チュートリアル:カスタム ドメインを Azure CDN エンドポイントに追加するTutorial: Add a custom domain to your Azure CDN endpoint

このチュートリアルでは、カスタム ドメインを Azure Content Delivery Network (CDN) エンドポイントに追加する方法について説明します。This tutorial shows how to add a custom domain to an Azure Content Delivery Network (CDN) endpoint. CDN エンドポイントを使用してコンテンツを配信するときに独自のドメイン名を CDN URL に表示するには、カスタム ドメインが必要です。When you use a CDN endpoint to deliver content, a custom domain is necessary if you would like your own domain name to be visible in your CDN URL. 見てわかるドメイン名を使用することは、顧客にとって便利であり、ブランド化の目的にも役立ちます。Having a visible domain name can be convenient for your customers and useful for branding purposes.

プロファイルに CDN エンドポイントを作成すると、azureedge.net のサブドメインであるエンドポイント名が、CDN コンテンツを配信するための URL に既定で含まれます (たとえば、https://contoso.azureedge.net/photo.png)。After you create a CDN endpoint in your profile, the endpoint name, which is a subdomain of azureedge.net, is included in the URL for delivering CDN content by default (for example, https://contoso.azureedge.net/photo.png). 便宜を図るため、Azure CDN には、カスタム ドメインを CDN エンドポイントと関連付けるオプションが用意されています。For your convenience, Azure CDN provides the option of associating a custom domain with a CDN endpoint. このオプションを使用すると、URL にエンドポイント名の代わりにカスタム ドメインを使用してコンテンツを配信できます (たとえば、https://www.contoso.com/photo.png)。With this option, you deliver your content with a custom domain in your URL instead of an endpoint name (for example, https://www.contoso.com/photo.png).

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • CNAME DNS レコードを作成します。Create a CNAME DNS record.
  • カスタム ドメインを CDN エンドポイントに関連付けます。Associate the custom domain with your CDN endpoint.
  • カスタム ドメインを確認します。Verify the custom domain.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルの手順を完了するには、最初に CDN プロファイルと少なくとも 1 つの CDN エンドポイントを作成する必要があります。Before you can complete the steps in this tutorial, you must first create a CDN profile and at least one CDN endpoint. 詳細については、「クイック スタート: Azure CDN プロファイルとエンドポイントの作成」を参照してください。For more information, see Quickstart: Create an Azure CDN profile and endpoint.

カスタム ドメインがまだない場合は、最初にカスタム ドメインをドメイン プロバイダーから購入する必要があります。If you do not already have a custom domain, you must first purchase one with a domain provider. たとえば、カスタム ドメイン名の購入に関するページを参照してください。For example, see Buy a custom domain name.

Azure を使用して DNS ドメイン をホストしている場合は、ドメイン プロバイダーのドメイン ネーム システム (DNS) を Azure DNS に委任する必要があります。If you are using Azure to host your DNS domains, you must delegate the domain provider's domain name system (DNS) to an Azure DNS. 詳細については、「Azure DNS へのドメインの委任」を参照してください。For more information, see Delegate a domain to Azure DNS. また、ドメイン プロバイダーを使用して DNS ドメインを処理している場合は、「CNAME DNS レコードを作成する」に進んでください。Otherwise, if you are using a domain provider to handle your DNS domain, proceed to Create a CNAME DNS record.

CNAME DNS レコードを作成するCreate a CNAME DNS record

カスタム ドメインを Azure CDN エンドポイントと共に使用するためには、最初に CDN エンドポイントを指す正規名 (CNAME) レコードをドメイン プロバイダーで作成する必要があります。Before you can use a custom domain with an Azure CDN endpoint, you must first create a canonical name (CNAME) record with your domain provider to point to your CDN endpoint. CNAME レコードは、ソース ドメイン名を宛先ドメイン名にマップする DNS レコードの一種です。A CNAME record is a type of DNS record that maps a source domain name to a destination domain name. Azure CDN では、ソース ドメイン名はカスタム ドメイン名であり、宛先ドメイン名は CDN エンドポイント ホスト名です。For Azure CDN, the source domain name is your custom domain name and the destination domain name is your CDN endpoint hostname. 作成した CNAME レコードが Azure CDN によって検証されると、ソース カスタム ドメイン (.contoso.com など) 宛てのトラフィックは、指定された宛先 CDN エンドポイント ホスト名 (contoso.azureedge.net など) にルーティングされます。After Azure CDN verifies the CNAME record that you create, traffic addressed to the source custom domain (such as www.contoso.com) is routed to the specified destination CDN endpoint hostname (such as contoso.azureedge.net).

カスタム ドメインとそのサブドメインは、一度に 1 つのエンドポイントにのみ関連付けることができます。A custom domain and its subdomain can be associated with only a single endpoint at a time. ただし、複数の CNAME レコードを使用して、異なる Azure サービス エンドポイントに対して同じカスタム ドメインの異なるサブドメインを使用することができます。However, you can use different subdomains from the same custom domain for different Azure service endpoints by using multiple CNAME records. また、異なるサブドメインがあるカスタム ドメインを同じ CDN エンドポイントにマップすることもできます。You can also map a custom domain with different subdomains to the same CDN endpoint.

注意

ドメイン プロバイダーとして Azure DNS を使用している場合は、任意のエイリアス レコード タイプをカスタム ドメインに使用できます。Any alias record type can be used for Custom domains if you're using Azure DNS as your domain provider. このチュートリアルでは、CNAME レコード タイプを使用します。This walkthrough uses the CNAME record type. A または AAAA レコード タイプを使用している場合は、次の同じ手順に従って、選択したレコード タイプで CNAME を置き換えてください。If you're using A or AAAA record types, follow the same steps below and replace CNAME with the record type of your choice. ルート ドメインをカスタム ドメインとして追加するためにエイリアス レコードを使用していて、SSL を有効にする場合は、こちらの記事の説明に従って手動による検証を使用する必要があります。If you're using an alias record to add a root domain as a custom domain and you want to enable SSL, you must use manual validation as described in this article. 詳細については、「ゾーンの頂点から Azure CDN エンドポイントをポイントする」を参照してください。For more information, see Point zone apex to Azure CDN endpoints.

一時 cdnverify サブドメインをマップするMap the temporary cdnverify subdomain

運用環境にある既存のドメインをマップする場合、特別な考慮事項があります。When you map an existing domain that is in production, there are special considerations. Azure Portal にカスタム ドメインを登録している間、ドメインが短時間ダウンする場合があります。While you are registering your custom domain in the Azure portal, a brief period of downtime for the domain can occur. Web トラフィックの中断を避けるには、Azure cdnverify サブドメインを含む CDN エンドポイント ホスト名にカスタム ドメインをマップして、一時的な CNAME マッピングを作成します。To avoid interruption of web traffic, first map your custom domain to your CDN endpoint hostname with the Azure cdnverify subdomain to create a temporary CNAME mapping. この方法を使用すると、ユーザーは、DNS マッピングの実行中に中断することなくドメインにアクセスできます。With this method, users can access your domain without interruption while the DNS mapping occurs.

それ以外の場合、初めてカスタム ドメインを使用していて、まだ運用トラフィックが発生していないときは、カスタム ドメインを CDN エンドポイントに直接マップできます。Otherwise, if you are using your custom domain for the first time and no production traffic is running on it, you can directly map your custom domain to your CDN endpoint. 永続的なカスタム ドメインをマップする」に進みます。Proceed to Map the permanent custom domain.

cdnverify サブドメインを含む CNAME レコードを作成するには:To create a CNAME record with the cdnverify subdomain:

  1. カスタム ドメインのドメイン プロバイダーの Web サイトにサインインします。Sign in to the web site of the domain provider for your custom domain.

  2. プロバイダーの資料を調べるか、[ドメイン名][DNS]、または [ネーム サーバー管理] という名前の付けられた Web サイトの領域を探して、DNS レコードを管理するためのページを見つけます。Find the page for managing DNS records by consulting the provider's documentation or searching for areas of the web site labeled Domain Name, DNS, or Name server management.

  3. カスタム ドメインの CNAME レコード エントリを作成し、次の表に示すようにフィールドを入力します (フィールド名は異なる場合があります)。Create a CNAME record entry for your custom domain and complete the fields as shown in the following table (field names may vary):

    ソースSource TypeType 宛先Destination
    cdnverify.www.contoso.comcdnverify.www.contoso.com CNAMECNAME cdnverify.contoso.azureedge.netcdnverify.contoso.azureedge.net
    • ソース:cdnverify サブドメインを含めて、カスタム ドメイン名を cdnverify.<カスタム ドメイン名> 形式で入力します。Source: Enter your custom domain name, including the cdnverify subdomain, in the following format: cdnverify.<custom domain name>. たとえば、cdnverify.www.contoso.com とします。For example, cdnverify.www.contoso.com.

    • 型: 「CNAME」と入力します。Type: Enter CNAME.

    • 変換先:cdnverify サブドメインを含めて、CDN エンドポイントのホスト名を cdnverify.<エンドポイント名>.azureedge.net 形式で入力します。Destination: Enter your CDN endpoint hostname, including the cdnverify subdomain, in the following format: cdnverify.<endpoint name>.azureedge.net. たとえば、cdnverify.contoso.azureedge.net とします。For example, cdnverify.contoso.azureedge.net.

  4. 変更を保存します。Save your changes.

たとえば、GoDaddy ドメイン レジストラーの場合の手順は次のとおりです。For example, the procedure for the GoDaddy domain registrar is as follows:

  1. サインインし、使用するカスタム ドメインを選択します。Sign in and select the custom domain you want to use.

  2. [Domains](ドメイン) セクションで [Manage All](すべてを管理) を選択し、次に [DNS] | [Manage Zones](ゾーンを管理) を選択します。In the Domains section, select Manage All, then select DNS | Manage Zones.

  3. [Domain Name](ドメイン名) にカスタム ドメインを入力し、[Search](検索) を選択します。For Domain Name, enter your custom domain, then select Search.

  4. [DNS Management](DNS 管理) ページで [Add](追加) を選択し、[Type](タイプ) リストで [CNAME] を選択します。From the DNS Management page, select Add, then select CNAME in the Type list.

  5. CNAME エントリの次のフィールドに入力します。Complete the following fields of the CNAME entry:

    CNAME エントリ

    • 型: [CNAME] を選択したままにします。Type: Leave CNAME selected.

    • [Host](ホスト):cdnverify サブドメイン名を含めて、使用するカスタム ドメインのサブドメインを入力します。Host: Enter the subdomain of your custom domain to use, including the cdnverify subdomain name. たとえば、cdnverify.www とします。For example, cdnverify.www.

    • [Points to](ポイント先):cdnverify サブドメイン名を含めて、CDN エンドポイントのホスト名を入力します。Points to: Enter the host name of your CDN endpoint, including the cdnverify subdomain name. たとえば、cdnverify.contoso.azureedge.net とします。For example, cdnverify.contoso.azureedge.net.

    • [TTL]:[1 Hour](1 時間) を選択したままにします。TTL: Leave 1 Hour selected.

  6. [保存] を選択します。Select Save.

    CNAME エントリが DNS レコード テーブルに追加されます。The CNAME entry is added to the DNS records table.

    DNS レコード テーブル

カスタム ドメインを CDN エンドポイントに関連付けるAssociate the custom domain with your CDN endpoint

カスタム ドメインを登録したら、それを CDN エンドポイントに追加できます。After you've registered your custom domain, you can then add it to your CDN endpoint.

  1. Azure portal にサインインし、カスタム ドメインにマップするエンドポイントを含む CDN プロファイルを参照します。Sign in to the Azure portal and browse to the CDN profile containing the endpoint that you want to map to a custom domain.

  2. [CDN のプロファイル] ページで、カスタム ドメインに関連付ける CDN エンドポイントを選択します。On the CDN profile page, select the CDN endpoint to associate with the custom domain.

    [エンドポイント] ページが開きます。The Endpoint page opens.

  3. [カスタム ドメイン] を選択します。Select Custom domain.

    CDN の [カスタム ドメイン] ボタン

    [カスタム ドメインの追加] ページが開きます。The Add a custom domain page opens.

  4. [エンドポイントのホスト名] には、CNAME レコードの宛先ドメインとして使用するエンドポイントのホスト名が事前入力されますが、これは CDN エンドポイントの URL (<エンドポイントのホスト名>.azureedge.net) から得られます。For Endpoint hostname, the endpoint host name to use as the destination domain of your CNAME record is prefilled and is derived from your CDN endpoint URL: <endpoint hostname>.azureedge.net. この値は変更しないでください。It cannot be changed.

  5. [カスタム ホスト名] に、CNAME レコードのソース ドメインとして使用するカスタム ドメイン (サブドメインを含む) を入力します。For Custom hostname, enter your custom domain, including the subdomain, to use as the source domain of your CNAME record. たとえば、www.contoso.com または cdn.contoso.com とします。For example, www.contoso.com or cdn.contoso.com. cdnverify サブドメイン名は使用しないでください。Do not use the cdnverify subdomain name.

    CDN カスタム ドメイン ダイアログ

  6. [追加] を選択します。Select Add.

    入力したカスタム ドメイン名に対する CNAME レコードが存在するかどうかが Azure によって確認されます。Azure verifies that the CNAME record exists for the custom domain name you entered. CNAME が正しければ、カスタム ドメインが検証されます。If the CNAME is correct, your custom domain will be validated.

    新しいカスタム ドメインの設定がすべての CDN エッジ ノードに反映されるまでに、少し時間がかかる場合があります。It can take some time for the new custom domain settings to propagate to all CDN edge nodes:

    • Azure CDN Standard from Microsoft プロファイルの場合、通常、反映は 10 分以内で完了します。For Azure CDN Standard from Microsoft profiles, propagation usually completes in 10 minutes.
    • Azure CDN Standard from Akamai プロファイルの場合、通常、反映は 1 分以内で完了します。For Azure CDN Standard from Akamai profiles, propagation usually completes within one minute.
    • Azure CDN Standard from Verizon プロファイルおよび Azure CDN Premium from Verizon プロファイルの場合、通常、反映は 10 分で完了します。For Azure CDN Standard from Verizon and Azure CDN Premium from Verizon profiles, propagation usually completes in 10 minutes.

カスタム ドメインを確認するVerify the custom domain

カスタム ドメインの登録を完了した後は、カスタム ドメインが CDN エンドポイントを参照することを確認してください。After you have completed the registration of your custom domain, verify that the custom domain references your CDN endpoint.

  1. エンドポイントにキャッシュされているパブリック コンテンツがあることを確認します。Ensure that you have public content that is cached at the endpoint. たとえば、CDN エンドポイントがストレージ アカウントに関連付けられている場合、Azure CDN はパブリック コンテナーにコンテンツをキャッシュします。For example, if your CDN endpoint is associated with a storage account, Azure CDN will cache the content in a public container. カスタム ドメインをテストするには、コンテナーでパブリック アクセスが許可され、少なくとも 1 つのファイルが格納されていることを確認します。To test the custom domain, verify that your container is set to allow public access and contains at least one file.

  2. ブラウザーで、カスタム ドメインを使用してファイルのアドレスに移動します。In your browser, navigate to the address of the file by using the custom domain. たとえば、カスタム ドメインが cdn.contoso.com の場合、キャッシュされたファイルの URL は http://cdn.contoso.com/my-public-container/my-file.jpg のようになります。For example, if your custom domain is cdn.contoso.com, the URL to the cached file should be similar to the following URL: http://cdn.contoso.com/my-public-container/my-file.jpg. <エンドポイントのホスト名>.azureedge.net で直接 CDN エンドポイントにアクセスしたときと同じ結果が表示されることを確認します。Verify that the result is that same as when you access the CDN endpoint directly at <endpoint hostname>.azureedge.net.

永続的なカスタム ドメインをマップするMap the permanent custom domain

cdnverify サブドメインがエンドポイントに正常にマップされていることを確認できた場合 (または運用環境にない新しいカスタム ドメインを使用している場合) は、カスタム ドメインを CDN エンドポイント ホスト名に直接マップできます。If you have verified that the cdnverify subdomain has been successfully mapped to your endpoint (or if you are using a new custom domain that is not in production), you can then map the custom domain directly to your CDN endpoint hostname.

カスタム ドメインの CNAME レコードを作成するには:To create a CNAME record for your custom domain:

  1. カスタム ドメインのドメイン プロバイダーの Web サイトにサインインします。Sign in to the web site of the domain provider for your custom domain.

  2. プロバイダーの資料を調べるか、[ドメイン名][DNS]、または [ネームサーバー管理] という名前のつけられた Web サイトの領域を探して、DNS レコードを管理するためのページを見つけます。Find the page for managing DNS records by consulting the provider's documentation or searching for areas of the web site labeled Domain Name, DNS, or Name Server Management.

  3. カスタム ドメインの CNAME レコード エントリを作成し、次の表に示すようにフィールドを入力します (フィールド名は異なる場合があります)。Create a CNAME record entry for your custom domain and complete the fields as shown in the following table (field names may vary):

    ソースSource TypeType 宛先Destination
    <www.contoso.com><www.contoso.com> CNAMECNAME contoso.azureedge.netcontoso.azureedge.net
    • ソース:カスタム ドメイン名 (例: www.contoso.com) を入力します。Source: Enter your custom domain name (for example, www.contoso.com).

    • 型: 「CNAME」と入力します。Type: Enter CNAME.

    • 変換先:CDN エンドポイントのホスト名を入力します。Destination: Enter your CDN endpoint hostname. 名前は <エンドポイント名>.azureedge.net 形式である必要があります。It must be in the following format:<endpoint name>.azureedge.net. たとえば、contoso.azureedge.net とします。For example, contoso.azureedge.net.

  4. 変更を保存します。Save your changes.

  5. 以前に一時 cdnverify サブドメイン CNAME レコードを作成している場合は、それを削除します。If you're previously created a temporary cdnverify subdomain CNAME record, delete it.

  6. このカスタム ドメインを運用環境で初めて使用する場合は、「カスタム ドメインを CDN エンドポイントに関連付ける」と「カスタム ドメインを確認する」の手順に従います。If you are using this custom domain in production for the first time, follow the steps for Associate the custom domain with your CDN endpoint and Verify the custom domain.

たとえば、GoDaddy ドメイン レジストラーの場合の手順は次のとおりです。For example, the procedure for the GoDaddy domain registrar is as follows:

  1. サインインし、使用するカスタム ドメインを選択します。Sign in and select the custom domain you want to use.

  2. [Domains](ドメイン) セクションで [Manage All](すべてを管理) を選択し、次に [DNS] | [Manage Zones](ゾーンを管理) を選択します。In the Domains section, select Manage All, then select DNS | Manage Zones.

  3. [Domain Name](ドメイン名) にカスタム ドメインを入力し、[Search](検索) を選択します。For Domain Name, enter your custom domain, then select Search.

  4. [DNS Management](DNS 管理) ページで [Add](追加) を選択し、[Type](タイプ) リストで [CNAME] を選択します。From the DNS Management page, select Add, then select CNAME in the Type list.

  5. CNAME エントリのフィールドに入力します。Complete the fields of the CNAME entry:

    CNAME エントリ

    • 型: [CNAME] を選択したままにします。Type: Leave CNAME selected.

    • [Host](ホスト):使用するカスタム ドメインのサブドメインを入力します。Host: Enter the subdomain of your custom domain to use. たとえば、www または cdn とします。For example, www or cdn.

    • [Points to](ポイント先):CDN エンドポイントのホスト名を入力します。Points to: Enter the host name of your CDN endpoint. たとえば、contoso.azureedge.net とします。For example, contoso.azureedge.net.

    • [TTL]:[1 Hour](1 時間) を選択したままにします。TTL: Leave 1 Hour selected.

  6. [保存] を選択します。Select Save.

    CNAME エントリが DNS レコード テーブルに追加されます。The CNAME entry is added to the DNS records table.

    DNS レコード テーブル

  7. cdnverify CNAME レコードがある場合は、その横の鉛筆アイコンを選択し、ごみ箱アイコンを選択します。If you have a cdnverify CNAME record, select the pencil icon next to it, then select the trash can icon.

  8. [Delete](削除) を選択して CNAME レコードを削除します。Select Delete to delete the CNAME record.

リソースのクリーンアップClean up resources

上記の手順では、カスタム ドメインを CDN エンドポイントに追加しました。In the preceding steps, you added a custom domain to a CDN endpoint. エンドポイントをカスタム ドメインに関連付けておく必要がない場合は、次の手順を実行してカスタム ドメインを削除できます。If you no longer want to associate your endpoint with a custom domain, you can remove the custom domain by performing these steps:

  1. CDN プロファイルで、削除するカスタム ドメインがあるエンドポイントを選択します。In your CDN profile, select the endpoint with the custom domain that you want to remove.

  2. [エンドポイント] ページの [カスタム ドメイン] で、削除するカスタム ドメインを右クリックし、コンテキスト メニューから [削除] を選択します。From the Endpoint page, under Custom domains, right-click the custom domain that you want to remove, then select Delete from the context menu.

    カスタム ドメインとエンドポイントの関連付けが解除されます。The custom domain is disassociated from your endpoint.

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、以下の内容を学習しました。In this tutorial, you learned how to:

  • CNAME DNS レコードを作成します。Create a CNAME DNS record.
  • カスタム ドメインを CDN エンドポイントに関連付けます。Associate the custom domain with your CDN endpoint.
  • カスタム ドメインを確認します。Verify the custom domain.

次のチュートリアルに進み、Azure CDN カスタム ドメインで HTTPS を構成する方法を学習してください。Advance to the next tutorial to learn how to configure HTTPS on an Azure CDN custom domain.