Azure 上のコンテンツ配信ネットワークとはWhat is a content delivery network on Azure?

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) は、ユーザーに Web コンテンツを効率的に配信できるサーバーの分散ネットワークです。A content delivery network (CDN) is a distributed network of servers that can efficiently deliver web content to users. CDN では、待ち時間を最小限に抑えるために、エンド ユーザーに近いポイントオブプレゼンス (POP) の場所のエッジ サーバーに、キャッシュされたコンテンツを格納します。CDNs store cached content on edge servers in point-of-presence (POP) locations that are close to end users, to minimize latency.

Azure Content Delivery Network (CDN) では、世界中に戦略的に配置された物理ノードにコンテンツをキャッシュすることによって、高帯域幅コンテンツをユーザーに高速配信するためのグローバル ソリューションを開発者に提供します。Azure Content Delivery Network (CDN) offers developers a global solution for rapidly delivering high-bandwidth content to users by caching their content at strategically placed physical nodes across the world. さらに、Azure CDN では、CDN POP を使って各種のネットワーク最適化を利用して、キャッシュできない動的なコンテンツも高速化できます。Azure CDN can also accelerate dynamic content, which cannot be cached, by leveraging various network optimizations using CDN POPs. たとえば、Border Gateway Protocol (BGP) をバイパスするルート最適化などがあります。For example, route optimization to bypass Border Gateway Protocol (BGP).

Azure CDN を使用して Web サイト資産を配信すると、次のような利点があります。The benefits of using Azure CDN to deliver web site assets include:

  • エンド ユーザーのパフォーマンスとユーザー エクスペリエンスの向上。コンテンツの読み込みに複数のラウンドトリップか必要なアプリケーションを使用する場合は特にそうです。Better performance and improved user experience for end users, especially when using applications in which multiple round-trips are required to load content.
  • 製品発表イベントの開始時のような、瞬間的高負荷を処理しやすくする大型のスケーリング。Large scaling to better handle instantaneous high loads, such as the start of a product launch event.
  • ユーザー要求を分散させ、コンテンツをエッジ サーバーから直接配信することによる、配信元サーバーへのトラフィックの削減。Distribution of user requests and serving of content directly from edge servers so that less traffic is sent to the origin server.

現在の CDN ノードの場所の一覧については、Azure CDN の POP の場所に関するページを参照してください。For a list of current CDN node locations, see Azure CDN POP locations.

動作のしくみHow it works

CDN の概要

  1. ユーザー (Alice) は、特殊なドメイン名 (<endpoint name>.azureedge.net など) の URL を使用して、ファイル (資産とも呼ばれます) を要求します。A user (Alice) requests a file (also called an asset) by using a URL with a special domain name, such as <endpoint name>.azureedge.net. この名前には、エンドポイント ホスト名またはカスタム ドメインを指定できます。This name can be an endpoint hostname or a custom domain. DNS は、パフォーマンスが最も高い POP に要求をルーティングします。通常、その場所は、ユーザーに地理的に最も近い位置にある POP になります。The DNS routes the request to the best performing POP location, which is usually the POP that is geographically closest to the user.

  2. POP のエッジ サーバーのキャッシュにファイルがない場合、POP は配信元サーバーにあるファイルを要求します。If no edge servers in the POP have the file in their cache, the POP requests the file from the origin server. 配信元サーバーは、Azure Web App、Azure Cloud Service、Azure ストレージ アカウント、またはパブリックにアクセスできる Web サーバーです。The origin server can be an Azure Web App, Azure Cloud Service, Azure Storage account, or any publicly accessible web server.

  3. 配信元サーバーは、POP のエッジ サーバーにファイルを返します。The origin server returns the file to an edge server in the POP.

  4. POP のエッジ サーバーはファイルをキャッシュし、ファイルを要求元 (Alice) に返します。An edge server in the POP caches the file and returns the file to the original requestor (Alice). HTTP ヘッダーによって指定された Time to Live (TTL) まで、ファイルは POP のエッジ サーバー上にキャッシュされたままです。The file remains cached on the edge server in the POP until the time-to-live (TTL) specified by its HTTP headers expires. 配信元サーバーで TTL を指定していなかった場合、既定の TTL は 7 日間です。If the origin server didn't specify a TTL, the default TTL is seven days.

  5. その他のユーザーは、Alice と同じ URL を使用して同じファイルを要求し、同じ POP に転送することもできます。Additional users can then request the same file by using the same URL that Alice used, and can also be directed to the same POP.

  6. ファイルの TTL が期限切れになっていない場合、POP エッジ サーバーはキャッシュから直接ファイルを返します。If the TTL for the file hasn't expired, the POP edge server returns the file directly from the cache. そのプロセスの結果、応答時間が短縮されます。This process results in a faster, more responsive user experience.

必要条件Requirements

Azure CDN を使用するには、少なくとも 1 つの Azure サブスクリプションを所有する必要があります。To use Azure CDN, you must own at lease one Azure subscription. さらに、少なくとも 1 つの CDN プロファイルを作成する必要があります。これは、CDN エンドポイントをまとめたものです。You also need to create at least one CDN profile, which is a collection of CDN endpoints. 各 CDN エンドポイントは、コンテンツ配信動作およびアクセスの特定の構成を表します。Every CDN endpoint represents a specific configuration of content deliver behavior and access. インターネット ドメイン、Web アプリケーション、またはその他の一部の基準別に CDN エンドポイントを整理する場合、複数のプロファイルを使用できます。To organize your CDN endpoints by internet domain, web application, or some other criteria, you can use multiple profiles. Azure CDN の価格は CDN プロファイル レベルで適用されるので、価格レベルを組み合わせたい場合は、複数の CDN プロファイルを作成する必要があります。Because Azure CDN pricing is applied at the CDN profile level, you must create multiple CDN profiles if you want to use a mix of pricing tiers.

制限事項Limitations

各 Azure サブスクリプションには、次のリソースに関して既定の制限が設けられています。Each Azure subscription has default limits for the following resources:

  • 作成できる CDN プロファイルの数。The number of CDN profiles that can be created.
  • CDN プロファイルに作成できるエンドポイントの数。The number of endpoints that can be created in a CDN profile.
  • エンドポイントにマッピングできるカスタム ドメインの数。The number of custom domains that can be mapped to an endpoint.

CDN サブスクリプションの制限の詳細については、「CDN の制限」を参照してください。For more information about CDN subscription limits, see CDN limits.

Azure CDN の機能Azure CDN features

Azure CDN が提供する主要な機能は、次のとおりです。Azure CDN offers the following key features:

各 Azure CDN 製品でサポートされる機能の完全な一覧については、「Azure CDN product features (Azure CDN 製品の機能)」を参照してください。For a complete list of features that each Azure CDN product supports, see Azure CDN product features.

次の手順Next steps