
  6. ワークロード タイプと数量が作成されてから、ページの右上隅の「Current SKU」(現在の SKU) ラベルの真下にある「Suggested SKU」(推奨 SKU) ボタンをクリックすると、ワークロードの構成全体をサポートするのに十分なリソースを含む最小の SKUが表示されます。Once Workload types and quantities have been created, clicking the "Suggested SKU" button found in the upper right corner of the page, directly below the "Current SKU" label, will cause the smallest SKU with sufficient resources to support this overall configuration of Workloads to be displayed.
  7. ハードウェア SKU に選択したサーバーの数を変更する、または VM の割り当てまたはワークロード構成内の数量を変更することによって、さらなるモデリングを実行できます。Further modeling may be accomplished by modifying the number of servers selected for a hardware SKU, or changing the VM allocations or quantities within your Workload configurations. 関連付けられているグラフに、変更が全体的なリソースの消費量にどのように影響するかを示すフィードバックがすぐに表示されます。The associated graphs will display immediate feedback showing how your changes affect the overall resource consumption.
  8. 変更に納得してから「Suggested SKU」(推奨 SKU) ボタンをもう一度クリックすると、新しい構成に推奨される SKU が表示されます。Once you are satisfied with your changes, clicking the "Suggested SKU" button again will display the SKU suggested for your new configuration.

次の手順Next steps

Azure Stack のデータ センター統合に関する考慮事項Learn about the datacenter integration considerations for Azure Stack