Azure Portal を使用して複数の仮想マシンをバックアップするUse Azure portal to back up multiple virtual machines

Azure でデータをバックアップする場合は、Recovery Services コンテナーと呼ばれる Azure リソースにそのデータを格納します。When you back up data in Azure, you store that data in an Azure resource called a Recovery Services vault. Recovery Services コンテナーのリソースは、ほとんどの Azure サービスの [設定] メニューから利用できます。The Recovery Services vault resource is available from the Settings menu of most Azure services. ほとんどの Azure サービスの [設定] メニューに Recovery Services コンテナーを統合すると、データのバックアップが簡単になるというメリットがあります。The benefit of having the Recovery Services vault integrated into the Settings menu of most Azure services makes it easy to back up data. ただし、ビジネスでデータベースまたは仮想マシンごとに個別に操作するのは面倒です。However, individually working with each database or virtual machine in your business is tedious. すべての仮想マシンのデータを 1 つの部門または 1 つの場所にバックアップする場合はどうでしょうか。What if you want to back up the data for all virtual machines in one department, or in one location? バックアップ ポリシーを作成し、目的の仮想マシンにそのポリシーを適用して、複数の仮想マシンを簡単にバックアップできます。It is easy to back up multiple virtual machines by creating a backup policy and applying that policy to the desired virtual machines. このチュートリアルでは、次の方法について説明します。This tutorial explains how to:

  • Recovery Services コンテナーを作成するCreate a Recovery Services vault
  • バックアップ ポリシーを定義するDefine a backup policy
  • 複数の仮想マシンを保護するバックアップ ポリシーを適用するApply the backup policy to protect multiple virtual machines
  • 保護された仮想マシン用のオンデマンドのバックアップ ジョブをトリガーするTrigger an on-demand backup job for the protected virtual machines

Azure portal にサインインするSign in to the Azure portal

Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

Recovery Services コンテナーを作成するCreate a Recovery Services vault

Recovery Services コンテナーには、バックアップ データと、保護される仮想マシンに適用されるバックアップ ポリシーが含まれます。The Recovery Services vault contains the backup data, and the backup policy applied to the protected virtual machines. 仮想マシンのバックアップはローカルな処理です。Backing up virtual machines is a local process. ある場所から別の場所にある Recovery Services コンテナーに仮想マシンをバックアップすることはできません。You cannot back up a virtual machine from one location to a Recovery Services vault in another location. そのため、バックアップする仮想マシンがある Azure の場所ごとに、少なくとも 1 つの Recovery Services コンテナーが存在する必要があります。So, for each Azure location that has virtual machines to be backed up, at least one Recovery Services vault must exist in that location.

  1. 左側のメニューで [すべてのサービス] を選択し、サービスの一覧に 「Recovery Services」 と入力します。On the left-hand menu, select All services and in the services list, type Recovery Services. 入力中、リソースにフィルターが適用されます。As you type, the list of resources filters. Recovery Services コンテナーが一覧に表示される場合、それを選択すると [Recovery Services コンテナー] メニューが開きます。When you see Recovery Services vaults in the list, select it to open the Recovery Services vaults menu.

    [Recovery Services コンテナー] メニューを開く

  2. [Recovery Services コンテナー] メニューで、 [追加] をクリックして [Recovery Services コンテナー] メニューを開きます。In the Recovery Services vaults menu, click Add to open the Recovery Services vault menu.

    コンテナー メニューを開く

  3. [Recovery Services コンテナー] メニューで、In the Recovery Services vault menu,

    • [名前] に「myRecoveryServicesVault」と入力します。Type myRecoveryServicesVault in Name.
    • 現在のサブスクリプション ID が [サブスクリプション] に表示されます。The current subscription ID appears in Subscription. 追加のサブスクリプションがある場合は、新しいコンテナーに別のサブスクリプションを選択できます。If you have additional subscriptions, you could choose another subscription for the new vault.
    • [リソース グループ][既存のものを使用] を選択し、 [myResourceGroup] を選択します。For Resource group, select Use existing and choose myResourceGroup. [myResourceGroup] が存在しない場合は、 [新規作成] を選択し、 「myResourceGroup」 と入力します。If myResourceGroup doesn't exist, select Create new and type myResourceGroup.
    • [場所] ドロップダウン メニューから [西ヨーロッパ] を選択します。From the Location drop-down menu, choose West Europe.
    • [作成] をクリックし、Recovery Services コンテナーを作成します。Click Create to create your Recovery Services vault.

Recovery Services コンテナーは、保護する仮想マシンと同じ場所にある必要があります。A Recovery Services vault must be in the same location as the virtual machines being protected. 複数のリージョンに仮想マシンがある場合は、各リージョンで Recovery Services コンテナーを作成します。If you have virtual machines in multiple regions, create a Recovery Services vault in each region. このチュートリアルでは、Recovery Services コンテナーを 西ヨーロッパ に作成します。myVM (クイックスタートで作成された仮想マシン) は西ヨーロッパに作成されたためです。This tutorial creates a Recovery Services vault in West Europe because that is where myVM (the virtual machine created with the quickstart) was created.

Recovery Services コンテナーの作成には数分かかることがあります。It can take several minutes for the Recovery Services vault to be created. ポータルの右上の領域で、状態の通知を監視します。Monitor the status notifications in the upper right-hand area of the portal. コンテナーが作成されると、Recovery Services コンテナーの一覧に表示されます。Once your vault is created, it appears in the list of Recovery Services vaults.

Recovery Services コンテナーを作成する場合、既定では、コンテナーには geo 冗長ストレージがあります。When you create a Recovery Services vault, by default the vault has geo-redundant storage. データの回復性を提供するために、geo 冗長ストレージは 2 つの Azure リージョン間でデータを複数回レプリケートします。To provide data resiliency, geo-redundant storage replicates the data multiple times across two Azure regions.

VM を保護するバックアップ ポリシーを設定するSet backup policy to protect VMs

Recovery Services コンテナーを作成した後、次の手順は、データの種類に合わせてコンテナーを構成することと、バックアップ ポリシーを設定することです。After creating the Recovery Services vault, the next step is to configure the vault for the type of data, and to set the backup policy. バックアップ ポリシーは、復旧ポイントを作成する頻度と時期のスケジュールです。Backup policy is the schedule for how often and when recovery points are taken. ポリシーには、復旧ポイントの保持期間も含まれます。Policy also includes the retention range for the recovery points. このチュートリアルでは、ホテル、スタジアム、レストランと売店を備えたスポーツ複合施設のビジネスで、仮想マシン上のデータを保護することを前提とします。For this tutorial, let's assume your business is a sports complex with a hotel, stadium, and restaurants and concessions, and you are protecting the data on the virtual machines. 次の手順では、財務データのバックアップ ポリシーを作成します。The following steps create a backup policy for the financial data.

  1. Recovery Services コンテナーの一覧から [myRecoveryServicesVault] を選択し、そのダッシュボードを開きます。From the list of Recovery Services vaults, select myRecoveryServicesVault to open its dashboard.

    [シナリオ] メニューを開く

  2. コンテナーのダッシュボード メニューの [バックアップ] をクリックして、[バックアップ] メニューを開きます。On the vault dashboard menu, click Backup to open the Backup menu.

  3. [バックアップの目標] メニューで、 [ワークロードはどこで実行されていますか?] ドロップダウン メニューの [Azure] を選択します。On the Backup Goal menu, in the Where is your workload running drop-down menu, choose Azure. [What do you want to backup](バックアップ対象) ドロップダウンから [仮想マシン] を選択し、 [バックアップ] をクリックします。From the What do you want to backup drop-down, choose Virtual machine, and click Backup.

    これらのアクションは、仮想マシンとやり取りするように Recovery Services コンテナーを準備します。These actions prepare the Recovery Services vault for interacting with a virtual machine. Recovery Services コンテナーには、1 日に復元ポイントを 1 つ作成し、復元ポイントを 30 日間保持する既定のポリシーがあります。Recovery Services vaults have a default policy that creates a restore point each day, and retains the restore points for 30 days.

    [シナリオ] メニューを開く

  4. 新規ポリシーを作成するには、[バックアップ ポリシー] メニューで、 [バックアップ ポリシーの選択] ドロップダウン メニューから [新規作成] を選択します。To create a new policy, on the Backup policy menu, from the Choose backup policy drop-down menu, select Create New.

    Select workload

  5. [バックアップ ポリシー] メニューで、 [ポリシー名] に " 「Finance」 と入力します。In the Backup policy menu, for Policy Name type Finance. バックアップ ポリシーの次の変更を入力します。Enter the following changes for the Backup policy:

    • [バックアップの頻度] には、中部標準時 のタイム ゾーンを設定します。For Backup frequency set the timezone for Central Time. スポーツ複合施設はテキサス州にあるため、所有者は時間をローカルにすることを希望しています。Since the sports complex is in Texas, the owner wants the timing to be local. バックアップの頻度は、毎日午前 3 時 30 分に設定したままにします。Leave the backup frequency set to Daily at 3:30AM.

    • [毎日のバックアップ ポイントの保持期間] には、90 日の期間を設定します。For Retention of daily backup point, set the period to 90 days.

    • [毎週のバックアップ ポイントの保持期間] には、 [月曜日] の復元ポイントを使用し、52 週間保持します。For Retention of weekly backup point, use the Monday restore point and retain it for 52 weeks.

    • [毎月のバックアップ ポイントの保持期間] には、月の最初の日曜日の復元ポイントを使用し、36 か月間保持します。For Retention of monthly backup point, use the restore point from First Sunday of the month, and retain it for 36 months.

    • [毎年のバックアップ ポイントの保持期間] オプションの選択を解除します。Deselect the Retention of yearly backup point option. 財務部門のリーダーは、36 か月間より長くデータを保持することを希望していません。The leader of Finance doesn't want to keep data longer than 36 months.

    • [OK] をクリックしてバックアップ ポリシーを作成します。Click OK to create the backup policy.

      Select workload

      バックアップ ポリシーを作成した後に、ポリシーを仮想マシンに関連付けます。After creating the backup policy, associate the policy with the virtual machines.

  6. [仮想マシンの選択] ダイアログで、 [myVM] を選択し、 [OK] をクリックしてバックアップ ポリシーを仮想マシンにデプロイします。In the Select virtual machines dialog, select myVM and click OK to deploy the backup policy to the virtual machines.

    同じ場所にあり、まだバックアップ ポリシーに関連付けられていないすべての仮想マシンが表示されます。All virtual machines that are in the same location, and are not already associated with a backup policy, appear. myVMH1myVMR1 が選択されて 財務 ポリシーに関連付けられます。myVMH1 and myVMR1 are selected to be associated with the Finance policy.

    Select workload

    デプロイが完了すると、デプロイが正常に完了したことを示す通知を受信します。When the deployment completes, you receive a notification that deployment successfully completed.

初回バックアップInitial backup

Recovery Services コンテナーのバックアップを有効にしましたが、初回バックアップは作成されていません。You have enabled backup for the Recovery Services vaults, but an initial backup has not been created. データが保護されるように最初のバックアップをトリガーすることが、ディザスター リカバリーのベスト プラクティスです。It is a disaster recovery best practice to trigger the first backup, so that your data is protected.

オンデマンド バックアップ ジョブを実行するには、次の手順に従います。To run an on-demand backup job:

  1. コンテナー ダッシュボードで、 [バックアップ項目] の下の [3] をクリックして、[バックアップ項目] メニューを開きます。On the vault dashboard, click 3 under Backup Items, to open the Backup Items menu.

    Settings icon

    [バックアップ項目] メニューが開きます。The Backup Items menu opens.

  2. [バックアップ項目] メニューで、 [Azure 仮想マシン] をクリックして、コンテナーに関連付けられている仮想マシンの一覧を開きます。On the Backup Items menu, click Azure Virtual Machine to open the list of virtual machines associated with the vault.

    Settings icon

    [バックアップ項目] の一覧が開きます。The Backup Items list opens.

    Backup job triggered

  3. [バックアップ項目] の一覧で、省略記号 [...] をクリックしてコンテキスト メニューを開きます。On the Backup Items list, click the ellipses ... to open the Context menu.

  4. コンテキスト メニューで、 [今すぐバックアップ] を選択します。On the Context menu, select Backup now.

    コンテキスト メニュー

    [今すぐバックアップ] メニューが開きます。The Backup Now menu opens.

  5. [今すぐバックアップ] メニューで、復旧ポイントを保持する最後の日付を入力し、 [バックアップ] をクリックします。On the Backup Now menu, enter the last day to retain the recovery point, and click Backup.

    今すぐバックアップ回復ポイントを保持する最後の日を設定する

    デプロイ通知で、バックアップ ジョブがトリガーされたこと、および [バックアップ ジョブ] ページでジョブの進行状況を監視できることが示されます。Deployment notifications let you know the backup job has been triggered, and that you can monitor the progress of the job on the Backup jobs page. 仮想マシンのサイズによっては、最初のバックアップの作成に時間がかかる場合があります。Depending on the size of your virtual machine, creating the initial backup may take a while.

    初回バックアップ ジョブが完了したら、[バックアップ ジョブ] メニューでその状態を確認できます。When the initial backup job completes, you can see its status in the Backup job menu. オンデマンド バックアップ ジョブで、myVM の最初の復元ポイントが作成されました。The on-demand backup job created the initial restore point for myVM. 他の仮想マシンをバックアップする場合は、各仮想マシンでこの手順を繰り返します。If you want to back up other virtual machines, repeat these steps for each virtual machine.

    Backup Jobs tile

リソースのクリーンアップClean up resources

引き続きチュートリアルの作業を行う場合は、このチュートリアルで作成したリソースをクリーンアップしないでください。If you plan to continue on to work with subsequent tutorials, do not clean up the resources created in this tutorial. 作業を続行しない場合は、次の手順に従って、このチュートリアルで作成したすべてのリソースを Azure Portal で削除します。If you do not plan to continue, use the following steps to delete all resources created by this tutorial in the Azure portal.

  1. [myRecoveryServicesVault] ダッシュボードで、 [バックアップ項目] の下の [3] をクリックして、[バックアップ項目] メニューを開きます。On the myRecoveryServicesVault dashboard, click 3 under Backup Items, to open the Backup Items menu.

    Settings icon

  2. [バックアップ項目] メニューで、 [Azure 仮想マシン] をクリックして、コンテナーに関連付けられている仮想マシンの一覧を開きます。On the Backup Items menu, click Azure Virtual Machine to open the list of virtual machines associated with the vault.

    Settings icon

    [バックアップ項目] の一覧が開きます。The Backup Items list opens.

  3. [バックアップ項目] メニューで、省略記号をクリックしてコンテキスト メニューを開きます。In the Backup Items menu, click the ellipsis to open the Context menu.

    Settings icon

  4. コンテキスト メニューで、 [バックアップの停止] を選択して [バックアップの停止] メニューを開きます。On the context menu, select Stop backup to open Stop Backup menu.

    Settings icon

  5. [バックアップの停止] メニューで、上のドロップダウン メニューを選択し、 [バックアップ データの削除] を選択します。In the Stop Backup menu, select the upper drop-down menu and choose Delete Backup Data.

  6. [Type the name of the Backup item](バックアップ項目の名前を入力してください) ダイアログで、 「myVM」 と入力します。In the Type the name of the Backup item dialog, type myVM.

  7. バックアップ項目が確認されると (チェック マークが表示されます)、 [バックアップの停止] ボタンが有効になります。Once the backup item is verified (a check mark appears), Stop backup button is enabled. [バックアップの停止] をクリックしてポリシーを停止し、復元ポイントを削除します。Click Stop Backup to stop the policy and delete the restore points.

    [バックアップの停止] をクリックしてコンテナーを削除する

  8. [myRecoveryServicesVault] メニューで、 [削除] をクリックします。In the myRecoveryServicesVault menu, click Delete.

    [バックアップの停止] をクリックしてコンテナーを削除する

    コンテナーが削除されると、Recovery Services コンテナーの一覧に戻ります。Once the vault is deleted, you return to the list of Recovery Services vaults.

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、Azure portal を使用して以下を行いました。In this tutorial, you used the Azure portal to:

  • Recovery Services コンテナーを作成するCreate a Recovery Services vault
  • 仮想マシンを保護するようにコンテナーを設定するSet the vault to protect virtual machines
  • カスタムのバックアップ ポリシーと保持ポリシーを作成するCreate a custom backup and retention policy
  • 複数の仮想マシンを保護するポリシーを割り当てるAssign the policy to protect multiple virtual machines
  • 仮想マシンのオンデマンド バックアップをトリガーするTrigger an on-demand back up for virtual machines

ディスクから Azure 仮想マシンを復元するには、次のチュートリアルに進みます。Continue to the next tutorial to restore an Azure virtual machine from disk.