ボットをアプリに埋め込む

適用対象: SDK v4

多くの場合、ボットはアプリの外部に存在しますが、アプリに統合することもできます。 たとえば、複雑なアプリ構造内で検索が困難な情報をユーザーが見つけやすくするために、ナレッジ ボットをアプリに埋め込むことができます。

ヘルプ デスク アプリ内にボットを埋め込んで、着信ユーザー要求に対する最初のレスポンダーとして機能させることができます。 ボットは、単純な問題を独立して解決し、より複雑な問題を人間のエージェントに 引き渡 すことができます。

アプリへのボットの統合

アプリとボットを統合する方法はアプリの種類によって異なります。

ネイティブ モバイル アプリ

ネイティブ コードで作成されたアプリは、REST または Web ソケットを介して、Direct Line API を使用して Bot Framework と通信できます。

Web ベースのモバイル アプリ

Cordova などの Web 言語とフレームワークを使用して構築されたモバイル アプリは、Web サイト内に埋め込まれたボットが使用するのと同じコンポーネントを使用して、ネイティブ アプリのシェル内にカプセル化するだけで、Bot Framework と通信できます。

IoT アプリ

IoT アプリと Bot Framework の通信には、Direct Line API が使用されます。

一部のシナリオでは、SpeechTranslatorText AnalyticsComputer Visionなどの Azure Cognitive Services を使用することもできます。

その他の種類のアプリとゲーム

その他の種類のアプリやゲームと Bot Framework の通信には、Direct Line API が使用されます。

ボットが実行されるクロスプラットフォーム モバイル アプリの作成

この例では、クロスプラットフォーム モバイル アプリケーションを構築するための一般的ツールである Xamarin を使用して、ボットが実行されるモバイル アプリを作成します。

まず、Web ビュー コンポーネントを作成し、それを使用してWeb チャット コントロールをホストします。 次に、Azure portal を使用して、Web チャット チャネルを追加します。

次に、登録されている Web チャット URL を、Xamarin アプリ内の Web ビュー コントロールのソースとして指定します。

public class WebPage : ContentPage
{
public WebPage()
    {
        var browser = new WebView();
        browser.Source = "https://webchat.botframework.com/embed/<YOUR SECRET KEY HERE>";
        this.Content = browser;
    }
}

このプロセスを使用して、Web チャット コントロールを使って、埋め込まれた Web ビューがレンダリングされるクロスプラットフォーム モバイル アプリケーションを作成できます。

ユーザーが使用しているデバイスの種類を認識するボットの例。

その他のリソース