Windows のシステム状態を Azure にバックアップするBack up Windows system state to Azure

この記事では、Windows Server のシステム状態を Azure にバックアップする方法について説明します。This article explains how to back up your Windows Server system state to Azure. ここでは基本事項について説明します。It's intended to walk you through the basics.

Azure Backup の詳細については、こちらの 概要記事を参照してください。If you want to know more about Azure Backup, read this overview.

Azure サブスクリプションがない場合は、すべての Azure サービスにアクセスできる 無料アカウント を作成します。If you don't have an Azure subscription, create a free account that lets you access any Azure service.

Recovery Services コンテナーを作成するCreate a Recovery Services vault

Recovery Services コンテナーは、時間の経過と共に作成された復旧ポイントを格納する管理エンティティであり、バックアップ関連の操作を実行するためのインターフェイスが用意されています。A Recovery Services vault is a management entity that stores recovery points created over time and provides an interface to perform backup related operations. たとえば、オンデマンドのバックアップの作成、復元の実行、バックアップ ポリシーの作成などの操作です。These include taking on-demand backups, performing restores, and creating backup policies.

Recovery Services コンテナーを作成するには、次の手順に従います。To create a Recovery Services vault, follow these steps.

  1. Azure Portal でサブスクリプションにサインインします。Sign in to your subscription in the Azure portal.

  2. 左側のメニューから、 [すべてのサービス] を選択します。On the left menu, select All services.

    [すべてのサービス] を選択する

  3. [すべてのサービス] ダイアログ ボックスに、「Recovery Services」と入力します。In the All services dialog box, enter Recovery Services. 入力に従って、リソースの一覧がフィルター処理されます。The list of resources filters according to your input. リソースの一覧から [Recovery Services コンテナー] を選択します。In the list of resources, select Recovery Services vaults.

    [Recovery Services コンテナー] と入力して選択する

    サブスクリプションに Recovery Services コンテナーの一覧が表示されます。The list of Recovery Services vaults in the subscription appears.

  4. [Recovery Services コンテナー] ダッシュボードで [追加] を選択します。On the Recovery Services vaults dashboard, select Add.

    [Recovery Services コンテナー] を追加する

    [Recovery Services コンテナー] ダイアログ ボックスが開きます。The Recovery Services vault dialog box opens. [名前][サブスクリプション][リソース グループ][場所] に値を入力します。Provide values for the Name, Subscription, Resource group, and Location.

    [Recovery Services コンテナー] を構成する

    • Name:コンテナーを識別するフレンドリ名を入力します。Name: Enter a friendly name to identify the vault. 名前は Azure サブスクリプションに対して一意である必要があります。The name must be unique to the Azure subscription. 2 文字以上で、50 文字以下の名前を指定します。Specify a name that has at least 2 but not more than 50 characters. 名前の先頭にはアルファベットを使用する必要があります。また、名前に使用できるのはアルファベット、数字、ハイフンのみです。The name must start with a letter and consist only of letters, numbers, and hyphens.

    • サブスクリプション:使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Choose the subscription to use. 1 つのサブスクリプションのみのメンバーの場合は、その名前が表示されます。If you're a member of only one subscription, you'll see that name. どのサブスクリプションを使用すればよいかがわからない場合は、既定 (推奨) のサブスクリプションを使用してください。If you're not sure which subscription to use, use the default (suggested) subscription. 職場または学校アカウントが複数の Azure サブスクリプションに関連付けられている場合に限り、複数の選択肢が存在します。There are multiple choices only if your work or school account is associated with more than one Azure subscription.

    • [リソース グループ] :既存のリソース グループを使用するか、新しいリソース グループを作成します。Resource group: Use an existing resource group or create a new one. サブスクリプションの使用可能なリソース グループの一覧を表示するには、 [既存のものを使用] を選択し、ドロップダウン リストからリソースを選択します。To see the list of available resource groups in your subscription, select Use existing, and then select a resource from the drop-down list. 新しいリソース グループを作成するには、 [新規作成] を選択し、名前を入力します。To create a new resource group, select Create new and enter the name. リソース グループの詳細については、「Azure Resource Manager の概要」を参照してください。For more information about resource groups, see Azure Resource Manager overview.

    • [場所] :コンテナーの地理的リージョンを選択します。Location: Select the geographic region for the vault. 任意のデータ ソースを保護するためのコンテナーを作成するには、コンテナーがデータ ソースと同じリージョンにある "必要があります"。To create a vault to protect any data source, the vault must be in the same region as the data source.

      重要

      データ ソースの場所がわからない場合は、ダイアログ ボックスを閉じます。If you're not sure of the location of your data source, close the dialog box. ポータルの自分のリソースの一覧に移動します。Go to the list of your resources in the portal. 複数のリージョンにデータ ソースがある場合は、リージョンごとに Recovery Services コンテナーを作成します。If you have data sources in multiple regions, create a Recovery Services vault for each region. まず最初の場所にコンテナーを作成してから、別の場所にコンテナーを作成します。Create the vault in the first location before you create the vault for another location. バックアップ データを格納するためにストレージ アカウントを指定する必要はありません。There's no need to specify storage accounts to store the backup data. Recovery Services コンテナーと Azure Backup で自動的に処理されます。The Recovery Services vault and Azure Backup handle that automatically.

  5. 値を指定したら、 [確認と作成] を選択します。After providing the values, select Review + create.

    Recovery Services コンテナーを作成するプロセスにおける [確認と作成] ボタンのスクリーンショット。

  6. Recovery Services コンテナーを作成する準備ができたら、 [作成] を選択します。When you're ready to create the Recovery Services vault, select Create.

    [Recovery Services コンテナー] を作成する

    Recovery Services コンテナーの作成に時間がかかることがあります。It can take a while to create the Recovery Services vault. [通知] 領域 (ポータルの右上隅) で、状態の通知を監視します。Monitor the status notifications in the Notifications area at the upper-right corner of the portal. コンテナーが作成されると、Recovery Services コンテナーの一覧に表示されます。After your vault is created, it's visible in the list of Recovery Services vaults. コンテナーが表示されない場合は、 [最新の情報に更新] を選択します。If you don't see your vault, select Refresh.

    バックアップ コンテナーの一覧を更新する

重要

コンテナーでバックアップを構成する前に、 [ストレージ レプリケーションの種類][セキュリティ設定] の既定の設定を確認することを強くお勧めします。We highly recommend you review the default settings for Storage Replication type and Security settings before configuring backups in the vault. 詳細については、「ストレージ冗長性の設定」セクションを参照してください。For more information, see the Set Storage redundancy section.

コンテナーのストレージ冗長性を設定するSet storage redundancy for the vault

Recovery Services コンテナーを作成する際は、必要に応じてストレージの冗長性が構成されるようにしてください。When you create a Recovery Services vault, make sure storage redundancy is configured the way you want.

  1. [Recovery Services コンテナー] ウィンドウで、新しいコンテナーを選択します。From the Recovery Services vaults pane, select the new vault.

    Recovery Services コンテナーの一覧から新しいコンテナーを選択する

    コンテナーを選択すると、 [Recovery Services コンテナー] ウィンドウが縮小され、設定ウィンドウ ("上部にコンテナー名が表示されています") とコンテナーの詳細ウィンドウが開きます。When you select the vault, the Recovery Services vault pane narrows, and the Settings pane (which has the name of the vault at the top) and the vault details pane open.

    新しいコンテナーのストレージ構成を表示する

  2. 新しいコンテナーの設定ウィンドウで、垂直スライドを使って下へスクロールして [管理] セクションに移動し、 [バックアップ インフラストラクチャ] を選択します。In the new vault's Settings pane, use the vertical slide to scroll down to the Manage section, and select Backup Infrastructure. [バックアップ インフラストラクチャ] ペインが開きます。The Backup Infrastructure pane opens.

  3. [バックアップ インフラストラクチャ] ウィンドウで、 [バックアップ構成] を選択して [バックアップ構成] ウィンドウを開きます。In the Backup Infrastructure pane, select Backup Configuration to open the Backup Configuration pane.

    新しいコンテナーのストレージ構成を設定する

  4. コンテナーの適切なストレージ レプリケーション オプションを選択します。Choose the appropriate storage replication option for your vault.

    ストレージ構成の選択

    既定では、コンテナーには geo 冗長ストレージがあります。By default, your vault has geo-redundant storage. プライマリ バックアップ ストレージ エンドポイントとして Azure を使用する場合は、引き続き [geo 冗長] を使用します。If you use Azure as a primary backup storage endpoint, continue to use Geo-redundant. プライマリ バックアップ ストレージ エンドポイントとして Azure を使用しない場合、 [ローカル冗長] を選択します。これにより、Azure Storage のコストを削減できます。If you don't use Azure as a primary backup storage endpoint, then choose Locally-redundant, which reduces the Azure storage costs. geo 冗長ストレージ、ローカル冗長ストレージ、ゾーン冗長ストレージの各オプションの詳細については、ストレージ冗長性の概要に関するこちらの記事を参照してください。Read more about geo-redundant, locally redundant and zone-redundant storage options in this Storage redundancy overview.

コンテナーを作成したら、Windows のシステム状態をバックアップするための構成を行います。Now that you've created a vault, configure it for backing up Windows System State.

コンテナーの構成Configure the vault

  1. Recovery Services コンテナー (先ほど作成したコンテナー) のウィンドウの [作業の開始] セクションで [バックアップ] を選択し、 [バックアップ作業の開始] ウィンドウで、 [バックアップの目標] を選択します。On the Recovery Services vault pane (for the vault you just created), in the Getting Started section, select Backup, then on the Getting Started with Backup pane, select Backup goal.

    バックアップ設定を開く

    [バックアップの目標] ウィンドウが開きます。The Backup Goal pane opens.

    バックアップの目標ウィンドウを開く

  2. [ワークロードはどこで実行されていますか?] ボックスの一覧の [オンプレミス] を選択します。From the Where is your workload running? drop-down menu, select On-premises.

    Windows Server または Windows コンピューターが Azure にない物理マシンであるため、 [オンプレミス] を選択します。You choose On-premises because your Windows Server or Windows computer is a physical machine that isn't in Azure.

  3. [何をバックアップしますか?] メニューの [システム状態] を選択し、 [OK] を選択します。From the What do you want to back up? menu, select System State, and select OK.

    ファイルとフォルダーの構成

    [OK] を選択すると、 [バックアップの目標] の横にチェックマークが表示され、 [インフラストラクチャの準備] ウィンドウが開きます。After selecting OK, a checkmark appears next to Backup goal, and the Prepare infrastructure pane opens.

    バックアップの目標の構成完了、次はインフラストラクチャの準備

  4. [インフラストラクチャの準備] ウィンドウで、 [Windows Server または Windows クライアント用エージェントのダウンロード] を選択します。On the Prepare infrastructure pane, select Download Agent for Windows Server or Windows Client.

    インフラストラクチャの準備

    Windows Server Essentials を使用している場合は、Windows Server Essentials 用エージェントのダウンロードを選択します。If you're using Windows Server Essential, then choose to download the agent for Windows Server Essential. MARSAgentInstaller.exe を実行するか、保存するかをたずねるポップアップ メニューが表示されます。A pop-up menu prompts you to run or save MARSAgentInstaller.exe.

    MARSAgentInstaller ダイアログ

  5. ダウンロードのポップアップ メニューで、 [保存] を選択します。In the download pop-up menu, select Save.

    既定では、 MARSagentinstaller.exe ファイルがダウンロード フォルダーに保存されます。By default, the MARSagentinstaller.exe file is saved to your Downloads folder. インストーラーのダウンロードが完了すると、インストーラーを実行するかフォルダーを開くかをたずねるポップアップが表示されます。When the installer completes, you'll see a pop-up asking if you want to run the installer, or open the folder.

    MARS インストーラーのダウンロードが完了

    まだ、エージェントをインストールする必要はありません。You don't need to install the agent yet. エージェントは、コンテナー資格情報をダウンロードした後にインストールできます。You can install the agent after you've downloaded the vault credentials.

  6. [インフラストラクチャの準備] ウィンドウで、 [ダウンロード] を選択します。On the Prepare infrastructure pane, select Download.

    コンテナー資格情報のダウンロード

    コンテナー資格情報は、ダウンロード フォルダーにダウンロードされます。The vault credentials download to your Downloads folder. コンテナー資格情報のダウンロードが完了すると、資格情報を開くか保存するかをたずねるポップアップが表示されます。After the vault credentials finish downloading, you'll see a pop-up asking if you want to open or save the credentials. [保存] を選択します。Select Save. 誤って [開く] を選択すると、コンテナー資格情報を開こうとして失敗します。If you accidentally select Open, let the dialog that attempts to open the vault credentials, fail. コンテナー資格情報を開くことはできません。You won't be able to open the vault credentials. 次の手順に進みます。Continue to the next step. コンテナー資格情報はダウンロード フォルダーにあります。The vault credentials are in the Downloads folder.

    コンテナー資格情報のダウンロード完了

    注意

    コンテナー資格情報は、エージェントを使用しようとしている Windows Server に対してローカルな場所にのみ保存する必要があります。The vault credentials must be saved only to a location that's local to the Windows Server on which you intend to use the agent.

MARS エージェントをアップグレードするUpgrade the MARS Agent

2.0.9083.0 より前のバージョンの Microsoft Azure Recovery Service (MARS) エージェントには、Azure Access Control Service との依存関係があります。Versions of the Microsoft Azure Recovery Services (MARS) Agent below 2.0.9083.0 have a dependency on the Azure Access Control service. MARS エージェントは、Azure Backup エージェントとも呼ばれます。The MARS Agent is also referred to as the Azure Backup Agent.

2018 年に、Microsoft では、Azure Access Control Service (ACS) が非推奨になりましたIn 2018, Microsoft deprecated the Azure Access Control service. 2018 年 3 月 19 日以降、2.0.9083.0 より前のすべてのバージョンの MARS エージェントでバックアップが失敗します。Beginning March 19, 2018, all versions of the MARS Agent below 2.0.9083.0 will experience backup failures. バックアップの失敗を回避または解決するには MARS エージェントを最新バージョンにアップグレードします。To avoid or resolve backup failures, upgrade your MARS Agent to the latest version. MARS エージェントのアップグレードが必要なサーバーを識別するには、「Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェントのアップグレード」の手順に従ってください。To identify servers that require a MARS Agent upgrade, follow the steps in Upgrade the Microsoft Azure Recovery Services (MARS) agent.

MARS エージェントは、ファイル、フォルダー、およびシステム状態データを Azure にバックアップするために使用します。The MARS Agent is used to back up files and folders and system state data to Azure. System Center DPM および Azure Backup Server は、MARS エージェントを使用してデータを Azure にバックアップします。System Center DPM and Azure Backup Server use the MARS Agent to back up data to Azure.

エージェントをインストールして登録するInstall and register the agent

注意

Azure portal を使用してバックアップを有効にすることはできません。Enabling backup through the Azure portal isn't available. Microsoft Azure Recovery Services エージェントを使用して、Windows Server のシステム状態をバックアップしてください。Use the Microsoft Azure Recovery Services Agent to back up Windows Server System State.

  1. ダウンロード フォルダー (または他の保存場所) で MARSagentinstaller.exe を見つけて、ダブルクリックします。Locate and double-click the MARSagentinstaller.exe from the Downloads folder (or other saved location).

    インストーラーは一連のメッセージを表示しながら、Recovery Services エージェントの抽出、インストール、登録を実行します。The installer provides a series of messages as it extracts, installs, and registers the Recovery Services agent.

    Recovery Services エージェントのインストーラーの実行

  2. Microsoft Azure Recovery Services エージェント セットアップ ウィザードを実行します。Complete the Microsoft Azure Recovery Services Agent Setup Wizard. ウィザードでは以下のことを行う必要があります。To complete the wizard, you need to:

    • インストールとキャッシュ フォルダーの場所を選択します。Choose a location for the installation and cache folder.

    • プロキシ サーバーを使用してインターネットに接続する場合は、プロキシ サーバーの情報を指定します。Provide your proxy server info if you use a proxy server to connect to the internet.

    • 認証済みのプロキシを使用する場合は、ユーザー名とパスワードの詳細を入力します。Provide your user name and password details if you use an authenticated proxy.

    • ダウンロードしたコンテナーの資格情報を指定します。Provide the downloaded vault credentials

    • 暗号化パスフレーズを安全な場所に保存します。Save the encryption passphrase in a secure location.

      注意

      パスフレーズを紛失または忘れた場合、Microsoft がバックアップ データの回復を支援することはできません。If you lose or forget the passphrase, Microsoft can't help recover the backup data. 安全な場所にファイルを保存してください。Save the file in a secure location. バックアップを復元するために必要です。It's required to restore a backup.

エージェントがインストールされ、コンピューターがコンテナーに登録されました。The agent is now installed and your machine is registered to the vault. バックアップを構成してスケジュールする準備ができました。You're ready to configure and schedule your backup.

Windows Server のシステム状態のバックアップBack up Windows Server System State

初回バックアップには、次の 2 つのタスクが含まれています。The initial backup includes two tasks:

  • バックアップのスケジュールSchedule the backup
  • 初めてのシステム状態のバックアップBack up System State for the first time

初回バックアップを実行するには、Microsoft Azure Recovery Services エージェントを使用します。To complete the initial backup, use the Microsoft Azure Recovery Services agent.

注意

Windows Server 2016 を使用して、Windows Server 2008 R2 のシステム状態をバックアップできます。You can back up System State on Windows Server 2008 R2 through Windows Server 2016. クライアント SKU では、システム状態のバックアップはサポートされていません。System State back up isn't supported on client SKUs. システム状態は、Windows クライアント、または Windows Server 2008 SP2 マシンのオプションとしては表示されません。System State isn't shown as an option for Windows clients, or Windows Server 2008 SP2 machines.

バックアップ ジョブのスケジュールを設定するにはTo schedule the backup job

  1. Microsoft Azure Recovery Services エージェントを開きます。Open the Microsoft Azure Recovery Services agent. エージェントは、コンピューターで Microsoft Azure Backupを検索すると見つかります。You can find it by searching your machine for Microsoft Azure Backup.

    Launch the Azure Recovery Services agent

  2. Recovery Services エージェントで、 [バックアップのスケジュール] を選択します。In the Recovery Services agent, select Schedule Backup.

    Schedule a Windows Server backup

  3. バックアップのスケジュール ウィザードの [作業の開始] ページで、 [次へ] を選択します。On the Getting started page of the Schedule Backup Wizard, select Next.

  4. [バックアップする項目の選択] ページで、 [項目の追加] を選択します。On the Select Items to Backup page, select Add Items.

  5. [システム状態] を選択し、 [OK] を選択します。Select System State and then select OK.

  6. [次へ] を選択します。Select Next.

  7. 後続のページで、必要なバックアップの頻度およびシステム状態のバックアップの保持ポリシーを選択します。Select the required Backup frequency and the retention policy for your System State backups in the subsequent pages.

  8. [確認] ページで情報を確認し、 [完了] を選択します。On the Confirmation page, review the information, and then select Finish.

  9. ウィザードでバックアップ スケジュールの作成が完了したら、 [閉じる] を選択します。After the wizard finishes creating the backup schedule, select Close.

初めて Windows Server のシステム状態をバックアップするにはTo back up Windows Server System State for the first time

  1. Windows Server に、再起動を伴う保留中の更新が存在しないことを確認します。Make sure there are no pending updates for Windows Server that require a reboot.

  2. Recovery Services エージェントで [今すぐバックアップ] を選択して、ネットワーク経由での最初のシード処理を完了します。In the Recovery Services agent, select Back Up Now to complete the initial seeding over the network.

    Windows Server を今すぐバックアップする

  3. 表示される [Select Backup Item](バックアップ項目の選択) 画面で [システム状態] を選択し、 [次へ] を選択します。Select System State on the Select Backup Item screen that appears and select Next.

  4. [確認] ページで、今すぐバックアップ ウィザードによってコンピューターのバックアップに使用される設定を確認します。On the Confirmation page, review the settings that the Back Up Now Wizard will use to back up the machine. 次に、 [バックアップ] を選択します。Then select Back Up.

  5. [閉じる] を選択してウィザードを閉じます。Select Close to close the wizard. バックアップ プロセスが完了する前にウィザードを閉じても、ウィザードはバックグラウンドで引き続き実行されます。If you close the wizard before the backup process finishes, the wizard continues to run in the background.

    注意

    MARS エージェントは、各システム状態のバックアップの前に、事前チェックの一部として SFC /verifyonly をトリガーします。The MARS Agent triggers SFC /verifyonly as part of the prechecks before every system state backup. これは、システム状態の一部としてバックアップされるファイルが、Windows のバージョンに対応する正しいバージョンを持つことを確認するためのものです。This is to ensure that files backed up as part of System State have the correct versions corresponding to the Windows version. システム ファイル チェッカー (SFC) の詳細については こちらの記事を参照してください。Learn more about System File Checker (SFC) in this article.

初回バックアップが完了すると、 [ジョブは完了しました] 状態が Backup コンソールに表示されます。After the initial backup is completed, the Job completed status appears in the Backup console.

IR complete

疑問がある場合Questions?

ご質問がある場合は、フィードバックをお送りください。If you have questions, send us feedback.

次のステップNext steps