ボットをチャネルに接続するConnect a bot to channels

チャネルは、ボットと通信アプリ間の接続です。A channel is a connection between the bot and communication apps. ボットを使えるようにしたいチャネルに接続するようにボットを構成します。You configure a bot to connect to the channels you want it to be available on. Azure portal 経由で構成される Bot Framework サービスは、ボットをこれらのチャネルに接続し、ボットとユーザーの間の通信を容易にします。The Bot Framework Service, configured through the Azure portal, connects your bot to these channels and facilitates communication between your bot and the user. CortanaFacebook MessengerKikSlack など、人気のあるさまざまなサービスに接続できます。You can connect to many popular services, such as Cortana, Facebook Messenger, Kik, and Slack, as well as several others. Web チャット チャネルはあらかじめ構成されています。The Web Chat channel is pre-configured for you. Bot Connector サービスに付属する標準チャネルに加えて、ダイレクト ラインをチャネルとして使用して、ボットを独自のクライアント アプリケーションに接続することもできます。In addition to standard channels provided with the Bot Connector Service, you can also connect your bot to your own client application using Direct Line as your channel.

Bot Framework サービスを使用すると、ボットがチャネルに送信するメッセージを正規化することによって、チャネルにとらわれない方法でボットを開発できます。The Bot Framework Service allows you to develop your bot in a channel-agnostic way by normalizing messages that the bot sends to a channel. これを行うには、メッセージを Bot Framework スキーマからチャネルのスキーマに変換する必要があります。This involves converting it from the bot framework schema into the channel’s schema. ただし、チャネルで Bot Framework スキーマのすべての側面がサポートされているわけではない場合、サービスによってチャネルでサポートされている形式へのメッセージの変換が試みられます。However, if the channel does not support all aspects of the bot framework schema, the service will try to convert the message to a format that the channel does support. たとえば、アクション ボタンが含まれたカードを含むメッセージをボットが電子メール チャネルに送信した場合、コネクタはそのカードをイメージとして送信し、アクションをそのメッセージのテキスト内にリンクとして含める可能性があります。For example, if the bot sends a message that contains a card with action buttons to the email channel, the connector may send the card as an image and include the actions as links in the message’s text.

ほとんどのチャネルでは、チャネルでボットを実行するには、チャネルの構成情報を提供する必要があります。For most channels, you must provide channel configuration information to run your bot on the channel. ほとんどのチャネルでは、ボットにチャネルのアカウントがある必要があります。また、Facebook Messenger などでは、ボットにチャネルに登録されているアプリケーションも必要です。Most channels require that your bot have an account on the channel, and others, like Facebook Messenger, require your bot to have an application registered with the channel also.

チャネルに接続するようにボットを構成するには、次の手順を完了します。To configure your bot to connect to a channel, complete the following steps:

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure Portal.
  2. 構成するボットを選択します。Select the bot that you want to configure.
  3. [ボット サービス] ブレードの [Bot management](ボット管理) で、 [チャネル] をクリックします。In the Bot Service blade, click Channels under Bot Management.
  4. ボットに追加するチャネルのアイコンをクリックします。Click the icon of the channel you want to add to your bot.

チャネルに接続する

チャネルを構成すると、そのチャネル上のユーザーがボットを使用できるようになります。After you've configured the channel, users on that channel can start using your bot.

ボットの発行Publish a bot

発行プロセスは、チャネルごとに異なります。The publishing process is different for each channel.

CortanaCortana

Cortana にはダッシュボードからボットが発行され、Cortana スキルを強化するために使用されます。Bots are published to Cortana from the dashboard and are used to power Cortana skills. 発行されたボットはレビューのために送信されます。Publishing a bot submits it for review. Cortana スキルはご自身で使用するために、または小規模なグループに展開できます。また、一般公開することも可能です。Cortana skills can be deployed for your own use, deployed to a small group, or published to the world.

SkypeSkype

Skype には構成ページからボットが発行されます。Bots are published to Skype from the configuration page. 発行されたボットはレビューのために送信されます。Publishing a bot submits it for review. ボットの連絡先は、レビューの前に 100 件に制限されます。Before review, the bot is limited to 100 contacts. 承認済みボットの連絡先の数に制限はなく、ボットを Skype のボット ディレクトリに追加することもできます。Approved bots do not have limited contacts and you may opt to have the bot included in the Skype bot directory.

Skype for BusinessSkype for Business

Skype for Business ボットは、テナント管理者によって Skype for Business Online テナントに登録されます。Skype for Business bots are registered with a Skype for Business Online tenant by a Tenant Administrator.

ヒント

レビューの状態を表示するには、Bot Framework ポータルでボットを開き、 [チャネル] をクリックします。To view the status of a review, open the bot in the Bot Framework Portal and click Channels. ボットが承認されない場合、承認されない理由へのリンクが表示されます。If the bot is not approved, the result will link to the reason why. 必要な変更を行った後、レビューのためにボットを再送信してください。After making the required changes, resubmit the bot for review.

その他のリソースAdditional resources

SDK には、ボットの構築に使用できるサンプルが含まれています。The SDK includes samples that you can use to build bots. サンプルの一覧については、GitHub のサンプル リポジトリを参照してください。Visit the Samples repo on GitHub to see a list of samples.