クイック スタート:Azure CDN プロファイルとエンドポイントの作成Quickstart: Create an Azure CDN profile and endpoint

このクイック スタートでは、CDN プロファイルと CDN エンドポイントを新しく作成することによって Azure Content Delivery Network (CDN) を有効にします。In this quickstart, you enable Azure Content Delivery Network (CDN) by creating a new CDN profile and CDN endpoint. プロファイルとエンドポイントを作成すると、顧客へのコンテンツの配信を開始することができます。After you have created a profile and an endpoint, you can start delivering content to your customers.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisites

このクイック スタートを行うには、配信元ホスト名として使用する、mystorageacct123 という名前のストレージ アカウントを作成しておく必要があります。For the purposes of this quickstart, you must have created a storage account named mystorageacct123, which you use for the origin hostname. 詳しくは、「Azure ストレージ アカウントと Azure CDN との統合」をご覧ください。For more information, see Integrate an Azure storage account with Azure CDN.

Azure Portal にログインするLog in to the Azure portal

Azure アカウントを使用して Azure Portal にログインします。Log in to the Azure portal with your Azure account.

新しい CDN プロファイルを作成するCreate a new CDN profile

CDN プロファイルは、CDN エンドポイントのコンテナーであり、価格レベルを指定します。A CDN profile is a container for CDN endpoints and specifies a pricing tier.

  1. Azure Portal の左上隅にある [リソースの作成] を選択します。In the Azure portal, in the upper left, select Create a resource.

    [新規] ウィンドウが表示されます。The New pane appears.

  2. [Web + モバイル][CDN] の順に選択します。Select Web + Mobile, then select CDN.

    CDN リソースの選択

    [CDN のプロファイル] ウィンドウが表示されます。The CDN profile pane appears.

  3. CDN プロファイルの設定については、次の表で指定されている値を使います。For the CDN profile settings, use the values specified in the following table:

    SettingSetting Value
    NameName プロファイル名として「my-cdn-profile-123」と入力します。Enter my-cdn-profile-123 for your profile name. この名前はグローバルに一意でなければなりません。この名前が既に使用されている場合は、別の名前を入力してください。This name must be globally unique; if it is already in use, you may enter a different name.
    サブスクリプションSubscription ドロップダウン リストから Azure サブスクリプションを選択します。Select an Azure subscription from the drop-down list.
    リソース グループResource group [新規作成] を選択し、リソース グループ名として「my-resource-group-123」と入力します。Select Create new and enter my-resource-group-123 for your resource group name. 既に使用している場合は、別の名前を入力するか、 [既存のものを使用] を選択し、ドロップダウン リストから [my-resource-group-123] を選択できます。If it is already in use, you may enter a different name or you can select Use existing and select my-resource-group-123 from the drop-down list.
    リソース グループの場所Resource group location ドロップダウンから [米国中部] を選択します。Select Central US from the drop-down list.
    [価格レベル]Pricing tier ドロップダウンから [Standard Verizon] を選択します。Select Standard Verizon from the drop-down list.
    今すぐ新しい CDN エンドポイントを作成するCreate a new CDN endpoint now オフのままにします。Leave unselected.

    新しい CDN プロファイル

  4. プロファイルを作成後にダッシュボードに保存するには、 [ダッシュボードにピン留め] をオンにします。Select Pin to dashboard to save the profile to your dashboard after it is created.

  5. [作成] を選択してプロファイルを作成します。Select Create to create the profile.

    Azure CDN Standard from Microsoft プロファイルのみの場合、プロファイル完了は通常 2 時間以内で完了します。For Azure CDN Standard from Microsoft profiles only, profile completion usually completes in two hours.

新しい CDN エンドポイントの作成Create a new CDN endpoint

CDN プロファイルを作成したら、これを使用してエンドポイントを作成できます。After you've created a CDN profile, you can use it to create an endpoint.

  1. Azure Portal のダッシュボードで、作成した CDN プロファイルを選択します。In the Azure portal, select in your dashboard the CDN profile that you created. 目的の CDN プロファイルが見つからない場合は、 [すべてのサービス][CDN のプロファイル] の順に選択します。If you can't find it, select All services, then select CDN profiles. [CDN のプロファイル] ページで、使用するプロファイルを選択します。In the CDN profiles page, select the profile that you want to use.

    [CDN のプロファイル] ページが表示されます。The CDN profile page appears.

  2. [エンドポイント] を選択します。Select Endpoint.

    CDN プロファイル

    [エンドポイントの追加] ウィンドウが表示されます。The Add an endpoint pane appears.

  3. エンドポイント設定については、次の表で指定されている値を使用します。For the endpoint settings, use the values specified in the following table:

    SettingSetting Value
    NameName エンドポイントのホスト名として「my-endpoint-123」と入力します。Enter my-endpoint-123 for your endpoint hostname. この名前はグローバルに一意でなければなりません。この名前が既に使用されている場合は、別の名前を入力してください。This name must be globally unique; if it is already in use, you may enter a different name. この名前は、ドメイン <エンドポイント名> .azureedge.net でキャッシュされたリソースにアクセスする際に使用します。This name is used to access your cached resources at the domain <endpoint name>.azureedge.net.
    配信元の種類Origin type [ストレージ] を選択します。Select Storage.
    配信元のホスト名Origin hostname ホスト名として「mystorageacct123.blob.core.windows.net」と入力します。Enter mystorageacct123.blob.core.windows.net for your hostname. この名前はグローバルに一意でなければなりません。この名前が既に使用されている場合は、別の名前を入力してください。This name must be globally unique; if it is already in use, you may enter a different name.
    配信元のパスOrigin path 空白のままにします。Leave blank.
    配信元のホスト ヘッダーOrigin host header 生成された既定値をそのまま使用します。Leave the default generated value.
    プロトコルProtocol [HTTP][HTTPS] のオプションを既定値の選択状態のままにします。Leave the default HTTP and HTTPS options selected.
    配信元のポートOrigin port 既定のポート値のままにします。Leave the default port values.
    最適化の対象Optimized for 既定で選択される [一般的な Web 配信] のままにします。Leave the default selection, General web delivery.

    エンドポイントの追加ウィンドウ

  4. [追加] を選択して、新しいエンドポイントを作成します。Select Add to create the new endpoint.

    エンドポイントが作成されると、プロファイルのエンドポイントの一覧に表示されます。After the endpoint is created, it appears in the list of endpoints for the profile.

    CDN エンドポイント

    登録内容が反映されるまでに時間がかかるため、エンドポイントはすぐには使用できません。Because it takes time for the registration to propagate, the endpoint isn't immediately available for use:

    • Azure CDN Standard from Microsoft プロファイルの場合、通常、反映は 10 分以内で完了します。For Azure CDN Standard from Microsoft profiles, propagation usually completes in 10 minutes.
    • Azure CDN Standard from Akamai プロファイルの場合、通常、反映は 1 分以内で完了します。For Azure CDN Standard from Akamai profiles, propagation usually completes within one minute.
    • Azure CDN Standard from Verizon プロファイルおよび Azure CDN Premium from Verizon プロファイルの場合、通常、反映は 90 分以内で完了します。For Azure CDN Standard from Verizon and Azure CDN Premium from Verizon profiles, propagation usually completes within 90 minutes.

リソースのクリーンアップClean up resources

前の手順では、リソース グループ内に CDN プロファイルとエンドポイントを作成しました。In the preceding steps, you created a CDN profile and an endpoint in a resource group. 次の手順に進んでエンドポイントにカスタム ドメインを追加する方法について学習するには、これらのリソースを保存してください。Save these resources if you want to go to Next steps and learn how to add a custom domain to your endpoint. ただし、将来これらのリソースを使用する予定がない場合は、次の手順に従ってリソース グループを削除してリソースを削除することで、追加の料金が発生するのを避けることができます。However, if you don't expect to use these resources in the future, you can delete them by deleting the resource group, thus avoiding additional charges:

  1. Azure Portal の左側のメニューで、 [リソース グループ][my-resource-group-123] の順に選択します。From the left-hand menu in the Azure portal, select Resource groups and then select my-resource-group-123.

  2. [リソース グループ] ページで、 [リソース グループの削除] を選択し、テキスト ボックスに「my-resource-group-123」と入力し、 [削除] を選択します。On the Resource group page, select Delete resource group, enter my-resource-group-123 in the text box, then select Delete.

    このアクションにより、このクイック スタートで作成したリソース グループ、プロファイル、およびエンドポイントが削除されます。This action will delete the resource group, profile, and endpoint that you created in this quickstart.

次の手順Next steps

カスタム ドメインを CDN エンドポイントに追加する方法については、次のチュートリアルを参照してください。To learn about adding a custom domain to your CDN endpoint, see the following tutorial: