Azure の課金とコスト管理で想定外の料金を防ぐPrevent unexpected charges with Azure billing and cost management

Azure にサインアップしたら、支出を把握するために行えることがいくつかあります。When you sign up for Azure, there are several things you can do to get a better idea of your spending. 料金計算ツールでは、Azure リソースを作成する前に、料金を見積もることができます。The pricing calculator can provide an estimate of costs before you create an Azure resource. Azure Portal は、サブスクリプションに関する現在のコスト内訳と予測を提供します。The Azure portal provides you with the current cost breakdown and forecast for your subscription. プロジェクトまたはチームごとのコストをグループ化して把握したい場合は、リソースのタグ付けを検討します。If you want to group and understand costs for different projects or teams, look at resource tagging. 使用したいレポート システムが組織にある場合は、課金 API を確認します。If your organization has a reporting system that you prefer to use, check out the billing APIs.

Azure サービスを追加する前にコストを見積もるGet estimated costs before adding Azure services

料金計算ツールを使用してオンラインでコストを見積もるEstimate cost online using the pricing calculator

関心のあるサービスの月額料金を見積もるには、料金計算ツールを確認します。Check out the pricing calculator to get an estimated monthly cost of the service you're interested in. ファースト パーティ Azure リソースを追加すると、推定料金が得られます。You can add any first party Azure resource to get an estimate cost.

料金計算ツール メニューのスクリーンショット

たとえば、A1 Windows 仮想マシン (VM) を常に実行したままにしておく場合、コンピューティング時間での推定月額料金は 66.96 米ドルになります。For example, an A1 Windows Virtual Machine (VM) is estimated to cost $66.96 USD/month in compute hours if you leave it running the whole time:

A1 Windows VM の推定月額料金が 66.96 米ドルであることを示す料金計算ツールのスクリーンショット

料金の詳細については、この FAQ を参照してください。For more information on pricing, see this FAQ. Azure 営業担当者と話したい場合は、1-800-867-1389 にご連絡ください。Or if you want to talk to an Azure salesperson, contact 1-800-867-1389.

Azure Portal で推定料金を検討するReview the estimated cost in the Azure portal

通常、Azure Portal でサービスを追加すると、類似する推定月額料金を示すビューが表示されます。Typically when you add a service in the Azure portal, there's a view that shows you a similar estimated cost per month. たとえば、Windows VM のサイズを選択すると、コンピューティング時間の推定月額料金が表示されます。For example, when you choose the size of your Windows VM, you see the estimated monthly cost for the compute hours:

例: A1 Windows VM の推定月額料金は 66.96 米ドル

使用制限が有効になっているかどうかを確認するCheck if you have a spending limit on

クレジットを使用するサブスクリプションがある場合、使用制限が既定で有効になっています。If you have a subscription that uses credits, then the spending limit is turned on for you by default. この場合、すべてのクレジットを使い果たすと、クレジット カードに課金されなくなります。This way, when you spend all your credits, your credit card doesn't get charged. Azure プランの一覧と使用制限の提供状況については、こちらをご覧ください。See the full list of Azure offers and the availability of spending limit.

ただし、使用制限に達すると、サービスは無効になります。However, if you hit your spending limit, your services get disabled. つまり、VM の割り当てが解除されます。That means your VMs are deallocated. サービスのダウンタイムを回避するには、使用制限を無効にする必要があります。To avoid service downtime, you must turn off the spending limit. 超過分は記録されているクレジット カードに課金されます。Any overage gets charged onto your credit card on file.

使用制限が有効になっているかどうかを確認するには、アカウント センターの [サブスクリプション] ビューに移動します。To see if you've got spending limit on, go to the Subscriptions view in the Account Center. 使用制限が有効になっている場合、次のようなバナーが表示されます。A banner appears if your spending limit is on:

使用制限が有効になっていることに関するアカウント センターの警告を示すスクリーンショット

バナーをクリックし、画面の指示に従って使用制限を削除します。Click the banner and follow prompts to remove the spending limit. サインアップ時にクレジット カード情報を入力しなかった場合、使用制限を削除するには、この情報を入力する必要があります。If you didn't enter credit card information when you signed up, you must enter it to remove the spending limit. 詳細については、「Azure 使用制限 - しくみと有効化または削除する方法」をご覧ください。For more information, see Azure spending limit – How it works and how to enable or remove it.

Cloudyn サービスを使用すると、異常な支出や浪費のリスクについて、関係者に自動的に通知するアラートを作成できます。You can use the Cloudyn service to create alerts that automatically notify stakeholders of spending anomalies and overspending risks. 予算やコストのしきい値に基づくアラートをサポートするレポートを使用することで、アラートを作成できます。You can create alerts using reports that support alerts based on budget and cost thresholds. Cloudyn の使用の詳細については、「チュートリアル: 使用状況とコストを確認する」を参照してください。For more information on using Cloudyn, see Tutorial: Review usage and costs.

この例では、実績経過コスト レポートを使用して、Azure VM の支出が合計予算に近づいたときに通知を送信します。This example uses the Actual Cost Over Time report to send a notification when your spending on an Azure VM nears your total budget. このシナリオでは、合計予算が 20,000 ドルで、コストが予算の半分 (9,000 ドル) に近づいたときに通知を受け取り、コストが 10,000 ドルに達したときに追加のアラートを受け取ります。In this scenario, you have a total budget of $20,000 and you want to receive a notification when costs are approaching half of your budget, $9,000, and an additional alert when costs reach $10,000.

  1. Cloudyn ポータルの上部にあるメニューで、[コスト] > [コスト分析] > [実績経過コスト] の順に選択します。From the menu at the top of the Cloudyn portal, select Costs > Cost Analysis > Actual Cost Over Time.

  2. [グループ][サービス] に設定し、[Filter on the service](サービスのフィルター)[Azure/VM] に設定します。Set Groups to Service and set Filter on the service to Azure/VM.

  3. レポートの右上にある [アクション] を選択してから [レポートのスケジュール] を選択します。In the top right of the report, select Actions and then select Schedule report.

  4. スケジュールされた間隔でレポートのメールを自分に送信するには、[Save or Schedule this report](このレポートを保存またはスケジュールする) ダイアログの [スケジューリング] タブを選択します。To send yourself an email of the report at scheduled interval, select the Scheduling tab in the Save or Schedule this report dialog. 必ず [メールで送信] を選択してください。Be sure to select Send via email. 使用するタグ、グループ、およびフィルターは、メールで送信されるレポートに含まれます。Any tags, grouping, and filtering you use are included in the emailed report.

  5. [しきい値] タブを選択して、[Actual Cost vs.Threshold](実際のコスト対しきい値) を選択します。Select the Threshold tab and then select Actual Cost vs. Threshold.

    1. [Red alert](赤色のアラート) しきい値ボックスに、「10000」と入力します。In the Red alert threshold box enter 10000.
    2. [Yellow alert](黄色のアラート) しきい値ボックスに、「9000」と入力します。In the Yellow alert threshold box enter 9000.
    3. [Number of consecutive alerts](連続アラートの回数) ボックスに、受信する連続アラートの回数を入力します。In the Number of consecutive alerts box, enter the number of consecutive alerts to receive. 指定したアラートの合計数に達すると、それ以上アラートは送信されません。When you receive the total number of alerts that you specified, no additional alerts are sent.
  6. [保存] を選択します。Select Save.

    支出しきい値に基づいて赤色と黄色のアラートが示された例

原価率対予算のしきい値メトリックを選択して、アラートを作成することもできます。You can also choose the Cost Percentage vs. Budget threshold metric to create alerts. これにより、しきい値を通貨値ではなく予算の割合として指定できます。This allows you to specify the thresholds as percentages of your budget instead of currency values.

Azure サービス使用時にコストを監視する方法Ways to monitor your costs when using Azure services

リソースにタグを追加して課金データをグループ化するAdd tags to your resources to group your billing data

タグを使用して、サポートされているサービスの課金データをグループ化できます。You can use tags to group billing data for supported services. たとえば、さまざまなチーム用に複数の VM を実行している場合、タグを使用して、コスト センター (HR、マーケティング、財務) または環境 (運用、運用前、テスト) でコストを分類できます。For example, if you run several VMs for different teams, then you can use tags to categorize costs by cost center (HR, marketing, finance) or environment (production, pre-production, test).

ポータルでのタグの設定を示すスクリーンショット

タグはさまざまなコスト レポート ビューのあらゆる場所に表示されます。The tags show up throughout different cost reporting views. たとえば、コスト分析ビューに今すぐ表示され、最初の請求期間の終了後に詳細な使用状況を示す .csv に表示されます。For example, they're visible in your cost analysis view right away and detail usage .csv after your first billing period.

詳細については、 タグを使用した Azure リソースの整理に関するページを参照してください。For more information, see Using tags to organize your Azure resources.

ポータルでコストの内訳とバーン レートを定期的に確認するRegularly check the portal for cost breakdown and burn rate

サービスの実行後、現在のコストを定期的に確認します。After you get your services running, regularly check how much they're costing you. Azure Portal で現在の支出とバーン レートを確認できます。You can see the current spend and burn rate in Azure portal.

  1. Azure portal の [サブスクリプション] にアクセスし、サブスクリプションを選択します。Visit the Subscriptions in the Azure portal and select a subscription.

  2. お使いのサブスクリプションでサポートされていれば、コストの内訳とバーン レートが表示されます。If it's supported for your subscription, you see the cost breakdown and burn rate.

    Azure Portal に表示されたバーン レートと内訳のスクリーンショット

  3. 一覧の左側にある [コスト分析] をクリックして、リソース別にコストの内訳を表示します。Click Cost analysis in the list to the left to see the cost breakdown by resource. サービスを追加したら、データが設定されるまで 24 時間待ちます。Wait 24 hours after you add a service for the data to populate.

    Azure Portal のコスト分析ビューのスクリーンショット

  4. タグ、リソースの種類、リソース グループ、期間などのさまざまなプロパティでフィルター処理できます。You can filter by different properties like tags, resource type, resource group, and timespan. ビューをコンマ区切り値 (.csv) ファイルにエクスポートする場合は、[適用] をクリックしてフィルターを確認し、[ダウンロード] をクリックします。Click Apply to confirm the filters and Download if you want to export the view to a Comma-Separated Values (.csv) file.

  5. また、リソースをクリックして、毎日の支出の履歴とリソースのコストを確認できます。Additionally, you can click a resource to see your daily spend history and how much the resource costs each day.

    Azure Portal の支出の履歴ビューのスクリーンショット

サービスを選択したときに表示された見積もりと共に、表示されているコストを確認することをお勧めします。We recommend you check the costs you see with the estimates you saw when you selected the services. コストが見積もりと大きく異なる場合は、リソースに対して選択した料金プランを再確認します。If the costs are wildly different from the estimates, double check the pricing plan that you've selected for your resources.

VM の自動シャットダウンなどのコスト削減機能を有効にすることを検討するConsider enabling cost-cutting features like auto shutdown for VMs

シナリオによっては、Azure portal で VM の自動シャットダウンを構成できます。Depending on your scenario, you can configure auto shutdown for your VMs in the Azure portal. 詳しくは、Azure Resource Manager を使用した VM の自動シャットダウンに関する記事をご覧ください。For more information, see Auto shutdown for VMs using Azure Resource Manager.

ポータルの自動シャットダウン オプションのスクリーンショット

自動シャットダウンは、電源オプションを使用して VM 内でシャットダウンする場合とは異なります。Auto shutdown isn't the same as when you shut down within the VM with power options. 自動シャットダウンでは、VM を停止して割り当てを解除することで課金を停止します。Auto shutdown stops and deallocates your VMs to stop additional usage charges. 詳細については、Linux VM および Windows VM の料金に関する FAQ で VM の状態についての質問をご覧ください。For more information, see pricing FAQ for Linux VMs and Windows VMs about VM states.

開発およびテスト環境のコスト削減機能については、Azure DevTest Labs のページをご覧ください。For more cost-cutting features for your development and test environments, check out Azure DevTest Labs.

Azure Advisor の推奨事項を有効にして確認するTurn on and check out Azure Advisor recommendations

Azure Advisor は、使用量の少ないリソースを特定してコストを削減するのに役立つ機能です。Azure Advisor is a feature that helps you reduce costs by identifying resources with low usage. Azure Portal で Advisor にアクセスします。Visit Advisor in the Azure portal:

Azure Portal の [Azure Advisor] ボタンのスクリーンショット

Advisor ダッシュボードの [コスト] タブで、実施可能な推奨事項を取得できます。Then, you can get actionable recommendations in the Cost tab in the Advisor dashboard:

Advisor のコストに関する推奨事項の例を示すスクリーンショット

詳細については、「Advisor のコストに関する推奨事項」を参照してください。For more information, see Advisor Cost recommendations.

請求サイクルの最後でのコストの確認Reviewing costs at the end of your billing cycle

請求サイクルが終了した後、請求書を見ることができるようになります。After the end of your billing cycle, your invoice will become available. また、過去の請求書と詳細な使用状況ファイルをダウンロードして、課金が正しく行われていることを確認できます。You can also download past invoices and detail usage files to make sure you were charged correctly. 毎日の使用状況と請求書の比較の詳細については、「Microsoft Azure の課金内容の確認」を参照してください。For more information about comparing your daily usage with your invoice, see Understand your bill for Microsoft Azure.

課金 APIBilling API

課金 API を使用すると、使用状況データをプログラムによって取得できます。Use our billing API to programmatically get usage data. 課金対象の使用状況を取得するには、RateCard API と Usage API を組み合わせて使用します。Use the RateCard API and the Usage API together to get your billed usage. 詳細については、「Microsoft Azure リソースの消費を把握する」をご覧ください。For more information, see Gain insights into your Microsoft Azure resource consumption.

その他のリソースと特殊なケースAdditional resources and special cases

EA、CSP、およびスポンサープランのお客様EA, CSP, and Sponsorship customers

使用を開始するには、アカウント マネージャーまたは Azure パートナーに連絡してください。Talk to your account manager or Azure partner to get started.

プランOffer リソースResources
Enterprise Agreement (EA)Enterprise Agreement (EA) EA ポータルヘルプ ドキュメント、および Power BI レポートEA portal, help docs, and Power BI report
Cloud Solution Provider (CSP)Cloud Solution Provider (CSP) プロバイダーに連絡してくださいTalk to your provider
Azure スポンサー プランAzure Sponsorship スポンサー プラン ポータルSponsorship portal

大規模な組織の IT を管理している場合は、Azure エンタープライズ スキャフォールディングに関する記事と、エンタープライズ IT に関するホワイト ペーパー (.pdf をダウンロード、英語のみ) を読むことをお勧めします。If you're managing IT for a large organization, we recommend reading Azure enterprise scaffold and the enterprise IT white paper (.pdf download, English only).

Azure portal での Enterprise Agreement のコスト ビューのプレビューPreview Enterprise Agreement cost views within Azure portal

Enterprise コスト ビューは、現在、パブリック プレビューの中にあります。Enterprise cost views are currently in Public Preview. 注意する項目:Items to note:

  • サブスクリプションのコストは、使用量に基づいて計算されており、前払い額、超過、含まれる数量、調整、および税は含まれていません。Subscription costs are based on usage and don't include prepaid amounts, overages, included quantities, adjustments, and taxes. 実際の料金は、登録レベルで計算されます。Actual charges are computed at the Enrollment level.
  • Azure portal に表示される金額が、エンタープライズ ポータルに表示されるものとは異なっている場合があります。Amounts shown in the Azure portal might be different than what's in the Enterprise portal. エンタープライズ ポータルでの更新による変更が Azure portal に表示されるまで、数分かかる可能性があります。Updates in the Enterprise portal may take a few minutes before the changes are shown in the Azure portal.
  • コストが表示されない場合は、次の理由のいずれかが原因として考えられます。If you aren't seeing costs, it might be for one of the following reasons:
    • サブスクリプション レベルでアクセス許可がない。You don't have permissions at the subscription level. エンタープライズ コスト ビューを表示するには、課金データ閲覧者、閲覧者、共同作業者、所有者のいずれかのサブスクリプション レベルである必要があります。To see enterprise cost views, you must be a Billing Reader, Reader, Contributor, or Owner at the subscription level.
    • お客様はアカウント所有者であり、[AO ビューの請求金額] 設定が登録管理者によって無効にされている。You're an Account Owner and your Enrollment Administrator has disabled the "AO view charges" setting. 登録管理者に問い合わせて、コストにアクセスできるように設定してもらってください。Contact your Enrollment Administrator to get access to costs.
    • お客様は部門管理者者であり、[DA ビューの請求金額] 設定が登録管理者によって無効にされている。You're a Department Administrator and your Enrollment Administrator has disabled the "DA view charges" setting. 登録管理者に問い合わせて、アクセスできるように設定してもらってください。Contact your Enrollment Administrator to get access.
    • チャネル パートナーを通して Azure を購入したが、パートナーが価格情報を公開していない。You bought Azure through a channel partner, and the partner didn't release pricing information.
  • エンタープライズ ポータルでコストのアクセスに関連する設定を更新した場合、変更が Azure portal に表示されるまで数分の遅延があります。If you update settings related to cost access in the Enterprise portal, there's a delay of a few minutes before the changes are shown in the Azure portal.
  • 使用制限と請求書ガイダンスは、EA サブスクリプションには適用されません。Spending limit, and invoice guidance don't apply to EA Subscriptions.

サブスクリプションとアクセスを確認するCheck your subscription and access

コストを表示するには、課金情報へのサブスクリプション レベルのアクセス権をお客様が所有している必要があります。To view costs, you must have subscriptions-level access to billing information. アカウント管理者だけが、アカウント センターにアクセスして、課金情報を変更したり、サブスクリプションを管理したりできます。Only the Account Admin can access the Account Center, change billing information, and manage subscriptions. アカウント管理者とは、サインアップ プロセスを完了したユーザーです。The Account Admin is the person who went through the sign-up process. 詳細については、「サブスクリプションまたはサービスを管理する Azure 管理者ロールを追加または変更する」をご覧ください。For more information, see Add or change Azure administrator roles that manage the subscription or services.

ご自身がアカウント管理者であるかどうかを確認するには、Azure portal で [サブスクリプション] に移動します。To see if you're the Account admin, go to Subscriptions in the Azure portal. ご自身がアクセス権を所有しているサブスクリプションの一覧を確認します。Look at the list of subscriptions you have access to. [自分の役割] を確認します。Look under My role. ここに [アカウント管理者] と表示されていれば問題ありません。If it says Account admin, then you're ok. [所有者] などの他の役割が表示されている場合は、すべての権限を持っているわけではありません。If it says something else like Owner, then you don't have full privileges.

Azure Portal の [サブスクリプション] ビューに表示された役割のスクリーンショット

ご自身がアカウント管理者でない場合は、Azure Active Directory のロールベースのアクセス制御 (RBAC) によって、部分的なアクセス権が与えられていると考えられます。If you're not the Account admin, then somebody probably gave you partial access by using Azure Active Directory Role-based Access Control (RBAC). サブスクリプションを管理して課金情報を変更するには、アカウント管理者を探します。アカウント管理者にタスクを実行してもらうか、サブスクリプションを譲渡してもらうように依頼します。To manage subscriptions and change billing info, find the Account Admin. Ask the Account Admin to do the tasks or transfer the subscription to you.

組織にアカウント管理者が存在せず、課金を管理する必要がある場合は、お問い合わせくださいIf your Account admin is no longer with your organization and you need to manage billing, contact us.

サービス インシデントに対するサービス レベル アグリーメントの控除を要求する方法How to request a Service Level Agreement credit for a service incident

サービス レベル アグリーメント (SLA) では、稼働時間と接続に関するマイクロソフトの確約内容について説明しています。The Service Level Agreement (SLA) describes Microsoft’s commitments for uptime and connectivity. Azure サービスで稼働時間や接続に影響を与える問題 (しばしば “停止” と呼ばれる) が発生すると、サービス インシデントが報告されます。A service incident is reported when Azure services experience an issue that impacts uptime or connectivity, often referred to as an “outage.” SLA に記載されている各サービスのサービス レベルが達成および維持されていない場合は、月額サービス料金の一部が控除対象になる場合があります。If we do not achieve and maintain the Service Levels for each Service as described in the SLA, then you might be eligible for a credit towards a portion of your monthly service fees.

控除を要求するには、次の手順を実行します。To request a credit:

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal. 複数のアカウントをお持ちの場合は、Azure のダウンタイムの影響を受けたアカウントを必ず使用してください。If you have multiple accounts, make sure that you use the one that was affected by Azure downtime. これにより、サポート担当者は必要な背景情報を自動的に収集して、お客様のケースをより迅速に解決することができます。This helps Support automatically collect the necessary background information and resolve the case faster.
  2. 新しいサポート リクエストを作成します。Create a new support request.
  3. [問題の種類][課金] を選択します。Under Issue type, select Billing.
  4. [問題の種類][払戻要求] を選択します。Under Problem type, select Refund Request.
  5. SLA の控除を求めていることを指定する詳細を追加し、日付/時刻/タイムゾーン、および影響を受けたサービス (VM、Web サイトなど) を記載します。Add details to specify that you’re asking for an SLA credit, mention the date/time/time-zone as well as the impacted services (VMs, Web Sites, etc.)
  6. 連絡先情報の詳細を確認し、[作成] ボタンを選択して要求を送信します。Verify your contact details and select the Create button to submit your request.

SLA のしきい値は、サービスによって異なります。SLA thresholds vary by service. たとえば、SQL Web サービス レベルの SLA は 99.9%、VM の SLA は 99.95%、SQL Standard サービス レベルの SLA は 99.99% です。For example, SQL Web Tier has an SLA of 99.9%, VMs have an SLA of 99.95%, and SQL Standard Tier has an SLA of 99.99%.

一部のサービスには、SLA を適用するための前提条件があります。For some services, there are prerequisites for the SLA to apply. たとえば、仮想マシンでは、2 つ以上のインスタンスが同じ可用性セットにデプロイされている必要があります。For example, Virtual Machines must have two or more instances deployed in the same Availability Set.

詳細については、「サービス レベル アグリーメント」ドキュメントと「Azure サービスの SLA 概要」ドキュメントを参照してください。For more information, see the Service Level Agreements documentation and the SLA summary for Azure services documentation.

お困りの際は、Need help? お問い合わせください。Contact us.

ご質問がある場合やヘルプが必要な場合は、サポート リクエストを作成してください。If you have questions or need help, create a support request.