ボットを Direct Line Speech に接続する (プレビュー)Connect a bot to Direct Line Speech (Preview)

適用対象: 対象 SDK v4 対象外 SDK v3 APPLIES TO: yesSDK v4 no SDK v3

クライアント アプリケーションが Direct Line Speech チャネルを介してボットと通信できるように、そのボットを構成できます。You can configure your bot to allow client applications to communicate with it through the Direct Line Speech channel.

ご自身のボットを構築した後、Direct Line Speech でそれをオンボードすると、Speech SDK を使用して、クライアント アプリケーションとの間に待機時間が短く信頼できる接続を確立できます。Once you have built your bot, onboarding it with Direct Line Speech will enable low latency, high reliability connection with client applications using the Speech SDK. これらの接続は、音声で入出力する会話エクスペリエンス用に最適化されています。These connections are optimized for voice in, voice out conversational experiences. Direct Line Speech、およびクライアント アプリケーションの構築方法の詳細については、カスタムの音声優先仮想アシスタントに関するページをご覧ください。For more information on Direct Line Speech and how to build client applications, visit the custom voice-first virtual assistant page.

Direct Line Speech プレビューにサインアップするSign up for Direct Line Speech Preview

Direct Line Speech は現在プレビュー段階です。Azure portal でクイック サインアップが必要です。Direct Line Speech is currently in preview and requires a quick sign-up in the Azure Portal. 詳細は以下を参照してください。See details below. 承認されると、チャネルにアクセスできます。Once approved, you will get access to the channel.

Direct Line Speech チャネルを追加するAdd the Direct Line Speech channel

  1. ブラウザーで Azure portal に移動します。In your browser, navigate to the Azure Portal. リソースから、Bot Channel Registration リソースを選択します。From your resources, select your Bot Channel Registration resource. 構成ブレードの [Bot management](ボットの管理) セクションで、 [Channels](チャネル) をクリックします。Click on Channels in the Bot management section of the configuration blade.

    接続先チャネルを選択するために場所が強調表示されているhighlight of the location for selecting channels to connect to

  2. チャネルの選択ページで、Direct Line Speech を見つけてクリックし、チャネルを選択します。In the channel selection page, find and click Direct Line Speech to choose the channel.

    Direct Line Speech の選択selecting direct line speech channel

  3. アクセスが承認されていない場合は、アクセスを要求するページが表示されます。If you have not yet been approved for access, you will see a page for requesting access. 必要な情報を入力し、[要求] をクリックします。Fill in the requested information and click 'Request'. 確認ページが表示されます。A confirmation page will show up. 要求が承認待ちの間は、このページの先に進むことはできません。While your request is pending approval, you will not be able to go beyond this page.

  4. アクセスが承認されると、Direct Line Speech の構成ページが表示されます。Once approved for access, a configuration page for Direct Line Speech will be shown. 使用条件を確認したら、Save をクリックして、チャネルの選択内容を確定します。Once you've reviewed the terms of use, click Save to confirm your channel selection.

    Direct Line Speech チャネルの有効化の保存saving the enablement of Direct Line Speech channel

Bot Framework Protocol ストリーミング拡張機能を有効にするEnable the Bot Framework Protocol Streaming Extensions

Direct Line Speech チャネルがご自身のボットに作成されたら、待機時間が短い最適な対話を実現するために、Bot Framework Protocol ストリーミング拡張機能のサポートを有効にする必要があります。With the Direct Line Speech channel connected to your bot, you now need to enable Bot Framework Protocol Streaming Extensions support for optimal, low-latency interaction.

  1. Bot Channel Registration リソースの構成ブレードで、 [Bot Management](ボットの管理) カテゴリ ( [Channels](チャネル) のすぐ下にある) の [Settings](設定) をクリックします。In the Bot Channel Registration resource configuration blade, click on Settings under the Bot Management category (right below Channels). [Enable Streaming Endpoint](ストリーミング エンドポイントを有効にする) チェック ボックスをオンにします。Click the checkbox for Enable Streaming Endpoint.

    ストリーミング プロトコルを有効にするenable the streaming protocol

  2. ページの上部にある [保存] をクリックします。At the top of the page, click Save.

  3. リソースから、App Service リソースを選択します。From your resources, select your App Service resource. 表示されたブレードで、 [設定] カテゴリの [構成] をクリックします。In the displayed blade, under the Settings category, click Configuration.

    App Service の設定に移動するnavigate to app service settings

  4. General settings タブをクリックし、Web socket サポートを有効にするオプションを選択します。Click on General settings tab and then select the option to enable Web socket support.

    App Service の WebSocket を有効にするenable websockets for the app service

  5. 構成ページの上部にある Save をクリックします。Click Save at the top of the configuration page.

  6. お使いのボットに対して Bot Framework Protocol ストリーミング拡張機能が有効になりました。The Bot Framework Protocol Streaming Extensions are now enabled for your bot. これでお使いのボット コードを更新し、既存のボット プロジェクトにストリーミング拡張機能のサポートを統合する準備ができました。You are now ready to update your bot code and integrate Streaming Extensions support to an existing bot project.

秘密鍵を管理するManage secret keys

Direct Line Speech チャネルを介してクライアント アプリケーションとお使いのボットを接続するには、クライアント アプリケーションにチャネル シークレットが必要になります。Client applications will need a channel secret to connect to your bot through the Direct Line Speech channel. チャネルの選択を保存したら、次の手順に従ってこれらの秘密鍵を取得できます。Once you've saved your channel selection, you can retrieve these secret keys following the next steps.

  1. リソースから、Bot Channel Registration リソースを選択します。From your resources, select your Bot Channel Registration resource. 構成ブレードの [Bot management](ボットの管理) セクションで、 [Channels](チャネル) をクリックします。Click on Channels in the Bot management section of the configuration blade.

  2. Direct Line Speech の [編集] リンクをクリックします。Click the Edit link for the Direct Line Speech.

    Direct Line Speech の秘密鍵の取得getting secret keys for Direct Line Speech

    次のウィンドウが表示されます。The following window is displayed.

    Direct Line Speech の秘密鍵の取得getting secret keys for Direct Line Speech

  3. アプリケーションで使用する鍵を表示してコピーします。Show and copy the keys to use in your application.

プロトコル サポートをお使いのボットに追加するAdding protocol support to your bot

Direct Line Speech チャネルが接続され、Bot Framework Protocol ストリーミング拡張機能のサポートが有効になったら、あとはお使いのボットに、最適化された通信をサポートするためのコードを追加するだけです。With the Direct Line Speech channel connected and support for the Bot Framework Protocol Streaming Extensions enabled, all that's left is to add code to your bot to support the optimized communication. お使いのボットへのストリーミング拡張機能サポートの追加に関するページに記載されている手順に従って、Direct Line Speech との完全な互換性を確保します。Follow the instructions on adding Streaming Extensions support to your bot to ensure full compatibility with Direct Line Speech.

既知の問題Known Issues

このサービスはプレビュー段階なので、変更されることがあり、これがボット開発および全体的なパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があることに注意してください。Note that the service is in preview and subject to change, which may affect your bot development and overall performance. 既知の問題の一覧を次に示します。Here is a list of known issues:

  1. 現在サービスは Azure リージョン米国西部 2 にデプロイされています。The service is currently deployed to Azure region west US 2. 他のリージョンについてはまもなく展開され、すべてのお客様が、短い待機時間でボットと対話するメリットを得られるようになります。We will roll out to other regions soon, so all customers will get the benefit of low-latency speech interactions with their bots.

  2. serviceUrl など、コントロール フィールドに対する軽微な変更が行われますMinor changes to control fields, such as serviceUrl, will be coming

  3. 会話の開始と終了の通知に使用される conversationUpdate アクティビティと endOfCoversation アクティビティは、ようこそメッセージの生成によく使用され、他のチャネルとの整合性を確保するために更新されますconversationUpdate and endOfCoversation activities used to signal the start and end of conversations, commonly used in generating welcome messages, will be updated for consistency with other channels

  4. SigninCard は、チャネルではまだサポートされていませんSigninCard is not yet supported by the channel