ボットをアプリに埋め込むEmbed a bot in an app

多くの場合、ボットはアプリの外部に存在しますが、アプリに統合することもできます。Although bots most commonly exist outside of apps, they can also be integrated with apps. たとえば、複雑なアプリ構造内で検索が困難な情報をユーザーが見つけやすくするために、ナレッジ ボットをアプリに埋め込むことができます。For example, you could embed a knowledge bot within an app to help users find information that might otherwise be challenging to locate within complex app structures. 受信ユーザー要求に対する最初のレスポンダーとして機能するように、ヘルプ デスク アプリにボットを埋め込むこともできます。You could embed a bot within a help desk app to act as the first responder to incoming user requests. 簡単な問題はボットが自力で解決し、複雑な問題は人のエージェントにハンドオフされます。The bot could independently resolve simple issues and hand off more complex issues to a human agent.

アプリへのボットの統合Integrating bot with app

アプリとボットを統合する方法はアプリの種類によって異なります。The way to integrate a bot with an app varies depending on the type of app.

ネイティブ モバイル アプリNative mobile app

ネイティブ コードで作成されたアプリは、REST または WebSocket 経由でDirect Line API を使用して Bot Framework と通信できます。An app that is created in native code can communicate with the Bot Framework by using the Direct Line API, either via REST or websockets.

Web ベースのモバイル アプリWeb-based mobile app

Web 言語と、Cordova などのフレームワークを使用してビルドされたモバイル アプリが Bot Framework と通信するときは、Web サイトに埋め込まれたボットが使用するのと同じコンポーネント、つまりネイティブ アプリのシェル内にカプセル化されているものを使用します。A mobile app that is built by using web language and frameworks such as Cordova may communicate with the Bot Framework by using the same components that a bot embedded within a website would use, just encapsulated within a native app's shell.

IoT アプリIoT app

IoT アプリと Bot Framework の通信には、Direct Line API が使用されます。An IoT app can communicate with the Bot Framework by using the Direct Line API. シナリオによっては、Microsoft Cognitive Services を使って、画像認識や音声などの機能を有効にできます。In some scenarios, it may also use Microsoft Cognitive Services to enable capabilities such as image recognition and speech.

その他の種類のアプリとゲームOther types of apps and games

その他の種類のアプリやゲームと Bot Framework の通信には、Direct Line API が使用されます。Other types of apps and games can communicate with the Bot Framework by using the Direct Line API.

ボットが実行されるクロスプラットフォーム モバイル アプリの作成Creating a cross-platform mobile app that runs a bot

この例では、クロスプラットフォーム モバイル アプリケーションを構築するための一般的ツールである Xamarin を使用して、ボットが実行されるモバイル アプリを作成します。This example of creating a mobile app that runs a bot uses Xamarin, a popular tool for building cross-platform mobile applications.

最初に、シンプルな Web ビュー コンポーネントを作成し、それを使って Web チャット コントロールをホストします。First, create a simple web view component and use it to host a web chat control. 次に、Azure portal を使用して、Web チャット チャネルを追加します。Then, using Azure portal, add the Web Chat channel.

次に、登録されている Web チャット URL を、Xamarin アプリ内の Web ビュー コントロールのソースとして指定します。Next, specify the registered web chat URL as the source for the web view control in the Xamarin app:

public class WebPage : ContentPage
{
    public WebPage()
    {
        var browser = new WebView();
        browser.Source = "https://webchat.botframework.com/embed/<YOUR SECRET KEY HERE>";
        this.Content = browser;
    }
}

このプロセスを使用して、Web チャット コントロールを使って、埋め込まれた Web ビューがレンダリングされるクロスプラットフォーム モバイル アプリケーションを作成できます。Using this process, you can create a cross-platform mobile application that renders the embedded web view with the web chat control.

バック チャネル

その他のリソースAdditional resources