Resource Manager の vCPU クォータを増やす要求Resource Manager vCPU quota increase requests

Resource Manager の vCPU クォータは、リージョン レベルおよび SKU のファミリ レベルで適用されます。Resource Manager vCPU quotas are enforced at the region level and SKU family level. クォータを適用する方法について詳しくは、Azure のサブスクリプションとサービスの制限に関するページをご覧ください。Learn more about how quotas are enforced on the Azure subscription and service limits page. SKU のファミリについては、Virtual Machines の料金ページでコストとパフォーマンスを比較できます。To learn more about SKU Families, you may compare cost and performance on the Virtual Machines Pricing page.

引き上げを依頼するには、以下の手順に従い、Azure portal で使用できる Azure の [使用量 + クォータ] ブレードでサポート要求を作成します。To request an increase, follow the instructions below using to create a support request via Azure's 'Usage + quota' blade available in the Azure Portal.

サブスクリプション レベルでクォータの引き上げを依頼するRequest quota increase at subscription level

  1. https://portal.azure.com から [サブスクリプション] を選択します。From https://portal.azure.com, select Subscriptions.

    サブスクリプション

  2. クォータの追加が必要なサブスクリプションを選択します。Select the subscription that needs an increased quota.

    サブスクリプションを選択します。

  3. [使用量 + クォータ] を選択します。Select Usage + quotas

    使用量とクォータを選択します。

  4. 右上の [引き上げを依頼する] を選択します。In the upper right corner, select Request increase.

    引き上げを依頼する

  5. 手順 1: クォータの種類として、[コア] を選択します。Step:1 - Select Cores as the quote type.

    フォームに入力する

  6. 手順 2: [デプロイ モデル] として [リソース マネージャー] を選択して [場所] を選択します。Step:2 - Select Deployment model as "Resource Manager" and select a location.

    クォータの [問題] ブレード

  7. 増加する必要がある SKU のファミリを選択します。Select the SKU Families that require an increase.

    選択した SKU シリーズ

  8. サブスクリプションに対して必要な新しい制限を入力します。Enter the new limits you would like on the subscription.

    SKU の新しいクォータ要求

  • 行を削除するには、[SKU family (SKU ファミリ)] ドロップダウン リストで該当する SKU をオフにするか、破棄アイコン (x) をクリックします。To remove a line, uncheck the SKU from the SKU family dropdown or click the discard "x" icon. 各 SKU ファミリに必要なクォータを入力した後に、[問題] ステップ ページの [次へ] をクリックしてサポート要求の作成を続行します。After entering the desired quota for each SKU family, click "Next" on the Problem step page to continue with the support request creation.