Direct Line App Service 拡張機能Direct Line App Service Extension

適用対象: SDK v4APPLIES TO: SDK v4

Direct Line App Service 拡張機能を使用すると、クライアントはボットが配置されているホストに直接接続できます。The Direct Line App Service Extension allows clients to connect directly with the host, where the bot is located. これは、bot と同じサブスクリプション、App Service、Azure ネットワーク内で実行され、ネットワークの分離を提供し、場合によってはパフォーマンスが向上します。It runs inside the same subscription, App Service, and Azure network as your bot and provides network isolation and, in some cases, improved performance. クライアントアプリケーションは、 WebSocket プロトコル を使用して bot と通信します。The client application uses WebSocket protocol to communicate with the bot. 次の図は、全体のアーキテクチャを示しています。The following picture shows the overall architecture:

ダイレクトライン app service 拡張機能のアーキテクチャDirect line app service extension architecture

注意

ネットワークの分離が不要で、HTTPS プロトコル経由で標準チャネルを使用する場合は、「 bot を直接回線に接続する」を参照してください。If you do not require network isolation and want to use the standard channel over the HTTPS protocol, refer to Connect a bot to Direct Line.

ダイレクトライン App Service 拡張機能では、Bot Framework プロトコルに新しい一連のストリーミング拡張機能が追加されます。これにより、メッセージを転送するための HTTP は、 永続的な WebSocket で双方向要求を送信できるようになります。The Direct Line App Service Extension adds a new set of streaming extensions to the Bot Framework protocol, which replace HTTP for exchanging messages with a transport that allows bidirectional requests to be sent over a persistent WebSocket.

ストリーミング拡張機能が追加される前は、Direct Line API では、クライアントが Activity を Direct Line に送信するための 1 つの方法と、クライアントが Direct Line から Activity を取得するための 2 つの方法が提供されていました。Before streaming extensions, the Direct Line API offered one way for a client to send Activities to Direct Line and two ways for a client to retrieve Activities from Direct Line. メッセージは、HTTP POST 経由で送信され、HTTP GET (ポーリング) を使用するか、ActivitySet を受信するための WebSocket を開くことで受信されていました。The messages were sent via an HTTP POST, and received by either an HTTP GET (polling) or by opening a WebSocket to receive ActivitySets. ストリーミング拡張機能により、WebSocket の使用が拡張され、すべてのメッセージング通信 を WebSocket で送信できます。Streaming extensions expand on the use of the WebSocket an allows all messaging communication to be sent on that WebSocket. ストリーミング拡張機能は、チャネル サービスとボット間でも使用できます。Streaming extensions can also be used between channel services and the bot.

ダイレクトライン App Service 拡張機能は、世界中のすべてのデータセンターの Azure アプリサービスのすべてのインスタンスにプレインストールされています。The Direct Line App Service Extension is pre-installed on all instances of Azure App Services in every data center around the world. その維持管理は Microsoft が行っており、お客様が追加のデプロイ作業を行う必要はありません。It is maintained and managed by Microsoft without additional deployment work for the customer. これは、既定では Azure App Service で無効になっていますが、簡単に有効にして、ホストされているボットに接続できます。It is disabled on Azure App Services by default, but it can be easily turned on so that it can connect to your hosted bot.

参照See Also

名前Name 説明Description
拡張機能のための .NET ボットの構成Configure .NET bot for extension 名前付きパイプを使って機能するように .NET ボットを更新し、ボットがホストされている Azure App Service リソースで Direct Line App Service 拡張機能を有効にします。Update a .NET bot to work with named pipes, and enable the Direct Line App Service Extension in the Azure App Service resource where the bot is hosted.
拡張機能のための Node.js ボットの構成Configure Node.js bot for extension 名前付きパイプを使って機能するように .Node.js ボットを更新し、ボットがホストされている Azure App Service リソースで Direct Line App Service 拡張機能を有効にします。Update a Node.js bot to work with named pipes and enable the Direct Line App Service Extension in the Azure App Service resource where the bot is hosted.
拡張機能を使用した .NET クライアントの作成Create .NET client with Extension Direct Line App Service 拡張機能に接続する .NET クライアントを C# で作成します。Create a .NET client in C# which connects to the Direct Line App Service Extension.
Web チャットで拡張機能を使用するUse extension with Web Chat ダイレクトライン App Service 拡張機能で Web チャットを使用します。Use Web Chat with the Direct Line App Service Extension.
VNET 内で拡張機能を使用するUse extension within VNET ダイレクトライン App Service 拡張機能を Azure Virtual Network (VNET) と共に使用します。Use the Direct Line App Service Extension with an Azure Virtual Network (VNET).

その他のリソースAdditional resources