PowerShell を使用して Azure ファイル共有のバックアップを管理するManage Azure file share backups with PowerShell

この記事では、Azure PowerShell を使用して、Azure Backup サービスによってバックアップされた Azure ファイル共有を管理および監視する方法について説明します。This article describes how to use Azure PowerShell to manage and monitor the Azure file shares that are backed up by the Azure Backup service.

警告

PowerShell のバージョンが、AFS バックアップ用の "Az.RecoveryServices 2.6.0" のための最小バージョンにアップグレードされていることを確認してください。Make sure the PowerShell version is upgraded to the minimum version for 'Az.RecoveryServices 2.6.0' for AFS backups. 詳細については、この変更の要件の概要が記載されているこちらのセクションを参照してください。For more details, refer to the section outlining the requirement for this change.

保護ポリシーを変更するModify the protection policy

Azure ファイル共有のバックアップに使用するポリシーを変更するには、Enable-AzRecoveryServicesBackupProtection を使用します。To change the policy used for backing up the Azure file share, use Enable-AzRecoveryServicesBackupProtection. 関連するバックアップ項目と新しいバックアップ ポリシーを指定します。Specify the relevant backup item and the new backup policy.

次の例では、testAzureFS の保護ポリシーを dailyafs から monthlyafs に変更します。The following example changes the testAzureFS protection policy from dailyafs to monthlyafs.

$monthlyafsPol =  Get-AzRecoveryServicesBackupProtectionPolicy -Name "monthlyafs"
$afsContainer = Get-AzRecoveryServicesBackupContainer -FriendlyName "testStorageAcct" -ContainerType AzureStorage
$afsBkpItem = Get-AzRecoveryServicesBackupItem -Container $afsContainer -WorkloadType AzureFiles -Name "testAzureFS"
Enable-AzRecoveryServicesBackupProtection -Item $afsBkpItem -Policy $monthlyafsPol

バックアップ ジョブと復元ジョブを追跡するTrack backup and restore jobs

オンデマンドのバックアップ操作や復元操作では、オンデマンド バックアップの実行で示したように、ID と共にジョブが返されます。On-demand backup and restore operations return a job along with an ID, as shown when you run an on-demand backup. ジョブの進行状況と詳細を追跡するには、Get-AzRecoveryServicesBackupJobDetails コマンドレットを使用します。Use the Get-AzRecoveryServicesBackupJobDetails cmdlet to track the job progress and details.

$job = Get-AzRecoveryServicesBackupJob -JobId 00000000-6c46-496e-980a-3740ccb2ad75 -VaultId $vaultID

 $job | fl


IsCancellable        : False
IsRetriable          : False
ErrorDetails         : {Microsoft.Azure.Commands.RecoveryServices.Backup.Cmdlets.Models.AzureFileShareJobErrorInfo}
ActivityId           : 00000000-5b71-4d73-9465-8a4a91f13a36
JobId                : 00000000-6c46-496e-980a-3740ccb2ad75
Operation            : Restore
Status               : Failed
WorkloadName         : testAFS
StartTime            : 12/10/2018 9:56:38 AM
EndTime              : 12/10/2018 11:03:03 AM
Duration             : 01:06:24.4660027
BackupManagementType : AzureStorage

$job.ErrorDetails

 ErrorCode ErrorMessage                                          Recommendations
 --------- ------------                                          ---------------
1073871825 Microsoft Azure Backup encountered an internal error. Wait for a few minutes and then try the operation again. If the issue persists, please contact Microsoft support.

ファイル共有の保護の停止Stop protection on a file share

Azure ファイル共有の保護を停止するには、次の 2 つの方法があります。There are two ways to stop protecting Azure file shares:

  • 以降のすべてのバックアップ ジョブを停止し、すべての復旧ポイントを "削除" しますStop all future backup jobs and delete all recovery points
  • 以降のすべてのバックアップ ジョブを停止しますが、復旧ポイントは "そのまま" にしますStop all future backup jobs but leave the recovery points

Azure Backup によって作成された基になるスナップショットが保持されるため、ストレージに復旧ポイントをそのまま残す場合にはコストが伴う可能性があります。There may be a cost associated with leaving the recovery points in storage, as the underlying snapshots created by Azure Backup will be retained. 一方、復旧ポイントを残す利点は、必要に応じて後でファイル共有を復元できることです。However, the benefit of leaving the recovery points is you can restore the file share later, if desired. 復旧ポイントを保持するためのコストについては、「 価格の詳細」を参照してください。For information about the cost of leaving the recovery points, see the pricing details. すべての復旧ポイントを削除するように選択した場合、ファイル共有を復元することはできません。If you choose to delete all recovery points, you can't restore the file share.

保護を停止して復旧ポイントを保持するStop protection and retain recovery points

データを保持したまま保護を停止するには、Disable-AzRecoveryServicesBackupProtection コマンドレットを使用します。To stop protection while retaining data, use the Disable-AzRecoveryServicesBackupProtection cmdlet.

次の例では、すべての回復ポイントを保持しつつ、afsfileshare ファイル共有の保護を停止します。The following example stops protection for the afsfileshare file share but retains all recovery points:

$vaultID = Get-AzRecoveryServicesVault -ResourceGroupName "afstesting" -Name "afstest" | select -ExpandProperty ID
$bkpItem = Get-AzRecoveryServicesBackupItem -BackupManagementType AzureStorage -WorkloadType AzureFiles -Name "afsfileshare" -VaultId $vaultID
Disable-AzRecoveryServicesBackupProtection -Item $bkpItem -VaultId $vaultID
WorkloadName     Operation         Status         StartTime                 EndTime                   JobID
------------     ---------         ------         ---------                 -------                   -----
afsfileshare     DisableBackup     Completed      1/26/2020 2:43:59 PM      1/26/2020 2:44:21 PM      98d9f8a1-54f2-4d85-8433-c32eafbd793f

出力の Job ID 属性は、"保護停止" 操作のためにバックアップ サービスによって作成されたジョブの Job ID に対応しています。The Job ID attribute in the output corresponds to the Job ID of the job that's created by the backup service for your “stop protection” operation. ジョブの状態を追跡するには、Get-AzRecoveryServicesBackupJob コマンドレットを使用します。To track the status of the job, use the Get-AzRecoveryServicesBackupJob cmdlet.

復旧ポイントを保持しないで保護を停止するStop protection without retaining recovery points

回復ポイントを保持しないで保護を停止するには、Disable-AzRecoveryServicesBackupProtection コマンドレットを使用して、 -RemoveRecoveryPoints パラメーターを追加します。To stop protection without retaining recovery points, use the Disable-AzRecoveryServicesBackupProtection cmdlet and add the -RemoveRecoveryPoints parameter.

次の例では、復旧ポイントを保持しないで、afsfileshare ファイル共有の保護を停止します。The following example stops protection for the afsfileshare file share without retaining recovery points:

$vaultID = Get-AzRecoveryServicesVault -ResourceGroupName "afstesting" -Name "afstest" | select -ExpandProperty ID
$bkpItem = Get-AzRecoveryServicesBackupItem -BackupManagementType AzureStorage -WorkloadType AzureFiles -Name "afsfileshare" -VaultId $vaultID
Disable-AzRecoveryServicesBackupProtection -Item $bkpItem -VaultId $vaultID -RemoveRecoveryPoints
WorkloadName     Operation            Status         StartTime                 EndTime                   JobID
------------     ---------            ------         ---------                 -------                   -----
afsfileshare     DeleteBackupData     Completed      1/26/2020 2:50:57 PM      1/26/2020 2:51:39 PM      b1a61c0b-548a-4687-9d15-9db1cc5bcc85

次のステップNext steps

Azure portal で Azure ファイル共有のバックアップを管理する方法について学習しますLearn about managing Azure file share backups in the Azure portal.