Azure VMware Solution におけるネットワークと相互接続性の概念

Azure VMware Solution は、オンプレミスおよび Azure ベースのリソースからアクセスできるプライベート クラウド環境を提供します。 Azure ExpressRoute、VPN 接続、Azure Virtual WAN などのサービスによって接続が可能になります。 しかし、これらのサービスでは、サービスを有効にするために特定のネットワーク アドレス範囲とファイアウォール ポートが必要になります。

プライベート クラウドをデプロイすると、管理、プロビジョニング、および vMotion 用のプライベート ネットワークが作成されます。 これらのプライベート ネットワークを使用して、vCenter と NSX-T Manager、および仮想マシンの vMotion またはデプロイにアクセスします。

ExpressRoute Global Reach は、プライベート クラウドをオンプレミス環境に接続するために使用されます。 Microsoft Enterprise Edge (MSEE) レベルで回線を直接接続します。そのため、この接続には、サブスクリプション内にオンプレミスへの ExpressRoute 回線がある仮想ネットワークが必要です。 その理由は、vNet ゲートウェイ (ExpressRoute ゲートウェイ) ではトラフィックを転送できないからです。すなわち、2 つの回線を同じゲートウェイに接続できますが、一方の回線から他方にトラフィックが送信されません。

注意

たとえば地域の規制のために、ExpressRoute Global Reach が有効になっていない場所では、Azure IaaS VM を使用してルーティング ソリューションを構築する必要があります。 いくつかの例については、AzureCAT-AVS/networking を参照してください。

プライベート クラウドにデプロイされた仮想マシンは、Azure Virtual WAN パブリック IP 機能を使用してインターネットからアクセスできます。 新しいプライベート クラウドでは、インターネット アクセスが既定で無効になっています。

Azure VMware Solution プライベート クラウドにおける相互接続性には、次の 2 つの方法があります。

この記事では、要件や制限事項など、ネットワークと相互接続性を確立する重要な概念について説明します。 また、この記事では、Azure VMware Solution を操作してネットワークを構成するうえで把握しておく必要のある情報について説明します。

Azure VMware Solution プライベート クラウドのユース ケース

Azure VMware Solution プライベート クラウドには、次のようなユースケースがあります。

  • クラウド内の新しい VMware VM ワークロード
  • クラウドへの VM ワークロードのバースト (オンプレミスから Azure VMware Solution のみ)
  • クラウドへの VM ワークロードの移行 (オンプレミスから Azure VMware Solution のみ)
  • ディザスター リカバリー (Azure VMware Solution から Azure VMware Solution、またはオンプレミスから Azure VMware Solution)
  • Azure サービスの使用

ヒント

Azure VMware Solution サービスのすべてのユース ケースは、オンプレミスからプライベート クラウドへの接続で有効になります。

Azure 仮想ネットワークの相互接続性

Azure 仮想ネットワークを、Azure VMware Solution のプライベート クラウド実装と相互接続できます。 自分の Azure VMware Solution プライベート クラウドを管理し、プライベート クラウドでワークロードを使用して、他の Azure サービスにアクセスできます。

下の図は、プライベート クラウドのデプロイ時に確立される、基本的なネットワークの相互接続性を示しています。 これは、Azure 内の仮想ネットワークとプライベート クラウド間の論理ネットワークを示しています。 この接続は、Azure VMware Solution サービスの一部であるバックエンド ExpressRoute を介して確立されます。 相互接続性により、次の主要なユース ケースが実現します。

  • Azure サブスクリプション内の VM からアクセス可能な vCenter Server と NSX-T Manager への受信アクセス。
  • プライベート クラウド上の VM から Azure サービスへの発信アクセス。
  • プライベート クラウドで実行中のワークロードの受信アクセス。

Azure VMware Solution のプライベート クラウドのデプロイ時に確立される基本的なネットワーク相互接続性を示す図。

オンプレミスの相互接続性

完全に相互接続されたシナリオでは、Azure VMware Solution に Azure 仮想ネットワークとオンプレミスからアクセスできます。 この実装は、前のセクションで説明した基本的な実装を拡張したものです。 オンプレミスから Azure のAzure VMware Solution プライベート クラウドに接続するには、ExpressRoute 回線が必要です。

下の図は、オンプレミスからプライベート クラウドへの相互接続性を示しています。これにより、次のユース ケースが実現されます。

  • オンプレミスと Azure VMware Solution の間のホット/コールド vCenter vMotion。
  • オンプレミスから Azure VMware Solution プライベート クラウドへの管理アクセス。

仮想ネットワークとオンプレミスからプライベート クラウドへの相互接続性を示す図。

プライベート クラウドへの完全な相互接続性を実現するには、ExpressRoute Global Reach を有効にしてから、Azure portal で Global Reach の承認キーとプライベート ピアリング ID を要求する必要があります。 この承認キーとピアリング ID を使用して、サブスクリプション内の ExpressRoute 回線とプライベート クラウド用の ExpressRoute 回線との間の Global Reach を確立します。 リンクされると、2 つの ExpressRoute 回線によって、オンプレミス環境からプライベート クラウドへとネットワーク トラフィックがルーティングされます。 手順については、プライベート クラウドへの ExpressRoute Global Reach ピアリングの作成に関するチュートリアルを参照してください。

制限事項

Azure VMware Solution の上限を次の表に示します。

リソース 制限
プライベート クラウドあたりのクラスター数 12
クラスターごとのホストの最小数 3
クラスターごとのホストの最大数 16
プライベート クラウドあたりのホスト数 96
プライベート クラウドあたりの vCenter 数 1
HCX サイトのペアリング数 25 (任意のエディション)
AVS ExpressRoute にリンクされるプライベート クラウドの最大数 4
実際にリンクされるプライベート クラウドの最大数は、使用される仮想ネットワーク ゲートウェイによって決まります。 詳細については、「ExpressRoute の仮想ネットワーク ゲートウェイについて」を参照してください
AVS ExpressRoute のポート速度 10 Gbps
実際の帯域幅は、使用される仮想ネットワーク ゲートウェイによって決まります。 詳細については、「ExpressRoute の仮想ネットワーク ゲートウェイについて」を参照してください
vWAN を介して公開されるパブリック IP 数 100
vSAN の容量制限 使用可能な合計の 75% (SLA のために 25% を使用可能に保つ)

VMware 固有のその他の制限については、VMware Configuration Maximums ツールを使用してください。

次のステップ

Azure VMware Solution のネットワークと相互接続性の概念について理解したら、次の事項の学習に進むことができます。