MABS を使用して SharePoint ファームを Azure にバックアップするBack up a SharePoint farm to Azure with MABS

Microsoft Azure Backup Server (MABS) を使用して SharePoint ファームを Microsoft Azure にバックアップする方法は、他のデータ ソースのバックアップとよく似ています。You back up a SharePoint farm to Microsoft Azure by using Microsoft Azure Backup Server (MABS) in much the same way that you back up other data sources. Azure Backup ではバックアップのスケジュールを柔軟に設定して日、週、月、年の単位でバックアップ ポイントを作成でき、さまざまなバックアップ ポイントに対応する保有ポリシー オプションがあります。Azure Backup provides flexibility in the backup schedule to create daily, weekly, monthly, or yearly backup points and gives you retention policy options for various backup points. MABS では、目標復旧時間 (RTO) 短縮のためにはローカル ディスク コピーを保存でき、コスト効率に優れた長期リテンション期間のためには Azure にコピーできます。MABS provides the capability to store local disk copies for quick recovery-time objectives (RTO) and to store copies to Azure for economical, long-term retention.

MABS を使用して SharePoint を Azure にバックアップするプロセスは、SharePoint をローカルで DPM (Data Protection Manager) にバックアップする場合と似ています。Backing up SharePoint to Azure with MABS is a similar process to backing up SharePoint to DPM (Data Protection Manager) locally. この記事では、Azure に関する特定の考慮事項について説明します。Particular considerations for Azure will be noted in this article.

サポートされている SharePoint のバージョンと、それらのバックアップに必要な MABS のバージョンの一覧については、MABS 保護マトリックスに関するページを参照してくださいFor a list of supported SharePoint versions and the MABS versions required to back them up see the MABS protection matrix

開始する前にBefore you start

SharePoint ファームを Azure にバックアップする前に、確認する必要がある点がいくつかあります。There are a few things you need to confirm before you back up a SharePoint farm to Azure.

サポートされていないものWhat's not supported

  • SharePoint ファームを保護する MABS では、検索インデックスまたはアプリケーション サービス データベースは保護されません。MABS that protects a SharePoint farm doesn't protect search indexes or application service databases. これらのデータベースの保護は別に構成する必要があります。You'll need to configure the protection of these databases separately.

  • MABS では、スケールアウト ファイル サーバー (SOFS) 共有でホストされている SharePoint SQL Server データベースのバックアップはサポートしていません。MABS doesn't provide backup of SharePoint SQL Server databases that are hosted on scale-out file server (SOFS) shares.

前提条件Prerequisites

先に進む前に、Microsoft Azure Backup を使用してワークロードを保護する上で必要なすべての 前提条件 が満たされていることを確認します。Before you continue, make sure that you've met all the prerequisites for using Microsoft Azure Backup to protect workloads. 前提条件を満たすための作業として、バックアップ コンテナーの作成、コンテナー資格情報のダウンロード、Azure Backup エージェントのインストール、コンテナーへの Azure Backup Server の登録などがあります。Some tasks for prerequisites include: create a backup vault, download vault credentials, install Azure Backup Agent, and register the Azure Backup Server with the vault.

追加の前提条件と制限事項:Additional prerequisites and limitations:

  • 既定では、SharePoint を保護すると、すべてのコンテンツ データベース (および SharePoint_Config と SharePoint_AdminContent* データベース) が保護されます。By default when you protect SharePoint, all content databases (and the SharePoint_Config and SharePoint_AdminContent* databases) will be protected. 検索インデックス、テンプレートまたはアプリケーション サービス データベース、ユーザー プロファイル サービスなどのカスタマイズを追加する場合は、これらを個別に保護するように構成する必要があります。If you want to add customizations such as search indexes, templates or application service databases, or the user profile service you'll need to configure these for protection separately. この種の機能やカスタマイズ ファイルを含むすべてのフォルダーに対して保護が有効になっていることを確認してください。Be sure that you enable protection for all folders that include these types of features or customization files.

  • SharePoint データベースを SQL Server データ ソースとして保護することはできません。You can't protect SharePoint databases as a SQL Server data source. ファームのバックアップから個々のデータベースを回復することができます。You can recover individual databases from a farm backup.

  • MABS がローカル システムとして実行されている状態で、SQL Server データベースをバックアップする場合は、SQL Server のアカウントに対する sysadmin 特権が必要になることに注意してください。Remember that MABS runs as Local System, and to back up SQL Server databases it needs sysadmin privileges on that account for the SQL server. バックアップする SQL Server NT AUTHORITY\SYSTEM を sysadmin に設定してください。On the SQL Server you want to back up, set NT AUTHORITY\SYSTEM to sysadmin.

  • MABS フォルダーが存在するボリュームには、ファーム内の 1,000 万項目ごとに 2 GB 以上の容量が必要です。For every 10 million items in the farm, there must be at least 2 GB of space on the volume where the MABS folder is located. この容量はカタログ生成のために必要です。This space is required for catalog generation. MABS を使用して特定の項目 (サイト コレクション、サイト、リスト、ドキュメント ライブラリ、フォルダー、個々のドキュメント、およびリスト項目) の回復を実行できるようにするために、カタログ生成では各コンテンツ データベース内に含まれる URL のリストが作成されます。To enable you to use MABS to perform a specific recovery of items (site collections, sites, lists, document libraries, folders, individual documents, and list items), catalog generation creates a list of the URLs contained within each content database. MABS 管理者コンソールの回復タスク領域の [回復可能な項目] ウィンドウで、URL の一覧を確認できます。You can view the list of URLs in the recoverable item pane in the Recovery task area of the MABS Administrator Console.

  • SharePoint ファームで、SQL Server 別名を使用して構成されている SQL Server データベースがある場合は、MABS で保護するフロントエンド Web サーバーに SQL Server クライアント コンポーネントをインストールしてください。In the SharePoint farm, if you have SQL Server databases that are configured with SQL Server aliases, install the SQL Server client components on the front-end Web server that MABS will protect.

  • アプリケーション ストアの項目の保護は、SharePoint 2013 ではサポートされていません。Protecting application store items isn't supported with SharePoint 2013.

  • MABS では、リモート FILESTREAM の保護はサポートしていません。MABS doesn't support protecting remote FILESTREAM. FILESTREAM はデータベースの一部でなければなりません。The FILESTREAM should be part of the database.

バックアップの構成Configure backup

SharePoint ファームをバックアップするには、ConfigureSharePoint.exe を使用して SharePoint の保護を構成し、MABS で保護グループを作成します。To back up the SharePoint farm, configure protection for SharePoint by using ConfigureSharePoint.exe and then create a protection group in MABS.

  1. ConfigureSharePoint.exe を実行します。このツールは、SharePoint VSS ライター サービス (WSS) を構成し、保護エージェントに SharePoint ファームの資格情報を提供します。Run ConfigureSharePoint.exe - This tool configures the SharePoint VSS Writer service (WSS) and provides the protection agent with credentials for the SharePoint farm. 保護エージェントを展開すると、ConfigureSharePoint.exe ファイルがフロントエンド Web サーバー上の <MABS Installation Path\>\bin フォルダーに配置されます。After you've deployed the protection agent, the ConfigureSharePoint.exe file can be found in the <MABS Installation Path\>\bin folder on the front-end Web server. 複数の WFE サーバーがある場合でも、インストールする必要があるのはそれらのサーバーのいずれかのみになります。If you have multiple WFE servers, you only need to install it on one of them. 次のように実行します。Run as follows:

    • WFE サーバーで、コマンド プロンプトを使用して \<MABS installation location\>\\bin\\ に移動し、ConfigureSharePoint \[\-EnableSharePointProtection\] \[\-EnableSPSearchProtection\] \[\-ResolveAllSQLAliases\] \[\-SetTempPath <path>\] を実行します。それぞれ以下の内容を表します。On the WFE server, at a command prompt navigate to \<MABS installation location\>\\bin\\ and run ConfigureSharePoint \[\-EnableSharePointProtection\] \[\-EnableSPSearchProtection\] \[\-ResolveAllSQLAliases\] \[\-SetTempPath <path>\], where:

      • EnableSharePointProtection では、SharePoint ファームの保護を有効にして、VSS ライターを有効にし、DCOM アプリケーション WssCmdletsWrapper の ID を登録して、このオプションで資格情報を入力するユーザーとして実行するようにします。EnableSharePointProtection enables protection of the SharePoint farm, enables the VSS writer, and registers the identity of the DCOM application WssCmdletsWrapper to run as a user whose credentials are entered with this option. このアカウントは、ファーム管理者であり、フロントエンド Web サーバーのローカル管理者でもある必要があります。This account should be a farm admin and also local admin on the front-end Web Server.

      • EnableSPSearchProtection では、フロントエンド Web サーバーで HKLM\Software\Microsoft\ Microsoft Data Protection Manager\Agent\2.0\ にあるレジストリ キー SharePointSearchEnumerationEnabled を使用して、WSS 3.0 SP Search の保護を有効にし、DCOM アプリケーション WssCmdletsWrapper の ID を登録して、このオプションで資格情報を入力するユーザーとして実行するようにします。EnableSPSearchProtection enables the protection of WSS 3.0 SP Search by using the registry key SharePointSearchEnumerationEnabled under HKLM\Software\Microsoft\ Microsoft Data Protection Manager\Agent\2.0\ on the front-end Web Server, and registers the identity of the DCOM application WssCmdletsWrapper to run as a user whose credentials are entered with this option. このアカウントは、ファーム管理者であり、フロントエンド Web サーバーのローカル管理者でもある必要があります。This account should be a farm admin and also local admin on the front-end Web Server.

      • ResolveAllSQLAliases は、SharePoint VSS ライターが報告するエイリアスをすべて表示し、対応する SQL Server に対してそれらを解決します。ResolveAllSQLAliases displays all the aliases reported by the SharePoint VSS writer and resolves them to the corresponding SQL server. また、解決されたインスタンス名も表示します。It also displays their resolved instance names. サーバーがミラー化されている場合は、そのサーバーも表示します。If the servers are mirrored, it will also display the mirrored server. SQL Server に対して解決されていないすべてのエイリアスを報告します。It reports all the aliases that aren't being resolved to a SQL Server.

      • SetTempPath は、指定されたパスに環境変数 TEMP と TMP を設定します。SetTempPath sets the environment variable TEMP and TMP to the specified path. サイズの大きなサイト コレクション、サイト、リスト、または項目が回復中であり、ファーム管理者の一時フォルダーで空き容量が不足している場合、項目レベルの回復が失敗します。Item level recovery fails if a large site collection, site, list, or item is being recovered and there's insufficient space in the farm admin Temporary folder. このオプションにより、一時ファイルのフォルダー パスを、回復しているサイト コレクションまたはサイトを保存するために十分なボリュームへと変更できます。This option allows you to change the folder path of the temporary files to a volume that has sufficient space to store the site collection or site being recovered.

    • ファーム管理者の資格情報を入力します。Enter the farm administrator credentials. このアカウントは、WFE サーバーのローカル管理者グループのメンバーである必要があります。This account should be a member of the local Administrator group on the WFE server. ファーム管理者がローカル管理者ではない場合は、WFE サーバーで次の権限を付与します。If the farm administrator isn't a local admin, grant the following permissions on the WFE server:

      • MABS フォルダー (%Program Files%\Data Protection Manager\DPM\) に対するフル コントロールを WSS_Admin_WPG グループに付与します。Grant the WSS_Admin_WPG group full control to the MABS folder (%Program Files%\Data Protection Manager\DPM\).

      • MABS レジストリ キー (HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager) に対する読み取りアクセスを WSS_Admin_WPG グループに付与します。Grant the WSS_Admin_WPG group read access to the MABS Registry key (HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager).

      ConfigureSharePoint.exe を実行した後で、SharePoint ファーム管理者の資格情報に変更がある場合は、これを再実行する必要があります。After running ConfigureSharePoint.exe, you'll need to rerun it if there's a change in the SharePoint farm administrator credentials.

  2. 保護グループを作成するには、MABS コンソールで [保護] > [アクション] > [保護グループの作成] の順に選択して [新しい保護グループの作成] ウィザードを開きます。To create a protection group, select Protection > Actions > Create Protection Group to open the Create New Protection Group wizard in the MABS console.

  3. [保護グループの種類の選択][サーバー] を選択します。In Select Protection Group Type, select Servers.

  4. [グループ メンバーの選択] で、WFE ロールを保持しているサーバーを展開します。In Select Group Members, expand the server that holds the WFE role. 複数の WFE サーバーがある場合は、ConfigureSharePoint.exe をインストールしたサーバーを選択します。If there's more than one WFE server, select the one on which you installed ConfigureSharePoint.exe.

    SharePoint サーバーを展開すると、MABS は VSS を照会して MABS で保護できるデータを確認します。When you expand the SharePoint server MABS queries VSS to see what data MABS can protect. SharePoint データベースがリモートである場合、MABS はそれに接続します。If the SharePoint database is remote, MABS connects to it. SharePoint データ ソースが表示されない場合は、VSS ライターが SharePoint サーバーといずれかのリモート SQL Server で実行されていることを確認し、SharePoint サーバーとリモート SQL Server の両方で MABS エージェントがインストールされていることを確認します。If SharePoint data sources don't appear, check that the VSS writer is running on the SharePoint server and any remote SQL Server, and ensure the MABS agent is installed on both the SharePoint server and remote SQL Server. さらに、SharePoint データベースが SQL Server データベースとして他の場所で保護されていないことを確認してください。Also, ensure that SharePoint databases aren't being protected elsewhere as SQL Server databases.

  5. [データの保護方法の選択] で、短期と長期のバックアップの処理方法を指定します。In Select data protection method, specify how you want to handle short and long-term backup. 短期のバックアップでは、常にまずディスクにバックアップされますが、Azure Backup を使用してディスクから Azure クラウドにバックアップするオプションがあります (短期または 長期)。Short-term back up is always to disk first, with the option of backing up from the disk to the Azure cloud with Azure Backup (for short or long-term).

  6. [短期的な目標の選択] で、ディスク上の短期記憶域へのバックアップ方法を指定します。In Select short-term goals, specify how you want to back up to short-term storage on disk. [保有期間の範囲] で、ディスクにデータを保持する期間を指定します。In Retention range you specify how long you want to keep the data on disk. [同期の頻度] で、ディスクへの増分バックアップを実行する頻度を指定します。In Synchronization frequency, you specify how often you want to run an incremental backup to disk. バックアップ間隔を設定しない場合は、[回復ポイントの直前] を有効にし、各回復ポイントがスケジュールされる直前に MABS が高速完全バックアップを実行するように指定できます。If you don't want to set a backup interval, you can check just before a recovery point so that MABS will run an express full backup just before each recovery point is scheduled.

  7. [ディスク割り当ての確認] ページで、保護グループに割り当てられる記憶域プールのディスク領域を確認します。In the Review disk allocation page, review the storage pool disk space allocated for the protection group.

    [合計データ サイズ] は、バックアップするデータのサイズです。 [Disk space to be provisioned on MABS](MABS にプロビジョニングするディスク領域) は、MABS が保護グループに推奨する領域です。Total Data size is the size of the data you want to back up, and Disk space to be provisioned on MABS is the space that MABS recommends for the protection group. MABS では、設定に基づいて理想的なバックアップ ボリュームが選択されます。MABS chooses the ideal backup volume, based on the settings. ただし、 [Disk allocation details](ディスク割り当ての詳細) でバックアップ ボリュームの選択を編集できます。However, you can edit the backup volume choices in the Disk allocation details. ワークロードの場合、ドロップダウン メニューで、優先ストレージを選択します。For the workloads, select the preferred storage in the dropdown menu. 編集すると、 [利用できるディスク ストレージ] ウィンドウの [ストレージの合計][空きストレージ] の値が変わります。Your edits change the values for Total Storage and Free Storage in the Available Disk Storage pane. 過小にプロビジョニングされた領域とは、今後もスムーズなバックアップを確実に行うためにボリュームに追加することを MABS から提案されるストレージの量です。Underprovisioned space is the amount of storage MABS suggests you add to the volume, to continue with backups smoothly in the future.

  8. [レプリカの作成方法の選択] で、最初の全データのレプリケーションを処理する方法を選択します。In Choose replica creation method, select how you want to handle the initial full data replication. ネットワーク経由でのレプリケーションを選択する場合は、ピーク時以外の時間帯を選択することをお勧めします。If you select to replicate over the network, we recommended you choose an off-peak time. データが大量にある場合や、ネットワークの状態が最適でない場合は、リムーバブル メディアを使用してオフラインでデータをレプリケートすることを検討してください。For large amounts of data or less than optimal network conditions, consider replicating the data offline using removable media.

  9. [整合性チェック オプションの選択] で、整合性チェックを自動化する方法を選択します。In Choose consistency check options, select how you want to automate consistency checks. レプリカ データに不整合が生じた場合にのみ、またはスケジュールに従ってチェックを実行することができます。You can enable a check to run only when replica data becomes inconsistent, or according to a schedule. 自動整合性チェックを構成しない場合は、MABS コンソールの [保護] 領域で保護グループを右クリックし、 [整合性チェックの実行] を選択すると、いつでも手動のチェックを実行できます。If you don't want to configure automatic consistency checking, you can run a manual check at any time by right-clicking the protection group in the Protection area of the MABS console, and selecting Perform Consistency Check.

  10. Azure Backup でクラウドにバックアップすることを選択した場合は、 [オンライン保護するデータの指定] ページで、Azure にバックアップするワークロードが選択されていることを確認します。If you've selected to back up to the cloud with Azure Backup, on the Specify online protection data page make sure the workloads you want to back up to Azure are selected.

  11. [オンライン バックアップ スケジュールの指定] で、Azure への増分バックアップを行う頻度を指定します。In Specify online backup schedule, specify how often incremental backups to Azure should occur. 毎日、毎週、毎月、毎年というタイミングでバックアップをスケジュールできます。また、実行する日時を選択できます。You can schedule backups to run every day/week/month/year and the time/date at which they should run. バックアップは、最大 1 日に 2 回実行できます。Backups can occur up to twice a day. バックアップが実行されるたびに、Azure で MABS ディスクに保存されているバックアップ データのコピーからデータの回復ポイントが作成されます。Each time a backup runs, a data recovery point is created in Azure from the copy of the backed-up data stored on the MABS disk.

  12. [オンライン保持ポリシーの指定] では、毎日、毎週、毎月、毎年のバックアップから作成される回復ポイントを Azure に保持する方法を指定できます。In Specify online retention policy, you can specify how the recovery points created from the daily/weekly/monthly/yearly backups are retained in Azure.

  13. [オンライン レプリケーションの選択] で、最初の全データのレプリケーションを実行する方法を指定します。In Choose online replication, specify how the initial full replication of data will occur. ネットワーク経由でのレプリケーションまたはオフライン バックアップ (オフライン シード処理) を実行できます。You can replicate over the network, or do an offline backup (offline seeding). オフライン バックアップは、Azure Import 機能を使用します。Offline backup uses the Azure Import feature. 詳細については、こちらを参照してください。Read more.

  14. [概要] ページで、設定を確認します。On the Summary page, review your settings. [グループの作成] を選択した後、データの初期レプリケーションが実行されます。After you select Create Group, initial replication of the data occurs. 終了すると、 [状態] ページに保護グループの状態が [OK] と表示されます。When it finishes, the protection group status will show as OK on the Status page. 保護グループの設定に沿ってバックアップが実行されます。Backup then takes place in line with the protection group settings.

監視Monitoring

保護グループが作成されると、初期レプリケーションが行われ、MABS は SharePoint データのバックアップと同期を開始します。After the protection group's been created, the initial replication occurs and MABS starts backing up and synchronizing the SharePoint data. MABS は最初の同期とそれ以降のバックアップを監視します。MABS monitors the initial synchronization and subsequent backups. SharePoint データは、次のいくつかの方法で監視できます。You can monitor the SharePoint data in a couple of ways:

  • アラートを発行し通知を構成することで、既定の MABS の監視を使用して、プロアクティブな監視向けの通知を設定できます。Using default MABS monitoring, you can set up notifications for proactive monitoring by publishing alerts and configuring notifications. インスタンス化された回復の重大、警告、情報の各アラートおよび状態の通知を電子メールで送信できます。You can send notifications by e-mail for critical, warning, or informational alerts, and for the status of instantiated recoveries.

  • Operations Manager を使用すると、アラートを一元的に発行できます。If you use Operations Manager, you can centrally publish alerts.

監視通知の設定Set up monitoring notifications

  1. MABS 管理コンソールで、 [監視] > [アクション] > [オプション] の順に選択します。In the MABS Administrator Console, select Monitoring > Action > Options.

  2. [SMTP サーバー] を選択し、通知の送信元のサーバー名、ポート、メール アドレスを入力します。Select SMTP Server, type the server name, port, and email address from which notifications will be sent. アドレスは有効である必要があります。The address must be valid.

  3. [認証済み SMTP サーバー] で、ユーザー名とパスワードを入力します。In Authenticated SMTP server, type a user name and password. ユーザー名とパスワードは、前の手順で "差出人" アドレスが入力されたユーザーのドメイン アカウント名にする必要があります。The user name and password must be the domain account name of the person whose "From" address is described in the previous step. そうでない場合、通知は配信できません。Otherwise, the notification delivery fails.

  4. SMTP サーバーの設定をテストするには、 [テスト電子メールの送信] を選択し、MABS がテスト メッセージを送信する先の電子メール アドレスを入力して [OK] を選択します。To test the SMTP server settings, select Send Test E-mail, type the e-mail address where you want MABS to send the test message, and then select OK. [オプション] > [通知] の順に選択し、受信者に通知するアラートの種類を選択します。Select Options > Notifications and select the types of alerts about which recipients want to be notified. [受信者] に、MABS から通知のコピーを送信する各宛先の電子メール アドレスを入力します。In Recipients type the e-mail address for each recipient to whom you want MABS to send copies of the notifications.

Operations Manager アラートの発行Publish Operations Manager alerts

  1. MABS 管理コンソールで、 [監視] > [アクション] > [オプション] > [アラートの発行] > [アクティブなアラートの発行] の順に選択します。In the MABS Administrator Console, select Monitoring > Action > Options > Alert Publishing > Publish Active Alerts

  2. [アラートの発行] を有効にすると、ユーザーの操作が必要となる既存のすべての MABS アラートは、MABS アラート イベント ログに発行されます。After you enable Alert Publishing, all existing MABS alerts that might require a user action are published to the MABS Alerts event log. その後、MABS サーバーにインストールされている Operations Manager エージェントがこれらのアラートを Operations Manager に発行し、新しいアラートが生成されるたびにコンソールを更新し続けます。The Operations Manager agent that's installed on the MABS server then publishes these alerts to the Operations Manager and continues to update the console as new alerts are generated.

MABS を使用したディスクからの SharePoint アイテムの復元Restore a SharePoint item from disk by using MABS

次の例では、 Recovering SharePoint item が誤って削除され、回復する必要があります。In the following example, the Recovering SharePoint item has been accidentally deleted and needs to be recovered. MABS の SharePoint 保護 4MABS SharePoint Protection4

  1. MABS 管理者コンソールを開きます。Open the MABS Administrator Console. MABS によって保護されているすべての SharePoint ファームが、 [保護] タブに表示されます。All SharePoint farms that are protected by MABS are shown in the Protection tab.

    MABS の SharePoint 保護 3

  2. アイテムの回復を始めるには、 [回復] タブを選択します。To begin to recover the item, select the Recovery tab.

    MABS の SharePoint 保護 5

  3. 回復ポイントの範囲内でワイルドカード ベースの検索を使用して、SharePoint で Recovering SharePoint item を検索できます。You can search SharePoint for Recovering SharePoint item by using a wildcard-based search within a recovery point range.

    MABS の SharePoint 保護 6

  4. 検索結果から適切な回復ポイントを選択し、アイテムを右クリックして、 [回復] を選択します。Select the appropriate recovery point from the search results, right-click the item, and then select Recover.

  5. さまざまな回復ポイントを参照して、回復するデータベースまたはアイテムを選択できます。You can also browse through various recovery points and select a database or item to recover. 日付、回復時刻の順に選択した後、正しいデータベース、SharePoint ファーム、回復ポイント、アイテムを順番に選択します。Select Date > Recovery time, and then select the correct Database > SharePoint farm > Recovery point > Item.

    MABS の SharePoint 保護 7

  6. アイテムを右クリックして [回復] を選択し、回復ウィザードを開きます。Right-click the item, and then select Recover to open the Recovery Wizard. [次へ] を選択します。Select Next.

    回復の選択の確認

  7. 実行する回復の種類を選択し、 [次へ] を選択します。Select the type of recovery that you want to perform, and then select Next.

    回復の種類

    注意

    上図のように [元のサイトに回復する] を選択すると、アイテムは元の SharePoint サイトに回復します。The selection of Recover to original in the example recovers the item to the original SharePoint site.

  8. 使用する 回復プロセス を選択します。Select the Recovery Process that you want to use.

    • SharePoint ファームが変更されておらず、復元される回復ポイントと同じである場合は、 [回復ファームを使用しないで回復する] を選択します。Select Recover without using a recovery farm if the SharePoint farm hasn't changed and is the same as the recovery point that's being restored.

    • 回復ポイントの作成後に SharePoint ファームが変更された場合は、 [回復ファームを使用して回復する] を選択します。Select Recover using a recovery farm if the SharePoint farm has changed since the recovery point was created.

      回復プロセス

  9. 一時的にデータベースを回復するためのステージング SQL Server インスタンスの場所を指定し、MABS 上と SharePoint を実行するサーバー上でアイテムを回復するためのステージング ファイル共有を指定します。Provide a staging SQL Server instance location to recover the database temporarily, and provide a staging file share on MABS and the server that's running SharePoint to recover the item.

    ステージングの場所 1

    MABS は、SharePoint アイテムをホストしているコンテンツ データベースを一時的な SQL Server インスタンスにアタッチします。MABS attaches the content database that's hosting the SharePoint item to the temporary SQL Server instance. MABS は、コンテンツ データベースからアイテムを回復し、MABS 上のステージング ファイルの場所に格納します。From the content database, it recovers the item and puts it on the staging file location on MABS. 次に、ステージングの場所に回復されたアイテムを、SharePoint ファーム上のステージング場所にエクスポートする必要があります。The recovered item that's on the staging location now needs to be exported to the staging location on the SharePoint farm.

    ステージングの場所 2

  10. [回復オプションの指定] を選択し、SharePoint ファームに対するセキュリティ設定を適用するか、または回復ポイントのセキュリティ設定を適用します。Select Specify recovery options, and apply security settings to the SharePoint farm or apply the security settings of the recovery point. [次へ] を選択します。Select Next.

    回復オプション

    注意

    ネットワーク帯域幅の使用量を調整できます。You can choose to throttle the network bandwidth usage. これにより、業務時間中の運用サーバーへの影響を最小限にします。This minimizes impact to the production server during production hours.

  11. 概要情報を確認し、 [回復] を選択してファイルの回復を開始します。Review the summary information, and then select Recover to begin recovery of the file.

    回復の概要

  12. MABS 管理者コンソール[監視] タブを選択して、回復の状態を確認できます。Now select the Monitoring tab in the MABS Administrator Console to view the Status of the recovery.

    回復の状態

    注意

    ファイルが復元されます。The file is now restored. SharePoint サイトを更新して、復元されたファイルを確認すできます。You can refresh the SharePoint site to check the restored file.

MABS を使用した Azure からの SharePoint データベースの復元Restore a SharePoint database from Azure by using MABS

  1. SharePoint コンテンツ データベースを回復するには、さまざまな回復ポイントを参照して (前述したように)、復元する回復ポイントを選択します。To recover a SharePoint content database, browse through various recovery points (as shown previously), and select the recovery point that you want to restore.

    MABS の SharePoint 保護 8

  2. SharePoint の回復ポイントをダブルクリックして、使用可能な SharePoint カタログ情報を表示します。Double-click the SharePoint recovery point to show the available SharePoint catalog information.

    注意

    SharePoint ファームは Azure では長期保有期間用に保護されているので、MABS サーバーには使用可能なカタログ情報 (メタデータ) がありません。Because the SharePoint farm is protected for long-term retention in Azure, no catalog information (metadata) is available on the MABS server. その結果、特定時点の SharePoint コンテンツ データベースを回復する必要があるときは常に、SharePoint ファームを再カタログ化する必要があります。As a result, whenever a point-in-time SharePoint content database needs to be recovered, you need to catalog the SharePoint farm again.

  3. [再カタログ化] を選択します。Select Re-catalog.

    MABS の SharePoint 保護 10

    [クラウドの再カタログ化] ステータス ウィンドウが開きます。The Cloud Recatalog status window opens.

    MABS の SharePoint 保護 11

    カタログ化が完了すると、ステータスが [成功] に変わります。After cataloging is finished, the status changes to Success. [閉じる] を選択します。Select Close.

    MABS の SharePoint 保護 12

  4. MABS の [回復] タブに表示される SharePoint オブジェクトを選択して、コンテンツ データベースの構造を取得します。Select the SharePoint object shown in the MABS Recovery tab to get the content database structure. アイテムを右クリックし、 [回復] を選択します。Right-click the item, and then select Recover.

    MABS の SharePoint 保護 13

  5. この時点で、この記事で前述した回復手順に従ってディスクから SharePoint コンテンツ データベースを回復します。At this point, follow the recovery steps earlier in this article to recover a SharePoint content database from disk.

フロントエンド Web サーバーの切り替えSwitching the Front-End Web Server

複数のフロントエンド Web サーバーがあり、MABS でファームの保護に使用するサーバーを切り替えたい場合は、次の手順に従ってください。If you have more than one front-end web server, and want to switch the server that MABS uses to protect the farm, follow the instructions:

次の手順では、2 台のフロントエンド Web サーバー (Server1Server2) によるサーバー ファームの例を使用します。The following procedure uses the example of a server farm with two front-end Web servers, Server1 and Server2. MABS は Server1 を使用してファームを保護します。MABS uses Server1 to protect the farm. ファームから Server1 を削除できるように、MABS が使用するフロントエンド Web サーバーを Server2 に変更する必要があります。Change the front-end Web server that MABS uses to Server2 so that you can remove Server1 from the farm.

注意

ファームの保護のために MABS が使用するフロントエンド Web サーバーが使用できない場合、次の手順の 4 から開始してフロントエンド Web サーバーを変更してください。If the front-end Web server that MABS uses to protect the farm is unavailable, use the following procedure to change the front-end Web server by starting at step 4.

ファームの保護のために MABS が使用するフロント エンド Web サーバーを変更するにはTo change the front-end Web server that MABS uses to protect the farm

  1. コマンド プロンプトで次のコマンドを実行して、Server1 の SharePoint VSS ライター サービスを停止します。Stop the SharePoint VSS Writer service on Server1 by running the following command at a command prompt:

    stsadm -o unregisterwsswriter
    
  2. Server1 でレジストリ エディターを開き、次のキーに移動します。On Server1, open the Registry Editor and navigate to the following key:

    HKLM\System\CCS\Services\VSS\VssAccessControlHKLM\System\CCS\Services\VSS\VssAccessControl

  3. VssAccessControl サブキーに表示されるすべての値を確認します。Check all values listed in the VssAccessControl subkey. いずれかのエントリに 0 の値データが含まれ、関連するアカウントの資格情報で別の VSS ライターが実行されている場合は、値データを 1 に変更してください。If any entry has a value data of 0 and another VSS writer is running under the associated account credentials, change the value data to 1.

  4. Server2 に保護エージェントをインストールします。Install a protection agent on Server2.

    警告

    両方のサーバーが同じドメインにある場合にのみ、Web フロントエンド サーバーを切り替えることができます。You can only switch Web front-end servers if both the servers are on the same domain.

  5. Server2 のコマンド プロンプトで、ディレクトリを _MABS installation location_\bin\ に変更し、ConfigureSharepoint を実行します。On Server2, at a command prompt, change the directory to _MABS installation location_\bin\ and run ConfigureSharepoint. ConfigureSharePoint の詳細については、「バックアップの構成」を参照してください。For more information about ConfigureSharePoint, see Configure backup.

  6. サーバー ファームが属している保護グループを選択し、 [保護グループの変更] を選択します。Select the protection group that the server farm belongs to, and then select Modify protection group.

  7. グループの変更ウィザードの [グループ メンバーの選択] ページで Server2 を展開し、サーバー ファームを選択して、ウィザードを完了します。In the Modify Group Wizard, on the Select Group Members page, expand Server2 and select the server farm, and then complete the wizard.

    整合性チェックが開始します。A consistency check will start.

  8. 手順 6 を実行した場合は、保護グループからボリュームを削除できるようになります。If you performed step 6, you can now remove the volume from the protection group.

次のステップNext steps

Exchange サーバーのバックアップについて確認してください。See the Back up Exchange server article. SQL Server のバックアップについて確認してください。See the Back up SQL Server article.