Azure Portal で Batch アカウントを作成するCreate a Batch account with the Azure portal

Azure portal で Azure Batch アカウントを作成し、自分のコンピューティング シナリオに適したアカウント プロパティを選ぶ方法について説明します。Learn how to create an Azure Batch account in the Azure portal, and choose the account properties that fit your compute scenario. アクセス キーやアカウント URL のような重要なアカウント プロパティを確認できる場所を紹介します。Learn where to find important account properties like access keys and account URLs.

Batch アカウントとシナリオの背景情報については、機能の概要に関するページを参照してください。For background about Batch accounts and scenarios, see the feature overview.

Batch アカウントを作成するCreate a Batch account

注意

Batch アカウントの作成時には、ユーザー サブスクリプションBatch サービスのいずれかのプール割り当てモードを選択することができます。When creating a Batch account, you can choose between two pool allocation modes: user subscription and Batch service. ほとんどの場合、既定の Batch サービス モードを選択することになります。このモードでは、Azure で管理されているサブスクリプションにバックグラウンドでプールが割り当てられます。For most cases, you should use the default Batch service mode, in which pools are allocated behind the scenes in Azure-managed subscriptions. もう一方のユーザー サブスクリプション モードでは、プールの作成時に Batch VM などのリソースがサブスクリプションに直接作成されます。In the alternative user subscription mode, Batch VMs and other resources are created directly in your subscription when a pool is created. Azure Reserved VM Instances を使用して Batch プールを作成する場合には、ユーザー サブスクリプション モードを選択する必要があります。User subscription mode is required if you want to create Batch pools using Azure Reserved VM Instances. また、ユーザー サブスクリプション モードで Batch アカウントを作成するには、ご利用のサブスクリプションを Azure Batch に登録し、アカウントを Azure Key Vault に関連付ける必要があります。To create a Batch account in user subscription mode, you must also register your subscription with Azure Batch, and associate the account with an Azure Key Vault.

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. [リソースの作成] > [Compute] > [Batch サービス] の順に選択します。Select Create a resource > Compute > Batch Service.

    Marketplace での Batch

  3. [新しい Batch アカウント] 設定を入力します。Enter New Batch account settings. 次の詳細を確認してください。See the following details.

    Batch アカウントを作成する

    a.a. サブスクリプション:Batch アカウントを作成するサブスクリプション。Subscription: The subscription in which to create the Batch account. サブスクリプションが 1 つのみの場合は、既定でそのサブスクリプションが選択されます。If you have only one subscription, it is selected by default.

    b.b. [リソース グループ] :新しい Batch アカウント用の既存のリソース グループを選択します。必要に応じて、新しく作成することもできます。Resource group: Select an existing resource group for your new Batch account, or optionally create a new one.

    c.c. アカウント名:選択する名前は、アカウントが作成される Azure リージョン内で一意である必要があります (下の [場所] を参照)。Account name: The name you choose must be unique within the Azure region where the account is created (see Location below). アカウント名に含めることができるのは、英小文字と数字のみで、文字数は 3 ~ 24 文字にする必要があります。The account name can contain only lowercase characters or numbers, and must be 3-24 characters in length.

    d.d. [場所] :Batch アカウントを作成する Azure リージョン。Location: The Azure region in which to create the Batch account. サブスクリプションとリソース グループでサポートされているリージョンのみがオプションとして表示されます。Only the regions supported by your subscription and resource group are displayed as options.

    e.e. ストレージ アカウント: Batch アカウントに関連付ける省略可能な Azure ストレージ アカウント。Storage account: An optional Azure Storage account that you associate with your Batch account. 最適なパフォーマンスのために汎用 v2 ストレージ アカウントをお勧めします。A general-purpose v2 storage account is recommended for the best performance. Batch のすべてのストレージ アカウント オプションについては、Batch 機能の概要に関するページを参照してください。For all storage account options in Batch, see the Batch feature overview. ポータルで、既存のストレージ アカウントを選択するか、新しいストレージ アカウントを作成します。In the portal, select an existing storage account, or create a new one.

    ストレージ アカウントの作成

    f.f. プール割り当てモード: [詳細] 設定タブでは、プール割り当てモードに [Batch サービス] または [ユーザー サブスクリプション] を指定できます。Pool allocation mode: In the Advanced settings tab you can specify pool allocation mode as Batch service or User subscription. ほとんどのシナリオで、既定の [Batch サービス] をそのまま使用してください。For most scenarios, accept the default Batch service.

    Batch のプール割り当てモード

  4. [作成] を選択して、アカウントを作成します。Select Create to create the account.

Batch アカウントのプロパティを表示するView Batch account properties

アカウントが作成されたら、そのアカウントを選択して設定とプロパティにアクセスします。Once the account has been created, select the account to access its settings and properties. 左側のメニューを使用すると、アカウントの設定およびプロパティすべてにアクセスできます。You can access all account settings and properties by using the left menu.

Azure Portal の [Batch アカウント] ブレード

  • Batch アカウント名、URL、およびキー:Batch API を使用してアプリケーションを開発する場合は、Batch リソースにアクセスするためにアカウントの URL とキーが必要ですBatch account name, URL, and keys: When you develop an application with the Batch APIs, you need an account URL and key to access your Batch resources. (Batch では Azure Active Directory 認証もサポートされます)。(Batch also supports Azure Active Directory authentication.)

    Batch アカウント アクセス情報を表示するには、 [キー] を選択します。To view the Batch account access information, select Keys.

    Batch account keys in Azure portal

  • Batch アカウントに関連付けられているストレージ アカウントの名前とキーを表示するには、 [ストレージ アカウント] を選択します。To view the name and keys of the storage account associated with your Batch account, select Storage account.

  • Batch アカウントに適用されるリソース クォータを表示するには、 [クォータ] を選択します。To view the resource quotas that apply to the Batch account, select Quotas. 詳細については、「Batch サービスのクォータと制限」を参照してください。For details, see Batch service quotas and limits.

ユーザー サブスクリプション モードのための追加構成Additional configuration for user subscription mode

ユーザー サブスクリプション モードで Batch アカウントを作成することを選択した場合は、アカウントを作成する前に別途、次の手順を実行してください。If you choose to create a Batch account in user subscription mode, perform the following additional steps before creating the account.

Azure Batch によるサブスクリプションへのアクセスを許可する (1 回限りの操作)Allow Azure Batch to access the subscription (one-time operation)

ユーザー サブスクリプション モードで Batch アカウントを初めて作成する場合は、Batch にサブスクリプションを登録する必要がありますWhen creating your first Batch account in user subscription mode, you need to register your subscription with Batch. (既に実行済みの場合は、次のセクションに移ってください)。(If you previously did this, skip to the next section.)

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. [すべてのサービス] > [サブスクリプション] の順に選択し、Batch アカウントに使用するサブスクリプションを選択します。Select All services > Subscriptions, and select the subscription you want to use for the Batch account.

  3. [サブスクリプション] ページで、 [リソース プロバイダー] を選択し、 [Microsoft.Batch] を検索します。In the Subscription page, select Resource providers, and search for Microsoft.Batch. Microsoft.Batch リソース プロバイダーがサブスクリプションに登録されていることを確認します。Check that the Microsoft.Batch resource provider is registered in the subscription. 登録されていない場合は、 [登録] リンクを選択します。If it isn't registered, select the Register link.

    Microsoft.Batch プロバイダーの登録

  4. [サブスクリプション] ページで [アクセス制御 (IAM)] > [ロールの割り当て] > [ロール割り当ての追加] を選択します。In the Subscription page, select Access control (IAM) > Role assignments > Add role assignment.

    サブスクリプションのアクセスの制御

  5. [ロール割り当ての追加] ページで、 [共同作成者] ロールを選択し、Batch API を探します。On the Add role assignment page, select the Contributor role, search for the Batch API. API が見つかるまで、次の各文字列を検索します。Search for each of these strings until you find the API:

    1. MicrosoftAzureBatchMicrosoftAzureBatch.
    2. Microsoft Azure BatchMicrosoft Azure Batch. 新しい Azure AD テナントでは、この名前が使用される場合があります。Newer Azure AD tenants may use this name.
    3. ddbf3205-c6bd-46ae-8127-60eb93363864 は Batch API の ID です。ddbf3205-c6bd-46ae-8127-60eb93363864 is the ID for the Batch API.
  6. Batch API を見つけたら、それを選択して [保存] を選択します。Once you find the Batch API, select it and select Save.

    Batch のアクセス許可を追加する

Key Vault を作成しますCreate a key vault

ユーザー サブスクリプション モードでは、作成する Batch アカウントと同じリソース グループに属する Azure キー コンテナーが必要です。In user subscription mode, an Azure key vault is required that belongs to the same resource group as the Batch account to be created. Batch を利用でき、お使いのサブスクリプションでサポートされているリージョンにそのリソース グループが属していることを確認してください。Make sure the resource group is in a region where Batch is available and which your subscription supports.

  1. Azure portal で、 [新規] > [セキュリティ] > [Key Vault] の順に選択します。In the Azure portal, select New > Security > Key Vault.

  2. [Key Vault の作成] ページで、キー コンテナーの名前を入力し、Batch アカウント用のリージョンでリソース グループを作成します。In the Create Key Vault page, enter a name for the key vault, and create a resource group in the region you want for your Batch account. 残りの設定については既定値のままにして、 [作成] を選択します。Leave the remaining settings at default values, then select Create.

ユーザー サブスクリプション モードで Batch アカウントを作成するときは、キー コンテナーのリソース グループを使用します。When creating the Batch account in user subscription mode, use the resource group for the key vault. プール割り当てモードとして [ユーザー サブスクリプション] を指定し、キー コンテナーを選択し、チェック ボックスをオンにして Azure Batch にそのキー コンテナーへのアクセスを許可します。Specify User subscription as the pool allocation mode, select the key vault, and check the box to grant Azure Batch access to the key vault.

キー コンテナーへのアクセス権を手動で付与する場合は、キー コンテナーの [アクセス ポリシー] セクションに移動して、 [アクセス ポリシーの追加] を選択し、 [Microsoft Azure Batch] を検索します。If you prefer to grant access to the key vault manually, go to the Access policies section of the key vault and select Add Access Policy and search for Microsoft Azure Batch. 選択したら、ドロップ ダウン メニューを使用して [シークレットのアクセス許可] を設定する必要があります。Once selected, you will need to configure the Secret permissions using the drop down menu. Azure Batch には、少なくとも [取得][一覧][設定] 、および [削除] のアクセス許可を付与する必要があります。Azure Batch must be given a minimum of Get, List, Set, and Delete permissions.

Azure Batch のシークレットのアクセス許可

サブスクリプション クォータを構成するConfigure subscription quotas

コア クォータは、既定ではユーザー サブスクリプションの Batch アカウントに設定されません。Core quotas are not set by default on user subscription Batch accounts. 標準的な Batch コア クォータは、ユーザー サブスクリプション モードのアカウントには適用されないため、コア クォータは手動で設定する必要があります。Core quotas must be set manually because standard Batch core quotas do not apply to accounts in user subscription mode.

  1. Azure portal でユーザー サブスクリプション モードの Batch アカウントを選択し、その設定とプロパティを表示します。In the Azure portal, select your user subscription mode Batch account to display its settings and properties.

  2. 左側のメニューの [クォータ] を選択して、Batch アカウントに関連付けられているコア クォータを表示および構成します。From the left menu, select Quotas to view and configure the core quotas associated with your Batch account.

ユーザー サブスクリプション モードのコア クォータの詳細については、「Batch サービスのクォータと制限」を参照してください。Refer to the Batch service quotas and limits for more information on user subscription mode core quotas.

その他の Batch アカウント管理オプションOther Batch account management options

Azure portal を利用する方法に加えて、次のようなツールを使用して Batch アカウントを作成および管理できます。In addition to using the Azure portal, you can create and manage Batch accounts with tools including the following:

次の手順Next steps

  • Batch サービスの概念と機能の詳細については、Batch 機能の概要に関するページを参照してください。See the Batch feature overview to learn more about Batch service concepts and features. この記事では、プール、コンピューティング ノード、ジョブ、タスクなど、主要な Batch リソースについて説明するほか、大規模なコンピューティング ワークロード向けのこのサービスの機能の概要について説明します。The article discusses the primary Batch resources such as pools, compute nodes, jobs, and tasks, and provides an overview of the service's features for large-scale compute workloads.
  • Batch .NET クライアント ライブラリまたは Python を使用した Batch 対応アプリケーションの開発に関する基本事項を確認してください。Learn the basics of developing a Batch-enabled application using the Batch .NET client library or Python. これらのクイック スタートでは、Batch サービスを使用して複数のコンピューティング ノードでワークロードを実行するサンプル アプリケーションの開発手順を説明しています。また、Azure Storage を使用してワークロード ファイルのステージングと取得を行う方法についても取り上げています。These quickstarts guide you through a sample application that uses the Batch service to execute a workload on multiple compute nodes, and includes using Azure Storage for workload file staging and retrieval.