Azure 仮想マシンのバックアップ (クラシック ポータル)Back up Azure virtual machines (classic portal)

この記事では、クラシック デプロイの Azure Virtual Machines (VM) をバックアップ コンテナーにバックアップする手順を説明しています。This article provides the procedures for backing up a Classic-deployed Azure virtual machine (VM) to a Backup vault. Azure 仮想マシンをバックアップする前にいくつかの作業を行う必要があります。There are a few tasks you need to take care of before you can back up an Azure virtual machine. まだそれを行っていない場合は、 前提条件 を満たして、VM をバックアップできるように環境を準備します。If you haven't already done so, complete the prerequisites to prepare your environment for backing up your VMs.

詳細については、「Azure における VM バックアップ インフラストラクチャの計画を立てる」と Azure Virtual Machines に関するページを参照してください。For additional information, see the articles on planning your VM backup infrastructure in Azure and Azure virtual machines.

注意

Azure には、リソースの作成と操作に関して 2 種類のデプロイ モデルがあります: Resource Manager デプロイ モデルとクラシック デプロイ モデルです。Azure has two deployment models for creating and working with resources: Resource Manager and Classic. バックアップ コンテナーで保護できるのは、クラシック モデルでデプロイされた VM だけです。A Backup vault can only protect Classic-deployed VMs. Resource Manager モデルでデプロイされた VM をバックアップ コンテナーで保護することはできません。You cannot protect Resource Manager-deployed VMs with a Backup vault. Recovery Services コンテナーの操作について詳しくは、Recovery Services コンテナーへの VM のバックアップに関するページをご覧くださいSee Back up VMs to Recovery Services vault for details on working with Recovery Services vaults.

Azure 仮想マシンのバックアップには、次の 3 つの主要な手順が含まれます。Backing up Azure virtual machines involves three key steps:

Azure IaaS VM をバックアップする 3 つのステップ

注意

仮想マシンのバックアップはローカルな処理です。Backing up virtual machines is a local process. あるリージョンの仮想マシンを別のリージョンのバックアップ コンテナーにバックアップすることはできません。You cannot back up virtual machines in one region to a backup vault in another region. そのため、各 Azure リージョン (バックアップ対象の仮想マシンが存在する) にバックアップ コンテナーを作成する必要があります。So, you must create a backup vault in each Azure region, where there are VMs that will be backed up.

重要

2017 年 3 月以降、クラシック ポータルを使用してバックアップ コンテナーを作成することはできなくなります。Starting March 2017, you can no longer use the classic portal to create Backup vaults. Backup コンテナーを Recovery Services コンテナーにアップグレードできるようになりました。You can now upgrade your Backup vaults to Recovery Services vaults. 詳細については、「Backup コンテナーを Recovery Services コンテナーにアップグレードする」を参照してください。For details, see the article Upgrade a Backup vault to a Recovery Services vault. Backup コンテナーを Recovery Services コンテナーにアップグレードすることをお勧めします。Microsoft encourages you to upgrade your Backup vaults to Recovery Services vaults.
2017 年 11 月 30 日以降、PowerShell を使用して Backup コンテナーを作成することはできなくなります。After November 30, 2017, you will not be able to use PowerShell to create Backup vaults. 2017 年 11 月 30 日まで:By November 30, 2017:

  • 残っているすべての Backup コンテナーは、自動的に Recovery Services コンテナーにアップグレードされます。All remaining Backup vaults will be automatically upgraded to Recovery Services vaults.
  • クラシック ポータルでバックアップ データにアクセスすることはできなくなります。You won't be able to access your backup data in the classic portal. 代わりに、Azure Portal を使用して、Recovery Services コンテナーのバックアップ データにアクセスしてください。Instead, use the Azure portal to access your backup data in Recovery Services vaults.

手順 1. Azure 仮想マシンを検出するStep 1 - Discover Azure virtual machines

サブスクリプションに追加された新しい仮想マシン (VM) が登録前に確実に識別されるようにするには、検出プロセスを実行してください。To ensure any new virtual machines (VMs) added to the subscription are identified before registering, run the discovery process. このプロセスでは、サブスクリプションに含まれる仮想マシンの一覧を、クラウド サービス名、リージョンなどの追加情報と共に Azure に照会します。The process queries Azure for the list of virtual machines in the subscription, along with additional information like the cloud service name and the region.

  1. クラシック ポータルSign in to the Classic portal
  2. Azure サービスの一覧で、[Recovery Services] をクリックして、Backup コンテナーおよび Site Recovery コンテナーの一覧を開きます。In the list of Azure services, click Recovery Services to open the list of Backup and Site Recovery vaults. コンテナーの一覧を開くOpen vault list
  3. バックアップ コンテナーの一覧で、VM をバックアップするコンテナーを選択します。In the list of Backup vaults, select the vault to back up a VM.

    これが新しいコンテナーの場合、ポータルで クイック スタート ページが開きます。If this is a new vault the portal opens to the Quick Start page.

    [登録済みの項目] メニューを開く

    コンテナーが既に構成されている場合は、ポータルで最近使用したメニューが開きます。If the vault has previously been configured, the portal opens to the most recently used menu.

  4. ページの上部にあるコンテナー メニューで、 [登録済みの項目]をクリックします。From the vault menu (at the top of the page), click Registered Items.

    [登録済みの項目] メニューを開く

  5. [種類] メニューの [Azure 仮想マシン] を選択します。From the Type menu, select Azure Virtual Machine.

    Select workload

  6. ページの下部にある [検出] をクリックします。Click DISCOVER at the bottom of the page. [検出] ボタンDiscover button

    仮想マシンが集計されるまで、この検出プロセスに数分かかる場合があります。The discovery process may take a few minutes while the virtual machines are being tabulated. プロセスが実行中であることを知らせる通知が画面の下部に表示されます。There is a notification at the bottom of the screen that lets you know that the process is running.

    Discover VMs

    プロセスが完了すると、通知が変更されます。The notification changes when the process is complete. 検出プロセスで仮想マシンが見つからなかった場合は、まず、VM が存在することを確認します。If the discovery process did not find the virtual machines, first ensure the VMs exist. VM が存在する場合、VM がバックアップ コンテナーと同じリージョンであることを確認します。If the VMs exist, ensure the VMs are in the same region as the backup vault. VM が存在し、リージョンも同じである場合は、VM がバックアップ コンテナーにまだ登録されていないことを確認します。If the VMs exist and are in the same region, ensure the VMs are not already registered to a backup vault. VM がバックアップ コンテナーに割り当てられている場合、他のバックアップ コンテナーに割り当てることはできません。If a VM is assigned to a backup vault it is not available to be assigned to other backup vaults.

    Discovery done

    新しい項目が検出されたら、手順 2. に進んで VM を登録します。Once you have discovered the new items, go to Step 2 and register your VMs.

手順 2. Azure 仮想マシンを登録するStep 2 - Register Azure virtual machines

Azure Backup サービスに関連付けるために、Azure 仮想マシンを登録します。You register an Azure virtual machine to associate it with the Azure Backup service. 登録は、通常、1 回限りの操作です。This is typically a one-time activity.

  1. Azure Portal の [Recovery Services] にあるバックアップ コンテナーに移動し、[登録済みの項目] をクリックします。Navigate to the backup vault under Recovery Services in the Azure portal, and then click Registered Items.
  2. ドロップダウン メニューから [Azure 仮想マシン] を選択します。Select Azure Virtual Machine from the drop-down menu.

    Select workload

  3. ページの下部にある [登録] をクリックします。Click REGISTER at the bottom of the page. [登録] ボタンRegister button
  4. [項目の登録] ショートカット メニューで、登録する仮想マシンを選択します。In the Register Items shortcut menu, select the virtual machines that you want to register. 同じ名前の仮想マシンが 2 つ以上ある場合は、クラウド サービスを使用して仮想マシンを区別します。If there are two or more virtual machines with the same name, use the cloud service to distinguish between them.

    ヒント

    一度に複数の仮想マシンを登録することができます。Multiple virtual machines can be registered at one time.

    選択した仮想マシンごとにジョブが作成されます。A job is created for each virtual machine that you've selected.

  5. 通知内の [ジョブの表示] をクリックして [ジョブ] ページに移動します。Click View Job in the notification to go to the Jobs page.

    Register job

    仮想マシンが登録済みの項目の一覧にも、登録操作の状態と共に表示されます。The virtual machine also appears in the list of registered items, along with the status of the registration operation.

    登録状態 1

    操作が完了すると、状態が変更され、" 登録済み " 状態が反映されます。When the operation completes, the status changes to reflect the registered state.

    登録状態 2

手順 3. Azure 仮想マシンを保護するStep 3 - Protect Azure virtual machines

この手順で、仮想マシンのバックアップおよび保持に関するポリシーを設定でます。Now you can set up a backup and retention policy for the virtual machine. 1 回の保護操作で複数の仮想マシンを保護できます。Multiple virtual machines can be protected by using a single protect action.

2015 年 5 月以降に作成された Azure Backup コンテナーには、既定のポリシーが組み込まれています。Azure Backup vaults created after May 2015 come with a default policy built into the vault. この既定のポリシーには、30 日間の既定の保持期間と 1 日 1 回のバックアップ スケジュールが含まれています。This default policy comes with a default retention of 30 days and a once-daily backup schedule.

  1. Azure Portal の [Recovery Services] にあるバックアップ コンテナーに移動し、[登録済みの項目] をクリックします。Navigate to the backup vault under Recovery Services in the Azure portal, and then click Registered Items.
  2. ドロップダウン メニューから [Azure 仮想マシン] を選択します。Select Azure Virtual Machine from the drop-down menu.

    ポータルでのワークロードの選択

  3. ページの下部にある [保護] をクリックします。Click PROTECT at the bottom of the page.

    項目の保護ウィザード が表示されます。The Protect Items wizard appears. このウィザードには、保護されていない登録済みの仮想マシンのみが一覧表示されます。The wizard only lists virtual machines that are registered and not protected. 保護する仮想マシンを選択します。Select the virtual machines that you want to protect.

    同じ名前の仮想マシンが 2 つ以上ある場合は、クラウド サービスを使用して仮想マシンを区別します。If there are two or more virtual machines with the same name, use the cloud service to distinguish between the virtual machines.

    ヒント

    一度に複数の仮想マシンを保護できます。You can protect multiple virtual machines at one time.

    保護をスケールで構成

  4. 選択した仮想マシンをバックアップするための [バックアップ スケジュール] を選択します。Choose a backup schedule to back up the virtual machines that you've selected. 既存のポリシーのセットから選択することも、新しいポリシーを定義することもできます。You can pick from an existing set of policies or define a new one.

    各バックアップ ポリシーには、複数の仮想マシンを関連付けることができます。Each backup policy can have multiple virtual machines associated with it. ただし、仮想マシンは常に 1 つのポリシーにしか関連付けることができません。However, the virtual machine can only be associated with one policy at any given point in time.

    新しいポリシーで保護

    注意

    バックアップ ポリシーには、スケジュールされたバックアップの保持スキーマが含まれています。A backup policy includes a retention scheme for the scheduled backups. 既存のバックアップ ポリシーを選択した場合は、次の手順で保持期間オプションを変更することができません。If you select an existing backup policy, you cannot modify the retention options in the next step.

  5. バックアップに関連付ける 保持期間 を選択します。Choose a retention range to associate with the backups.

    フレキシブルな保持期間で保護

    バックアップを保存する期間は保持ポリシーで指定します。Retention policy specifies the length of time for storing a backup. バックアップが作成されたタイミングに応じて異なる保持ポリシーを指定することができます。You can specify different retention policies based on when the backup is taken. たとえば、毎日実行されるバックアップ ポイント (運用上の復旧ポイントとして機能) が 90 日間保持されるとします。For example, a backup point taken daily (which serves as an operational recovery point) might be preserved for 90 days. これに対して、各四半期の最後に実行されるバックアップ ポイント (監査用) は、何か月も、または何年も保持することが必要な場合があります。In comparison, a backup point taken at the end of each quarter (for audit purposes) may need to be preserved for many months or years.

    復旧ポイントを作成した後の仮想マシンのバックアップ

    この画像の例の場合:In this example image:

    • 日ごとの保持ポリシー: バックアップは毎日作成され、30 日間保持されます。Daily retention policy: Backups taken daily are stored for 30 days.
    • 週ごとの保持ポリシー: バックアップは毎週日曜日に作成され、104 週間保持されます。Weekly retention policy: Backups taken every week on Sunday are preserved for 104 weeks.
    • 月ごとの保持ポリシー: バックアップは各月の最後の日曜日に作成され、120 か月保持されます。Monthly retention policy: Backups taken on the last Sunday of each month are preserved for 120 months.
    • 年ごとの保持ポリシー: バックアップは毎年 1 月の最初の日曜日に作成され、99 年間保持されます。Yearly retention policy: Backups taken on the first Sunday of every January are preserved for 99 years.

      選択した仮想マシンごとに、保護ポリシーを構成して仮想マシンをポリシーに関連付けるためのジョブが作成されます。A job is created to configure the protection policy and associate the virtual machines to that policy for each virtual machine that you've selected.

  6. 保護の構成ジョブの一覧を表示するには、資格情報コンテナー メニューで [ジョブ] をクリックし、[操作] フィルターから [保護の構成] を選択します。To view the list of Configure Protection jobs, from the vaults menu, click Jobs and select Configure Protection from the Operation filter.

    保護の構成ジョブ

初回バックアップInitial backup

ポリシーを使用して保護した仮想マシンは、 [保護された項目] タブに表示され、保護の状態は [保護済み (初回バックアップは完了していません)]と表示されます。Once the virtual machine is protected with a policy, it shows up under the Protected Items tab with the status of Protected - (pending initial backup). 既定では、スケジュールされた最初のバックアップが 初回バックアップとなります。By default, the first scheduled backup is the initial backup.

保護を構成した直後に初回バックアップをトリガーするには:To trigger the initial backup immediately after configuring protection:

  1. [保護された項目] ページの下部にある [今すぐバックアップ] をクリックします。At the bottom of the Protected Items page, click Backup Now.

    Azure Backup サービスによって、初回バックアップ操作用にバックアップ ジョブが作成されます。The Azure Backup service creates a backup job for the initial backup operation.

  2. [ジョブ] タブをクリックしてジョブの一覧を表示します。Click the Jobs tab to view the list of jobs.

    バックアップが進行中

注意

Azure Backup サービスは、バックアップ操作中に、各仮想マシンのバックアップ拡張機能に対して、すべての書き込みジョブをフラッシュし、整合性のあるスナップショットを作成するためのコマンドを発行します。During the backup operation, the Azure Backup service issues a command to the backup extension in each virtual machine to flush all write jobs and take a consistent snapshot.

初回バックアップが完了すると、 [保護された項目] タブの仮想マシンの状態が [保護済み]になります。When the initial backup finishes, the status of the virtual machine in the Protected Items tab is Protected.

復旧ポイントを作成した後の仮想マシンのバックアップ

バックアップの状態と詳細の表示Viewing backup status and details

仮想マシンが保護されると、 [ダッシュボード] ページの概要に示される仮想マシンの数が増加します。Once protected, the virtual machine count also increases in the Dashboard page summary. [ダッシュボード] ページには、過去 24 時間の間に "成功したジョブ"、"失敗したジョブ"、"現在進行中のジョブ" の数も表示されます。The Dashboard page also shows the number of jobs from the last 24 hours that were successful, have failed, and are in progress. [ジョブ] ページで、[状態][操作]、または [開始][終了] の各メニューを使用して、ジョブをフィルター処理します。On the Jobs page, use the Status, Operation, or From and To menus to filter the jobs.

[ダッシュボード] ページのバックアップの状態

ダッシュボード内の値は、24 時間に 1 度更新されます。Values in the dashboard are refreshed once every 24 hours.

エラーのトラブルシューティングTroubleshooting errors

仮想マシンのバックアップ中に問題が発生した場合は、VM のトラブルシューティングに関する記事をご覧ください。If you run into issues while backing up your virtual machine, look at the VM troubleshooting article for help.

次のステップNext steps