主要な概念-Bot Connector APIKey concepts - Bot Connector API

Bot Framework と Azure Bot service を使用すると、bot はチームや Facebook などのユーザーと通信できます。Bot Framework and the Azure Bot service allow your bot to communicate with users on Teams, Facebook, and more. チャンネルは、2 つの形式で (Azure Bot Service の一部として含まれているサービスとして、および Bot Framework SDK で使用するアダプター ライブラリとして) 使用できます。Channels are available in two forms: as service included as part of Azure Bot Service and as adapter libraries for use with the Bot Framework SDK. この記事では、Azure Bot Service に含まれる標準化されたチャンネルに重点を置いて説明します。This article focuses on the standardized channels included in the Azure Bot Service.

Bot Framework チャネルBot Framework Channels

Bot Framework チャネルを使用すると、bot は、 Azure Portalで構成されたチャネルを使用してメッセージを交換できます。Bot Framework channels enable your bot to exchange messages with channels configured in the Azure Portal. このサービスでは、HTTPS 経由で業界標準の REST および JSON が使用され、JWT ベアラー トークンによる認証が有効にされます。It uses industry-standard REST and JSON over HTTPS and enables authentication with JWT Bearer tokens. Bot Connector サービスを使用する方法の詳細については、「Authentication」(認証) と、このセクションの残りの記事を参照してください。For detailed information about how to use the Bot Connector service, see Authentication and the remaining articles in this section.

アクティビティActivity

コネクタサービスは、 アクティビティ オブジェクトを渡すことによって、bot と channel (user) の間で情報を交換します。The Connector service exchanges information between bot and channel (user) by passing an Activity object. 最も一般的なアクティビティの種類は メッセージ ですが、ボットまたはチャネルにさまざまな種類の情報を通信するために使用できる他のアクティビティの種類も存在します。The most common type of activity is message, but there are other activity types that can be used to communicate various types of information to a bot or channel. Bot Connector 内のアクティビティの詳細については、「Activities overview」(アクティビティの概要) を参照してください。For details about Activities in the Bot Connector service, see Activities overview.

認証Authentication

Bot Framework サービスでは、認証に JWT ベアラー トークンを使用します。Bot Framework Services use JWT Bearer tokens for authentication. ご利用のボッドから Bot Framework に送信された送信要求を認証する方法、Bot Framework からご利用のボットに届いた受信要求を認証する方法などの詳細については、「Authentication」(認証) を参照してください。For detailed information about how to authenticate outbound requests that your bot sends to the Bot Framework, how to authenticate inbound requests that your bot receives from the Bot Framework, and more, see Authentication.

クライアント ライブラリClient libraries

Bot Framework には、C#、JavaScript、Python のいずれかでボットを作成するために使用できるクライアント ライブラリが用意されています。The Bot Framework provides client libraries that can be used to build bots in either C#, JavaScript, and Python.

Bot Framework REST API の呼び出しの簡略化に加えて、各 Bot Framework SDK では、会話ロジック、単純な入力 (はい/いいえ、文字列、数字、列挙など) を求める組み込みのプロンプト、強力な AI フレームワーク (たとえば、LUIS) の組み込みサポートなどをカプセル化するダイアログを構築するための強力なシステムも提供されています。In addition to simplifying calls to Bot Framework REST APIs, each Bot Framework SDK also provides a powerful system for building dialogs that encapsulate conversational logic, built-in prompts for simple things such as Yes/No, strings, numbers, and enumerations, built-in support for powerful AI frameworks such as LUIS, and more.

注意

SDK を使用する代わりに、Bot Connector Swagger ファイル またはその REST API への直接のコードを使用して、任意の言語で独自のクライアント ライブラリを生成できます。As an alternative to using the SDK, you can generate your own client library in the language of your choice by using the Bot Connector Swagger file or code direct to its REST API.

Bot State サービスBot State service

Microsoft Bot Framework State サービスは 2018 年 3 月 30 日時点で廃止されています。The Microsoft Bot Framework State service is retired as of March 30, 2018. 以前は、Azure Bot Service または Bot Builder SDK で構築されたボットには、ボットの状態データを格納するために Microsoft によってホストされたこのサービスへの既定の接続がありました。Previously, bots built on the Azure Bot Service or the Bot Builder SDK had a default connection to this service hosted by Microsoft to store bot state data. ボットは、独自の状態ストレージを使用するように更新する必要があります。Bots will need to be updated to use their own state storage.

その他のリソースAdditional resources

コネクタサービスを使用してボットを構築する方法の詳細については、 認証に関する記事を参照してください。Learn more about building bots using the Connector service by reviewing articles throughout this section, beginning with Authentication. コネクタサービスに関する問題やご提案がある場合は、「サポートされているリソースの一覧を サポート する」を参照してください。If you encounter problems or have suggestions regarding the Connector service, see Support for a list of available resources.