ボットを Direct Line Speech に接続するConnect a bot to Direct Line Speech

適用対象: SDK v4APPLIES TO: SDK v4

この記事では、bot を 直接線の音声チャネル に接続する方法について説明します。This article describes how to connect a bot to the Direct Line Speech channel. このチャネルを使用して、ユーザーが音声で bot と対話できるようにします。Use this channel to allow users to interact with a bot via voice.

Bot を構築したら、それを直接の線の音声でオンボードすると、 音声認識 SDKを使用したクライアントアプリケーションとの低待機時間で信頼性の高い接続が可能になります。Once you've built your bot, onboarding it with Direct Line Speech will enable low latency, high reliability connection with client applications using the Speech SDK. これらの接続は、音声通話と音声通話の会話のエクスペリエンスに最適化されています。These connections are optimized for voice in and voice out conversational experiences. Direct Line Speech、およびクライアント アプリケーションの構築方法の詳細については、カスタム音声優先仮想アシスタントに関するページをご覧ください。For more information on Direct Line Speech and how to build client applications, visit the custom voice-first virtual assistant page.

前提条件Prerequisites

ダイレクトライン音声チャネルには、 Cognitive Services リソース (具体的には、 音声認識 サービスリソース) が必要です。The Direct Line Speech channel requires a Cognitive Services resource, specifically a speech cognitive service resource. 既存のリソースを使用することも、新しいものを作成することもできます。You can either use an existing resource or create a new one. 新しい音声リソースを作成するには、次の手順に従います。To create a new speech resource follow these steps:

  1. Azure portalにアクセスしてリソースを作成します。Go to the Azure portal to create resources.

  2. 右側のウィンドウで、検索ボックスに「 speech 」と入力します。In the right pane, enter speech in the search box.

  3. ドロップダウンリストで、[ 音声] を選択します。In the the drop-down list select Speech. このリソースの種類を説明するページが開きます。It will open a page describing this resource type.

    音声コグニティブ リソースを作成するcreate speech cognitive resource

  4. [ 作成 ] を選択し、ウィザードの手順に従います。Select Create and follow the wizard steps.

    詳細については、Cognitive Services リソースの作成に関する記事を参照してください。For additional information, see Create a Cognitive Services resource.

Direct Line Speech チャネルを追加するAdd the Direct Line Speech channel

  1. ブラウザーで Azure Portalに移動します。In your browser, navigate to the Azure Portal.

  2. リソースから bot チャネルの登録 または Web アプリボット リソースを選択します。ボットのデプロイ方法によって異なります。From your resources, select the Bot Channel Registration or Web App Bot resource, depending on how you deployed the bot.

  3. 左側のパネルで、[ チャンネル] を選択します。In the left panel, select Channels.

    チャネルの選択selecting channels

  4. 右側のパネルで、[ 直接線の音声 ] アイコンをクリックします。In right panel, click the Direct Line Speech icon.

    Direct Line Speech チャネルの選択selecting direct line speech channel

  5. 次の図に示すように、Direct Line Speech を構成します。Configure the Direct Line Speech as shown in the picture below. 具体的には、「前提条件」セクションに記載されている認知サービスアカウント (speech service) を追加します。Specifically, add the Cognitive service account (speech service) mentioned in the Prerequisites section.

    直接線の音声チャネルを構成するconfigure direct line speech channel

  6. 使用条件を確認したら、Save をクリックして、チャネルの選択内容を確定します。Once you've reviewed the terms of use, click Save to confirm your channel selection. これにより、bot にチャネルが追加されます。This will add the channel to the bot.

    直接線の音声チャネルが有効になっている状態を保存していますsaving the enabled of Direct Line Speech channel

Bot Framework Protocol ストリーミング拡張機能を有効にするEnable the Bot Framework Protocol Streaming Extensions

Direct Line Speech チャネルがご自身のボットに作成されたら、待機時間が短い最適な対話を実現するために、Bot Framework Protocol ストリーミング拡張機能のサポートを有効にする必要があります。With the Direct Line Speech channel connected to your bot, you now need to enable Bot Framework Protocol Streaming Extensions support for optimal, low-latency interaction.

  1. 左側のウィンドウで、 [設定] を選択します。In the left pane, select Settings.

  2. 右側のウィンドウで、[ ストリーミングエンドポイントを有効にする] チェックボックスをオンにします。In the right pane, select the box by the Enable Streaming Endpoint.

    ストリーミング プロトコルの有効化enable the streaming protocol

  3. ページの最上部で [保存] を選択します。At the top of the page, select Save.

  4. ボット アプリ サービスに移動します。Navigate to the bot app service.

  5. 左側のウィンドウの [設定] カテゴリの [App Service構成 ] を 選択しますIn the left pane, in the App Service Settings category, select Configuration.

    App Service の設定への移動navigate to app service settings

  6. 右側のウィンドウで、タブを General settings 選択します。In the right pane, select the General settings tab.

  7. Web sockets On に 設定しますSet Web sockets to On.

    App Service の WebSocket の有効化enable websockets for the app service

  8. 構成 Save ページの上部にある [] を選択します。Select Save at the top of the configuration page.

お使いのボットに対して Bot Framework Protocol ストリーミング拡張機能が有効になりました。The Bot Framework Protocol Streaming Extensions are now enabled for your bot. これでお使いのボット コードを更新し、既存のボット プロジェクトにストリーミング拡張機能のサポートを統合する準備ができました。You are now ready to update your bot code and integrate Streaming Extensions support to an existing bot project.

Example

説明されている手順に従っている場合は、次の場所でダウンロード可能なクライアント アプリケーションを使用してボットと話し合います: Windows Voice Assistant ClientIf you have followed all the steps described, you can talk to the bot using the client application downloadable at this location: Windows Voice Assistant Client.

次の図は、単純なエコー ボットと通信する場合のクライアント アプリケーション インターフェイスを示しています。The following picture shows the client application interface when communicating with a simple echo bot. Speech SDK を使用したボットの音声有効化に関するページも参照してくださいSee also Voice-enable your bot using the Speech SDK.

音声アシスタント クライアントvoice assistant client

プロトコル サポートをお使いのボットに追加するAdding protocol support to your bot

注意

次の手順は、v4.8 SDK リリースより前にビルドされたボットでのみ必要です。The following step is only needed for bots built before the the v4.8 SDK release.

Direct Line Speech チャネルが接続され、Bot Framework Protocol ストリーミング拡張機能のサポートが有効になったら、あとはお使いのボットに、最適化された通信をサポートするためのコードを追加するだけです。With the Direct Line Speech channel connected and support for the Bot Framework Protocol Streaming Extensions enabled, all that's left is to add code to your bot to support the optimized communication. お使いのボットへのストリーミング拡張機能サポートの追加に関するページに記載されている手順に従って、Direct Line Speech との完全な互換性を確保します。Follow the instructions on adding Streaming Extensions support to your bot to ensure full compatibility with Direct Line Speech.