モノのインターネット (IoT) ボットのシナリオInternet of Things (IoT) Bot Scenario

注意

このトピックは SDK v3 リリースに適用されます。This topic applies to SDK v3 release. 最新バージョンの SDK (v4) のドキュメントは、こちらにあります。You can find the documentation for the latest version of the SDK v4 here.

このモノのインターネット (IoT) ボットによって、音声または対話型チャット コマンドを使用して、Philips Hue の照明などの自宅周辺のデバイスを簡単に制御できます。This Internet of Things (IoT) Bot makes it easy for you to control devices around your home, such as a Philips Hue light using voice or interactive chat commands.

人は自分のものに話しかけるのを好みます。People love to talk to their things. 最初のテレビ リモコンが出現した日以来、移動せずに環境に影響を与えることが人々のお気に入りになっています。Since the days of the first TV remote, people have loved not having to move to affect their environment. この IoT ボットを使用すると、簡単なチャット コマンドまたは音声によって Philips Hue を管理できます。This IoT bot allows a person to manage a Philips Hue by simple chat commands or voice. さらに、チャットを使用した場合、ユーザーは選択する色に関連した視覚的な選択肢が与えられます。In addition, when using chat, a person can be given visual choices related to colors to pick.

モノのインターネット ボットのダイアグラム

次に、IoT ボットのロジック フローを示します。Here is the logic flow of an IoT bot:

  1. ユーザーは Skype にログインし、IoT ボットにアクセスします。The user logs into Skype and accesses the IoT bot.
  2. ユーザーが IoT デバイスを介して音声でボットに照明をつけるよう要求します。Using voice, the user asks the bot to turn on the lights via the IoT device.
  3. この要求が、IoT デバイス ネットワークへのアクセスが許可されているサードパーティ サービスに伝達されます。The request is relayed to a 3rd party service that has access to the IoT device network.
  4. コマンドの実行結果がユーザーに返されます。The results of the command are returned to the user.
  5. Application Insights がランタイム テレメトリを収集して、ボットのパフォーマンスと使用状況の情報によって開発をサポートします。Application insights gathers runtime telemetry to help development with bot performance and usage.

サンプル ボットSample bot

IoT ボットを使用すると、Slack のようなチャネルから手軽にチャット コマンドを使用して Hue を制御できるようになります。The IoT bot will allow you to quickly use chat commands from channels like Slack to control your Hue. リモート アクセスを容易にするには、Hue と連携するために事前定義された IFTTT アプレットを呼び出します。To facilitate remote access, you'll call IFTTT applets predefined to work with Hue.

このサンプル ボットのソース コードは、「Samples for Common Bot Framework Scenarios (Bot Framework の一般的なシナリオのサンプル)」からダウンロードするか複製することができます。You can download or clone the source code for this sample bot from Samples for Common Bot Framework Scenarios.

使用するコンポーネントComponents you'll use

モノのインターネット (IoT) ボットでは、次のコンポーネントを使用します。The Internet of Things (IoT) Bot uses the following components:

  • Philips HuePhilips Hue
  • If This Then That (IFTTT)If This Then That (IFTTT)
  • Application InsightsApplication Insights

Philips HuePhilips Hue

Philips Hue に接続されている電球とブリッジによって、照明を完全に制御できます。Philips Hue connected bulbs and bridge let you to take full control of your lighting. 照明に望むあらゆることを Hue が実行できます。Whatever you want to do with your lighting, Hue can. Hue には、ご自身のローカル ネットワークから使用できる API があります。Hue has an API you can use from your local network. しかし、ボットの使いやすいインターフェイスを使用して、Hue が制御するデバイスと照明にどこからでもアクセスできることをユーザーは望みます。However, you want to be able to access your Hue controlled devices and lights from anywhere using a friendly Bot interface. そこで、IFTTT を介して Hue にアクセスします。Thus you'll access Hue via IFTTT.

IFTTTIFTTT

IFTTT は無料の Web ベース サービスで、ユーザーはこれを使ってアプレットと呼ばれる単純な条件付きステートメントのチェーンを作成できます。IFTTT is a free web-based service that people use to create chains of simple conditional statements, called applets. ボットからアプレットをトリガーし、自分の代わりに作業させることができます。You can trigger an applet from your Bot to have it do something on your behalf. 照明のオンとオフ、シーンの変更などに使用可能な事前定義済みの Hue アプレットが数多くあります。There are a number of predefined Hue applets available to turn lights on and off, change the scene, and more.

Application InsightsApplication Insights

Application Insights では、アプリケーション パフォーマンス管理 (APM) と瞬時の分析によって、行動につながる分析情報を得ることができます。Application Insights helps you get actionable insights through application performance management (APM) and instant analytics. すぐに使用できる、多機能なパフォーマンス監視、強力なアラート機能、使いやすいダッシュボードによって、ボットの可用性が保たれ、期待どおりに動作していることを確認できます。Out of the box you get rich performance monitoring, powerful alerting, and easy-to-consume dashboards to help ensure your Bot is available and performing as you expect. 問題の発生をすばやく確認し、根本原因を分析して、問題個所を特定し、修正することができます。You can quickly see if you have a problem, then perform a root cause analysis to find and fix the issue.