アダプティブ式の事前構築済みの関数Adaptive expressions prebuilt functions

適用対象: SDK v4APPLIES TO: SDK v4

この記事では、使用可能な構築済みの関数を汎用別に一覧で示します。This article lists the available prebuilt functions ordered by their general purpose. 事前構築済みの関数と式の構文で使用される演算子の詳細については、「演算子」を 参照してくださいFor information about operators used in prebuilt functions and expression syntax, see Operators.

事前構築済みの式は、次の関数の型に分かれます。Prebuilt expressions are divided into the following function types:

また、一覧をアルファベット順で表示することもできます。You can also view the list in alphabetical order.

文字列関数String functions

機能Function 説明Explanation
lengthlength 文字列の長さを返します。Return the length of a string.
replacereplace 部分文字列を指定した文字列で置換し、更新された文字列を返します。Replace a substring with the specified string and return the updated string. この関数は、大文字と小文字を区別します。This function is case-sensitive.
replaceIgnoreCasereplaceIgnoreCase 部分文字列を指定した文字列で置換し、更新された文字列を返します。Replace a substring with the specified string, and return the updated string. この関数では、大文字と小文字が区別されません。This function is case-insensitive.
splitsplit 指定した区切り記号に基づいて部分文字列を含む配列を返します。Return an array that contains substrings based on the delimiter specified.
substringsubstring 文字列から文字を返します。Return characters from a string.
toLowertoLower 省略可能なロケール形式の文字列を小文字で返します。Return a string in lowercase in an optional locale format.
toUppertoUpper 省略可能なロケール形式の文字列を大文字で返します。Return a string in uppercase in an optional locale format.
trimtrim 文字列から先頭と末尾の空白を削除します。Remove leading and trailing white spaces from a string.
addOrdinaladdOrdinal 入力番号の序数を返します。Return the ordinal number of the input number.
endsWithendsWith 文字列が特定の部分文字列で終わっているかどうかを調べます。Check whether a string ends with a specific substring. 部分文字列が見つかった場合は true を返し、見つからない場合は false を返します。Return true if the substring is found, or return false if not found. この関数では、大文字と小文字が区別されません。This function is case-insensitive.
startsWithstartsWith 文字列が特定の部分文字列で始まっているかどうかを調べます。Check whether a string starts with a specific substring. 部分文字列が見つかった場合は true を返し、見つからない場合は false を返します。Return true if the substring is found, or return false if not found. この関数では、大文字と小文字が区別されません。This function is case-insensitive.
countWordcountWord 指定した文字列の単語数を返します。Return the number of words in the given string.
concatconcat 2 つ以上の文字列を結合し、結果の文字列を返します。Combine two or more strings and return the resulting string.
newGuidnewGuid 新しい Guid 文字列を返します。Return a new Guid string.
indexOfindexOf 部分文字列の開始位置またはインデックス値を返します。または、指定したオブジェクトを検索し、一覧全体の中で部分文字列が最初に出現した箇所の 0 から始まるインデックスを返します。Return the starting position or index value of a substring or searches for the specified object and return the zero-based index of the first occurrence within the entire list. この関数は、大文字と小文字を区別せず、インデックスは値 0 から始まります。This function is case-insensitive, and indexes start with the number 0.
lastIndexOflastIndexOf 部分文字列の開始位置または最後の出現箇所のインデックス値を返します。または、指定したオブジェクトを検索し、一覧の要素の範囲内で部分文字列が最後に出現した箇所の 0 から始まるインデックスを返します。この関数は、大文字と小文字を区別せず、インデックスは値 0 から始まります。Return the starting position or index value of the last occurrence of a substring or search for the specified object and return the zero-based index of the last occurrence within the range of elements in the list.This function is case-insensitive, and indexes start with the number 0.
sentenceCasesentenceCase 文字列内の最初の単語の最初の文字を省略可能なローカル形式で大文字にする。Capitalize the first letter of the first word in a string in an optional local format.
titleCasetitleCase 文字列内の各単語の最初の文字を省略可能なロケール形式で大文字にする。Capitalize the first letter of each word in a string in an optional locale format.
reversereverse 文字列または配列内の要素の順序を反転します。Reverse the order of the elements in a string or array.

コレクション関数Collection functions

機能Function 説明Explanation
containscontains 文字列内で項目を検索したり、配列内で項目を検索したり、複合オブジェクトでパラメーターを検索したりするために動作します。Works to find an item in a string, to find an item in an array, or to find a parameter in a complex object.
:Examples:
contains('hello world', 'hello')contains('hello world', 'hello')
contains(createArray('1','2'), '1')contains(createArray('1','2'), '1')
contains(json("{'foo':'bar'}"), 'foo')contains(json("{'foo':'bar'}"), 'foo')
firstfirst コレクションから最初の項目を返します。Return the first item from the collection.
joinjoin 配列のすべての項目を含み、各文字が区切り記号で区切られた文字列を返します。Return a string that has all the items from an array and has each character separated by a delimiter.
:Example:
join(createArray('a','b'), '.') = "a.b"join(createArray('a','b'), '.') = "a.b"
lastlast コレクションから最後の項目を返します。Return the last item from the collection.
countcount コレクション内の項目数を返します。Return the number of items in the collection.
foreachforeach 各要素を演算し、新しいコレクションを返します。Operate on each element and return the new collection.
unionunion 指定した複数のコレクションのすべての項目を含む 1 つのコレクションを返します。Return a collection that has all the items from the specified collections.
skipskip コレクションの先頭から項目を削除し、残りの項目を返します。Remove items from the front of a collection, and return the remaining items.
taketake コレクションの先頭から項目を返します。Return items from the front of a collection.
intersectionintersection 指定したコレクションすべてに共通する項目のみを含む 1 つのコレクションを返します。Return a collection that has only the common items across the specified collections.
subArraysubArray 指定した開始位置と終了位置から部分配列を返します。Return a subarray from specified start and end position. インデックス値は 0 から始まります。Index values start with the number 0.
selectselect 各要素を演算し、変換された要素の新しいコレクションを返します。Operate on each element and return the new collection of transformed elements.
wherewhere 各要素をフィルター処理し、特定の条件に一致する、フィルター処理された要素の新しいコレクションを返します。Filter on each element and return the new collection of filtered elements which match the specific condition.
sortBysortBy コレクション内の要素を昇順に並べ替え、並べ替えられたコレクションを返します。Sort elements in the collection in ascending order and return the sorted collection.
sortByDescendingsortByDescending コレクション内の要素を降順に並べ替え、並べ替えられたコレクションを返します。Sort elements in the collection in descending order and return the sorted collection.
indicesAndValuesindicesAndValues 配列またはオブジェクトを、インデックスと値のプロパティを含むオブジェクトの配列に変換します。Turn an array or object into an array of objects with index and value property.
flattenflatten 非配列値を含む配列に、配列をフラット化します。Flatten arrays into an array with non-array values.
uniqueunique 配列からすべての重複を削除します。Remove all duplicates from an array.
いつany シーケンスのいずれかの要素が条件を満たしているかどうかを判断します。Determines whether any elements of a sequence satisfy a condition.
すべてのall シーケンスのすべての要素が条件を満たしているかどうかを確認します。Determine whether all elements of a sequence satisfy a condition.
reversereverse 文字列または配列内の要素の順序を逆にします。Reverse the order of the elements in a string or array.
mergemerge 複数の JSON オブジェクトを一緒にマージしますMerges multiple JSON objects together

論理比較関数Logical comparison functions

機能Function 説明Explanation
andand 論理 AND。Logical and. 指定したすべての式が true と評価された場合は true を返します。Return true if all specified expressions evaluate to true.
equalsequals 等価の比較。Comparison equal. 指定した値が等しい場合は true を返します。Return true if specified values are equal.
emptyempty ターゲットが空であるかどうかを調べます。Check if the target is empty.
greatergreater 超過の比較。Comparison greater than. 1 番目の値の方が大きい場合は true を返し、小さい場合は false を返します。Return true if the first value is more, or return false if less.
greaterOrEqualsgreaterOrEquals 超過または等価の比較。Comparison greater than or equal to. 1 番目の値の方が大きいか等しい場合は true を返し、1 番目の値の方が小さい場合は false を返します。Return true if the first value is greater or equal, or return false if the first value is less.
ifif 式が true か false かを調べます。Check whether an expression is true or false. 結果に基づき、指定された値を返します。Based on the result, return a specified value.
lessless 未満の比較演算。Comparison less than opearation. 1 番目の値の方が小さい場合は true を返し、1 番目の値の方が大きい場合は false を返します。Return true if the first value is less, or return false if the first value is more.
lessOrEqualslessOrEquals 未満または等価の比較演算。Comparison less than or equal operation. 1 番目の値の方が小さいか等しい場合は true を返し、1 番目の値の方が大きい場合は false を返します。Return true if the first value is less than or equal, or return false if the first value is more.
notnot 論理 NOT 演算子。Logical not opearator. 式が false の場合は true を返し、true の場合は false を返します。Return true if the expression is false, or return false if true.
oror 論理 OR 演算子。Logical or opearation. 少なくとも 1 つの式が true の場合は true を返し、すべての式が false の場合は false を返します。Return true if at least one expression is true, or return false if all are false.
existsexists 真実性を表す式を評価します。Evaluate an expression for truthiness.

変換関数Conversion functions

機能Function 説明Explanation
floatfloat 指定された文字列の浮動小数点表現を返します。Return the floating point representation of the specified string.
intint 指定された文字列の整数表現を返します。Return the integer representation of the specified string.
stringstring 指定された値の文字列バージョンをオプションのロケール形式で返します。Return the string version of the specified value in an optional locale format.
boolbool 指定した文字列のブール値表現を返します。Return the Boolean representation of the specified string.
createArraycreateArray 複数の入力から配列を作成します。Create an array from multiple inputs.
jsonjson 文字列または XML の JSON (JavaScript Object Notation) 型の値またはオブジェクトを返します。Return the JavaScript Object Notation (JSON) type value or object of a string or XML.
base64base64 文字列またはバイト配列の base64 エンコード バージョンを返します。Return the base64-encoded version of a string or byte array.
base64ToBinarybase64ToBinary base64 エンコード文字列のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for a base64-encoded string.
base64ToStringbase64ToString base64 エンコード文字列の文字列バージョンを返します。Return the string version of a base64-encoded string.
[バイナリ]binary 入力値のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for an input value.
dataUridataUri 入力値の URI を返します。Return the URI for an input value.
dataUriToBinarydataUriToBinary データ URI のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version of a data URI.
dataUriToStringdataUriToString データ URI の文字列バージョンを返します。Return the string version of a data URI.
uriComponenturiComponent URL の安全でない文字がエスケープ文字に置き換えられた、入力値の URI エンコード バージョンを返します。Return the URI-encoded version for an input value by replacing URL-unsafe characters with escape characters.
uriComponentToStringuriComponentToString URI エンコード文字列の文字列バージョンを返します。Return the string version of a URI-encoded string.
xmlxml 文字列の XML バージョンを返します。Return the XML version of a string.
formatNumberformatNumber 数値を、指定した小数部の桁数と省略可能な指定したロケールに最も近い数値に書式設定します。Format a value to the nearest number to the specified number of fractional digits and an optional specified locale.
jsonStringifyjsonStringify 値の JSON 文字列を返します。Return the JSON string of a value.
Stringorvalue 実際の値を取得するために文字列補間をラップします。stringOrValue Wrap string interpolation to get the real value. たとえば、stringOrValue (' $ {1} ') は数値1を返し、stringOrValue (' $ {1} item ') は文字列 "1 item" を返します。For example, stringOrValue('${1}') returns the number 1, while stringOrValue('${1} item') returns the string "1 item".

算術関数Math functions

機能Function 説明Explanation
絶対abs 指定した数値の絶対値を返します。Returns the absolute value of the specified number.
addadd 数学の AND。Mathematical and. 2 つの数値を加算 (純粋な数値の場合) または 2 つ以上の文字列を結合した結果を返します。Return the result from adding two numbers (pure number case) or concatting two or more strings.
divdiv 数学の除算。Mathematical division. 2 つの数値を除算した結果の整数値を返します。Return the integer result from dividing two numbers.
maxmax コレクションから最大値を返します。Return the largest value from a collection.
minmin コレクションから最小値を返します。Return the smallest value from a collection.
modmod 2 つの数値を除算した剰余を返します。Return the remainder from dividing two numbers.
mulmul 数学の乗算。Mathematical multiplication. 2 つの数値を乗算した積を返します。Return the product from multiplying two numbers.
randrand 指定した最小値と最大値の間の乱数を返します。Return a random number between specified min and max value.
Sqrtsqrt 指定した数値の平方根を返します。Return the square root of a specified number.
subsub 数学の減算。Mathematical subtraction. 1 番目の数値から 2 番目の数値を減算して、結果を返します。Return the result from subtracting the second number from the first number.
sumsum 配列内の数値の合計を返します。Return the sum of numbers in an array.
rangerange 指定した整数から始まる整数の配列を返します。Return an integer array that starts from a specified integer.
expexp ある数値を別の数値で累乗して返します。Return exponentiation of one number to another.
averageaverage 数値配列の平均値を返します。Return the average number of an numeric array.
floorfloor 指定した数値以下の最大の整数値を返します。Return the largest integral value less than or equal to the specified number.
天井ceiling 指定した数値以上の最小の整数値を返します。Return the smallest integral value greater than or equal to the specified number.
ラウンドround 値を最も近い整数または指定した小数部の桁数に丸められます。Round a value to the nearest integer or to the specified number of fractional digits.

日付と時刻関数Date and time functions

機能Function 説明Explanation
addDaysaddDays 指定したタイムスタンプに指定した日数を省略可能なロケール形式で追加します。Add a number of specified days to a given timestamp in an optional locale format.
addHoursaddHours 指定したタイムスタンプに、指定した時間数を省略可能なロケール形式で追加します。Add a specified number of hours to a given timestamp in an optional locale format.
addMinutesaddMinutes 指定したタイムスタンプに、指定した分数を省略可能なロケール形式で追加します。Add a specified number of minutes to a given timestamp in an optional locale format.
addSecondsaddSeconds 指定したタイムスタンプに、指定した秒数を加算します。Add a specified number of seconds to a given timestamp.
dayOfMonthdayOfMonth 指定したタイムスタンプまたは Timex 式の月の日付を返します。Return the day of a month for a given timestamp or Timex expression.
dayOfWeekdayOfWeek 指定したタイムスタンプの曜日を返します。Return the day of the week for a given timestamp.
dayOfYeardayOfYear 指定したタイムスタンプが年の何日目かを返します。Return the day of the year for a given timestamp.
formatDateTimeformatDateTime 省略可能なロケール形式でタイムスタンプを返します。Return a timestamp in an optional locale format.
formatEpochformatEpoch UNIX エポック時間 (Unix 時間、POSIX 時刻) からオプションのロケール形式でタイムスタンプを返します。Return a timestamp in an optional locale format from UNIX Epoch time (Unix time, POSIX time).
formatTicksformatTicks 省略可能なロケール形式のタイムスタンプをティックから返します。Return a timestamp in an optional locale format from ticks.
subtractFromTimesubtractFromTime 省略可能なロケール形式でタイムスタンプから時間単位の数を減算します。Subtract a number of time units from a timestamp in an optional locale format.
utcNowutcNow 現在のタイムスタンプを省略可能なロケール形式で文字列として返します。Return the current timestamp in an optional locale format as a string.
dateReadBackdateReadBack date-time ライブラリを使用して、日付を読み上げます。Use the date-time library to provide a date readback.
monthmonth 指定したタイムスタンプの月を返します。Return the month of given timestamp.
datedate 指定したタイムスタンプの日付を返します。Return the date for a given timestamp.
yearyear 指定したタイムスタンプの年を返します。Return the year for the given timestamp.
getTimeOfDaygetTimeOfDay 指定したタイムスタンプの時刻を返します。Return the time of day for a given timestamp.
getFutureTimegetFutureTime 現在のタイムスタンプを、省略可能なロケール形式と指定された時間単位で返します。Return the current timestamp in an optional locale format plus the specified time units.
getPastTimegetPastTime 現在のタイムスタンプを省略可能なロケール形式から指定した時間単位を引いた値を返します。Return the current timestamp in an optional locale format minus the specified time units.
addToTimeaddToTime 省略可能なロケール形式でタイムスタンプに時間単位を追加します。Add a number of time units to a timestamp in an optional locale format.
convertFromUTCconvertFromUTC 省略可能なロケール形式でタイムスタンプを協定世界時 (UTC) から変換します。Convert a timestamp in an optional locale format from Universal Time Coordinated (UTC).
convertToUTCconvertToUTC 省略可能なロケール形式のタイムスタンプを世界協定時刻 (UTC) に変換します。Convert a timestamp in an optional locale format to Universal Time Coordinated (UTC).
startOfDaystartOfDay タイムスタンプの 1 日の始めを省略可能なロケール形式で返します。Return the start of the day for a timestamp in an optional locale format.
startOfHourstartOfHour 省略可能なロケール形式でタイムスタンプの時刻の開始を返します。Return the start of the hour for a timestamp in an optional locale format.
startOfMonthstartOfMonth タイムスタンプの月の始めを省略可能なロケール形式で返します。Return the start of the month for a timestamp in an optional locale format.
ticksticks 指定したタイムスタンプのティック プロパティの値を返します。Return the ticks property value of a specified timestamp.
ticksToDaysticksToDays ticks プロパティ値を日数に変換します。Convert a ticks property value to the number of days.
ticksToHoursticksToHours ticks プロパティ値を時間数に変換します。Convert a ticks property value to the number of hours.
ticksToMinutesticksToMinutes ticks プロパティ値を分数に変換します。Convert a ticks property value to the number of minutes.
dateTimeDiffdateTimeDiff 2 つのタイムスタンプ間のティック数の差を返します。Return the difference in ticks between two timestamps.
Getの前の ViabledategetPreviousViableDate 現在の日付と、必要に応じて指定したタイムゾーンに基づいて、timex 式の前の実行可能日を返します。Return the previous viable date of a timex expression based on the current date and an optionally specified timezone.
getNextViableDategetNextViableDate 現在の日付と、必要に応じて指定したタイムゾーンに基づいて、timex 式の次に実行可能な日付を返します。Return the next viable date of a timex expression based on the current date and an optionally specified timezone.
Getの前の ViabletimegetPreviousViableTime 現在の時刻と、必要に応じて指定したタイムゾーンに基づいて、timex 式の前の実行可能時間を返します。Return the previous viable time of a timex expression based on the current time and an optionally specified timezone.
getNextViableTimegetNextViableTime 現在の時刻と、必要に応じて指定したタイムゾーンに基づいて、timex 式の次に実行可能な時間を返します。Return the next viable time of a timex expression based on the current time and an optionally specified timezone.

Timex 関数Timex functions

機能Function 説明Explanation
isPresentisPresent TimexProperty または Timex 式が現在を示す場合は true を返します。Return true if the TimexProperty or Timex expression refers to the present.
isDurationisDuration TimexProperty または Timex 式が期間を示す場合は true を返します。Return true if the TimexProperty or Timex expression refers to a duration.
isTimeisTime TimexProperty または Timex 式が時刻を示す場合は true を返します。Return true if the TimexProperty or Timex expression refers to a time.
isDateisDate TimexProperty または Timex 式が日付を示す場合は true を返します。Return true if the TimexProperty or Timex expression refers to a date.
isTimeRangeisTimeRange TimexProperty または Timex 式が時間の範囲を示す場合は true を返します。Return true if the TimexProperty or Timex expression refers to a time range.
isDateRangeisDateRange TimexProperty または Timex 式が日付の範囲を示す場合は true を返します。Return true if the TimexProperty or Timex expression refers to a date range.
isDefiniteisDefinite TimexProperty または Timex 式が限定的な日付を示す場合は true を返します。Return true if the TimexProperty or Timex expression refers to a definite day.
コンフリクトresolve 有効な時刻を参照する場合は、指定された TimexProperty または Timex 式の文字列を返します。Return a string of a given TimexProperty or Timex expression if it refers to a valid time. 有効な時間には、時間、分、および秒が含まれます。Valid time contains hours, minutes, and seconds.

URI 解析関数URI parsing functions

機能Function 説明Explanation
uriHosturiHost URI (Uniform Resource Identifier) のホストの値を返します。Return the host value of a uniform resource identifier (URI).
uriPathuriPath URI (Uniform Resource Identifier) のパスの値を返します。Return the path value of a unifor resource identifier (URI).
uriPathAndQueryuriPathAndQuery URI (Uniform Resource Identifier) のパスの値とクエリの値を返します。Return the path and query values for a uniform resource identifier (URI).
uriPorturiPort URI (Uniform Resource Identifier) のポートの値を返します。Return the port value of a uniform resource identifier (URI).
uriQueryuriQuery URI (Uniform Resource Identifier) のクエリの値を返します。Retur0sn the query value of a uniform resouce identifier (URI).
uriSchemeuriScheme URI (Uniform Resource Identifier) のスキームの値を返します。Return the scheme value of a uniform resource identifier (URI).

オブジェクトの操作と構築の関数Object manipulation and construction functions

機能Function 説明Explanation
addPropertyaddProperty JSON オブジェクトにプロパティとその値、または名前と値のペアを追加し、更新されたオブジェクトを返します。Add a property and its value, or name-value pair, to a JSON object and return the updated object.
removePropertyremoveProperty JSON オブジェクトからプロパティを削除し、更新されたオブジェクトを返します。Remove a property from JSON object and return the updated object.
setPropertysetProperty JSON オブジェクトのプロパティの値を設定し、更新されたオブジェクトを返します。Set the value of a JSON object's property and return the updated object.
getPropertygetProperty JSON オブジェクトから、指定されたプロパティまたはルートプロパティの値を返します。Return the value of a specified property or root property from a JSON object.
coalescecoalesce 1 つまたは複数のパラメーターから、最初の null 以外の値を返します。Return the first non-null value from one or more parameters.
xPathxPath XML で XPath (XML Path Language) 式と一致するノードまたは値を調べて、一致するノードまたは値を返します。Check XML for nodes or values that match an XPath (XML Path Language) expression, and return the matching nodes or values.
jPathjPath パス式に一致するノードまたは値があるかどうかについて JSON または JSON 文字列を調べ、一致するノードを返します。Check JSON or a JSON string for nodes or value that match a path expression, and return the matching nodes.
setPathToValuesetPathToValue 特定のパスの値を設定し、値を返します。Set the value of a specific path and return the value.

正規表現関数Regular expression functions

機能Function 説明Explanation
isMatchisMatch 文字列が共通の正規表現パターンに一致する場合は true を返します。Return true if a string matches a common regex pattern.

型チェック関数Type checking functions

機能Function 説明Explanation
EOLEOL 行の末尾 (EOL) のシーケンステキストを返します。Return the end of line (EOL) sequence text.
isIntegerisInteger 指定した入力が整数の場合は true を返します。Return true if given input is an integer number
isFloatisFloat 指定した入力が浮動小数点数の場合は true を返します。Return true if the given input is a float point number
isBooleanisBoolean 指定した入力がブール値の場合は true を返します。Return true if the given input is a Boolean.
isArrayisArray 指定した入力が配列の場合は true を返します。Return true if the given input is an array.
isObjectisObject 指定した入力がオブジェクトの場合は true を返します。Return true if the given input is an object.
isDateTimeisDateTime 指定した入力 UTC ISO 形式のタイムスタンプの場合は true を返します。Return true if the given input is a UTC ISO format timestamp.
isStringisString 指定した入力が文字列の場合は true を返します。Return true if the given input is a string.

アルファベット順に並べ替えられたビルド済み関数Prebuilt functions sorted alphabetically

absabs

指定された数値の絶対値を返します。Return the absolute value of the specified number.

abs(<number>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<number><number> はいYes numbernumber 絶対値を取得する数値Number to get absolute value of
戻り値Return value TypeType 説明Description
<result><result> numbernumber 絶対値を計算した結果。The result from computing the absolute value.

使用例Examples

次の例では、絶対値を計算します。These examples compute the absolute value:

abs(3.12134)
abs(-3.12134)

との両方が結果 3.12134 を返します。And both return the result 3.12134.

addadd

2 つ以上の数値を加算 (純粋な数値の場合) または 2 つ以上の文字列を結合 (その他の場合) した結果を返します。Return the result from adding two or more numbers (pure number case) or concatting two or more strings (other case).

add(<item1>, <item2>, ...)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<item1>, <item2>,...<item1>, <item2>,... はいYes anyany itemsitems
戻り値Return value TypeType 説明Description
<result-sum><result-sum> 数値または文字列number or string 指定した数値を加算した結果、または結合の結果。The result from adding the specified numbers or the concat result.

Example

この例は、指定した数値を加算します。This example adds the specified numbers:

add(1, 1.5)

そして、2.5 という結果を返します。And returns the result 2.5.

この例は、指定した項目を結合します。This example concats the specified items:

add('hello',null)
add('hello','world')

次の結果を返しますAnd returns the results

  • hellohello
  • helloworldhelloworld

addDaysaddDays

省略可能なロケール形式でタイムスタンプに日数を追加します。Add a number of days to a timestamp in an optional locale format.

addDays('<timestamp>', <days>, '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。タイムスタンプは、標準 UTC ISO 形式である必要があります。The string that contains the timestamp which must be standard UTC ISO format
YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZYYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ
<days><days> はいYes 整数 (integer)integer 追加する正または負の日数The positive or negative number of days to add
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringstring タイムスタンプに指定した日数を加えた値The timestamp plus the specified number of days

例 1Example 1

この例では、指定されたタイムスタンプに 10 日を加算します。This example adds 10 days to the specified timestamp:

addDays('2018-03-15T13:00:00.000Z', 10)

そして、2018-03-25T00:00:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-03-25T00:00:00.000Z.

例 2Example 2

この例は、指定したタイムスタンプから 5 日を減算します。This example subtracts five days from the specified timestamp:

addDays('2018-03-15T00:00:00.000Z', -5)

そして、2018-03-10T00:00:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-03-10T00:00:00.000Z.

例 3Example 3

この例では、de 以外 のロケールで指定されたタイムスタンプに 1 日を追加します。This examples adds 1 day to the specified timestamp in the de-DE locale:

addDays('2018-03-15T13:00:00.000Z', 1, '', 'de-dE')

とは、結果 16.03.18 13:00:00 を返します。And returns the result 16.03.18 13:00:00.

addHoursaddHours

オプションのロケール形式でタイムスタンプに数時間を追加します。Add a number of hours to a timestamp in an optional locale format.

addHours('<timestamp>', <hours>, '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<hours><hours> はいYes 整数 (integer)integer 追加する正または負の時間数The positive or negative number of hours to add
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringstring タイムスタンプに指定した時間数を加えた値The timestamp plus the specified number of hours

例 1Example 1

この例では、指定されたタイムスタンプに 10 時間を加算します。This example adds 10 hours to the specified timestamp:

addHours('2018-03-15T00:00:00.000Z', 10)

そして、2018-03-15T10:00:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-03-15T10:00:00.000Z.

例 2Example 2

この例は、指定したタイムスタンプから 5 時間を減算します。This example subtracts five hours from the specified timestamp:

addHours('2018-03-15T15:00:00.000Z', -5)

そして、2018-03-15T10:00:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-03-15T10:00:00.000Z.

例 3Example 3

この例では、de 以外 のロケールで指定されたタイムスタンプに 2 時間を加算します。This examples adds 2 hours to the specified timestamp in the de-DE locale:

addHours('2018-03-15T13:00:00.000Z', 2, '', 'de-DE')

とは、結果 15.03.18 15:00:00 を返します。And returns the result 15.03.18 15:00:00.

addMinutesaddMinutes

省略可能なロケール形式でタイムスタンプに分数を追加します。Add a number of minutes to a timestamp in an optional locale format.

addMinutes('<timestamp>', <minutes>, '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<minutes><minutes> はいYes 整数 (integer)integer 追加する正または負の分数The positive or negative number of minutes to add
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringstring タイムスタンプに指定した分数を加えた値The timestamp plus the specified number of minutes

例 1Example 1

この例では、指定されたタイムスタンプに 10 分を加算します。This example adds 10 minutes to the specified timestamp:

addMinutes('2018-03-15T00:10:00.000Z', 10)

そして、2018-03-15T00:20:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-03-15T00:20:00.000Z.

例 2Example 2

この例は、指定したタイムスタンプから 5 分を減算します。This example subtracts five minutes from the specified timestamp:

addMinutes('2018-03-15T00:20:00.000Z', -5)

そして、2018-03-15T00:15:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-03-15T00:15:00.000Z.

例 3Example 3

この例では、de 以外 のロケールで指定されたタイムスタンプに 30 分を加算します。This examples adds 30 minutes to the specified timestamp in the de-DE locale:

addMinutes('2018-03-15T00:00:00.000Z', 30, '', 'de-DE')

とは、結果 15.03.18 13:30:00 を返します。And returns the result 15.03.18 13:30:00.

addOrdinaladdOrdinal

入力番号の序数を返します。Return the ordinal number of the input number.

addOrdinal(<number>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<number><number> はいYes 整数 (integer)integer 序数に変換する数値The numbers to convert to an ordinal number
戻り値Return value TypeType 説明Description
<result><result> stringstring 入力番号から変換された序数The ordinal number converted from the input number

Example

addOrdinal(11)
addOrdinal(12)
addOrdinal(13)
addOrdinal(21)
addOrdinal(22)
addOrdinal(23)

そして、それぞれ次の結果を返します。And respectively returns these results:

  • 11 番目11th
  • 12 番目12th
  • 13 番目13th
  • 21 番目21st
  • 22 番目22nd
  • 23 番目23rd

addPropertyaddProperty

JSON オブジェクトにプロパティとその値または名前と値のペアを追加し、更新されたオブジェクトを返します。Add a property and its value, or name-value pair, to a JSON object, and return the updated object. 実行時にオブジェクトが既に存在する場合、関数でエラーがスローされます。If the object already exists at runtime the function throws an error.

addProperty('<object>', '<property>', value)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<object><object> はいYes objectobject プロパティを追加する JSON オブジェクトThe JSON object where you want to add a property
<property><property> はいYes stringstring 追加するプロパティの名前The name of the property to add
<value><value> はいYes anyany プロパティの値。The value of the property
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-object><updated-object> objectobject 新しいプロパティを追加した後の更新された JSON オブジェクトThe updated JSON object after adding a new property

Example
この例では、accountNumber プロパティが customerProfile オブジェクトに追加されます。このオブジェクトは、json() 関数で JSON に変換されます。This example adds the accountNumber property to the customerProfile object, which is converted to JSON with the json() function. この関数は、newGuid() 関数によって生成された値を代入し、更新されたオブジェクトを返します。The function assigns a value that is generated by the newGuid() function, and returns the updated object:

addProperty(json('customerProfile'), 'accountNumber', newGuid())

addSecondsaddSeconds

タイムスタンプに秒数を加算します。Add a number of seconds to a timestamp.

addSeconds('<timestamp>', <seconds>, '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<seconds><seconds> はいYes 整数 (integer)integer 追加する正または負の秒数The positive or negative number of seconds to add
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringstring タイムスタンプに指定した秒数を加えた値The timestamp plus the specified number of seconds

例 1Example 1

この例は、指定したタイムスタンプに 10 秒を加算します。This example adds 10 seconds to the specified timestamp:

addSeconds('2018-03-15T00:00:00.000Z', 10)

そして、2018-03-15T00:00:10.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-03-15T00:00:10.000Z.

例 2Example 2

この例は、指定したタイムスタンプから 5 秒を減算します。This example subtracts five seconds to the specified timestamp:

addSeconds('2018-03-15T00:00:30.000Z', -5)

そして、2018-03-15T00:00:25.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-03-15T00:00:25.000Z.

addToTimeaddToTime

タイムスタンプに、任意の数の時間単位をオプションのロケール形式で追加します。Add a number of time units to a timestamp in an optional locale format. getFutureTime() もご覧ください。See also getFutureTime().

addToTime('<timestamp>', '<interval>', <timeUnit>, '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<interval><interval> はいYes 整数 (integer)integer 追加する指定した時間単位の数The number of specified time units to add
<timeUnit><timeUnit> はいYes stringstring interval と共に使用する時間単位。The unit of time to use with interval. 使用可能な単位は、"Second"、"Minute"、"Hour"、"Day"、"Week"、"Month"、"Year" です。Possible units are "Second", "Minute", "Hour", "Day", "Week", "Month", and "Year".
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringstring タイムスタンプに、指定した形式で指定した時間単位数を加算した値。The timestamp plus the number of specified time units with given format.

例 1Example 1

この例は、指定したタイムスタンプに 1 日を加算します。This example adds one day to specified timestamp.

addToTime('2018-01-01T00:00:00.000Z', 1, 'Day')

そして、2018-01-02T00:00:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-01-02T00:00:00.000Z.

例 2Example 2

この例は、指定したタイムスタンプに 2 週間を加算します。This example adds two weeks to the specified timestamp.

addToTime('2018-01-01T00:00:00.000Z', 2, 'Week', 'MM-DD-YY')

そして、'MM-DD-YY' 形式で、01-15-18 という結果を返します。And returns the result in the 'MM-DD-YY' format as 01-15-18.

allall

シーケンスのすべての要素が条件を満たしているかどうかを確認します。Determine whether all elements of a sequence satisfy a condition.

all(<sequence>, <item>, <condition>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<順次><sequence> はいYes objectobject 評価されるシーケンス。A sequence to be evaluated.
<item><item> はいYes stringstring シーケンスで評価する要素を参照します。Refers to the elements to evaluate in the sequence.
<condition><condition> はいYes expressionexpression 条件を評価する式。The expression to evaluate the condition.
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean trueすべての要素が条件を満たしている場合は、を返します。Return true if all elements satisfy a condition. 少なくとも false 1 つのがない場合は、を返します。Return false if at least one doesn't.

使用例Examples

次の例では、シーケンスのすべての要素が条件を満たしているかどうかを判断します。These examples determine if all elements of a sequence satisfy a condition:

all(createArray(1, 'cool'), item, isInteger(item))
all(createArray(1, 2), item => isInteger(item))

シーケンス内の両方の項目が整数ではないため、とはそれぞれ、-false という結果を返します。And return the following results respectively: -false, because both items in the sequence aren't integers. -シーケンス内の両方の項目が整数であるため、 **true** になります。 -**true**, because both items in the sequence are integers.

andand

すべての式が true かどうかを調べます。Check whether all expressions are true. すべての式が true の場合は true を返し、少なくとも 1 つの式が false の場合は false を返します。Return true if all expressions are true, or return false if at least one expression is false.

and(<expression1>, <expression2>, ...)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<expression1>, <expression2>, ...<expression1>, <expression2>, ... はいYes BooleanBoolean 調べる式The expressions to check
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean すべての式が true の場合は true を返します。Return true if all expressions are true. 少なくとも 1 つの式が false の場合は false を返します。Return false if at least one expression is false.

例 1Example 1

これらの例は、指定したブール値がすべて true かどうかを調べます。These examples check whether the specified Boolean values are all true:

and(true, true)
and(false, true)
and(false, false)

そして、それぞれ次の結果を返します。And respectively returns these results:

  • 両方の式が true なので、関数は true を返します。Both expressions are true, so the functions returns true.
  • 1 つの式が false なので、関数は false を返します。One expression is false, so the functions returns false.
  • 両方の式が false なので、関数は false を返します。Both expressions are false, so the function returns false.

例 2Example 2

これらの例は、指定した式がすべて true かどうかを調べます。These examples check whether the specified expressions are all true:

and(equals(1, 1), equals(2, 2))
and(equals(1, 1), equals(1, 2))
and(equals(1, 2), equals(1, 3))

そして、それぞれ次の結果を返します。And respectively returns these results:

  • 両方の式が true なので、関数は true を返します。Both expressions are true, so the functions returns true.
  • 1 つの式が false なので、関数は false を返します。One expression is false, so the functions returns false.
  • 両方の式が false なので、関数は false を返します。Both expressions are false, so the functions returns false.

anyany

シーケンスの要素が条件を満たすかどうかを判断します。Determine whether any elements of a sequence satisfy a condition.

all(<sequence>, <item>, <condition>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<シーケンス><sequence> はいYes objectobject 評価するシーケンス。A sequence to be evaluated.
<item><item> はいYes stringstring シーケンス内で評価する要素を参照します。Refers to the elements to evaluate in the sequence.
<condition><condition> はいYes expressionexpression 条件を評価する式。The expression to evaluate the condition.
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 条件 true を満たす要素がある場合は を返します。Return true if any elements satisfies the condition. false なくとも 1 つが返らない場合は を返します。Return false if at least one doesn't.

使用例Examples

次の例では、シーケンスのすべての要素が条件を満たすかどうかを判断します。These examples determine if all elements of a sequence satisfy a condition:

any(createArray(1, 'cool'), item, isInteger(item))
any(createArray('first', 'cool'), item => isInteger(item))

また、シーケンス内の少なくとも 1 つの項目が整数 -false なので、シーケンス内のどちらの項目も整数ではないので、 -true の結果をそれぞれ返します。And return the following results respectively: -true, because at least one item in the sequence is an integer -false, because neither item in the sequence is an integer.

averageaverage

数値配列の平均値を返します。Return the number average of a numeric array.

average(<numericArray>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<numericArray><numericArray> はいYes 番号の配列array of number 平均を計算する入力配列The input array to calculate the average
戻り値Return value TypeType 説明Description
<average-of-array><average-of-array> numbernumber 指定した配列の平均値The average value of the given array

Example

この例では、createArray() 内の配列の平均が計算されます。This example calculates the average of the array in createArray():

average(createArray(1,2,3))

そして、2 という結果が返されます。And returns the result 2.

base64base64

文字列またはバイト配列の base64 エンコード バージョンを返します。Return the base64-encoded version of a string or byte array.

base64('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes 文字列またはバイト配列string or byte array 入力文字列The input string
戻り値Return value TypeType 説明Description
<base64-string><base64-string> stringstring 入力文字列の base64 エンコード バージョンThe base64-encoded version of the input string

例 1Example 1

この例では、hello という文字列が base64 エンコード文字列に変換されます。This example converts the string hello to a base64-encoded string:

base64('hello')

そして、 "aGVsbG8=" という結果が返されます。And returns the result "aGVsbG8=".

例 2Example 2

この例では、new byte[] { 3, 5, 1, 12 } と等しい byteArr を受け取ります。This examples takes byteArr, which equals new byte[] { 3, 5, 1, 12 }:

base64('byteArr')

そして、 "AwUBDA==" という結果が返されます。And returns the result "AwUBDA==".

base64ToBinarybase64ToBinary

base64 エンコード文字列のバイナリ配列を返します。Return the binary array of a base64-encoded string.

base64ToBinary('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring 変換する base64 エンコード文字列The base64-encoded string to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
<binary-for-base64-string><binary-for-base64-string> byte arraybyte array base64 エンコード文字列のバイナリ バージョンThe binary version of the base64-encoded string

Example

この例では、AwUBDA== という base64 エンコード文字列がバイナリ文字列に変換されます。This example converts the base64-encoded string AwUBDA== to a binary string:

base64ToBinary('AwUBDA==')

そして、new byte[] { 3, 5, 1, 12 } という結果が返されます。And returns the result new byte[] { 3, 5, 1, 12 }.

base64ToStringbase64ToString

base64 エンコード文字列の文字列バージョンを返し、実質的に base64 の文字列をデコードします。Return the string version of a base64-encoded string, effectively decoding the base64 string.

base64ToString('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring デコードする base64 エンコード文字列The base64-encoded string to decode
戻り値Return value TypeType 説明Description
<decoded-base64-string><decoded-base64-string> stringstring base64 エンコード文字列の文字列バージョンThe string version of a base64-encoded string

Example

この例では、aGVsbG8= という base64 エンコード文字列がデコード文字列に変換されます。This example converts the base64-encoded string aGVsbG8= to a decoded string:

base64ToString('aGVsbG8=')

そして、hello という結果が返されます。And returns the result hello.

binarybinary

文字列のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version of a string.

binary('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring 変換する文字列The string to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
<binary-for-input-value><binary-for-input-value> byte arraybyte array 指定した文字列のバイナリ バージョンThe binary version of the specified string

Example

この例では、hello という文字列がバイナリ文字列に変換されます。This example converts the string hello to a binary string:

binary('hello')

そして、new byte[] { 104, 101, 108, 108, 111 } という結果が返されます。And returns the result new byte[] { 104, 101, 108, 108, 111 }.

[bool]bool

値のブール値バージョンを返します。Return the Boolean version of a value.

bool(<value>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes anyany 変換する値The value to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 指定した値のブール値バージョンThe Boolean version of the specified value

Example

これらの例は、指定した値をブール値に変換します。These examples convert the specified values to Boolean values:

bool(1)
bool(0)

そして、それぞれ次の結果を返します。And respectively returns these results:

  • true
  • false

ceilingceiling

指定した数値以下の最大の整数値を返します。Return the largest integral value less than or equal to the specified number.

ceiling('<number>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<number><number> はいYes numbernumber 入力番号An input number
戻り値Return value TypeType 説明Description
<整数-値><integer-value> 整数 (integer)integer 入力値以上の最大の整数値。The largest integral value greater than or equal to the input number

Example

この例では、数値 10.333 以下の最大の整数値が返されます。This example returns the largest integral value less than or equal to the number 10.333:

ceiling(10.333)

とは、整数 11 を返します。And returns the integer 11.

coalescecoalesce

1 つまたは複数のパラメーターから、最初の null 以外の値を返します。Return the first non-null value from one or more parameters. 空の文字列、空の配列、空のオブジェクトは null ではありません。Empty strings, empty arrays, and empty objects are not null.

coalesce(<object**1>, <object**2>, ...)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<object**1>, <object**2>, ...<object**1>, <object**2>, ... はいYes 任意 (混合型は使用可能)any (mixed types acceptable) null かどうか調べる 1 つまたは複数の項目One or more items to check for null
戻り値Return value TypeType 説明Description
<first-non-null-item><first-non-null-item> anyany null ではない最初の項目または値。The first item or value that is not null. すべてのパラメーターが null の場合、この関数は null を返します。If all parameters are null, this function returns null.

Example

これらの例は、指定した値から最初の null 以外の値を返し、すべての値が null のときは null を返します。These examples return the first non-null value from the specified values, or null when all the values are null:

coalesce(null, true, false)
coalesce(null, 'hello', 'world')
coalesce(null, null, null)

とはそれぞれ、次の値を返します。And respectively return:

  • true
  • hellohello
  • nullnull

concatconcat

2つ以上のオブジェクトを結合し、結合されたオブジェクトをリストまたは文字列で返します。Combine two or more objects, and return the combined objects in a list or string.

concat('<text1>', '<text2>', ...)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<object1>, <object2>, ...<object1>, <object2>, ... はいYes anyany 連結する少なくとも2つのオブジェクト。At least two objects to concat.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<object1object2...><object1object2...> 文字列またはリストstring or list 結合された文字列またはリスト。The combined string or list. Null 値はスキップされます。Null values are skipped.

予想される戻り値:Expected return values:

  • すべての項目がリストの場合は、リストが返されます。If all items are lists, a list will be returned.
  • リスト以外の項目が存在する場合は、文字列が返されます。If there exists an item that is not a list, a string will be returned.
  • 値が null の場合、concatanated はスキップされます。If a value is null, it is skipped and not concatanated.

Example

この例では、文字列 HelloWorld が結合されます。This example combines the strings Hello and World:

concat('Hello', 'World')

そして、HelloWorld という結果が返されます。And returns the result HelloWorld.

例 2Example 2

この例では、リスト [1, 2][3, 4] を組み合わせています。This example combines the lists [1,2] and [3,4]:

concat([1,2],[3,4])

とは、結果 [1, 2, 3, 4] を返します。And returns the result [1,2,3,4].

例 3Example 3

これらの例では、さまざまな種類のオブジェクトを結合します。These examples combine objects of different types:

concat('a', 'b', 1, 2)
concat('a', [1,2])

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 文字列 ab12The string ab12.
  • オブジェクト system 1 [system.object] を入力 します。The object aSystem.Collections.Generic.List 1[System.Object]. これは読み取り不可能であり、避けることをお勧めします。This is unreadable and best to avoid.

例 4Example 4

次の例では、オブジェクトを結合し null ます。These example combine objects will null:

concat([1,2], null)
concat('a', 1, null)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • リスト [1, 2]The list [1,2].
  • 文字列 a1The string a1.

containscontains

コレクションに特定の項目があるかどうかを確認します。Check whether a collection has a specific item. 項目が見つかった場合は true を返し、見つからない場合は false を返します。Return true if the item is found, or return false if not found. この関数は、大文字と小文字を区別します。This function is case-sensitive.

contains('<collection>', '<value>')
contains([<collection>], '<value>')

この関数は次のコレクション型で動作します。This function works on the following collection types:

  • 部分文字列を検索する文字列A string to find a substring
  • 値を検索する配列An array to find a value
  • キーを検索するディクショナリA dictionary to find a key
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列、配列、ディクショナリstring, array, or dictionary 調べるコレクションThe collection to check
<value><value> はいYes それぞれ、文字列、配列、ディクショナリstring, array, or dictionary, respectively 検索する項目The item to find
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 項目が見つかった場合は true を返します。Return true if the item is found. 項目が見つからない場合は false を返します。Return false if not found.

例 1Example 1

この例では、文字列 hello world の部分文字列 world が調べられます。This example checks the string hello world for the substring world:

contains('hello world', 'world')

そして、true という結果が返されます。And returns the result true.

例 2Example 2

この例では、文字列 hello world の部分文字列 universe が調べられます。This example checks the string hello world for the substring universe:

contains('hello world', 'universe')

そして、false という結果が返されます。And returns the result false.

countcount

コレクション内の項目の数を返します。Return the number of items in a collection.

count('<collection>')
count([<collection>])
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列または配列string or array 項目を数えるコレクションThe collection with the items to count
戻り値Return value TypeType 説明Description
<length-or-count><length-or-count> 整数 (integer)integer コレクション内の項目数The number of items in the collection

:Examples:

これらの例は、次のコレクション内の項目の数をカウントします。These examples count the number of items in these collections:

count('abcd')
count(createArray(0, 1, 2, 3))

そして、どちらも 4 という結果を返します。And both return the result 4.

countWordcountWord

文字列の単語数を返しますReturn the number of words in a string

countWord('<text>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 数える文字列The string to count
戻り値Return value TypeType 説明Description
<count><count> 整数 (integer)integer 文字列の単語数The number of words in the string

Example

この例では、文字列 hello world の単語数が数えられます。This example counts the number of words in the string hello world:

countWord("hello word")

そして、2 という結果が返されます。And it returns the result 2.

convertFromUTCconvertFromUTC

オプションのロケール形式のタイムスタンプを、世界協定時刻 (UTC) からターゲットタイムゾーンに変換します。Convert a timestamp in an optional locale format from Universal Time Coordinated (UTC) to a target time zone.

convertFromUTC('<timestamp>', '<destinationTimeZone>', '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<destinationTimeZone><destinationTimeZone> はいYes stringstring ターゲット タイム ゾーンの名前。The name of the target time zone. Windows と IANA タイム ゾーンがサポートされています。Supports Windows and Iana time zones.
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、 ISO 8601に準拠する"o" 形式で、Yyyy-mm-yyyy-mm-ddthh: MM: Ss. fffffffk です。The default format for the timestamp is the "o" format, yyyy-MM-ddTHH:mm:ss.fffffffK, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<converted-timestamp><converted-timestamp> stringstring ターゲット タイム ゾーンに変換されたタイムスタンプThe timestamp converted to the target time zone

:Examples:

これらの例は、UTC から太平洋標準時に変換します。These examples convert from UTC to Pacific Standard Time:

convertFromUTC('2018-02-02T02:00:00.000Z', 'Pacific Standard Time', 'MM-DD-YY')
convertFromUTC('2018-02-02T02:00:00.000Z', 'Pacific Standard Time')

そして、それぞれ次の結果を返します。And respectively return these results:

  • 02-01-1802-01-18
  • 2018-01-01T18:00: 00.00000002018-01-01T18:00:00.0000000

例 2Example 2

この例では、 en-us ロケールのタイムスタンプを UTC から太平洋標準時に変換します。This example converts a timestamp in the en-US locale from UTC to Pacific Standard Time:

convertFromUTC('2018-01-02T02:00:00.000Z', 'Pacific Standard Time', 'D', 'en-US')

とは、 2018 年1月1日月曜日の 結果を返します。And returns the result Monday, January 1, 2018.

convertToUTCconvertToUTC

オプションのロケール形式のタイムスタンプをソースタイムゾーンから協定世界時 (UTC) に変換します。Convert a timestamp in an optional locale format to Universal Time Coordinated (UTC) from the source time zone.

convertToUTC('<timestamp>', '<sourceTimeZone>', '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<sourceTimeZone><sourceTimeZone> はいYes stringstring ターゲット タイム ゾーンの名前。The name of the target time zone. Windows と IANA タイム ゾーンがサポートされています。Supports Windows and Iana time zones.
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<converted-timestamp><converted-timestamp> stringstring ターゲット タイム ゾーンに変換されたタイムスタンプThe timestamp converted to the target time zone

Example

この例では、タイムスタンプを太平洋標準時から UTC に変換します。This example converts a timestamp to UTC from Pacific Standard Time

convertToUTC('01/01/2018 00:00:00', 'Pacific Standard Time')

とは、 2018-01-01T08:00: 00.000 z という結果を返します。And returns the result 2018-01-01T08:00:00.000Z.

例 2Example 2

この例で は、de ロケールの タイムスタンプを太平洋標準時からの UTC に変換します。This example converts a timestamp in the de-DE locale to UTC from Pacific Standard Time:

convertToUTC('01/01/2018 00:00:00', 'Pacific Standard Time', '', 'de-DE')

とは、結果 01.01.18 08:00:00 を返します。And returns the result 01.01.18 08:00:00.

createArraycreateArray

複数の入力から配列を作成して返します。Return an array from multiple inputs.

createArray('<object1>', '<object2>', ...)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<object1>, <object2>, ...<object1>, <object2>, ... はいYes 任意、ただし混合は使用不可any, but not mixed 配列を作成する少なくとも 2 つの項目At least two items to create the array
戻り値Return value TypeType 説明Description
[<object1>, <object2>, ...][<object1>, <object2>, ...] arrayarray すべての入力項目から作成された配列The array created from all the input items

Example

この例では、次の入力から配列が作成されます。This example creates an array from the following inputs:

createArray('h', 'e', 'l', 'l', 'o')

そして、 [h ,e, l, l, o] という結果が返されます。And returns the result [h ,e, l, l, o].

dataUridataUri

文字列のデータ URI (Uniform Resource Identifier) を返します。Return a data uniform resource identifier (URI) of a string.

dataUri('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring 変換する文字列The string to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
[<date-uri>][<date-uri>] stringstring 入力文字列に対するデータ URIThe data URI for the input string

Example

dataUri('hello')

data:text/plain;charset=utf-8;base64,aGVsbG8= という結果を返します。Returns the result data:text/plain;charset=utf-8;base64,aGVsbG8=.

dataUriToBinarydataUriToBinary

データ URI (Uniform Resource Identifier) のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version of a data uniform resource identifier (URI).

dataUriToBinary('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring 変換するデータ URIThe data URI to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
[<binary-for-data-uri>][<binary-for-data-uri>] byte arraybyte array データ URI のバイナリ バージョンThe binary version of the data URI

Example

この例では、次のデータ URI のバイナリ バージョンが作成されます。This example creates a binary version for the following data URI:

dataUriToBinary('aGVsbG8=')

そして、new byte[] { 97, 71, 86, 115, 98, 71, 56, 61 } という結果が返されます。And returns the result new byte[] { 97, 71, 86, 115, 98, 71, 56, 61 }.

dataUriToStringdataUriToString

データ URI (Uniform Resource Identifier) の文字列バージョンを返します。Return the string version of a data uniform resource identifier (URI).

dataUriToString('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring 変換するデータ URIThe data URI to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
[<string-for-data-uri>][<string-for-data-uri>] stringstring データ URI の文字列バージョンThe string version of the data URI

Example

この例では、次のデータ URI の文字列が作成されます。This example creates a string from the following data URI:

dataUriToString('data:text/plain;charset=utf-8;base64,aGVsbG8=')

そして、hello という結果が返されます。And returns the result hello.

datedate

m/dd/yyyy 形式で、指定したタイムスタンプの日付を返します。Return the date of a specified timestamp in m/dd/yyyy format.

date('<timestramp>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
戻り値Return value TypeType 説明Description
<date><date> stringstring 指定したタイムスタンプの日付The date of the specified timestamp
date('2018-03-15T13:00:00.000Z')

3-15-2018 という結果を返します。Returns the result 3-15-2018.

dateReadBackdateReadBack

date-time ライブラリを使用して、日付を読み上げます。Uses the date-time library to provide a date readback.

dateReadBack('<currentDate>', '<targetDate>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<currentDate><currentDate> はいYes stringstring 現在の日付を含む文字列The string that contains the current date
<targetDate><targetDate> はいYes stringstring ターゲットの日付を含む文字列The string that contains the target date
戻り値Return value TypeType 説明Description
<date-readback><date-readback> stringstring 現在の日付とターゲットの日付の間の読み上げThe readback between current date and the target date

例 1Example 1

dateReadBack('2018-03-15T13:00:00.000Z', '2018-03-16T13:00:00.000Z')

明日 という結果を返します。Returns the result tomorrow.

dateTimeDiffdateTimeDiff

2 つのタイムスタンプ間のティック数の差を返します。Return the difference in ticks between two timestamps.

dateTimeDiff('<timestamp1>', '<timestamp2>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp1><timestamp1> はいYes stringstring 比較する最初のタイムスタンプ文字列The first timestamp string to compare
<timestamp2><timestamp2> はいYes stringstring 比較する 2 番目のタイムスタンプ文字列The second timestamp string to compare
戻り値Return value TypeType 説明Description
<ダニ><ticks> 数値number 2 つのタイムスタンプ間のティック数の違いThe difference in ticks between two timestamps

例 1Example 1

この例では、2 つのタイムスタンプ間のティックの差が返されます。This example returns the difference in ticks between two timestamps:

dateTimeDiff('2019-01-01T08:00:00.000Z','2018-01-01T08:00:00.000Z')

そして、数値 315360000000000 を返しますAnd returns the number 315360000000000.

例 2Example 2

この例では、2 つのタイムスタンプ間のティックの差が返されます。This example returns the difference in ticks between two timestamps:

dateTimeDiff('2018-01-01T08:00:00.000Z', '2019-01-01T08:00:00.000Z')

結果 -3153600000000000 を返しますReturns the result -315360000000000. 値が負の数値である点に注意してください。Note that the value is a negative number.

dayOfMonthdayOfMonth

タイムスタンプから月の日付を返します。Return the day of the month from a timestamp.

dayOfMonth('<timestamp>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
戻り値Return value TypeType 説明Description
<day-of-month><day-of-month> 整数 (integer)integer 指定したタイムスタンプの月の日付The day of the month from the specified timestamp

Example

この例では、次のタイムスタンプから月の日付の数値が返されます。This example returns the number for the day of the month from the following timestamp:

dayOfMonth('2018-03-15T13:27:36Z')

そして、15 という結果が返されます。And returns the result 15.

dayOfWeekdayOfWeek

タイムスタンプから曜日を返します。Return the day of the week from a timestamp.

dayOfWeek('<timestamp>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
戻り値Return value TypeType 説明Description
<day-of-week><day-of-week> 整数 (integer)integer 指定したタイムスタンプからの曜日。The day of the week from the specified timestamp. 日曜日は 0、月曜日は 1 などです。Sunday is 0, Monday is 1, and so forth.

Example

この例では、次のタイムスタンプから曜日の数値が返されます。This example returns the number for the day of the week from the following timestamp:

dayOfWeek('2018-03-15T13:27:36Z')

そして、3 という結果が返されます。And returns the result 3.

dayOfYeardayOfYear

タイムスタンプから年の何日目かを返します。Return the day of the year from a timestamp.

dayOfYear('<timestamp>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
戻り値Return value TypeType 説明Description
<day-of-year><day-of-year> 整数 (integer)integer 指定したタイムスタンプの年初からの通算日数The day of the year from the specified timestamp

Example

この例では、次のタイムスタンプから年の何日目かが返されます。This example returns the number of the day of the year from the following timestamp:

dayOfYear('2018-03-15T13:27:36Z')

そして、74 という結果が返されます。And returns the result 74.

divdiv

2 つの数値を除算した結果の整数値を返します。Return the integer result from dividing two numbers. 剰余を返すには、mod() に関する記事を参照してください。To return the remainder see mod().

div(<dividend>, <divisor>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<dividend><dividend> はいYes numbernumber divisor によって除算される値。The number to divide by the divisor
<divisor><divisor> はいYes numbernumber dividend を除算する値。The number that divides the dividend. 0 にすることはできません。Cannot be 0.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<quotient-result><quotient-result> numbernumber 1 番目の数値を 2 番目の数値で除算した結果The result from dividing the first number by the second number

Example

どちらの例も、1 番目の数値を 2 番目の数値で除算します。Both examples divide the first number by the second number:

div(10, 5)
div(11, 5)

そして、2 という結果を返します。And return the result 2.

パラメーターの 1 つが浮動小数点数の場合、結果も浮動小数点数となります。If one of the parameters is a float, the result will be also be a float.

Example

div(11.2, 2)

結果 5.6 を返します。Returns the result 5.6.

emptyempty

インスタンスが空かどうかを調べます。Check whether an instance is empty. 入力が空の場合は true を返します。Return true if the input is empty. 空であることは、以下を意味します。Empty means:

  • 入力が null または未定義ですinput is null or undefined
  • 入力が null または空の文字列ですinput is a null or empty string
  • 入力がゼロ サイズのコレクションですinput is zero size collection
  • 入力が、プロパティのないオブジェクトです。input is an object with no property.
empty('<instance>')
empty([<instance>])
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<instance><instance> はいYes anyany 確認するインスタンス。The instance to check
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean インスタンスが空の場合、true を返します。Return true when the instance is empty.

Example

これらの例は、指定したインスタンスが空であるかどうかを調べます。These examples check whether the specified instance is empty:

empty('')
empty('abc')
empty([1])
empty(null)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return these results respectively:

  • 空の文字列を渡しているので、関数は true を返します。Passes an empty string, so the function returns true.
  • 文字列 abc を渡しているので、関数は false を返します。Passes the string abc, so the function returns false.
  • 1 つの項目を含むコレクションを渡しているので、関数は false を返します。Passes the collection with one item, so the function returns false.
  • null オブジェクトを渡しているので、関数は true を返します。Passes the null object, so the function returns true.

endsWithendsWith

文字列が特定の部分文字列で終わっているかどうかを調べます。Check whether a string ends with a specific substring. 部分文字列が見つかった場合は true を返し、見つからない場合は false を返します。Return true if the substring is found, or return false if not found. この関数では、大文字と小文字が区別されません。This function is case-insensitive.

endsWith('<text>', '<searchText>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 調べる文字列。The string to check
<searchText><searchText> はいYes stringstring 検索する末尾の部分文字列The ending substring to find
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 末尾の部分文字列が見つかった場合は true を返します。Return true when the ending substring is found. 見つからない場合は false を返します。Return false if not found

例 1Example 1

この例では、文字列 hello world が文字列 world で終わっているかどうかが調べられます。This example checks whether the hello world string ends with the string world:

endsWith('hello world', 'world')

そして、true という結果が返されます。And it returns the result true.

例 2Example 2

この例では、文字列 hello world が文字列 universe で終わっているかどうかが調べられます。This example checks whether the hello world string ends with the string universe:

endsWith('hello world', 'universe')

そして、false という結果が返されます。And it returns the result false.

EOLEOL

行の末尾 (EOL) のシーケンステキストを返します。Return the end of line (EOL) sequence text.

EOL()
戻り値Return value TypeType 説明Description
<IsOSPlatform><IsOSPlatform> stringstring Mac および Linux では、Windows と \n\r\n を返します。Return \r\n in Windows and \n in Mac and Linux.

Example

次の例では、行シーケンスのテキストの末尾を確認します。This example checks the end of the line sequence text:

EOL()

とは、次の文字列を返します。And returns the following strings:

  • Windows: \r\nWindows: \r\n
  • Mac または Linux: \nMac or Linux: \n

equalsequals

両方の値、式、またはオブジェクトが等しいかどうかを調べます。Check whether both values, expressions, or objects are equivalent. 両方が等しい場合は true を返し、等しくない場合は false を返します。Return true if both are equivalent, or return false if they're not equivalent.

equals('<object1>', '<object2>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<object1>, <object2><object1>, <object2> はいYes anyany 比較する値、式、またはオブジェクトThe values, expressions, or objects to compare
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 両方が等しい場合は true を返します。Return true when both are equivalent. 等しくない場合は false を返します。Return false if not equivalent.

Example

これらの例は、指定した入力が等しいかどうかを調べます。These examples check whether the specified inputs are equivalent:

equals(true, 1)
equals('abc', 'abcd')

そして、それぞれ次の結果を返します。And returns these results respectively:

  • 両方の値が等しいので、関数は true を返します。Both values are equivalent, so the function returns true.
  • 両方の値が等しくないので、関数は false を返します。Both values aren't equivalent, so the function returns false.

existsexists

真実性を表す式を評価します。Evaluates an expression for truthiness.

exists(expression)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
expressionexpression はいYes expressionexpression 真実性を評価する式Expression to evaluate for truthiness
戻り値Return value TypeType 説明Description
<"true または false"><true or false> BooleanBoolean 式を評価した結果Result of evaluating the expression

Example

これらの例は、foo = {"bar":"value"} の真実性を評価します。These example evaluate the truthiness of foo = {"bar":"value"}:

exists(foo.bar)
exists(foo.bar2)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return these results respectively:

  • true
  • false

expexp

ある数値を別の数値で累乗して返します。Return exponentiation of one number to another.

exp(realNumber, exponentNumber)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
realNumberrealNumber はいYes numbernumber その指数を計算する実数Real number to compute exponent of
exponentNumberexponentNumber はいYes numbernumber 指数の数値Exponent number
戻り値Return value TypeType 説明Description
<result-exp><result-exp> numbernumber realNumber の指数を計算した結果The result from computing exponent of realNumber

Example

この例は、指数を計算します。This example computes the exponent:

exp(2, 2)

そして、4 という結果を返します。And returns the result 4.

firstfirst

文字列または配列から最初の項目を返します。Return the first item from a string or array.

first('<collection>')
first([<collection>])
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列または配列string or array 最初の項目を検索するコレクションThe collection in which to find the first item
戻り値Return value TypeType 説明Description
<first-collection-item><first-collection-item> anyany コレクション内の最初の項目The first item in the collection

Example

これらの例は、次のコレクション内の最初の項目を検索します。These examples find the first item in the following collections:

first('hello')
first(createArray(0, 1, 2))

そして、それぞれ次の結果を返します。And return these results respectively:

  • hh
  • 00

フラット化 (flatten)flatten

配列を非配列値にフラット化します。Flatten an array into non-array values. 必要に応じて、フラット化する最大の深さを設定できます。You can optionally set the maximum depth to flatten to.

flatten([<collection>], '<depth>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes arrayarray フラット化するコレクションThe collection to flatten
<depth><depth> いいえNo numbernumber フラット化する最大の深さ。Maximum depth to flatten. 既定値は無限大です。Default is infinity.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<new-collection><new-collection> arrayarray 要素が指定した深さまでフラット化されて非配列となった新しいコレクションNew collection whose elements have been flattened to a non-array to the specified depth

例 1Example 1

この例では、次の配列がフラット化されます。THis example flattens the following array:

flatten(createArray(1, createArray(2), createArray(createArray(3, 4), createArray(5, 6)))

そして、 [1, 2, 3, 4, 5, 6] という結果が返されます。And returns the result [1, 2, 3, 4, 5, 6].

例 2Example 2

この例では、配列が 1 の深さにフラット化されます。This example flattens the array to a depth of 1:

flatten(createArray(1, createArray(2), createArray(createArray(3, 4), createArray(5, 6)), 1)

そして、 [1, 2, [3, 4], [5, 6]] という結果が返されます。And returns the result [1, 2, [3, 4], [5, 6]].

floatfloat

浮動小数点数の文字列バージョンを浮動小数点数に変換します。Convert the string version of a floating-point number to a floating-point number. この関数は、ロジック アプリなどのアプリにカスタム パラメーターを渡す場合にのみ使用できます。You can use this function only when passing custom parameters to an app, such as a logic app. 文字列を float に変換できない場合は、例外がスローされます。An exception will be thrown if the string cannot be converted to a float.

float('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring 変換後の有効な浮動小数点数を含む文字列The string that has a valid floating-point number to convert to
戻り値Return value TypeType 説明Description
<float-value><float-value> floatfloat 指定した文字列の浮動小数点数The floating-point number of the specified string

Example

この例では、文字列の float バージョンを変換します。This example converts the float version of a string:

float('10.333')

そして、float 10.333 を返しますAnd returns the float 10.333.

floorfloor

指定した数値以下の最大の整数値を返します。Return the largest integral value less than or equal to the specified number.

floor('<number>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<number><number> はいYes numbernumber 入力番号An input number
戻り値Return value TypeType 説明Description
<integer-value><integer-value> 整数 (integer)integer 入力数以下の最大整数値The largest integral value less than or equal to the input number

Example

この例では、数値 10.333 の floor 値を計算します。This example calculates the floor value of the number 10.333:

floor(10.333)

そして、整数 10 を返しますAnd returns the integer 10.

foreachforeach

各要素を演算し、新しいコレクションを返します。Operate on each element and return the new collection.

foreach([<collection/instance>], <iteratorName>, <function>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection/instance><collection/instance> はいYes 配列またはオブジェクトarray or object 項目を含むコレクションThe collection with the items
<iteratorName><iteratorName> はいYes 反復子名iterator name Arrow 関数のキー項目The key item of arrow function
<function><function> はいYes expressionexpression iteratorName を含む関数Function that contains iteratorName
戻り値Return value TypeType 説明Description
<new-collection><new-collection> arrayarray 各要素が関数によって評価された新しいコレクションThe new collection in which each element has been evaluated by the function

例 1Example 1

この例では、新しいコレクションが生成されます。This example generates a new collection:

foreach(createArray(0, 1, 2, 3), x, x + 1)

そして、 [1, 2, 3, 4] という結果が返されます。And returns the result [1, 2, 3, 4].

例 2Example 2

次の例では、新しいコレクションが生成されます。These examples generate a new collection:

foreach(json("{'name': 'jack', 'age': '15'}"), x, concat(x.key, ':', x.value))
foreach(json("{'name': 'jack', 'age': '15'}"), x=> concat(x.key, ':', x.value))

そして、結果 ['name:jack', 'age:15'] を返しますAnd return the result ['name:jack', 'age:15']. 2 番目の式はラムダ 式で、読み取りが簡単な式があります。Note that the second expression is a lambda expression, which some find more readable.

formatDateTimeformatDateTime

省略可能なロケール形式でタイムスタンプを返します。Return a timestamp in an optional locale format.

formatDateTime('<timestamp>', '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<reformatted-timestamp><reformatted-timestamp> stringstring 指定した形式に更新されたタイムスタンプ。The updated timestamp in the specified format

例 1Example 1

この例は、タイムスタンプを指定した形式に変換します。This example converts a timestamp to the specified format:

formatDateTime('03/15/2018 12:00:00', 'yyyy-MM-ddTHH:mm:ss')

とは、結果 2018-03-15T12:00:00 を返します。And returns the result 2018-03-15T12:00:00.

例 2Example 2

次の例では、de 以外 のロケールでタイムスタンプを変換します。This example converts a timestamp in the de-DE locale:

formatDateTime('2018-03-15', '', 'de-DE')

とは、結果 15.03.18 00:00:00 を返します。And returns the result 15.03.18 00:00:00.

formatEpochformatEpoch

UNIX 時刻から指定された形式で、オプションのロケール形式でタイムスタンプを返します (エポック時間、POSIX 時間、UNIX エポック時間も知られています)。Return a timestamp in an optional locale format in the specified format from UNIX time (also know as Epoch time, POSIX time, UNIX Epoch time).

formatEpoch('<epoch>', '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<epoch><epoch> はいYes numbernumber エポック番号The epoch number
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<reformatted-timestamp><reformatted-timestamp> stringstring 指定した形式に更新されたタイムスタンプ。The updated timestamp in the specified format

Example

次の例では、Unix タイムスタンプを指定した形式に変換します。This example converts a Unix timestamp to the specified format:

formatEpoch(1521118800, 'yyyy-MM-ddTHH:mm:ss.fffZ)'

そして、2018-03-15T12:00:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-03-15T12:00:00.000Z.

Example

次の例では、de 以外 のロケールで Unix タイムスタンプを変換します。This example converts a Unix timestamp in the de-DE locale:

formatEpoch(1521118800, '', 'de-DE')

とは、結果 15.03.18 13:00:00 を返します。And returns the result 15.03.18 13:00:00.

formatNumberformatNumber

値を、指定した小数部の桁数と省略可能な指定したロケールに書式設定します。Format a value to the specified number of fractional digits and an optional specified locale.

formatNumber('<number>', '<precision-digits>', '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<number><number> はいYes numbernumber 入力番号An input number
<有効桁数><precision-digits> はいYes 整数 (integer)integer 指定された小数部の桁数A specified number of fractional digits
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<戻り値><return-value> 数値number 入力の戻り値は、指定した小数部の桁数と指定したロケールで表示されます。The return value of the input formated at a specified number of fractional digits and a specified locale

例 1Example 1

この例では、数値 10.3332 桁の小数部に書式設定します。This example formats ther number 10.333 to 2 fractional digits:

formatNumber(10.333, 2)

とは、文字列 10.33 を返します。And returns the string 10.33.

例 2Example 2

これらの例では、 en-us ロケールで数値を指定した桁数に書式設定します。These examples format numbers to a specified number of digits in the en-US locale:

formatNumber(12.123, 2, 'en-US')
formatNumber(1.551, 2, 'en-US')
formatNumber(12.123, 4, 'en-US')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 12.1212.12
  • 1.551.55
  • 12.123012.1230

formatTicksformatTicks

タイムスタンプから、指定した形式で、オプションのロケール形式でタイムスタンプを返します。Return a timestamp in an optional locale format in the specified format from ticks.

formatTicks('<ticks>', '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<epoch><epoch> はいYes 数値 (または、Javascript では bigint)number (or bigint in Javascript) ティック番号The ticks number
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<reformatted-timestamp><reformatted-timestamp> stringstring 指定した形式に更新されたタイムスタンプ。The updated timestamp in the specified format

例 1Example 1

この例は、ティックを指定した形式に変換します。This example converts ticks to the specified format:

formatTicks(637243624200000000, 'yyyy-MM-ddTHH:mm:ss.fffZ')

そして、2020-05-06T11:47:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2020-05-06T11:47:00.000Z.

例 2Example 2

この例で は、ティックを de ロケールで 指定された形式に変換します。This example converts ticks to the specified format in the de-DE locale:

formatTicks(637243624200000000, '', 'de-DE')

とは、結果 06.05.20 11:47:00 を返します。And returns the result 06.05.20 11:47:00.

getFutureTimegetFutureTime

指定された時間単位を加算した、現在のタイムスタンプをオプションのロケール形式で返します。Return the current timestamp in an optional locale format plus the specified time units.

getFutureTime(<interval>, <timeUnit>, '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<interval><interval> はいYes 整数 (integer)integer 加算する特定の時間単位数The number of specific time units to add
<timeUnit><timeUnit> はいYes stringstring interval と共に使用する時間単位。The unit of time to use with interval. 使用可能な単位は、"Second"、"Minute"、"Hour"、"Day"、"Week"、"Month"、"Year" です。Possible units are "Second", "Minute", "Hour", "Day", "Week", "Month", and "Year".
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringstring 現在のタイムスタンプに指定した時間単位数を加えた値The current timestamp plus the specified number of time units

例 1Example 1

現在のタイムスタンプが 2019-03-01T00:00:00.000Z であるものとします。Suppose the current timestamp is 2019-03-01T00:00:00.000Z. 次の例は、そのタイムスタンプに 5 日を加算します。The example below adds five days to that timestamp:

getFutureTime(2, 'Week')

そして、2019-03-15T00:00:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2019-03-15T00:00:00.000Z.

例 2Example 2

現在のタイムスタンプが 2018-03-01T00:00:00.000Z であるものとします。Suppose the current timestamp is 2018-03-01T00:00:00.000Z. 次の例は、タイムスタンプに 5 日を加算し、結果を MM-DD-YY 形式に変換します。The example below adds five days to the timestamp and converts the result to MM-DD-YY format:

getFutureTime(5, 'Day', 'MM-DD-YY')

とは、結果 03-06-18 を返します。And returns the result 03-06-18.

例 3Example 3

現在のタイムスタンプが 2020-05-01T00:00: 00.000 z で、ロケールが 逆に なっているとします。Suppose the current timestamp is 2020-05-01T00:00:00.000Z and the locale is de-DE. 次の例では、タイムスタンプに 1 日を追加します。The example below adds 1 day to the timestamp:

getFutureTime(1,'Day', '', 'de-DE')

とは、結果 02.05.20 00:00:00 を返します。And returns the result 02.05.20 00:00:00.

getNextViableDategetNextViableDate

現在の日付と、必要に応じて指定したタイムゾーンに基づいて、timex 式の次に実行可能な日付を返します。Return the next viable date of a timex expression based on the current date and an optionally specified timezone.

getNextViableDate(<timexString>, <timezone>?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timexString><timexString> はいYes stringstring 評価する日付の timex 文字列。The timex string of the date to evaluate.
<部分><timezone> いいえNo stringstring 省略可能なタイムゾーン。The optional timezone.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<nextViableTime><nextViableTime> stringstring 次に実行可能な日付。The next viable date.

使用例Examples

たとえば、日付が 2020-06-12 で、現在の時刻が 15:42:21 であるとします。Say the date is 2020-06-12 and current time is 15:42:21.

これらの例では、上記の日付と時刻に基づいて、次の実行可能な日付の timex 文字列を評価します。These examples evaluate the timex string for the next viable date based on the above date and time:

getPreviousViableDate("XXXX-12-20", "America/Los_Angeles")
getPreviousViableDate("XXXX-02-29")

とは、それぞれ次の文字列を返します。And return the following strings respectively:

  • 2020-12-202020-12-20
  • 2024-02-292024-02-29

getNextViableTimegetNextViableTime

現在の時刻と、必要に応じて指定したタイムゾーンに基づいて、timex 式の次に実行可能な時間を返します。Return the next viable time of a timex expression based on the current time and an optionally specified timezone.

getNextViableTime(<timexString>, <timezone>?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timexString><timexString> はいYes stringstring 評価する時刻の timex 文字列。The timex string of the time to evaluate.
<部分><timezone> いいえNo stringstring 省略可能なタイムゾーン。The optional timezone.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<nextViableTime><nextViableTime> stringstring 次に実行可能な時間。The next viable time.

使用例Examples

たとえば、日付が 2020-06-12 で、現在の時刻が 15:42:21 であるとします。Say the date is 2020-06-12 and current time is 15:42:21.

これらの例では、上記の日付と時刻に基づいて、次の実行可能な時間に対して timex 文字列を評価します。These examples evaluate a timex string for the next viable time based on the above date and time:

getNextViableTime("TXX:12:14", "Asia/Tokyo")
getNextViableTime("TXX:52:14")

とは、次の文字列 repsectively を返します。And return the following strings repsectively:

  • T16:12:14T16:12:14
  • T15,:52:14T15:52:14

getPastTimegetPastTime

現在のタイムスタンプから指定した時刻単位を引いて返します。Return the current timestamp minus the specified time units.

getPastTime(<interval>, <timeUnit>, '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<interval><interval> はいYes 整数 (integer)integer 減算する特定の時間単位数The number of specific time units to substract
<timeUnit><timeUnit> はいYes stringstring interval と共に使用する時間単位。The unit of time to use with interval. 使用可能な単位は、"Second"、"Minute"、"Hour"、"Day"、"Week"、"Month"、"Year" です。Possible units are "Second", "Minute", "Hour", "Day", "Week", "Month", and "Year".
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringstring 現在のタイムスタンプから指定した時間単位数を引いた値The current timestamp minus the specified number of time units

例 1Example 1

現在のタイムスタンプが 2018-02-01T00:00:00.000Z であるものとします。Suppose the current timestamp is 2018-02-01T00:00:00.000Z. この例は、そのタイムスタンプから 5 日を減算します。This example subtracts five days from that timestamp:

getPastTime(5, 'Day')

そして、2019-01-27T00:00:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2019-01-27T00:00:00.000Z.

例 2Example 2

現在のタイムスタンプが 2018-03-01T00:00:00.000Z であるものとします。Suppose the current timestamp is 2018-03-01T00:00:00.000Z. この例では 、MM-DD-YY 形式のタイムスタンプから 5 日間を減算します。This example subtracts five days to the timestamp in the MM-DD-YY format:

getPastTime(5, 'Day', 'MM-DD-YY')

そして、結果 02-26-18 を返しますAnd returns the result 02-26-18.

例 3Example 3

現在のタイムスタンプが 2020-05-01T00:00:00.000Z で、ロケールが de-DE だとします。Suppose the current timestamp is 2020-05-01T00:00:00.000Z and the locale is de-DE. 次の例では、タイムスタンプ から 1 日を減算します。The example below subtracts 1 day from the timestamp:

getPastTime(1,'Day', '', 'de-DE')

そして、結果 31.04.20 00:00:00 を返しますAnd returns the result 31.04.20 00:00:00.

getPreviousViableDategetPreviousViableDate

現在の日付と、必要に応じて指定されたタイムゾーンに基づいて、timex 式の以前の実行可能な日付を返します。Return the previous viable date of a timex expression based on the current date and an optionally specified timezone.

getPreviousViableDate(<timexString>, <timezone>?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timexString><timexString> はいYes stringstring 評価する日付の timex 文字列。The timex string of the date to evaluate.
<タイムゾーン><timezone> いいえNo stringstring 省略可能なタイムゾーン。The optional timezone.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<previousViableDate><previousViableDate> stringstring 前の実行可能な日付。The previous viable date.

使用例Examples

日付が 2020-06-12 で、現在の時刻が 15:42:21 とします。Say the date is 2020-06-12 and current time is 15:42:21.

これらの例では、上記の日付と時刻に基づいて、前の実行可能な日付の timex 文字列を評価します。These examples evaluate a timex string for the previous viable date based on the above date and time:

getPreviousViableDate("XXXX-12-20", "Eastern Standard Time")
getPreviousViableDate("XXXX-02-29")

そして、次の文字列を再び返します。And return the following strings repsectively:

  • 2019-12-202019-12-20
  • 2020-02-292020-02-29

getPreviousViableTimegetPreviousViableTime

現在の日付と必要に応じて指定されたタイムゾーンに基づいて、timex 式の以前の実行可能時刻を返します。Return the previous viable time of a timex expression based on the current date and an optionally specified timezone.

getPreviousViableTime(<timexString>, <timezone>?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timexString><timexString> はいYes stringstring 評価する時刻の timex 文字列。The timex string of the time to evaluate.
<タイムゾーン><timezone> いいえNo stringstring 省略可能なタイムゾーン。The optional timezone.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<previousViableTime><previousViableTime> stringstring 前の実行可能時刻。The previous viable time.

使用例Examples

日付が 2020-06-12 で、現在の時刻が 15:42:21 とします。Say the date is 2020-06-12 and current time is 15:42:21.

これらの例では、上記の日付と時刻に基づいて、前の実行可能な時刻の timex 文字列を評価します。These examples evaluate a timex string for the previous viable time based on the above date and time:

getPreviousViableTime("TXX:52:14")
getPreviousViableTime("TXX:12:14", 'Europe/London')

そして、次の文字列を再び返します。And return the following strings repsectively:

  • T14:52:14T14:52:14
  • T15:12:14T15:12:14

getPropertygetProperty

指定したプロパティまたはルート プロパティの値を JSON オブジェクトから返します。Return the value of a specified property or the root property from a JSON object.

指定したプロパティの値を返しますReturn the value of a specified property

getProperty(<JSONObject>, '<propertyName>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<JSONObject><JSONObject> はいYes objectobject プロパティと値を格納している JSON オブジェクト。The JSON object containing the property and values.
<propertyName><propertyName> いいえNo stringstring 値にアクセスするためのオプションのプロパティの名前。The name of the optional property to access values from.
戻り値Return value TypeType 説明Description
valuevalue stringstring JSON オブジェクト内の指定されたプロパティの値。The value of the specified property in the JSON object.

Example

たとえば、次の JSON オブジェクトがあるとします。Say you have the following JSON object:

{
   "a:b" : "a:b value",
   "c":
   {
        "d": "d key"
    }
}

これらの例では、上記の JSON オブジェクトから指定されたプロパティを取得します。These example retrieve a specified property from the above JSON object:

getProperty({"a:b": "value"}, 'a:b')
getProperty(c, 'd')

とは、それぞれ次の文字列を返します。And return the following strings respectively:

  • a = b 値a:b value
  • d キーd key

ルートプロパティを返すReturn the root property

getProperty('<propertyName>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<propertyName><propertyName> はいYes stringstring ルートメモリスコープから値にアクセスするためのオプションのプロパティの名前。The name of the optional property to access values from the root memory scope.
戻り値Return value TypeType 説明Description
valuevalue stringstring JSON オブジェクトのルートプロパティの値。The value of the root property in a JSON object.

Example

たとえば、次の JSON オブジェクトがあるとします。Say you have the following JSON object:

{
   "a:b" : "a:b value",
   "c":
   {
        "d": "d key"
    }
}

この例では、上記の JSON オブジェクトからルートプロパティを取得します。This example retrieves the root property from the above JSON object:

getProperty("a:b")

とは、文字列 " a = b" の値を返します。And returns the string a:b value.

getTimeOfDaygetTimeOfDay

指定したタイムスタンプの時刻を返します。Returns time of day for a given timestamp.

getTimeOfDay('<timestamp>')

返される時刻は、次の文字列のいずれかです。Time returned is one of the following strings:

パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring 指定したタイムスタンプを含む文字列The string that contains the specified timestamp
戻り値Return value TypeType 説明Description
<time-of-day><time-of-day> stringstring 指定したタイムスタンプの時刻The time of day for the specified timestamp

時刻に関連付けられている文字列を以下に示します。Listed below are the strings associated with the time of day:

時刻Time of day TimestampTimestamp
midnightmidnight 午前 12:0012AM
morning 午前 12:01 から午後 11:5912:01AM – 11:59PM
午後afternoon 午後 12:0012PM
evening 午後 6:00 から午後 10:0006:00PM – 10:00PM
nightnight 午後 10:01 から午後 11:5910:01PM – 11:59PM

Example

getTimeOfDay('2018-03-15T08:00:00.000Z')

という結果を返します。Returns the result morning.

greatergreater

1 番目の値が 2 番目の値より大きいかどうかを調べます。Check whether the first value is greater than the second value. 1 番目の値の方が大きい場合は true を返し、小さい場合は false を返します。Return true if the first value is more, or return false if less.

greater(<value>, <compareTo>)
greater('<value>', '<compareTo>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes 整数、浮動小数点数、文字列integer, float, or string 2 番目の値より大きいかどうかを調べる 1 番目の値The first value to check whether greater than the second value
<compareTo><compareTo> はいYes それぞれ、整数、浮動小数点数、文字列integer, float, or string, respectively 比較する値The comparison value
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 1 番目の値が 2 番目の値より大きい場合は true を返します。Return true if the first value is greater than the second value. 1 番目の値が 2 番目の値以下の場合は false を返します。Return false if the first value is equal to or less than the second value.

Example

これらの例は、1 番目の値が 2 番目の値より大きいかどうかを調べます。These examples check whether the first value is greater than the second value:

greater(10, 5)
greater('apple', 'banana')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • true
  • false

greaterOrEqualsgreaterOrEquals

1 番目の値が 2 番目の値以上かどうかを調べます。Check whether the first value is greater than or equal to the second value. 1 番目の値の方が大きいか等しい場合は true を返し、1 番目の値の方が小さい場合は false を返します。Return true when the first value is greater or equal, or return false if the first value is less.

greaterOrEquals(<value>, <compareTo>)
greaterOrEquals('<value>', '<compareTo>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes 整数、浮動小数点数、文字列integer, float, or string 2 番目の値以上かどうかを調べる 1 番目の値。The first value to check whether greater than or equal to the second value
<compareTo><compareTo> はいYes それぞれ、整数、浮動小数点数、文字列integer, float, or string, respectively 比較する値The comparison value
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 1 番目の値が 2 番目の値以上の場合は true を返します。Return true if the first value is greater than or equal to the second value. 1 番目の値が 2 番目の値より小さい場合は false を返します。Return false if the first value is less than the second value.

Example

これらの例は、1 番目の値が 2 番目の値以上かどうかを調べます。These examples check whether the first value is greater or equal than the second value:

greaterOrEquals(5, 5)
greaterOrEquals('apple', 'banana')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • true
  • false

ifif

式が true か false かを調べます。Check whether an expression is true or false. 結果に基づき、指定された値を返します。Based on the result, return a specified value.

if(<expression>, <valueIfTrue>, <valueIfFalse>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<expression><expression> はいYes BooleanBoolean 調べる式。The expression to check
<valueIfTrue><valueIfTrue> はいYes anyany 式が true の場合に返す値The value to return if the expression is true
<valueIfFalse><valueIfFalse> はいYes anyany 式が false の場合に返す値The value to return if the expression is false
戻り値Return value TypeType 説明Description
<specified-return-value><specified-return-value> anyany 式が truefalse かに基づいて返すように指定した値The specified value that returns based on whether the expression is true or false

Example

この例では、equals(1,1) が true かどうかが評価されます。This example evaluates whether equals(1,1) is true:

if(equals(1, 1), 'yes', 'no')

そして、指定した式が true を返すため、はい が返されます。And returns yes because the specified expression returns true. それ以外の場合、この例は いいえ を返します。Otherwise, the example returns no.

indexOfindexOf

部分文字列の開始位置またはインデックス値を返します。Return the starting position or index value of a substring. この関数は、大文字と小文字を区別せず、インデックスは値 0 から始まります。This function is case-insensitive, and indexes start with the number 0.

indexOf('<text>', '<searchText>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes 文字列または配列string or array 検索する部分文字列を含む文字列The string that has the substring to find
<searchText><searchText> はいYes stringstring 検索する部分文字列The substring to find
戻り値Return value TypeType 説明Description
<index-value><index-value> 整数 (integer)integer 指定した部分文字列の開始位置またはインデックス値。The starting position or index value of the specified substring.
文字列が見つからない場合は、値 -1 を返します。If the string is not found, return the number -1.

例 1Example 1

この例では、文字列 hello world の部分文字列 world の開始インデックス値が検索されます。This example finds the starting index value of the substring world in the string hello world:

indexOf('hello world', 'world')

そして、6 という結果が返されます。And returns the result 6.

例 2Example 2

この例では、配列 ['abc', 'def', 'ghi'] の部分文字列 def の開始インデックス値が検索されます。This example finds the starting index value of the substring def in the array ['abc', 'def', 'ghi']:

indexOf(createArray('abc', 'def', 'ghi'), 'def')

そして、1 という結果が返されます。And returns the result 1.

indicesAndValuesindicesAndValues

配列またはオブジェクトを、インデックス (現在のインデックス) と値のプロパティを含むオブジェクトの配列に変換します。Turn an array or object into an array of objects with index (current index) and value properties. 配列の場合、インデックスは配列内の位置です。For arrays, the index is the position in the array. オブジェクトの場合は、値のキーです。For objects, it is the key for the value.

indicesAndValues('<collection or object>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection or object><collection or object> はいYes 配列またはオブジェクトarray or object 元の配列またはオブジェクトOriginal array or object
戻り値Return value TypeType 説明Description
<collection><collection> arrayarray 新しい配列。New array. 各項目には、配列内の位置またはオブジェクトのキーを含むインデックス、および対応する値という 2 つのプロパティがあります。Each item has two properties: the index with the position in an array or the key for an object, and the corresponding value.

例 1Example 1

たとえば、 { items: ["zero", "one", "two"] } という一覧があるとします。Say you have a list { items: ["zero", "one", "two"] }. 次の関数は、その一覧を受け取ります。The following function takes that list:

indicesAndValues(items)

そして、新しい一覧を返します。And returns a new list:

[
  {
    index: 0,
    value: 'zero'
  },
  {
    index: 1,
    value: 'one'
  },
  {
    index: 2,
    value: 'two'
  }
]

例 2Example 2

たとえば、 { items: ["zero", "one", "two"] } という一覧があるとします。Say you have a list { items: ["zero", "one", "two"] }. 次の関数は、その一覧を受け取ります。The following function takes that list:

where(indicesAndValues(items), elt, elt.index >= 1)

そして、新しい一覧を返します。And returns a new list:

[
  {
    index: 1,
    value: 'one'
  },
  {
    index: 2,
    value: 'two'
  }
]

例 3Example 3

たとえば、 { items: ["zero", "one", "two"] } という一覧があるとします。Say you have a list { items: ["zero", "one", "two"] }. 次の関数は、その一覧を受け取ります。The following function takes that list:

join(foreach(indicesAndValues(items), item, item.value), ',')

そして、zero,one,two という結果を返します。And returns the result zero,one,two. この式は、join(items, ',') と同じ効果があります。This expression has the same effect as join(items, ',').

例 4Example 4

たとえば、 { user: {name: 'jack', age: 20} } というオブジェクトがあるとします。Say you have an object { user: {name: 'jack', age: 20} }. 次の関数は、そのオブジェクトを受け取ります。The following function takes that object:

indicesAndValues(user)

そして、新しいオブジェクトを返します。And returns a new object:

[
  {
    index: 'name',
    value: 'jack'
  },
  {
    index: 'age',
    value: 20
  }
]

INTint

文字列の整数バージョンを返します。Return the integer version of a string. 文字列を整数に変換できない場合は、例外がスローされます。An exception will be thrown if the string cannot be converted to an integer.

int('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring 変換する文字列The string to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
<integer-result><integer-result> 整数 (integer)integer 指定した文字列の整数バージョンThe integer version of the specified string

Example

この例では、文字列 10 の整数バージョンが作成されます。This example creates an integer version for the string 10:

int('10')

そして、整数 10 という結果が返されます。And returns the result as the integer 10.

intersectionintersection

指定したコレクションすべてに共通する項目のみを含む 1 つのコレクションを返します。Return a collection that has only the common items across the specified collections. 結果に含まれるためには、この関数に渡されるすべてのコレクションに項目が含まれる必要があります。To appear in the result, an item must appear in all the collections passed to this function. 1 つまたは複数の項目が同じ名前である場合は、その名前を持つ最後の項目が結果に含まれます。If one or more items have the same name, the last item with that name appears in the result.

intersection([<collection1>], [<collection2>], ...)
intersection('<collection1>', '<collection2>', ...)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection1>, <collection2><collection1>, <collection2> はいYes 配列またはオブジェクト、ただし両方は不可array or object, but not both 共通項目を抽出するコレクションThe collections from which you want only the common items
戻り値Return value TypeType 説明Description
<common-items><common-items> それぞれ、配列またはオブジェクトarray or object, respectively 指定したコレクションすべてに共通する項目のみを含むコレクションA collection that has only the common items across the specified collections

Example

この例では、次の配列全体で共通する項目が検索されます。This example finds the common items across the following arrays:

intersection(createArray(1, 2, 3), createArray(101, 2, 1, 10), createArray(6, 8, 1, 2))

そして、その項目 [1, 2] を含む配列が返されます。And returns an array with only the items [1, 2].

isArrayisArray

指定した入力が配列の場合は true を返します。Return true if a given input is an array.

isArray('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes anyany テスト対象の入力The input to be tested
戻り値Return value TypeType 説明Description
<Boolean-result><Boolean-result> BooleanBoolean 指定した入力が配列の場合は true を返し、配列でない場合は false を返します。Return true if a given input is an array, or return false if it is not an array.

使用例Examples

次の例は、入力が配列かどうかを調べます。The following examples check if the input is an array:

isArray('hello')
isArray(createArray('hello', 'world'))

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 入力が文字列なので、関数は false を返します。The input is a string, so the function returns false.
  • 入力が配列なので、関数は true を返します。The input is an array, so the function returns true.

isBooleanisBoolean

指定した入力がブール値の場合は true を返します。Return true if a given input is a Boolean.

isBoolean('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes anyany テスト対象の入力The input to be tested
戻り値Return value TypeType 説明Description
<Boolean-result><Boolean-result> BooleanBoolean 指定した入力がブール値の場合は true を返し、ブール値でない場合は false を返します。Return true if a given input is a Boolean, or return false if it not a Boolean.

使用例Examples

次の例は、入力がブール値かどうかを調べます。The following examples check if the input is a Boolean:

isBoolean('hello')
isBoolean(32 > 16)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 入力が文字列なので、関数は false を返します。The input is a string, so the function returns false.
  • 入力がブール値なので、関数は true を返します。The input is a Boolean, so the function returns true.

isDateisDate

指定した TimexProperty または Timex 式が有効な日付を示す場合は true を返します。Return true if a given TimexProperty or Timex expression refers to a valid date. 有効な日付には、月と dayOfMonth が含まれるか、dayOfWeek が含まれます。Valid dates contain the month and dayOfMonth, or contain the dayOfWeek.

isDate('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes オブジェクトまたは文字列bbject or string 入力 TimexProperty オブジェクト、または Timex 式の文字列。The input TimexProperty object or a Timex expression string.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<boolean-result><boolean-result> BooleanBoolean 入力が有効な日付を示す場合は true を返し、日付が無効な場合は false を返します。Return true if the input refers to a valid date, or return false if the date is invalid.

使用例Examples

これらの例は、次の入力が有効な日付かどうかを調べます。These examples check if the following inputs are valid dates:

isDate('2020-12')
isDate('xxxx-12-21')

そして、次の結果を返します。And return the following results:

  • false
  • true

isDateRangeisDateRange

指定した TimexProperty または Timex 式が有効な日付の範囲を示す場合は true を返します。Return true if a given TimexProperty or Timex expression refers to a valid date range.

isDateRange('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes オブジェクトまたは文字列object or string 入力 TimexProperty オブジェクト、Timex 式の文字列。The input TimexProperty object a Timex expression string.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<boolean-result><boolean-result> BooleanBoolean 指定した入力が有効な日付の範囲を示す場合は true を返し、有効な日付の範囲でない場合は false を返します。Return true if given input refers to a valid date range, or return false if it is not a valid date range.

使用例Examples

これらの例は、次の入力が有効な日付の範囲かどうかを調べます。These examples check if the following input is a valid date range:

isDateRange('PT30M')
isDateRange('2012-02')

そして、次の結果を返します。And return the following results:

  • false
  • true

isDateTimeisDateTime

指定した入力が UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) のタイムスタンプ文字列の場合は true を返します。Return true if a given input is a UTC ISO format (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) timestamp string.

isDateTime('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes anyany テスト対象の入力The input to be tested
戻り値Return value TypeType 説明Description
<Boolean-result><Boolean-result> BooleanBoolean 指定した入力が UTC ISO 形式のタイムスタンプ文字列の場合は true を返し、UTC ISO 形式のタイムスタンプ文字列でない場合は false を返します。Return true if a given input is a UTC ISO format timestamp string, or return false if it is not a UTC ISO format timestamp string.

使用例Examples

次の例は、入力が UTC ISO 形式の文字列かどうかを調べます。The following examples check if the input is a UTC ISO format string:

isDateTime('hello world!')
isDateTime('2019-03-01T00:00:00.000Z')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 入力が文字列なので、関数は false を返します。The input is a string, so the function returns false.
  • 入力が UTC ISO 形式の文字列なので、関数は true を返します。The input is a UTC ISO format string, so the function returns true.

isDefiniteisDefinite

指定した TimexProperty または Timex 式が有効な日付を示す場合は true を返します。Return true if a given TimexProperty or Timex expression refers to a valid date. 有効な日付には、年、月、dayOfMonth が含まれます。Valid dates contain the year, month and dayOfMonth.

isDefinite('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes オブジェクトまたは文字列object or string 入力 TimexProperty オブジェクト、Timex 式の文字列。The input TimexProperty object a Timex expression string.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<boolean-result><boolean-result> BooleanBoolean 指定した入力が有効な完全な日付を示す場合は true を返し、有効な完全な日付を示さない場合は false を返します。Return true if the given input refers to a valid full date, or return false if it does not refere to a valid full date.

使用例Examples

validFullDate = new TimexProperty ("2020-02-20") という TimexProperty オブジェクトがあり、Now プロパティを true に設定しているとします。Suppose there is a TimexProperty object validFullDate = new TimexProperty("2020-02-20") and the Now property is set to true. 次の例は、オブジェクトが有効な完全な日付を示すかどうかを調べます。The following examples check if the object refers a valid full date:

isDefinite('xxxx-12-21')
isDefinite(validFullDate)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • false
  • true

isDurationisDuration

指定した TimexProperty または Timex 式が有効な期間を示す場合は true を返します。Return true if a given TimexProperty or Timex expression refers to a valid duration.

isDuration('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes オブジェクトまたは文字列object or string 入力 TimexProperty オブジェクト、Timex 式の文字列。The input TimexProperty object a Timex expression string.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<boolean-result><boolean-result> BooleanBoolean 入力が有効な期間を示す場合は true を返し、入力が有効な期間を示さない場合は false を返します。Return true if the input refers to a valid duration, or return false if the input doesn't refer to a valid duration.

使用例Examples

次の例は、次の入力が有効な期間を示すかどうかを調べます。The examples below check if the following input refers to a valid duration:

isDuration('PT30M')
isDuration('2012-02')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • true
  • false

isFloatisFloat

指定した入力が浮動小数点数の場合は true を返します。Return true if a given input is a floating-point number. C# と JavaScript の連携により、剰余 1 の残り 0 以外を含む数値は、浮動小数点数として扱われます。Due to the alignment between C#and JavaScript, a number with an non-zero residue of its modulo 1 will be treated as a floating-point number.

isFloat('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes anyany テスト対象の入力The input to be tested
戻り値Return value TypeType 説明Description
<Boolean-result><Boolean-result> BooleanBoolean 指定した入力が浮動小数点数の場合は true を返し、入力が浮動小数点数でない場合は false を返します。Return true if a given input is a floating-point number, or return false if the input is not a floating-point number.

使用例Examples

次の例は、入力が浮動小数点数かどうかを調べます。The following examples check if the input is a floating-point number:

isFloat('hello world!')
isFloat(1.0)
isFloat(12.01)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 入力が文字列なので、関数は false を返します。The input is a string, so the function returns false.
  • 入力には 0 と等しい剰余が含まれるため、関数は false を返します。The input has a modulo that equals 0, so the function returns false.
  • 入力は浮動小数点数であるため、関数は true を返します。The input is a floating-point number, so the function returns true.

isIntegerisInteger

指定した入力が整数の場合は true を返します。Return true if a given input is an integer number. C# と JavaScript の連携により、剰余 1 の残り 0 を含む数値は、整数として扱われます。Due to the alignment between C# and JavaScript, a number with an zero residue of its modulo 1 will be treated as an integer number.

isInteger('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes anyany テスト対象の入力The input to be tested
戻り値Return value TypeType 説明Description
<Boolean-result><Boolean-result> BooleanBoolean 入力が整数であることを示しますIs the input is an integer number

使用例Examples

次の例は、入力が整数かどうかを調べます。The following examples check if the input is an integer:

isInteger('hello world!')
isInteger(1.0)
isInteger(12)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 入力が文字列なので、関数は false を返します。The input is a string, so the function returns false.
  • 入力には 0 と等しい剰余が含まれるため、関数は true を返します。The input has a modulo that equals 0, so the function returns true.
  • 入力が整数なので、関数は true を返します。The input is an integer, so the function returns true.

isMatchisMatch

指定した文字列が、指定した正規表現パターンに一致する場合は true を返します。Return true if a given string is matches a specified regular expression pattern.

isMatch('<target**string>', '<pattern>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<target**string><target**string> はいYes stringstring 一致する文字列The string to be matched
<pattern><pattern> はいYes stringstring 正規表現パターンA regular expression pattern
戻り値Return value TypeType 説明Description
<Boolean-result><Boolean-result> BooleanBoolean 指定した文字列が、共通の正規表現パターンに一致する場合は true を返し、このパターンに一致しない場合は false を返します。Return true if a given string is matches a common regular expression pattern, or return false if it does not match the pattern.

使用例Examples

次の例は、入力が、指定した正規表現パターンと一致するかどうかを調べます。The following examples check if the input matches the specified regular expression pattern:

isMatch('ab', '^[a-z]{1,2}$')
isMatch('FUTURE', '(?i)fortune|future')
isMatch('12abc34', '([0-9]+)([a-z]+)([0-9]+)')
isMatch('abacaxc', 'ab.*?c')

そして、同じ結果である true を返します。And return the same result true.

isObjectisObject

指定した入力が複合オブジェクトの場合は true を返し、プリミティブ オブジェクトの場合は false を返します。Return true if a given input is a complex object or return false if it is a primitive object. プリミティブ オブジェクトには、文字列、数値、ブール値が含まれます。複合型 (クラスなど) には、プロパティが含まれます。Primitive objects include strings, numbers, and Booleans; complex types, like classes, contain properties.

isObject('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes anyany テスト対象の入力The input to be tested
戻り値Return value TypeType 説明Description
<Boolean-result><Boolean-result> BooleanBoolean 指定した入力が複合オブジェクトの場合は true を返し、プリミティブ オブジェクトの場合は false を返します。Return true if a given input is a complex object, or return false if it is a primitive object.

使用例Examples

次の例は、指定した入力がオブジェクトかどうかを調べます。The following examples check if the given input is an object:

isObject('hello world!')
isObject({userName: "Sam"})

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 入力が文字列なので、関数は false を返します。The input is a string, so the function returns false.
  • 入力がオブジェクトなので、関数は true を返します。The input is an object, so the function returns true.

isPresentisPresent

指定した TimexProperty または Timex 式が現在を示す場合は true を返します。Return true if a given TimexProperty or Timex expression refers to the present.

isPresent('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes オブジェクトまたは文字列object or string 入力 TimexProperty オブジェクト、Timex 式の文字列The input TimexProperty object a Timex expression string
戻り値Return value TypeType 説明Description
<boolean-result><boolean-result> BooleanBoolean 入力が現在を示す場合は true を返し、現在を示さない場合は false を返します。Return true if the input refers to the present, or return false if it doesn't refere to the present.

"" validNow = new TimexProperty() { Now = true } という TimexProperty オブジェクトがあり、Now プロパティを true に設定しているとします。Examples Suppose we have an TimexProperty object validNow = new TimexProperty() { Now = true } and set the Now property to true. 次の例は、次の入力が現在を示すかどうかを調べます。The examples below check if the following input refers to the present:

isPresent('PT30M')
isPresent(validNow)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • false
  • true

isStringisString

指定した入力が文字列の場合は true を返します。Return true if a given input is a string.

isString('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes anyany テスト対象の入力The input to be tested
戻り値Return value TypeType 説明Description
<Boolean-result><Boolean-result> BooleanBoolean 指定した入力が文字列の場合は true を返し、文字列でない場合は false を返します。Return true if a given input is a string, or return false if not a string.

使用例Examples

次の例は、指定した入力が文字列かどうかを調べます。The following examples check if the given input is a string:

isString('hello world!')
isString(3.14)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 入力が文字列なので、関数は true を返します。The input is a string, so the function returns true.
  • 入力が float なので、関数は false を返します。The input is a float, so the function returns false.

isTimeisTime

指定した TimexProperty または Timex 式が有効な時刻を示す場合は true を返します。Return true if a given TimexProperty or Timex expression refers to a valid time. 有効な時刻には、時間、分、秒が含まれます。Valid time contains hours, minutes and seconds.

isTime('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes オブジェクトまたは文字列object or string 入力 TimexProperty オブジェクト、Timex 式の文字列The input TimexProperty object a Timex expression string
戻り値Return value TypeType 説明Description
<boolean-result><boolean-result> BooleanBoolean 入力が有効な時刻を示す場合は true を返し、入力が有効な時刻を示さない場合は false を返します。Return true if the input refers to a valid time, or return false if it doesn't refer to a valid time..

使用例Examples

これらの例は、次の入力が有効な時刻を示すかどうかを調べます。These examples check if the following input referes to a valid time:

isTime('PT30M')
isTime('2012-02-21T12:30:45')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • false
  • true

isTimeRangeisTimeRange

指定した TimexProperty または Timex 式が有効な時間の範囲を示す場合は true を返します。有効な時間の範囲には、partOfDay が含まれます。Return true if a given TimexProperty or Timex expression refers to a valid time range Valid time ranges contain partOfDay.

isTime('<input>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<input><input> はいYes オブジェクトまたは文字列object or string 入力 TimexProperty オブジェクト、Timex 式の文字列。The input TimexProperty object a Timex expression string.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<boolean-result><boolean-result> BooleanBoolean 入力が有効な時間の範囲を示す場合は true を返し、入力が有効な時間の範囲を示さない場合は false を返します。Return true if the input refers to a valid time range, or return false if it doesn't refer to a valid time range.

使用例Examples

validTimeRange = new TimexProperty() { PartOfDay = "morning" } という TimexProperty オブジェクトがあり、Now プロパティを true に設定しているとします。Suppose we have an TimexProperty object validTimeRange = new TimexProperty() { PartOfDay = "morning" } and set the Now property to true. これらの例は、次の入力が有効な時間の範囲かどうかを調べます。These examples check if the following inputs are valid time ranges:

isTimeRange('PT30M')
isTimeRange(validTimeRange)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • false
  • true

joinjoin

配列のすべての項目が含まれており、各文字が "区切り記号" で区切られた文字列を返します。Return a string that has all the items from an array, with each character separated by a delimiter.

join([<collection>], '<delimiter>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes arrayarray 結合する項目を含む配列The array that has the items to join
<delimiter><delimiter> はいYes stringstring 結果の文字列内の各文字の間に挿入される区切り記号The separator that appears between each character in the resulting string
戻り値Return value TypeType 説明Description
<char1><delimiter><char2><delimiter>...<char1><delimiter><char2><delimiter>... stringstring 指定した配列内のすべての項目から作成された結果の文字列The resulting string created from all the items in the specified array

Example

この例では、 . を区切り文字として指定した文字が含まれる配列のすべての項目からThis example creates a string from all the items in this array with the specified character . 文字列が作成されます。as the delimiter:

join(createArray('a', 'b', 'c'), '.')

そして、a.b.c という結果が返されます。And returns the result a.b.c.

jPathjPath

パス式に一致するノードまたは値があるかどうかについて JSON または JSON 文字列を調べて、一致するノードを返します。Check JSON or a JSON string for nodes or values that match a path expression, and return the matching nodes.

jPath(<json>, '<path>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<json><json> はいYes anyany パス式の値に一致するノードまたは値を検索する JSON オブジェクトまたは文字列The JSON object or string to search for nodes or values that match the path expression value
<path><path> はいYes anyany 一致する JSON ノードまたは値の検索に使用するパス式The path expression used to find matching JSONnodes or values
戻り値Return value TypeType 説明Description
[ <json-node>][ <json-node>] arrayarray 指定したパス式と一致する JSON ノードまたは値の一覧An list of JSON nodes or value that matches the specified path expression

"C# の例"C# Example

次の JSON があるとします。Say you have the following JSON:

{
    "Stores": [
        "Lambton Quay",
        "Willis Street"
    ],
    "Manufacturers": [
        {
            "Name": "Acme Co",
            "Products": [
                {
                    "Name": "Anvil",
                    "Price": 50
                }
            ]
        },
        {
            "Name": "Contoso",
            "Products": [
                {
                    "Name": "Elbow Grease",
                    "Price": 99.95
                },
                {
                    "Name": "Headlight Fluid",
                    "Price": 4
                }
            ]
        }
    ]
}

パス式は、 $..Products[?(@.Price >= 50)].Name です。The path expression is $..Products[?(@.Price >= 50)].Name

jPath(jsonStr, path)

そして、 ["Anvil", "Elbow Grease"] という結果を返します。And it returns the result ["Anvil", "Elbow Grease"].

"Javascript の例"Javascript Example

次の JSON があるとします。Say you have the following JSON:

{
    "automobiles": [
        {
            "maker": "Nissan",
            "model": "Teana",
            "year": 2011
        },
        {
            "maker": "Honda",
            "model": "Jazz",
            "year": 2010
        },
        {
            "maker": "Honda",
            "model": "Civic",
            "year": 2007
        },
        {
            "maker": "Toyota",
            "model": "Yaris",
            "year": 2008
        },
        {
            "maker": "Honda",
            "model": "Accord",
            "year": 2011
        }
    ],
    "motorcycles": [
        {
            "maker": "Honda",
            "model": "ST1300",
            "year": 2012
        }
    ]
}

パス式は、 .automobiles{.maker === "Honda" && .year > 2009}.model です。The path expression is .automobiles{.maker === "Honda" && .year > 2009}.model.

jPath(jsonStr, path)

そして、 ['Jazz', 'Accord'] という結果を返します。And it returns the result ['Jazz', 'Accord'].

jsonjson

文字列または XML の JSON (JavaScript Object Notation) 型の値またはオブジェクトを返します。Return the JavaScript Object Notation (JSON) type value or object of a string or XML.

json('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes 文字列または XMLstring or XML 変換する文字列または XMLThe string or XML to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
<JSON-result><JSON-result> stringstring 指定した文字列または XML から作成された結果の JSON オブジェクト。The resulting JSON object created from the specified string or XML.

例 1Example 1

この例では、文字列が JSON に変換されます。This example converts a string to JSON:

json('{"fullName": "Sophia Owen"}')

そして、結果が返されます。And returns the result:

{
  "fullName": "Sophia Owen"
}

例 2Example 2

この例では、XML が JSON に変換されます。This example converts XML to JSON:

json(xml('<?xml version="1.0"?> <root> <person id='1'> <name>Sophia Owen</name> <occupation>Engineer</occupation> </person> </root>'))

そして、結果が返されます。And returns the result:

{
   "?xml": { "@version": "1.0" },
   "root": {
      "person": [ {
         "@id": "1",
         "name": "Sophia Owen",
         "occupation": "Engineer"
      } ]
   }
}

jsonStringifyjsonStringify

値の JSON 文字列を返します。Return the JSON string of a value.

パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes objectobject JSON 文字列に変換するオブジェクトThe object to convert to a JSON string
戻り値Return value TypeType 説明Description
<JSON-result><JSON-result> stringstring 結果の JSON 文字列。The resulting JSON string.

使用例Examples

次の例は、JSON 文字列に変換されたオブジェクトを示しています。These examples show objects converted to JSON strings:

jsonStringify(null)
jsonStringify({a:'b'})

また、次の文字列の結果をそれぞれ返します。And return the following string results respectively:

-null -{ " a : b " " " }-null -{"a":"b"}

lastlast

コレクションから最後の項目を返します。Return the last item from a collection.

last('<collection>')
last([<collection>])
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列または配列string or array 最後の項目を検索するコレクションThe collection in which to find the last item
戻り値Return value TypeType 説明Description
<last-collection-item><last-collection-item> それぞれ、文字列または配列string or array, respectively コレクション内の最後の項目The last item in the collection

Example

これらの例は、以下のコレクション内の最後の項目を検索します。These examples find the last item in these collections:

last('abcd')
last(createArray(0, 1, 2, 3))

そして、それぞれ次の結果を返します。And returns the following results respectively:

  • dd
  • 33

lastIndexOflastIndexOf

部分文字列の最後の出現箇所の開始位置またはインデックス値を返します。Return the starting position or index value of the last occurrence of a substring. この関数は、大文字と小文字を区別せず、インデックスは値 0 から始まります。This function is case-insensitive, and indexes start with the number 0.

lastIndexOf('<text>', '<searchText>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes 文字列または配列string or array 検索する部分文字列を含む文字列The string that has the substring to find
<searchText><searchText> はいYes stringstring 検索する部分文字列The substring to find
戻り値Return value TypeType 説明Description
<ending-index-value><ending-index-value> 整数 (integer)integer 指定した部分文字列の最後の出現箇所の開始位置またはインデックス値。The starting position or index value of the last occurrence of the specified substring. 文字列が見つからない場合は、値 -1 を返します。If the string is not found, return the number -1.

例 1Example 1

この例では、文字列 hello world の部分文字列 world の最後の出現箇所の開始インデックス値が検索されます。This example finds the starting index value of the last occurrence of the substring world in the hello world string:

lastIndexOf('hello world', 'world')

そして、6 という結果が返されます。And returns the result 6.

例 2Example 2

この例では、配列 ['abc', 'def', 'ghi', 'def'] の部分文字列 def の最後の出現箇所の開始インデックス値が検索されます。This example finds the starting index value of the last occurrence of substring def in the array ['abc', 'def', 'ghi', 'def'].

lastIndexOf(createArray('abc', 'def', 'ghi', 'def'), 'def')

そして、3 という結果が返されます。And returns the result 3.

lengthlength

文字列の長さを返します。Return the length of a string.

length('<str>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<str><str> はいYes stringstring 長さを計算する文字列The string to calculate for length
戻り値Return value TypeType 説明Description
<length><length> 整数 (integer)integer この文字列の長さThe length of this string

使用例Examples

これらの例は、文字列の長さを取得します。These examples get the length of strings:

length('hello')
length('hello world')

そして、それぞれ次の結果を返します。And returns the following results respectively:

  • 55
  • 1111

lessless

1 番目の値が 2 番目の値より小さいかどうかを調べます。Check whether the first value is less than the second value. 1 番目の値の方が小さい場合は true を返し、1 番目の値の方が大きい場合は false を返します。Return true if the first value is less, or return false if the first value is more.

less(<value>, <compareTo>)
less('<value>', '<compareTo>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes 整数、浮動小数点数、文字列integer, float, or string 2 番目の値より小さいかどうかを調べる 1 番目の値The first value to check whether less than the second value
<compareTo><compareTo> はいYes それぞれ、整数、浮動小数点数、文字列integer, float, or string, respectively 比較する項目The comparison item
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 1 番目の値が 2 番目の値より小さい場合は true を返します。Return true if the first value is less than the second value. 1 番目の値が 2 番目の値以上の場合は false を返します。Return false if the first value is equal to or greater than the second value.

使用例Examples

これらの例は、1 番目の値が 2 番目の値より小さいかどうかを調べます。These examples check whether the first value is less than the second value.

less(5, 10)
less('banana', 'apple')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • true
  • false

lessOrEqualslessOrEquals

1 番目の値が 2 番目の値以下かどうかを調べます。Check whether the first value is less than or equal to the second value. 1 番目の値の方が小さいか等しい場合は true を返し、1 番目の値の方が大きい場合は false を返します。Return true if the first value is less than or equal, or return false if the first value is more.

lessOrEquals(<value>, <compareTo>)
lessOrEquals('<value>', '<compareTo>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes 整数、浮動小数点数、文字列integer, float, or string 2 番目の値以下かどうかを調べる 1 番目の値。The first value to check whether less than or equal to the second value
<compareTo><compareTo> はいYes それぞれ、整数、浮動小数点数、文字列integer, float, or string, respectively 比較する項目The comparison item
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 1 番目の値が 2 番目の値以下の場合は true を返します。Return true if the first value is less than or equal to the second value. 1 番目の値が 2 番目の値より大きい場合は false を返します。Return false if the first value is greater than the second value.

Example

これらの例は、1 番目の値が 2 番目の値以下かどうかを調べます。These examples check whether the first value is less than or equal to the second value.

lessOrEquals(10, 10)
lessOrEquals('apply', 'apple')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • true
  • false

maxmax

一覧または配列から最大値を返します。Return the highest value from a list or array. 一覧または配列には、両端が含まれます。The list or arary is inclusive at both ends.

max(<number1>, <number2>, ...)
max([<number1>, <number2>, ...])
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<number1>, <number2>, ...<number1>, <number2>, ... はいYes numbernumber 最大値を取得する数値のセットThe set of numbers from which you want the highest value
[<number1>, <number2>, ...][<number1>, <number2>, ...] はいYes 数値の配列array of numbers 最大値を取得する数値の配列The array of numbers from which you want the highest value
戻り値Return value TypeType 説明Description
<max-value><max-value> numbernumber 指定した配列内または数値セット内で最大の値The highest value in the specified array or set of numbers

使用例Examples

これらの例は、数値のセットと配列から最大値を取得します。These examples get the highest value from the set of numbers and the array:

max(1, 2, 3)
max(createArray(1, 2, 3))

そして、3 という結果を返します。And return the result 3.

mergemerge

merge(<json1>, <json2>, ...)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<json1>、<json2>...<json1>, <json2>, ... はいYes オブジェクトobjects まとめて結合する JSON オブジェクトのセット。The set of JSON objects to merge together.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<result><result> objectobject 結合された JSON オブジェクト。The combined JSON object.

Example

次の JSON オブジェクトがあるとします。Say you have the following JSON objects:

json1 = @"{
                   'FirstName': 'John',
                   'LastName': 'Smith',
                   'Enabled': false,
                    'Roles': [ 'User' ]
                   }"
json2 =@"{
                  'Enabled': true,
                  'Roles': [ 'User', 'Admin' ]
                 }"

次の例では、JSON オブジェクトをマージします。This example merges the JSON objects:

string(merge(json(json1), json(json2)))

とは、結果として生成されるオブジェクト {"FirstName": "John", "LastName": "Smith", "Enabled": true, "Roles": ["User", "Admin"]} を返します。And returns the resulting object {"FirstName":"John","LastName":"Smith","Enabled":true,"Roles":["User","Admin"]}.

minmin

数値のセットまたは配列から最小の値を返します。Return the lowest value from a set of numbers or an array.

min(<number1>, <number2>, ...)
min([<number1>, <number2>, ...])
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<number1>, <number2>, ...<number1>, <number2>, ... はいYes numbernumber 最小値を取得する数値のセットThe set of numbers from which you want the lowest value
[<number1>, <number2>, ...][<number1>, <number2>, ...] はいYes 数値の配列array of numbers 最小値を取得する数値の配列The array of numbers from which you want the lowest value
戻り値Return value TypeType 説明Description
<min-value><min-value> numbernumber 指定した配列内または数値セット内の最小値The lowest value in the specified array or set of numbers

使用例Examples

これらの例は、数値のセットと配列で最小の値を取得します。These examples get the lowest value in the set of numbers and the array:

min(1, 2, 3)
min(createArray(1, 2, 3))

そして、1 という結果を返します。And return the result 1.

modmod

2 つの数値を除算した剰余を返します。Return the remainder from dividing two numbers. 整数の結果を取得するには、div() をご覧ください。To get the integer result, see div().

mod(<dividend>, <divisor>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<dividend><dividend> はいYes numbernumber divisor によって除算される値。The number to divide by the divisor
<divisor><divisor> はいYes numbernumber dividend を除算する値。The number that divides the dividend. 0 にすることはできません。Cannot be 0.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<modulo-result><modulo-result> numbernumber 1 番目の数値を 2 番目の数値で除算した剰余The remainder from dividing the first number by the second number

Example

この例は、1 番目の数値を 2 番目の数値で除算します。This example divides the first number by the second number:

mod(3, 2)

そして、1 という結果が返されます。And returns the result 1.

monthmonth

指定したタイムスタンプの月を返します。Return the month of the specified timestamp.

month('<timestamp>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
戻り値Return value TypeType 説明Description
<number-of-month><number-of-month> 整数 (integer)integer 指定したタイムスタンプの月の番号The number of the month in the specified timestamp

Example

month('2018-03-15T13:01:00.000Z')

そして、3 という結果を返します。And it returns the result 3.

mulmul

2 つの数値を乗算した積を返します。Return the product from multiplying two numbers.

mul(<multiplicand1>, <multiplicand2>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<multiplicand1><multiplicand1> はいYes 整数または浮動小数点数integer or float multiplicand2 と乗算する値The number to multiply by multiplicand2
<multiplicand2><multiplicand2> はいYes 整数または浮動小数点数integer or float multiplicand1 と乗算する値The number that multiples multiplicand1
戻り値Return value TypeType 説明Description
<product-result><product-result> 整数または浮動小数点数integer or float 1 番目の数値と 2 番目の数値を乗算した積The product from multiplying the first number by the second number

使用例Examples

これらの例は、1 番目の数値と 2 番目の数値を乗算します。These examples multiple the first number by the second number:

mul(1, 2)
mul(1.5, 2)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 22
  • 33

newGuidnewGuid

新しい Guid 文字列を返します。Return a new Guid string.

newGuid()
戻り値Return value TypeType 説明Description
<Guid-string><Guid-string> stringstring 新しい Guid 文字列であり、長さは 36 で、xxxxxxxx-xxxx-4xxx-yxxx-xxxxxxxxxxxx のように表されますA new Guid string, length is 36 and looks like xxxxxxxx-xxxx-4xxx-yxxx-xxxxxxxxxxxx

Example

newGuid()

そして、xxxxxxxx-xxxx-4xxx-yxxx-xxxxxxxxxxxx の形式に従って結果を返します。And it returns a result which follows the format xxxxxxxx-xxxx-4xxx-yxxx-xxxxxxxxxxxx.

notnot

式が false かどうかを調べます。Check whether an expression is false. 式が false の場合は true を返し、true の場合は false を返します。Return true if the expression is false, or return false if true.

not(<expression>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<expression><expression> はいYes BooleanBoolean 調べる式。The expression to check
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 式が false の場合は true を返します。Return true if the expression is false. 式が true の場合は false を返します。Return false if the expression is true.

例 1Example 1

これらの例は、指定した式が false かどうかを調べます。These examples check whether the specified expressions are false:

not(false)
not(true)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 式が false なので、関数は true を返します。The expression is false, so the function returns true.
  • 式が true なので、関数は false を返します。The expression is true, so the function returns false.

例 2Example 2

これらの例は、指定した式が false かどうかを調べます。These examples check whether the specified expressions are false:

not(equals(1, 2))
not(equals(1, 1))

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 式が false なので、関数は true を返します。The expression is false, so the function returns true.
  • 式が true なので、関数は false を返します。The expression is true, so the function returns false.

oror

少なくとも 1 つの式が true かどうかを調べます。Check whether at least one expression is true. 少なくとも 1 つの式が true の場合は true を返し、すべての式が false の場合は false を返します。Return true if at least one expression is true, or return false if all are false.

or(<expression1>, <expression2>, ...)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<expression1>, <expression2>, ...<expression1>, <expression2>, ... はいYes BooleanBoolean 調べる式The expressions to check
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 少なくとも 1 つの式が true の場合は true を返します。Return true if at least one expression is true. すべての式が false の場合は false を返します。Return false if all expressions are false.

例 1Example 1

これらの例は、少なくとも 1 つの式が true かどうかを調べます。These examples check whether at least one expression is true:

or(true, false)
or(false, false)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 少なくとも 1 つの式が true なので、関数は true を返します。At least one expression is true, so the function returns true.
  • 両方の式が false なので、関数は false を返します。Both expressions are false, so the function returns false.

例 2Example 2

これらの例は、少なくとも 1 つの式が true かどうかを調べます。These examples check whether at least one expression is true:

or(equals(1, 1), equals(1, 2))
or(equals(1, 2), equals(1, 3))

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 少なくとも 1 つの式が true なので、関数は true を返します。At least one expression is true, so the function returns true.
  • 両方の式が false なので、関数は false を返します。Both expressions are false, so the function returns false.

randrand

指定した範囲からランダムな整数を返します。開始側の端のみを含みます。Return a random integer from a specified range, which is inclusive only at the starting end.

rand(<minValue>, <maxValue>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<minValue><minValue> はいYes 整数 (integer)integer 範囲に含まれる最小の整数The lowest integer in the range
<maxValue><maxValue> はいYes 整数 (integer)integer 関数が返すことのできる範囲内で最も大きい整数の次の整数The integer that follows the highest integer in the range that the function can return
戻り値Return value TypeType 説明Description
<random-result><random-result> 整数 (integer)integer 指定した範囲から返されるランダムな整数The random integer returned from the specified range

Example

この例は、指定した範囲 (最大値は除きます) からランダムな整数を取得します。This example gets a random integer from the specified range, excluding the maximum value:

rand(1, 5)

そして、結果として 123、または 4 を返します。And returns 1, 2, 3, or 4 as the result.

rangerange

指定した整数から始まる整数の配列を返します。Return an integer array that starts from a specified integer.

range(<startIndex>, <count>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<startIndex><startIndex> はいYes 整数 (integer)integer 最初の項目として配列を開始する整数値An integer value that starts the array as the first item
<count><count> はいYes 整数 (integer)integer 配列内の整数の数The number of integers in the array
戻り値Return value TypeType 説明Description
<range-result><range-result> 整数 (integer)integer 指定したインデックスから始まる整数の配列The array with integers starting from the specified index

Example

この例では、指定したインデックス 1 から始まり、指定した整数の数 4 を含む、整数の配列が作成されます。This example creates an integer array that starts from the specified index 1 and has the specified number of integers as 4:

range(1, 4)

そして、 [1, 2, 3, 4] という結果が返されます。And returns the result [1, 2, 3, 4].

removePropertyremoveProperty

オブジェクトからプロパティを削除し、更新されたオブジェクトを返します。Remove a property from an object and return the updated object.

removeProperty(<object>, '<property>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<object><object> はいYes objectobject プロパティを削除する JSON オブジェクトThe JSON object in which you want to remove a property
<property><property> はいYes stringstring 削除するプロパティの名前The name of the property to remove
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-object><updated-object> objectobject 指定したプロパティを含まない更新された JSON オブジェクトThe updated JSON object without the specified property

Example

この例では、customerProfile オブジェクトから accountLocation プロパティを削除し、json() 関数で JSON に変換された後、更新されたオブジェクトが返されます。This example removes the accountLocation property from a customerProfile object, which is converted to JSON with the json() function, and returns the updated object:

removeProperty(json('customerProfile'), 'accountLocation')

replacereplace

部分文字列を指定した文字列で置換し、結果の文字列を返します。Replace a substring with the specified string, and return the result string. この関数は、大文字と小文字を区別します。This function is case-sensitive.

replace('<text>', '<oldText>', '<newText>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 置換する部分文字列を含む文字列The string that has the substring to replace
<oldText><oldText> はいYes stringstring 置換前の部分文字列The substring to replace
<newText><newText> はいYes stringstring 置換後の文字列The replacement string
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-text><updated-text> stringstring 部分文字列を置換した後の更新された文字列。The updated string after replacing the substring. 部分文字列が見つからない場合、関数は元の文字列を返します。If the substring is not found, the function returns the original string.

例 1Example 1

この例では、文字列 the old string の部分文字列 old を検索し、oldnew に置換されます。This example finds the substring old in the old string and replaces old with new:

replace('the old string', 'old', 'new')

結果は、文字列 the new string になります。The result is the string the new string.

例 2Example 2

エスケープ文字を処理する場合、式エンジンでは非エスケープが処理されます。When dealing with escape characters, the expression engine handles the unescape for you. この関数は、文字列をエスケープ文字に置換します。This function replaces strings with escape characters.

replace('hello\"', '\"', '\n')
replace('hello\n', '\n', '\\\\')
@"replace('hello\\', '\\', '\\\\')"
@"replace('hello\n', '\n', '\\\\')"

そして、それぞれ次の結果を返します。And returns the following results respectively:

  • hello\nhello\n
  • hello\\hello\\
  • @"hello\\"@"hello\\"
  • @"hello\\"@"hello\\"

replaceIgnoreCasereplaceIgnoreCase

部分文字列を指定した文字列で置換し、結果の文字列を返します。Replace a substring with the specified string, and return the result string. この関数では、大文字と小文字が区別されません。This function is case-insensitive.

replaceIgnoreCase('<text>', '<oldText>', '<newText>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 置換する部分文字列を含む文字列The string that has the substring to replace
<oldText><oldText> はいYes stringstring 置換前の部分文字列The substring to replace
<newText><newText> はいYes stringstring 置換後の文字列The replacement string
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-text><updated-text> stringstring 部分文字列を置換した後の更新された文字列。The updated string after replacing the substring. 部分文字列が見つからない場合は、元の文字列を返します。If the substring is not found, return the original string.

Example

この例では、文字列 the old string の部分文字列 old を検索し、oldnew に置換されます。This example finds the substring old in the string the old string and replaces old with new:

replace('the old string', 'old', 'new')

そして、the new string という結果が返されます。And returns the result the new string.

resolveresolve

指定された TimexProperty または Timex 式が有効な時刻を参照している場合は、その文字列を返します。Return string of a given TimexProperty or Timex expression if it refers to a valid time. 有効な時刻には、時間、分、秒が含まれる。Valid time contains hours, minutes, and seconds.

resolve('<timestamp')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<返す><return> stringstring 評価された TimexProperty または Timex 式の文字列。A string of the evaluated TimexProperty or Timex expression.

使用例Examples

次の例は、指定された文字列が有効な時刻に従う場合を示しています。These examples show if the given strings refere to valid time:

resolve(T14)
resolve(2020-12-20)
resolve(2020-12-20T14:20)

次の結果をそれぞれ返します: -14:00:00

  • 2020-12-20
  • 2020-12-20 14:20:00
And returns the following results respectively: -14:00:00 -2020-12-20 -2020-12-20 14:20:00

reversereverse

文字列または配列内の要素の順序を反転します。Reverse the order of the elements in a string or array.

reverse(<value>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes 文字列または配列string or array 反転する配列の文字列。The string to array to reverse.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<返す><return> 文字列または配列string or array 文字列または配列の反転された要素。The reveresed elements of a string or array.

使用例Examples

次の例では、文字列または配列の要素を反転します。These examples reverse the elements of a string or array:

reverse(hello)
reverse(concat(hello,world))

また、それぞれ -the string olleh という値を返しますAnd return the following values respectively: -The string olleh. - 文字列 dlrowolleh-The string dlrowolleh.

roundround

値を最も近い整数または指定した小数部の桁数に丸められます。Round a value to the nearest integer or to the specified number of fractional digits.

round('<number>', '<precision-digits>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<number><number> はいYes numbernumber 入力番号An input number
<precision-digits><precision-digits> いいえNo 整数 (integer)integer 小数部の桁数を指定します。A specified number of fractional digits. 既定値は 0 です。The default is 0.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<戻り値><return-value> 数値number 指定した小数部の桁数で丸められた入力の戻り値The return value of the input rounded at a specified number of fractional digits

例 1Example 1

この例では、数値 10.333 を丸め、This example rounds the number 10.333:

round(10.333)

そして、数値 10 を返しますAnd returns the number 10.

例 2Example 2

この例では、数値 10.3313 を小部 2 桁に 丸め処理します。This example rounds the number 10.3313 to 2 fractional digits:

round(10.3313, 2)

そして、数値 10.33 を返しますAnd returns the number 10.33.

selectselect

各要素を演算し、変換された要素の新しいコレクションを返します。Operate on each element and return the new collection of transformed elements.

select([<collection/instance>], <iteratorName>, <function>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection/instance><collection/instance> はいYes arrayarray 項目を含むコレクションThe collection with the items
<iteratorName><iteratorName> はいYes 反復子名iterator name キー項目The key item
<function><function> はいYes expressionexpression iteratorName を含めることができる関数Th function that can contains iteratorName
戻り値Return value TypeType 説明Description
<new-collection><new-collection> arrayarray 各要素が関数によって評価された新しいコレクションThe new collection in which each element has been evaluated with the function

例 1Example 1

この例では、新しいコレクションが生成されます。This example generates a new collection:

select(createArray(0, 1, 2, 3), x, x + 1)

そして、 [1, 2, 3, 4] という結果が返されます。And returns the result [1, 2, 3, 4].

例 2Example 2

次の例では、新しいコレクションを生成します。These examples generate a new collection:

select(json("{'name': 'jack', 'age': '15'}"), x, concat(x.key, ':', x.value))
select(json("{'name': 'jack', 'age': '15'}"), x=> concat(x.key, ':', x.value))

とは、結果 [' name: jack ', ' age:15 '] を返します。And return the result ['name:jack', 'age:15']. 2番目の式は ラムダ式 であり、読みやすくなっていることに注意してください。Note that the second expression is a lambda expression, which some find more readable.

sentenceCasesentenceCase

文字列内の最初の単語の最初の文字をオプションのロケール形式で大文字にします。Capitalize the first letter of the first word in a string in an optional locale format.

sentenceCase('<text>', '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 元の文字列The original string
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
結果文字列result string stringstring 文の case の結果を返します。Returns the sentence case result

例 1Example 1

これらの例では、文字列の最初の文字を大文字にします。These examples capitalize the first letter in a string:

sentenceCase('a')
sentenceCase('abc def')
sentenceCase('aBC dEF')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • AA
  • Abc defAbc def
  • Abc defAbc def

例 2Example 2

これらの例では、指定されたロケール形式で文字列の最初の文字を大文字にします。These examples capitalizes the first letter in a string in the specified locale format:

sentenceCase('a', 'fr-FR')
sentenceCase('abc', 'en-US')
sentenceCase('aBC', 'fr-FR')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • AA
  • AbcAbc
  • AbcAbc

setPathToValuesetPathToValue

指定したプロパティの値を JSON オブジェクトから取得します。Retrieve the value of the specified property from the JSON object.

setPathToValue(<path>, <value>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<Path><Path> はいYes objectobject 設定するパスThe path which you want to set
<value><value> はいYes objectobject パスに設定する値The value you want to set to the path
戻り値Return value TypeType 説明Description
valuevalue objectobject 設定される値The value be set

例 1Example 1

次の例は、値 1 をパスに設定します。The example below sets the value 1 to the path:

setPathToValue(path.x, 1)

そして、1 という結果が返されます。And returns the result 1. path.x1 に設定されます。path.x is set to 1.

例 2Example 2

次の例は、値を設定します。This example below sets the value:

setPathToValue(path.array[0], 7) + path.array[0]

そして、14 という結果を返します。And returns the result 14.

setPropertysetProperty

オブジェクトのプロパティの値を設定し、更新されたオブジェクトを返します。Set the value of an object's property and return the updated object. 新しいプロパティを追加するには、この関数、または addProperty() 関数を使用します。To add a new property, use this function or the addProperty() function.

setProperty(<object>, '<property>', <value>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<object><object> はいYes objectobject プロパティを設定する JSON オブジェクトThe JSON object in which you want to set a property
<property><property> はいYes stringstring 設定するプロパティの名前The name of the property to set
<value><value> はいYes anyany 指定したプロパティに設定する値The value to set for the specified property
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-object><updated-object> objectobject プロパティが設定された更新後の JSON オブジェクトThe updated JSON object whose property you set

Example

この例では、customerProfile オブジェクトの accountNumber プロパティが設定されます。オブジェクトは、json() 関数で JSON に変換されます。This example sets the accountNumber property on a customerProfile object, which is converted to JSON with the json() function. この関数は、newGuid() 関数によって生成された値を代入し、更新された JSON オブジェクトを返します。The function assigns a value generated by the newGuid() function, and returns the updated JSON object:

setProperty(json('customerProfile'), 'accountNumber', newGuid())

skipskip

コレクションの先頭から項目を削除し、他のすべての項目を返します。Remove items from the front of a collection, and return all the other items.

skip([<collection>], <count>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes arrayarray 項目を削除するコレクションThe collection whose items you want to remove
<count><count> はいYes 整数 (integer)integer 先頭から削除する項目の数を示す正の整数A positive integer for the number of items to remove at the front
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updatedCollection><updatedCollection> arrayarray 指定した項目を削除した後の更新されたコレクションThe updated collection after removing the specified items

Example

この例では、指定した配列の先頭から 1 つの項目 (番号 1) が削除されます。This example removes one item, the number 1, from the front of the specified array:

skip(createArray(0, 1, 2, 3), 1)

そして、残りの項目を含む配列 [1,2,3] が返されます。And returns an array with the remaining items: [1,2,3].

sortBysortBy

コレクション内の要素を昇順に並べ替え、並べ替えられたコレクションを返します。Sort elements in the collection in ascending order and return the sorted collection.

sortBy([<collection>], '<property>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列または配列string or array 並べ替えるコレクションThe collection to sort
<property><property> いいえNo stringstring 設定されている場合は、コレクション内のオブジェクト要素の特定のプロパティで並べ替えますSort by this specific property of the object element in the collection if set
戻り値Return value TypeType 説明Description
<new-collection><new-collection> arrayarray 要素が並べ替えられた新しいコレクションThe new collection whose elements have been sorted

例 1Example 1

この例では、次のコレクションの並べ替えが生成されます。This example generates sorts the following collection:

sortBy(createArray(1, 2, 0, 3))

そして、 [0, 1, 2, 3] という結果を返します。And return the result [0, 1, 2, 3].

例 2Example 2

次のコレクションがあるとします。Suppose you have the following collection:

{
  'nestedItems': [
    {'x': 2},
    {'x': 1},
    {'x': 3}
  ]
}

この例では、x オブジェクト プロパティに基づいて、並べ替えられた新しいコレクションが生成されます。This example generates a new sorted collection based on the x object property

sortBy(nestedItems, 'x')

そして、結果が返されます。And returns the result:

{
  'nestedItems': [
    {'x': 1},
    {'x': 2},
    {'x': 3}
  ]
}

sortByDescendingsortByDescending

コレクション内の要素を降順に並べ替え、並べ替えられたコレクションを返します。Sort elements in the collection in descending order, and return the sorted collection.

sortBy([<collection>], '<property>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列または配列string or array 並べ替えるコレクションThe collection to sort
<property><property> いいえNo stringstring 設定されている場合は、コレクション内のオブジェクト要素の特定のプロパティで並べ替えますSort by this specific property of the object element in the collection if set
戻り値Return value TypeType 説明Description
<new-collection><new-collection> arrayarray 要素が並べ替えられた新しいコレクションThe new collection whose elements have been sorted

例 1Example 1

この例では、並べ替えられた新しいコレクションが生成されます。This example generates a new sorted collection:

sortByDescending(createArray(1, 2, 0, 3))

そして、 [3, 2, 1, 0] という結果を返します。And returns the result [3, 2, 1, 0].

例 2Example 2

次のコレクションがあるとします。Suppose you have the following collection:

{
  'nestedItems': [
    {'x': 2},
    {'x': 1},
    {'x': 3}
  ]
}

この例では、x オブジェクト プロパティに基づいて、並べ替えられた新しいコレクションが生成されます。This example generates a new sorted collection based on the x object property:

sortByDescending(nestedItems, 'x')

返される結果:And returns this result:

{
  'nestedItems': [
    {'x': 3},
    {'x': 2},
    {'x': 1}
  ]
}

splitsplit

元の文字列で指定された区切り文字に基づいて、コンマで区切られた部分文字列を含む配列を返します。Return an array that contains substrings, separated by commas, based on the specified delimiter character in the original string.

split('<text>', '<delimiter>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 元の文字列で指定した区切り記号に基づいて部分文字列に分割する文字列。The string to separate into substrings based on the specified delimiter in the original string. テキストが null 値の場合は、空の文字列として取得されます。If the text is a null value, it will be taken as an empty string.
<delimiter><delimiter> いいえNo stringstring 区切り記号として使用する、元の文字列内の文字。The character in the original string to use as the delimiter. 区切り記号が指定されていない場合、または区切り記号が null 値の場合、既定値は空の文字列になります。If no delimiter provided or the delimiter is a null value, the default value will be an empty string.
戻り値Return value TypeType 説明Description
[<substring1>,<substring2>,...][<substring1>,<substring2>,...] arrayarray コンマで区切られた、元の文字列からの部分文字列を含む配列An array that contains substrings from the original string, separated by commas

使用例Examples

これらの例では、指定した区切り記号の文字に基づいて、指定した文字列から部分文字列を含む配列を作成します。These examples create an array with substrings from the specified string based on the specified delimiter character:

split('a**b**c', '**')
split('hello', '')
split('', 'e')
split('', '')
split('hello')

そして、次の配列をそれぞれ結果として返します。And returns the following arrays as the result repsectively:

  • ["a", "b", "c"]["a", "b", "c"]
  • ["h", "e", "l", "l", "o"]["h", "e", "l", "l", "o"]
  • [""], [ ][""], [ ]
  • ["h", "e", "l", "l", "o"]["h", "e", "l", "l", "o"]

sqrtsqrt

指定された数値の平方根を返します。Return the square root of a specified number.

sqrt(<number>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<number><number> はいYes numbernumber 平方根を取得する数値Number to get square root of of
戻り値Return value TypeType 説明Description
<result><result> numbernumber 平方根を計算した結果。The result from computing the square root.

使用例Examples

これらの例では、指定された数値の平方根を計算します。These examples compute the square root of specified numbers:

sqrt(9)
sqrt(0)

とは、それぞれ次の結果を返します。-3

  • 0
And return the following results respectively: -3 -0

startOfDaystartOfDay

タイムスタンプの日の開始時刻をオプションのロケール形式で返します。Return the start of the day for a timestamp in an optional locale format.

startOfDay('<timestamp>', '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
'<updated-timestamp>''<updated-timestamp>' stringstring 指定したタイムスタンプの日の午前 0 時を表す日時文字列The specified timestamp starting at the zero-hour mark for the day

例 1Example 1

この例では、その日の開始が取得されます。This example finds the start of the day:

startOfDay('2018-03-15T13:30:30.000Z')

そして、2018-03-15T00:00:00.000Z という結果が返されます。And returns the result 2018-03-15T00:00:00.000Z.

例 2Example 2

次の例では、ロケール fr-fr を使用して日の開始を検索します。This example finds the start of the day with the locale fr-FR:

startOfDay('2018-03-15T13:30:30.000Z', '', 'fr-FR')

とは、結果 15/03/2018 00:00:00 を返します。And returns the result 15/03/2018 00:00:00.

startOfHourstartOfHour

タイムスタンプの開始時刻をオプションのロケール形式で返します。Return the start of the hour for a timestamp in an optional locale format.

startOfHour('<timestamp>', '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
'<updated-timestamp>''<updated-timestamp>' stringstring 指定したタイムスタンプの日の午前 0 時 00 分を表す日時文字列The specified timestamp starting at the zero-minute mark for the day

例 1Example 1

この例では、その時刻の開始が取得されます。This example finds the start of the hour:

startOfHour('2018-03-15T13:30:30.000Z')

そして、2018-03-15T13:00:00.000Z という結果が返されます。And returns the result 2018-03-15T13:00:00.000Z.

例 2Example 2

この例では、次 のロケールを 使用して、時間の始まりを検索します。This example finds the start of the hour with the locale fr-FR:

startOfHour('2018-03-15T13:30:30.000Z', '', 'fr-FR')

とは、結果 15/03/2018 13:00:00 を返します。And returns the result 15/03/2018 13:00:00.

startOfMonthstartOfMonth

タイムスタンプの月の開始日をオプションのロケール形式で返します。Return the start of the month for a timestamp in an optional locale format.

startOfMonth('<timestamp>', '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
'<updated-timestamp>''<updated-timestamp>' stringstring 指定したタイムスタンプの月の最初の日の午前 0 時を表す文字列The specified timestamp starting on the first day of the month at the zero-hour mark

例 1Example 1

この例では、その月の開始が取得されます。This example finds the start of the month:

startOfMonth('2018-03-15T13:30:30.000Z')

そして、2018-03-01T00:00:00.000Z という結果が返されます。And returns the result 2018-03-01T00:00:00.000Z.

例 2Example 2

この例では、ロケール fr-FR で月の始め を検索しますThis example finds the start of the month with the locale fr-FR:

startOfMonth('2018-03-15T13:30:30.000Z', '', 'fr-FR')

そして、結果 01/03/2018 00:00:00 を返しますAnd returns the result 01/03/2018 00:00:00.

startsWithstartsWith

文字列が特定の部分文字列で始まっているかどうかを調べます。Check whether a string starts with a specific substring. 部分文字列が見つかった場合は true を返し、見つからない場合は false を返します。Return true if the substring is found, or return false if not found. この関数では、大文字と小文字が区別されません。This function is case-insensitive.

startsWith('<text>', '<searchText>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 調べる文字列。The string to check
<searchText><searchText> はいYes stringstring 検索する先頭の部分文字列The starting substring to find
戻り値Return value TypeType 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 先頭の部分文字列が見つかった場合は true を返します。Return true if the starting substring is found. 見つからない場合は false を返します。Return false if not found

例 1Example 1

この例では、文字列 hello world が文字列 hello で始まっているかどうかが調べられます。This example checks whether the string hello world starts with the string hello:

startsWith('hello world', 'hello')

そして、true という結果が返されます。And returns the result true.

例 2Example 2

この例では、文字列 hello world が文字列 greeting で始まっているかどうかが調べられます。This example checks whether the string hello world starts with the string greeting:

startsWith('hello world', 'greeting')

そして、false という結果が返されます。And returns the result false.

stringstring

値の文字列バージョンを省略可能なロケール形式で返します。Return the string version of a value in an optional locale format.

string(<value>, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes anyany 変換する値The value to convert
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<string-value><string-value> stringstring 指定した値の文字列バージョンThe string version of the specified value

例 1Example 1

この例では、数値 10 の文字列バージョンが作成されます。This example creates the string version of the number 10:

string(10)

そして、10 という文字列の結果が返されます。And returns the string result 10.

例 2Example 2

この例では、指定した JSON オブジェクトの文字列が作成され、二重引用符 ( " ) のエスケープ文字として、バックスラッシュ文字 ( \\ ) が使われます。This example creates a string for the specified JSON object and uses the backslash character,\\, as an escape character for the double-quotation mark character, ".

string( { "name": "Sophie Owen" } )

そして、 { "name": "Sophie Owen" } という結果を返します。And returns the result { "name": "Sophie Owen" }

例 3Example 3

次の例では、特定のロケールで 数値 10 の文字列 バージョンを作成します。These example creates a string version of the number 10 in a specific locale:

string(100.1, 'fr-FR')
string(100.1, 'en-US')

と は、それぞれ次の文字列を返します。And returns the following strings respectively:

  • 100,1100,1
  • *100.1*100.1

stringOrValuestringOrValue

文字列補間をラップして、実際の値を取得します。Wrap string interpolation to get the real value. たとえば、stringOrValue('$ ') は数値 1 を返し {1} 、stringOrValue('$ {1} item') は文字列 "1 item" を返します。For example, stringOrValue('${1}') returns the number 1, while stringOrValue('${1} item') returns the string "1 item".

stringOrValue(<string>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<文字列><string> はいYes stringstring 実際の値を取得する文字列。The string to get the real value from.
戻り値Return value TypeType 説明Description
<result><result> anyany 指定した文字列の実際の値を取得した結果。The result of getting the real value of the specified string.

使用例Examples

次の例では、文字列から実際の値を取得します。These examples get the real value from the string:

stringOrValue('${one}')
stringOrValue('${one} item')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • 数値 は 1.0 ですThe number 1.0.
  • 文字列 1 の項目The string 1 item.

subsub

1 番目の数値から 2 番目の数値を減算して、結果を返します。Return the result from subtracting the second number from the first number.

sub(<minuend>, <subtrahend>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<minuend><minuend> はいYes numbernumber subtrahend を引く数値The number from which to subtract the subtrahend
<subtrahend><subtrahend> はいYes numbernumber minuend から引く数値The number to subtract from the minuend
戻り値Return value TypeType 説明Description
<result><result> numbernumber 1 番目の数値から 2 番目の数値を減算した結果The result from subtracting the second number from the first number

Example

この例は、1 番目の数値から 2 番目の数値を減算します。This example subtracts the second number from the first number:

sub(10.3, .3)

そして、10 という結果を返します。And returns the result 10.

subArraysubArray

指定した開始位置と終了位置から部分配列を返します。Returns a subarray from specified start and end positions. インデックス値は 0 から始まります。Index values start with the number 0.

subArray(<Array>, <startIndex>, <endIndex>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<array><array> はいYes arrayarray 部分配列の作成元となる配列The array to create the subarray from
<startIndex><startIndex> はいYes 整数 (integer)integer 開始位置またはインデックス値として使用する 0 以上の正の数A positive number equal to or greater than 0 to use as the starting position or index value
<endIndex><endIndex> はいYes 整数 (integer)integer 終了位置またはインデックス値として使用する 0 以上の正の数A positive number equal to or greater than 0 to use as the ending position or index value
戻り値Return value TypeType 説明Description
<subarray-result><subarray-result> arrayarray ソース文字列で指定したインデックス位置から始まる、指定した項目数を含む部分配列A subarray with the specified number of items, starting at the specified index position in the source string

Example

この例では、指定された配列から部分配列が作成されます。This example creates a subarray from the specified array:

subArray(createArray('H','e','l','l','o'), 2, 5)

そして、 ["l", "l", "o"] という結果が返されます。And returns the result ["l", "l", "o"].

substringsubstring

指定した位置またはインデックスから始まる、文字列から文字を返します。Return characters from a string, starting from the specified position or index. インデックス値は 0 から始まります。Index values start with the number 0.

substring('<text>', <startIndex>, <length>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 部分文字列の作成元となる文字列The string to create the substring from
<startIndex><startIndex> はいYes 整数 (integer)integer 開始位置またはインデックス値として使用する部分配列 0 以上の正の数A positive number equal to or greater than 0 subarray to use as the starting position or index value
<length><length> はいYes 整数 (integer)integer 部分文字列の正の数の文字の部分配列A positive number of characters subarray in the substring
戻り値Return value TypeType 説明Description
<substring-result><substring-result> stringstring ソース文字列の指定したインデックス位置から始まる、指定した文字数を含む部分文字列A substring with the specified number of characters, starting at the specified index position in the source string

Example

この例は、指定した文字列のインデックス値 6 から始まる 5 文字を含む部分文字列を作成します。This example creates a five-character substring from the specified string, starting from the index value 6:

substring('hello world', 6, 5)

そして、world という結果を返します。And returns the result world.

subtractFromTimesubtractFromTime

省略可能なロケール形式のタイムスタンプから時間単位の数を減算します。Subtract a number of time units from a timestamp in an optional locale format . getPastTime() に関する記事も参照してください。See also getPastTime().

subtractFromTime('<timestamp>', <interval>, '<timeUnit>', '<format>'?, '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<interval><interval> はいYes 整数 (integer)integer 減算する指定した時間単位の数The number of specified time units to subtract
<timeUnit><timeUnit> はいYes stringstring interval と共に使用する時間単位。The unit of time to use with interval. 使用可能な単位は、"Second"、"Minute"、"Hour"、"Day"、"Week"、"Month"、"Year" です。Possible units are "Second", "Minute", "Hour", "Day", "Week", "Month", and "Year".
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringstring タイムスタンプから指定した時間単位数を引いた値The timestamp minus the specified number of time units

例 1Example 1

この例では、次のタイムスタンプから 1 日を減算します。This example subtracts one day from a following timestamp:

subtractFromTime('2018-01-02T00:00.000Z', 1, 'Day')

そして、2018-01-01T00:00:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-01-01T00:00:00.000Z.

例 2Example 2

この例では、D 形式を使用してタイムスタンプから 1 日 を減算 します。This example subtracts one day from a timestamp using the D format:

subtractFromTime('2018-01-02T00:00.000Z', 1, 'Day', 'D')

そして 、2018 年 1 月 1 日月曜日の結果を返しますAnd returns the result Monday, January, 1, 2018.

例 3Example 3

この例では 、de-DE ロケールのタイムスタンプから 1 時間を減算します。This example subtracts 1 hour from a timestamp in the de-DE locale:

subtractFromTime('2018-03-15T13:00:00.000Z', 1, 'Hour', '', 'de-DE')

そして、結果 15.03.18 12:00:00 を返しますAnd returns the result 15.03.18 12:00:00.

Sumsum

一覧で数値を加算した結果を返します。Return the result from adding numbers in a list.

sum([<list of numbers>])
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
[<list of numbers>][<list of numbers>] はいYes 数値の配列array of numbers 加算する数値The numbers to add
戻り値Return value TypeType 説明Description
<result-sum><result-sum> numbernumber 指定した数値を加算した結果The result from adding the specified numbers

Example

この例は、指定した数値を加算します。This example adds the specified numbers:

sum(createArray(1, 1.5))

そして、2.5 という結果を返します。And returns the result 2.5.

taketake

コレクションの先頭から項目を返します。Return items from the front of a collection.

take('<collection>', <count>)
take([<collection>], <count>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列または配列string or array 項目を取得するコレクションThe collection whose items you want
<count><count> はいYes 整数 (integer)integer 先頭から取得する項目の数を示す正の整数A positive integer for the number of items you want from the front
戻り値Return value TypeType 説明Description
<subset> または [<subset>]<subset> or [<subset>] それぞれ文字列、配列String or Array, respectively 元のコレクションの先頭から取得された指定個数の項目を含む文字列または配列A string or array that has the specified number of items taken from the front of the original collection

Example

これらの例は、次のコレクションの先頭から指定した数の項目を取得します。These examples get the specified number of items from the front of these collections:

take('abcde', 3)
take(createArray(0, 1, 2, 3, 4), 3)

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • abcabc
  • [0, 1, 2][0, 1, 2]

ticksticks

指定したタイムスタンプのティック プロパティの値を返します。Return the ticks property value of a specified timestamp. ティックは、100 ナノ秒の間隔です。A tick is 100-nanosecond interval.

ticks('<timestamp>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプの文字列The string for a timestamp
戻り値Return value TypeType 説明Description
<ticks-number><ticks-number> 整数 (Javascript では bigint)integer (bigint in Javascript) 指定したタイムスタンプからのティック数The number of ticks since the specified timestamp

Example

この例は、タイムスタンプを、そのティック プロパティに変換します。The example convert a timestamp to its ticks property

ticks('2018-01-01T08:00:00.000Z')

そして、636503904000000000 という結果を返します。And returns the result 636503904000000000.

ticksToDaysticksToDays

ticks プロパティ値を日数に変換します。Convert a ticks property value to the number of days.

ticksToDays('ticks')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<ダニ><ticks> はいYes 整数 (integer)integer 変換する ticks プロパティ値The ticks property value to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
<日数><number-of-days> 数値number ticks プロパティ値から変換された日数The number of days converted from the ticks property value

Example

次の例では、ticks プロパティ値を日数に変換します。This example converts a ticks property value to a number of days:

ticksToDays(2193385800000000)

そして、数値 2538.64097222 を返しますAnd returns the number 2538.64097222.

ticksToHoursticksToHours

ticks プロパティ値を時間数に変換します。Convert a ticks property value to the number of hours.

ticksToHours('ticks')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<ダニ><ticks> はいYes IntegerInteger 変換する ticks プロパティ値The ticks property value to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
<時間数><number-of-hours> 数値number ticks プロパティ値から変換された時間数The number of hours converted from the ticks property value

Example

次の例では、ticks プロパティ値を時間数に変換します。This example converts a ticks property value to a number of hours:

ticksToHours(2193385800000000)

そして、数値 60927.38333333331 を返しますAnd returns the number 60927.383333333331.

ticksToMinutesticksToMinutes

ticks プロパティ値を分数に変換します。Convert a ticks property value to the number of minutes.

ticksToMinutes('ticks')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<ダニ><ticks> はいYes 整数 (integer)integer 変換する ticks プロパティ値The ticks property value to convert
戻り値Return value TypeType 説明Description
<分数><number-of-minutes> 数値number ticks プロパティ値から変換された分数The number of minutes converted from the ticks property value

Example

次の例では、ticks プロパティ値を分数に変換します。This example converts a ticks property value to a number of minutes:

ticksToMinutes(2193385800000000)

そして、番号 3655643.0185 を返しますAnd returns the number 3655643.0185.

titleCasetitleCase

文字列内の各単語の最初の文字を省略可能なローカル形式で大文字にする。Capitalize the first letter of each word in a string in an optional local format.

titleCase('<text>', '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 元の文字列The original string
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
結果文字列result string stringstring タイトル の大文字と小文字の結果The title case result

例 1Example 1

次の例では、文字列内の各単語の最初の文字を大文字にしています。These examples capitalize the first letter of each word in a string:

titleCase('a')
titleCase('abc def')
titleCase('aBC dEF')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • AA
  • Abc DefAbc Def
  • Abc DefAbc Def

例 2Example 2

次の例では 、en-US 形式の文字列で最初の文字を大文字にしています。These examples capitalize the first letter in a string in the en-US format:

titleCase('a', 'en-US')
titleCase('aBC dEF', 'en-US')

そして、それぞれ次の結果を返します。And return the following results respectively:

  • AA
  • Abc DefAbc Def

toLowertoLower

省略可能なロケール形式の文字列を小文字で返します。Return a string in lowercase in an optional locale format. 文字列内の文字に小文字バージョンがない場合、その文字は返される文字列に変更されないまま残ります。If a character in the string doesn't have a lowercase version, that character stays unchanged in the returned string.

toLower('<text>', '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 小文字形式で返される文字列The string to return in lowercase format
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<lowercase-text><lowercase-text> stringstring 元の文字列の小文字形式The original string in lowercase format

例 1Example 1

この例では、文字列が小文字に変換されます。This example converts a string to lowercase:

toLower('Hello World')

そして、hello world という結果が返されます。And returns the result hello world.

例 2Example 2

この例では、fr-FR 形式で文字列を 小文字に変換 します。This example converts a string to lowercase in the fr-FR format:

toUpper('Hello World', 'fr-FR')

そして、hello world という結果が返されます。And returns the result hello world.

toUppertoUpper

省略可能なロケール形式の文字列を大文字で返します。Return a string in uppercase in an optional locale format.. 文字列内の文字に大文字バージョンがない場合、その文字は返される文字列に変更されないまま残ります。If a character in the string doesn't have an uppercase version, that character stays unchanged in the returned string.

toUpper('<text>', '<locale>'?)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 大文字形式で返される文字列The string to return in uppercase format
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<uppercase-text><uppercase-text> stringstring 元の文字列の大文字形式The original string in uppercase format

例 1Example 1

この例では、文字列が大文字に変換されます。This example converts a string to uppercase:

toUpper('Hello World')

そして、HELLO WORLD という結果が返されます。And returns the result HELLO WORLD.

例 2Example 2

この例では、fr-FR 形式で文字列を 大文字に変換 します。This example converts a string to uppercase in the fr-FR format:

toUpper('Hello World', 'fr-FR')

そして、HELLO WORLD という結果が返されます。And returns the result HELLO WORLD.

trimtrim

文字列から先頭と末尾の空白を削除し、更新された文字列を返します。Remove leading and trailing whitespace from a string, and return the updated string.

trim('<text>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<text><text> はいYes stringstring 先頭と末尾に削除する空白を含む文字列The string that has the leading and trailing whitespace to remove
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updatedText><updatedText> stringstring 先頭または末尾の空白が削除された、元の文字列の更新バージョンAn updated version for the original string without leading or trailing whitespace

Example

この例では、文字列 " Hello World " から先頭と末尾の空白が削除されます。This example removes the leading and trailing whitespace from the string " Hello World ":

trim(' Hello World  ')

そして、トリミングして、Hello World という結果が返されます。And returns the trimmed result Hello World.

unionunion

指定した複数のコレクションのすべての項目を含む 1 つのコレクションを返します。Return a collection that has all the items from the specified collections. この関数に渡されるいずれかのコレクションに含まれる項目は、結果にも含まれます。To appear in the result, an item can appear in any collection passed to this function. 1 つまたは複数の項目が同じ名前である場合は、その名前を持つ最後の項目が結果に含まれます。If one or more items have the same name, the last item with that name appears in the result.

union('<collection1>', '<collection2>', ...)
union([<collection1>], [<collection2>], ...)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection1>, <collection2>, ...<collection1>, <collection2>, ... はいYes 配列またはオブジェクト、ただし両方は不可array or object, but not both すべての項目の取得元となるコレクションThe collections from where you want all the items
戻り値Return value TypeType 説明Description
<updatedCollection><updatedCollection> それぞれ、配列またはオブジェクトarray or object, respectively 指定したコレクションのすべての項目を含むコレクション。A collection with all the items from the specified collections. 重複はありません。No duplicates added.

Example

この例では、次のコレクションからすべての項目が取得されます。This example gets all the items from the following collections:

union(createArray(1, 2, 3), createArray(1, 2, 10, 101))

そして、 [1, 2, 3, 10, 101] という結果が返されます。And returns the result [1, 2, 3, 10, 101].

uniqueunique

配列からすべての重複を削除します。Remove all duplicates from an array.

unique([<collection>])
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection><collection> はいYes arrayarray 変更するコレクションThe collection to modify
戻り値Return value TypeType 説明Description
<new-collection><new-collection> arrayarray 重複する要素が削除された新しいコレクションNew collection with duplicate elements removed

例 1Example 1

この例では、次の配列から重複する要素が削除されます。This example removes duplicate elements from the following array:

unique(createArray(1, 2, 1))

そして、 [1, 2] という結果が返されます。And returns the result [1, 2].

uriComponenturiComponent

URI (Uniform Resource Identifier) コンポーネントのバイナリ バージョンを返します。Return the binary version of a uniform resource identifier (URI) component.

uriComponent('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring URI エンコード形式に変換する文字列The string to convert to URI-encoded format
戻り値Return value TypeType 説明Description
<encoded-uri><encoded-uri> stringstring エスケープ文字が使われている URI エンコード文字列The URI-encoded string with escape characters

Example

この例では、文字列の URI エンコード バージョンが作成されます。This example creates a URI-encoded version of a string:

uriComponent('https://contoso.com')

そして、http%3A%2F%2Fcontoso.com という結果が返されます。And returns the result http%3A%2F%2Fcontoso.com.

uriComponentToStringuriComponentToString

URI (Uniform Resource Identifier) エンコード文字列の文字列バージョンを返します。実質的に、URI エンコード文字列をデコードします。Return the string version of a uniform resource identifier (URI) encoded string, effectively decoding the URI-encoded string.

uriComponentToString('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring デコードする URI エンコード文字列The URI-encoded string to decode
戻り値Return value TypeType 説明Description
<binary-for-encoded-uri><binary-for-encoded-uri> stringstring URI エンコード文字列のデコード バージョンThe decoded version for the URI-encoded string

Example

この例では、URI エンコード文字列のデコード文字列バージョンが作成されます。This example creates the decoded string version of a URI-encoded string:

uriComponentToString('http%3A%2F%2Fcontoso.com')

そして、https://contoso.com という結果が返されます。And returns the result https://contoso.com.

uriHosturiHost

URI (Unified Resource Identifier) のホストの値を返します。Return the host value of a unified resource identifier (URI).

uriHost('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<uri><uri> はいYes stringstring 必要なホストの値を含む URIThe URI whose host value you want
戻り値Return value TypeType 説明Description
<host-value><host-value> stringstring 指定した URI のホストの値The host value of the specified URI

Example

この例では、次の URI のホストの値が検索されます。This example finds the host value of the following URI:

uriHost('https://www.localhost.com:8080')

そして、www.localhost.com という結果が返されます。And returns the result www.localhost.com.

uriPathuriPath

URI (Unified Resource Identifier) のパスの値を返します。Return the path value of a unified resource identifier (URI).

uriPath('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<uri><uri> はいYes stringstring 必要なパスの値を含む URIThe URI whose path value you want
戻り値Return value TypeType 説明Description
<path-value><path-value> stringstring 指定した URI のパスの値The path value of the specified URI

Example

この例では、次の URI のパスの値が検索されます。This example finds the path value of the following URI:

uriPath('http://www.contoso.com/catalog/shownew.htm?date=today')

そして、 /catalog/shownew.htm という結果が返されます。And returns the result /catalog/shownew.htm.

uriPathAndQueryuriPathAndQuery

URI (Unified Resource Identifier) のパスとクエリの値を返します。Return the path and query value of a unified resource identifier (URI).

uriPathAndQuery('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<uri><uri> はいYes stringstring 必要なパスとクエリの値を含む URIThe URI whose path and query value you want
戻り値Return value TypeType 説明Description
<path-query-value><path-query-value> stringstring 指定した URI のパスとクエリの値The path and query value of the specified URI

Example

この例では、次の URI のパスとクエリの値が検索されます。This example finds the path and query value of the following URI:

uriPathAndQuery('http://www.contoso.com/catalog/shownew.htm?date=today')

そして、 /catalog/shownew.htm?date=today という結果が返されます。And returns the result /catalog/shownew.htm?date=today.

uriPorturiPort

URI (Unified Resource Identifier) のポートの値を返します。Return the port value of a unified resource identifier (URI).

uriPort('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<uri><uri> はいYes stringstring 必要なパスの値を含む URIThe URI whose path value you want
戻り値Return value TypeType 説明Description
<port-value><port-value> stringstring 指定した URI のポートの値The port value of the specified URI

Example

この例では、次の URI のポートの値が検索されます。This example finds the port value of the following URI:

uriPort('http://www.localhost:8080')

そして、8080 という結果が返されます。And returns the result 8080.

uriQueryuriQuery

URI (Unified Resource Identifier) のクエリの値を返します。Return the query value of a unified resource identifier (URI).

uriQuery('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<uri><uri> はいYes stringstring 必要なクエリの値を含む URIThe URI whose query value you want
戻り値Return value TypeType 説明Description
<query-value><query-value> stringstring 指定した URI のクエリの値The query value of the specified URI

Example

この例では、次の URI のクエリの値が検索されます。This example finds the query value of the following URI:

uriQuery('http://www.contoso.com/catalog/shownew.htm?date=today')

そして、 ?date=today という結果が返されます。And returns the result ?date=today.

uriSchemeuriScheme

URI (Unified Resource Identifier) のスキームの値を返します。Return the scheme value of a unified resource identifier (URI).

uriScheme('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<uri><uri> はいYes stringstring 必要なクエリの値を含む URIThe URI whose query value you want
戻り値Return value TypeType 説明Description
<scheme-value><scheme-value> stringstring 指定した URI のスキームの値The scheme value of the specified URI

Example

この例では、次の URI のスキームの値が検索されます。This example finds the scheme value of the following URI:

uriQuery('http://www.contoso.com/catalog/shownew.htm?date=today')

そして、http という結果が返されます。And returns the result http.

utcNowutcNow

現在のタイムスタンプを省略可能なロケール形式で文字列として返します。Return the current timestamp in an optional locale format as a string.

utcNow('<format>', '<locale>'?)

必要に応じて、<format> パラメーターで異なる形式を指定できます。Optionally, you can specify a different format with the <format> parameter.

パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<format><format> いいえNo stringstring カスタムの書式パターンA custom format pattern. タイムスタンプの既定の形式は、ISO 8601 に準拠した UTC ISO 形式 (YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ) です。The default format for the timestamp is UTC ISO format, YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.fffZ, which complies with ISO 8601.
<locale><locale> いいえNo stringstring カルチャ情報の省略可能なロケールAn optional locale of culture infomation
戻り値Return value TypeType 説明Description
<current-timestamp><current-timestamp> stringstring 現在の日付と時刻The current date and time

例 1Example 1

日時が 2018 年 4 月 15 日午後 1 時 00 分 00 秒 であるものとします。Suppose the date is April 15, 2018 at 1:00:00 PM. この例は、タイムスタンプを取得します。This example gets the timestamp:

utcNow()

そして、2018-04-15T13:00:00.000Z という結果を返します。And returns the result 2018-04-15T13:00:00.000Z.

例 2Example 2

日時が 2018 年 4 月 15 日午後 1 時 00 分 00 秒 であるものとします。Suppose the date is April 15, 2018 at 1:00:00 PM. この例では、省略可能な D 形式を使用して、現在のタイムスタンプが取得されます。This example gets the current timestamp using the optional D format:

utcNow('D')

そして、2018 年 4 月 15 日、日曜日 という結果が返されます。And returns the result Sunday, April 15, 2018.

例 3Example 3

日時が 2018 年 4 月 15 日午後 1 時 00 分 00 秒 であるものとします。Suppose the date is April 15, 2018 at 1:00:00 PM. この例では、de-DE ロケールを使用して現在 のタイムスタンプを取得 します。This example gets the current timestamp using the de-DE locale:

utcNow('', 'de-DE')

そして、結果 15.04.18 13:00:00 を返しますAnd returns the result 15.04.18 13:00:00.

wherewhere

各要素をフィルター処理し、特定の条件に一致する、フィルター処理された要素の新しいコレクションを返します。Filter on each element and return the new collection of filtered elements which match a specific condition.

where([<collection/instance>], <iteratorName>, <function>)
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<collection/instance><collection/instance> はいYes arrayarray 項目を含むコレクションThe collection with the items
<iteratorName><iteratorName> はいYes 反復子名iterater name キー項目The key item
<function><function> はいYes expressionexpression 項目をフィルター処理するために使用される条件関数Condition function used to filter items
戻り値Return value TypeType 説明Description
<new-collection/new-object><new-collection/new-object> 配列/文字列array/object 各要素が関数によってフィルター処理された新しいコレクションThe new collection which each element has been filtered with the function

例 1Example 1

この例では、新しいコレクションが生成されます。This example generates a new collection:

where(createArray(0, 1, 2, 3), x, x > 1)

そして、 [2, 3] という結果を返します。And returns the result [2, 3].

例 2Example 2

次の例では、新しいコレクションが生成されます。These examples generate a new collection:

where(json("{'name': 'jack', 'age': '15'}"), x, x.value == 'jack')
where(json("{'name': 'jack', 'age': '15'}"), x=> x.value == 'jack')

そして、結果 ['name:jack', 'age:15'] を返しますAnd return the result ['name:jack', 'age:15']. 2 番目の式はラムダ 式で、読み取りが簡単な式があります。Note that the second expression is a lambda expression, which some find more readable.

xmlxml

JSON オブジェクトを含む文字列の XML バージョンを返します。Return the XML version of a string that contains a JSON object.

xml('<value>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<value><value> はいYes stringstring 変換する JSON オブジェクトを含む文字列。JSON オブジェクトのルート プロパティは 1 つに限る必要があり、配列にはできません。The string with the JSON object to convert The JSON object must have only one root property, which can't be an array. 二重引用符 (") のエスケープ文字として、 \ を使います。Use \ as an escape character for the double quotation mark (").
戻り値Return value TypeType 説明Description
<xml-version><xml-version> objectobject 指定した文字列または JSON オブジェクトのエンコードされた XMLThe encoded XML for the specified string or JSON object

例 1Example 1

この例では、JSON オブジェクトを含む文字列の XML バージョンが作成されます。This example creates the XML version for a string, which contains a JSON object:

xml(json('{ \"name\": \"Sophia Owen\" }'))

そして、結果の XML が返されます。And returns the result XML:

<name>Sophia Owen</name>

例 2Example 2

以下に示すような、person JSON オブジェクトがあるとします。次に例を示します。Suppose you have a person JSON object, seen below:

{
  "person": {
    "name": "Sophia Owen",
    "city": "Seattle"
  }
}

この例では、この JSON オブジェクトを含む文字列の XML が作成されます。This example creates XML of a string that contains this JSON object:

xml(json('{\"person\": {\"name\": \"Sophia Owen\", \"city\": \"Seattle\"}}'))

そして、結果の XML が返されます。And returns the result XML:

<person>
  <name>Sophia Owen</name>
  <city>Seattle</city>
<person

xPathxPath

XML で XPath (XML Path Language) 式と一致するノードまたは値を調べて、一致するノードまたは値を返します。Check XML for nodes or values that match an XPath (XML Path Language) expression, and return the matching nodes or values. XPath 式 (XPath と呼びます) は、XML コンテンツ内のノードまたは計算値を選択できるように、XML ドキュメント構造内の移動を補助します。An XPath expression (referred to as XPath) helps you navigate an XML document structure so that you can select nodes or compute values in the XML content.

xPath('<xml>', '<xpath>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<xml><xml> はいYes anyany XPath 式の値に一致するノードまたは値を検索する XML 文字列The XML string to search for nodes or values that match an XPath expression value
<xPath><xPath> はいYes anyany 一致する XML ノードまたは値の検索に使用する XPath 式The XPath expression used to find matching XML nodes or values
戻り値Return value TypeType 説明Description
<xml-node><xml-node> XMLXML 1 つのノードだけが指定した XPath 式と一致するときの XML ノードAn XML node when only a single node matches the specified XPath expression
<value><value> anyany 1 つの値だけが指定した XPath 式と一致するときの XML ノードの値The value from an XML node when only a single value matches the specified XPath expression
< [, , ...] -or- [, , ...] ><[, , ...] -or- [, , ...]> arrayarray 指定した XPath 式と一致する XML ノードまたは値の配列An array with XML nodes or values that match the specified XPath expression

例 1Example 1

この例は、指定した引数内の <name></name> ノードと一致するノードを検索し、一致するノードの値の配列を返します。This example finds nodes that match the <name></name> node in the specified arguments, and returns an array with those node values:

xpath(items, '/produce/item/name')

引数には、この XML を含む items の文字列が含まれます。The arguments include the items string, which contains this XML:

"<?xml version="1.0"?> <produce> <item> <name>Gala</name> <type>apple</type> <count>20</count> </item> <item> <name>Honeycrisp</name> <type>apple</type> <count>10</count> </item> </produce>"

次に示すのは、<name></name> と一致するノードを含む結果の配列です。Here's the resulting array with the nodes that match <name></name>:

[ <name>Gala</name>, <name>Honeycrisp</name> ]

例 2Example 2

例 1 に続き、この例では <count></count> ノードと一致するノードを検索し、sum() 関数を使用して、それらのノードの値を追加します。Following example 1, this example finds nodes that match the <count></count> node and adds those node values with the sum() function:

xpath(xml(parameters('items')), 'sum(/produce/item/count)')

そして、30 という結果を返します。And returns the result 30.

yearyear

指定したタイムスタンプの年を返します。Return the year of the specified timestamp.

year('<timestamp>')
パラメーターParameter 必須Required TypeType 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringstring タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
戻り値Return value TypeType 説明Description
<year><year> 整数 (integer)integer 指定したタイムスタンプの年The year in the specified timestamp

Example

この例では、年のタイムスタンプが評価されます。This example evaluates the timestamp for the year:

year('2018-03-15T00:00:00.000Z')

そして、2018 という結果が返されます。And it returns the result 2018.