ボットを LINE に接続するConnect a bot to LINE

LINE アプリを介して複数のユーザーと通信できるように、ボットを構成できます。You can configure your bot to communicate with people through the LINE app.

LINE のコンソールにログインするLog into the LINE console

[LINE アカウントでログイン] を使用して、お使いの LINE アカウントの LINE Developers Console にログインします。Log into the LINE developer console of your LINE account, using Log in with Line.

注意

登録がまだの場合は、LINE をダウンロードし、設定に移動して電子メール アドレスを登録します。If you haven't already, download LINE, then go to your settings to register your email address.

開発者として登録するRegister as a developer

初めて LINE Developers Console にアクセスした場合は、名前と電子メール アドレスを入力して、開発者アカウントを作成します。If this is your first time on the LINE developer console, enter your name and email address to create a developer account.

LINE のスクリーンショット (開発者の登録)

新しいプロバイダーを作成するCreate a new provider

まず、ボットのプロバイダーを作成します (まだ設定していない場合)。First, create a provider for your bot if you don't already have one set up. プロバイダーは、アプリを提供するエンティティ (個人または会社) です。The provider is the entity (individual or company) that offers your app.

LINE のスクリーンショット (プロバイダーの作成)

メッセージング API チャンネルを作成するCreate a Messaging API channel

次に、新しい Messaging API チャンネルを作成します。Next, create a new Messaging API channel.

LINE のスクリーンショット (チャンネルの種類)

新しい Messaging API チャンネルを作成するには、緑色の四角形をクリックします。Create a new Messaging API channel by clicking on the green square.

LINE のスクリーンショット (チャンネルの作成)

名前には、"LINE" またはこれに似た文字列を含めることはできません。The name cannot include "LINE" or some similar string. 必須フィールドに入力し、チャンネルの設定を確認します。Fill out the required fields and confirm your channel settings.

LINE のスクリーンショット (チャンネルの設定)

チャンネルの設定から必要な値を取得するGet necessary values from your channel settings

チャンネルの設定を確認したら、次のようなページが表示されます。Once you've confirmed your channel settings, you'll be directed to a page similar to this.

LINE のスクリーンショット (チャンネルのページ)

作成したチャネルをクリックしてチャネル基本設定にアクセスし、下にスクロールして [基本情報] > [Channel Secret] を見つけます。Click on the channel you created to access your channel settings, and scroll down to find the Basic information > Channel secret. これを一時的にどこかに保存します。Save that somewhere for a moment. また、PUSH_MESSAGE [利用可能な機能] が含まれていることを確認します。Verify the Available features include PUSH_MESSAGE.

LINE のスクリーンショット (チャンネル シークレット)

次に、さらに [メッセージ送受信設定]) までスクロールします。Then, scroll farther to Messaging settings. [アクセストークン(ロングターム)] フィールドと [再発行] ボタンがあります。There, you will see a Channel access token field, with an issue button. ボタンをクリックしてアクセストークンを取得し、先ほど同様に一時的に保存します。Click that button to get your access token, and save that for the moment as well.

LINE のスクリーンショット (チャンネル トークン)

LINE のチャンネルを Azure ボットに接続するConnect your LINE channel to your Azure bot

Azure portal にログインしてボットを見つけ、 [チャンネル] をクリックします。Log in to the Azure portal and find your bot, and click on Channels.

LINE のスクリーンショット (Azure の設定)

ここで、LINE のチャンネルを選択し、上記のチャンネル シークレットとアクセス トークンを適切なフィールドに貼り付けます。There, select the LINE channel and paste the channel secret and access token from above into the appropriate fields. 必ず変更内容を保存してください。Be sure to save your changes.

Azure から提供されるカスタム Webhook URL をコピーします。Copy the custom webhook URL that Azure gives you.

LINE のスクリーンショット (Azure の設定)

LINE の Webhook 設定を構成するConfigure LINE webhook settings

次に、LINE Developers Console に戻って、Azure からコピーした Webhook URL を [メッセージ送受信設定] > [Webhook URL] に貼り付け、 [接続確認] をクリックして接続を確認します。Next, go back to the LINE developer console and paste the webhook URL from Azure into the Message settings > Webhook URL, and click Verify to verify the connection. Azure でチャネルを作成した直後の場合は、有効になるまでに数分かかることがあります。If you just created the channel in Azure, it may take a few minutes to take effect.

次に [メッセージ送受信設定] > [Webhook送信] を [利用する] にします。Then, enable Message settings > Use webhooks.

重要

LINE の Developers Console では、最初に Webhook URL を設定した場合のみ、 [Use webhooks](Webhook の使用) を[Enabled](有効) に設定できます。In LINE Developer Console, you must first set the webhook URL, and only then set Use webhooks = Enabled. URL を空にしたままで Webhook を有効にすると、UI では有効になったように見えても、有効な状態に設定されません。First enabling webhooks with an empty URL will not set the enabled status, even though the UI may say otherwise.

Webhook URL を追加してから Webhook を有効にしたら、このページを再度読み込んで、これらの変更が正しく設定されていることを確認してください。After you added a webhook URL and then enabled webhooks, make sure to reload this page and verify that these changes were set correctly.

LINE のスクリーンショット (Webhook)

ボットをテストするTest your bot

これらの手順を完了すると、ボットは、LINE 上のユーザーと通信できるように正しく構成され、テストの準備が整います。Once you have completed these steps, your bot will be successfully configured to communicate with users on LINE and is ready to test.

ボットを LINE のモバイル アプリに追加するAdd your bot to your LINE mobile app

LINE の Developers Console で、[チャネル基本設定] ページの下部にボットの QR コードが表示されています。In the LINE developer console, navigate to the settings page and you will see a QR code of your bot.

LINE のモバイル アプリで、右端のナビゲーション タブ (3 つのドット [...] ) に移動し、QR コードのアイコンをタップします。In the Mobile LINE app, go to the right most navigation tab with three dots [...] and tap on the QR code icon.

LINE のスクリーンショット (モバイル アプリ)

Developers Console の QR コードで QR コード リーダーをポイントします。Point the QR code reader at the QR code in your developer console. これで、LINE のモバイル アプリでボットとやり取りして、ボットをテストできるようになりました。You should now be able to interact with your bot in your mobile LINE app and test your bot.

自動メッセージAutomatic messages

ボットのテストを開始すると、conversationUpdate アクティビティで指定したものではない、予期しないメッセージがボットから送信される場合があります。When you start testing your bot, you may notice the bot sends unexpected messages that are not the ones you specified in the conversationUpdate activity. 次のようなダイアログが表示されることがあります。Your dialog may look something like this:

LINE のスクリーンショット (会話)

これらのメッセージが送信されないようにするには [LINE@機能の利用] > [自動応答メッセージ] を [利用しない] に設定する必要があります。To avoid sending these messages, you need to switch off the Auto-response messages.

LINE のスクリーンショット (自動応答)

また、このメッセージを表示したままにすることもできます。Alternatively, you can choose to keep these messages. その場合は、[設定はこちら] をクリックして、メッセージを編集することをお勧めします。In this case, it may be a good idea to click “Set message” and edit it.

LINE のスクリーンショット (自動応答の設定)

トラブルシューティングTroubleshooting

  • ボットのメッセージに全く応答しない場合は、Azure portal でお使いのボットに移動して Web チャットでテスト でテストしてみましょう。In case your bot is not responding to any of your messages at all, navigate to your bot in Azure portal, and choose Test in Web Chat.
    • そこでボットが機能しているのに LINE では応答しない場合は、LINE の Developers Console を再度読み込んでから、上記の Webhook の手順を繰り返します。If the bot works there, but does not respond in LINE, reload your LINE Developer Console page and repeat the webhook instructinos above. 必ず Webhook URL を設定してから Webhook を有効にしてください。Be sure you set the Webhook URL before enabling webhooks.
    • ボットで Web チャットでテスト がうまく動作しない場合は、ボットの問題をデバッグしてから、再度このページで LINE のチャネルの構成を再設定します。If the bot doesn't work in Web Chat, debug the issue for your bot then come back and finish configuring your LINE channel.