Azure VM バックアップのサポート マトリックスSupport matrix for Azure VM backup

Azure Backup サービスを使用すると、オンプレミスのコンピューターとワークロード、および Azure 仮想マシン (VM) をバックアップできます。You can use the Azure Backup service to back up on-premises machines and workloads, and Azure virtual machines (VMs). この記事では、Azure Backup を使用して Azure VM をバックアップする場合のサポート設定と制限事項について概説します。This article summarizes support settings and limitations when you back up Azure VMs with Azure Backup.

その他のサポート マトリックス:Other support matrices:

サポートされるシナリオSupported scenarios

Azure Backup サービスを使用して Azure VM をどのようにバックアップおよび復元できるかを次に示します。Here's how you can back up and restore Azure VMs with the Azure Backup service.

シナリオScenario BackupBackup エージェントAgent 復元Restore
Azure VM の直接バックアップDirect backup of Azure VMs VM 全体をバックアップします。Back up the entire VM. Azure VM では、追加のエージェントは必要ありません。No additional agent is needed on the Azure VM. Azure Backup によって、VM 上で実行している Azure VM エージェントに対して拡張機能がインストールされ、使用されます。Azure Backup installs and uses an extension to the Azure VM agent that's running on the VM. 次のように復元します。Restore as follows:

- 基本的な VM を作成する- Create a basic VM. これは、VM に複数の IP アドレスなどの特別な構成がない場合に便利です。This is useful if the VM has no special configuration such as multiple IP addresses.

- VM ディスクを復元する- Restore the VM disk. ディスクを復元します。Restore the disk. 次にそれを既存の VM にアタッチするか、PowerShell を使用してディスクから新しい VM を作成します。Then attach it to an existing VM, or create a new VM from the disk by using PowerShell.

- VM ディスクを交換する- Replace VM disk. VM が存在し、マネージド ディスク (未暗号化) を使用している場合、ディスクを復元し、それを使用して VM 上の既存のディスクを交換することができます。If a VM exists and it uses managed disks (unencrypted), you can restore a disk and use it to replace an existing disk on the VM.

- 特定のファイル/フォルダーを復元する- Restore specific files/folders. VM 全体ではなく、VM のファイルやフォルダーを復元できます。You can restore files/folders from a VM instead of from the entire VM.
Azure VM の直接バックアップ (Windows のみ)Direct backup of Azure VMs (Windows only) 特定のファイル、フォルダー、ボリュームをバックアップします。Back up specific files/folders/volume. Azure Recovery Services エージェントをインストールします。Install the Azure Recovery Services agent.

Azure VM エージェントのバックアップ拡張機能と共に MARS エージェントを実行して、ファイル/フォルダー レベルで VM をバックアップできます。You can run the MARS agent alongside the backup extension for the Azure VM agent to back up the VM at file/folder level.
特定のフォルダー/ファイルを復元します。Restore specific folders/files.
バックアップ サーバーに Azure VM をバックアップするBack up Azure VM to backup server ファイル/フォルダー/ボリューム、システム状態/ベア メタル ファイル、アプリ データを System Center DPM または Microsoft Azure Backup Server (MABS) にバックアップします。Back up files/folders/volumes; system state/bare metal files; app data to System Center DPM or to Microsoft Azure Backup Server (MABS).

その後、DPM/MABS がバックアップ コンテナーにバックアップします。DPM/MABS then backs up to the backup vault.
VM に DPM/MABS 保護エージェントをインストールします。Install the DPM/MABS protection agent on the VM. MARS エージェントは DPM/MABS にインストールされます。The MARS agent is installed on DPM/MABS. ファイル/フォルダー/ボリューム、システム状態/ベア メタル ファイル、アプリ データを復元します。Restore files/folders/volumes; system state/bare metal files; app data.

バックアップ サーバーを使用したバックアップとサポート要件の詳細をご確認ください。Learn more about backup using a backup server and about support requirements.

サポートされているバックアップ アクションSupported backup actions

操作Action サポートSupport
シャットダウン状態/オフライン状態の VM をバックアップするBack up a VM that's shutdown/offline VM サポートされています。Supported.

スナップショットは、アプリ整合性ではなく、クラッシュ整合性のみです。Snapshot is crash-consistent only, not app-consistent.
マネージド ディスクへの移行後にディスクをバックアップするBack up disks after migrating to managed disks サポートされています。Supported.

バックアップは引き続き機能します。Backup will continue to work. 必要な操作はありません。No action is required.
リソース グループのロックを有効にした後、マネージド ディスクをバックアップするBack up managed disks after enabling resource group lock サポートされていません。Not supported.

Azure Backup は古い復元ポイントを削除できないので、復元ポイントの上限に達するとバックアップが失敗するようになります。Azure Backup can't delete the older restore points, and backups will start to fail when the maximum limit of restore points is reached.
VM のバックアップ ポリシーを変更するModify backup policy for a VM サポートされています。Supported.

VM は、新しいポリシーのスケジュールおよびリテンション期間の設定を使用してバックアップされます。The VM will be backed up by using the schedule and retention settings in new policy. リテンション期間の設定が延長されている場合、既存の復旧ポイントがマークされ、保持されます。If retention settings are extended, existing recovery points are marked and kept. 短縮されている場合、既存の復旧ポイントは次のクリーンアップ ジョブで取り除かれ、最終的に削除されます。If they're reduced, existing recovery points will be pruned in the next cleanup job and eventually deleted.
バックアップ ジョブを取り消すCancel a backup job スナップショットの処理中にサポートされます。Supported during snapshot process.

スナップショットがコンテナーに転送されているときはサポートされません。Not supported when the snapshot is being transferred to the vault.
別のリージョンまたはサブスクリプションに VM をバックアップするBack up the VM to a different region or subscription サポートされていません。Not supported.

正常にバックアップするには、仮想マシンがバックアップ用のコンテナーと同じサブスクリプションに含まれている必要があります。To successfully back up, virtual machines must be in the same subscription as the vault for backup.
1 日あたりのバックアップ回数 (Azure VM 拡張機能を使用した場合)Backups per day (via the Azure VM extension) 1 日あたり 1 回のスケジュール済みバックアップ。One scheduled backup per day.

Azure Backup サービスでは、1 日あたり最大 3 回のオンデマンド バックアップと、スケジュール済みバックアップを追加で 1 回サポートします。The Azure Backup service supports up to three on-demand backups per day, and one additional scheduled backup.
1 日あたりのバックアップ回数 (MARS エージェントを使用した場合)Backups per day (via the MARS agent) 1 日あたり 3 回のスケジュール済みバックアップ。Three scheduled backups per day.
1 日あたりのバックアップ回数 (DPM/MABS を使用した場合)Backups per day (via DPM/MABS) 1 日あたり 2 回のスケジュール済みバックアップ。Two scheduled backups per day.
毎月/毎年のバックアップMonthly/yearly backup Azure VM 拡張機能を使用してバックアップする場合、サポートされません。Not supported when backing up with Azure VM extension. 毎日および毎週のみサポートされます。Only daily and weekly is supported.

毎月/毎年のリテンション期間の間、毎日/毎週のバックアップを保持するようにポリシーを設定できます。You can set up the policy to retain daily/weekly backups for monthly/yearly retention period.
クロックの自動調整Automatic clock adjustment サポートされていません。Not supported.

Azure Backup では、VM をバックアップするとき、夏時間変更に合わせた自動調整は行われません。Azure Backup doesn't automatically adjust for daylight saving time changes when backing up a VM.

必要に応じて手動でポリシーを変更してください。Modify the policy manually as needed.
ハイブリッド バックアップのセキュリティ機能Security features for hybrid backup セキュリティ機能の無効化はサポートされていません。Disabling security features isn't supported.
コンピューター時間が変更された VM をバックアップするBack up the VM whose machine time is changed サポートされていません。Not supported.

その VM のバックアップを有効にした後にマシンの時間が将来の日付/時刻に変更されている場合。ただし、時間の変更が元に戻された場合でも、バックアップの成功は保証されません。If the machine time is changed to a future date-time after enabling backup for that VM, however even if the time change is reverted, successful backup isn't guaranteed.

オペレーティング システムのサポート (Windows)Operating system support (Windows)

Windows Azure VM をバックアップする場合にサポートされるオペレーティング システムについて次の表にまとめます。The following table summarizes the supported operating systems when backing up Windows Azure VMs.

シナリオScenario OS のサポートOS support
Azure VM エージェント拡張機能を使用したバックアップBack up with Azure VM agent extension - Windows 10 クライアント (64 ビットのみ)- Windows 10 Client (64 bit only)

- Windows Server 2019 (Datacenter/Datacenter Core/Standard)- Windows Server 2019 (Datacenter/Datacenter Core/Standard)

- Windows Server 2016 (Datacenter/Datacenter Core/Standard)- Windows Server 2016 (Datacenter/Datacenter Core/Standard)

- Windows Server 2012 R2 (Datacenter/Standard)- Windows Server 2012 R2 (Datacenter/Standard)

Windows Server 2012 (Datacenter /Standard)- Windows Server 2012 (Datacenter/Standard)

- Windows Server 2008 R2 (RTM および SP1 Standard)- Windows Server 2008 R2 (RTM and SP1 Standard)

- Windows Server 2008 (64 ビットのみ)- Windows Server 2008 (64 bit only)
MARS エージェントを使用したバックアップBack up with MARS agent サポートされているオペレーティング システム。Supported operating systems.
DPM/MABS を使用したバックアップBack up with DPM/MABS MABS および DPM を使用したバックアップでサポートされるオペレーティング システム。Supported operating systems for backup with MABS and DPM.

Azure Backup は 32 ビットのオペレーティング システムをサポートしていません。Azure Backup doesn't support 32-bit operating systems.

Linux バックアップのサポートSupport for Linux backup

Linux マシンをバックアップをしたい場合に何がサポートされるかを以下に示します。Here's what's supported if you want to back up Linux machines.

操作Action サポートSupport
Linux Azure VM エージェントを使用した Linux Azure VM のバックアップBack up Linux Azure VMs with the Linux Azure VM agent ファイル整合性バックアップ。File consistent backup.

カスタム スクリプトを使用したアプリ整合性バックアップ。App-consistent backup using custom scripts.

復元する際に、新しい VM を作成したり、ディスクを復元し、それを使用して VM を作成したり、ディスクを復元し、それを使用して既存の VM 上のディスクを交換したりすることができます。During restore, you can create a new VM, restore a disk and use it to create a VM, or restore a disk and use it to replace a disk on an existing VM. 個々のファイルとフォルダーも復元できます。You can also restore individual files and folders.
MARS エージェントを使用した Linux Azure VM のバックアップBack up Linux Azure VMs with MARS agent サポートされていません。Not supported.

MARS エージェントをインストールできるのは Windows マシンだけです。The MARS agent can only be installed on Windows machines.
DPM/MABS を使用した Linux Azure VM のバックアップBack up Linux Azure VMs with DPM/MABS サポートされていません。Not supported.

オペレーティング システムのサポート (Linux)Operating system support (Linux)

Azure VM Linux のバックアップでは、Azure Backup は、Azure で承認されている一連の Linux ディストリビューションをサポートしています。For Azure VM Linux backups, Azure Backup supports the list of Linux distributions endorsed by Azure. 次のことを考慮してください。Note the following:

  • Azure Backup は Core OS Linux をサポートしていません。Azure Backup doesn't support Core OS Linux.
  • Azure Backup は 32 ビットのオペレーティング システムをサポートしていません。Azure Backup doesn't support 32-bit operating systems.
  • 他の個人所有の Linux ディストリビューションは、VM 上で Linux 用の Azure VM エージェントが動作し、かつ Python がサポートされていれば使用できます。Other bring-your-own Linux distributions might work as long as the Azure VM agent for Linux is available on the VM, and as long as Python is supported.
  • Azure Backup は、プロキシが構成された Linux VM を、Python バージョン 2.7 がインストールされていない場合はサポートしていません。Azure Backup doesn't support a proxy-configured Linux VM if it doesn't have Python version 2.7 installed.
  • Azure Backup では、ストレージまたはその他の NFS サーバーから Linux または Windows コンピューターにマウントされた NFS ファイルのバックアップはサポートされません。Azure Backup doesn't support backing up NFS files that are mounted from storage, or from any other NFS server, to Linux or Windows machines. VM にローカルに接続されているディスクのみがバックアップされます。It only backs up disks that are locally attached to the VM.

バックアップの頻度とリテンション期間Backup frequency and retention

設定Setting 制限Limits
保護されたインスタンス (マシン/ワークロード) あたりの最大復旧ポイント数Maximum recovery points per protected instance (machine/workload) 9999。9999.
復旧ポイントの最大有効期限Maximum expiry time for a recovery point 制限なし (99 年)。No limit (99 years).
コンテナーへのバックアップの最大頻度 (Azure VM 拡張機能)Maximum backup frequency to vault (Azure VM extension) 1 日あたり 1 回。Once a day.
コンテナーへのバックアップの最大頻度 (MARS エージェント)Maximum backup frequency to vault (MARS agent) 1 日あたり 3 回のバックアップ。Three backups per day.
DPM または MABS へのバックアップの最大頻度Maximum backup frequency to DPM/MABS SQL Server の場合は 15 分ごと。Every 15 minutes for SQL Server.

他のワークロードでは 1 時間に 1 回。Once an hour for other workloads.
復旧ポイントの保持期間Recovery point retention 日、週、月、年単位。Daily, weekly, monthly, and yearly.
最大保有期間Maximum retention period バックアップ頻度による。Depends on backup frequency.
DPM または MABS ディスクの復旧ポイント数Recovery points on DPM/MABS disk ファイル サーバーの場合 64 個、アプリ サーバーの場合 448 個。64 for file servers, and 448 for app servers.

テープの復旧ポイント数は、オンプレミス DPM に対しては無制限。Tape recovery points are unlimited for on-premises DPM.

サポートされる復元方法Supported restore methods

復元オプションRestore option 詳細Details
新しい VM を作成するCreate a new VM 基本的な VM を復元ポイントからすばやく作成し、起動して実行します。Quickly creates and gets a basic VM up and running from a restore point.

VM の名前を指定し、配置先のリソース グループと仮想ネットワーク (VNet) を選択して、復元された VM のストレージ アカウントを指定することができます。You can specify a name for the VM, select the resource group and virtual network (VNet) in which it will be placed, and specify a storage account for the restored VM. 新しい VM は、ソース VM と同じリージョンに作成する必要があります。The new VM must be created in the same region as the source VM.
ディスクを復元するRestore disk 新しい VM を作成するために使用できる VM ディスクを復元します。Restores a VM disk, which can then be used to create a new VM.

Azure Backup は、VM のカスタマイズと作成に役立つテンプレートを提供します。Azure Backup provides a template to help you customize and create a VM.

復元ジョブによって生成されるテンプレートをダウンロードして使用することで、カスタム VM 設定を指定したり、VM を作成したりできます。The restore job generates a template that you can download and use to specify custom VM settings, and create a VM.

ディスクは、指定したリソース グループにコピーされます。The disks are copied to the Resource Group you specify.

または、ディスクを既存の VM に接続することや、PowerShell を使用して新しい VM を作成することもできます。Alternatively, you can attach the disk to an existing VM, or create a new VM using PowerShell.

このオプションは、VM をカスタマイズする場合や、バックアップの時点では存在していなかった構成設定を追加する場合や、テンプレートまたは PowerShell を使用して構成する必要がある設定を追加する場合に役立ちます。This option is useful if you want to customize the VM, add configuration settings that weren't there at the time of backup, or add settings that must be configured using the template or PowerShell.
既存のものを置き換えるReplace existing ディスクを復元し、それを使用して既存の VM 上のディスクを置き換えることができます。You can restore a disk, and use it to replace a disk on the existing VM.

現在の VM が存在する必要があります。The current VM must exist. 削除されている場合、このオプションは使用できません。If it's been deleted, this option can't be used.

ディスクを交換する前に、Azure Backup によって既存の VM のスナップショットが取得され、指定したステージングの場所に格納されます。Azure Backup takes a snapshot of the existing VM before replacing the disk, and stores it in the staging location you specify. VM に接続されている既存のディスクが、選択した復元ポイントを使用して置き換えられます。Existing disks connected to the VM are replaced with the selected restore point.

スナップショットはコンテナーにコピーされ、アイテム保持ポリシーに従って保持されます。The snapshot is copied to the vault, and retained in accordance with the retention policy.

ディスクの交換操作の後、元のディスクはリソース グループに保持されます。After the replace disk operation, the original disk is retained in the resource group. 元のディスクが必要ない場合は、それを手動で削除することを選択できます。You can choose to manually delete the original disks if they aren't needed.

[既存のものを置き換える] は、暗号化されていないマネージド VM とカスタム イメージを使用して作成された VM でサポートされます。Replace existing is supported for unencrypted managed VMs and for VMs created using custom images. アンマネージド ディスクと VM、クラシック VM、一般化された VM ではサポートされません。It's not supported for unmanaged disks and VMs, classic VMs, and generalized VMs.

復元ポイントにあるディスクの数が現在の VM よりも多い (または少ない) 場合、復元ポイントのディスク数だけが VM 構成に反映されます。If the restore point has more or less disks than the current VM, then the number of disks in the restore point will only reflect the VM configuration.

既存のものの置き換えは、ユーザー割り当てマネージド IDKey Vault など、リンクされたリソースを持つ VM でもサポートされます。Replace existing is also supported for VMs with linked resources, like user-assigned managed-identity and Key Vault.
リージョンをまたがる (セカンダリ リージョン)Cross Region (secondary region) リージョンをまたがる復元を使用すると、Azure VM をセカンダリ リージョン (Azure のペアになっているリージョン) に復元できます。Cross Region restore can be used to restore Azure VMs in the secondary region, which is an Azure paired region.

セカンダリ リージョンにバックアップが実行されている場合は、選択されている回復ポイントのすべての Azure VM を復元できます。You can restore all the Azure VMs for the selected recovery point if the backup is done in the secondary region.

この機能は、次のオプションで使用できます。This feature is available for the options below:
  • VM を作成しますCreate a VM
  • ディスクを復元するRestore Disks

    現時点では、[既存のディスクの置き換え] オプションはサポートされていません。We don't currently support the Replace existing disks option.

    アクセス許可Permissions
    セカンダリ リージョンでの復元操作は、バックアップ管理者とアプリ管理者が実行できます。The restore operation on secondary region can be performed by Backup Admins and App admins.
  • ファイル レベルの復元のサポートSupport for file-level restore

    復元Restore サポートされていますSupported
    オペレーティング システム間でファイルを復元するRestoring files across operating systems バックアップ VM と同じ (または互換性のある) OS を使用する任意のマシンでファイルを復元できます。You can restore files on any machine that has the same (or compatible) OS as the backed-up VM. 互換性のある OS の表を参照してください。See the Compatible OS table.
    暗号化された VM からファイルを復元するRestoring files from encrypted VMs サポートされていません。Not supported.
    ネットワーク制限付きのストレージ アカウントからファイルを復元するRestoring files from network-restricted storage accounts サポートされていません。Not supported.
    Windows 記憶域スペースを使用して VM でファイルを復元するRestoring files on VMs using Windows Storage Spaces 同じ VM での復元はサポートされていません。Restore not supported on same VM.

    代わりに、互換性のある VM でファイルを復元します。Instead, restore the files on a compatible VM.
    LVM/RAID アレイを使用して Linux VM でファイルを復元するRestore files on Linux VM using LVM/raid arrays 同じ VM での復元はサポートされていません。Restore not supported on same VM.

    互換性のある VM で復元を行います。Restore on a compatible VM.
    特別なネットワーク設定でファイルを復元するRestore files with special network settings 同じ VM での復元はサポートされていません。Restore not supported on same VM.

    互換性のある VM で復元を行います。Restore on a compatible VM.
    共有ディスク、一時ドライブ、重複除去されたディスク、ウルトラ ディスク、および書き込みアクセラレータが有効なディスクからファイルを復元するRestore files from Shared disk, Temp drive, Deduplicated Disk, Ultra disk and disk with write Accelerator enabled 復元はサポートされていません。Restore not supported,

    Azure VM ストレージのサポート」を参照してください。see Azure VM storage support.

    VM 管理のサポートSupport for VM management

    VM ディスクの追加や交換など、VM 管理タスク中のバックアップのサポートについて次の表にまとめます。The following table summarizes support for backup during VM management tasks, such as adding or replacing VM disks.

    復元Restore サポートされていますSupported
    サブスクリプション/リージョン/ゾーン間で復元するRestore across subscription/region/zone. サポートされていません。Not supported.
    既存の VM に復元するRestore to an existing VM ディスクの交換オプションを使用します。Use replace disk option.
    Azure Storage Service Encryption (SSE) に対して有効になっているストレージ アカウントを使用してディスクを復元するRestore disk with storage account enabled for Azure Storage Service Encryption (SSE) サポートされていません。Not supported.

    SSE が有効になっていないアカウントに復元します。Restore to an account that doesn't have SSE enabled.
    混合ストレージ アカウントに復元するRestore to mixed storage accounts サポートされていません。Not supported.

    ストレージ アカウントの種類に基づいて、復元されるすべてのディスクは Premium または Standard になり、混合することはありません。Based on the storage account type, all restored disks will be either premium or standard, and not mixed.
    VM を可用性セットに直接復元するRestore VM directly to an availability set マネージド ディスクでは、ディスクを復元し、テンプレートで可用性セット オプションを使用できます。For managed disks, you can restore the disk and use the availability set option in the template.

    アンマネージド ディスクでは、サポートされていません。Not supported for unmanaged disks. アンマネージド ディスクでは、ディスクを復元し、可用性セットで VM を作成します。For unmanaged disks, restore the disk, and then create a VM in the availability set.
    マネージド VM にアップグレードした後、アンマネージド VM のバックアップを復元するRestore backup of unmanaged VMs after upgrading to managed VM サポートされています。Supported.

    ディスクを復元し、その後、マネージド VM を作成できます。You can restore disks, and then create a managed VM.
    VM がマネージド ディスクに移行されたときよりも前の復元ポイントにその VM を復元するRestore VM to restore point before the VM was migrated to managed disks サポートされています。Supported.

    アンマネージド ディスク (既定) に復元し、復元したディスクをマネージド ディスクに変換し、そのマネージド ディスクを使用して VM を作成します。You restore to unmanaged disks (default), convert the restored disks to managed disk, and create a VM with the managed disks.
    削除された VM を復元するRestore a VM that's been deleted. サポートされています。Supported.

    復旧ポイントから VM を復元できます。You can restore the VM from a recovery point.
    ドメイン コントローラー VM を復元するRestore a domain controller VM サポートされています。Supported. 詳細については、「ドメイン コントローラー VM を復元する」を参照してください。For details, see Restore domain controller VMs.
    別の仮想ネットワークに VM を復元するRestore VM in different virtual network サポートされています。Supported.

    仮想ネットワークは同一のサブスクリプションとリージョン内に存在する必要があります。The virtual network must be in the same subscription and region.

    VM コンピューティングのサポートVM compute support

    ComputeCompute サポートSupport
    VM サイズVM size 少なくとも 2 つの CPU コアと 1 GB の RAM を備えた任意の Azure VM サイズ。Any Azure VM size with at least 2 CPU cores and 1-GB RAM.

    詳細情報。Learn more.
    可用性セットで VM をバックアップするBack up VMs in availability sets サポートされています。Supported.

    VM をすばやく作成するオプションを使用して、可用性セットで VM を復元することはできません。You can't restore a VM in an available set by using the option to quickly create a VM. 代わりに、VM を復元する場合は、ディスクを復元し、それを使用して VM をデプロイするか、ディスクを復元し、それを使用して既存のディスクを交換します。Instead, when you restore the VM, restore the disk and use it to deploy a VM, or restore a disk and use it to replace an existing disk.
    Hybrid Use Benefit (HUB) を使用してデプロイ済みの VM をバックアップするBack up VMs that are deployed with Hybrid Use Benefit (HUB) サポートされています。Supported.
    Azure Marketplace からデプロイされた VM をバックアップするBack up VMs that are deployed from Azure Marketplace

    (Microsoft、サード パーティによって公開)(Published by Microsoft, third party)
    サポートされています。Supported.

    VM はサポートされているオペレーティング システムを実行している必要があります。The VM must be running a supported operating system.

    VM でファイルを復元する場合、(古いまたは新しい OS ではなく) 互換性のある OS に対してのみ復元できます。When recovering files on the VM, you can restore only to a compatible OS (not an earlier or later OS). VM としてバックアップされた Azure Marketplace VM は、購入情報が必要であるため、復元されません。We don't restore Azure Marketplace VMs backed as VMs, as these need purchase information. ディスクとしてのみ復元されます。They're only restored as disks.
    カスタム イメージ (サード パーティ) からデプロイ済みの VM をバックアップするBack up VMs that are deployed from a custom image (third-party) サポートされています。Supported.

    VM はサポートされているオペレーティング システムを実行している必要があります。The VM must be running a supported operating system.

    VM でファイルを復元する場合、(古いまたは新しい OS ではなく) 互換性のある OS に対してのみ復元できます。When recovering files on the VM, you can restore only to a compatible OS (not an earlier or later OS).
    Azure に移行済みの VM をバックアップするBack up VMs that are migrated to Azure サポートされています。Supported.

    VM をバックアップするには、移行済みマシンに VM エージェントをインストールする必要があります。To back up the VM, the VM agent must be installed on the migrated machine.
    マルチ VM 整合性をバックアップするBack up Multi-VM consistency Azure Backup では、複数の VM 間でのデータとアプリケーションの整合性は提供されません。Azure Backup doesn't provide data and application consistency across multiple VMs.
    [診断設定] でバックアップするBackup with Diagnostic Settings サポートされていません。Unsupported.

    診断設定を使った Azure VM の復元が [新規作成] オプションを使用してトリガーされた場合、復元は失敗します。If the restore of the Azure VM with diagnostic settings is triggered using Create New option, then the restore fails.
    ゾーン固定 VM の復元Restore of Zone-pinned VMs サポートされています (2019 年 1 月以降にバックアップされた、可用性ゾーンが使用可能な VM の場合)。Supported (for a VM that's backed-up after Jan 2019 and where availability zones are available).

    現在は、VM で固定されているものと同じゾーンへの復元がサポートされています。We currently support restoring to the same zone that's pinned in VMs. ただし、障害が原因でゾーンが使用できない場合、復元は失敗します。However, if the zone is unavailable due to an outage, the restore will fail.
    Gen2 VMGen2 VMs サポートされていますSupported
    Azure Backup では、Gen2 VM のバックアップと復元がサポートされます。Azure Backup supports backup and restore of Gen2 VMs. これらの VM は、復旧ポイントから復元される場合、Gen2 VM として復元されます。When these VMs are restored from Recovery point, they're restored as Gen2 VMs.
    ロックされた Azure VM のバックアップBackup of Azure VMs with locks アンマネージド VM では、サポートされていません。Unsupported for unmanaged VMs.

    マネージド VM ではサポートされています。Supported for managed VMs.
    スポット VMSpot VMs サポートされていません。Unsupported. Azure Backup では、Spot VM が通常の Azure VM として復元されます。Azure Backup restores Spot VMs as regular Azure VMs.
    Azure Dedicated HostAzure Dedicated Host サポートされていますSupported
    スタンドアロン Azure VM の Windows 記憶域スペース構成Windows Storage Spaces configuration of standalone Azure VMs サポートされていますSupported

    VM ストレージのサポートVM storage support

    コンポーネントComponent サポートSupport
    Azure VM のデータ ディスク数Azure VM data disks 最大 32 のディスクを使用した Azure VM のバックアップのサポート。Support for backup of Azure VMs with up to 32 disks.

    アンマネージド ディスクまたはクラシック VM を使用した Azure VM のバックアップは、最大 16 台のディスクしかサポートされません。Support for backup of Azure VMs with unmanaged disks or classic VMs is up to 16 disks only.
    データ ディスク サイズData disk size 個々のディスク サイズは最大 32 TB で、VM 内のすべてのディスクに対して最大 256 TB となります。Individual disk size can be up to 32 TB and a maximum of 256 TB combined for all disks in a VM.
    ストレージの種類Storage type Standard HDD、Standard SSD、Premium SSD。Standard HDD, Standard SSD, Premium SSD.
    マネージド ディスクManaged disks サポートされています。Supported.
    暗号化されたディスクEncrypted disks サポートされています。Supported.

    Azure Disk Encryption が有効になっている Azure VM を (Azure AD アプリを使用して、または使用せずに) バックアップできます。Azure VMs enabled with Azure Disk Encryption can be backed up (with or without the Azure AD app).

    暗号化された VM は、ファイルまたはフォルダー レベルで復旧することはできません。Encrypted VMs can't be recovered at the file/folder level. VM 全体を復旧する必要があります。You must recover the entire VM.

    Azure Backup によって既に保護されている VM で暗号化を有効にできます。You can enable encryption on VMs that are already protected by Azure Backup.
    書き込みアクセラレータが有効になっているディスクDisks with Write Accelerator enabled 2020 年 11 月 23 日の時点では、限定された数のサブスクリプションに対して、韓国中部 (KRC) および南アフリカ北部 (SAN) リージョンでのみサポートされています。As of November 23, 2020, supported only in the Korea Central (KRC) and South Africa North (SAN) regions for a limited number of subscriptions. これらのサポートされるサブスクリプションでは、Azure Backup により、バックアップ中に Write Accelarted (WA) が有効になっているディスクを使用する仮想マシンがバックアップされます。For those supported subscriptions, Azure Backup will back up the virtual machines having disks that are Write Accelerated (WA) enabled during backup.

    サポートされていないリージョンでは、WA が有効になっている仮想マシンのスナップショットを作成するために、VM でインターネット接続が必要です。For the unsupported regions, internet connectivity is required on the VM to take snapshots of Virtual Machines with WA enabled.

    重要な注意: これらのサポートされないリージョンでは、WA ディスクを使用する仮想マシンは、正常なバックアップのためにインターネット接続を必要とします (これらのディスクがバックアップから除外されている場合でも)。Important note: In those unsupported regions, virtual machines with WA disks need internet connectivity for a successful backup (even though those disks are excluded from the backup).
    重複除去された VM/ディスクのバックアップと復元Back up & Restore deduplicated VMs/disks Azure Backup では、重複除去はサポートされていません。Azure Backup doesn't support deduplication. 詳細については、こちらの記事を参照してくださいFor more information, see this article

    - Azure Backup では、Recovery Services コンテナー内の VM 全体で重複除去されることはありません- Azure Backup doesn't deduplicate across VMs in the Recovery Services vault

    - 復元中に重複除去状態の VM がある場合、コンテナーで形式が認識されないため、ファイルを復元することはできません。- If there are VMs in deduplication state during restore, the files can't be restored because the vault doesn't understand the format. ただし、完全な VM 復元は正常に実行できます。However, you can successfully perform the full VM restore.
    保護された VM にディスクを追加するAdd disk to protected VM サポートされています。Supported.
    保護された VM でディスクのサイズを変更するResize disk on protected VM サポートされています。Supported.
    共有ストレージShared storage クラスターの共有ボリューム (CSV) またはスケールアウト ファイル サーバーを使用した VM のバックアップはサポートされていません。Backing up VMs using Cluster Shared Volume (CSV) or Scale-Out File Server isn't supported. バックアップ中に CSV ライターが失敗する可能性があります。CSV writers are likely to fail during backup. また、復元時に CSV ボリュームを含むディスクが起動しない可能性があります。On restore, disks containing CSV volumes might not come-up.
    共有ディスクShared disks サポートされていません。Not supported.
    Ultra SSD ディスクUltra SSD disks サポートされていません。Not supported. 詳細については、制限に関するページを参照してください。For more information, see these limitations.
    一時ディスクTemporary disks 一時ディスクは Azure Backup ではバックアップされません。Temporary disks aren't backed up by Azure Backup.

    VM ネットワークのサポートVM network support

    コンポーネントComponent サポートSupport
    ネットワーク インターフェイス (NIC) の数Number of network interfaces (NICs) 特定の Azure VM サイズでサポートされている NIC の最大数まで。Up to maximum number of NICs supported for a specific Azure VM size.

    復元処理中に VM が作成されると、NIC が作成されます。NICs are created when the VM is created during the restore process.

    復元された VM の NIC の数は、保護を有効にしたときの VM の NIC の数を反映します。The number of NICs on the restored VM mirrors the number of NICs on the VM when you enabled protection. 保護を有効にした後で NIC を削除しても、数には影響しません。Removing NICs after you enable protection doesn't affect the count.
    外部/内部ロード バランサーExternal/internal load balancer サポートされています。Supported.

    特別なネットワーク設定での VM の復元について詳細を確認してください。Learn more about restoring VMs with special network settings.
    複数の予約済み IP アドレスMultiple reserved IP addresses サポートされています。Supported.

    特別なネットワーク設定での VM の復元について詳細を確認してください。Learn more about restoring VMs with special network settings.
    複数のネットワーク アダプターを持つ VMVMs with multiple network adapters サポートされています。Supported.

    特別なネットワーク設定での VM の復元について詳細を確認してください。Learn more about restoring VMs with special network settings.
    パブリック IP アドレスを持つ VMVMs with public IP addresses サポートされています。Supported.

    既存のパブリック IP アドレスを NIC に関連付けるか、復元後にアドレスを作成して NIC に関連付けます。Associate an existing public IP address with the NIC, or create an address and associate it with the NIC after restore is done.
    NIC/サブネットでのネットワーク セキュリティ グループ (NSG)Network security group (NSG) on NIC/subnet. サポートされています。Supported.
    静的 IP アドレスStatic IP address サポートされていません。Not supported.

    復元ポイントから作成された新しい VM には、動的 IP アドレスが割り当てられます。A new VM that's created from a restore point is assigned a dynamic IP address.

    クラシック VM では、予約済み IP アドレスを持ち、エンドポイントが定義されていない VM はバックアップできません。For classic VMs, you can't back up a VM with a reserved IP address and no defined endpoint.
    動的 IP アドレスDynamic IP address サポートされています。Supported.

    ソース VM の NIC が動的 IP アドレスを使用する場合、既定では、復元された VM の NIC も動的 IP アドレスを使用します。If the NIC on the source VM uses dynamic IP addressing, by default the NIC on the restored VM will use it too.
    Azure の Traffic ManagerAzure Traffic Manager サポートされています。Supported.

    バックアップされた VM が Traffic Manager にある場合、復元された VM を同じ Traffic Manager インスタンスに手動で追加します。If the backed-up VM is in Traffic Manager, manually add the restored VM to the same Traffic Manager instance.
    Azure DNSAzure DNS サポートされています。Supported.
    [カスタム DNS]Custom DNS サポートされています。Supported.
    HTTP プロキシを介したアウトバウンド接続Outbound connectivity via HTTP proxy サポートされています。Supported.

    認証済みプロキシはサポートされていません。An authenticated proxy isn't supported.
    仮想ネットワーク サービス エンドポイントVirtual network service endpoints サポートされています。Supported.

    ファイアウォールと仮想ネットワークのストレージ アカウントの設定で、すべてのネットワークからのアクセスを許可する必要があります。Firewall and virtual network storage account settings should allow access from all networks.

    VM のセキュリティと暗号化のサポートVM security and encryption support

    Azure Backup では、転送中と保存時のデータの暗号化をサポートしています。Azure Backup supports encryption for in-transit and at-rest data:

    Azure へのネットワーク トラフィック:Network traffic to Azure:

    • サーバーから Recovery Services コンテナーへのバックアップ トラフィックは、Advanced Encryption Standard 256 を使用して暗号化されます。Backup traffic from servers to the Recovery Services vault is encrypted by using Advanced Encryption Standard 256.

    • バックアップ データは、セキュリティで保護された HTTPS リンク経由で送信されます。Backup data is sent over a secure HTTPS link.

    • バックアップ データは、暗号化された形式で Recovery Services コンテナーに格納されます。The backup data is stored in the Recovery Services vault in encrypted form.

    • このデータのロックを解除する暗号化キーを持っているのはお客様だけです。Only you have the encryption key to unlock this data. Microsoft は、どの時点でも、バックアップ データの暗号化を解除できません。Microsoft can't decrypt the backup data at any point.

      警告

      コンテナーを設定すると、設定したユーザーのみが暗号化キーにアクセスできます。After you set up the vault, only you have access to the encryption key. Microsoft がコピーを保持することはなく、キーにアクセスすることもできません。Microsoft never maintains a copy and doesn't have access to the key. キーを紛失した場合、Microsoft はバックアップ データを復旧できません。If the key is misplaced, Microsoft can't recover the backup data.

    データのセキュリティ:Data security:

    • Azure VM をバックアップする場合、仮想マシンの 内部 で暗号化を設定する必要があります。When backing up Azure VMs, you need to set up encryption within the virtual machine.
    • Azure Backup は Azure Disk Encryption をサポートしており、Windows 仮想マシンでは BitLocker が、Linux 仮想マシンでは dm-crypt が使用されます。Azure Backup supports Azure Disk Encryption, which uses BitLocker on Windows virtual machines and us dm-crypt on Linux virtual machines.
    • Azure Backup のバックエンドでは Azure Storage Service Encryption が使用されており、これによって保存データが保護されます。On the back end, Azure Backup uses Azure Storage Service encryption, which protects data at rest.
    マシンMachine 転送中In transit 保存時At rest
    オンプレミスの Windows マシン (DPM または MABS なし)On-premises Windows machines without DPM/MABS はい はい
    Azure VMAzure VMs はい はい
    オンプレミス VM または Azure VM (DPM あり)On-premises/Azure VMs with DPM はい はい
    オンプレミス VM または Azure VM (MABS あり)On-premises/Azure VMs with MABS はい はい

    VM の圧縮のサポートVM compression support

    Backup では、次の表にまとめられているように、バックアップ トラフィックの圧縮をサポートしています。Backup supports the compression of backup traffic, as summarized in the following table. 次のことを考慮してください。Note the following:

    • Azure VM では、ストレージ ネットワーク経由で Azure ストレージ アカウントから直接データが VM 拡張機能によって読み取られます。For Azure VMs, the VM extension reads the data directly from the Azure storage account over the storage network. このトラフィックを圧縮する必要はありません。It isn't necessary to compress this traffic.
    • DPM や MABS を使用する場合は、DPM や MABS にデータをバックアップする前に圧縮することにより、帯域幅を節約できます。If you're using DPM or MABS, you can save bandwidth by compressing the data before it's backed up to DPM/MABS.
    マシンMachine MABS または DPM に圧縮 (TCP)Compress to MABS/DPM (TCP) コンテナーに圧縮 (HTTPS)Compress to vault (HTTPS)
    オンプレミスの Windows マシン (DPM または MABS なし)On-premises Windows machines without DPM/MABS NANA はい
    Azure VMAzure VMs NANA NANA
    オンプレミス VM または Azure VM (DPM あり)On-premises/Azure VMs with DPM はい はい
    オンプレミス VM または Azure VM (MABS あり)On-premises/Azure VMs with MABS はい はい

    次のステップNext steps