ビジネス継続性とディザスター リカバリー (BCDR):Azure のペアになっているリージョンBusiness continuity and disaster recovery (BCDR): Azure Paired Regions

ペアになっているリージョンとはWhat are paired regions?

Azure リージョンは一連のデータ センターで構成されています。それらのデータ センターは、待機時間で定義された境界内にデプロイされ、待機時間の短い専用ネットワークを介して接続されています。An Azure region consists of a set of data centers deployed within a latency-defined perimeter and connected through a dedicated low-latency network. これにより、Azure リージョン内の Azure サービスで最大限のパフォーマンスとセキュリティが確実に提供されます。This ensures that Azure services within an Azure region offer the best possible performance and security.

Azure 地域とは、少なくとも 1 つの Azure リージョンを含む、世界の中の地域のことです。An Azure geography defines an area of the world containing at least one Azure region. 地域には個別のマーケットが定義され、通常は 2 つ以上のリージョンを含み、データ所在地とコンプライアンスの境界を保持します。Geographies define a discrete market, typically containing two or more regions, that preserve data residency and compliance boundaries. Azure のグローバル インフラストラクチャの詳細については、こちらを参照してください。Find more information about Azure's global infrastructure here

リージョン ペアは、同じ地域内の 2 つのリージョンで構成されます。A regional pair consists of two regions within the same geography. Azure では、リージョン ペアに対してプラットフォームの更新 (計画メンテナンス) をシリアル化し、一度に更新されるリージョンが各ペアのうち 1 つのみになるようにしています。Azure serializes platform updates (planned maintenance) across regional pairs, ensuring that only one region in each pair updates at a time. 停止によって複数のリージョンに影響がある場合、各ペアの少なくとも 1 つのリージョンが優先的に復旧されます。If an outage affects multiple regions, at least one region in each pair will be prioritized for recovery.

AzureGeography

一部の Azure サービスでは、ペアのリージョンをさらに活用することでビジネス継続性を確保し、データの損失を防いでいます。Some Azure services take further advantage of paired regions to ensure business continuity and to protect against data loss. Azure には、ペアのリージョンを活用してデータの可用性を確保するストレージ ソリューションがいくつか用意されています。Azure provides several storage solutions that take advantage of paired regions to ensure data availability. たとえば、Azure Geo 冗長ストレージ (GRS) では、データがセカンダリ リージョンに自動的にレプリケートされるため、プライマリ リージョンが復旧できない場合でもデータの持続性を保つことができます。For example, Azure Geo-redundant Storage (GRS) replicates data to a secondary region automatically, ensuring that data is durable even in the event that the primary region isn't recoverable.

すべての Azure サービスで自動的にデータがレプリケートされるわけではなく、また、すべての Azure サービスで障害が発生したリージョンからペアへの自動的なフォールバックが行われるわけでもないことに注意してください。Note that not all Azure services automatically replicate data, nor do all Azure services automatically fall-back from a failed region to its pair. このような場合、復旧とレプリケーションはお客様が構成する必要があります。In such cases, recovery and replication must be configured by the customer.

リージョン ペアは自分で選択できますか?Can I select my regional pairs?

いいえ。No. 一部の Azure サービス (Azure の冗長ストレージなど) はリージョン ペアに依存しています。Some Azure services rely upon regional pairs, such as Azure's redundant storage. それらのサービスでは、新しいリージョン ペアを作成することはできません。These services don't allow you to create new regional pairings. 同様に、リージョン ペアの計画メンテナンスと回復の優先順位付けが Azure によって制御されるため、それらのサービスを利用するために独自のリージョン ペアを定義することはできません。Similarly, because Azure controls planned maintenance and recovery prioritization for regional pairs, you can't define your own regional pairs to take advantage of these services. ただし、任意の数のリージョン内にサービスを構築し、Azure サービスを利用してそれらのリージョンを組み合わせることで、独自のディザスター リカバリー ソリューションを作成できます。However, you can create your own disaster recovery solution by building services in any number of regions and leveraging Azure services to pair them.

たとえば、AzCopy などの Azure サービスを使用して、別のリージョンのストレージ アカウントへのデータ バックアップをスケジュールすることができます。For example, you can use Azure services such as AzCopy to schedule data backups to a Storage account in a different region. お客様は、Azure DNS と Azure Traffic Manager を使用して、プライマリ リージョンの消失に耐えられる回復力のあるアーキテクチャをアプリケーション用に設計できます。Using Azure DNS and Azure Traffic Manager, customers can design a resilient architecture for their applications that will survive the loss of the primary region.

サービスの使用はリージョン ペア内に制限されていますか?Am I limited to using services within my regional pairs?

いいえ。No. 特定の Azure サービスはリージョン ペアに依存する場合がありますが、ビジネス ニーズを満たすご自身の他のサービスを任意のリージョンでホストすることができます。While a given Azure service may rely upon a regional pair, you can host your other services in any region that satisfies your business needs. Azure GRS ストレージ ソリューションでは、米国東部にあるコンピューティング リソースを使用しながら、カナダ東部のピアとカナダ中部のデータをペアリングできます。An Azure GRS storage solution may pair data in Canada Central with a peer in Canada East while using Compute resources located in East US.

Azure リージョン ペアは必ず使用する必要があるのですか?Must I use Azure regional pairs?

いいえ。No. お客様は Azure サービスを活用して、Azure のリージョン ペアに依存することなく、回復力のあるサービスを設計できます。Customers can leverage Azure services to architect a resilient service without relying on Azure's regional pairs. ただし、リージョン ペアの間で事業継続とディザスター リカバリー (BCDR) を構成して、分離を活用し、可用性を向上させることをお勧めします。However, we recommend that you configure business continuity disaster recovery (BCDR) across regional pairs to benefit from isolation and improve availability. 複数のアクティブなリージョンをサポートするアプリケーションでは、可能な場合はリージョン ペアの両方のリージョンを使用することをお勧めします。For applications that support multiple active regions, we recommend using both regions in a region pair where possible. これにより、アプリケーションの最適な可用性が保証され、災害発生時の復旧時間が最小になります。This ensures optimal availability for applications and minimized recovery time in the event of a disaster. 可能な限り、最大の回復性ディザスター リカバリーの容易さを実現するようにアプリケーションを設計してください。Whenever possible, design your application for maximum resiliency and ease of disaster recovery.

Azure リージョン ペアAzure Regional Pairs

[地理的な場所]Geography リージョン ペア ARegional Pair A リージョン ペア BRegional Pair B
アジア太平洋Asia-Pacific 東アジア (香港)East Asia (Hong Kong) 東南アジア (シンガポール)Southeast Asia (Singapore)
オーストラリアAustralia オーストラリア東部Australia East オーストラリア南東部Australia Southeast
オーストラリアAustralia オーストラリア中部Australia Central オーストラリア中部 2Australia Central 2
ブラジルBrazil ブラジル南部Brazil South 米国中南部South Central US
CanadaCanada カナダ中部Canada Central カナダ東部Canada East
中国China 中国北部China North 中国東部China East
中国China 中国北部 2China North 2 中国東部 2China East 2
ヨーロッパEurope 北ヨーロッパ (アイルランド)North Europe (Ireland) 西ヨーロッパ (オランダ)West Europe (Netherlands)
フランスFrance フランス中部France Central フランス南部France South
ドイツGermany ドイツ中部Germany Central ドイツ北東部Germany Northeast
インドIndia インド中部Central India インド南部South India
インドIndia インド西部West India インド南部South India
日本Japan 東日本Japan East 西日本Japan West
韓国Korea 韓国中部Korea Central 韓国南部Korea South
北米North America 米国東部East US 米国西部West US
北米North America 米国東部 2East US 2 米国中部Central US
北米North America 米国中北部North Central US 米国中南部South Central US
北米North America 米国西部 2West US 2 米国中西部West Central US
ノルウェーNorway ノルウェー東部Norway East ノルウェー西部Norway West
南アフリカSouth Africa 南アフリカ北部South Africa North 南アフリカ西部South Africa West
スイスSwitzerland スイス北部Switzerland North スイス西部Switzerland West
英国UK 英国西部UK West 英国南部UK South
アラブ首長国連邦United Arab Emirates アラブ首長国連邦北部UAE North アラブ首長国連邦中部UAE Central
米国国防総省US Department of Defense US DoD EastUS DoD East US DoD CentralUS DoD Central
米国政府US Government US Gov アリゾナUS Gov Arizona US Gov テキサスUS Gov Texas
米国政府US Government US Gov アイオワUS Gov Iowa US Gov バージニア州US Gov Virginia
米国政府US Government US Gov バージニア州US Gov Virginia US Gov テキサスUS Gov Texas

重要

  • インド西部は、一方向のみでペアになっています。West India is paired in one direction only. インド西部のセカンダリ リージョンはインド南部ですが、インド南部のセカンダリ リージョンはインド中部です。West India's secondary region is South India, but South India's secondary region is Central India.
  • ブラジル南部は、地域外のリージョンとペアになっているため特殊です。Brazil South is unique because it is paired with a region outside of its geography. ブラジル南部のセカンダリ リージョンは米国中南部です。Brazil South's secondary region is South Central US. 米国中南部のセカンダリ リージョンはブラジル南部ではありません。South Central US's secondary region is not Brazil South.

ペアになっているリージョンの例An example of paired regions

以下の図は、リージョン ペアを使ってディザスター リカバリーを行う架空のアプリケーションを示しています。The image below illustrates a hypothetical application that uses the regional pair for disaster recovery. 緑色の番号は、3 つの Azure サービス (Azure コンピューティング、ストレージ、およびデータベース) のリージョン間アクティビティと、そのアクティビティが、リージョン間でのレプリケートのためにどのように構成されているかを示しています。The green numbers highlight the cross-region activities of three Azure services (Azure compute, storage, and database) and how they're configured to replicate across regions. リージョン ペアにデプロイするメリットは、オレンジ色の番号で示されています。The unique benefits of deploying across paired regions are highlighted by the orange numbers.

ペア リージョンのメリットの概要

図 2 – Azure リージョン ペアの例Figure 2 – Hypothetical Azure regional pair

リージョン間アクティビティCross-region activities

図 2 を参照してください。As referred to in figure 2.

  1. Azure Compute (IaaS) – 災害発生中に別のリージョンでリソースを確実に使用できるように、追加のコンピューティング リソースを事前にプロビジョニングする必要があります。Azure Compute (IaaS) – You must provision additional compute resources in advance to ensure resources are available in another region during a disaster. 詳細については、「Azure の回復性技術ガイダンス」をご覧ください。For more information, see Azure resiliency technical guidance.

  2. Azure Storage - マネージド ディスクを使用している場合は、Azure Backup を使用したリージョン間のバックアップ、および Azure Site Recovery を使用したリージョン間での VM のレプリケーションについて確認してください。Azure Storage - If you're using managed disks, learn about cross-region backups with Azure Backup, and replicating VMs from one region to another with Azure Site Recovery. ストレージ アカウントを使用している場合は、Azure Storage アカウントの作成時に、geo 冗長ストレージ (GRS) が既定で構成されます。If you're using storage accounts, then geo-redundant storage (GRS) is configured by default when an Azure Storage account is created. GRS を使用すると、データはプライマリ リージョン内で 3 回、ペア リージョンで 3 回、自動的にレプリケートされます。With GRS, your data is automatically replicated three times within the primary region, and three times in the paired region. 詳細については、「 Azure Storage 冗長オプション」をご覧ください。For more information, see Azure Storage Redundancy Options.

  3. Azure SQL Database – Azure SQL Database geo レプリケーションを使用すると、世界中の任意のリージョンへのトランザクションの非同期レプリケーションを構成できます。ただし、ほとんどのディザスター リカバリー シナリオでは、これらのリソースをペア リージョン内にデプロイすることをお勧めします。Azure SQL Database – With Azure SQL Database Geo-Replication, you can configure asynchronous replication of transactions to any region in the world; however, we recommend you deploy these resources in a paired region for most disaster recovery scenarios. 詳細については、「Azure SQL Database の geo レプリケーション」を参照してください。For more information, see Geo-Replication in Azure SQL Database.

  4. Azure Resource Manager - Resource Manager では本質的に、リージョン全体のコンポーネントが論理的に切り離されています。Azure Resource Manager - Resource Manager inherently provides logical isolation of components across regions. つまり、1 つのリージョンで論理的な障害が発生しても、他のリージョンが影響を受ける可能性はそれほど高くありません。This means logical failures in one region are less likely to impact another.

ペアになっているリージョンのメリットBenefits of paired regions

  1. 物理的な分離 – 可能な場合、Azure で推奨されるリージョン内の各データセンター間の距離は 300 マイル (480 km) ですが、これは一部の地域では現実的ではなく、実現できないこともあります。Physical isolation – When possible, Azure prefers at least 300 miles of separation between datacenters in a regional pair, although this isn't practical or possible in all geographies. 物理データセンターを切り離すことで、自然災害、社会不安、停電、および物理ネットワーク障害が両方のリージョンにすぐに影響を及ぼす可能性が少なくなります。Physical datacenter separation reduces the likelihood of natural disasters, civil unrest, power outages, or physical network outages affecting both regions at once. 分離は、geo 内の制約 (広さ、電源/ネットワーク インフラストラクチャの可用性、規制など) に左右されます。Isolation is subject to the constraints within the geography (geography size, power/network infrastructure availability, regulations, etc.).

  2. プラットフォームに備わっているレプリケーション - geo 冗長ストレージなどの一部のサービスには、ペア リージョンへの自動レプリケーション機能が用意されています。Platform-provided replication - Some services such as Geo-Redundant Storage provide automatic replication to the paired region.

  3. リージョン復旧順序 – 広範囲にわたって障害が発生した場合は、すべてのペアで一方のリージョンの復旧が優先されます。Region recovery order – In the event of a broad outage, recovery of one region is prioritized out of every pair. ペア リージョンにまたがってデプロイされているアプリケーションについては、そのアプリケーションのリージョンのどちらかが必ず優先的に復旧します。Applications that are deployed across paired regions are guaranteed to have one of the regions recovered with priority. ペアになっていない複数のリージョンにアプリケーションがデプロイされていると、復旧が遅れる可能性があり、最悪の場合は、回復されてない最後の 2 つになってしまうことがあります。If an application is deployed across regions that are not paired, recovery might be delayed – in the worst case the chosen regions may be the last two to be recovered.

  4. 順次更新 – 計画的な Azure システム更新プログラムは、ダウンタイム、バグの影響、および更新プログラムの不具合 (まれではありますが) による論理的な障害を最小限に抑えるために、ペア リージョンに (同時にではなく) 順番に展開されます。Sequential updates – Planned Azure system updates are rolled out to paired regions sequentially (not at the same time) to minimize downtime, the effect of bugs, and logical failures in the rare event of a bad update.

  5. データ所在地 – リージョンは、税および法の執行を目的としたデータ所在地の要件を満たすために、ペアとして同じ地域に存在しています (ブラジル南部を除く)。Data residency – A region resides within the same geography as its pair (with the exception of Brazil South) to meet data residency requirements for tax and law enforcement jurisdiction purposes.