Azure Poral を使用して仮想マシンを復元するUse the Azure portal to restore virtual machines

定義された間隔でデータのスナップショットを取得してデータを保護します。Protect your data by taking snapshots of your data at defined intervals. こうしたスナップショットは復旧ポイントと呼ばれ、Recovery Services コンテナーに格納されます。These snapshots are known as recovery points, and they're stored in Recovery Services vaults. 仮想マシン (VM) を修復または再構築する必要がある場合は、保存されている復旧ポイントのいずれかから VM を復元できます。If it's necessary to repair or rebuild a virtual machine (VM), you can restore the VM from any of the saved recovery points. 復旧ポイントを復元すると、次のことが可能です。When you restore a recovery point, you can:

  • 特定の時点のバックアップ VM である VM を新しく作成する。Create a new VM, which is a point-in-time representation of your backed-up VM.
  • ディスクを復元し、そのプロセスに含まれるテンプレートを使用して、復元された VM をカスタマイズするか、個別にファイルを回復する。Restore disks, and use the template that comes with the process to customize the restored VM, or do an individual file recovery.

この記事では、VM を新しい VM に復元するか、バックアップされたディスクすべてを復元する方法について説明します。This article explains how to restore a VM to a new VM or restore all backed-up disks. ファイルを個別に回復する方法については、Azure VM バックアップからのファイルの回復に関するページをご覧ください。For individual file recovery, see Recover files from an Azure VM backup.

VM バックアップからの 3 つの復元方法

注意

Azure には、リソースの作成と操作に関して、Azure Resource Manager とクラシックの 2 種類のデプロイメント モデルがあります。Azure has two deployment models for creating and working with resources: Azure Resource Manager and classic. この記事では、デプロイされた VM を、Resource Manager モデルで復元するときに使用する情報と手順を示します。This article provides the information and procedures used to restore deployed VMs by using the Resource Manager model.

VM バックアップから VM またはすべてのディスクを復元するには、次の 2 つの手順を実行します。Restoring a VM or all disks from VM backup involves two steps:

  • 復元を行うための復元ポイントを選択します。Select a restore point for restore.
  • 復元の種類を選択し、新しい VM を作成するかディスクを復元して、必要なパラメーターを指定します。Select the restore type, create a new VM or restore disks, and specify the required parameters.

復元を行うための復元ポイントを選択するSelect a restore point for restore

  1. Azure ポータルにサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. Azure メニューで [参照] を選択します。On the Azure menu, select Browse. サービスの一覧に「Recovery Services」と入力します。In the list of services, type Recovery Services. 入力した文字列に合わせて、サービスの一覧の内容が変更されます。The list of services adjusts to what you type. [Recovery Services コンテナー]が表示されたら、それを選択します。When you see Recovery Services vaults, select it.

    Recovery Services コンテナー

    サブスクリプションに含まれるコンテナーの一覧が表示されます。The list of vaults in the subscription is displayed.

    List of Recovery Services vaults

  3. 一覧から、復元する VM に関連付けられているコンテナーを選択します。From the list, select the vault associated with the VM you want to restore. コンテナーを選択すると、ダッシュボードが開きます。When you select the vault, its dashboard opens.

    選択されている Recovery Services コンテナー

  4. コンテナーのダッシュボードにある [バックアップ項目] タイルで、[Azure Virtual Machines] を選択します。In the vault dashboard, on the Backup Items tile, select Azure Virtual Machines.

    コンテナー ダッシュボード

    [バックアップ項目] ブレードが開き、Azure VM の一覧が表示されます。The Backup Items blade opens and displays the list of Azure VMs.

    コンテナーの VM の一覧

  5. 一覧から VM を選択して、ダッシュボードを開きます。From the list, select a VM to open the dashboard. VM のダッシュボードが開き、[復元ポイント] タイルを含む監視領域が表示されます。The VM dashboard opens to the monitoring area, which contains the Restore points tile.

    復元ポイント

  6. VM のダッシュボード メニューで、[復元] を選択します。On the VM dashboard menu, select Restore.

    [復元] ボタン

    [復元] ブレードが開きます。The Restore blade opens.

    [復元] ブレード

  7. [復元] ブレードで、[復元ポイント] を選択します。On the Restore blade, select Restore point. [復元ポイントの選択] ブレードが開きます。The Select restore point blade opens.

    復元ポイントの選択

    既定では、ダイアログ ボックスには過去 30 日間のすべての復元ポイントが表示されます。By default, the dialog box displays all the restore points from the last 30 days. 表示される復元ポイントの時間範囲を変更するには、 [フィルター] を使用します。Use the Filter to alter the time range of the restore points displayed. 既定では、すべての一貫性の復元ポイントが表示されます。By default, restore points of all consistencies are displayed. 復元ポイントの特定の一貫性を選択するには、[すべての復元ポイント] フィルターを変更します。Modify the All restore points filter to select a specific restore point consistency. 各種の復元ポイントの詳細については、「データの一貫性」を参照してください。For more information about each type of restoration point, see Data consistency.

    復元ポイントの一貫性のオプション:Restore point consistency options:

    • クラッシュ整合復元ポイントCrash consistent restore points
    • アプリケーション整合復元ポイントApplication consistent restore points
    • ファイル システム整合復元ポイントFile-system consistent restore points
    • すべての復元ポイントAll restore points
  8. 復元ポイントを選択し、[OK] を選択します。Choose a restore point, and select OK.

    復元ポイントのオプション

    [復元] ブレードに、復元ポイントが設定されていることが表示されます。The Restore blade shows that the restore point is set.

  9. [復元] ブレードに移動します (まだ移動していない場合)。If you're not already there, go to the Restore blade. 復元ポイントが選択されていることを確認し、[復元の構成] を選択します。Ensure that a restore point is selected, and select Restore configuration. [復元の構成] ブレードが開きます。The Restore configuration blade opens.

VM の復元の構成を選択するChoose a VM restore configuration

復元ポイントを選択したら、VM の復元の構成を選択します。After you select the restore point, choose a VM restore configuration. 復元された VM を構成するには、Azure Portal または PowerShell を使用します。To configure the restored VM, you can use the Azure portal or PowerShell.

  1. [復元] ブレードに移動します (まだ移動していない場合)。If you're not already there, go to the Restore blade. 復元ポイントが選択されていることを確認し、[復元の構成] を選択します。Ensure that a restore point is selected, and select Restore configuration. [復元の構成] ブレードが開きます。The Restore configuration blade opens.

    復元の構成ウィザード

  2. [復元の構成] ブレードには、次の 2 つの選択肢があります。On the Restore configuration blade, you have two choices:

    • 仮想マシンの作成Create virtual machine

    • ディスクの復元Restore disks

ポータルには、復元された VM の [簡易作成] オプションがあります。The portal provides a Quick Create option for a restored VM. VM 構成をカスタマイズするには、または、新しい VM 選択肢の作成操作の一環として作成されたリソースの名前をカスタマイズするには、PowerShell またはポータルを使用してバックアップ ディスクを復元し、To customize the VM configuration or the names of the resources created as part of creating a new VM choice, use PowerShell or the portal to restore backed-up disks. そのディスクを、PowerShell コマンドで VM 構成の選択肢にアタッチします。Use PowerShell commands to attach them to your choice of VM configuration. また、復元ディスクに含まれるテンプレートを使用して、復元された VM をカスタマイズすることもできます。Or you can use the template that comes with restored disks to customize the restored VM. 複数の NIC を持つ VM、またはロード バランサーの VM を復元する方法については、「特別なネットワーク構成を持つ VM の復元」を参照してください。For information on how to restore a VM that has multiple NICs or is under a load balancer, see Restore a VM with special network configurations. Windows VM が HUB ライセンスを使用している場合は、この記事で指定したように、ディスクを復元し、PowerShell/テンプレートを使用して VM を作成します。If your Windows VM uses HUB licensing, restore disks and use PowerShell/Template as specified in this article to create the VM. 復元された VM で HUB の利点を利用するには、VM を作成する際に、ライセンスの種類を "Windows_Server" と指定します。Make sure that you specify the License Type as "Windows_Server" while you create the VM to avail HUB benefits on the restored VM.

復元ポイントから新しい VM を作成するCreate a new VM from a restore point

  1. 復元ポイントから新しい VM を作成する前に、復元ポイントを選択しておきます (まだ選択していない場合)。If you're not already there, select a restore point before you begin to create a new VM from a restore point. 復元ポイントを作成したら、[復元の構成] ブレードで、次の各フィールドの値を入力または選択します。After you select a restore point, on the Restore configuration blade, enter or select values for each of the following fields:

    a.a. 復元の種類Restore Type. 仮想マシンを作成します。Create a virtual machine.

    b.b. 仮想マシン名Virtual machine name. VM の名前を指定します。Provide a name for the VM. この名前は、リソース グループ (Azure Resource Manager でデプロイされた VM の場合) またはクラウド サービス (クラシック VM の場合) に対して一意である必要があります。The name must be unique to the resource group (for an Azure Resource Manager-deployed VM) or cloud service (for a classic VM). VM が既にサブスクリプションに存在する場合、それを置き換えることはできません。You can't replace the VM if it already exists in the subscription.

    c.c. リソース グループResource group. 既存のリソース グループを使用するか、新しいリソース グループを作成します。Use an existing resource group or create a new one. クラシック VM を復元する場合は、このフィールドを使用して、新しいクラウド サービスの名前を指定します。If you're restoring a classic VM, use this field to specify the name of a new cloud service. 新しいリソース グループ/クラウド サービスを作成する場合、名前はグローバルに一意である必要があります。If you're creating a new resource group/cloud service, the name must be globally unique. 通常、クラウド サービス名は、公開された URL に関連付けられています (例: [cloudservice].cloudapp.net)。Typically, the cloud service name is associated with a public-facing URL: for example, [cloudservice].cloudapp.net. 既に使用中のクラウド リソース グループ/クラウド サービスの名前を指定した場合、Azure はリソース グループ/クラウド サービスに VM と同じ名前を割り当てます。If you attempt to use a name for the cloud resource group/cloud service already in use, Azure assigns the resource group/cloud service the same name as the VM. 一覧には、どのアフィニティ グループにも関連付けられていないリソース グループまたはクラウド サービス、および仮想マシンが表示されます。Azure displays resource groups/cloud services and VMs not associated with any affinity groups. 詳細については、アフィニティ グループからリージョン仮想ネットワークに移行する方法に関するページをご覧ください。For more information, see How to migrate from affinity groups to a regional virtual network.

    d.d. 仮想ネットワークVirtual network. VM を作成する場合は、仮想ネットワークを選択します。Select the virtual network when you create the VM. このフィールドには、サブスクリプションに関連付けられているすべての仮想ネットワークが表示されます。The field provides all virtual networks associated with the subscription. VM のリソース グループがかっこ内に表示されます。The resource group of the VM is displayed in parentheses.

    e.e. サブネットSubnet. 仮想ネットワークにサブネットがある場合は、最初のサブネットが既定で選択されています。If the virtual network has subnets, the first subnet is selected by default. 追加のサブネットがある場合は、必要なサブネットを選択します。If there are additional subnets, select the subnet you want.

    f.SAML 属性の属性名またはスキーマ リファレンスを入力します。f. ストレージ アカウントStorage Account. このメニューには、Recovery Services コンテナーと同じ場所にあるストレージ アカウントが表示されます。This menu lists the storage accounts in the same location as the Recovery Services vault. ゾーン冗長であるストレージ アカウントはサポートされていません。Storage accounts that are zone redundant aren't supported. Recovery Services コンテナーと同じ場所を共有するストレージ アカウントがない場合は、復元操作を開始する前にアカウントを作成する必要があります。If there are no storage accounts with the same location as the Recovery Services vault, you must create one before you start the restore operation. ストレージ アカウントのレプリケーションの種類がかっこ内に表示されます。The storage account's replication type is displayed in parentheses.

    復元の構成ウィザード

    注意

    • Resource Manager でデプロイされた VM を復元する場合は、仮想ネットワークを特定する必要があります。If you restore a Resource Manager-deployed VM, you must identify a virtual network. クラシック VM の場合、仮想ネットワークは省略可能です。A virtual network is optional for a classic VM.

    • 管理対象ディスクを使用して VM を復元する場合は、選択したストレージ アカウントが その有効期間内に Azure Storage Service Encryption によって有効にされていないことを確認します。If you restore VMs with managed disks, make sure that the storage account selected isn't enabled for Azure Storage Service Encryption in its lifetime.

    • 復元されたディスクの種類はすべて、選択されているストレージ アカウント (Premium または Standard) のストレージの種類に基づいて、Premium または Standard のいずれかになります。Based on the storage type of the storage account selected (premium or standard), all disks restored will be either premium or standard disks. 現在、復元時に混合モードはサポートされていません。We currently don't support a mixed mode of disks when restoring.

  2. [復元の構成] ブレードで [OK] を選択し、復元の構成を完了します。On the Restore configuration blade, select OK to finalize the restore configuration. [復元] ブレードで [復元] を選択し、復元操作をトリガーします。On the Restore blade, select Restore to trigger the restore operation.

バックアップ ディスクを復元するRestore backed-up disks

バックアップ ディスクから作成する VM に対して、[復元の構成] ブレードに用意されている以外のカスタマイズを加えるには、[復元の種類] の値として [ディスクの復元] を選択します。To customize the VM you want to create from backed-up disks different from what is present in the Restore configuration blade, select Restore disks as the value for Restore Type. 選択すると、バックアップからのディスクのコピー先ストレージ アカウントを指定するよう求められます。This choice asks for a storage account where disks from backups are to be copied. ストレージ アカウントを選択するときは、Recovery Services コンテナーと同じ場所を共有するアカウントを選択します。When you choose a storage account, select an account that shares the same location as the Recovery Services vault. ゾーン冗長であるストレージ アカウントはサポートされていません。Storage accounts that are zone redundant aren't supported. Recovery Services コンテナーと同じ場所を共有するストレージ アカウントがない場合は、復元操作を開始する前にアカウントを作成する必要があります。If there are no storage accounts with the same location as the Recovery Services vault, you must create one before you start the restore operation. ストレージ アカウントのレプリケーションの種類がかっこ内に表示されます。The storage account's replication type is displayed in parentheses.

復元操作が終了したら、次が可能です。After the restore operation is finished, you can:

[復元の構成] ブレードで [OK] を選択し、復元の構成を完了します。On the Restore configuration blade, select OK to finalize the restore configuration. [復元] ブレードで [復元] を選択し、復元操作をトリガーします。On the Restore blade, select Restore to trigger the restore operation.

Recovery configuration completed

復元操作を追跡するTrack the restore operation

復元操作をトリガーすると、バックアップ サービスによって、復元操作を追跡するためのジョブが作成されます。After you trigger the restore operation, the backup service creates a job for tracking the restore operation. また、通知が作成されて、ポータルの [通知] 領域に一時的に表示されます。The backup service also creates and temporarily displays the notification in the Notifications area of the portal. 通知が表示されない場合、通知を表示するには、[通知] 記号を選択します。If you don't see the notification, select the Notifications symbol to view your notifications.

Restore triggered

操作を処理中に表示するか、処理の完了後に表示するには、[バックアップ ジョブ] の一覧を開きます。To view the operation while it's processing, or to view it when it's finished, open the Backup jobs list.

  1. Azure メニューで [参照] を選択し、サービスの一覧で「Recovery Services」と入力します。On the Azure menu, select Browse, and in the list of services, type Recovery Services. 入力した文字列に合わせて、サービスの一覧の内容が変更されます。The list of services adjusts to what you type. [Recovery Services コンテナー]が表示されたら、それを選択します。When you see Recovery Services vaults, select it.

    Open Recovery Services vault

    サブスクリプションに含まれるコンテナーの一覧が表示されます。The list of vaults in the subscription is displayed.

    List of Recovery Services vaults

  2. 一覧から、復元した VM に関連付けられているコンテナーを選択します。From the list, select the vault associated with the VM you restored. コンテナーを選択すると、ダッシュボードが開きます。When you select the vault, its dashboard opens.

  3. コンテナー ダッシュボードの [バックアップ ジョブ] タイルで [Azure 仮想マシン] を選択して、コンテナーに関連付けられているジョブを表示します。In the vault dashboard on the Backup Jobs tile, select Azure virtual machines to display the jobs associated with the vault.

    コンテナー ダッシュボード

    [バックアップ ジョブ] ブレードが開き、ジョブの一覧が表示されます。The Backup jobs blade opens and displays the list of jobs.

    コンテナーの VM の一覧

テンプレートを使用して復元 VM をカスタマイズするUse templates to customize a restored VM

ディスクの復元操作が完了したら、復元操作の一環として生成されたテンプレートを使用して、バックアップ構成とは異なる構成で新しい VM を作成します。After the restore disks operation is finished, use the template that was generated as part of the restore operation to create a new VM with a configuration different from the backup configuration. 復元ポイントから新しい VM を作成しているときに作成されたリソースの名前を、そのテンプレートを使用してカスタマイズすることもできます。You also can use it to customize names of resources that were created during the process of creating a new VM from a restore point.

注意

テンプレートは、2017 年 3 月 1 日より後に作成された復旧ポイントに対する復元ディスクの一部として追加されます。Templates are added as part of restore disks for recovery points taken after March 1, 2017. こうしたテンプレートは、管理対象外ディスク VM に適用できます。They're applicable for nonmanaged disk VMs. 管理対象ディスク VM については、今後のリリースでサポートされる予定です。Support for managed disk VMs is coming in upcoming releases.

復元ディスクのオプションとして生成されたテンプレートを取得するには:To get the template that was generated as part of the restore disks option:

  1. 復元ジョブに対応するジョブの詳細に移動します。Go to the restore job details corresponding to the job.

  2. [Restore Job Detail](復元ジョブの詳細) 画面で、[テンプレートのデプロイ] を選択して、テンプレートのデプロイを開始します。On the Restore Job Details screen, select Deploy Template to initiate template deployment.

    復元ジョブのドリルダウン

  3. カスタム デプロイの [テンプレートのデプロイ] ブレードで、テンプレートのデプロイを使用してテンプレートを編集およびデプロイするか、デプロイの前にテンプレートを作成することによってさらにカスタマイズを追加します。On the Deploy template blade for custom deployment, use template deployment to edit and deploy the template or append more customizations by authoring a template before you deploy.

    テンプレート デプロイの読み込み

  4. 必要な値を入力し、使用条件に同意して、[購入] を選択します。After you enter the required values, accept the Terms and Conditions and select Purchase.

    サンプル テンプレートの送信

復元後の手順Post-restore steps

  • Ubuntu など cloud-init ベースの Linux ディストリビューションを使用している場合、セキュリティ上の理由から、復元後にパスワードがブロックされます。If you use a cloud-init-based Linux distribution, such as Ubuntu, for security reasons, the password is blocked post restore. 復元した VM で VMAccess 拡張機能を使用して、パスワードをリセットしてください。Use the VMAccess extension on the restored VM to reset the password. これらのディストリビューションでは、SSH キーを使用して、復元後のパスワード リセットを回避するようお勧めします。We recommend using SSH keys on these distributions to avoid resetting the password post restore.
  • バックアップの構成の間に存在した拡張機能はインストールされますが、有効にはされません。Extensions present during the backup configuration are installed, but they won't be enabled. 問題がある場合は、拡張機能を再インストールしてください。If you see an issue, reinstall the extensions.
  • バックアップされる VM に静的 IP がある場合は、復元後、復元された VM を作成するときの競合を避けるため、復元される VM には動的 IP が設定されます。If the backed-up VM has static IP post restore, the restored VM has a dynamic IP to avoid conflict when you create a restored VM. 復元された VM に静的 IP を追加する方法を参照してください。Learn more about how you can add a static IP to a restored VM.
  • 復元された VM には可用性の値が設定されていません。A restored VM doesn't have an availability value set. 復元されたディスクを使用して PowerShell またはテンプレートから VM を作成する場合は、復元ディスク オプションを使って可用性セットを追加することをお勧めします。We recommend using the restore disks option to add an availability set when you create a VM from PowerShell or templates by using restored disks.

復元された VM のバックアップBackup for restored VMs

最初にバックアップされた VM と同じ名前で同じリソース グループに VM を復元した場合、復元後も VM に対するバックアップは引き続き行われます。If you restored a VM to the same resource group with the same name as the originally backed-up VM, backup continues on the VM post restore. 別のリソース グループに VM を復元した場合、または復元された VM に別の名前を指定した場合、この VM は新しい VM として扱われ、If you restored the VM to a different resource group or you specified a different name for the restored VM, the VM is treated as if it's a new VM. 復元された VM に対してバックアップを設定する必要があります。You need to set up backup for the restored VM.

Azure データ センターでの障害発生時に VM を復元するRestore a VM during an Azure datacenter disaster

VM が稼働しているプライマリ データ センターが被災した場合、バックアップ コンテナーが geo 冗長に構成されていると、Azure Backup ではバックアップされた VM をペアのデータセンターに復元することができます。Azure Backup allows restoring backed-up VMs to the paired datacenter in case the primary datacenter where VMs are running experiences a disaster and you configured the backup vault to be geo-redundant. このようなシナリオでは、ペアのデータ センター内に存在するストレージ アカウントを選択します。During such scenarios, select a storage account, which is present in a paired datacenter. これ以外の復元処理は同じままです。The rest of the restore process remains the same. Azure Backup では、ペアの geo からコンピューティング サービスを使って、復元された VM を作成します。Backup uses the compute service from the paired geo to create the restored VM. 詳細については、Azure データセンターの回復性に関するページをご覧ください。For more information, see Azure datacenter resiliency.

ドメイン コントローラー VM を復元するRestore domain controller VMs

ドメイン コントローラー (DC) VMのバックアップは、Backup でサポートされているシナリオです。Backup of domain controller (DC) VMs is a supported scenario with Backup. ただし、この復元プロセスでは注意が必要です。However, you must be careful during the restore process. 適切な復元プロセスは、ドメインの構造によって異なります。The correct restore process depends on the structure of the domain. 最も単純なのは、1 つのドメインに 1 つの DC があるケースです。In the simplest case, you have a single DC in a single domain. 運用環境の負荷としてより一般的なのは、1 つのドメインに複数の DC があるケースです。オンプレミスに DC がいくつかあるケースも考えられます。More commonly for production loads, you have a single domain with multiple DCs, perhaps with some DCs on-premises. そして、1 つのフォレストに複数のドメインがあるケースもあります。Finally, you might have a forest with multiple domains.

Active Directory の観点からは、Azure VM は、サポートされている最新のハイパーバイザー上にある他の VM と変わりません。From an Active Directory perspective, the Azure VM is like any other VM on a modern supported hypervisor. オンプレミスのハイパーバイザーとの大きな違いは、Azure では VM コンソールが使用できないことです。The major difference with on-premises hypervisors is that there's no VM console available in Azure. コンソールは、ベア メタル回復 (BMR) タイプのバックアップを使用して回復するといった特定のシナリオで必要です。A console is required for certain scenarios, such as recovering by using a bare-metal recovery (BMR)-type backup. ただし、バックアップ コンテナーからの VM の復元が、BMR の代わりとなります。However, VM restore from the backup vault is a full replacement for BMR. ディレクトリ サービス復元モード (DSRM) も利用できるので、Active Directory の復元シナリオはすべて実行可能です。Directory Services Restore Mode (DSRM) is also available, so all Active Directory recovery scenarios are viable. 詳細については、仮想化されたドメイン コントローラーのバックアップと復元の考慮事項に関するページおよびActive Directory フォレストの回復の計画に関するページをご覧ください。For more information, see Backup and restore considerations for virtualized domain controllers and Planning for Active Directory forest recovery.

1 つのドメインに 1 つの DC があるSingle DC in a single domain

VM は (他の VM と同様に) Azure Portal または PowerShell を使用して復元できます。The VM can be restored (like any other VM) from the Azure portal or by using PowerShell.

1 つのドメインに複数の DC があるMultiple DCs in a single domain

同じドメインの他の DC に、ネットワーク経由で到達できる場合は、VM と同様に DC を復元できます。When other DCs of the same domain can be reached over the network, the DC can be restored like any VM. ドメインの最後の DC の場合や、分離ネットワークの回復を実行した場合は、フォレスト回復の手順に従う必要があります。If it's the last remaining DC in the domain, or a recovery in an isolated network is performed, a forest recovery procedure must be followed.

1 つのフォレストに複数のドメインがあるMultiple domains in one forest

同じドメインの他の DC に、ネットワーク経由で到達できる場合は、VM と同様に DC を復元できます。When other DCs of the same domain can be reached over the network, the DC can be restored like any VM. それ以外の場合は、フォレストの回復をお勧めします。In all other cases, we recommend a forest recovery.

特別なネットワーク構成を持つ VM を復元するRestore VMs with special network configurations

次のような特別なネットワーク構成を持つ VM をバックアップして復元することができます。It's possible to back up and restore VMs with the following special network configurations. ただし、次の構成では、復元プロセスを実行するときにいくつかの特別な配慮が必要となります。However, these configurations require some special consideration while going through the restore process:

  • ロード バランサー (内部および外部) の対象になっている VMVMs under load balancers (internal and external)
  • 予約済み IP が複数ある VMVMs with multiple reserved IPs
  • NIC が複数ある VMVMs with multiple NICs

重要

VM に対して特別なネットワーク構成を作成するときは、PowerShell を使用して、復元されたディスクから VM を作成する必要があります。When you create the special network configuration for VMs, you must use PowerShell to create VMs from the restored disks.

ディスクへの復元後に VM を完全に作成し直すには、次の手順を実行します。To fully re-create the VMs after restoring to disk, follow these steps:

  1. PowerShell を使用して、Recovery Services コンテナーからディスクを復元します。Restore the disks from a Recovery Services vault by using PowerShell.

  2. PowerShell コマンドレットを使用して、ロード バランサー、複数の NIC、複数の予約済み IP に必要な VM 構成を作成します。Create the VM configuration required for load balancer/multiple NIC/multiple reserved IP by using the PowerShell cmdlets. その構成を使用して、目的の構成で VM を作成します。Use it to create the VM with the configuration you want:

    a.a. 内部ロード バランサーを使用して、クラウド サービスで VM を作成します。Create a VM in the cloud service with an internal load balancer.

    b.b. インターネットに接続されているロード バランサーに接続する VM を作成します。Create a VM to connect to an internet-facing load balancer.

    c.c. 複数 NIC を持つ VM を作成します。Create a VM with multiple NICs.

    d.d. 複数の予約済み IP を持つ VM を作成します。Create a VM with multiple reserved IPs.

次のステップNext steps

これで、VM を復元することができます。VM で発生する一般的なエラーについては、トラブルシューティングの記事を参照してください。Now that you can restore your VMs, see the troubleshooting article for information on common errors with VMs. また、VM を使用したタスク管理に関する記事もご覧ください。Also, check out the article on managing tasks with your VMs.