Azure portal で Azure VM データを復元する方法How to restore Azure VM data in Azure portal

この記事では、Azure Backup Recovery Services コンテナーに格納されている復旧ポイントから Azure VM データを復元する方法について説明します。This article describes how to restore Azure VM data from the recovery points stored in Azure Backup Recovery Services vaults.

復元オプションRestore options

Azure Backup は、VM を復元するためのさまざまな方法を提供します。Azure Backup provides several ways to restore a VM.

復元オプションRestore option 詳細Details
新しい VM を作成するCreate a new VM 基本的な VM を復元ポイントからすばやく作成し、起動して実行します。Quickly creates and gets a basic VM up and running from a restore point.

VM の名前を指定し、配置先のリソース グループと仮想ネットワーク (VNet) を選択して、復元された VM のストレージ アカウントを指定することができます。You can specify a name for the VM, select the resource group and virtual network (VNet) in which it will be placed, and specify a storage account for the restored VM. 新しい VM は、ソース VM と同じリージョンに作成する必要があります。The new VM must be created in the same region as the source VM.

Azure の指定リージョンで Azure VM SKU が使用できなかったか、それ以外の問題があったために VM の復元に失敗した場合でも、Azure Backup では指定されたリソース グループ内のディスクが復元されます。If a VM restore fails because an Azure VM SKU wasn't available in the specified region of Azure, or because of any other issues, Azure Backup still restores the disks in the specified resource group.
ディスクを復元するRestore disk 新しい VM を作成するために使用できる VM ディスクを復元します。Restores a VM disk, which can then be used to create a new VM.

Azure Backup は、VM のカスタマイズと作成に役立つテンプレートを提供します。Azure Backup provides a template to help you customize and create a VM.

復元ジョブによって生成されるテンプレートをダウンロードして使用することで、カスタム VM 設定を指定したり、VM を作成したりできます。The restore job generates a template that you can download and use to specify custom VM settings, and create a VM.

ディスクは、指定したリソース グループにコピーされます。The disks are copied to the Resource Group you specify.

または、ディスクを既存の VM に接続することや、PowerShell を使用して新しい VM を作成することもできます。Alternatively, you can attach the disk to an existing VM, or create a new VM using PowerShell.

このオプションは、VM をカスタマイズする場合や、バックアップの時点では存在していなかった構成設定を追加する場合や、テンプレートまたは PowerShell を使用して構成する必要がある設定を追加する場合に役立ちます。This option is useful if you want to customize the VM, add configuration settings that weren't there at the time of backup, or add settings that must be configured using the template or PowerShell.
既存のものを置き換えるReplace existing ディスクを復元し、それを使用して既存の VM 上のディスクを置き換えることができます。You can restore a disk, and use it to replace a disk on the existing VM.

現在の VM が存在する必要があります。The current VM must exist. 削除されている場合、このオプションは使用できません。If it's been deleted, this option can't be used.

ディスクを交換する前に、Azure Backup によって既存の VM のスナップショットが取得され、指定したステージングの場所に格納されます。Azure Backup takes a snapshot of the existing VM before replacing the disk, and stores it in the staging location you specify. VM に接続されている既存のディスクが、選択した復元ポイントを使用して置き換えられます。Existing disks connected to the VM are replaced with the selected restore point.

スナップショットはコンテナーにコピーされ、アイテム保持ポリシーに従って保持されます。The snapshot is copied to the vault, and retained in accordance with the retention policy.

ディスクの交換操作の後、元のディスクはリソース グループに保持されます。After the replace disk operation, the original disk is retained in the resource group. 元のディスクが必要ない場合は、それを手動で削除することを選択できます。You can choose to manually delete the original disks if they aren't needed.

[既存のものを置き換える] は、暗号化されていない管理 VM (カスタム イメージを使用して作成された VM など) でサポートされます。Replace existing is supported for unencrypted managed VMs, including VMs created using custom images. クラシック VM とアンマネージド VM ではサポートされていません。It's unsupported for classic VMs and unmanaged VMs.

復元ポイントにあるディスクの数が現在の VM よりも多い (または少ない) 場合、復元ポイントのディスク数だけが VM 構成に反映されます。If the restore point has more or less disks than the current VM, then the number of disks in the restore point will only reflect the VM configuration.

既存のものの置き換えは、ユーザー割り当てマネージド IDKey Vault など、リンクされたリソースを持つ VM でもサポートされます。Replace existing is also supported for VMs with linked resources, like user-assigned managed-identity or Key Vault.
リージョンをまたがる (セカンダリ リージョン)Cross Region (secondary region) リージョンをまたがる復元を使用すると、Azure VM をセカンダリ リージョン (Azure のペアになっているリージョン) に復元できます。Cross Region restore can be used to restore Azure VMs in the secondary region, which is an Azure paired region.

セカンダリ リージョンにバックアップが実行されている場合は、選択されている回復ポイントのすべての Azure VM を復元できます。You can restore all the Azure VMs for the selected recovery point if the backup is done in the secondary region.

バックアップ中、スナップショットはセカンダリ リージョンにレプリケートされません。During the backup, snapshots aren't replicated to the secondary region. コンテナーに格納されているデータのみがレプリケートされます。Only the data stored in the vault is replicated. そのため、セカンダリ リージョンの復元はコンテナー階層の復元だけです。So secondary region restores are only vault tier restores. セカンダリ リージョンの復元時間は、プライマリ リージョンのコンテナー階層の復元時間とほぼ同じになります。The restore time for the secondary region will be almost the same as the vault tier restore time for the primary region.

この機能は、次のオプションで使用できます。This feature is available for the options below:
  • VM を作成しますCreate a VM
  • ディスクを復元するRestore Disks

    現時点では、[既存のディスクの置き換え] オプションはサポートされていません。We don't currently support the Replace existing disks option.

    アクセス許可Permissions
    セカンダリ リージョンでの復元操作は、バックアップ管理者とアプリ管理者が実行できます。The restore operation on secondary region can be performed by Backup Admins and App admins.
  • 注意

    Azure VM 上の特定のファイルとフォルダーを復旧することもできます。You can also recover specific files and folders on an Azure VM. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

    ストレージ アカウントStorage accounts

    ストレージ アカウントの詳細を次に示します。Some details about storage accounts:

    • VM の作成:作成した新しい VM は、指定したストレージ アカウントに配置されます。Create VM: When you create a new VM, the VM will be placed in the storage account you specify.
    • ディスクの復元: 復元したディスクは、指定したストレージ アカウントにコピーされます。Restore disk: When you restore a disk, the disk is copied to the storage account you specify. 復元ジョブによって生成されるテンプレートをダウンロードして使用することで、カスタム VM 設定を指定できます。The restore job generates a template that you can download and use to specify custom VM settings. このテンプレートは、指定したストレージ アカウントに配置されます。This template is placed in the specified storage account.
    • ディスクの交換: 既存の VM でディスクを交換するとき、ディスク交換の前に Azure Backup によって既存の VM のスナップショットが取得されます。Replace disk: When you replace a disk in an existing VM, Azure Backup takes a snapshot of the existing VM before replacing the disk. そのスナップショットは、データ転送を通じて、バックグラウンド プロセスとして Recovery Services コンテナーにもコピーされます。The snapshot is also copied to the Recovery Services vault through data transfer, as a background process. ただし、スナップショット フェーズが完了すると、ディスクの置換操作がトリガーされます。However, once the snapshot phase is completed, the replace disks operation is triggered. ディスクの置換操作の後、ソース Azure VM のディスクは、指定されたリソース グループに操作のために残され、VHD は指定されたストレージ アカウントに格納されます。After the replace disk operation, the disks of the source Azure VM are left in the specified Resource group for your operation and the VHDs are stored in the specified storage account. これらの VHD とディスクは、削除するか保持するかを選択できます。You can choose to delete or retain these VHDs and disks.
    • ストレージ アカウントの場所: ストレージ アカウントは、コンテナーと同じリージョンに存在する必要があります。Storage account location: The storage account must be in the same region as the vault. これらのアカウントのみが表示されます。Only these accounts are displayed. その場所にストレージ アカウントがない場合は、作成する必要があります。If there are no storage accounts in the location, you need to create one.
    • [Storage type](ストレージの種類) :Blob Storage はサポートされていません。Storage type: Blob storage isn't supported.
    • ストレージ冗長: ゾーン冗長ストレージ (ZRS) はサポートされていません。Storage redundancy: Zone redundant storage (ZRS) isn't supported. アカウントのレプリケーションおよび冗長性の情報は、アカウント名の後のかっこ内に表示されます。The replication and redundancy information for the account is shown in parentheses after the account name.
    • Premium Storage:Premium storage:
      • Premium 以外の VM を復元する場合、Premium Storage アカウントはサポートされません。When restoring non-premium VMs, premium storage accounts aren't supported.
      • マネージド VM を復元する場合、ネットワーク ルールで構成されている Premium Storage アカウントはサポートされません。When restoring managed VMs, premium storage accounts configured with network rules aren't supported.

    開始する前にBefore you start

    VM を復元する (新しい VM を作成する) には、VM の復元操作のための正しい Azure ロールベースのアクセス制御 (Azure RBAC) アクセス許可があることを確認してください。To restore a VM (create a new VM), make sure you have the correct Azure role-based access control (Azure RBAC) permissions for the Restore VM operation.

    アクセス許可がない場合は、ディスクを復元し、ディスクが復元された後、復元操作の一部として生成されたテンプレートを使用して新しい VM を作成できます。If you don't have permissions, you can restore a disk, and then after the disk is restored, you can use the template that was generated as part of the restore operation to create a new VM.

    注意

    以下のセクションで説明されている機能には、バックアップ センター経由でもアクセスできます。The functionality described in the following sections can also be accessed via Backup center. バックアップ センターは、Azure における単一の統合管理エクスペリエンスです。Backup center is a single unified management experience in Azure. それを使用して、企業は大規模なバックアップを管理、監視、運用、分析することができます。It enables enterprises to govern, monitor, operate, and analyze backups at scale. このソリューションを使用すると、個々のコンテナーのスコープに限定されずに、主なバックアップ管理操作のほとんどを実行できます。With this solution, you can perform most of the key backup management operations without being limited to the scope of an individual vault.

    復元ポイントを選択Select a restore point

    1. 復元する VM に関連付けられているコンテナーで、 [バックアップ アイテム] > [Azure 仮想マシン] を選択します。In the vault associated with the VM you want to restore, select Backup items > Azure Virtual Machine.

    2. VM を選択します。Select a VM. 既定では、VM ダッシュボードには過去 30 日間の復旧ポイントが表示されます。By default on the VM dashboard, recovery points from the last 30 days are displayed. 30 日前よりも古い復旧ポイントを表示することや、日付、時間範囲、スナップショット整合性の種類をフィルターにして復旧ポイントを探すことができます。You can display recovery points older than 30 days, or filter to find recovery points based on dates, time ranges, and different types of snapshot consistency.

    3. VM を復元するには、 [VM の復元] を選択します。To restore the VM, select Restore VM.

      復元ポイント

    4. 復旧に使用する復元ポイントを選択します。Select a restore point to use for the recovery.

    VM の復元の構成を選択するChoose a VM restore configuration

    1. [仮想マシンの復元] で、復元オプションを選択します。In Restore Virtual Machine, select a restore option:

      • 新規作成: 新しい VM を作成する場合、このオプションを使用します。Create new: Use this option if you want to create a new VM. 単純な設定で VM を作成することも、ディスクを復元して、カスタマイズされた VM を作成することもできます。You can create a VM with simple settings, or restore a disk and create a customized VM.

      • 既存のものを置き換える:既存の VM 上のディスクを置き換える場合、このオプションを使用します。Replace existing: Use this option if you want to replace disks on an existing VM.

        仮想マシンの復元の構成ウィザード

    2. 選択した復元オプションの設定を指定します。Specify settings for your selected restore option.

    VM の作成Create a VM

    復元オプションの 1 つであり、基本的な設定を使用して復元ポイントから VM をすばやく作成できます。As one of the restore options, you can create a VM quickly with basic settings from a restore point.

    1. [仮想マシンの復元] > [新規作成] > [復元の種類] で、 [仮想マシンの作成] を選択します。In Restore Virtual Machine > Create new > Restore Type, select Create a virtual machine.

    2. [仮想マシン名] で、サブスクリプションに存在しない VM を指定します。In Virtual machine name, specify a VM that doesn't exist in the subscription.

    3. [リソース グループ] で、新しい VM の既存のリソース グループを選択するか、グローバルに一意の名前を持つ新しいリソース グループを作成します。In Resource group, select an existing resource group for the new VM, or create a new one with a globally unique name. 既に存在している名前を割り当てると、Azure は VM と同じ名前をグループに割り当てます。If you assign a name that already exists, Azure assigns the group the same name as the VM.

    4. [仮想ネットワーク] で、VM が配置される VNet を選択します。In Virtual network, select the VNet in which the VM will be placed. サブスクリプションに関連付けられているすべての VNet が表示されます。All VNets associated with the subscription are displayed. サブネットを選択します。Select the subnet. 最初のサブネットが既定で選択されています。The first subnet is selected by default.

    5. [ステージングの場所] で、VM のストレージ アカウントを指定します。In Staging Location, specify the storage account for the VM. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

      復元の構成ウィザード - 復元オプションを選択する

    6. [復元] を選択して復元操作をトリガーします。Select Restore to trigger the restore operation.

    ディスクを復元するRestore disks

    復元オプションの 1 つであり、復元ポイントからディスクを作成できます。As one of the restore options, you can create a disk from a restore point. その後、ディスクを使用して次のいずれかのアクションを実行できます。Then with the disk, you can do one of the following actions:

    • 復元操作中に生成されるテンプレートを使用して設定をカスタマイズし、VM デプロイをトリガーします。Use the template that's generated during the restore operation to customize settings, and trigger VM deployment. 既定のテンプレート設定を編集し、VM デプロイのテンプレートを送信します。You edit the default template settings, and submit the template for VM deployment.
    • 既存の VM に、復元されたディスクをアタッチします。Attach restored disks to an existing VM.
    • PowerShell を使用して、復元されたディスクから新しい VM を作成します。Create a new VM from the restored disks using PowerShell.
    1. [復元の構成] > [新規作成] > [復元の種類] で、 [ディスクの復元] を選択します。In Restore configuration > Create new > Restore Type, select Restore disks.

    2. [リソース グループ] で、復元されたディスクの既存のリソース グループを選択するか、グローバルに一意の名前を持つ新しいリソース グループを作成します。In Resource group, select an existing resource group for the restored disks, or create a new one with a globally unique name.

    3. [ステージングの場所] で、VHD のコピー先となるストレージ アカウントを指定します。In Staging location, specify the storage account to which to copy the VHDs. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

      [リソース グループ] と [ステージングの場所] を選択します

    4. [復元] を選択して復元操作をトリガーします。Select Restore to trigger the restore operation.

    仮想マシンでマネージド ディスクを使用しているときに [仮想マシンの作成] オプションを選択した場合、Azure Backup では、指定されたストレージ アカウントは使用されません。When your virtual machine uses managed disks and you select the Create virtual machine option, Azure Backup doesn't use the specified storage account. ただし、 [ディスクの復元][インスタント リストア] の場合、ストレージ アカウントはテンプレートを格納するためにのみ使用されます。In the case of Restore disks and Instant Restore, the storage account is used only for storing the template. 指定したリソース グループ内にマネージド ディスクが作成されます。Managed disks are created in the specified resource group. 仮想マシンでアンマネージド ディスクを使用した場合、それらはストレージ アカウントに対して BLOB として復元されます。When your virtual machine uses unmanaged disks, they're restored as blobs to the storage account.

    テンプレートを使用して復元 VM をカスタマイズするUse templates to customize a restored VM

    ディスクが復元された後に、復元操作の一環として生成されたテンプレートを使用して、新しい VM をカスタマイズおよび作成します。After the disk is restored, use the template that was generated as part of the restore operation to customize and create a new VM:

    1. [バックアップ ジョブ] で、適切な復元ジョブを選択します。In Backup Jobs, select the relevant restore job.

    2. [復元] で、 [テンプレートのデプロイ] を選択して、テンプレートのデプロイを開始します。In Restore, select Deploy Template to initiate template deployment.

      復元ジョブのドリルダウン

    3. テンプレートで提供されている VM 設定をカスタマイズするには、 [テンプレートの編集] を選択します。To customize the VM setting provided in the template, select Edit template. さらにカスタマイズを追加する場合は、 [パラメーターの編集] を選択します。If you want to add more customizations, select Edit parameters.

      • カスタム テンプレートからのリソースのデプロイに関する詳細情報Learn more about deploying resources from a custom template.
      • テンプレートの作成に関する詳細情報Learn more about authoring templates.

      テンプレート デプロイの読み込み

    4. VM のカスタム値を入力し、利用規約 を受諾して [購入] を選択します。Enter the custom values for the VM, accept the Terms and Conditions and select Purchase.

      サンプル テンプレートの送信

    既存のディスクの置き換えReplace existing disks

    復元オプションの 1 つであり、選択した復元ポイントで既存の VM ディスクを置き換えることができます。As one of the restore options, you can replace an existing VM disk with the selected restore point. すべての復元オプションを確認します。Review all restore options.

    1. [復元の構成] で、 [既存の以下のものを置き換えます] を選択します。In Restore configuration, select Replace existing.

    2. [リストアの種類] で、 [Replace disk/s](ディスクの交換) を選択します。In Restore Type, select Replace disk/s. これは、既存の VM ディスクを置き換えるために使用される復元ポイントです。This is the restore point that will be used replace existing VM disks.

    3. [ステージングの場所] で、復元プロセス中に現在のマネージド ディスクのスナップショットを保存する場所を指定します。In Staging Location, specify where snapshots of the current managed disks should be saved during the restore process. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

      復元の構成ウィザードの [既存の以下のものを置き換えます]

    リージョンをまたがる復元Cross Region Restore

    復元オプションの 1 つである、リージョンをまたがる復元 (CRR) を使用すると、Azure VM をセカンダリ リージョン (Azure のペアになっているリージョン) に復元できます。As one of the restore options, Cross Region Restore (CRR) allows you to restore Azure VMs in a secondary region, which is an Azure paired region.

    この機能の使用を開始するには、「開始する前に」セクションを参照してください。To begin using the feature, read the Before You Begin section.

    CRR が有効になっているかどうかを確認するには、「リージョンをまたがる復元の構成」の手順に従ってください。To see if CRR is enabled, follow the instructions in Configure Cross Region Restore.

    セカンダリ リージョンのバックアップ項目を表示するView backup items in secondary region

    CRR が有効になっている場合は、セカンダリ リージョンのバックアップ項目を表示できます。If CRR is enabled, you can view the backup items in the secondary region.

    1. ポータルから [Recovery Services コンテナー][バックアップ項目] の順に移動します。From the portal, go to Recovery Services vault > Backup items.
    2. セカンダリ リージョンの項目を表示するには、 [セカンダリ リージョン] を選択します。Select Secondary Region to view the items in the secondary region.

    注意

    CRR 機能をサポートする種類のバックアップ管理のみが一覧に表示されます。Only Backup Management Types supporting the CRR feature will be shown in the list. 現時点では、セカンダリ リージョン データをセカンダリ リージョンに復元することのみが許可されています。Currently, only support for restoring secondary region data to a secondary region is allowed.

    セカンダリ リージョン内の仮想マシン

    セカンダリ リージョンを選択する

    セカンダリ リージョンに復元するRestore in secondary region

    セカンダリ リージョンに復元するユーザー エクスペリエンスは、プライマリ リージョンに復元するユーザー エクスペリエンスに似ています。The secondary region restore user experience will be similar to the primary region restore user experience. [復元の構成] ペインで復元の詳細を構成するときに、セカンダリ リージョンのパラメーターのみを指定するように求められます。When configuring details in the Restore Configuration pane to configure your restore, you'll be prompted to provide only secondary region parameters.

    現在、読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA GRS) のレプリケーションは 15 分ですが、セカンダリ リージョンの RPO は、プライマリ リージョンから最大 12 時間です。Currently, secondary region RPO is up to 12 hours from the primary region, even though read-access geo-redundant storage (RA-GRS) replication is 15 minutes.

    復元する VM の選択

    復元ポイントの選択

    復元の構成

    復元進行中通知をトリガーする

    注意

    • 復元がトリガーされた後、データ転送フェーズでは、復元ジョブを取り消すことができません。After the restore is triggered and in the data transfer phase, the restore job can't be cancelled.
    • リージョンをまたがる復元機能では、CMK (カスタマー マネージド キー) が有効になっている Azure VM が、セカンダリ リージョンにおける CMK が有効になっていない VM として復元されます。これらの VM は、CMK が有効になっている Recovery Services コンテナーにはバックアップされません。The Cross Region Restore feature restores CMK (customer-managed keys) enabled Azure VMs, which aren't backed-up in a CMK enabled Recovery Services vault, as non-CMK enabled VMs in the secondary region.
    • セカンダリ リージョンに復元するために必要な Azure ロールは、プライマリ リージョンにおけるものと同じです。The Azure roles needed to restore in the secondary region are the same as those in the primary region.

    Azure ゾーン固定 VM は、同じリージョンの任意の可用性ゾーンで復元できます。Azure zone pinned VMs can be restored in any availability zones of the same region.

    復元プロセスでは、 [可用性ゾーン] オプションが表示されます。In the restore process, you'll see the option Availability Zone. 既定のゾーンが最初に表示されます。You'll see your default zone first. 別のゾーンを選択するには、任意のゾーンの番号を選択します。To choose a different zone, choose the number of the zone of your choice. 固定ゾーンが使用できない場合は、バックアップ データがゾーン的にレプリケートされないため、別のゾーンにデータを復元することはできません。If the pinned zone is unavailable, you won't be able to restore the data to another zone because the backed-up data isn't zonally replicated. 可用性ゾーンでは、コンテナー階層の復旧ポイントからの復元のみが可能です。The restore in availability zones is possible from recovery points in vault tier only.

    可用性ゾーンを選択する

    セカンダリ リージョンの復元ジョブの監視Monitoring secondary region restore jobs

    1. ポータルから [Recovery Services コンテナー] > [バックアップ ジョブ] に移動します。From the portal, go to Recovery Services vault > Backup Jobs

    2. セカンダリ リージョンの項目を表示するには、 [セカンダリ リージョン] を選択します。Select Secondary Region to view the items in the secondary region.

      フィルター処理されたバックアップ ジョブ

    アンマネージドの VM およびディスクをマネージドとして復元するRestoring unmanaged VMs and disks as managed

    復元の際にアンマネージド ディスクマネージド ディスクとして復元するオプションが用意されています。You're provided with an option to restore unmanaged disks as managed disks during restore. 既定では、アンマネージドの VM およびディスクは、アンマネージドの VM およびディスクとして復元されます。By default, the unmanaged VMs / disks are restored as unmanaged VMs / disks. ただし、マネージドの VM およびディスクとして復元することを選択できるようになりました。However, if you choose to restore as managed VMs / disks, it's now possible to do so. これらの復元はスナップショット フェーズからはトリガーされず、コンテナー フェーズからのみトリガーされます。These restores aren't triggered from the snapshot phase but only from the vault phase. この機能は、アンマネージドの暗号化された VM では使用できません。This feature isn't available for unmanaged encrypted VMs.

    マネージド ディスクとして復元する

    特別な構成を持つ VM を復元するRestore VMs with special configurations

    VM の復元が必要になることがある、一般的なシナリオは多数あります。There are many common scenarios in which you might need to restore VMs.

    シナリオScenario ガイダンスGuidance
    Hybrid Use Benefit を使用して VM を復元するRestore VMs using Hybrid Use Benefit Windows VM が Hybrid Use Benefit (HUB) ライセンスを使用している場合、ディスクを復元し、提供されているテンプレート ( [ライセンスの種類]Windows_Server に設定)、または PowerShell を使用して新しい VM を作成します。If a Windows VM uses Hybrid Use Benefit (HUB) licensing, restore the disks, and create a new VM using the provided template (with License Type set to Windows_Server), or PowerShell. この設定は、VM の設定後にも適用できます。This setting can also be applied after creating the VM.
    Azure データ センターでの障害発生時に VM を復元するRestore VMs during an Azure datacenter disaster コンテナーで GRS を使用しており、VM のプライマリ データセンターがダウンした場合、Azure Backup では、バックアップされた VM を、ペアのデータセンターに復元することができます。If the vault uses GRS and the primary datacenter for the VM goes down, Azure Backup supports restoring backed-up VMs to the paired datacenter. ペアのデータセンターでストレージ アカウントを選択し、通常どおりに復元します。You select a storage account in the paired datacenter, and restore as normal. Azure Backup は、ペアのリージョンのコンピューティング サービスを使用して、復元された VM を作成します。Azure Backup uses the compute service in the paired region to create the restored VM. データセンターの回復性に関して詳しくはこちらを参照してくださいLearn more about datacenter resiliency.

    コンテナーで GRS が使用されている場合、リージョンをまたがる復元という新しい機能を選択できます。If the vault uses GRS, you can choose the new feature, Cross Region Restore. これにより、完全な停止でも、部分的な停止でも、あるいはまったく停止していない場合でさえも、第二リージョンに復元できます。This lets you restore to a second region in either full or partial outage scenarios, or even if there's no outage at all.
    ベア メタル回復Bare-metal restore Azure VM とオンプレミスのハイパーバイザーの大きな違いは、Azure では VM コンソールが使用できないことです。The major difference between Azure VMs and on-premises hypervisors is that there's no VM console available in Azure. コンソールは、ベア メタル回復 (BMR) タイプのバックアップを使用して回復するといった特定のシナリオで必要です。A console is required for certain scenarios, such as recovering by using a bare-metal recovery (BMR)-type backup. ただし、コンテナーからの VM の復元が、BMR の代わりとなります。However, VM restore from the vault is a full replacement for BMR.
    特別なネットワーク構成を持つ VM を復元するRestore VMs with special network configurations 特別なネットワーク構成に含まれるものとしては、内部または外部の負荷分散を使用する VM、複数の NIC の使用、または複数の予約済み IP アドレスがあります。Special network configurations include VMs using internal or external load balancing, using multiple NICS, or multiple reserved IP addresses. これらの VM は、ディスクの復元オプションを使用して復元します。You restore these VMs by using the restore disk option. このオプションでは、指定されたストレージ アカウントに VHD のコピーを作成した後、構成に応じて、内部または外部のロード バランサー、複数の NIC、または複数の予約済み IP アドレスを使用して VM を作成できます。This option makes a copy of the VHDs into the specified storage account, and you can then create a VM with an internal or external load balancer, multiple NICS, or multiple reserved IP addresses, in accordance with your configuration.
    NIC/サブネットでのネットワーク セキュリティ グループ (NSG)Network Security Group (NSG) on NIC/Subnet Azure VM バックアップは、vnet、サブネット、および NIC レベルでの NSG 情報のバックアップと復元をサポートします。Azure VM backup supports Backup and Restore of NSG information at vnet, subnet, and NIC level.
    ゾーンにピン留めされた VMZone Pinned VMs ゾーンにピン留めされた Azure VM を (Azure Backup で) バックアップした場合は、それをピン留めされていたのと同じゾーンで復元できます。If you back up an Azure VM that's pinned to a zone (with Azure Backup), then you can restore it in the same zone where it was pinned. 詳細情報Learn more
    可用性セットで VM を復元するRestore VM in any availability set ポータルから VM を復元するとき、可用性セットを選択するオプションはありません。When restoring a VM from the portal, there's no option to choose an availability set. 復元された VM には可用性セットがありません。A restored VM doesn't have an availability set. ディスクの復元オプションを使用する場合、提供されているテンプレートまたは PowerShell を使用してディスクから VM を作成するときに可用性セットを指定することができます。If you use the restore disk option, then you can specify an availability set when you create a VM from the disk using the provided template or PowerShell.
    SQL VM などの特別な VM を復元するRestore special VMs such as SQL VMs Azure VM バックアップを使用して SQL VM をバックアップした後、VM の復元オプションを使用したか、ディスクを復元した後に VM を作成した場合は、新しく作成した VM を SQL プロバイダーに登録する必要があります (こちらを参照してください)。If you're backing up a SQL VM using Azure VM backup and then use the restore VM option or create a VM after restoring disks, then the newly created VM must be registered with the SQL provider as mentioned here. これにより、復元された VM が SQL VM に変換されます。This will convert the restored VM into a SQL VM.

    ドメイン コントローラー VM を復元するRestore domain controller VMs

    シナリオScenario ガイダンスGuidance
    単一ドメイン内の単一ドメイン コントローラー VM を復元するRestore a single domain controller VM in a single domain 他の VM と同様に VM を復元します。Restore the VM like any other VM. 以下の点に注意してください。Note that:

    Active Directory の観点からは、Azure VM は他の VM と同様です。From an Active Directory perspective, the Azure VM is like any other VM.

    ディレクトリ サービス復元モード (DSRM) も利用できるので、Active Directory の復元シナリオはすべて実行可能です。Directory Services Restore Mode (DSRM) is also available, so all Active Directory recovery scenarios are viable. 仮想化ドメイン コントローラーのバックアップと復元の考慮事項に関する詳細情報Learn more about backup and restore considerations for virtualized domain controllers.
    単一ドメイン内の複数のドメイン コントローラー VM を復元するRestore multiple domain controller VMs in a single domain 同じドメイン内の他のドメイン コントローラーにネットワーク経由で到達できる場合は、VM と同様にそのドメイン コントローラーを復元できます。If other domain controllers in the same domain can be reached over the network, the domain controller can be restored like any VM. これがドメイン内の最後のドメイン コントローラーである場合や、分離されたネットワークでの復旧を実行している場合は、フォレストの復旧を使用します。If it's the last remaining domain controller in the domain, or a recovery in an isolated network is performed, use a forest recovery.
    複数のドメイン構成で単一のドメイン コントローラー VM を復元するRestore a single domain controller VM in a multiple domain configuration PowerShell を使用して、ディスクを復元して VM を作成しますRestore the disks and create a VM by using PowerShell
    1 つのフォレスト内の複数のドメインを復元するRestore multiple domains in one forest フォレストの復旧をお勧めします。We recommend a forest recovery.

    詳細については、「Active Directory ドメイン コントローラーのバックアップおよび復元」を参照してください。For more information, see Back up and restore Active Directory domain controllers.

    復元操作を追跡するTrack the restore operation

    復元操作をトリガーすると、追跡用のジョブがバックアップ サービスによって作成されます。After you trigger the restore operation, the backup service creates a job for tracking. Azure Backup は、ジョブに関する通知をポータルに表示します。Azure Backup displays notifications about the job in the portal. 表示されない場合は、 [通知] シンボルを選択し、 [アクティビティ ログのその他のイベント] を選択して、復元プロセスの状態を確認します。If they aren't visible, select the Notifications symbol, and then select More events in the activity log to see the Restore Process Status.

    Restore triggered

    次のように復元を追跡します:Track restore as follows:

    1. ジョブの操作を表示するには、通知のハイパーリンクを選択します。To view operations for the job, select the notifications hyperlink. または、コンテナーで [バックアップ ジョブ] を選択してから、関連する VM を選択します。Alternatively, in the vault, select Backup jobs, and then select the relevant VM.

      コンテナーの VM の一覧

    2. 復元の進行状況を監視するには、ステータスが [進行中] である任意の復元ジョブを選択します。To monitor restore progress, select any restore job with a status of In-progress. 復元の進行状況に関する情報が進行状況バーに表示されます。This displays the progress bar, which displays information about the restore progress:

      • [Estimated time of restore](復元の推定時間) :最初は、復元操作の完了にかかる時間を示します。Estimated time of restore: Initially provides the time taken to complete the restore operation. 操作の進行に伴って所要時間が減り、復元操作が終了するとゼロになります。As the operation progresses, the time taken reduces and reaches zero when the restore operation finishes.
      • [Percentage of restore](復元率)Percentage of restore. 実行された復元操作の割合を示します。Shows the percentage of restore operation that's done.
      • [転送バイト数] :新しい VM を作成することによって復元している場合、転送予定の合計バイト数に対する転送されたバイト数を示します。Number of bytes transferred: If you're restoring by creating a new VM, it shows the bytes that were transferred against the total number of bytes to be transferred.

    復元後の手順Post-restore steps

    VM を復元した後の注意点がいくつかあります:There are a few things to note after restoring a VM:

    • バックアップの構成の間に存在した拡張機能はインストールされますが、有効にはされません。Extensions present during the backup configuration are installed, but not enabled. 問題がある場合は、拡張機能を再インストールしてください。If you see an issue, reinstall the extensions.

    • バックアップされた VM が静的 IP アドレスを持っていた場合、復元された VM は競合を回避するために動的 IP アドレスを持つことになります。If the backed-up VM had a static IP address, the restored VM will have a dynamic IP address to avoid conflict. 復元された VM に静的 IP アドレスを追加することができます。You can add a static IP address to the restored VM.

    • 復元された VM には可用性セットがありません。A restored VM doesn't have an availability set. ディスクの復元オプションを使用する場合、提供されているテンプレートまたは PowerShell を使用してディスクから VM を作成するときに可用性セットを指定することができます。If you use the restore disk option, then you can specify an availability set when you create a VM from the disk using the provided template or PowerShell.

    • Ubuntu など cloud-init ベースの Linux ディストリビューションを使用している場合、セキュリティ上の理由から、復元後にパスワードがブロックされます。If you use a cloud-init-based Linux distribution, such as Ubuntu, for security reasons the password is blocked after the restore. 復元した VM で VMAccess 拡張機能を使用して、パスワードをリセットしてください。Use the VMAccess extension on the restored VM to reset the password. これらのディストリビューションでは SSH キーを使用することを推奨しているため、復元後にパスワードをリセットする必要はありません。We recommend using SSH keys on these distributions, so you don't need to reset the password after the restore.

    • 復元された VM に、ドメイン コントローラーとのリレーションシップが破損しているためにアクセスできない場合は、次の手順に従って VM を起動します。If you're unable to access a VM once restored because the VM has a broken relationship with the domain controller, then follow the steps below to bring up the VM:

      • 回復した VM にデータ ディスクとして OS ディスクを接続します。Attach OS disk as a data disk to a recovered VM.
      • Azure エージェントが応答していないことが判明した場合は、このリンクに従って VM エージェントを手動でインストールしてください。Manually install VM agent if Azure Agent is found to be unresponsive by following this link.
      • VM でシリアル コンソール アクセスを有効にして、VM へのコマンドライン アクセスを許可しますEnable Serial Console access on VM to allow command-line access to VM
        bcdedit /store <drive letter>:\boot\bcd /enum
        bcdedit /store <VOLUME LETTER WHERE THE BCD FOLDER IS>:\boot\bcd /set {bootmgr} displaybootmenu yes
        bcdedit /store <VOLUME LETTER WHERE THE BCD FOLDER IS>:\boot\bcd /set {bootmgr} timeout 5
        bcdedit /store <VOLUME LETTER WHERE THE BCD FOLDER IS>:\boot\bcd /set {bootmgr} bootems yes
        bcdedit /store <VOLUME LETTER WHERE THE BCD FOLDER IS>:\boot\bcd /ems {<<BOOT LOADER IDENTIFIER>>} ON
        bcdedit /store <VOLUME LETTER WHERE THE BCD FOLDER IS>:\boot\bcd /emssettings EMSPORT:1 EMSBAUDRATE:115200
      
      • VM が再構築されたら、Azure portal を使用してローカル管理者アカウントとパスワードをリセットしますWhen the VM is rebuilt use Azure portal to reset local administrator account and password

      • シリアル コンソール アクセスと CMD を使用して、VM をドメインから切断しますUse Serial console access and CMD to disjoin VM from domain

        cmd /c "netdom remove <<MachineName>> /domain:<<DomainName>> /userD:<<DomainAdminhere>> /passwordD:<<PasswordHere>> /reboot:10 /Force"
        
    • VM が切断されて再起動されると、ローカル管理者の資格情報で VM に正常に RDP 接続し、正常に VM をドメインに再度参加させることができます。Once the VM is disjoined and restarted, you'll be able to successfully RDP to the VM with local admin credentials and rejoin VM back to domain successfully.

    復元された VM のバックアップBacking up restored VMs

    • 最初にバックアップされた VM と同じ名前で同じリソース グループに VM を復元した場合、復元後も VM に対するバックアップは引き続き行われます。If you restored a VM to the same resource group with the same name as the originally backed-up VM, backup continues on the VM after restore.
    • 別のリソース グループに VM を復元した場合、または復元された VM に別の名前を指定した場合、復元された VM のバックアップをセットアップする必要があります。If you restored the VM to a different resource group or you specified a different name for the restored VM, you need to set up backup for the restored VM.

    次のステップNext steps

    • 復元処理中に問題が発生した場合は、一般的な問題とエラーを確認してください。If you experience difficulties during the restore process, review common issues and errors.
    • VM が復元されたら、仮想マシンの管理について理解しますAfter the VM is restored, learn about managing virtual machines