プールの自動スケーリング イベント

このイベントは、プールの自動スケーリングが実行されると発生します。 ログの内容は、プールの自動スケーリングの数式と評価結果です。

以下の例は、サンプル データが不足しているために失敗した、プールの自動スケーリングのプールの自動スケーリング イベントの本文を示しています。

{
    "id": "myPool1",
    "timestamp": "2020-09-21T18:59:56.204Z",
    "formula": "...",
    "results": "...",
    "error": {
        "code": "InsufficientSampleData",
        "message": "Autoscale evaluation failed due to insufficient sample data",
        "values": [{
                "name": "Message",
                "value": "Line 15, Col 44: Insufficient data from data set: $RunningTasks wanted 70%, received 50%"
            }
        ]
    }
}
要素 Type Notes
id String プールの ID。
timestamp DateTime 自動スケーリングが実行されたタイミングのタイムスタンプ。
formula String 自動スケーリング用に定義された数式。
results String 数式で使用されるすべての変数の評価結果。
error 複合型 自動スケーリングの詳細なエラー。

エラー

要素名 Type Notes
code String 自動スケーリング エラーの識別子。 コードは不変であり、プログラムによって使用されることを意図しています。
message String ユーザー インターフェイスに表示するのに適した、自動スケーリングのエラーについて説明するメッセージ。
values Array 自動スケーリング エラーの詳細を説明する名前と値のペアの一覧。