Azure VM 内の SQL Server のバックアップに関するサポート マトリックス

Azure Backup を使用すると、Microsoft Azure クラウド プラットフォームでホストされている Azure VM 内の SQL Server データベースをバックアップできます。 この記事では、Azure VM 内の SQL Server のバックアップのシナリオとデプロイの一般的なサポート設定と制限事項について説明します。

シナリオのサポート

サポート 詳細
サポートされているデプロイ SQL Marketplace の Azure VM と、Marketplace 以外の (SQL Server が手動でインストールされる) VM がサポートされています。
サポートされているリージョン SQL Server データベース用 Azure Backup は、フランス南部 (FRS)、英国北部 (UKN)、英国南部 2 (UKS2)、UG アイオワ (UGI)、ドイツ (Black Forest) を除くすべてのリージョンで利用できます。
サポートされているオペレーティング システム Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 SP1

Linux は現在サポートされていません。
サポートされる SQL Server のバージョン SQL Server 2019、SQL Server 2017 (詳細は「製品のライフサイクルの検索」ページを参照)、SQL Server 2016 および SP (詳細は「製品のライフサイクルの検索」ページを参照)、SQL Server 2014、SQL Server 2012、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2008

Enterprise、Standard、Web、Developer、Express。

Express LocalDB のバージョンはサポートされていません。
サポートされている .NET バージョン VM にインストールされている .NET Framework 4.5.2 以降
サポートされているデプロイ SQL Marketplace の Azure VM と、Marketplace 以外の (SQL Server が手動でインストールされる) VM がサポートされています。 スタンドアロン インスタンスのサポートは、常に可用性グループで行います。

機能の考慮事項と制限事項

設定 上限
サーバー (およびコンテナー内) で保護できるデータベースの数 2000
サポートされているデータベース サイズ (これを超えると、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります) 6 TB*
データベースでサポートされているファイルの数 1000
1 日あたりにサポートされる完全バックアップの数 1 つのスケジュールされたバックアップ。

オンデマンド バックアップが 3 回。

1 日に 3 回以上のバックアップをトリガーしないことをお勧めします。 ただし、試行が失敗した場合にユーザーが再試行できるようにするために、オンデマンド バックアップのハード制限は 9 回の試行に設定されます。
ログ配布 バックアップする SQL サーバー データベースでログ配布を有効にする場合は、バックアップ ポリシーでログ バックアップを無効にすることをお勧めします。 これは、ログ配布 (プライマリ データベースからセカンダリ データベースにトランザクション ログを自動的に送信する) が、Azure Backup を介して有効になっているログ バックアップに干渉するためです。

そのため、ログ配布を有効にする場合は、ポリシーで完全バックアップまたは差分バックアップのみが有効になっていることを確認してください。
オンデマンド バックアップの保持期間 完全バックアップ/差分バックアップ/増分バックアップの場合、既定の保持期間は 45 日です。

コピーのみの完全バックアップの場合は、カスタム保持期間を定義できます。

*データベース サイズの制限は、サポートされているデータ転送とバックアップの制限時間の構成によって異なります。 ハードの制限ではありません。 バックアップのスループット パフォーマンスに関する詳細情報

  • SQL Server のバックアップは、Azure portal または PowerShell を使用して構成できます。 CLI はサポートされていません。
  • このソリューションは、Azure Resource Manager VM とクラシック VM のどちらの種類のデプロイでもサポートされます。
  • すべてのバックアップの種類 (完全、差分、ログ) と復旧モデル (簡易、完全、一括ログ) がサポートされています。
  • 読み取り専用データベースの場合: 完全とコピーのみの完全バックアップだけが、バックアップの種類としてサポートされています。
  • SQL ネイティブの圧縮は、バックアップ ポリシーでユーザーが明示的に有効にした場合にサポートされます。 Azure Backup を使用すると、ユーザーが設定したこのコントロールの値に応じて、COMPRESSION または NO_COMPRESSION 句を使用してインスタンス レベルの既定値がオーバーライドされます。
  • TDE - 有効なデータベース バックアップがサポートされています。 TDE で暗号化されたデータベースを別の SQL Server に復元するには、まず証明書を宛先サーバーに復元する必要があります。 SQL Server 2016 以降のバージョンでは、TDE が有効になっているデータベースのバックアップの圧縮は使用できますが、ここで説明されているように転送サイズは低くなります。
  • ミラー データベースおよびデータベース スナップショットのバックアップ操作および復元操作はサポートされていません。
  • SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) はサポートされていません。
  • 名前に拡張子が含まれているデータベースのバックアップはサポートされていません。 これは、IIS サーバーがファイル拡張子要求のフィルター処理を実行するためです。 ただし、.ad.cs.master は許可リストに記載されているため、データベース名で使用できることに注意してください。

Backup のスループットのパフォーマンス

Azure Backup では、大規模な SQL データベース (500 GB) の完全および差分バックアップで、200 Mbps の一貫したデータ転送率がサポートされています。 最適なパフォーマンスを得るために、次のことを確認してください。

  • 基になる VM (データベースをホストする SQL Server インスタンスを含む) が、必要なネットワーク スループットを使用して構成されている。 VM の最大スループットが 200 Mbps 未満の場合、Azure Backup は最適な速度でデータを転送できません。
    また、データベース ファイルを含むディスクには、十分なスループットがプロビジョニングされている必要があります。 Azure VM でのディスクのスループットとパフォーマンスの詳細については、こちらをご覧ください。
  • VM で実行されているプロセスが VM の帯域幅を消費していない。
  • バックアップ スケジュールが、データベースのサブセット全体に分散されている。 VM で同時に実行される複数のバックアップが、バックアップ間でネットワーク消費率を共有している。 同時バックアップの数を制御する方法については、こちらをご覧ください。

Note

VM リソース、帯域幅、バックアップ ポリシーに基づいて、サーバーごとに推奨される保護されたデータベースの概数を算出するために、詳細なリソース プランナーをダウンロードします

次のステップ

Azure VM 上で実行されているSQL Server データベースをバックアップする方法を学習します。