Azure 仮想マシンのバックアップからファイルを回復する

Azure Backup は、Azure VM とディスクを Azure VM のバックアップから復元する機能を提供します。 この記事では、Azure VM のバックアップからファイルやフォルダーなどのアイテムを回復する方法について説明します。

注意

この機能は、Resource Manager モデルを使用してデプロイされ、Recovery Services コンテナーに保護されている Azure VM に対して使用できます。 暗号化された VM バックアップからのファイルの回復はサポートされていません。

ボリュームをマウントしてファイルをコピーする

  1. Azure ポータルにサインインします。 関連する Recovery Services コンテナーと必要なバックアップ アイテムを見つけます。

  2. [バックアップ項目] ブレードで、[ファイルの回復] をクリックします。

    Recovery Services コンテナーを開く

    [ファイルの回復] ブレードが開きます。

    [ファイルの回復] ブレード

  3. [回復ポイントの選択]ドロップ ダウン メニューから、目的のファイルを含む回復ポイントを選択します。 既定では、最新の回復ポイントが既に選択されています。

  4. [Download Executable (実行可能ファイルのダウンロード)] (Windows Azure VM の場合) または [スクリプトのダウンロード] (Linux Azure VM の場合) をクリックして、復旧ポイントからファイルをコピーするために使用するソフトウェアをダウンロードします。

    この実行可能ファイル/スクリプトでは、ローカル コンピューターと指定された復旧ポイント間の接続を作成します。

  5. ダウンロードしたスクリプト/実行可能ファイルを実行するにはパスワードが必要です。 生成したパスワードの横にあるコピー ボタンでポータルからパスワードをコピーできます。

    生成されたパスワード

  6. ファイルを回復するコンピューターで、実行可能ファイル/スクリプトを実行します。 これらは、管理者資格情報を使用して実行する必要があります。 アクセスが制限されたコンピューターでスクリプトを実行する場合は、以下にアクセスできることを確認します。

    • download.microsoft.com
    • Azure VM のバックアップで使用された Azure エンドポイント
    • 送信ポート 3260

    Linux の場合、スクリプトによって復旧ポイントに接続するには "open-iscsi" および "lshw" コンポーネントが必要です。 スクリプトを実行するマシン上にこれらのコンポーネントが存在しない場合、スクリプトは該当するコンポーネントをインストールするためのアクセス許可を要求し、同意を得たうえでコンポーネントをインストールします。

    入力を求められたら、ポータルからコピーしたパスワードを入力します。 有効なパスワードが入力されると、スクリプトが復旧ポイントに接続されます。

    [ファイルの回復] ブレード

バックアップされた VM と同じ (または互換性のある) オペレーティング システムを使用する任意のマシンでスクリプトを実行できます。 互換性のあるオペレーティング システムについては、「互換性のある OS」の表を参照してください。 保護されている Azure 仮想マシンで Windows 記憶域スペース (Windows Azure VM の場合) または LVM/RAID アレイ (Linux VM の場合) を使用している場合、その仮想マシンで実行可能ファイル/スクリプトを実行することはできません。 代わりに、互換性のあるオペレーティング システムを使用する他のマシンで実行します。

互換性のある OS

Windows の場合

次の表は、サーバーとコンピューターのオペレーティング システムの互換性を示しています。 ファイルを回復するときに、互換性のないオペレーティング システムの間でファイルを復元することはできません。

サーバー OS 互換性のあるクライアント OS
Windows Server 2012 R2 Windows 8.1
Windows Server 2012 Windows 8
Windows Server 2008 R2 Windows 7

Linux の場合

Linux では、基本要件として、スクリプトを実行するマシンの OS が、バックアップされた Linux VM に存在するファイルのファイル システムをサポートしている必要があります。 スクリプトを実行するマシンを選択するときは、次の表に示す互換性のある OS およびバージョンを使用していることを確認してください。

Linux OS バージョン
Ubuntu 12.04 以降
CentOS 6.5 以降
RHEL 6.7 以降
Debian 7 以降
Oracle Linux 6.4 以降

スクリプトを実行し、復旧ポイントに安全に接続するには、Python および Bash コンポーネントも必要となります。

コンポーネント バージョン
Bash 4 以降
Python 2.6.6 以降

ボリュームの識別

Windows の場合

実行可能ファイルを実行すると、オペレーティング システムは新しいボリュームをマウントし、ドライブ文字を割り当てます。 Windows エクスプローラーまたはファイル エクスプローラーを使用してそれらのドライブを参照できます。 ボリュームに割り当てられるドライブ文字は、元の仮想マシンと同じ文字にならない可能性がありますが、ボリューム名は保持されます。 たとえば、元の仮想マシン上のボリュームが "データ ディスク (E:)" の場合、そのボリュームは、ローカル コンピューターに "データ ディスク ('使用可能な任意のドライブ文字':)" としてアタッチされる可能性があります。 ファイルまたはフォルダーが表示されるまで、スクリプトの出力に示されているすべてのボリュームを参照します。

[ファイルの回復] ブレード

Linux の場合

Linux では、復旧ポイントのボリュームはスクリプトが実行されるフォルダーにマウントされます。 それに応じて、接続されたディスク、ボリューム、対応するマウント パスが示されます。 これらのマウント パスは、ルート レベルのアクセス権を持つユーザーに表示されます。 スクリプトの出力に示されたボリュームを参照します。

Linux の [ファイルの回復] ブレード

接続を閉じる

ファイルを識別してローカル ストレージの場所にコピーした後、追加ドライブを削除 (またはマウント解除) します。 ドライブをマウント解除するには、Azure Portal の [ファイルの回復] ブレードで [Unmount Disks (ディスクのマウント解除)] をクリックします。

ディスクのマウント解除

ディスクがマウント解除されると、操作が成功したことを通知するメッセージが表示されます。 接続を更新してディスクを解除できるようになるまで数分かかることがあります。

Linux では、復旧ポイントへの接続が切断された後、OS によって対応するマウント パスが自動的に削除されるわけではありません。 これらは "孤立" ボリュームとして存在し、表示されていますが、ファイルへのアクセスや書き込みを行うと、エラーがスローされます。 マウント パスは手動で削除できます。 実行時に、スクリプトは以前の復旧ポイントから存在するこのようなボリュームを特定し、同意を得たうえでクリーンアップします。

特殊な構成

ダイナミック ディスク

バックアップされた Azure VM に、ダイナミック ディスク上の複数のディスクにまたがるボリューム (スパン ボリュームおよびストライプ ボリューム) またはフォールト トレラント ボリューム (ミラー ボリュームおよび RAID-5 ボリューム) がある場合、その VM では実行可能スクリプトを実行できません。 代わりに、互換性のあるオペレーティング システムを使用する他のマシンで実行可能スクリプトを実行します。

Windows 記憶域スペース

Windows 記憶域スペースは、記憶域を仮想化できるようにする Windows 記憶域のテクノロジです。 Windows 記憶域スペースでは、業界標準のディスクを記憶域プールにグループ化し、それらの記憶域プールの空き容量から仮想ディスク (記憶域スペースと呼びます) を作成できます。

バックアップされた Azure VM で Windows 記憶域スペースを使用している場合、その VM で実行可能スクリプトを実行することはできません。 代わりに、互換性のあるオペレーティング システムを使用する他のマシンで実行可能スクリプトを実行します。

LVM/RAID アレイ

Linux では、論理ボリューム マネージャー (LVM) やソフトウェア RAID アレイを使用して、複数のディスクの論理ボリュームを管理します。 バックアップされた Linux VM で LVM/RAID アレイを使用している場合、その VM でスクリプトを実行することはできません。 代わりに、互換性のある OS を使用し、バックアップされた VM のファイル システムをサポートする他のマシンでスクリプトを実行します。

次に示すように、スクリプトの出力には、LVM/RAID アレイのディスク、ボリューム、パーティションの種類が表示されます。

Linux LVM 出力ブレード

これらのパーティションをオンラインにするには、ユーザーが以下のコマンドを実行する必要があります。

LVM パーティションの場合

$ pvs <volume name as shown above in the script output> 

このコマンドは、物理ボリュームのボリューム グループ名を表示します。

$ lvdisplay <volume-group-name from the pvs command’s results> 

このコマンドは、ボリューム グループのすべての論理ボリューム、名前、パスを表示します。

$ mount <LV path> </mountpath>

このコマンドは、論理ボリュームを任意のパスにマウントします。

RAID アレイの場合

$ mdadm –detail –scan

このコマンドは、すべての RAID ディスクの詳細を表示します。 関連する RAID ディスクは /dev/mdm/<RAID array name in the backed up VM> と表示されます。

RAID ディスクに物理ボリュームがある場合は、mount コマンドを使用します。

$ mount [RAID Disk Path] [/mounthpath]

この RAID ディスクに別の LVM が構成されている場合は、前述の LVM パーティションの手順に従います (ボリューム名が RAID ディスク名です)。

トラブルシューティング

仮想マシンからのファイルの回復中に問題が発生した場合は、次の表で追加情報を確認してください。

エラー メッセージ/シナリオ 考えられる原因 推奨される操作
実行の出力: "Exception connecting to the target (ターゲットへの接続例外)" スクリプトが回復ポイントにアクセスできません コンピューターが前述のアクセス要件を満たしているかどうかを確認します。
実行の出力: "ターゲットは iSCSI セッション経由で既にログインされています。" スクリプトは同じコンピューターで既に実行され、ドライブがアタッチされています 回復ポイントのボリュームは既にアタッチされています。 ボリュームは、元の VM と同じドライブ文字でマウントされないことがあります。 ファイル エクスプローラーで、使用可能なすべてのボリュームを参照してファイルを探してください。
実行の出力: "This script is invalid because the disks have been dismounted via portal/exceeded the 12-hr limit. (ディスクがポータルからマウント解除されているか、12 時間制限を超過しているため、 このスクリプトは無効です。)Please download a new script from the portal. (ポータルから新しいスクリプトをダウンロードしてください。)" ディスクがポータルからマウント解除されているか、12 時間制限を超過しています この特定の実行可能ファイルは、現在無効であり、実行できません。 その回復ポイントインタイムのファイルにアクセスする場合は、ポータルで新しい実行可能ファイルを取得してください。
実行可能ファイルが実行されたコンピューターで: 新しいボリュームが [マウント解除] ボタンをクリックしてもマウント解除されない コンピューター上の ISCSI イニシエーターがターゲットへの接続に応答しないか、接続が更新されず、キャッシュが維持されています [マウント解除] ボタンを押した後、数分待ちます。 それでも新しいボリュームがマウント解除されない場合は、すべてのボリュームを参照してください。 これにより、イニシエーターが接続を更新し、ボリュームがマウント解除され、ディスクが使用できないことを示すエラー メッセージが表示されます。
実行の出力: スクリプトは正常に実行されるが、スクリプトの出力で "New volumes attached (新しいボリュームがアタッチされました)" が表示されない これは一時的なエラーです ボリュームは既にアタッチされています。 エクスプローラーを開いて参照します。 同じコンピューターでスクリプトを毎回実行している場合は、マシンの再起動を検討してください。次回の実行可能ファイルの実行時に一覧が表示されます。
Linux 固有: 目的のボリュームを表示できない スクリプトを実行するマシンの OS が、バックアップされた VM の基になるファイル システムを認識していない可能性があります 復旧ポイントがクラッシュ整合性とファイル整合性のどちらであるかを確認します。 ファイル整合性の場合、OS がバックアップされた VM のファイル システムを認識する別のマシンでスクリプトを実行します。
Windows 固有: 目的のボリュームを表示できない ディスクはアタッチされている可能性がありますが、ボリュームが構成されていません ディスクの管理画面から、復旧ポイントに関連する追加のディスクを識別します。 それらのディスクのいずれかがオフライン状態の場合は、そのディスクを右クリックし、[オンライン] をクリックしてオンライン状態にします。