Video Analyzer からの移行

この記事では、ビデオ分析アプリケーションを Video Analyzer から移行するためのいくつかのオプションについて説明します。

注意

Azure Video Analyzer プレビュー サービスは廃止されます。2022 年 12 月 1 日までに、Video Analyzer からアプリケーションを移行することをお勧めします。

Azure Video Analyzer for Media は、この廃止の影響を受けません。 これは Azure Video Indexer にブランドが変更されました。 詳細については、こちらをクリックして確認してください。

アクションが必要: ワークロードの中断を最小限に抑えるには、2022 年 12 月 1 日より前に、このガイドで説明されている推奨事項に従って、Video Analyzer からアプリケーションを移行してください。 2022 年 12 月 1 日以降、Azure Video Analyzer アカウントは機能しなくなります。 2022 年 5 月 2 日より、新しい Video Analyzer アカウントを作成することはできなくなります。

空間分析を使用する場合

エッジ サーバー上で Cognitive Services の空間分析コンテナーと共に Video Analyzer を使用している場合は、次のオプションがあります。

  • Dynamics 365 Connected Spaces に切り替えることができます。これは、現在小売業界を対象としている SaaS (サービスとしてのソフトウェア) ソリューションです。
  • RTSP カメラを空間分析コンテナーに直接接続でき、Web アプリケーションを構築できます。

他の AI モデルを使用する場合

エッジ サーバー上で Video Analyzer を使用して、他の AI モデルでライブ ビデオを分析している場合、オプションは次のようになります。

ビデオ管理システム

ビデオ管理システムには市販ソリューションがいくつかあります。使用可能なレビューや評価を参照してください。

次のステップ

上記の提案を活用して、2022 年 12 月 1 日までに Video Analyzer からアプリケーションを移行します。