Azure Stack Storage: 違いと考慮事項Azure Stack storage: Differences and considerations

適用先: Azure Stack 統合システムと Azure Stack 開発キットApplies to: Azure Stack integrated systems and Azure Stack Development Kit

Azure Stack ストレージは、Microsoft Azure Stack 内のストレージ クラウド サービスのセットです。Azure Stack storage is the set of storage cloud services in Microsoft Azure Stack. Azure Stack ストレージでは、Azure と整合性のあるセマンティクスによって BLOB、テーブル、キュー、アカウント管理機能が提供されます。Azure Stack storage provides blob, table, queue, and account management functionality with Azure-consistent semantics.

この記事では、Azure Stack Storage サービスと Azure Storage サービスとの間で確認されている相違点をまとめています。This article summarizes the known Azure Stack Storage differences from Azure Storage services. Azure Stack をデプロイするときに考慮すべき事柄も取り上げています。It also lists things to consider when you deploy Azure Stack. グローバル Azure と Azure Stack との違いの概要については、主な考慮事項の記事をご覧ください。To learn about high-level differences between global Azure and Azure Stack, see the Key considerations article.

チート シート: ストレージの相違点Cheat sheet: Storage differences

機能Feature Azure (グローバル)Azure (global) Azure StackAzure Stack
File StorageFile storage クラウド ベースの SMB ファイル共有のサポートCloud-based SMB file shares supported まだサポートされていませんNot yet supported
Azure Storage Service Encryption for Data at RestAzure storage service encryption for data at Rest 256 ビット AES 暗号化256-bit AES encryption BitLocker 128 ビット AES 暗号化BitLocker 128-bit AES encryption
ストレージ アカウントの種類Storage account type 汎用アカウントと Azure Blob Storage アカウントGeneral-purpose and Azure blob storage accounts 汎用目的のみ。General-purpose only.
レプリケーション オプションReplication options ローカル冗長ストレージ、geo 冗長ストレージ、読み取りアクセス geo 冗長ストレージ、およびゾーン冗長ストレージLocally redundant storage, geo-redundant storage, read-access geo-redundant storage, and zone-redundant storage ローカル冗長ストレージ。Locally redundant storage.
Premium StoragePremium storage 完全にサポートされますFully supported プロビジョニング可能ですがパフォーマンス制限や保証がありません。Can be provisioned, but no performance limit or guarantee.
マネージド ディスクManaged disks Premium および標準がサポートされますPremium and standard supported 使用バージョンが 1808 以降の場合にサポートされます。Supported when you use version 1808 or later.
BLOB 名Blob name 1,024 文字 (2,048 バイト)1,024 characters (2,048 bytes) 880 文字 (1,760 バイト)880 characters (1,760 bytes)
ブロック BLOB の最大サイズBlock blob max size 4.75 TB (100 MB X 50,000 ブロック)4.75 TB (100 MB X 50,000 blocks) 1802 update 以降のバージョンでは、4.75 TB (100 MB x 50,000 ブロック)。4.75 TB (100 MB x 50,000 blocks) for the 1802 update or newer version. それより前のバージョンでは 50,000 X 4 MB (約 195 GB)。50,000 X 4 MB (approx. 195 GB) for previous versions.
ページ BLOB の増分スナップショットのコピーPage blob incremental snapshot copy Premium および標準の Azure ページ BLOB がサポートされますPremium and standard Azure page blobs supported まだサポートされていません。Not yet supported.
Blob Storage のストレージ層Storage tiers for blob storage ホット ストレージ層、クール ストレージ層、アーカイブ ストレージ層。Hot, cool, and archive storage tiers. まだサポートされていません。Not yet supported.
Blob Storage の論理的な削除Soft delete for blob storage プレビューPreview まだサポートされていません。Not yet supported.
ページ BLOB の最大サイズPage blob max size 8 TB8 TB 1 TB (テラバイト)1 TB
ページ BLOB のページ サイズPage blob page size 512 バイト512 bytes 4 KB4 KB
テーブルのパーティション キーと行キーのサイズTable partition key and row key size 1,024 文字 (2,048 バイト)1,024 characters (2,048 bytes) 400 文字 (800 バイト)400 characters (800 bytes)
BLOB スナップショットBlob snapshot 1 つの BLOB の最大スナップショット数は制限されていません。The max number of snapshots of one blob isn’t limited. 1 つの BLOB の最大スナップショット数は 1,000 です。The max number of snapshots of one blob is 1,000.

ストレージ メトリックにも相違点があります。There are also differences with storage metrics:

  • ストレージ メトリックのトランザクション データでは、内部と外部のネットワーク帯域幅が区別されません。The transaction data in storage metrics does not differentiate internal or external network bandwidth.
  • ストレージ メトリックのトランザクション データには、マウントされたディスクへの仮想マシンのアクセスは含まれません。The transaction data in storage metrics does not include virtual machine access to the mounted disks.

API バージョンAPI version

Azure Stack Storage では以下のバージョンがサポートされます。The following versions are supported with Azure Stack Storage:

Azure Storage サービスの API:Azure Storage services APIs:

1802 update 以降:1802 update or newer:

以前のバージョン:Previous versions:

Azure Storage サービスの Management API:Azure Storage services management APIs:

SDK バージョンSDK versions

Azure Stack ストレージは、次のクライアント ライブラリをサポートしています。Azure Stack storage supports the following client libraries:

クライアント ライブラリClient library Azure Stack でサポートされるバージョンAzure Stack supported version LinkLink エンドポイントの指定Endpoint specification
.NET.NET 6.2.0 から 8.7.0From 6.2.0 to 8.7.0. NuGet パッケージ:NuGet package:
https://www.nuget.org/packages/WindowsAzure.Storage/

GitHub リリース:GitHub release:
https://github.com/Azure/azure-storage-net/releases
app.config ファイルapp.config file
JavaJava 4.1.0 から 6.1.0From 4.1.0 to 6.1.0 Maven パッケージ:Maven package:
http://mvnrepository.com/artifact/com.microsoft.azure/azure-storage

GitHub リリース:GitHub release:
https://github.com/Azure/azure-storage-java/releases
接続文字列の設定Connection string setup
Node.jsNode.js 1.1.0 から 2.7.0From 1.1.0 to 2.7.0 NPM リンク:NPM link:
https://www.npmjs.com/package/azure-storage
(たとえば "npm install azure-storage@2.7.0" を実行します)(For example: run "npm install azure-storage@2.7.0")

GitHub リリース:Github release:
https://github.com/Azure/azure-storage-node/releases
サービス インスタンスの宣言Service instance declaration
C++C++ 2.4.0 から 3.1.0From 2.4.0 to 3.1.0 NuGet パッケージ:NuGet package:
https://www.nuget.org/packages/wastorage.v140/

GitHub リリース:GitHub release:
https://github.com/Azure/azure-storage-cpp/releases
接続文字列の設定Connection string setup
PHPPHP 0.15.0 から 1.0.0From 0.15.0 to 1.0.0 GitHub リリース:GitHub release:
https://github.com/Azure/azure-storage-php/releases

Composer 経由でインストールする (下記参照)Install via Composer (see details below)
接続文字列の設定Connection string setup
PythonPython 0.30.0 から 1.0.0From 0.30.0 to 1.0.0 GitHub リリース:GitHub release:
https://github.com/Azure/azure-storage-python/releases
サービス インスタンスの宣言Service instance declaration
RubyRuby 0.12.1 から 1.0.1From 0.12.1 to 1.0.1 RubyGems パッケージ:RubyGems package:
共通:Common:
https://rubygems.org/gems/azure-storage-common/
BLOB: https://rubygems.org/gems/azure-storage-blob/Blob: https://rubygems.org/gems/azure-storage-blob/
キュー: https://rubygems.org/gems/azure-storage-queue/Queue: https://rubygems.org/gems/azure-storage-queue/
テーブル: https://rubygems.org/gems/azure-storage-table/Table: https://rubygems.org/gems/azure-storage-table/

GitHub リリース:GitHub release:
https://github.com/Azure/azure-storage-ruby/releases
接続文字列の設定Connection string setup

次の手順Next steps