アーカイブ層のサポート (プレビュー)Archive Tier support (Preview)

お客様は、組織のコンプライアンス ルールによって定義されたデータ保有のニーズがある長期保有 (LTR) バックアップ データを含むバックアップ データを保存するために Azure Backup を使用しています。Customers rely on Azure Backup for storing backup data including their Long-Term Retention (LTR) backup data with retention needs being defined by the organization's compliance rules. ほとんどの場合、古いバックアップ データにアクセスすることはめったになく、コンプライアンスのニーズのためだけに保存されています。In most cases, the older backup data is rarely accessed and is only stored for compliance needs.

Azure Backup は、スナップショットと Standard 層に加えて、アーカイブ層での長期保有ポイントのバックアップをサポートしています。Azure Backup supports backup of long-term retention points in the archive tier, in addition to snapshots and the Standard tier.

プレビューのスコープScope for preview

サポートされているワークロード:Supported workloads:

  • Azure の仮想マシンAzure virtual machines
    • 月単位および年単位の復旧ポイントトのみ。Only monthly and yearly recovery points. 日単位および週単位の復旧ポイントはサポートされていません。Daily and weekly recovery points aren't supported.
    • 期間 >= 3 か月 (Vault-Standard 層)Age >= 3 months in Vault-Standard Tier
    • 保有期間 >= 6 か月Retention left >= 6 months
    • アクティブな日単位および週単位の依存関係なしNo active daily and weekly dependencies
  • Azure 仮想マシンにおける SQL ServerSQL Server in Azure virtual machines
    • 完全復旧ポイントのみ。Only full recovery points. ログと差分はサポートされていません。Logs and differentials aren't supported.
    • 期間 >= 45 日 (Vault-Standard 層)Age >= 45 days in Vault-Standard Tier
    • 保有期間 >= 6 か月Retention left >= 6 months
    • 依存関係なしNo dependencies

サポートされるクライアント:Supported clients:

  • この機能は PowerShell を使用して提供されます。The capability is provided using PowerShell

注意

Azure VM と Azure VM 内の SQL Server に対するアーカイブ層サポートは、限定パブリック プレビューの段階にあり、新規登録も限定されています。Archive Tier Support for Azure VMs and SQL Server in Azure VMs is in limited public preview with limited signups. アーカイブ サポートに新規登録するには、こちらのリンクをご利用ください。To sign up for archive support use this link.

PowerShell の使用を開始するGet started with PowerShell

  1. PowerShell で次のコマンドを実行します。Run the following command in PowerShell:

    install-module -name Az.RecoveryServices -Repository PSGallery -RequiredVersion 4.0.0-preview -AllowPrerelease -force
    
  2. Connect-AzAccount コマンドレットを使用して Azure に接続します。Connect to Azure using the Connect-AzAccount cmdlet.

  3. サブスクリプションにサインインします。Sign into your subscription:

    Set-AzContext -Subscription "SubscriptionName"

  4. コンテナーの取得:Get the vault:

    $vault = Get-AzRecoveryServicesVault -ResourceGroupName "rgName" -Name "vaultName"

  5. バックアップ項目の一覧の取得:Get the list of backup items:

    $BackupItemList = Get-AzRecoveryServicesBackupItem -vaultId $vault.ID -BackupManagementType "AzureVM/AzureWorkload" -WorkloadType "AzureVM/MSSQL"

  6. バックアップ項目を取得します。Get the backup item.

    • Azure 仮想マシンの場合:For Azure virtual machines:

      $bckItm = $BackupItemList | Where-Object {$_.Name -match '<vmName>'}

    • Azure 仮想マシン内の SQL Server の場合:For SQL Server in Azure virtual machines:

      $bckItm = $BackupItemList | Where-Object {$_.Name -match '<dbName>' -and $_.ContainerName -match '<vmName>'}

PowerShell の使用Use PowerShell

アーカイブ可能な復旧ポイントを確認するCheck archivable recovery points

$rp = Get-AzRecoveryServicesBackupRecoveryPoint -VaultId $vault.ID -Item $bckItm  -IsReadyForMove $true -TargetTier VaultArchive

これにより、アーカイブに移動する準備ができている特定のバックアップ項目に関連するすべての復旧ポイントが一覧表示されます。This will list all the recovery points associated with a particular backup item that are ready to be moved to archive.

復旧ポイントをアーカイブに移動できない理由を確認するCheck why a recovery point cannot be moved to archive

$rp[0].RecoveryPointMoveReadinessInfo["ArchivedRP"]

ここで $rp[0] は、アーカイブ可能でない理由を確認する復旧ポイントです。Where $rp[0] is the recovery point for which you want to check why it's not archivable.

サンプル出力:Sample output:

IsReadyForMove  AdditionalInfo
--------------  --------------
False           Recovery-Point Type is not eligible for archive move as it is already moved to archive tier

仮想マシンに関連付けられている復旧ポイントは、本質的には増分です。The recovery points associated with a virtual machine are incremental in nature. 特定の復旧ポイントがアーカイブに移動されるときは、完全バックアップに変換されてからアーカイブに移動されます。When a particular recovery point is moved to archive, it's converted into a full backup and then moved to archive. そのため、アーカイブへの移動に伴うコスト節約は、データ ソースのチャーンに応じて異なります。So the cost savings associated with moving to archive depends on the churn of the data source.

そのため Azure Backup には、まとめて移動した場合にコストを節約できる可能性がある復旧ポイントの推奨セットが用意されています。So Azure Backup has come up with a recommended set of recovery points that might result in cost savings if moved together.

注意

コスト節約はさまざまな理由に依存するため、どの 2 つのインスタンスでも同じになるとは限りません。The cost savings depends on a variety of reasons and might not be the same for any two instances.

$RecommendedRecoveryPointList = Get-AzRecoveryServicesBackupRecommendedArchivableRPGroup -Item $bckItm -VaultId $vault.ID

アーカイブに移動するMove to archive

Move-AzRecoveryServicesBackupRecoveryPoint -VaultId $vault.ID -RecoveryPoint $rp[2] -SourceTier VaultStandard -DestinationTier VaultArchive

このコマンドは、アーカイブ可能な復旧ポイントをアーカイブに移動します。This command moves an archivable recovery point to archive. これによって返されるジョブを使用して、ポータルと PowerShell の両方から移動操作を追跡することができます。It returns a job that can be used to track the move operation both from portal and with PowerShell.

アーカイブされた復旧ポイントを表示するView archived recovery points

このコマンドは、アーカイブされたすべての復旧ポイントを返します。This command returns all the archived recovery points.

$rp = Get-AzRecoveryServicesBackupRecoveryPoint -VaultId $vault.ID -Item $bckItm -Tier VaultArchive

PowerShell で復元するRestore with PowerShell

アーカイブ内の復旧ポイントについては、Azure Backup には統合型の復元方法が用意されています。For recovery points in archive, Azure Backup provides an integrated restore methodology.

統合型の復元は、2 つのステップから成るプロセスです。The integrated restore is a two-step process. 最初のステップでは、アーカイブに保管されている復旧ポイントをリハイドレートし、それを一時的に Vault-Standard 層に 10 日から 30 日の期間 (リハイドレート期間とも呼ばれます) 保管します。The first step involves rehydrating the recovery points stored in archive and temporarily storing it in the vault-standard tier for a duration (also known as the rehydration duration) ranging from a period of 10 to 30 days. 既定は 15 日間です。The default is 15 days. リハイドレートの優先度には、Standard と High の 2 種類があります。There are two different priorities of rehydration – Standard and High priority. リハイドレートの優先度に関する詳細をご覧ください。Learn more about rehydration priority.

注意

  • リハイドレート期間は、いったん選択したら変更できません。また、リハイドレートした復旧ポイントは、リハイドレート期間中は Standard 層にとどまります。The rehydration duration once selected can't be changed and the rehydrated recovery points stays in the standard tier for the rehydration duration.
  • リハイドレートの追加ステップにはコストが発生します。The additional step of rehydration incurs cost.

Azure 仮想マシン用のさまざまな復元方法について詳しくは、PowerShell を使用した Azure VVM の復元に関するページをご覧ください。For more information about the various restore methods for Azure virtual machines, see Restore an Azure VM with PowerShell.

Restore-AzRecoveryServicesBackupItem -VaultLocation $vault.Location -RehydratePriority "Standard" -RehydrateDuration 15 -RecoveryPoint $rp -StorageAccountName "SampleSA" -StorageAccountResourceGroupName "SArgName" -TargetResourceGroupName $vault.ResourceGroupName -VaultId $vault.ID

SQL Server を復元するには、これらの手順に従ってください。To restore SQL Server, follow these steps. 必要な追加パラメーターは、RehydrationPriorityRehydrationDuration です。The additional parameters required are RehydrationPriority and RehydrationDuration.

ジョブを PowerShell から表示するView jobs from PowerShell

移動と復元の各ジョブを表示するには、次の PowerShell コマンドレットを使用します。To view the move and restore jobs, use the following PowerShell cmdlet:

Get-AzRecoveryServicesBackupJob -VaultId $vault.ID

ポータルの使用Use the portal

アーカイブされた復旧ポイントを確認するCheck archived recovery point

これで、アーカイブに移動されたすべての復旧ポイントを表示できるようになりました。You can now view all the recovery points that have been moved to archive.

すべての復旧ポイント。

ポータルで復元するRestore in the portal

アーカイブに移動された復旧ポイントの場合、復元するにはリハイドレート期間とリハイドレート優先度のパラメーターを追加する必要があります。For recovery points that have been moved to archive, restore requires you add the parameters for rehydration duration and rehydration priority.

ポータルで復元します。

ポータルでジョブを表示するView jobs in the portal

ポータルでジョブを表示します。

保護を変更するModify protection

データソースの保護を変更するには、2 つの方法があります。There are two ways in which you can modify protection for a datasource:

  • 既存のポリシーの変更Modifying an existing policy
  • 新しいポリシーを使用したデータソースの保護Protecting the datasource with a new policy

どちらの場合も、新しいポリシーは、Standard 層とアーカイブ層にある古い復旧ポイントすべてに適用されます。In both cases, the new policy is applied to all the older recovery points, which are in standard tier, and those in archive tier. そのため、ポリシーに変更があった場合は古い復旧ポイントが削除される可能性があります。So older recovery points might get deleted if there's a change in the policy.

復旧ポイントは、アーカイブに移動されると、180 日間の早期削除期間が適用されます。When the recovery points are moved to archive, they're subjected to an early deletion period of 180 days. 料金は日割り計算されます。The charges are prorated. アーカイブの期間が 180 日間を経過していなかった復旧ポイントを削除する場合は、180 から Standard 層で経過した日数を差し引いた日数に相当するコストが発生します。If a recovery point that hasn’t stayed in archive for 180 days is deleted, it will incur cost equivalent to 180 minus the number of days it has spent in standard tier.

アーカイブの期間が最低 6 か月間を経過していなかった復旧ポイントには、削除時に早期削除コストが発生します。Recovery points that haven't stayed in archive for a minimum of six months will incur early deletion cost on deletion.

保護を停止してデータを削除するStop protection and delete data

保護を停止してデータを削除すると、すべての復旧ポイントが削除されます。Stop protection and delete data deletes all the recovery points. アーカイブ層で 180 日間経過していないアーカイブ内の復旧ポイントについては、復旧ポイントを削除すると早期削除コストが発生します。For recovery points in archive that haven't stayed for a duration of 180 days in archive tier, deletion of recovery points will lead to early deletion cost.

エラー コードとトラブルシューティングの手順Error codes and troubleshooting steps

復旧ポイントをアーカイブに移動できないときに発生するいくつかのエラー コードがあります。There are several error codes that come up when a recovery point can't be moved to archive.

RecoveryPointTypeNotEligibleForArchiveRecoveryPointTypeNotEligibleForArchive

エラー メッセージ - 復旧ポイントの種類がアーカイブ移動の対象外ですError Message - Recovery-Point Type is not eligible for Archive Move

説明 - このエラー コードは、選択した復旧ポイントの種類がアーカイブへの移動資格を持たないときに表示されます。Description – This error code is shown when the selected recovery point type isn't eligible to be moved to archive.

推奨される操作 – 復旧ポイントの適格性を こちらで確認してください。Recommended action – Check eligibility of the recovery point here

RecoveryPointHaveActiveDependenciesRecoveryPointHaveActiveDependencies

エラー メッセージ - 復元のためのアクティブな依存関係がある復旧ポイントが、アーカイブ移動の対象外ですError Message - Recovery-Point having active dependencies for restore is not eligible for Archive Move

説明 – 選択した復旧ポイントにはアクティブな依存関係があるため、アーカイブに移動できません。Description – The selected recovery point has active dependencies and so can’t be moved to archive.

推奨される操作 – 復旧ポイントの適格性を こちらで確認してください。Recommended action – Check eligibility of the recovery point here

MinLifeSpanInStandardRequiredForArchiveMinLifeSpanInStandardRequiredForArchive

エラー メッセージ - Vault-Standard 層で経過した存続期間が必要最小値より短いため、復旧ポイントがアーカイブ移動の対象外ですError Message - Recovery-Point is not eligible for Archive Move as lifespan spent in Vault-Standard-Tier is lesser than the required minimum

説明 – 復旧ポイントは Standard 層で、Azure 仮想マシンの場合は最低 3 か月間、Azure 仮想マシンの SQL Server の場合は 45 日間を経過する必要があります。Description – The recovery point has to stay in Standard tier for a minimum of three months for Azure virtual machines, and 45 days for SQL Server in Azure virtual machines

推奨される操作 – 復旧ポイントの適格性を こちらで確認してください。Recommended action – Check eligibility of the recovery point here

MinRemainingLifeSpanInArchiveRequiredMinRemainingLifeSpanInArchiveRequired

エラー メッセージ - 復旧ポイントの残りの存続期間が必要最小値より短いですError Message - Recovery-Point remaining lifespan is lesser than the required minimum.

説明 – アーカイブ移動適格性に準拠するために復旧ポイントに必要な最小存続期間は 6 か月です。Description – The minimum lifespan required for a recovery point for archive move eligibility is six months.

推奨される操作 – 復旧ポイントの適格性を こちらで確認してください。Recommended action – Check eligibility of the recovery point here

UserErrorRecoveryPointAlreadyInArchiveTierUserErrorRecoveryPointAlreadyInArchiveTier

エラー メッセージ - 復旧ポイントは、既にアーカイブ層に移動しているため、アーカイブ移動の対象ではありませんError Message - Recovery-Point is not eligible for archive move as it has already been moved to archive tier

説明 – 選択した復旧ポイントは既にアーカイブ中です。Description – The selected recovery point is already in archive. そのため、アーカイブに移動する資格がありません。So it’s not eligible to be moved to archive.

UserErrorDatasourceTypeIsNotSupportedForRecommendationApiUserErrorDatasourceTypeIsNotSupportedForRecommendationApi

エラー メッセージ - データソースの種類が Recommendation API の対象ではありません。Error Message - Datasource Type is not eligible for Recommendation API.

説明 – Recommendation API が適用されるのは Azure 仮想マシンのみです。Description – Recommendation API is only applicable for Azure virtual machines. 選択したデータソースの種類には適用されません。It’s not applicable for the selected datasource type.

UserErrorRecoveryPointAlreadyRehydratedUserErrorRecoveryPointAlreadyRehydrated

エラー メッセージ - 復旧ポイントが既にリハイドレートされています。Error Message - Recovery Point is already rehydrated. リハイドレートがこの RP では許可されていません。Rehydration is not allowed on this RP.

説明 – 選択した復旧ポイントは既にリハイドレートされています。Description – The selected recovery point is already rehydrated.

UserErrorRecoveryPointIsNotEligibleForArchiveMoveUserErrorRecoveryPointIsNotEligibleForArchiveMove

エラー メッセージ - 復旧ポイントがアーカイブ移動の対象外ですError Message -Recovery-Point is not eligible for Archive Move.

説明 - 選択した復旧ポイントはアーカイブ移動の対象ではありません。Description – The selected recovery point isn't eligible for archive move.

UserErrorRecoveryPointNotRehydratedUserErrorRecoveryPointNotRehydrated

エラー メッセージ - アーカイブ復旧ポイントがリハイドレートされていません。Error message - Archive Recovery Point is not rehydrated. アーカイブ RP でリハイドレートの完了後に復元を再試行してください。Retry Restore after rehydration completed on Archive RP.

説明 – 復旧ポイントはリハイドレートされていません。Description – The recovery point isn't rehydrated. 復旧ポイントをリハイドレートした後で復元をお試しください。Try restore after rehydrating the recovery point.

UserErrorRecoveryPointRehydrationNotAllowedUserErrorRecoveryPointRehydrationNotAllowed

エラー メッセージ - リハイドレートは、アーカイブの復旧ポイントでのみサポートされていますError message- Rehydration is only supported for Archive Recovery Points- Rehydration is only supported for Archive Recovery Points

説明 – 選択した復旧ポイントではリハイドレートは許可されていません。Description – Rehydration isn’t allowed for the selected recovery point.

UserErrorRecoveryPointRehydrationAlreadyInProgressUserErrorRecoveryPointRehydrationAlreadyInProgress

エラー メッセージ – リハイドレートがアーカイブの復旧ポイントで既に進行中です。Error message – Rehydration is already In-Progress for Archive Recovery Point.

説明 – 選択した復旧ポイントのリハイドレートは既に進行中です。Description – The rehydration for the selected recovery point is already in progress.

RPMoveNotSupportedDueToInsufficientRetentionRPMoveNotSupportedDueToInsufficientRetention

エラー メッセージ - ポリシーで指定された保持期間が十分でないため、復旧ポイントをアーカイブ層に移動できませんError message - Recovery point cannot be moved to Archive tier due to insufficient retention duration specified in policy

推奨される操作 - 保護された項目のポリシーを適切な保持設定で更新してから、もう一度お試しください。Recommended Action - Update policy on the protected item with appropriate retention setting, and try again.

RPMoveReadinessToBeDeterminedRPMoveReadinessToBeDetermined

エラー メッセージ - この復旧ポイントを移動できるかどうかをまだ調べています。Error message - We're still determining if this Recovery Point can be moved.

説明 – 復旧ポイントの移動準備状況はまだ確認されていません。Description – The move readiness of the recovery point is yet to be determined.

推奨される操作 - しばらく待ってからもう一度確認してください。Recommended Action - Check again after waiting for some time.

よく寄せられる質問Frequently asked questions

保護を停止してデータを保持すると、アーカイブの復旧ポイントはどうなりますか?What will happen to archive recovery points if I stop protection and retain data?

復旧ポイントは、いつまでもアーカイブされたままになります。The recovery point will remain in archive forever. 詳細については、復旧ポイントに対する保護の停止の影響に関するページをご覧ください。For more information, see Impact of stop protection on recovery points.

次のステップNext steps