スキルまたはスキル コンシューマーをデバッグするDebug a skill or skill consumer

適用対象: SDK v4APPLIES TO: SDK v4

場合によっては、デバッグする必要があるものがローカルで実行され、もう一方がクラウドで実行されている、スキルまたはスキルのコンシューマーボットをデバッグする必要があります。You may need to debug a skill or skill consumer bot, where the one you want to debug is running locally and the other is running in the cloud. このような状況では、ngrok ツールを使用して、ローカル bot エンドポイントをパブリック URL として公開できます。In this situation, you can use the ngrok tool to expose the local bot endpoint as a public URL.

[前提条件]Prerequisites

ローカルのスキルコンシューマーをデバッグするにはTo debug a local skill consumer

このシナリオでは、配置されたスキルの構成を変更する必要はなく、Bot Framework Emulator を使用してコンシューマーを直接テストできます。In this scenario, you do not need to modify the configuration of the deployed skill and you can use the Bot Framework Emulator to test the consumer directly.

  1. Ngrok を使用して任意のチャネルからボットをデバッグする方法に関するページの説明に従って、ローカルボットのトンネリングエンドポイントを設定し、Azure portal でその登録を構成します。Set up a tunnelling endpoint for the local bot and configure its registration in the Azure portal as described in how to debug a bot from any channel using ngrok.
  2. コンシューマーのアプリケーション構成を更新し、ngrok によって生成される URL にスキルホストエンドポイントを設定します。Update the consumer's application configuration, and set the skill host endpoint to the URL generated by ngrok.
  3. 最後に、「 エミュレーターでデバッグする方法」の説明に従って、コンシューマーをローカルで実行し、それに接続します。Finally, run the consumer locally and connect to it as described in how to debug with the Emulator.

ヒント

ローカルコンシューマーには、有効なアプリ ID とパスワードが必要です。The local consumer will need a valid app ID and password.

ローカルスキルボットをデバッグするにはTo debug a local skill bot

スキルへの変更をテストするときに、ステージングサーバーでホストされているコンシューマー bot からアクセスするときに、その変更をローカルで実行およびデバッグすることができます。While you are testing changes to a skill, you may want to run and debug it locally while it is accessed from a consumer bot hosted on a staging server.

このシナリオでは、デプロイされたスキルコンシューマーの構成を変更する必要があります。In this scenario, you need to modify the configuration of the deployed skill consumer. ここでは、コンシューマーを使用して bot をテストします。Since you will use the consumer to test the bot.

  1. Ngrok を使用して任意のチャネルからボットをデバッグする方法に関するページの説明に従って、ローカルボットのトンネリングエンドポイントを設定し、Azure portal でその登録を構成します。Set up a tunnelling endpoint for the local bot and configure its registration in the Azure portal as described in how to debug a bot from any channel using ngrok.
  2. コンシューマーのアプリケーション構成を更新し、ngrok によって生成される URL にスキルエンドポイントを設定します。Update the consumer's application configuration, and set the skill endpoint to the URL generated by ngrok. サーバーで構成を直接編集できる場合や、スキルコンシューマーを再デプロイする必要がある場合があります。You may be able to edit the configuration directly on the server or you may have to redeploy the skill consumer.
  3. スキルをローカルで実行し、スキルの消費者から呼び出します。Run the skill locally and invoke it from the skill consumer.

ヒント

ローカルスキルには、有効なアプリ ID とパスワードが必要です。The local skill will need a valid app ID and password.