Azure Stack ストレージ容量の計画Azure Stack storage capacity planning

次のセクションでは、ソリューションのストレージ ニーズに合わせて計画する場合に役立つ Azure Stack ストレージ容量の計画に関する情報を提供します。The following sections provide Azure Stack storage capacity planning information to assist in planning for the solutions's storage needs.

ストレージ容量の使用と構成Uses and Organization of Storage Capacity

Azure Stack のハイパーコンバージド構成では、物理ストレージ デバイスの共有を可能にします。The hyper-converged configuration of Azure Stack allows for the sharing of physical storage devices. 使用可能なストレージの 3 つの主な部分は、テナント仮想マシンのインフラストラクチャの一時ストレージ、および Azure Consistent Storage (ACS) サービスの BLOB、テーブル、キューをバックアップするストレージの間にあります。The three main divisions of the available storage are between the infrastructure, temporary storage of the tenant virtual machines, and the storage backing the blobs, tables, and queues of the Azure Consistent Storage (ACS) services.

スペース ダイレクトのキャッシュ層と容量層Spaces Direct Cache and Capacity Tiers

オペレーティング システム、ローカルのログ記録、ダンプ、およびその他の一時インフラストラクチャ ストレージのニーズに合わせて使用されるストレージ容量があります。There is storage capacity used for the operating system, local logging, dumps, and other temporary infrastructure storage needs. このローカル ストレージ容量は、記憶域スペース ダイレクト構成の管理下にあるストレージ デバイスから分離されます (デバイスと容量は別個)。This local storage capacity is separate (devices and capacity) from the storage devices brought under management of the Storage Spaces Direct configuration. その他のストレージ デバイスは、スケール ユニット内のサーバー数に関係なく、ストレージ容量の単一のプールに配置されます。The remainder of the storage devices is placed in a single pool of storage capacity regardless of the number of servers in the Scale Unit. これらのデバイスには、キャッシュおよび容量という 2 つの種類があります。These devices are of two types: Cache and Capacity. キャッシュ デバイスは、その名のとおり、キャッシュです。The Cache devices are just that – Cache. スペース ダイレクトでは、キャッシュの書き戻しと読み取りのためにこれらのデバイスを消費します。Spaces Direct will consume these devices for write-back and read caching. これらのキャッシュ デバイスの容量は、使用されますが、フォーマット済み仮想ディスクのフォーマット済み "可視" 容量にはコミットされません。The capacities of these Cache devices, while used, are not committed to formatted, “visible” capacity of the formatted virtual-disks. 容量デバイスはこの目的に使用され、記憶域スペースで管理されるデータの "ホームの場所" が提供されます。The Capacity devices are used for this purpose and provide the “home location” of the data managed by Storage Spaces.

すべてのストレージ容量は、Azure Stack インフラストラクチャによって直接割り当てられ、管理されます。All storage capacity is allocated and managed directly by the Azure Stack infrastructure. オペレーターは構成や割り当てについて選択する必要があります。また、容量拡張に関する選択に対応する必要があります。The operator does need to make choices about configuration, allocation, or deal with choices when it comes to capacity expansion. これらの設計上の決定は、ソリューション要件に合わせて行われており、初期インストール/デプロイ時または容量拡張時に自動化されます。These design decisions have been made to align with the solution requirements and are automated during either initial installation/deployment or during capacity expansion. 回復性、リビルドのための予約容量、およびその他の詳細は、設計の一部として考慮されています。Details about resiliency, reserved capacity for rebuilds, and other details have been considered as part of the design.

オペレーターは、オール フラッシュ構成またはハイブリッド ストレージ構成を選択することができます。Operators can choose between either an all flash or a hybrid storage configuration:

Azure のストレージ容量の計画

オール フラッシュ構成では、キャッシュは NVMe となり、容量に対して SATA SSD または NVMe を選択することができます。In the all flash configuration, the cache is NVMe with a choice of either SATA SSD or NVMe for capacity. ハイブリッド構成では、キャッシュは NVMe と SATA SSD から選ぶことができますが、容量は HDD となります。In the hybrid configuration, the cache is a choice between NVMe and SATA SSD while the capacity is HDD.

記憶域スペース ダイレクトと Azure Stack ストレージ構成の簡単な概要を以下に示します。A brief summary of the Storage Spaces Direct and Azure Stack storage configuration is as follows:

  • スケール ユニットごとに記憶域スペース プールが 1 つ (ストレージ デバイスはすべて単一プール内で構成されます)One Storage Spaces Pool per Scale Unit (all storage devices are configured within a single pool)
  • 仮想ディスクは最適なパフォーマンスと回復性のために 3 つのコピー ミラーとして作成されます。Virtual-disks are created as a three copy mirror for best performance and resiliency
  • 各仮想ディスクは ReFS ファイル システムとしてフォーマットされます。Each virtual-disk is formatted as an ReFS file system
  • 仮想ディスクの容量が計算され、割り当てられます。このとき、プール内の 1 つの容量デバイスのデータ容量が未割り当てのままとなります。Virtual-disk capacity is calculated and allocated in a way as to leave one Capacity device’s amount of data capacity unallocated in the pool. つまり、サーバーごとに 1 つの容量ドライブがあることになります。This is the equivalent of one Capacity drive per server.
  • 各 ReFS ファイル システムでは、保存データの暗号化のために BitLocker が有効になります。Each ReFS file system will have BitLocker enabled for data-at-rest encryption.

自動的に作成される仮想ディスクとその容量は次のとおりです。The virtual-disks created automatically and their capacities are as follows:

NameName 容量の計算Capacity calculation 説明Description
ローカル/ブート デバイスLocal/boot device 最小 340 GB1Minimum of 340 GB1 オペレーティング システム イメージと "ローカル" インフラストラクチャ VM に対する個々のサーバー ストレージIndividual server storage for operating system images and "local" Infrastructure VMs
インフラストラクチャInfrastructure 3.5 TB3.5 TB すべての Azure Stack インフラストラクチャの使用量All Azure Stack infrastructure usage
VmTempVmTemp 以下を参照2See below2 テナント仮想マシンには一時ディスクが接続されており、そのデータはこれらの仮想ディスクに格納されます。Tenant virtual machines have a temporary disk attached and that data is stored in these virtual disks
ACSACS 下記参照 3See below 3 BLOB、テーブル、キューを提供するための Azure Consistent Storage 容量Azure Consistent Storage capacity for servicing blobs, tables, and queues

1 Azure Stack ソリューション パートナーの必要な最小ストレージ容量。1 Minimum storage capacity required of the Azure Stack solution partner.

2 テナント仮想マシンの一時ディスクで使用される仮想ディスク サイズは、サーバーの物理メモリの比率として計算されます。2 The virtual-disk size used for Tenant Virtual Machine temporary disks is calculated as a ratio of the physical memory of the server. Azure IaaS VM サイズに関する以下の表に示すとおり、一時ディスクは、仮想マシンに割り当てられた物理メモリの比率となります。As noted in the tables below for the Azure IaaS VM sizes, the temporary disk is a ratio of the physical memory assigned to the virtual machine. Azure Stack の "一時ディスク" ストレージについては、ほとんどのユース ケースが取り込まれるように割り当てられますが、すべての一時ディスク ストレージのニーズを満たせない場合があります。The allocation done for “temp disk” storage in Azure Stack will be done in a way as to capture most use cases but may not be able to satisfy all temp disk storage needs. 比率を選択すると、一時ディスク容量のみに対するソリューションのストレージ容量の大部分が消費されないときに、一時ストレージを利用できるようになります。The ratio chosen is a trade-off between making temporary storage available while not consuming a majority of the storage capacity of the solution for temp disk capacity only. スケール ユニット内のサーバーごとに、一時ストレージ ディスクが 1 つ作成されます。One temporary storage disk is created per server in the Scale Unit. 一時ストレージの容量は、スケール ユニットのストレージ プールで利用可能なストレージ容量全体の 10% を超えます。The capacity of the temporary storage will not grow beyond 10% of the overall available storage capacity in the storage pool of the Scale Unit. 計算は次の例のようになります。The calculation is something like the following example:

  DesiredTempStoragePerServer = PhysicalMemory * 0.65 * 8
  TempStoragePerSolution = DesiredTempStoragePerServer * NumberOfServers
  PercentOfTotalCapacity = TempStoragePerSolution / TotalAvailableCapacity
  If (PercentOfTotalCapacity <= 0.1)
      TempVirtualDiskSize = DesiredTempStoragePerServer
  Else
      TempVirtualDiskSize = (TotalAvailableCapacity * 0.1) / NumberOfServers

3 ACS で使用するために作成される仮想ディスクについては、残りの容量を単に除算します。3 The virtual-disks created for use by ACS are a simple division of the remaining capacity. 前述のとおり、すべての仮想ディスクは 3 方向ミラーであり、サーバーごとに 1 つの容量ドライブ相当の容量が未割り当てとなります。As noted, all virtual-disks are a three-way mirror and one Capacity drive’s worth of capacity for each server is unallocated. 上に列挙されているさまざまな仮想ディスクが最初に割り当てられてから、残りの容量が ACS 仮想ディスクで使用されます。The various virtual-disks enumerated above are allocated first and the remaining capacity is then used for the ACS virtual-disks.

次の手順Next steps

Azure Stack の容量計画スプレッドシートについて学習するLearn about the Azure Stack capacity planning spreadsheet