Azure Backup の各機能の概要Overview of the features in Azure Backup

Azure Backup は、Microsoft Cloud のデータのバックアップ (または保護) と復元に使用できる、Azure ベースのサービスです。Azure Backup is the Azure-based service you can use to back up (or protect) and restore your data in the Microsoft cloud. Azure Backup では、既存のオンプレミスまたはオフサイトのバックアップ ソリューションを、信頼性の高い、セキュリティで保護された、コスト競争力のあるクラウド ベースのソリューションに置き換えます。Azure Backup replaces your existing on-premises or off-site backup solution with a cloud-based solution that is reliable, secure, and cost-competitive. Azure Backup には複数のコンポーネントが用意されており、これを適切なコンピューター、サーバー、またはクラウドにダウンロードしてデプロイします。Azure Backup offers multiple components that you download and deploy on the appropriate computer, server, or in the cloud. デプロイするコンポーネント (エージェント) は、何を保護するかによって決まります。The component, or agent, that you deploy depends on what you want to protect. Azure の Recovery Services コンテナーにデータをバックアップするときは、すべての Azure Backup コンポーネントを使用できます (保護対象がオンプレミス データかクラウドのデータかに関係なく)。All Azure Backup components (no matter whether you're protecting data on-premises or in the cloud) can be used to back up data to a Recovery Services vault in Azure. 特定のデータを保護するときに使用するコンポーネントについては、Azure Backup コンポーネントの表 (この記事で後述) を参照してください。See the Azure Backup components table (later in this article) for information about which component to use to protect specific data, applications, or workloads.

Azure Backup の概要に関するビデオWatch a video overview of Azure Backup

Azure Backup を使用する理由Why use Azure Backup?

従来のバックアップ ソリューションは、クラウドを、ディスクやテープなどのエンドポイント (静的なストレージ先) のように扱えるように進化してきました。Traditional backup solutions have evolved to treat the cloud as an endpoint, or static storage destination, similar to disks or tape. この方法は簡単ですが、制限もあります。たとえば、基盤となるクラウド プラットフォームを最大限に活用できないため、非効率的でコストの高いソリューションになってしまいます。While this approach is simple, it is limited and doesn't take full advantage of an underlying cloud platform, which translates to an expensive, inefficient solution. また、結局は間違った種類のストレージや不要なストレージに支払いが発生することで高くつくソリューションや、Other solutions are expensive because you end up paying for the wrong type of storage, or storage that you don't need. 必要なストレージを必要な分だけ提供できない、管理タスクに時間がかかりすぎる、などの理由で、効率性に欠けるソリューションもあります。Other solutions are often inefficient because they don't offer you the type or amount of storage you need, or administrative tasks require too much time. これに対し、Azure Backup には次の利点があります。In contrast, Azure Backup delivers these key benefits:

ストレージ管理の自動化 - ハイブリッド環境では、多くの場合、異種混在のストレージが必要です。つまり、ストレージの一部はオンプレミスに、一部はクラウドに存在していなければなりません。Automatic storage management - Hybrid environments often require heterogeneous storage - some on-premises and some in the cloud. Azure Backup では、オンプレミスのストレージ デバイスを使用するためのコストはありません。With Azure Backup, there is no cost for using on-premises storage devices. Azure Backup は、従量制課金モデルを使用して、バックアップ ストレージを自動的に割り当てて管理します。Azure Backup automatically allocates and manages backup storage, and it uses a pay-as-you-use model. 従量制課金とは、使用したストレージについてのみ料金が発生します。Pay-as-you-use means that you only pay for the storage that you consume. 詳細については、Azure の料金に関する記事をご覧ください。For more information, see the Azure pricing article.

無制限のスケーリング - Azure Backup では、Azure クラウドの基盤となる機能と無制限のスケールを使用して、高可用性を実現します。その際、保守と監視のオーベーヘッドは発生しません。Unlimited scaling - Azure Backup uses the underlying power and unlimited scale of the Azure cloud to deliver high-availability - with no maintenance or monitoring overhead. アラートを設定して、イベントに関する情報を提供することはできますが、クラウドではデータの高可用性について心配する必要はありません。You can set up alerts to provide information about events, but you don't need to worry about high-availability for your data in the cloud.

複数のストレージ オプション - 高可用性によってストレージ レプリケーションが実現します。Multiple storage options - An aspect of high-availability is storage replication. Azure Backup には、ローカル冗長ストレージgeo 冗長ストレージの 2 種類のレプリケーションが用意されています。Azure Backup offers two types of replication: locally redundant storage and geo-redundant storage. 必要に応じて、いずれかのバックアップ ストレージ オプションを選択します。Choose the backup storage option based on need:

  • ローカル冗長ストレージ (LRS) では、同じリージョンのペアリングされているデータセンターにデータが 3 回レプリケートされます (データのコピーが 3 つ作成されます)。Locally redundant storage (LRS) replicates your data three times (it creates three copies of your data) in a paired datacenter in the same region. LRS は、ローカル ハードウェアの障害からデータを保護するための低コストのオプションです。LRS is a low-cost option for protecting your data from local hardware failures.

  • geo 冗長ストレージ (GRS) では、(ソース データのプライマリの場所から数百マイル離れた) セカンダリ リージョンにデータがレプリケートされます。Geo-redundant storage (GRS) replicates your data to a secondary region (hundreds of miles away from the primary location of the source data). GRS は LRS よりもコストがかかりますが、地域的な障害が発生しても、より高いレベルのデータ持続性が確保されます。GRS costs more than LRS, but GRS provides a higher level of durability for your data, even if there is a regional outage.

無制限のデータ転送 - 転送する受信データまたは送信データ量に制限がありません。Unlimited data transfer - Azure Backup does not limit the amount of inbound or outbound data you transfer. 転送データに対して料金は発生しません。Azure Backup also does not charge for the data that is transferred. ただし、Azure Import/Export サービスを使用して大量のデータをインポートする場合は、受信データに対してコストがかかります。However, if you use the Azure Import/Export service to import large amounts of data, there is a cost associated with inbound data. このコストの詳細については、「Azure Backup でのオフライン バックアップのワークフロー」を参照してください。For more information about this cost, see Offline-backup workflow in Azure Backup. 送信データとは、復元操作中に Recovery Services コンテナーから転送されるデータを指します。Outbound data refers to data transferred from a Recovery Services vault during a restore operation.

データの暗号化 - データの暗号化によって、パブリック クラウドでデータを安全に送信および保存できます。Data encryption - Data encryption allows for secure transmission and storage of your data in the public cloud. 暗号化パスフレーズはローカルに保存されます。転送されたり Azure に保存されたりすることはありません。You store the encryption passphrase locally, and it is never transmitted or stored in Azure. データを復元する必要がある場合、暗号化パスフレーズ (キー) を持っているのはご本人のみです。If it is necessary to restore any of the data, only you have encryption passphrase, or key.

アプリケーションの整合性のバックアップ - ファイル サーバー、仮想マシン、SQL データベースのどれをバックアップする場合でも、バックアップ コピーの復元に必要なすべてのデータが、回復ポイントにあることを把握しておく必要があります。Application-consistent backup - Whether backing up a file server, virtual machine, or SQL database, you need to know that a recovery point has all required data to restore the backup copy. Azure Backup は、アプリケーション整合性バックアップを提供することで、追加の修正なしでデータを復元できるようにします。Azure Backup provides application-consistent backups, which ensured additional fixes are not needed to restore the data. アプリケーション整合性データの復元により復元時間が短縮され、迅速に実行状態に戻ることができます。Restoring application consistent data reduces the restoration time, allowing you to quickly return to a running state.

長期保存 - バックアップ コピーをディスクからテープに切り替え、テープをオフサイトの場所に移動するのではなく、短期および長期の保存に Azure を使用できます。Long-term retention - Instead of switching backup copies from disk to tape and moving the tape to an off-site location, you can use Azure for short-term and long-term retention. Azure では、バックアップ コンテナーまたは Recovery Services コンテナーにデータを保持する時間に制限はありません。Azure doesn't limit the length of time data remains in a Backup or Recovery Services vault. 任意の期間、コンテナーにデータを保持することができます。You can keep data in a vault for as long as you like. Azure Backup では、保護されているインスタンスごとの復旧ポイントが 9,999 個に制限されます。Azure Backup has a limit of 9999 recovery points per protected instance. この制限によるバックアップのニーズへの影響の説明については、この記事の「バックアップと保持」セクションを参照してください。See the Backup and retention section in this article for an explanation of how this limit may impact your backup needs.

使用する Azure Backup コンポーネントWhich Azure Backup components should I use?

ご自身のニーズに合った Azure Backup コンポーネントがわからない場合は、次の表で、各コンポーネントの保護対象に関する情報を確認してください。If you aren't sure which Azure Backup component works for your needs, see the following table for information about what you can protect with each component. Azure Portal にはウィザードが組み込まれており、コンポーネントを選択して、ダウンロードおよびデプロイするお手伝いをします。The Azure portal provides a wizard, which is built into the portal, to guide you through choosing the component to download and deploy. このウィザードは、Recovery Services コンテナーの作成に含まれており、バックアップの目的と、保護対象のデータやアプリケーションを選択する手順を説明します。The wizard, which is part of the Recovery Services vault creation, leads you through the steps for selecting a backup goal, and choosing the data or application to protect.

コンポーネントComponent メリットBenefits 制限Limits 保護対象What is protected? バックアップの保存場所Where are backups stored?
Azure Backup (MARS) エージェントAzure Backup (MARS) agent
  • 物理または仮想 Windows OS でファイルとフォルダーをバックアップ (VM はオンプレミスまたは Azure に配置できます)Back up files and folders on physical or virtual Windows OS (VMs can be on-premises or in Azure)
  • 個別のバックアップ サーバーが不要。No separate backup server required.
  • バックアップは 1 日に 3 回Backup 3x per day
  • アプリケーション非対応。ファイル、フォルダー、およびボリューム レベルの復元のみ。Not application aware; file, folder, and volume-level restore only,
  • Linux は未サポート。No support for Linux.
  • ファイル、Files,
  • フォルダー、Folders,
  • システム状態System State
  • Recovery Services コンテナーRecovery Services vault
    System Center DPMSystem Center DPM
  • アプリケーション対応スナップショット (VSS)Application-aware snapshots (VSS)
  • 柔軟にバックアップを作成Full flexibility for when to take backups
  • 回復の単位 (すべて)Recovery granularity (all)
  • Recovery Services コンテナーを使用できるCan use Recovery Services vault
  • Hyper-V と VMware VM での Linux のサポートLinux support on Hyper-V and VMware VMs
  • DPM 2012 R2 を使用した VMware VM のバックアップと復元Back up and restore VMware VMs using DPM 2012 R2
  • Oracle ワークロードをバックアップできない。Cannot back up Oracle workload.
  • ファイル、Files,
  • フォルダー、Folders,
  • ボリューム、Volumes,
  • VM、VMs,
  • アプリケーション、Applications,
  • ワークロードWorkloads
  • Recovery Services コンテナー、Recovery Services vault,
  • ローカルに接続されたディスク、Locally attached disk,
  • テープ (オンプレミスのみ)Tape (on-premises only)
  • Azure Backup ServerAzure Backup Server
  • アプリ対応スナップショット (VSS)App aware snapshots (VSS)
  • 柔軟にバックアップを作成Full flexibility for when to take backups
  • 回復の単位 (すべて)Recovery granularity (all)
  • Recovery Services コンテナーを使用できるCan use Recovery Services vault
  • Hyper-V と VMware VM での Linux のサポートLinux support on Hyper-V and VMware VMs
  • VMware VM のバックアップと復元Back up and restore VMware VMs
  • System Center ライセンスは不要Does not require a System Center license
  • Oracle ワークロードをバックアップできない。Cannot back up Oracle workload.
  • 必ずライブ Azure サブスクリプションが必要Always requires live Azure subscription
  • テープ バックアップには非対応No support for tape backup
  • ファイル、Files,
  • フォルダー、Folders,
  • ボリューム、Volumes,
  • VM、VMs,
  • アプリケーション、Applications,
  • ワークロードWorkloads
  • Recovery Services コンテナー、Recovery Services vault,
  • ローカルに接続されたディスクLocally attached disk
  • Azure IaaS VM のバックアップAzure IaaS VM Backup
  • Windows/Linux のネイティブ バックアップNative backups for Windows/Linux
  • 特定のエージェント インストールが不要No specific agent installation required
  • バックアップ インフラストラクチャを必要としないファブリック レベルのバックアップFabric-level backup with no backup infrastructure needed
  • 1 日に 1 回 VM をバックアップBack up VMs once-a-day
  • ディスク レベルでのみ VM を復元Restore VMs only at disk level
  • オンプレミスでバックアップできないCannot back up on-premises
  • VM、VMs,
  • すべてのディスク (PowerShell を使用)All disks (using PowerShell)
  • Recovery Services コンテナーRecovery Services vault

    各コンポーネントのデプロイ シナリオWhat are the deployment scenarios for each component?

    コンポーネントComponent Azure にデプロイできる?Can be deployed in Azure? オンプレミスにデプロイできる?Can be deployed on-premises? サポートされているターゲット ストレージTarget storage supported
    Azure Backup (MARS) エージェントAzure Backup (MARS) agent

    はいYes

    Azure Backup エージェントは、Azure で実行されている任意の Windows Server VM にデプロイできます。The Azure Backup agent can be deployed on any Windows Server VM that runs in Azure.

    はいYes

    Backup エージェントは、任意の Windows Server VM または物理マシンにデプロイできます。The Backup agent can be deployed on any Windows Server VM or physical machine.

    Recovery Services コンテナーRecovery Services vault

    System Center DPMSystem Center DPM

    はいYes

    詳細については、System Center DPM を使用して Azure のワークロードを保護する方法に関するページをご覧ください。Learn more about how to protect workloads in Azure by using System Center DPM.

    はいYes

    詳細については、自社のデータセンターのワークロードと VM を保護する方法に関するページをご覧ください。Learn more about how to protect workloads and VMs in your datacenter.

    ローカルに接続されたディスク、Locally attached disk,

    Recovery Services コンテナー、Recovery Services vault,

    テープ (オンプレミスのみ)tape (on-premises only)

    Azure Backup ServerAzure Backup Server

    はいYes

    詳細については、Azure Backup Server を使用して Azure のワークロードを保護する方法に関するページをご覧ください。Learn more about how to protect workloads in Azure by using Azure Backup Server.

    はいYes

    詳細については、Azure Backup Server を使用して Azure のワークロードを保護する方法に関するページをご覧ください。Learn more about how to protect workloads in Azure by using Azure Backup Server.

    ローカルに接続されたディスク、Locally attached disk,

    Recovery Services コンテナーRecovery Services vault

    Azure IaaS VM のバックアップAzure IaaS VM Backup

    はいYes

    Azure のファブリックの一部Part of Azure fabric

    Azure のサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) 仮想マシンのバックアップに特化しています。Specialized for backup of Azure infrastructure as a service (IaaS) virtual machines.

    いいえNo

    System Center DPM を使用して、データセンターの仮想マシンをバックアップします。Use System Center DPM to back up virtual machines in your datacenter.

    Recovery Services コンテナーRecovery Services vault

    バックアップできるアプリケーションとワークロードWhich applications and workloads can be backed up?

    次の表は、Azure Backup を使用して保護できるデータとワークロードのマトリックスを示しています。The following table provides a matrix of the data and workloads that can be protected using Azure Backup. Azure Backup ソリューション列には、そのソリューションのデプロイに関するドキュメントへのリンクがあります。The Azure Backup solution column has links to the deployment documentation for that solution.

    データまたはワークロードData or Workload ソース環境Source environment Azure Backup ソリューションAzure Backup solution
    ファイルとフォルダーFiles and folders Windows ServerWindows Server

    Azure Backup エージェントAzure Backup agent,

    System Center DPM (+ Azure Backup エージェント)、System Center DPM (+ the Azure Backup agent),

    Azure Backup Server (Azure Backup エージェントを含む)Azure Backup Server (includes the Azure Backup agent)

    ファイルとフォルダーFiles and folders Windows コンピューターWindows computer

    Azure Backup エージェントAzure Backup agent,

    System Center DPM (+ Azure Backup エージェント)、System Center DPM (+ the Azure Backup agent),

    Azure Backup Server (Azure Backup エージェントを含む)Azure Backup Server (includes the Azure Backup agent)

    Hyper-V 仮想マシン (Windows)Hyper-V virtual machine (Windows) Windows ServerWindows Server

    System Center DPM (+ Azure Backup エージェント)、System Center DPM (+ the Azure Backup agent),

    Azure Backup Server (Azure Backup エージェントを含む)Azure Backup Server (includes the Azure Backup agent)

    Hyper-V 仮想マシン (Linux)Hyper-V virtual machine (Linux) Windows ServerWindows Server

    System Center DPM (+ Azure Backup エージェント)、System Center DPM (+ the Azure Backup agent),

    Azure Backup Server (Azure Backup エージェントを含む)Azure Backup Server (includes the Azure Backup agent)

    VMware 仮想マシンVMware virtual machine Windows ServerWindows Server

    System Center DPM (+ Azure Backup エージェント)、System Center DPM (+ the Azure Backup agent),

    Azure Backup Server (Azure Backup エージェントを含む)Azure Backup Server (includes the Azure Backup agent)

    の接続文字列Microsoft SQL Server Windows ServerWindows Server

    System Center DPM (+ Azure Backup エージェント)、System Center DPM (+ the Azure Backup agent),

    Azure Backup Server (Azure Backup エージェントを含む)Azure Backup Server (includes the Azure Backup agent)

    Microsoft SharePointMicrosoft SharePoint Windows ServerWindows Server

    System Center DPM (+ Azure Backup エージェント)、System Center DPM (+ the Azure Backup agent),

    Azure Backup Server (Azure Backup エージェントを含む)Azure Backup Server (includes the Azure Backup agent)

    Microsoft ExchangeMicrosoft Exchange Windows ServerWindows Server

    System Center DPM (+ Azure Backup エージェント)、System Center DPM (+ the Azure Backup agent),

    Azure Backup Server (Azure Backup エージェントを含む)Azure Backup Server (includes the Azure Backup agent)

    Azure IaaS VM (Windows)Azure IaaS VMs (Windows) Azure での実行running in Azure Azure Backup (VM 拡張機能)Azure Backup (VM extension)
    Azure IaaS VM (Linux)Azure IaaS VMs (Linux) Azure での実行running in Azure Azure Backup (VM 拡張機能)Azure Backup (VM extension)

    Linux サポートLinux support

    次の表は、Linux 対応の Azure Backup コンポーネントを示しています。The following table shows the Azure Backup components that have support for Linux.

    コンポーネントComponent Linux (Azure での動作保証済み) サポートLinux (Azure endorsed) Support
    Azure Backup (MARS) エージェントAzure Backup (MARS) agent なし (Windows ベースのエージェントのみ)No (Only Windows based agent)
    System Center DPMSystem Center DPM
  • Hyper-V および VMWare 上の Linux Guest VM のファイル整合性バックアップFile-consistent backup of Linux Guest VMs on Hyper-V and VMWare
  • Hyper-V および VMWare Linux Guest VM の VM 復元VM restore of Hyper-V and VMWare Linux Guest VMs

    "ファイル整合性バックアップは Azure VM では利用できません"File-consistent backup not available for Azure VM
  • Azure Backup ServerAzure Backup Server
  • Hyper-V および VMWare 上の Linux Guest VM のファイル整合性バックアップFile-consistent backup of Linux Guest VMs on Hyper-V and VMWare
  • Hyper-V および VMWare Linux Guest VM の VM 復元VM restore of Hyper-V and VMWare Linux Guest VMs
    "ファイル整合性バックアップは Azure VM では利用できません"File-consistent backup not available for Azure VM
  • Azure IaaS VM のバックアップAzure IaaS VM Backup 事前スクリプトおよび事後スクリプト フレームワークを使用するアプリケーション整合性バックアップApplication-consistent backup using pre-script and post-script framework
    詳細なファイルの回復Granular file recovery
    すべての VM ディスクの復元Restore all VM disks
    VM の復元VM restore

    Azure Backup での Premium Storage VM の使用Using Premium Storage VMs with Azure Backup

    Azure Backup で、Premium Storage VM が保護されます。Azure Backup protects Premium Storage VMs. Azure Premium Storage は、入出力集中型ワークロードをサポートすることを目的としたソリッド ステート ドライブ (SSD) ベースのストレージです。Azure Premium Storage is solid-state drive (SSD)-based storage designed to support I/O-intensive workloads. Premium Storage は、仮想マシン (VM) ワークロードに適しています。Premium Storage is attractive for virtual machine (VM) workloads. Premium Storage の詳細については、Premium Storage (Azure 仮想マシン ワークロード向けの高パフォーマンス ストレージ) に関する記事を参照してください。For more information about Premium Storage, see the article, Premium Storage: High-Performance Storage for Azure Virtual Machine Workloads.

    Premium Storage VM のバックアップBack up Premium Storage VMs

    Premium Storage VM をバックアップすると、Backup サービスによって、Premium Storage アカウントに "AzureBackup-" という名前の一時的なステージング場所が作成されます。While backing up Premium Storage VMs, the Backup service creates a temporary staging location, named "AzureBackup-", in the Premium Storage account. このステージング場所のサイズは、復旧ポイントのスナップショットのサイズと同じです。The size of the staging location is equal to the size of the recovery point snapshot. Premium Storage アカウントに、一時的なステージング場所として使用できる十分な空き領域があることを確認してください。Be sure the Premium Storage account has adequate free space to accommodate the temporary staging location. 詳細については、Premium Storage の制限に関する記事をご覧ください。For more information, see the article, premium storage limitations. バックアップ ジョブが完了したら、ステージングの場所は削除されます。Once the backup job finishes, the staging location is deleted. ステージングの場所に使用されるストレージの価格は、すべての Premium Storage の価格に準じます。The price of storage used for the staging location is consistent with all Premium storage pricing.

    注意

    ステージングの場所は変更または編集できません。Do not modify or edit the staging location.

    Premium Storage VM の復元Restore Premium Storage VMs

    Premium Storage VM は、Premium Storage と通常のストレージのどちらかに復元することができます。Premium Storage VMs can be restored to either Premium Storage or to normal storage. Premium Storage VM の復旧ポイントを Premium Storage に復元する方法が、復元の一般的なプロセスです。Restoring a Premium Storage VM recovery point back to Premium Storage is the typical process of restoration. ただし、Premium Storage VM の復旧ポイント Standard Storage に復元する方がコスト効率が良い場合があります。However, it can be cost effective to restore a Premium Storage VM recovery point to standard storage. このような復元は、VM の一部のファイルのみが必要な場合に利用できます。This type of restoration can be used if you need a subset of files from the VM.

    Azure Backup による管理ディスク VM の使用Using managed disk VMs with Azure Backup

    Azure Backup は、管理ディスク VM を保護します。Azure Backup protects managed disk VMs. 管理ディスクにより、仮想マシンのストレージ アカウントの管理から解放され、VM プロビジョニングが大幅に簡略化されます。Managed disks free you from managing storage accounts of virtual machines and greatly simplify VM provisioning.

    管理ディスク VM のバックアップBack up managed disk VMs

    管理ディスク上の VM のバックアップは、Resource Manager VM のバックアップと同じです。Backing up VMs on managed disks is no different than backing up Resource Manager VMs. Azure Portal では、仮想マシン ビューまたは Recovery Services コンテナー ビューから直接バックアップ ジョブを構成できます。In the Azure portal, you can configure the backup job directly from the Virtual Machine view or from the Recovery Services vault view. 管理ディスクに VM をバックアップするには、管理ディスク上に構築された RestorePoint コレクションを使用します。You can back up VMs on managed disks through RestorePoint collections built on top of managed disks. Azure Backup は、Azure Disk Encryption (ADE) を使用して暗号化された管理ディスク VM のバックアップにも対応しています。Azure Backup also supports backing up managed disk VMs encrypted using Azure Disk encryption(ADE).

    管理ディスク VM の復元Restore managed disk VMs

    Azure Backup では、完全な管理ディスク VM を復元するか、管理ディスクをストレージ アカウントに復元することができます。Azure Backup allows you to restore a complete VM with managed disks, or restore managed disks to a storage account. 管理ディスクは、復元処理中に Azure によって管理されます。Azure manages the managed disks during the restore process. 復元プロセスの一環として作成されたストレージ アカウントは、ご自身 (または顧客) が管理します。You (the customer) manage the storage account created as part of the restore process. 管理対象の暗号化された VM を復元する場合は、復元操作を開始する前に VM のキーとシークレットが Key Vault に存在している必要があります。When restoring managed encrypted VMs, the VM's keys and secrets should exist in the key vault prior to starting the restore operation.

    各 Backup コンポーネントの機能What are the features of each Backup component?

    次のセクションの各表は、各 Azure Backup コンポーネントのさまざまな機能の可用性とサポートを簡単にまとめたものです。The following sections provide tables that summarize the availability or support of various features in each Azure Backup component. 追加のサポートや詳細情報については、それぞれの表に続く説明を参照してください。See the information following each table for additional support or details.

    StorageStorage

    機能Feature Azure Backup エージェントAzure Backup agent System Center DPMSystem Center DPM Azure Backup ServerAzure Backup Server Azure IaaS VM のバックアップAzure IaaS VM Backup
    Recovery Services コンテナーRecovery Services vault あり あり あり はい
    ディスク ストレージDisk storage はい はい
    テープ ストレージTape storage はい
    圧縮Compression
    (Recovery Services コンテナー内)(in Recovery Services vault)
    あり あり はい
    増分バックアップIncremental backup はい あり あり はい
    ディスクの重複除去Disk deduplication 部分的 部分的

    table key

    Recovery Services コンテナーは、すべてのコンポーネントの中で優先されるストレージ ターゲットです。The Recovery Services vault is the preferred storage target across all components. System Center DPM と Azure Backup Server には、ローカル ディスク コピーを作成するオプションもありますが、System Center DPM and Azure Backup Server also provide the option to have a local disk copy. テープ ストレージ デバイスにデータを書き込むオプションがあるのは System Center DPM のみです。However, only System Center DPM provides the option to write data to a tape storage device.

    圧縮Compression

    必要となるストレージ使用量を削減するために、バックアップが圧縮されます。Backups are compressed to reduce the required storage space. VM 拡張機能は、圧縮が行われない唯一のコンポーネントです。The only component that does not use compression is the VM extension. VM 拡張機能では、すべてのバックアップ データがストレージ アカウントから、同じリージョンにある Recovery Services コンテナーにコピーされます。The VM extension copies all backup data from your storage account to the Recovery Services vault in the same region. データの転送時に圧縮は使用されません。No compression is used when transferring the data. 圧縮せずにデータを格納することで、使用されるストレージは若干増えますが、Transferring the data without compression slightly inflates the storage used. その復旧ポイントが必要な場合に、復元時間が短縮されます。However, storing the data without compression allows for faster restoration, should you need that recovery point.

    ディスクの重複除去Disk Deduplication

    System Center DPM または Azure Backup Server を Hyper-V 仮想マシンにデプロイすると、重複除去を利用できます。You can take advantage of deduplication when you deploy System Center DPM or Azure Backup Server on a Hyper-V virtual machine. Windows Server では、重複除去は、バックアップ ストレージとして仮想マシンに接続されている仮想ハード ディスク (VHD) 上で (ホスト レベルで) 実行されます。Windows Server performs data deduplication (at the host level) on virtual hard disks (VHDs) that are attached to the virtual machine as backup storage.

    注意

    Azure では、どの Backup コンポーネントについても重複除去を使用できません。Deduplication is not available in Azure for any Backup component. System Center DPM と Backup Server が Azure にデプロイされている場合は、VM に接続されているストレージ ディスクを重複除去できません。When System Center DPM and Backup Server are deployed in Azure, the storage disks attached to the VM cannot be deduplicated.

    増分バックアップの説明Incremental backup explained

    ターゲット ストレージの種類 (ディスク、テープ、Recovery Services コンテナー) にかかわらず、すべての Azure Backup コンポーネントで増分バックアップがサポートされています。Every Azure Backup component supports incremental backup regardless of the target storage (disk, tape, Recovery Services vault). 増分バックアップは、前回のバックアップ以降に行われた変更のみを転送対象とすることで、高い保存効率と時間効率を実現します。Incremental backup ensures that backups are storage and time efficient, by transferring only those changes made since the last backup.

    完全バックアップ、差分バックアップ、増分バックアップの比較Comparing Full, Differential and Incremental backup

    バックアップ方法の種類によって、ストレージの使用量、目標復旧時間 (RTO)、およびネットワークの使量が異なります。Storage consumption, recovery time objective (RTO), and network consumption varies for each type of backup method. バックアップの総保有コスト (TCO) を抑えるには、最適なバックアップ ソリューションを選択する方法を理解する必要があります。To keep the backup total cost of ownership (TCO) down, you need to understand how to choose the best backup solution. 次の図は、完全バックアップ、差分バックアップ、および増分バックアップを比較しています。The following image compares Full Backup, Differential Backup, and Incremental Backup. この図のデータ ソース A は A1 ~ A10 の 10 個の記憶域ブロックで構成され、毎月バックアップが作成されます。In the image, data source A is composed of 10 storage blocks A1-A10, which are backed up monthly. ブロック A2、A3、A4、および A9 は最初の月に変更され、ブロック A5 はその翌月に変更されます。Blocks A2, A3, A4, and A9 change in the first month, and block A5 changes in the next month.

    バックアップ方法の比較を示す図

    完全バックアップでは、各バックアップのコピーにデータ ソース全体が含まれています。With Full Backup, each backup copy contains the entire data source. 完全バックアップでは、バックアップ コピーを転送するたびに、大量のネットワーク帯域幅と記憶域が消費されます。Full backup consumes a large amount of network bandwidth and storage, each time a backup copy is transferred.

    差分バックアップによって格納されるのは、最初の完全バックアップ後に変更されたブロックだけです。このため、ネットワークおよび記憶域の消費量が少なくなります。Differential backup stores only the blocks that changed since the initial full backup, which results in a smaller amount of network and storage consumption. 差分バックアップでは、変更されていないデータの冗長コピーは保持されませんが、Differential backups don't retain redundant copies of unchanged data. 変更されていないデータ ブロックが以降のバックアップに転送されたうえで、格納されるため、効率的ではありません。However, because the data blocks that remain unchanged between subsequent backups are transferred and stored, differential backups are inefficient. この例では 2 か月目に、変更されたブロック A2、A3、A4、および A9 がバックアップされます。In the second month, changed blocks A2, A3, A4, and A9 are backed up. 3 か月目は、既にバックアップ済みのブロックが再度バックアップされたうえで、変更された A5 がバックアップされます。In the third month, these same blocks are backed up again, along with changed block A5. 変更されたブロックは、次回完全バックアップが行われるまでバックアップされ続けます。The changed blocks continue to be backed up until the next full backup happens.

    増分バックアップでは、前回のバックアップ以降に変更されたデータ ブロックのみが格納されるため、記憶域とネットワークで高い効率性が実現します。Incremental Backup achieves high storage and network efficiency by storing only the blocks of data that changed since the previous backup. 増分バックアップでは、完全バックアップを定期的に実行する必要はありません。With incremental backup, there is no need to take regular full backups. この例では、最初の月に完全バックアップが行われた後、2 か月目に変更された A2、A3、A4、および A9 が変更済みとしてマークされ、転送されます。In the example, after the full backup is taken for the first month, changed blocks A2, A3, A4, and A9 are marked as changed and transferred for the second month. 3 か月目は、変更された A5 のみがマークされ、転送されます。In the third month, only changed block A5 is marked and transferred. データ移動が少ないためストレージおよびネットワーク リソースを節約でき、TCO が削減されます。Moving less data saves storage and network resources, which decreases TCO.

    セキュリティSecurity

    機能Feature Azure Backup エージェントAzure Backup agent System Center DPMSystem Center DPM Azure Backup ServerAzure Backup Server Azure IaaS VM のバックアップAzure IaaS VM Backup
    ネットワークのセキュリティNetwork security
    (対 Azure)(to Azure)
    はい あり はい 部分的
    データのセキュリティData security
    (Azure 内)(in Azure)
    はい あり はい 部分的

    table key

    ネットワークのセキュリティNetwork security

    サーバーから Recovery Services バックアップ コンテナーまでのすべてのバックアップ トラフィックは、Advanced Encryption Standard 256 を使用して暗号化されます。All backup traffic from your servers to the Recovery Services vault is encrypted using Advanced Encryption Standard 256. バックアップ データは、セキュリティで保護された HTTPS リンク上で送信されます。The backup data is sent over a secure HTTPS link. また、バックアップ データは、暗号化された形式で Recovery Services コンテナーにも格納されます。The backup data is also stored in the Recovery Services vault in encrypted form. このデータのロックを解除するパスフレーズを持っているのは、Azure のお客様のみです。Only you, the Azure customer, have the passphrase to unlock this data. マイクロソフトは、どの時点でもバックアップ データの暗号化を解除できせん。Microsoft cannot decrypt the backup data at any point.

    警告

    Recovery Services コンテナーを作成したら、暗号化キーにアクセスできるのはご本人だけです。Once you establish the Recovery Services vault, only you have access to the encryption key. マイクロソフトには暗号化キーのコピーはありません。また、キーにアクセスすることもできません。Microsoft never maintains a copy of your encryption key, and does not have access to the key. ユーザーがキーを紛失した場合、マイクロソフトはバックアップ データを復旧できません。If the key is misplaced, Microsoft cannot recover the backup data.

    データのセキュリティData security

    Azure VM のバックアップの場合は、仮想マシン " " で暗号化を設定する必要があります。Backing up Azure VMs requires setting up encryption within the virtual machine. Windows 仮想マシンでは BitLocker を使用し、Linux 仮想マシンでは dm-crypt を使用します。Use BitLocker on Windows virtual machines and dm-crypt on Linux virtual machines. Azure Backup では、この経路で受け取るバックアップ データは自動的に暗号化されません。Azure Backup does not automatically encrypt backup data that comes through this path.

    ネットワークNetwork

    機能Feature Azure Backup エージェントAzure Backup agent System Center DPMSystem Center DPM Azure Backup ServerAzure Backup Server Azure IaaS VM のバックアップAzure IaaS VM Backup
    ネットワーク圧縮Network compression
    (対バックアップ サーバー)(to backup server)
    はい はい
    ネットワーク圧縮Network compression
    (対 Recovery Services コンテナー)(to Recovery Services vault)
    あり あり はい
    ネットワーク プロトコルNetwork protocol
    (対バックアップ サーバー)(to backup server)
    TCPTCP TCPTCP
    ネットワーク プロトコルNetwork protocol
    (対 Recovery Services コンテナー)(to Recovery Services vault)
    HTTPSHTTPS HTTPSHTTPS HTTPSHTTPS HTTPSHTTPS

    table key

    (IaaS VM 上の) VM 拡張機能はデータを Azure Storage アカウントからストレージ ネットワーク経由で直接読み取ります。したがって、このトラフィックを圧縮する必要はありません。The VM extension (on the IaaS VM) reads the data directly from the Azure storage account over the storage network, so it is not necessary to compress this traffic.

    セカンダリ バックアップ サーバーとして System Center DPM サーバーまたは Azure Backup Server を使用する場合は、プライマリ サーバーからバックアップ サーバーに移動するデータを圧縮します。If you use a System Center DPM server or Azure Backup Server as a secondary backup server, compress the data going from the primary server to the backup server. DPM または Azure Backup Server にバックアップする前にデータを圧縮すると、帯域幅を節約できます。Compressing data before backing it up to DPM or Azure Backup Server, saves bandwidth.

    ネットワークのスロットルNetwork Throttling

    Azure Backup エージェントには、データ転送時のネットワーク帯域幅の使用方法を制御できる、ネットワーク スロットル機能が用意されています。The Azure Backup agent offers network throttling, which allows you to control how network bandwidth is used during data transfer. 業務時間中に実行が必要なデータのバックアップ処理が他のインターネット トラフィックに干渉しないようにする必要がある場合などに効果を発揮します。Throttling can be helpful if you need to back up data during work hours but do not want the backup process to interfere with other internet traffic. データ転送のスロットルはバックアップと復元のアクティビティに適用されます。Throttling for data transfer applies to back up and restore activities.

    バックアップと保持Backup and retention

    Azure Backup には、保護されているインスタンスにつき復旧ポイント (バックアップ コピーまたはスナップショットとも呼ばれます) が 9,999 個という制限があります。Azure Backup has a limit of 9999 recovery points, also known as backup copies or snapshots, per protected instance. 保護されているインスタンスとは、データを Azure にバックアップするように構成されているコンピューター、サーバー (物理または仮想)、またはワークロードです。A protected instance is a computer, server (physical or virtual), or workload configured to back up data to Azure. 詳細については、「保護されているインスタンスとは」セクションを参照してください。For more information, see the section, What is a protected instance. インスタンスは、データのバックアップ コピーが保存されると保護されます。An instance is protected once a backup copy of data has been saved. データのバックアップ コピーは、保護することです。The backup copy of data is the protection. ソース データが失われた場合や破損した場合は、バックアップ コピーによってソース データを復元できることがあります。If the source data was lost or became corrupt, the backup copy could restore the source data. 次の表は、コンポーネントごとの最大バックアップ頻度を示します。The following table shows the maximum backup frequency for each component. バックアップ ポリシーの構成では、復旧ポイントを使用する頻度を決定します。Your backup policy configuration determines how quickly you consume the recovery points. たとえば、日ごとに復旧ポイントを作成すると、期限切れになるまで 27 年間復旧ポイントを保持できます。月ごとの復旧ポイントを取得すると、期限切れになるまで 833 年間復旧ポイントを保持できます。Backup サービスによって、復旧ポイントに有効期限が設定されることはありません。For example, if you create a recovery point each day, then you can retain recovery points for 27 years before you run out. If you take a monthly recovery point, you can retain recovery points for 833 years before you run out. The Backup service does not set an expiration time limit on a recovery point.

    Azure Backup エージェントAzure Backup agent System Center DPMSystem Center DPM Azure Backup ServerAzure Backup Server Azure IaaS VM のバックアップAzure IaaS VM Backup
    バックアップ頻度Backup frequency
    (対 Recovery Services コンテナー)(to Recovery Services vault)
    3 バックアップ/日Three backups per day 2 バックアップ/日Two backups per day 2 バックアップ/日Two backups per day 1 バックアップ/日One backup per day
    バックアップ頻度Backup frequency
    (対ディスク)(to disk)
    適用不可Not applicable
  • SQL Server の場合は 15 分ごとEvery 15 minutes for SQL Server
  • 他のワークロードの場合は 1 時間ごとEvery hour for other workloads
  • SQL Server の場合は 15 分ごとEvery 15 minutes for SQL Server
  • 他のワークロードの場合は 1 時間ごとEvery hour for other workloads

  • 適用不可Not applicable
    保持オプションRetention options 毎日、毎週、毎月、毎年Daily, weekly, monthly, yearly 毎日、毎週、毎月、毎年Daily, weekly, monthly, yearly 毎日、毎週、毎月、毎年Daily, weekly, monthly, yearly 毎日、毎週、毎月、毎年Daily, weekly, monthly, yearly
    保護されているインスタンスあたりの復旧ポイントの最大数Maximum recovery points per protected instance 99999999 99999999 99999999 99999999
    最大保有期間Maximum retention period バックアップ頻度次第Depends on backup frequency バックアップ頻度次第Depends on backup frequency バックアップ頻度次第Depends on backup frequency バックアップ頻度次第Depends on backup frequency
    ローカル ディスクの回復ポイントRecovery points on local disk 適用不可Not applicable
  • ファイル サーバーの場合 64 個、64 for File Servers,
  • アプリケーション サーバーの場合 448 個448 for Application Servers
  • ファイル サーバーの場合 64 個、64 for File Servers,
  • アプリケーション サーバーの場合 448 個448 for Application Servers
  • 適用不可Not applicable
    テープの回復ポイントRecovery points on tape 適用不可Not applicable 無制限Unlimited 適用不可Not applicable 適用不可Not applicable

    保護されているインスタンスとはWhat is a protected instance

    保護されているインスタンスとは、Azure にバックアップするように構成されている Windows コンピューター、サーバー (物理または仮想)、または SQL データベースを総称したものです。A protected instance is a generic reference to a Windows computer, a server (physical or virtual), or SQL database that has been configured to back up to Azure. インスタンスは、コンピューター、サーバー、またはデータベースのバックアップ ポリシーを構成し、データのバックアップ コピーを作成すると保護されます。An instance is protected once you configure a backup policy for the computer, server, or database, and create a backup copy of the data. その保護されているインスタンスのバックアップ データのそれ以降のコピー (復旧ポイントと呼ばれます) により、使用されるストレージの量が増加します。Subsequent copies of the backup data for that protected instance (which are called recovery points), increase the amount of storage consumed. 保護されているインスタンスに作成できる復旧ポイントは最大 9,999 個です。You can create up to 9999 recovery points for a protected instance. ストレージから復旧ポイントを削除すると、9,999 個の復旧ポイントの合計に対してカウントされません。If you delete a recovery point from storage, it does not count against the 9999 recovery point total. 保護されているインスタンスの一般的な例には、仮想マシン、アプリケーション サーバー、データベースのほか、Windows オペレーティング システムを実行しているパーソナル コンピューターがあります。Some common examples of protected instances are virtual machines, application servers, databases, and personal computers running the Windows operating system. For example:For example:

    • Hyper-V または Azure IaaS ハイパーバイザー ファブリックを実行している仮想マシン。A virtual machine running the Hyper-V or Azure IaaS hypervisor fabric. 仮想マシンのゲスト オペレーティング システムには、Windows Server または Linux を指定できます。The guest operating systems for the virtual machine can be Windows Server or Linux.
    • アプリケーション サーバー。アプリケーション サーバーには、Windows Server と、バックアップする必要があるデータを含むワークロードを実行している物理マシンまたは仮想マシンを指定できます。An application server: The application server can be a physical or virtual machine running Windows Server and workloads with data that needs to be backed up. 一般的なワークロードには、Microsoft SQL Server、Microsoft Exchange Server、Microsoft SharePoint Server、Windows Server のファイル サーバー ロールがあります。Common workloads are Microsoft SQL Server, Microsoft Exchange server, Microsoft SharePoint server, and the File Server role on Windows Server. これらのワークロードをバックアップするには、System Center Data Protection Manager (DPM) または Azure Backup Server が必要です。To back up these workloads you need System Center Data Protection Manager (DPM) or Azure Backup Server.
    • Windows オペレーティング システムを実行しているパーソナル コンピューター、ワークステーション、またはノートパソコン。A personal computer, workstation, or laptop running the Windows operating system.

    Recovery Services コンテナーとはWhat is a Recovery Services vault?

    Recovery Services コンテナーは、バックアップ コピー、復旧ポイント、バックアップ ポリシーなどのデータを保持するために使用される、Azure のオンライン ストレージ エンティティです。A Recovery Services vault is an online storage entity in Azure used to hold data such as backup copies, recovery points, and backup policies. Recovery Services コンテナーを使用して、Azure サービスとオンプレミス サーバーおよびワークステーションのバックアップ データを保持することができます。You can use Recovery Services vaults to hold backup data for Azure services and on-premises servers and workstations. Recovery Services コンテナーでは、管理オーバーヘッドを最小限に抑えながら、バックアップ データを簡単に整理できます。Recovery Services vaults make it easy to organize your backup data, while minimizing management overhead. サブスクリプション内に任意の数の Recovery Services コンテナーを作成できます。You can create as many Recovery Services vaults as you like, within a subscription.

    Azure Service Manager に基づく Backup コンテナーは、コンテナーの最初のバージョンでした。Backup vaults, which are based on Azure Service Manager, were the first version of the vault. Azure Resource Manager モデル機能が追加された Recovery Services コンテナーは、コンテナーの 2 番目のバージョンです。Recovery Services vaults, which add the Azure Resource Manager model features, are the second version of the vault. 機能の違いの完全な説明については、「Recovery Services コンテナーの概要」の記事を参照してください。See the Recovery Services vault overview article for a full description of the feature differences. バックアップ コンテナーをポータルで作成することはできなくなりましたが、バックアップ コンテナーは引き続きサポートされます。You can no longer create use the portal to create Backup vaults, but Backup vaults are still supported. バックアップ コンテナーの管理には、Azure Portal を使用する必要があります。You must use the Azure portal to manage your Backup vaults.

    重要

    バックアップ コンテナーは Recovery Services コンテナーにアップグレードできます。You can upgrade your Backup vaults to Recovery Services vaults. 詳細については、「Backup コンテナーを Recovery Services コンテナーにアップグレードする」を参照してください。For details, see the article Upgrade a Backup vault to a Recovery Services vault. Backup コンテナーを Recovery Services コンテナーにアップグレードすることをお勧めします。Microsoft encourages you to upgrade your Backup vaults to Recovery Services vaults.
    2017 年 11 月 30 日以降、PowerShell を使用してバックアップ コンテナーを作成することはできなくなります。After November 30, 2017, you will no longer be able to use PowerShell to create Backup vaults.
    2017 年 11 月 30 日まで:By November 30, 2017:

    • 残っているすべての Backup コンテナーは、自動的に Recovery Services コンテナーにアップグレードされます。All remaining Backup vaults will be automatically upgraded to Recovery Services vaults.
    • クラシック ポータルでバックアップ データにアクセスすることはできなくなります。You won't be able to access backup data in the Classic portal. 代わりに、Azure Portal を使用して、Recovery Services コンテナーのバックアップ データにアクセスしてください。Instead, use the Azure portal to access your backup data in Recovery Services vaults.

    Azure Backup と Azure Site Recovery はどのように違いますかHow does Azure Backup differ from Azure Site Recovery?

    Backup と Azure Site Recovery は両方とも、データをバックアップして、そのデータを復元できるとうい点で関連していますが、Azure Backup and Azure Site Recovery are related in that both services back up data and can restore that data. これらのサービスは、業務にビジネス継続性とディザスター リカバリーの機能を提供するために、異なる目的で使用されます。However, these services serve different purposes in providing business continuity and disaster recovery in your business. より細かいレベルでデータの保護と復元を行うには、Azure Backup を使用します。Use Azure Backup to protect and restore data at a more granular level. たとえば、ノート PC のプレゼンテーションが破損した場合は、Azure Backup を使用して、プレゼンテーションを復元します。For example, if a presentation on a laptop became corrupted, you would use Azure Backup to restore the presentation. VM 上の構成とデータを別のデータセンターにレプリケートする場合は、Azure Site Recovery を使用します。If you wanted to replicate the configuration and data on a VM across another datacenter, use Azure Site Recovery.

    Azure Backup は、オンプレミスのデータとクラウドのデータを保護します。Azure Backup protects data on-premises and in the cloud. Azure Site Recovery は、仮想マシンと物理サーバーのレプリケーション、フェールオーバー、フェールバックを調整します。Azure Site Recovery coordinates virtual-machine and physical-server replication, failover, and failback. ディザスター リカバリー ソリューションでは、データの安全性と復元可能性を維持し (Backup)、" さらに "、障害が発生したときにワークロードの可用性を維持する (Site Recovery) 必要があるため、どちらのサービスも重要です。Both services are important because your disaster recovery solution needs to keep your data safe and recoverable (Backup) and keep your workloads available (Site Recovery) when outages occur.

    バックアップと障害復旧に関する意思決定を行うにあたっては、次の概念が役立ちます。The following concepts can help you make important decisions around backup and disaster recovery.

    概念Concept 詳細Details バックアップBackup ディザスター リカバリー (DR)Disaster recovery (DR)
    目標復旧時点 (RPO)Recovery point objective (RPO) 復旧を行う必要がある場合に許容されるデータ損失の量です。The amount of acceptable data loss if a recovery needs to be done. バックアップ ソリューションの許容されるRPO には幅があります。Backup solutions have wide variability in their acceptable RPO. 仮想マシンのバックアップの RPO は通常 1 日であるのに対し、データベースのバックアップの RPO は最低 15 分です。Virtual machine backups usually have an RPO of one day, while database backups have RPOs as low as 15 minutes. 障害復旧ソリューションでは RPO が低くなります。Disaster recovery solutions have low RPOs. DR コピーは、数秒遅れまたは数分遅れのことがあります。The DR copy can be behind by a few seconds or a few minutes.
    目標復旧時間 (RTO)Recovery time objective (RTO) 復旧または復元の完了に要する時間です。The amount of time that it takes to complete a recovery or restore. RPO が大きくなるほど、一般的にはバックアップ ソリューションで処理が必要なデータ量が増えるため、RTO は長くなります。Because of the larger RPO, the amount of data that a backup solution needs to process is typically much higher, which leads to longer RTOs. たとえば、オフサイトの場所からテープを輸送するのにかかる時間によっては、テープからのデータの復元に日単位の時間を要する場合があります。For example, it can take days to restore data from tapes, depending on the time it takes to transport the tape from an off-site location. 障害復旧ソリューションは、よりソースと同期されているため、RTO は短くなります。Disaster recovery solutions have smaller RTOs because they are more in sync with the source. 必要な変更は少数です。Fewer changes need to be processed.
    保持Retention データを保存する必要がある期間How long data needs to be stored 運用の復旧を必要とするシナリオ (データの破損、不注意によるファイルの削除、OS の障害) では、通常、バックアップ データの保持期間は最大 30 日です。For scenarios that require operational recovery (data corruption, inadvertent file deletion, OS failure), backup data is typically retained for 30 days or less.
    コンプライアンスの観点から、月単位または年単位でデータを保存することが必要になる場合があります。From a compliance standpoint, data might need to be stored for months or even years. バックアップ データは、このような場合のアーカイブに最適です。Backup data is ideally suited for archiving in such cases.
    障害復旧には運用復旧データのみが必要となり、実行には通常、数時間から最大で 1 日かかります。Disaster recovery needs only operational recovery data, which typically takes a few hours or up to a day. DR ソリューションでは詳細なデータ キャプチャが使用されるため、DR データを使用する長期的な保持はお勧めできません。Because of the fine-grained data capture used in DR solutions, using DR data for long-term retention is not recommended.

    次のステップNext steps

    Windows Server でのデータ保護の詳細な段階的手順、または Azure での仮想マシン (VM) の保護については、次のいずれかのチュートリアルを参照してください。Use one of the following tutorials for detailed, step-by-step, instructions for protecting data on Windows Server, or protecting a virtual machine (VM) in Azure:

    その他のワークロードの保護の詳細については、次のいずれかの記事を参照してください。For details about protecting other workloads, try one of these articles: