Bot Framework SDK for .NET を使用したボットの作成Create a bot with the Bot Framework SDK for .NET

適用対象: SDK v4APPLIES TO: SDK v4

この記事では、C# テンプレートを使用して bot をビルドする方法と、Bot Framework エミュレーターでテストする方法について説明します。This article shows you how to build a bot by using the C# template, and then how to test it with the Bot Framework Emulator.

Azure Bot Service でのボット作成とローカルでのボット作成は、ボットを作成するための、似ているけれども別個の方法です。Creating a bot with Azure Bot Service and creating a bot locally are independent, parallel ways to create a bot.

前提条件Prerequisites

テンプレートTemplates

ボット テンプレートをアプリに追加するにはVisual Studio VSIX ファイル用 の Bot Framework v4 SDK テンプレートVisual Studio インストールします。To add the bot templates to Visual Studio, download and install the Bot Framework v4 SDK Templates for Visual Studio VSIX file.

注意

VSIXパッケージには、.net core 2.1 と .net core 3.1 の両方のバージョンの C# テンプレートが含まれています。The VSIX package includes both .NET Core 2.1 and .NET Core 3.1 versions of the C# templates. Visual Studio 2019 で新しいボットを作成するときは、.NET Core 3.1 テンプレートを使用する必要があります。When creating new bots in Visual Studio 2019, you should use the .NET Core 3.1 templates. 現在のボット サンプルでは .NET Core 3.1 テンプレートを使用しています。The current bot samples use .NET Core 3.1 templates. .NET Core 2.1 テンプレートを使用するサンプルは、BotBuilder-Samples リポジトリの 4.7-archive ブランチにあります。You can find the samples that use .NET Core 2.1 templates in the 4.7-archive branch of the BotBuilder-Samples repository. .NET Core 3.1 ボットを Azure にデプロイする方法の詳細については、「 bot を azure にデプロイする方法」を参照してください。For information about deploying .NET Core 3.1 bots to Azure, see how to deploy your bot to Azure.

ボットの作成Create a bot

Visual Studio を使用したビルドBuild with Visual Studio

Visual Studio で、Echo Bot (Bot Framework v4 - .NET Core 3.1) テンプレートを使用して、新しいボット プロジェクトを作成します。In Visual Studio, create a new bot project using the Echo Bot (Bot Framework v4 - .NET Core 3.1) template. ボット テンプレートのみを表示するには、プロジェクトの種類から [AI Bots](AI ボット) を選択します。Choose AI Bots from the project types to show only bot templates.

Visual Studio のプロジェクト新規作成ダイアログVisual Studio create a new project dialog

テンプレートのおかげで、プロジェクトには、このクイック スタートでボットを作成するのに必要なすべてのコードが含まれています。Thanks to the template, your project contains all the code that's necessary to create the bot in this quickstart. ボットをテストするために追加コードは必要ありません。You don't need any additional code to test your bot.

注意

コア ボットを作成する場合は、LUIS 言語モデルが必要です。If you create a Core bot, you'll need a LUIS language model. 言語モデルは、 luis.aiで作成できます。You can create a language model at luis.ai. モデルの作成後、構成ファイルを更新します。After creating the model, update the configuration file.

ボットの起動Start your bot

Visual Studio で、プロジェクトを開始します。In Visual Studio, start the project. これにより、アプリケーションがビルドされ、localhost に配置され、Web ブラウザーが起動してアプリケーションの default.htm ページが表示されます。This will build the application, deploy it to localhost, and launch the web browser to display the application's default.htm page. この時点では、ボットはポート 3978 のローカルで実行されています。At this point, your bot is running locally on port 3978.

エミュレーターの起動とボットの接続Start the Emulator and connect your bot

  1. Bot Framework Emulator を起動します。Start the Bot Framework Emulator.

  2. エミュレーター の [ようこそ] タブで [Open Bot]を選択 します。Select Open Bot on the Emulator's Welcome tab.

  3. ボットの URL (ローカル ポートの URL) を入力し、パス (通常は /api/messages ) に追加します http://localhost:3978/api/messagesEnter your bot's URL, which is the URL of the local port, with /api/messages added to the path, typically http://localhost:3978/api/messages.

    ボットを開く

  4. 次に、 [接続](Connect) を選択します。Then select Connect.

    ボットにメッセージを送信すると、ボットが応答します。Send a message to your bot, and the bot will respond back.

    エコー メッセージ

その他のリソースAdditional resources

  • .NET Core テンプレートの詳細については、 .NET Core SDK テンプレート の README を参照してください。See the .NET Core SDK Templates README for more information about the .NET Core templates.
  • 「Visual Studio または Visual Studio Code と Bot Framework Emulator を使用してデバッグする方法について bot をデバッグ する方法」を参照してください。See how to debug a bot for how to debug using Visual Studio or Visual Studio Code and the Bot Framework Emulator.
  • Ngrok をインストールする方法については、「 トンネリング」 (ngrok) を参照してください。See Tunneling (ngrok) for information on how to install ngrok.

次のステップNext steps