Azure Resource Manager デプロイ モデルを使用してファイルを Windows に復元するRestore files to Windows by using the Azure Resource Manager deployment model

この記事では、バックアップ コンテナーからデータを復元する方法について説明します。This article explains how to restore data from a backup vault. データを復元するには、Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェントのデータの回復ウィザードを使用します。To restore data, you use the Recover Data wizard in the Microsoft Azure Recovery Services (MARS) Agent. 次のようにすることができます。You can:

  • バックアップが実行されたのと同じマシンにデータを復元するRestore data to the same machine from which the backups were taken.
  • 別のコンピューターにデータを復元するRestore data to an alternate machine.

書き込み可能な復旧ポイントのスナップショットを回復ボリュームとしてマウントするには、インスタント リストア機能を使用します。Use the Instant Restore feature to mount a writeable recovery point snapshot as a recovery volume. その後、回復ボリュームを調べてファイルをローカル コンピューターにコピーすることによって、ファイルを選択的に復元できます。You can then explore the recovery volume and copy files to a local computer, thereby selectively restoring files.

注意

インスタント リストアを使用してデータを復元する場合は、2017 年 1 月の Azure Backup 更新プログラムが必要です。The January 2017 Azure Backup update is required if you want to use Instant Restore to restore data. また、バックアップ データは、サポート記事に記載されているロケール内のコンテナーで保護されている必要があります。Also, the backup data must be protected in vaults in locales listed in the support article. インスタント リストアをサポートするロケールの最新リストについては、2017 年 1 月の Azure Backup 更新プログラムをご覧ください。Consult the January 2017 Azure Backup update for the latest list of locales that support Instant Restore.

Azure Portal の Recovery Services コンテナーでインスタント リストアを使います。Use Instant Restore with Recovery Services vaults in the Azure portal. Backup コンテナーにデータを格納した場合は、Recovery Services コンテナーに変換されています。If you stored data in Backup vaults, they have been converted to Recovery Services vaults. インスタント リストアを使用する場合は、MARS 更新プログラムをダウンロードして、インスタント リストアを説明する手順に従います。If you want to use Instant Restore, download the MARS update, and follow the procedures that mention Instant Restore.

注意

Azure には、リソースの作成と操作に使用できるデプロイメント モデルが 2 種類あります。Azure Resource Manager とクラシックですAzure has two different deployment models you can use to create and work with resources: Azure Resource Manager and classic. この記事では、Resource Manager デプロイ モデルの使用について説明します。This article covers the use of the Resource Manager deployment model. 新しいデプロイには、クラシック デプロイ モデルではなく、Resource Manager デプロイ モデルをお勧めします。We recommend the Resource Manager deployment model for new deployments instead of the classic deployment model.

インスタント リストアを使用して同じコンピューターにデータを回復するUse Instant Restore to recover data to the same machine

ファイルを誤って削除し、それを (バックアップが取得されたのと) 同じコンピューターに復元する場合は、次の手順を使用するとデータの復旧に役立ちます。If you accidentally deleted a file and want to restore it to the same machine (from which the backup is taken), the following steps will help you recover the data.

  1. Microsoft Azure Backup スナップインを開きます。Open the Microsoft Azure Backup snap-in. スナップインがインストールされている場所がわからない場合は、コンピューターまたはサーバーで Microsoft Azure Backup を検索します。If you don't know where the snap-in was installed, search the computer or server for Microsoft Azure Backup.

    デスクトップ アプリが検索結果に表示されます。The desktop app should appear in the search results.

  2. [データの回復] を選択してウィザードを開始します。Select Recover Data to start the wizard.

    [データの回復] が強調表示された Azure Backup のスクリーンショット

  3. [使用の開始] ページで、データを同じサーバーまたはコンピューターに復元するには、 [このサーバー (<server name>)] > [次へ] を選択します。On the Getting Started page, to restore the data to the same server or computer, select This server (<server name>) > Next.

    データの回復ウィザードの [使用の開始] ページのスクリーンショット

  4. [回復モードの選択] ページで、 [個々のファイルとフォルダー] > [次へ] を順に選択します。On the Select Recovery Mode page, choose Individual files and folders > Next.

    データの回復ウィザードの [回復モードの選択] ページのスクリーンショット

    重要

    個別のファイルとフォルダーを復元するオプションには、.NET Framework 4.5.2 以降が必要です。The option to restore individual files and folders requires .NET Framework 4.5.2 or later. [個別のファイルとフォルダー] オプションが表示されない場合は、.NET Framework をバージョン 4.5.2 以降にアップグレードして再試行する必要があります。If you do not see the Individual files and folders option, you must upgrade .NET Framework to version 4.5.2 or later, and try again.

    ヒント

    [個別のファイルとフォルダー] オプションを使用すると、復旧ポイントのデータにすばやくアクセスできます。The Individual files and folders option allows for quick access to the recovery point data. これは、合計サイズが 80 GB を超えない個別のファイルの復旧に適しており、復旧中に最大 6 MB/秒の転送またはコピー速度を提供します。It is suitable for recovering individual files, with sizes totalling not more than 80 GB, and offers transfer or copy speeds up to 6 MBps during recovery. [ボリューム] オプションでは、指定されたボリューム内のすべてのバックアップ済みデータを復旧します。The Volume option recovers all backed up data in a specified volume. このオプションは、より高速な転送速度 (最大 60 MB/秒) を提供します。これは、大きなサイズのデータやボリューム全体の復旧に最適です。This option provides faster transfer speeds (up to 60 MBps), which is ideal for recovering large-sized data or entire volumes.

  5. [ボリュームと日付の選択] ページで、復元するファイルとフォルダーを含むボリュームを選択します。On the Select Volume and Date page, select the volume that contains the files and folders you want to restore.

    カレンダーで回復ポイントを選択します。On the calendar, select a recovery point. 太字になっている日付では、少なくとも 1 つの回復ポイントを利用できます。Dates in bold indicate the availability of at least one recovery point. 1 日の中で複数の復旧ポイントを使用できる場合は、 [時間] ドロップダウン メニューから特定の復旧ポイントを選択します。If multiple recovery points are available within a single date, choose the specific recovery point from the Time drop-down menu.

    データの回復ウィザードの [ボリュームと日付の選択] ページのスクリーンショット

  6. 復元する復旧ポイントを選択したら、 [マウント] を選択します。After choosing the recovery point to restore, select Mount.

    Azure Backup がローカルの回復ポイントをマウントし、回復ボリュームとして使用します。Azure Backup mounts the local recovery point, and uses it as a recovery volume.

  7. [ファイルの参照と回復] ページで、 [参照] を選択して Windows エクスプローラーを開き、必要なファイルとフォルダーを見つけます。On the Browse and Recover Files page, select Browse to open Windows Explorer and find the files and folders you want.

    データの回復ウィザードの [ファイルの参照と回復] ページのスクリーンショット

  8. Windows エクスプローラーで、復元するファイルとフォルダーをコピーし、それをサーバーまたはコンピューターの任意のローカルの場所に貼り付けます。In Windows Explorer, copy the files and folders you want to restore, and paste them to any location local to the server or computer. 回復ボリュームから直接ファイルを開くか、またはストリーミングして、正しいバージョンを回復していることを確認できます。You can open or stream the files directly from the recovery volume, and verify that you are recovering the correct versions.

    [コピー] が強調表示された Windows エクスプローラーのスクリーンショット

  9. 完了したら、 [ファイルの参照と回復] ページで [マウント解除] を選択します。When you are finished, on the Browse and Recover Files page, select Unmount. その後、 [はい] を選択して、ボリュームをマウント解除することを確認します。Then select Yes to confirm that you want to unmount the volume.

    データの回復ウィザードの [ファイルの参照と回復] ページのスクリーンショット

    重要

    [マウント解除] を選択しない場合、回復ボリュームは、マウントされた時刻から 6 時間マウントされたままになります。If you do not select Unmount, the recovery volume will remain mounted for 6 hours from the time when it was mounted. ただし、ファイルのコピーが進行中の場合は、マウント時間が最大 24 時間まで延長されます。However, the mount time is extended up to a maximum of 24 hours in case of an ongoing file-copy. ボリュームのマウント中は、バックアップ操作が実行されません。No backup operations will run while the volume is mounted. ボリュームがマウントされている間に実行されるようにスケジュールされたバックアップ操作はすべて、回復ボリュームがマウント解除された後に実行されます。Any backup operation scheduled to run during the time when the volume is mounted will run after the recovery volume is unmounted.

インスタント リストアを使用してデータを別のコンピューターに復元するUse Instant Restore to restore data to an alternate machine

サーバー全体が失われた場合でも、Azure Backup から別のコンピューターにデータを回復できます。If your entire server is lost, you can still recover data from Azure Backup to a different machine. 次の手順はそのワークフローを示しています。The following steps illustrate the workflow.

これらの手順には、次の用語が含まれています。These steps include the following terminology:

  • ソース コンピューター – バックアップが取得され、現在は使用できない元のコンピューター。Source machine – The original machine from which the backup was taken, and which is currently unavailable.
  • ターゲット コンピューター – データの回復先となるコンピューター。Target machine – The machine to which the data is being recovered.
  • サンプルのコンテナー – ソース コンピューターとターゲット コンピューターが登録されている Recovery Services コンテナー。Sample vault – The Recovery Services vault to which the source machine and target machine are registered.

注意

バックアップを、以前のバージョンのオペレーティング システムを実行しているターゲット コンピューターに復元することはできません。Backups can't be restored to a target machine that is running an earlier version of the operating system. たとえば、Windows 7 コンピューターから取得されたバックアップは Windows 8 (以降の) コンピューターで復元できます。For example, a backup taken from a Windows 7 computer can be restored on a Windows 8 (or later) computer. Windows 8 コンピューターから取得されたバックアップは、Windows 7 コンピューターに復元できません。A backup taken from a Windows 8 computer can't be restored to a Windows 7 computer.

  1. ターゲット コンピューターで Microsoft Azure Backup スナップインを開きます。Open the Microsoft Azure Backup snap-in on the target machine.

  2. ターゲット コンピューターとソース コンピューターが同じ Recovery Services コンテナーに登録されていることを確認します。Ensure that the target machine and the source machine are registered to the same Recovery Services vault.

  3. [データの回復] を選択して [データの回復ウィザード] を開きます。Select Recover Data to open the Recover Data Wizard.

    [データの回復] が強調表示された Azure Backup のスクリーンショット

  4. [使用の開始] ページで、 [別のサーバー] を選択します。On the Getting Started page, select Another server.

    データの回復ウィザードの [使用の開始] ページのスクリーンショット

  5. サンプルのコンテナーに対応するコンテナー資格情報ファイルを指定し、 [次へ] を選択します。Provide the vault credential file that corresponds to the sample vault, and select Next.

    コンテナー資格情報ファイルが無効である (または期限が切れている) 場合は、Azure Portal でサンプルのコンテナーから新しいコンテナー資格情報ファイルをダウンロードします。If the vault credential file is invalid (or expired), download a new vault credential file from the sample vault in the Azure portal. 有効なコンテナー資格情報を指定すると、対応するバックアップ コンテナーの名前が表示されます。After you provide a valid vault credential, the name of the corresponding backup vault appears.

  6. [バックアップ サーバーの選択] ページで、表示されているコンピューターの一覧からソース コンピューターを選択し、パスフレーズを指定します。On the Select Backup Server page, select the source machine from the list of displayed machines, and provide the passphrase. 次に、 [次へ] を選択します。Then select Next.

    データの回復ウィザードの [バックアップ サーバーの選択] ページのスクリーンショット

  7. [回復モードの選択] ページで、 [個別のファイルとフォルダー] > [次へ] を選択します。On the Select Recovery Mode page, select Individual files and folders > Next.

    データの回復ウィザードの [回復モードの選択] ページのスクリーンショット

  8. [ボリュームと日付の選択] ページで、復元するファイルとフォルダーを含むボリュームを選択します。On the Select Volume and Date page, select the volume that contains the files and folders you want to restore.

    カレンダーで回復ポイントを選択します。On the calendar, select a recovery point. 太字になっている日付では、少なくとも 1 つの回復ポイントを利用できます。Dates in bold indicate the availability of at least one recovery point. 1 日の中で複数の復旧ポイントを使用できる場合は、 [時間] ドロップダウン メニューから特定の復旧ポイントを選択します。If multiple recovery points are available within a single date, choose the specific recovery point from the Time drop-down menu.

    データの回復ウィザードの [ボリュームと日付の選択] ページのスクリーンショット

  9. [マウント] を選択して、復旧ポイントをターゲット コンピューター上の回復ボリュームとしてローカルでマウントします。Select Mount to locally mount the recovery point as a recovery volume on your target machine.

  10. [ファイルの参照と回復] ページで、 [参照] を選択して Windows エクスプローラーを開き、必要なファイルとフォルダーを見つけます。On the Browse And Recover Files page, select Browse to open Windows Explorer and find the files and folders you want.

    データの回復ウィザードの [ファイルの参照と回復] ページのスクリーンショット

  11. Windows エクスプローラーで、回復ボリュームからファイルとフォルダーをコピーし、それをターゲット コンピューターの場所に貼り付けます。In Windows Explorer, copy the files and folders from the recovery volume, and paste them to your target machine location. 回復ボリュームから直接ファイルを開くか、またはストリーミングして、正しいバージョンが回復されていることを確認できます。You can open or stream the files directly from the recovery volume, and verify that the correct versions are recovered.

    [コピー] が強調表示された Windows エクスプローラーのスクリーンショット

  12. 完了したら、 [ファイルの参照と回復] ページで [マウント解除] を選択します。When you are finished, on the Browse and Recover Files page, select Unmount. その後、 [はい] を選択して、ボリュームをマウント解除することを確認します。Then select Yes to confirm that you want to unmount the volume.

    データの回復ウィザードの [ファイルの参照と回復] ページのスクリーンショット

    重要

    [マウント解除] を選択しない場合、回復ボリュームは、マウントされた時刻から 6 時間マウントされたままになります。If you do not select Unmount, the recovery volume will remain mounted for 6 hours from the time when it was mounted. ただし、ファイルのコピーが進行中の場合は、マウント時間が最大 24 時間まで延長されます。However, the mount time is extended up to a maximum of 24 hours in case of an ongoing file-copy. ボリュームのマウント中は、バックアップ操作が実行されません。No backup operations will run while the volume is mounted. ボリュームがマウントされている間に実行されるようにスケジュールされたバックアップ操作はすべて、回復ボリュームがマウント解除された後に実行されます。Any backup operation scheduled to run during the time when the volume is mounted will run after the recovery volume is unmounted.

次の手順Next steps

ファイルとフォルダーを回復したので、 バックアップを管理できます。Now that you've recovered your files and folders, you can manage your backups.