Azure ディスク バックアップの概要Overview of Azure Disk Backup

Azure ディスク バックアップは、マネージド ディスク内のデータを保護するネイティブのクラウドベースのバックアップ ソリューションです。Azure Disk Backup is a native, cloud-based backup solution that protects your data in managed disks. これはわずかな手順でマネージド ディスクの保護を構成できる、シンプルで安全なコスト効率の高いソリューションです。It's a simple, secure, and cost-effective solution that enables you to configure protection for managed disks in a few steps. これによって災害時にデータを復旧できるようになります。It assures that you can recover your data in a disaster scenario.

Azure ディスク バックアップは、スナップショットの定期的な作成を自動化し、バックアップ ポリシーを使用して構成された期間にわたってそのスナップショットを保持することで、マネージド ディスクのスナップショット ライフサイクル管理を提供する、ターンキー ソリューションを提供します。Azure Disk Backup offers a turnkey solution that provides snapshot lifecycle management for managed disks by automating periodic creation of snapshots and retaining it for configured duration using backup policy. インフラストラクチャ コストなしでディスク スナップショットを管理でき、カスタム スクリプトも管理費用も必要ありません。You can manage the disk snapshots with zero infrastructure cost and without the need for custom scripting or any management overhead. これは、1 日に複数のバックアップをサポートする増分スナップショットを使用してマネージド ディスクの特定時点のバックアップを作成する、クラッシュ整合性バックアップ ソリューションです。This is a crash-consistent backup solution that takes point-in-time backup of a managed disk using incremental snapshots with support for multiple backups per day. また、エージェントレスのソリューションでもあり、運用アプリケーションのパフォーマンスに影響しません。It's also an agent-less solution and doesn't impact production application performance. 実行中の Azure 仮想マシンに OS とデータ ディスク (共有ディスクを含む) が現在接続されているかどうかにかかわらず、この両方のバックアップと復元がサポートされます。It supports backup and restore of both OS and data disks (including shared disks), whether or not they're currently attached to a running Azure virtual machine.

データ ディスクを含む仮想マシンのアプリケーション整合性バックアップが必要な場合、またはバックアップから仮想マシン全体を復元したり、ファイルまたはフォルダーを復元したり、セカンダリ リージョンに復元したりするオプションが必要な場合は、Azure VM バックアップ ソリューションを使用します。If you require application-consistent backup of virtual machine including the data disks, or an option to restore an entire virtual machine from backup, restore a file or folder, or restore to a secondary region, then use the Azure VM backup solution. Azure Backup では、Azure VM バックアップ ソリューションに加えて、ディスク バックアップを使用したマネージド ディスクのバックアップの並列サポートが提供されます。Azure Backup offers side-by-side support for backup of managed disks using Disk Backup in addition to Azure VM backup solutions. これは、仮想マシンの 1 日 1 回のアプリケーション整合性バックアップと、運用アプリケーションのパフォーマンスに影響を与えることなく OS ディスクまたは特定のデータ ディスクのより頻繁なクラッシュ整合性バックアップも行う必要がある場合に便利です。This is useful when you need once-a-day application consistent backups of virtual machines and also more frequent backups of OS disks or a specific data disk that are crash consistent, and don't impact the production application performance.

Azure ディスク バックアップは、バックアップ センターに統合され、これによって企業が Azure でバックアップを大規模に管理、監視、操作、分析するための 1 つに統合された管理エクスペリエンス が実現されます。Azure Disk Backup is integrated into Backup Center, which provides a single unified management experience in Azure for enterprises to govern, monitor, operate, and analyze backups at scale.

ディスク バックアップの主な利点Key benefits of Disk Backup

Azure ディスク バックアップは、増分スナップショットを使用する、エージェントレスでクラッシュ整合性のあるソリューションで、次のような利点があります。Azure Disk backup is an agentless and crash consistent solution that uses incremental snapshots and offers the following advantages:

  • 仮想マシンを中断することなく、より頻繁に高速なバックアップを行うことができます。More frequent and quick backups without interrupting the virtual machine.
  • 運用アプリケーションのパフォーマンスには影響しません。Doesn't affect the performance of the production application.
  • カスタム スクリプトの実行もエージェントのインストールも不要であるため、セキュリティ上の懸念がありません。No security concerns since it doesn't require running custom scripts or installing agents.
  • 仮想マシン全体をバックアップする場合と比べて、特定のディスクをバックアップするコスト効率に優れたソリューションです。A cost-effective solution to back up specific disks when compared to backing up entire virtual machine.

Azure ディスク バックアップ ソリューションは、次のようなシナリオで役立ちます。Azure Disk backup solution is useful in the following scenarios:

  • アプリケーションを休止することなく、1 日のうちに頻繁にバックアップする必要があるNeed for frequent backups per day without application being quiescent
  • クラスター シナリオで実行されているアプリ: Windows Server フェールオーバー クラスターと Linux クラスターの両方で共有ディスクへの書き込みが行われているApps running in a cluster scenario: both Windows Server Failover Cluster and Linux clusters are writing to shared disks
  • アプリケーションのセキュリティまたはパフォーマンスに関する懸念があるため、エージェントレス バックアップを特に行う必要があるSpecific need for agentless backup because of security or performance concerns on the application
  • 基幹業務アプリでボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) がサポートされていないため、VM のアプリケーション整合性バックアップを実現できないApplication consistent backup of VM isn't feasible since line-of-business apps don't support Volume Shadow Copy Service (VSS).

次のシナリオでは、Azure ディスク バックアップを検討してください。Consider Azure Disk Backup in scenarios where:

  • ミッション クリティカルなアプリケーションが実行されている Azure 仮想マシンにおいて、回復ポイントの目標を達成するために 1 日に複数回のバックアップが必要であるが、運用環境やアプリケーションのパフォーマンスに影響を与えてはならないa mission-critical application is running on an Azure Virtual machine that demands multiple backups per day to meet the recovery point objective, but without impacting the production environment or application performance
  • セキュリティ上の懸念があるため、組織または業界の規制によりエージェントのインストールが制限されているyour organization or industry regulation restricts installing agents because of security concerns
  • カスタムの事前または事後スクリプトを実行し、Linux 仮想マシンで凍結と解凍を呼び出してアプリケーション整合性バックアップを取得すると、利用可能な運用ワークロードに対して過度のオーバーヘッドが発生するexecuting custom pre or post scripts and invoking freeze and thaw on Linux virtual machines to get application-consistent backup puts undue overhead on production workload availability
  • Azure Kubernetes Service (AKS クラスター) 上で実行されているコンテナ化されたアプリケーションが、マネージド ディスクを永続ストレージとして使用している。containerized applications running on Azure Kubernetes Service (AKS cluster) are using managed disks as persistent storage. 現在、管理が困難な自動化スクリプトを使用して、マネージド ディスクをバックアップする必要がある。Today you have to back up the managed disk via automation scripts that are hard to manage.
  • マネージド ディスクが、重要なビジネス データを保持しているか、ファイル共有として使用されているか、データベース バックアップ ファイルを格納しており、Azure VM のバックアップに投資せずにバックアップ コストを最適化する必要があるa managed disk is holding critical business data, used as a file-share, or contains database backup files, and you want to optimize backup cost by not investing in Azure VM backup
  • Web サーバーまたはステートレス マシンをホストしているか、アプリケーション構成設定を持つステージング環境として機能している多くの Linux および Windows の単一ディスク仮想マシン (OS ディスクのみ存在してデータ ディスクが接続されていない仮想マシン) がある場合に、OS ディスクを保護するためのコスト効率の高いバックアップ ソリューションを必要としている。You have many Linux and Windows single-disk virtual machines (that is, a virtual machine with just an OS disk and no data disks attached) that host webserver or state-less machines or serves as a staging environment with application configuration settings and you need a cost efficient backup solution to protect the OS disk. たとえば、仮想マシンをアップグレードするか修正プログラムを適用する前に、迅速なオンデマンド バックアップをトリガーする場合。For example, to trigger a quick on-demand backup before upgrading or patching the virtual machine
  • Azure VM バックアップ ソリューションでサポートされていない OS 構成 (Windows Server 2008 32 ビット版など) が仮想マシンで実行されているa virtual machine is running an OS configuration that is unsupported by Azure VM backup solution (for example, Windows 2008 32-bit Server)

バックアップと復元のプロセスのしくみHow the backup and restore process works

  • Azure マネージド ディスクのバックアップを構成するための最初の手順は、バックアップ コンテナーを作成することです。The first step in configuring backup for Azure managed disks is creating a Backup vault. このコンテナーは、さまざまなワークロードにわたって構成されているバックアップの統合ビューを提供します。The vault gives you a consolidated view of the backups configured across different workloads.

  • 次に、バックアップの頻度と保有期間を構成できるバックアップ ポリシーを作成します。Then create a Backup policy that allows you to configure backup frequency and retention duration.

  • バックアップを構成するには、バックアップ コンテナーに移動し、バックアップ ポリシーを割り当てて、バックアップが必要なマネージド ディスクを選択し、スナップショットを格納および管理するリソース グループを指定します。To configure backup, go to the Backup vault, assign a backup policy, select the managed disk that needs to be backed up and provide a resource group where the snapshots are to be stored and managed. Azure Backup はバックアップの頻度に応じて、ディスクの増分スナップショットを作成するスケジュールされたバックアップ ジョブを自動的にトリガーします。Azure Backup automatically triggers scheduled backup jobs that create an incremental snapshot of the disk according to the backup frequency. 古いスナップショットは、バックアップ ポリシーで指定された保有期間に従って削除されます。Older snapshots are deleted according to the retention duration specified by the backup policy.

  • Azure Backup ではマネージド ディスクの増分スナップショットが使用されます。Azure Backup uses incremental snapshots of the managed disk. 増分スナップショットは、前回のスナップショット以降のディスクへの差分変更に対して課金される、コスト効率に優れたマネージド ディスクの特定時点のバックアップです。Incremental snapshots are a cost-effective, point-in-time backup of managed disks that are billed for the delta changes to the disk since the last snapshot. これは常に、親ディスクの記憶域の種類に関係なく、最もコスト効率の高い記憶域である Standard HDD ストレージに格納されます。They're always stored on the most cost-effective storage, standard HDD storage regardless of the storage type of the parent disks. ディスクの最初のスナップショットには、ディスクの使用済みサイズの部分が収容され、後続の増分スナップショットには、最後のスナップショット以降のディスクへの差分変更が格納されます。The first snapshot of the disk will occupy the used size of the disk, and consecutive incremental snapshots store delta changes to the disk since the last snapshot.

  • マネージド ディスクのバックアップを構成すると、バックアップ コンテナー内にバックアップ インスタンスが作成されます。Once you configure the backup of a managed disk, a backup instance will be created within the backup vault. バックアップ インスタンスを使用すると、バックアップ操作の正常性を確認したり、オンデマンド バックアップをトリガーしたり、復元操作を実行したりできます。Using the backup instance, you can find health of backup operations, trigger on-demand backups, and perform restore operations. 単一のウィンドウを提供するバックアップ センターを使用して、複数のコンテナーおよびバックアップ インスタンスにわたってバックアップの正常性を表示することもできます。You can also view health of backups across multiple vaults and backup instances using Backup Center, which provides a single pane of glass view.

  • 復元する場合は、ディスクを復元する回復ポイントを選択するだけです。To restore, just select the recovery point from which you want to restore the disk. スナップショットから復元されたディスクを作成するリソース グループを指定します。Provide the resource group where the restored disk is to be created from the snapshot. スナップショットはお使いのサブスクリプションにローカルに格納されるため、Azure Backup は瞬時に復元を行うことができます。Azure Backup provides an instant restore experience since the snapshots are stored locally in your subscription.

  • バックアップ コンテナーは、マネージド ID を使用して他の Azure リソースにアクセスします。Backup Vault uses Managed Identity to access other Azure resources. マネージド ディスクのバックアップを構成して、以前のバックアップから復元するには、バックアップ コンテナーのマネージド ID に、ソース ディスク、スナップショットを作成および管理するスナップショット リソース グループ、およびバックアップを復元するターゲット リソース グループに対する一連のアクセス許可が必要です。To configure backup of a managed disk and to restore from past backup, Backup Vault’s managed identity requires a set of permissions on the source disk, the snapshot resource group where snapshots are created and managed, and the target resource group where you want to restore the backup. マネージド ID には、Azure ロールベースのアクセス制御 (Azure RBAC) を使用してアクセス許可を付与できます。You can grant permissions to the managed identity by using Azure role-based access control (Azure RBAC). マネージド ID は、Azure リソースでのみ使用できる特殊な種類のサービス プリンシパルです。Managed identity is a service principal of a special type that may only be used with Azure resources. マネージド ID の詳細を確認してください。Learn more about Managed Identities.

  • 現在 Azure ディスク バックアップでは、マネージド ディスクの運用バックアップがサポートされており、バックアップがバックアップ コンテナー ストレージにコピーされません。Currently Azure Disk Backup supports operational backup of managed disks and doesn't copy the backups to Backup Vault storage. サポート対象およびサポート対象外のシナリオの詳細な一覧については、サポート マトリックスを参照してください。Refer to the support matrixfor a detailed list of supported and unsupported scenarios, and region availability.

価格Pricing

Azure Backup では、Azure ディスクを保護するためのスナップショット ライフサイクル管理ソリューションが提供されています。Azure Backup offers a snapshot lifecycle management solution for protecting Azure Disks. Azure Backup によって作成されたディスク スナップショットはお使いの Azure サブスクリプション内のリソース グループに格納され、スナップショット ストレージ 料金が発生します。The disk snapshots created by Azure Backup are stored in the resource group within your Azure subscription and incur Snapshot Storage charges. スナップショットの価格の詳細については、「Managed Disks の価格」を参照してください。You can visit Managed Disk Pricing for more details about the snapshot pricing. スナップショットはバックアップ コンテナーにコピーされないため、Azure Backup では 保護されたインスタンス の料金が課金されず、バックアップ ストレージ コストが適用されません。Because the snapshots aren't copied to the Backup Vault, Azure Backup doesn't charge a Protected Instance fee and Backup Storage cost doesn't apply. さらに、増分スナップショットには前回のスナップショット以降の差分変更が収容され、親マネージド ディスクのストレージの種類に関係なく、常に Standard Storage に格納され、Standard Storage の価格に従って課金されます。Additionally, incremental snapshots occupy delta changes since the last snapshot and are always stored on standard storage regardless of the storage type of the parent-managed disks and are charged according to the pricing of standard storage. このため、Azure ディスク バックアップはコスト効率の高いソリューションになります。This makes Azure Disk Backup a cost-effective solution.

次の手順Next steps