Bot Framework SDK for JavaScript を使用したボットの作成Create a bot with the Bot Framework SDK for JavaScript

適用対象: 対象 SDK v4 対象外 SDK v3 APPLIES TO: yesSDK v4 no SDK v3

このクイック スタートでは、Yeoman Bot Builder ジェネレーターと Bot Framework SDK for JavaScript を使用して単一ボットを構築し、Bot Framework Emulator でテストする方法を説明します。This quickstart walks you through building a single bot by using the Yeoman Bot Builder generator and the Bot Framework SDK for JavaScript, and then testing it with the Bot Framework Emulator.

Azure Bot Service でのボット作成とローカルでのボット作成は、ボットを作成するための、似ているけれども別個の方法です。Creating a bot with Azure Bot Service and creating a bot locally are independent, parallel ways to create a bot.

前提条件Prerequisites

注意

下記の Windows ビルド ツールのインストールは、開発用オペレーティング システムとして Windows を使用している場合にのみ必要となります。The install of Windows build tools listed below is only required if you use Windows as your development operating system. 一部のインストールでは、restify のインストール手順を実行すると、node-gyp に関するエラーが発生します。For some installations the install step for restify is giving an error related to node-gyp. 該当する場合は、管理者特権のアクセス許可を使用してこのコマンドを実行してみてください。If this is the case you can try running this command with elevated permissions. お使いのシステムに Python が既にインストールされている場合、この呼び出しは終了せずにハングすることもあります。This call may also hang without exiting if python is already installed on your system:

# only run this command if you are on Windows. Read the above note. 
npm install -g windows-build-tools

ボットの作成Create a bot

ボットを作成してパッケージを初期化するにはTo create your bot and initialize its packages

  1. ターミナルまたは管理者特権でのコマンド プロンプトを開きます。Open a terminal or elevated command prompt.

  2. JavaScript ボット用のディレクトリがまだない場合は、ディレクトリを 1 つ作成し、そのディレクトリに変更しますIf you don't already have a directory for your JavaScript bots, create one and change directories to it. (このチュートリアルではボットを 1 つだけ作成しますが、通常は JavaScript ボット用のディレクトリを作成します)。(We're creating a directory for your JavaScript bots in general, even though we're only creating one bot in this tutorial.)

    mkdir myJsBots
    cd myJsBots
    
  3. お使いの npm が最新バージョンであることを確認します。Ensure your version of npm is up to date.

    npm install -g npm
    
  4. 次に、Yeoman と JavaScript のジェネレーターをインストールします。Next, install Yeoman and the generator for JavaScript.

    npm install -g yo generator-botbuilder
    
  5. 次に、ジェネレーターを使用してエコー ボットを作成します。Then, use the generator to create an echo bot.

    yo botbuilder
    

Yeoman により、作成するボットに関する情報の入力が求められます。Yeoman prompts you for some information with which to create your bot. このチュートリアルでは、既定値を使います。For this tutorial, use the default values.

  • ボットの名前を入力します。Enter a name for your bot. (my-chat-bot)(my-chat-bot)
  • 説明を入力します。Enter a description. (Microsoft Bot Framework の主要な機能を示します)(Demonstrate the core capabilities of the Microsoft Bot Framework)
  • ボットの言語を選択します。Choose the language for your bot. (JavaScript)(JavaScript)
  • 使用するテンプレートを選択します。Choose the template to use. (エコー ボット - https://aka.ms/bot-template-echo)(Echo Bot - https://aka.ms/bot-template-echo)

テンプレートのおかげで、プロジェクトには、このクイック スタートでボットを作成するのに必要なすべてのコードが含まれています。Thanks to the template, your project contains all the code that's necessary to create the bot in this quickstart. 実際には、追加のコードを記述する必要はありません。You won't actually need to write any additional code.

注意

Core ボットを作成する場合は、LUIS 言語モデルが必要です。If you choose to create a Core bot, you'll need a LUIS language model. これは luis.ai で作成できます。You can create one on luis.ai. モデルの作成後、構成ファイルを更新します。After creating the model, update the configuration file.

ボットの起動Start your bot

ターミナルまたはコマンド プロンプトで、ボット用に作成したディレクトリに変更し、npm start でボットを起動します。In a terminal or command prompt change directories to the one created for your bot, and start it with npm start. この時点では、ボットはローカルで実行されています。At this point, your bot is running locally.

エミュレーターの起動とボットの接続Start the Emulator and connect your bot

  1. Bot Framework Emulator を起動します。Start the Bot Framework Emulator.
  2. エミュレーターの [ようこそ] タブにある [新しいボット構成を作成する] リンクをクリックします。Click the Create a new bot configuration link in the emulator "Welcome" tab.
  3. ボット用のフィールドに入力します。Fill out the fields for your bot. ボットのウェルカム ページ アドレス (通常は http://localhost:3978) ) を使用し、このアドレスにルーティング情報 '/api/messages' を追加します。Use your bot's welcome page address (typically http://localhost:3978) and append routing info '/api/messages' to this address.
  4. 次に、 [保存および接続] をクリックします。Then click Save and connect.

メッセージをボットに送信します。ボットはメッセージで応答します。Send a message to your bot, and the bot will respond back with a message. 実行中のエミュレーターEmulator running

その他のリソースAdditional resources

リモートでホストされているボットに接続する方法については、トンネリング (ngrok) に関する記事を参照してください。See tunneling (ngrok) for how to connect to a bot hosted remotely.

次の手順Next steps