Recovery Services コンテナーの診断設定を使用する

Azure Backup を使用して、分析、アラート、レポートの目的で収集して使用できる診断イベントを送信できます。

Azure portal を使用して Recovery Services コンテナーの診断設定を構成できます。それには、コンテナーに移動し、 [診断設定] を選択します。 [+ 診断設定の追加] を選択することで、1 つ以上の診断イベントをストレージ アカウント、イベント ハブ、または Log Analytics (LA) ワークスペースに送信できます。

[診断設定] ウィンドウ

Azure Backup ユーザーが利用できる診断イベント

Azure Backup には、次の診断機能が用意されています。 各イベントによって、バックアップ関連成果物の特定のセットに関する詳細なデータが提供されます。

  • CoreAzureBackup
  • AddonAzureBackupAlerts
  • AddonAzureBackupProtectedInstance
  • AddonAzureBackupJobs
  • AddonAzureBackupPolicy
  • AddonAzureBackupStorage

まだレガシ イベントの AzureBackupReport を使用している場合は、上記のイベントを使用するように切り替えることをお勧めします。

詳細については、「Azure Backup 診断イベントのデータ モデル」を参照してください。

これらのイベントのデータを、ストレージ アカウント、Log Analytics ワークスペース、またはイベント ハブに送信できます。 このデータを Log Analytics ワークスペースに送信する場合は、 [診断設定] 画面で [リソース固有] トグルを選択します。 詳細については、次のセクションを参照してください。

Log Analytics での診断設定の使用

Azure Backup を使用して、コンテナー診断データをバックアップ用の専用 Log Analytics テーブルに送信できるようになりました。 これらのテーブルは、リソース固有テーブルと呼ばれます。

コンテナーの診断データを Log Analytics に送信するには、次のようにします。

  1. お使いのコンテナーに移動し、 [診断設定] を選択します。 [+ 診断設定を追加する] を選択します。

  2. 診断設定に名前を付けます。

  3. [Log Analytics に送信] チェック ボックスをオンにし、Log Analytics ワークスペースを選択します。

  4. トグルの [リソース固有] を選択し、次の 6 つのイベントを選択します。CoreAzureBackupAddonAzureBackupJobsAddonAzureBackupAlertsAddonAzureBackupPolicyAddonAzureBackupStorageAddonAzureBackupProtectedInstance

  5. [保存] を選択します。

    リソース固有モード

データが Log Analytics ワークスペースに送信されると、これらのイベントごとに専用のテーブルがワークスペース内に作成されます。 これらのテーブルのどれに対しても、直接クエリを実行できます。 また、必要に応じて、これらのテーブル間で JOIN または UNION を実行できます。

重要

6 つのイベント (CoreAzureBackup、AddonAzureBackupJobs、AddonAzureBackupAlerts、AddonAzureBackupPolicy、AddonAzureBackupStorage、AddonAzureBackupProtectedInstance) は、バックアップ レポートのリソース固有モードで "のみ" サポートされます。 "これら 6 つのイベントのデータを Azure 診断モードで送信しようとした場合、データはバックアップ レポートに一切表示されません。 "

レガシ イベント

従来、コンテナーのバックアップ関連の診断データは、すべてが AzureBackupReport という名前の 1 つのイベントに含まれていました。 ここに示した 6 つのイベントは、実質的には、AzureBackupReport に含まれるすべてのデータを分解したものです。

現時点では、AzureBackupReport イベントは引き続きサポートされています。これは、ユーザーがこのイベントに対して既存のカスタム クエリを持っている場合の下位互換性を保つためです。 例として、カスタム ログ アラートやカスタム視覚化エフェクトがあります。 "可能な限り早く 新しいイベントにアップグレードすることをお勧めします。 " 新しいイベントでは次のようになります。

  • ログ クエリでデータをより簡単に操作できます。
  • スキーマとその構造をより確実に発見できます。
  • インジェスト待機時間とクエリ時間の両方でパフォーマンスが向上します。

"Azure 診断モードのレガシ イベントは、最終的に非推奨になります。後で複雑な移行を回避するには、新しいイベントを選択することが役に立つ場合があります。 " Log Analytics を使用するレポート ソリューションでも、レガシ イベントからのデータのサポートが停止されます。

Log Analytics ワークスペース用の新しい診断設定に移行するための手順

  1. レガシ イベントを使用して Log Analytics ワークスペースにデータを送信しているコンテナーと、それらが属しているサブスクリプションを特定します。 各ワークスペースで次のクエリを実行して、これらのコンテナーとサブスクリプションを特定します。

    let RangeStart = startofday(ago(3d));
    let VaultUnderAzureDiagnostics = (){
        AzureDiagnostics
        | where TimeGenerated >= RangeStart | where Category == "AzureBackupReport" and OperationName == "Vault" and SchemaVersion_s == "V2"
        | summarize arg_max(TimeGenerated, *) by ResourceId
        | project ResourceId, Category};
    let VaultUnderResourceSpecific = (){
        CoreAzureBackup
        | where TimeGenerated >= RangeStart | where OperationName == "Vault"
        | summarize arg_max(TimeGenerated, *) by ResourceId
        | project ResourceId, Category};
        // Some Workspaces will not have AzureDiagnostics Table, so you need to use isFuzzy
    let CombinedVaultTable = (){
        union isfuzzy = true
        (VaultUnderAzureDiagnostics() ),
        (VaultUnderResourceSpecific() )
        | distinct ResourceId, Category};
    CombinedVaultTable | where Category == "AzureBackupReport"
    | join kind = leftanti (
    CombinedVaultTable | where Category == "CoreAzureBackup"
    ) on ResourceId
    | parse ResourceId with * "SUBSCRIPTIONS/" SubscriptionId:string "/RESOURCEGROUPS" * "MICROSOFT.RECOVERYSERVICES/VAULTS/" VaultName:string
    | project ResourceId, SubscriptionId, VaultName
    

    以下に、あるワークスペースで実行されているクエリのスクリーンショットを示します。

    ワークスペース クエリ

  2. Azure Backup に組み込まれている Azure ポリシー定義を使用して、指定したスコープ内のすべてのコンテナーに新しい診断設定を追加します。 このポリシーによって、診断設定がないか、または従来の診断設定しかないコンテナーに新しい診断設定が追加されます。 このポリシーは、一度にサブスクリプションまたはリソース グループ全体に割り当てることができます。 ポリシーを割り当てる各サブスクリプションに対して、所有者のアクセス権を持っている必要があります。

すべてのカスタム クエリを移行し終わり、新しいテーブルのデータを使用するようになるまで、AzureBackupReport と 6 つの新しいイベントに対して個別の診断設定を選択できます。 次の図に、2 つの診断設定を持つコンテナーの例を示します。 最初の Setting1 という名前の設定では、AzureBackupReport イベントのデータが、Azure 診断モードで Log Analytics ワークスペースに送信されます。 2 つ目の Setting2 という名前の設定では、6 つの新しい Azure Backup イベントのデータが、リソース固有モードで Log Analytics ワークスペースに送信されます。

2 つの設定

重要

AzureBackupReport イベントは、Azure 診断モードで "のみ" サポートされています。 "このイベントのデータをリソース固有モードで送信しようとした場合、データはまったく Log Analytics ワークスペースに送信されません。 "

注意

[Azure diagnostics](Azure 診断) または [リソース固有] のトグルは、 [Log Analytics への送信] がオンの場合にのみ表示されます。 ストレージ アカウントまたはイベント ハブにデータを送信するには、必要な宛先を選択し、目的のイベントのチェック ボックスをオンにします。追加の入力はありません。 繰り返しになりますが、今後は、レガシ イベントである AzureBackupReport を選択しないことをお勧めします。

Log Analytics に Azure Site Recovery イベントを送信する

Azure Backup イベントと Azure Site Recovery イベントは、同じ Recovery Services コンテナーから送信されます。 現在、リソース固有テーブルには Azure Site Recovery を使用できません。 図に示すように、Log Analytics に Azure Site Recovery イベントを送信するユーザーは、Azure 診断モード "のみ" 使用するように求められます。 "Azure Site Recovery イベントに対してリソース固有モードを選択すると、必要なデータが Log Analytics ワークスペースに送信されなくなります。"

Site Recovery イベント

まとめると次のようになります。

  • Azure Diagnostics で既に Log Analytics 診断が設定されていて、カスタム クエリが記述されている場合は、新しいイベントのデータを使用するようにクエリを移行するまで、設定を "そのまま" にしておきます。
  • 推奨されているように新しいテーブルにオンボードする場合は、新しい 診断設定を作成し、 [リソース固有] を選択して、6 つの新しいイベントを選択します。
  • 現在 Azure Site Recovery イベントを Log Analytics に送信している場合は、それらのイベントに対してリソース固有モードを選択 "しないでください"。 そうしないと、これらのイベントのデータが Log Analytics ワークスペースに送られません。 代わりに、追加の診断設定を作成し、 [Azure diagnostics](Azure 診断) を選択して、関連する Azure Site Recovery イベントを選択します。

次の図に、1 つのコンテナーに対して 3 つの診断設定を使用しているユーザーの例を示します。 最初の Setting1 という名前の設定では、AzureBackupReport イベントのデータが、Azure 診断モードで Log Analytics ワークスペースに送信されます。 2 つ目の Setting2 という名前の設定では、6 つの新しい Azure Backup イベントのデータが、リソース固有モードで Log Analytics ワークスペースに送信されます。 3 つ目の Setting3 という名前の設定では、Azure Site Recovery イベントのデータが、Azure 診断モードで Log Analytics ワークスペースに送信されます。

3 つの設定

次のステップ

診断イベント用の Log Analytics データ モデルを確認する