Azure Backup Server のインストールとアップグレードInstall and upgrade Azure Backup Server

適用先:MABS v3Applies To: MABS v3. (MABS v2 は現在サポートされていません。(MABS v2 is no longer supported. MABS v3 より前のバージョンを使用している場合、最新版にアップグレードしてください)If you are using a version earlier than MABS v3, please upgrade to the latest version.)

この記事では、Microsoft Azure Backup Server (MABS) を使用してワークロードをバックアップする環境の準備方法について説明します。This article explains how to prepare your environment to back up workloads using Microsoft Azure Backup Server (MABS). Azure Backup Server を使用すると、単一のコンソールから Hyper-V VM、Microsoft SQL Server、SharePoint Server、Microsoft Exchange、Windows クライアントなどのアプリケーションのワークロードを保護することができます。With Azure Backup Server, you can protect application workloads such as Hyper-V VMs, Microsoft SQL Server, SharePoint Server, Microsoft Exchange, and Windows clients from a single console.

注意

Azure Backup Server は VMware VM を保護できるようになったため、セキュリティ機能が強化されています。Azure Backup Server can now protect VMware VMs and provides improved security capabilities. 以下のセクションで説明するように製品をインストールし、最新の Azure Backup エージェントをインストールしてください。Install the product as explained in the sections below and the latest Azure Backup Agent. Azure Backup Server による VMware サーバーのバックアップに関する詳細については、「Azure への VMware サーバーのバックアップ」をご覧ください。To learn more about backing up VMware servers with Azure Backup Server, see the article, Use Azure Backup Server to back up a VMware server. セキュリティ機能の詳細については、Azure バックアップ セキュリティ機能のドキュメントを参照してください。To learn about security capabilities, refer to Azure backup security features documentation.

Azure VM にデプロイされた MABS では、Azure で VM をバックアップできますが、バックアップ操作を有効にするには、それらが同じドメイン内にある必要があります。MABS deployed in an Azure VM can back up VMs in Azure but they should be in same domain to enable backup operation. Azure VM をバックアップするプロセスは、オンプレミスで VM をバックアップするプロセスと変わりませんが、Azure で MABS をデプロイするには、いくつかの制限があります。The process to back an Azure VM remains same as backing up VMs on premises, however deploying MABS in Azure has some limitations. 制限の詳細については、「Azure の仮想マシンとしての DPM」を参照してください。For more information on limitation, see DPM as an Azure virtual machine

注意

Azure には、リソースの作成と操作に関して 2 種類のデプロイ モデルがあります。Resource Manager とクラシックです。Azure has two deployment models for creating and working with resources: Resource Manager and classic. この記事では、Resource Manager モデルを使用してデプロイされた VM を復元するための情報および手順を示しています。This article provides the information and procedures for restoring VMs deployed using the Resource Manager model.

Azure Backup Server には、Data Protection Manager (DPM) のワークロード バックアップ機能の大半が継承されています。Azure Backup Server inherits much of the workload backup functionality from Data Protection Manager (DPM). この記事は、DPM ドキュメントと連動し、いくつかの共通の機能について説明しています。This article links to DPM documentation to explain some of the shared functionality. Azure Backup Server と DPM の多くの機能は共通ですが、Azure Backup Server ではテープへのバックアップや System Center との統合は行われません。Though Azure Backup Server shares much of the same functionality as DPM, Azure Backup Server does not back up to tape, nor does it integrate with System Center.

インストール プラットフォームを選択するChoose an installation platform

Azure Backup Server を準備して実行するための最初の手順は、Windows Server のセットアップです。The first step towards getting the Azure Backup Server up and running is to set up a Windows Server. サーバーの設置場所は Azure でもオンプレミスでもかまいません。Your server can be in Azure or on-premises.

Azure に設置されたサーバーを使用する場合Using a server in Azure

Azure Backup Server の実行に使用するサーバーを選ぶときは、まず Windows Server 2016 Datacenter または Windows Server 2019 Datacenter のギャラリー イメージにアクセスすることをお勧めします。When choosing a server for running Azure Backup Server, it is recommended you start with a gallery image of Windows Server 2016 Datacenter or Windows Server 2019 Datacenter. Azure で推奨される仮想マシンの作成方法については、Azure Portalで初めての Windows 仮想マシンを作成する方法に関する記事をご覧ください。Azure を使用したことがなくてもわかりやすいように説明されています。The article, Create your first Windows virtual machine in the Azure portal, provides a tutorial for getting started with the recommended virtual machine in Azure, even if you've never used Azure before. サーバー仮想マシン (VM) に推奨される最小要件は4 つのコアと 8 GB の RAM を持つ Standard_A4_v2 です。The recommended minimum requirements for the server virtual machine (VM) should be: Standard_A4_v2 with four cores and 8-GB RAM.

Azure Backup Server を使用したワークロードの保護には、数多くの注意点があります。Protecting workloads with Azure Backup Server has many nuances. これらの注意点については、「 Azure Virtual Machine として DPM をインストールする」の記事で説明されています。The article, Install DPM as an Azure virtual machine, helps explain these nuances. マシンをデプロイする前に、この記事によく目を通してください。Before deploying the machine, read this article completely.

オンプレミスに設置されたサーバーを使用する場合Using an on-premises server

基本サーバーを Azure で実行したくない場合は、Hyper-V VM や VMware VM、物理ホストでサーバーを実行することができます。If you do not want to run the base server in Azure, you can run the server on a Hyper-V VM, a VMware VM, or a physical host. サーバー ハードウェアに推奨される最小要件は 2 コア、8 GB RAM です。The recommended minimum requirements for the server hardware are two cores and 8-GB RAM. サポートされるオペレーティング システムを以下の表に示します。The supported operating systems are listed in the following table:

オペレーティング システムOperating System プラットフォームPlatform SKUSKU
Windows Server 2019Windows Server 2019 64 ビット64 bit Standard、Datacenter、EssentialsStandard, Datacenter, Essentials
Windows Server 2016 と最新 SPWindows Server 2016 and latest SPs 64 ビット64 bit Standard、Datacenter、EssentialsStandard, Datacenter, Essentials

Windows Server の重複除去を使用して DPM ストレージの重複を除去することができます。You can deduplicate the DPM storage using Windows Server Deduplication. Hyper-V VM にデプロイするときは、 DPM と重複除去 が連携するしくみの詳細を確認してください。Learn more about how DPM and deduplication work together when deployed in Hyper-V VMs.

注意

Azure Backup Server は、単一目的の専用サーバーで動作するように設計されています。Azure Backup Server is designed to run on a dedicated, single-purpose server. Azure Backup Server を次の場所にインストールすることはできません。You cannot install Azure Backup Server on:

  • ドメイン コントローラーとして実行されているコンピューターA computer running as a domain controller
  • アプリケーション サーバー ロールがインストールされているコンピューターA computer on which the Application Server role is installed
  • System Center Operations Manager 管理サーバーであるコンピューターA computer that is a System Center Operations Manager management server
  • Exchange Server が実行されているコンピューターA computer on which Exchange Server is running
  • クラスターのノードであるコンピューターA computer that is a node of a cluster

Azure Backup Server のインストールは、Windows Server Core または Microsoft Hyper-V サーバーではサポートされていません。Installing Azure Backup Server is not supported on Windows Server Core or Microsoft Hyper-V Server.

Azure Backup Server は、常にドメインに参加させる必要があります。Always join Azure Backup Server to a domain. サーバーを別のドメインに移動する予定がある場合は、まず Azure Backup Server をインストールし、次にそのサーバーを新しいドメインに参加させます。If you plan to move the server to a different domain, install Azure Backup Server first, then join the server to the new domain. デプロイ後の、新しいドメインへの既存の Azure Backup Server マシンの移動は サポートされていませんMoving an existing Azure Backup Server machine to a new domain after deployment is not supported.

バックアップ データを Azure に送信するか、またはローカルに保持するかどうかにかかわらず、Azure Backup Server を Recovery Services コンテナーに登録する必要があります。Whether you send backup data to Azure, or keep it locally, Azure Backup Server must be registered with a Recovery Services vault.

Recovery Services コンテナーを作成するCreate a Recovery Services vault

Recovery Services コンテナーは、経時的に作成された復旧ポイントを格納するストレージ エンティティです。A Recovery Services vault is a storage entity that stores the recovery points created over time. また、ここには保護項目に関連付けられているバックアップ ポリシーも格納されます。It also contains the backup policies that are associated with protected items.

Recovery Services コンテナーを作成するには、次の手順に従います。To create a Recovery Services vault, follow these steps.

  1. Azure Portal でサブスクリプションにサインインします。Sign in to your subscription in the Azure portal.

  2. 左側のメニューから、 [すべてのサービス] を選択します。On the left menu, select All services.

    [すべてのサービス] を選択する

  3. [すべてのサービス] ダイアログ ボックスに、「Recovery Services」と入力します。In the All services dialog box, enter Recovery Services. 入力に従って、リソースの一覧がフィルター処理されます。The list of resources filters according to your input. リソースの一覧から [Recovery Services コンテナー] を選択します。In the list of resources, select Recovery Services vaults.

    [Recovery Services コンテナー] と入力して選択する

    サブスクリプションに Recovery Services コンテナーの一覧が表示されます。The list of Recovery Services vaults in the subscription appears.

  4. [Recovery Services コンテナー] ダッシュボードで [追加] を選択します。On the Recovery Services vaults dashboard, select Add.

    [Recovery Services コンテナー] を追加する

    [Recovery Services コンテナー] ダイアログ ボックスが開きます。The Recovery Services vault dialog box opens. [名前][サブスクリプション][リソース グループ][場所] に値を入力します。Provide values for the Name, Subscription, Resource group, and Location.

    [Recovery Services コンテナー] を構成する

    • [名前] : コンテナーを識別する表示名を入力します。Name: Enter a friendly name to identify the vault. 名前は Azure サブスクリプションに対して一意である必要があります。The name must be unique to the Azure subscription. 2 文字以上で、50 文字以下の名前を指定します。Specify a name that has at least 2 but not more than 50 characters. 名前の先頭にはアルファベットを使用する必要があります。また、名前に使用できるのはアルファベット、数字、ハイフンのみです。The name must start with a letter and consist only of letters, numbers, and hyphens.

    • [サブスクリプション] : 使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Choose the subscription to use. 1 つのサブスクリプションのみのメンバーの場合は、その名前が表示されます。If you're a member of only one subscription, you'll see that name. どのサブスクリプションを使用すればよいかがわからない場合は、既定 (推奨) のサブスクリプションを使用してください。If you're not sure which subscription to use, use the default (suggested) subscription. 職場または学校アカウントが複数の Azure サブスクリプションに関連付けられている場合に限り、複数の選択肢が存在します。There are multiple choices only if your work or school account is associated with more than one Azure subscription.

    • [リソース グループ] : 既存のリソース グループを使用するか、新しいリソース グループを作成します。Resource group: Use an existing resource group or create a new one. サブスクリプションの使用可能なリソース グループの一覧を表示するには、 [既存のものを使用] を選択し、ドロップダウン リストからリソースを選択します。To see the list of available resource groups in your subscription, select Use existing, and then select a resource from the drop-down list. 新しいリソース グループを作成するには、 [新規作成] を選択し、名前を入力します。To create a new resource group, select Create new and enter the name. リソース グループの詳細については、「Azure Resource Manager の概要」を参照してください。For more information about resource groups, see Azure Resource Manager overview.

    • [場所] : コンテナーのリージョンを選択します。Location: Select the geographic region for the vault. 仮想マシンを保護するコンテナーを作成する場合、コンテナーは仮想マシンと同じリージョンにある必要がありますTo create a vault to protect virtual machines, the vault must be in the same region as the virtual machines.

      重要

      VM の場所が不明な場合は、ダイアログ ボックスを閉じます。If you're not sure of the location of your VM, close the dialog box. ポータルの仮想マシンの一覧に移動します。Go to the list of virtual machines in the portal. いくつかのリージョンに仮想マシンがある場合は、各リージョンで Recovery Services コンテナーを作成します。If you have virtual machines in several regions, create a Recovery Services vault in each region. まず最初の場所にコンテナーを作成してから、別の場所にコンテナーを作成します。Create the vault in the first location, before you create the vault for another location. バックアップ データを格納するためにストレージ アカウントを指定する必要はありません。There's no need to specify storage accounts to store the backup data. Recovery Services コンテナーと Azure Backup で自動的に処理されます。The Recovery Services vault and Azure Backup handle that automatically.

  5. Recovery Services コンテナーを作成する準備ができたら、 [作成] を選択します。When you're ready to create the Recovery Services vault, select Create.

    [Recovery Services コンテナー] を作成する

    Recovery Services コンテナーの作成に時間がかかることがあります。It can take a while to create the Recovery Services vault. [通知] 領域 (ポータルの右上隅) で、状態の通知を監視します。Monitor the status notifications in the Notifications area at the upper-right corner of the portal. コンテナーが作成されると、Recovery Services コンテナーの一覧に表示されます。After your vault is created, it's visible in the list of Recovery Services vaults. コンテナーが表示されない場合は、 [最新の情報に更新] を選択します。If you don't see your vault, select Refresh.

    バックアップ コンテナーの一覧を更新する

ストレージ レプリケーションの設定Set Storage Replication

ストレージ レプリケーション オプションでは、geo 冗長ストレージとローカル冗長ストレージのどちらかを選択できます。The storage replication option allows you to choose between geo-redundant storage and locally redundant storage. 既定では、Recovery Services コンテナーは geo 冗長ストレージを使用します。By default, Recovery Services vaults use geo-redundant storage. このコンテナーがプライマリ コンテナーの場合は、ストレージ オプションの設定を geo 冗長ストレージのままにします。If this vault is your primary vault, leave the storage option set to geo-redundant storage. 冗長性を犠牲にしても低コストなバックアップが必要な場合は、ローカル冗長ストレージを選択します。Choose locally redundant storage if you want a cheaper option that isn't quite as durable. geo 冗長ストレージ オプションとローカル冗長ストレージ オプションの詳細については、Azure Storage のレプリケーションの概要に関する記事をご覧ください。Read more about geo-redundant and locally redundant storage options in the Azure Storage replication overview.

ストレージ レプリケーション設定を編集するには、次の手順を実行します。To edit the storage replication setting:

  1. [Recovery Services コンテナー] ブレードで、新しいコンテナーをクリックします。From the Recovery Services vaults blade, click the new vault. [設定] セクションの [プロパティ] をクリックします。Under the Settings section, click Properties.

  2. [プロパティ] で、 [バックアップ構成][更新] をクリックします。In Properties, under Backup Configuration, click Update.

  3. ストレージのレプリケーションの種類を選択し、 [保存] をクリックします。Select the storage replication type, and click Save.

    新しいコンテナーのストレージ構成を設定する

ソフトウェア パッケージSoftware package

ソフトウェア パッケージのダウンロードDownloading the software package

  1. Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 既に Recovery Services コンテナーが開かれている場合は、手順 3. に進みます。If you already have a Recovery Services vault open, proceed to step 3. Recovery Services コンテナーが開かれていないが、Azure Portal 内にいる場合は、メイン メニューの [参照] をクリックします。If you do not have a Recovery Services vault open, but are in the Azure portal, on the main menu, click Browse.

    • リソース ボックスに「 Recovery Services」と入力します。In the list of resources, type Recovery Services.

    • 入力を始めると、入力内容に基づいて、一覧がフィルター処理されます。As you begin typing, the list will filter based on your input. [Recovery Services コンテナー] が表示されたら、それをクリックします。When you see Recovery Services vaults, click it.

      Create Recovery Services Vault step 1

      Recovery Services コンテナーの一覧が表示されます。The list of Recovery Services vaults appears.

    • Recovery Services コンテナーの一覧で、コンテナーを選択します。From the list of Recovery Services vaults, select a vault.

      選択したコンテナーのダッシュボードが開きます。The selected vault dashboard opens.

      Open vault blade

  3. 既定では、 [設定] ブレードが開きます。The Settings blade opens up by default. 設定ブレードが閉じている場合は、 [設定] をクリックして設定ブレードを開きます。If it is closed, click on Settings to open the settings blade.

    Open vault blade

  4. [バックアップ] をクリックして、作業の開始ウィザードを開きます。Click Backup to open the Getting Started wizard.

    バックアップ作業の開始

    表示される [バックアップ作業の開始] ブレードでは、 [バックアップの目標] が自動的に選択されます。In the Getting Started with backup blade that opens, Backup Goals will be auto-selected.

    Backup-goals-default-opened

  5. [What do you want to backup バックアップの目標] ブレードで、 [ワークロードはどこで実行されていますか?] メニューの [オンプレミス] を選択します。In the Backup Goal blade, from the Where is your workload running menu, select On-premises.

    目標としてのオンプレミスおよびワークロード

    [何をバックアップしますか?] ドロップダウン メニューで、Azure Backup Server を使用して保護するワークロードを選択し、 [OK] をクリックします。From the What do you want to back up? drop-down menu, select the workloads you want to protect using Azure Backup Server, and then click OK.

    バックアップ作業の開始ウィザードが、Azure にワークロードを保護するための [インフラストラクチャの準備] オプションに切り替わります。The Getting Started with backup wizard switches the Prepare infrastructure option to back up workloads to Azure.

    注意

    ファイルとフォルダーだけをバックアップする場合は、Azure Backup エージェントを使用すること、およびファイルとフォルダーのバックアップに関する記事のガイダンスに従って操作することをお勧めします。If you only want to back up files and folders, we recommend using the Azure Backup agent and following the guidance in the article, First look: back up files and folders. ファイルやフォルダー以外を保護する場合、または将来的に保護のニーズを拡張する場合は、そのワークロードを選択します。If you are going to protect more than files and folders, or you are planning to expand the protection needs in the future, select those workloads.

    作業の開始ウィザードの変更

  6. 表示された [インフラストラクチャの準備] ブレードで、[Microsoft Azure Backup Server のインストール] と [コンテナー資格情報のダウンロード] の各 [ダウンロード] リンクをクリックします。In the Prepare infrastructure blade that opens, click the Download links for Install Azure Backup Server and Download vault credentials. Azure Backup Server を Recovery Services コンテナーに登録する間は、これらのコンテナー資格情報を使用します。You use the vault credentials during registration of Azure Backup Server to the recovery services vault. これらのリンクをクリックすると、ソフトウェア パッケージを入手できるダウンロード センターが表示されます。The links take you to the Download Center where the software package can be downloaded.

    Azure Backup Server 用のインフラストラクチャの準備

  7. すべてのファイルを選択し、 [次へ] をクリックします。Select all the files and click Next. Microsoft Azure Backup のダウンロード ページからすべてのファイルをダウンロードし、すべてのファイルを同じフォルダーに配置します。Download all the files coming in from the Microsoft Azure Backup download page, and place all the files in the same folder.

    Download center 1

    すべてのファイルをまとめてダウンロードするとサイズが 3 G を超えるため、10 Mbps のダウンロード リンクでは、ダウンロードが完了するまでに最大で 60 分かかることがあります。Since the download size of all the files together is > 3G, on a 10-Mbps download link it may take up to 60 minutes for the download to complete.

ソフトウェア パッケージの抽出Extracting the software package

すべてのファイルをダウンロードしたら、 MicrosoftAzureBackupInstaller.exeをクリックします。After you've downloaded all the files, click MicrosoftAzureBackupInstaller.exe. Microsoft Azure Backup セットアップ ウィザード が開始され、指定した場所にセットアップ ファイルが抽出されます。This will start the Microsoft Azure Backup Setup Wizard to extract the setup files to a location specified by you. ウィザードの手順を続行し、 [抽出] ボタンをクリックして抽出プロセスを開始します。Continue through the wizard and click on the Extract button to begin the extraction process.

警告

セットアップ ファイルを抽出するには、少なくとも 4 GB の空き領域が必要です。At least 4 GB of free space is required to extract the setup files.

Microsoft Azure Backup セットアップ ウィザード

抽出プロセスが完了したら、Microsoft Azure Backup Server のインストールを開始するために、抽出された setup.exe を起動するチェック ボックスをオンにし、 [完了] をクリックします。Once the extraction process complete, check the box to launch the freshly extracted setup.exe to begin installing Microsoft Azure Backup Server and click on the Finish button.

ソフトウェア パッケージのインストールInstalling the software package

  1. [Microsoft Azure Backup] をクリックしてセットアップ ウィザードを起動します。Click Microsoft Azure Backup to launch the setup wizard.

    Microsoft Azure Backup セットアップ ウィザード

  2. ようこそ画面で、 [次へ] をクリックします。On the Welcome screen, click the Next button. [前提条件の確認] セクションが表示されます。This takes you to the Prerequisite Checks section. この画面で [確認] をクリックして、Azure Backup Server のハードウェアとソフトウェアの前提条件が満たされているかどうかを確認します。On this screen, click Check to determine if the hardware and software prerequisites for Azure Backup Server have been met. 前提条件がすべて正常に満たされている場合は、マシンが要件を満たしていることを示すメッセージが表示されます。If all prerequisites are met successfully, you will see a message indicating that the machine meets the requirements. [次へ] をクリックします。Click on the Next button.

    Azure Backup Server - Welcome and Prerequisites check

  3. Azure Backup Server のインストール パッケージには、必要となる適切な SQL Server バイナリがバンドルされています。The Azure Backup Server installation package comes bundled with the appropriate SQL Server binaries needed. 新しい Azure Backup Server のインストールを開始する場合は、 [このセットアップを使用して、SQL Server の新しいインスタンスをインストールします] オプションを選択し、 [確認してインストール] ボタンをクリックします。When starting a new Azure Backup Server installation, pick the option Install new Instance of SQL Server with this Setup and click the Check and Install button. 前提条件が正常にインストールされたら、 [次へ] をクリックします。Once the prerequisites are successfully installed, click Next.

    注意

    独自の SQL Server を使用する場合、サポートされる SQL Server のバージョンは SQL Server 2014 SP1 以降、2016 および 2017 となります。If you wish to use your own SQL server, the supported SQL Server versions are SQL Server 2014 SP1 or higher, 2016 and 2017. すべての SQL Server のバージョンが、Standard または Enterprise 64 ビットである必要があります。All SQL Server versions should be Standard or Enterprise 64-bit. Azure Backup Server は、リモートの SQL Server インスタンスでは動作しません。Azure Backup Server will not work with a remote SQL Server instance. Azure Backup Server に使用されるインスタンスは、ローカルに存在する必要があります。The instance being used by Azure Backup Server needs to be local. 既存の SQL Server を MABS で使用している場合、MABS のセットアップでは、SQL Server の "名前付きインスタンス" の使用のみがサポートされます。If you are using an existing SQL server for MABS, the MABS setup only supports the use of named instances of SQL server.

    Azure Backup Server - SQL check

    エラーが発生し、コンピューターの再起動を推奨された場合は、コンピューターを再起動して [再確認] をクリックします。If a failure occurs with a recommendation to restart the machine, do so and click Check Again. SQL の構成に問題がある場合は、SQL のガイドラインに従って SQL を構成し、既存の SQL インスタンスを使用して MABS のインストールまたはアップグレードを再試行します。If there are any SQL configuration issues, reconfigure SQL as per the SQL guidelines and retry to install/upgrade MABS using the existing instance of SQL.

    手動で構成Manual configuration

    SQL の独自のインスタンスを使用するときは、sysadmin ロールに対する builtin\Administrators をマスター DB に追加してください。When you use your own instance of SQL, make sure you add builtin\Administrators to sysadmin role to master DB.

    SQL 2017 の SSRS の構成SSRS Configuration with SQL 2017

    SQL 2017 の独自のインスタンスを使用するときは、手動で SSRS を構成する必要があります。When you are using your own instance of SQL 2017, you need to manually configure SSRS. SSRS の構成の後で、SSRS の IsInitialized プロパティが True に設定されていることを確認します。After SSRS configuration, ensure that IsInitialized property of SSRS is set to True. これが True に設定されていると、MABS は SSRS が既に構成されていると見なして SSRS 構成をスキップします。When this is set to True, MABS assumes that SSRS is already configured and will skip the SSRS configuration.

    SSRS 構成では次の値を使用します。Use the following values for SSRS configuration:

    • サービス アカウント:‘組み込みアカウントの使用’ はネットワーク サービスにする必要がありますService Account: ‘Use built-in account’ should be Network Service
    • Web サービスの URL:[仮想ディレクトリ] は ReportServer_<SQLInstanceName> にする必要がありますWeb Service URL: ‘Virtual Directory’ should be ReportServer_<SQLInstanceName>
    • データベース: DatabaseName は ReportServer$<SQLInstanceName> にする必要がありますDatabase: DatabaseName should be ReportServer$<SQLInstanceName>
    • Web ポータルの URL:[仮想ディレクトリ] は Reports_<SQLInstanceName> にする必要がありますWeb Portal URL: ‘Virtual Directory’ should be Reports_<SQLInstanceName>

    SSRS の構成について詳しくは、こちらをご覧ください。Learn more about SSRS configuration.

    注意

    MABS のデータベースとして使用される SQL Server のライセンスは、マイクロソフト オンライン サービス条件によって管理されます。Licensing for SQL Server used as the database for MABS is governed by Microsoft Online Services Terms (OST). OST に従って、MABS にバンドルされている SQL Server は、MABS のデータベースとしてのみ使用できます。According to OST, SQL Server bundled with MABS can be used only as the database for MABS.

  4. Microsoft Azure Backup サーバーのファイルをインストールする場所を指定し、 [次へ] をクリックします。Provide a location for the installation of Microsoft Azure Backup server files and click Next.

    Microsoft Azure Backup PreReq2

    スクラッチ場所は、Azure へのバックアップの要件です。The scratch location is a requirement for back up to Azure. スクラッチ場所が、クラウドにバックアップする予定のデータの 5% 以上であることを確認します。Ensure the scratch location is at least 5% of the data planned to be backed up to the cloud. ディスクを保護するために、インストールが完了した後で個別のディスクを構成する必要があります。For disk protection, separate disks need to be configured once the installation completes. 記憶域プールの詳細については、「 記憶域プールおよびディスク記憶域の構成」を参照してください。For more information regarding storage pools, see Configure storage pools and disk storage.

  5. 制限付きのローカル ユーザー アカウント用に強力なパスワードを指定し、 [次へ] をクリックします。Provide a strong password for restricted local user accounts and click Next.

    Microsoft Azure Backup PreReq2

  6. Microsoft Update を使用するかどうかを選択し、更新プログラムを確認して [次へ] をクリックします。Select whether you want to use Microsoft Update to check for updates and click Next.

    注意

    Windows Update を Microsoft Update にリダイレクトすることをお勧めします。Microsoft Update は、Windows と Microsoft Azure Backup Server などのその他の製品のセキュリティ更新プログラムと重要な更新プログラムを提供しています。We recommend having Windows Update redirect to Microsoft Update, which offers security and important updates for Windows and other products like Microsoft Azure Backup Server.

    Microsoft Azure Backup PreReq2

  7. [設定の概要] を確認し、 [インストール] をクリックします。Review the Summary of Settings and click Install.

    Microsoft Azure Backup PreReq2

  8. インストールは段階的に実施します。The installation happens in phases. 最初の段階では、Microsoft Azure Recovery Services エージェントをサーバーにインストールします。In the first phase, the Microsoft Azure Recovery Services Agent is installed on the server. インターネットに接続できるかどうかも、ウィザードによって確認されます。The wizard also checks for Internet connectivity. インターネット接続を利用可能な場合は、インストールを続行できます。利用可能でない場合は、プロキシの詳細を指定してインターネットに接続する必要があります。If Internet connectivity is available you can proceed with installation, if not, you need to provide proxy details to connect to the Internet.

    次の手順では、Microsoft Azure Recovery Services エージェントを構成します。The next step is to configure the Microsoft Azure Recovery Services Agent. 構成を行う際、マシンを Recovery Services コンテナーに登録するために、コンテナーの資格情報を提供する必要があります。As a part of the configuration, you will have to provide your vault credentials to register the machine to the recovery services vault. また、Azure とお客様の環境間で送信されるデータを暗号化/復号化するためのパスフレーズも提供します。You will also provide a passphrase to encrypt/decrypt the data sent between Azure and your premises. 自動的にパスフレーズを生成するか、最小で 16 文字の独自のパスフレーズを指定することができます。You can automatically generate a passphrase or provide your own minimum 16-character passphrase. エージェントの構成が完了するまで、ウィザードを続行します。Continue with the wizard until the agent has been configured.

    Azure Backup Server の前提条件 2

  9. Microsoft Azure Backup Server の登録が正常に完了すると、セットアップ ウィザードは、SQL Server と Azure Backup Server コンポーネントのインストールおよび構成を開始します。Once registration of the Microsoft Azure Backup server successfully completes, the overall setup wizard proceeds to the installation and configuration of SQL Server and the Azure Backup Server components. SQL Server コンポーネントのインストールが完了すると、Microsoft Azure Backup Server コンポーネントがインストールされます。Once the SQL Server component installation completes, the Azure Backup Server components are installed.

    Azure Backup Server

インストール手順が正常に完了すると、製品のデスクトップ アイコンも作成されます。When the installation step has completed, the product's desktop icons will have been created as well. アイコンをダブルクリックして、製品を起動します。Just double-click the icon to launch the product.

Backup ストレージの追加Add backup storage

一次バックアップ コピーは、Azure Backup Server マシンに接続されているストレージに保持されます。The first backup copy is kept on storage attached to the Azure Backup Server machine. ディスクを追加する方法の詳細については、「 記憶域プールおよびディスク記憶域の構成」を参照してください。For more information about adding disks, see Configure storage pools and disk storage.

注意

Azure にデータを送信する場合でも、Backup ストレージを追加する必要があります。You need to add backup storage even if you plan to send data to Azure. Azure Backup Server の現在のアーキテクチャでは、Azure Backup コンテナーにはデータの " 2 番目の " コピーが保持され、最初の (必須の) バックアップ コピーはローカル ストレージに保持されます。In the current architecture of Azure Backup Server, the Azure Backup vault holds the second copy of the data while the local storage holds the first (and mandatory) backup copy.

Data Protection Manager 保護エージェントのインストールと更新Install and update the Data Protection Manager protection agent

MABS は、System Center Data Protection Manager 保護エージェントを使用します。MABS uses the System Center Data Protection Manager protection agent. 保護サーバー上に保護エージェントをインストールする手順は、こちらをご覧ください。Here are the steps to install the Protection Agent on your Protection Servers.

この後のセクションでは、クライアント コンピューターのために保護エージェントを更新する方法を説明します。The following sections describe how to update protection agents for client computers.

  1. Backup Server の管理者コンソールで、 [Management] (管理) > [Agents] (エージェント) の順に選択します。In the Backup Server Administrator Console, select Management > Agents.

  2. 表示ウィンドウで、保護エージェントを更新するクライアント コンピューターを選択します。In the display pane, select the client computers for which you want to update the protection agent.

    注意

    [Agent Updates] (エージェントの更新プログラム) 列は、保護されるコンピューターごとに保護エージェントの更新がいつ行われるかを示します。The Agent Updates column indicates when a protection agent update is available for each protected computer. [アクション] ウィンドウでは、 [更新する] アイコンは、保護されるコンピューターが選択されていて、更新プログラムが利用可能なときのみ表示されます。In the Actions pane, the Update action is available only when a protected computer is selected and updates are available.

  3. 選択したコンピューターに更新された保護エージェントをインストールするには、 [アクション] ウィンドウで、 [更新する] を選択します。To install updated protection agents on the selected computers, in the Actions pane, select Update.

  4. ネットワークに接続されていないクライアント コンピューターでは、コンピューターがネットワークに接続されるまで、 [エージェントの状態] 列には [更新保留中] の状態が表示されます。For a client computer that is not connected to the network, until the computer is connected to the network, the Agent Status column shows a status of Update Pending.

    クライアント コンピューターがネットワークに接続された後、クライアント コンピューターの [Agent Updates] (エージェントの更新プログラム) 列には、 [更新中] の状態が表示されます。After a client computer is connected to the network, the Agent Updates column for the client computer shows a status of Updating.

MABS を新しいサーバーに移動するMove MABS to a new server

記憶域を維持したまま MABS を新しいサーバーに移動する必要がある場合はこの後の手順に従います。Here are the steps if you need to move MABS to a new server, while retaining the storage. これを実行できるのは、すべてのデータが Modern Backup Storage にある場合のみです。This can be done only if all the data is on Modern Backup Storage.

重要

  • 新しいサーバー名は元の Azure Backup Server インスタンスと同じ名前にする必要があります。The new server name must be the same name as the original Azure Backup Server instance. 以前の記憶域プールと MABS Database (DPMDB) を使用して復旧ポイントを保持する場合は、新しい Azure Backup Server インスタンスの名前を変更することはできません。You can't change the name of the new Azure Backup Server instance if you want to use the previous storage pool and MABS Database (DPMDB) to retain recovery points.
  • MABS Database (DPMDB) のバックアップを用意する必要があります。You must have a backup of the MABS Database (DPMDB). 後でデータベースを復元する必要があるためです。You'll need to restore the database.
  1. 表示ウィンドウで、保護エージェントを更新するクライアント コンピューターを選択します。In the display pane, select the client computers for which you want to update the protection agent.

  2. 元の Azure Backup Server をシャットダウンするか、ネットワークから切り離します。Shut down the original Azure backup server or take it off the wire.

  3. Active Directory のコンピューター アカウントをリセットします。Reset the machine account in active directory.

  4. 新しいコンピューターに Server 2016 をインストールし、元の Azure Backup Server と同じコンピューター名を付けます。Install Server 2016 on new machine and name it the same machine name as the original Azure Backup server.

  5. ドメインに参加します。Join the Domain

  6. Azure Backup Server V3 以降をインストールします (MABS 記憶域プールのディスクを古いサーバーから移動してインポートします)Install Azure Backup server V3 or later (move MABS Storage pool disks from old server and import)

  7. 手順 1 で作成した DPMDB を復元します。Restore the DPMDB taken in step 1.

  8. 元のバックアップ サーバーの記憶域を新しいサーバーにアタッチします。Attach the storage from the original backup server to the new server.

  9. SQL から DPMDB を復元します。From SQL Restore the DPMDB

  10. 新しいサーバーで、管理コマンド ラインから Microsoft Azure Backup のインストール場所と bin フォルダーに cd します。From admin command line on new server cd to Microsoft Azure Backup install location and bin folder

    パスの例:C:\windows\system32>cd "c:\Program Files\Microsoft Azure Backup\DPM\DPM\bin"Path example: C:\windows\system32>cd "c:\Program Files\Microsoft Azure Backup\DPM\DPM\bin"

  11. Azure Backup に対して、DPMSYNC -SYNC を実行しますTo Azure backup, Run DPMSYNC -SYNC

    DPM 記憶域プールに古いディスクを移動するのではなく、新しいディスクを追加している場合は、DPMSYNC -Reallocatereplica を実行しますIf you have added NEW disks to the DPM Storage pool instead of moving the old ones, then run DPMSYNC -Reallocatereplica

ネットワーク接続Network connectivity

Azure Backup Server が正常に動作するためには、Azure Backup サービスに接続されている必要があります。Azure Backup Server requires connectivity to the Azure Backup service for the product to work successfully. マシンが Azure に接続されているかどうかを確認するには、Azure Backup Server PowerShell コンソールで Get-DPMCloudConnection コマンドレットを使用します。To validate whether the machine has the connectivity to Azure, use the Get-DPMCloudConnection cmdlet in the Azure Backup Server PowerShell console. コマンドレットの出力が TRUE の場合、マシンは接続されていますが、それ以外の場合は接続されていません。If the output of the cmdlet is TRUE, then connectivity exists, else there is no connectivity.

同時に、Azure のサブスクリプションが正常な状態である必要があります。At the same time, the Azure subscription needs to be in a healthy state. サブスクリプションの状態を確認および管理するには、サブスクリプション ポータルにサインインします。To find out the state of your subscription and to manage it, sign in to the subscription portal.

Azure への接続と Azure サブスクリプションの状態がわかれば、以下の表から、提供されるバックアップ/復元機能に対する影響を確認することができます。Once you know the state of the Azure connectivity and of the Azure subscription, you can use the table below to find out the impact on the backup/restore functionality offered.

接続状態Connectivity State Azure サブスクリプションAzure Subscription Azure へのバックアップBack up to Azure ディスクへのバックアップBack up to disk Azure からの復元Restore from Azure ディスクからの復元Restore from disk
接続中Connected アクティブActive 許可Allowed 許可Allowed 許可Allowed 許可Allowed
接続中Connected 有効期限切れExpired 停止済みStopped 停止済みStopped 許可Allowed 許可Allowed
接続中Connected プロビジョニング解除済みDeprovisioned 停止済みStopped 停止済みStopped 停止され、Azure の回復ポイントが削除されるStopped and Azure recovery points deleted 停止済みStopped
切断されている期間が 15 日を越えるLost connectivity > 15 days アクティブActive 停止済みStopped 停止済みStopped 許可Allowed 許可Allowed
切断されている期間が 15 日を越えるLost connectivity > 15 days 有効期限切れExpired 停止済みStopped 停止済みStopped 許可Allowed 許可Allowed
切断されている期間が 15 日を越えるLost connectivity > 15 days プロビジョニング解除済みDeprovisioned 停止済みStopped 停止済みStopped 停止され、Azure の回復ポイントが削除されるStopped and Azure recovery points deleted 停止済みStopped

接続の切断からの回復Recovering from loss of connectivity

ファイアウォールまたはプロキシにより Azure へのアクセスが妨げられている場合、ファイアウォール/プロキシのプロファイルで以下のドメイン アドレスを許可する必要があります。If you have a firewall or a proxy that is preventing access to Azure, you need to allow the following domain addresses in the firewall/proxy profile:

  • http://www.msftncsi.com/ncsi.txt
  • *.Microsoft.com*.Microsoft.com
  • *.WindowsAzure.com*.WindowsAzure.com
  • *.microsoftonline.com*.microsoftonline.com
  • *.windows.net*.windows.net

ExpressRoute Microsoft ピアリングを使用している場合、次のサービスまたはリージョンを選択してください。If you are using ExpressRoute Microsoft peering, please select the following services/regions:

  • Azure Active Directory (12076:5060)Azure Active Directory (12076:5060)
  • Microsoft Azure リージョン (Recovery Services コンテナーの場所による)Microsoft Azure Region (as per the location of your Recovery Services vault)
  • Azure Storage (Recovery Services コンテナーの場所による)Azure Storage (as per the location of your Recovery Services vault)

詳細については、「ExpressRoute ルーティングの要件」を参照してください。For more details, visit ExpressRoute routing requirements.

Azure Backup Server マシンが Azure に接続できるようになると、実行可能な操作が Azure サブスクリプションの状態に応じて決まります。Once connectivity to Azure has been restored to the Azure Backup Server machine, the operations that can be performed are determined by the Azure subscription state. マシンが "接続中" になった場合に許可される操作の詳細は、上記の表に記載されています。The table above has details about the operations allowed once the machine is "Connected".

サブスクリプションの状態の処理Handling subscription states

Azure サブスクリプションの状態が "有効期限切れ" または "プロビジョニング解除済み" である場合、"アクティブ" 状態にすることができます。It is possible to take an Azure subscription from an Expired or Deprovisioned state to the Active state. ただし、状態が "アクティブ" でない間は、製品の動作に次のような影響があります。However, this has some implications on the product behavior while the state is not Active:

  • サブスクリプションが " プロビジョニング解除済み " の場合、プロビジョニングが解除されている期間は機能を使用できません。A Deprovisioned subscription loses functionality for the period that it is deprovisioned. " アクティブ" になると、製品のバックアップ/復元機能を使用できるようになります。On turning Active, the product functionality of backup/restore is revived. ローカル ディスクのバックアップ データが十分に長い間保持されている場合は、それらのデータも回復できます。The backup data on the local disk also can be retrieved if it was kept with a sufficiently large retention period. ただし、Azure に保持されるバックアップ データは、サブスクリプションが " プロビジョニング解除済み " 状態になると失われ、回復できなくなります。However, the backup data in Azure is irretrievably lost once the subscription enters the Deprovisioned state.
  • サブスクリプションが "有効期限切れ" になった場合は、再び "アクティブ" になるまで機能を使用できなくなるだけです。An Expired subscription only loses functionality for until it has been made Active again. サブスクリプションが " 有効期限切れ " になった期間に予定されていたバックアップは実行されません。Any backups scheduled for the period that the subscription was Expired will not run.

MABS をアップグレードするUpgrade MABS

MABS をアップグレードするには、次の手順を使用します。Use the following procedures to upgrade MABS.

MABS V2 から V3 にアップグレードするUpgrade from MABS V2 to V3

注意

MABS V2 は MABS V3 をインストールするための前提条件ではありません。MABS V2 is not a prerequisite for installing MABS V3. ただし、MABS V3 にアップグレードできるのは MABS V2 からのみです。However, you can upgrade to MABS V3 only from MABS V2.

次の手順を使用して MABS をアップグレードします。Use the following steps to upgrade MABS:

  1. MABS V2 を MABS V3 にアップグレードするには、OS を Windows Server 2016 または Windows Server 2019 (必要な場合) にアップグレードします。To upgrade from MABS V2 to MABS V3, upgrade your OS to Windows Server 2016 or Windows Server 2019 if needed.

  2. サーバーをアップグレードします。Upgrade your server. 手順はインストールと同様です。The steps are similar to installation. ただし、SQL の設定で、SQL インスタンスを SQL 2017 にアップグレードするか、SQL Server 2017 の独自のインスタンスを使用するかという選択肢があります。However, for SQL settings, you will get an option to upgrade your SQL instance to SQL 2017, or to use your own instance of SQL server 2017.

    注意

    SQL インスタンスのアップグレード中に終了しないでください。終了すると、SQL レポート インスタンスがアンインストールされるため、MABS を再アップグレードする試みが失敗します。Do not exit while your SQL instance is being upgraded, exiting will uninstall the SQL reporting instance and hence an attempt to re-upgrade MABS will fail.

    重要

    SQL 2017 アップグレードの一環として、SQL 暗号化キーをバックアップし、レポート サービスをアンインストールします。As part of SQL 2017 upgrade, we backup the SQL encryption keys and uninstall the reporting services. SQL Server のアップグレード後に、レポート サービス (14.0.6827.4788) がインストールされ、暗号化キーが復元されます。After SQL server upgrade, reporting service(14.0.6827.4788) is installed & encryption keys are restored.

    SQL 2017 を手動で構成するときは、インストール手順の下にある「SQL 2017 の SSRS 構成」セクションを参照してください。When configuring SQL 2017 manually, refer to SSRS configuration with SQL 2017 section under Install instructions.

  3. 保護サーバー上の保護エージェントを更新します。Update the protection agents on the protected servers.

  4. バックアップを続行します。実稼働サーバーを再起動する必要はありません。Backups should continue without the need to restart your production servers.

  5. これで、データの保護を開始できます。You can begin protecting your data now. 保護しながら、Modern Backup Storage にアップグレードする場合は、バックアップを格納するボリュームを選択して、プロビジョニングされた領域の下をチェックすることもできます。If you are upgrading to Modern Backup Storage, while protecting, you can also choose the volumes you wish to store the backups in, and check for under provisioned space. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

トラブルシューティングTroubleshooting

Microsoft Azure Backup Server がセットアップ段階 (またはバックアップや復元) でエラーのため失敗した場合、詳細については、このエラー コードのドキュメントを参照してください。If Microsoft Azure Backup server fails with errors during the setup phase (or backup or restore), refer to this error codes document for more information. Azure Backup 関連の FAQYou can also refer to Azure Backup related FAQs

次のステップNext steps

DPM 用の環境の準備についてはこちらに詳細があります。You can get detailed information here about preparing your environment for DPM. このページには、Azure Backup Server のデプロイと使用が可能なサポートされる構成も記載されています。It also contains information about supported configurations on which Azure Backup Server can be deployed and used. 一連の PowerShell コマンドレットを使用して、さまざまな操作を実行できます。You can use a series of PowerShell cmdlet for performing various operations.

以下の記事により、Microsoft Azure Backup Server を使用したワークロードの保護について理解を深めてください。You can use these articles to gain a deeper understanding of workload protection using Microsoft Azure Backup server.