ボットをチャネルに接続するConnect a bot to channels

適用対象: SDK v4APPLIES TO: SDK v4

チャネルは、通信アプリケーションとボット間の接続です。A channel is a connection between communication applications and a bot. Azure に登録されているボットは、チャネルを使用してユーザーとの通信を容易にしています。A bot, registered with Azure, uses channels to facilitate the communication with users.

ボットを構成して、Alexa、Facebook Messenger、Slack などの標準チャネルに接続できます。You can configure a bot to connect to any of the standard channels such as Alexa, Facebook Messenger, and Slack. 詳細については、「Azure Bot の登録 」を参照してくださいFor more information, see Azure Bot registration.

提供されているチャネルに加えて、チャネルとして Direct Lineを使用して、ボット を通信アプリケーション に接続できます。In addition to the provided channels, you can also connect a bot to your communication application using Direct Line as the channel. 詳細については、「 Connect a bot to Direct Line 」 を参照してくださいFor more information, see Connect a bot to Direct Line.

このBot Frameworkでは、ボットがチャネルに送信するメッセージを正規化することで、チャネルに依存しない方法でボットを開発できます。The Bot Framework allows you to develop a bot in a channel-agnostic way by normalizing messages that the bot sends to a channel. これは以下を意味します。This implies the following:

  • メッセージをスキーマのBot Frameworkチャネルのスキーマに変換します。Convert the messages from the Bot Framework schema into the channel's schema.
  • チャネルが Bot Framework スキーマのすべての側面をサポートしていない場合、Bot Connector サービスはチャネルがサポートする形式にメッセージを変換します。If the channel does not support all aspects of the Bot Framework schema, the Bot Connector service tries to convert the message to a format that the channel does support. たとえば、アクション ボタンが含まれたカードを含むメッセージをボットが電子メール チャネルに送信した場合、コネクタはそのカードをイメージとして送信し、アクションをそのメッセージのテキスト内にリンクとして含める可能性があります。For example, if the bot sends a message that contains a card with action buttons to the email channel, the connector may send the card as an image and include the actions as links in the message's text.
  • ほとんどのチャネルでは、チャネルでボットを実行するためにチャネル構成情報を指定する必要があります。For most channels, you must provide channel configuration information to run a bot on the channel. ほとんどのチャネルでは、ボットがチャネルにアカウントを持っている必要があります。Most channels require that a bot have an account on the channel. その他のFacebook Messenger、ボットにもチャネルに登録されているアプリケーションが必要です。Others, like Facebook Messenger, require a bot to have an application registered with the channel also.

チャネルに接続するボットを構成するには、次の手順を実行します。To configure a bot to connect to a channel, complete the following steps:

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure Portal.

  2. 構成するボットを選択します。Select the bot that you want to configure.

  3. 左側のウィンドウで、Bot Management の下 にある [チャネル ] を選択しますIn the left pane, select Channels under Bot Management.

  4. 右側のウィンドウで、ボットに追加するチャネルのアイコンを選択します。In the right pane, select the icon of the channel you want to add to your bot.

    チャネルに接続する

チャネルを構成すると、そのチャネル上のユーザーがボットを使用できるようになります。After you've configured the channel, users on that channel can start using your bot.

ボットをチャネルに接続するConnect a bot to a channel

接続手順はチャネルごとに異なります。The connection steps are different for each channel. 詳細については、以下の表の関連記事を参照してください。See the related article in the table below more information.

チャネルChannel 説明Description
AlexaAlexa カスタム スキルをサポートするAlexa デバイスを介してユーザーと通信します。Communicate with users through Alexa devices that support Custom Skills.
Direct LineDirect Line Bot をモバイルアプリ、web ページ、またはその他のアプリケーションに統合します。Integrate a bot into a mobile app, web page, or other applications.
Office 365 のメールOffice 365 email Bot が Office 365 電子メールを介してユーザーと通信できるようにします。Enable a bot to communicate with users via Office 365 email.
FacebookFacebook 両方のプラットフォームのユーザーと通信できるように、bot を Facebook Messenger と Facebook Workplace の両方に接続します。Connect a bot to both Facebook Messenger and Facebook Workplace, so that it can communicate with users on both platforms.
KikKik Kik messaging アプリを使用してユーザーと通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users through the Kik messaging app.
LINELINE 行アプリを介してユーザーと通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users through the LINE app.
Microsoft TeamsMicrosoft Teams Microsoft Teams を通じてユーザーと通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users through Microsoft Teams.
SkypeSkype ユーザーと Skype を介して通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users through Skype.
Skype for BusinessSkype for Business Skype for ビジネスを使用してユーザーと通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users through Skype for Busines.
SlackSlack ユーザーとの余裕を通じてユーザーと通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users through Slack.
TelegramTelegram Telegram を介してユーザーと通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users through Telegram.
テレフォニーTelephony Bot Framework のテレフォニーチャネルを介してユーザーと通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users through the Bot Framework Telephony channel.
TwilioTwilio Twilio cloud 通信プラットフォームを介してユーザーと通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users through the Twilio cloud communication platform.
WeChatWeChat Wat プラットフォームを使用してユーザーと通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users using the WeChat platform.
Web チャットWeb Chat Bot Framework サービスを使用して bot を作成するときに自動的に構成されます。Automatically configured for you when you create a bot with the Bot Framework Service.
WebexWebex Webex を使用してユーザーと通信するように bot を構成します。Configure a bot to communicate with users using the Webex.
追加のチャネルAdditional channels Botkit とコミュニティリポジトリを介して提供されるプラットフォームを通じてアダプターとして利用できる追加のチャネル。Additional channels available as an adapter through provided platforms via Botkit and community repositories.

Bot スキーマ変換バージョンBot schema transformation version

前述のように、チャネルは、受信メッセージを他のサービスから Bot Framework プロトコルスキーマに変換します。As described above, a channel converts incoming messages from other services to the Bot Framework protocol schema. 同様に、bot から他のサービスに送信されたメッセージは、Bot Framework のネイティブスキーマからこれらのサービスの形式に変換されます。Likewise, messages sent by the bot to other services are transformed from the Bot Framework native schema to the format of these services. このプロセスは、 スキーマ変換 と呼ばれます。This process is called schema transformation. このBot Framework Service、既存のボットの動作の変更を回避するために、プロトコルの下位互換性が維持されます。The Bot Framework Service maintains backward compatibility of the protocol in order to avoid changing behavior of the existing bots.

場合によっては、既存のボットの動作を変更できる可能性がある、スキーマ変換プロセスの変更を行う必要があります。Occasionally, a change in the schema transformation process needs to take place that can, potentially, change the behavior of the existing bots. このような変更の例として、ユーザーのサブセットが既存の (ただし誤った) 動作に依存している場合、バグ修正が考えられます。An example of such a change could be any bug fix if a subset of the users have taken a dependency on the existing (however erroneous) behavior. このような変更のもう 1 つの例は、ボットにメリットをもたらす他のサービスの更新や改善です。ただし、これらの更新プログラムを採用すると、既存の動作が変更される可能性があります。Another example of such a change would be updates or improvements in other services that would benefit bots; however adopting these updates can, potentially, change the existing behavior.

ボットのスキーマ変換 バージョンを制御 することで、ボット開発者は、新しい動作を有効にする (可能な場合) を制御できます。By controlling the schema transformation version of their bots, bot developers can control when (if ever) to enable new behavior. 既定では、新しく作成されたボットは最新のスキーマ変換バージョンを取得します。By default, newly created bots get the most recent schema transformation version. 既存のボットは、このバージョンで導入された機能強化を利用する準備ができたら、最新バージョンにアップグレードできます。Existing bots can be upgraded to the newest version when they are ready to take advantage of the improvements introduced in this version. 任意のボットは、いつでもアップグレードまたはダウングレードできます。Any bot can be upgraded or downgraded at any time.

[構成] ウィンドウで、ボットのスキーマ変換のバージョンを 変更 できます。You can change your bot's schema transformation version in the Configuration pane:

[構成] ウィンドウの [スキーマ変換のバージョン] フィールド

サポートされているスキーマ変換バージョンSupported schema transformation versions

  • バージョン 1.3Version 1.3

    • 導入日: 2021 年 5 月Date introduced: May 2021
    • 変更点:Changes:
      • Direct Line: データの逆シリアル化/再シリアル化をアダプティブ カード。Direct Line: Remove Deserialize/Reserialize of Adaptive Cards. アプリケーションのアダプティブ カードは、クライアントに同様に渡されます。The content of Adaptive Cards will be passed to the client as is.
  • バージョン 1.2Version 1.2

    • 導入日: 2021 年 4 月Date introduced: April 2021
    • 変更点:Changes:
  • バージョン 1.1Version 1.1

    • 導入日: 2021 年4月Date introduced: April 2021
    • 変更点:Changes:
  • バージョン1.0Version 1.0

    • 元のバージョンOriginal version

ボットの発行Publish a bot

発行プロセスは、チャネルごとに異なります。The publishing process is different for each channel.

SkypeSkype

注意

2019 年 10 月 31 日をもって、Skype チャネルは新しいボット公開要求を受け付けなくなりました。As of October 31, 2019 the Skype channel no longer accepts new Bot publishing requests. つまり、Skype チャンネルを使ってボットの開発を続けることはできますが、ボットのユーザー数は 100 人に制限されます。This means that you can continue to develop bots using the Skype channel, but your bot will be limited to 100 users. ボットをより多くのユーザーに公開することはできません。You will not be able to publish your bot to a larger audience. 現在の Skype ボットは引き続き中断なく実行されます。Current Skype bots will continue to run uninterrupted. Skype で一部の機能が利用できなくなった理由についてご確認ください。Read more about why some features are not available in Skype anymore.

Skype には構成ページからボットが発行されます。Bots are published to Skype from the configuration page. 発行されたボットはレビューのために送信されます。Publishing a bot submits it for review. ボットの連絡先は、レビューの前に 100 件に制限されます。Before review, the bot is limited to 100 contacts. 承認済みボットの連絡先の数に制限はなく、ボットを Skype のボット ディレクトリに追加することもできます。Approved bots do not have limited contacts and you may opt to have the bot included in the Skype bot directory.

Skype for BusinessSkype for Business

重要

Skype for Business Online は 2021 年 7 月 31 日に廃止されます。Skype for Business Online will retire on July 31, 2021. Skype for Business Online をご利用のお客様については、提供終了日までサービスに関する変更はありません。Skype for Business Online customers should see no change to the service before the retirement date. 詳細については、「Skype for Business Online の廃止」を参照してください。Read Skype for Business Online to Be Retired for more details.

Skype for Business ボットは、テナント管理者によって Skype for Business Online テナントに登録されます。Skype for Business bots are registered with a Skype for Business Online tenant by a Tenant Administrator.

レビューの状態を表示するには、Bot Framework ポータルでボットを開き、 [チャネル] をクリックします。To view the status of a review, open the bot in the Bot Framework Portal and click Channels. ボットが承認されない場合、承認されない理由へのリンクが表示されます。If the bot is not approved, the result will link to the reason why. 必要な変更を行った後、レビューのためにボットを再送信してください。After making the required changes, resubmit the bot for review.

その他のリソースAdditional resources

SDK には、ボットの構築に使用できるサンプルが含まれています。The SDK includes samples that you can use to build bots. サンプルの一覧については、GitHub のサンプル リポジトリを参照してください。Visit the Samples repo on GitHub to see a list of samples.