Azure CDN エンドポイントの消去Purge an Azure CDN endpoint

概要Overview

Azure CDN エッジ ノードは、アセットの Time-to-Live (TTL) が期限切れになるまで、そのアセットをキャッシュします。Azure CDN edge nodes will cache assets until the asset's time-to-live (TTL) expires. アセットの TTL の期限が切れた後に、クライアントがエッジ ノードからアセットを要求すると、エッジ ノードはアセットの最新コピーを取得し、クライアント要求に対応して、更新されたキャッシュを格納します。After the asset's TTL expires, when a client requests the asset from the edge node, the edge node will retrieve a new updated copy of the asset to serve the client request and store refresh the cache.

ユーザーが常にアセットの最新コピーを取得するのを確実にするベスト プラクティスは、更新ごとにアセットにバージョンを付け、新しい URL として発行することです。The best practice to make sure your users always obtain the latest copy of your assets is to version your assets for each update and publish them as new URLs. CDN では、次のクライアント要求のための新しいアセットを直ちに取得します。CDN will immediately retrieve the new assets for the next client requests. 必要に応じて、すべてのエッジ ノードのキャッシュされたコンテンツを消去し、すべてのエッジ ノードが新しい更新されたアセットを取得するように強制することもできます。Sometimes you may wish to purge cached content from all edge nodes and force them all to retrieve new updated assets. たとえば、Web アプリケーションの更新に対応する場合や、正しくない情報を含むアセットをすばやく更新する場合などです。This might be due to updates to your web application, or to quickly update assets that contain incorrect information.

ヒント

消去処理では、CDN エッジ サーバーにキャッシュされているコンテンツのみが消去される点に注意してください。Note that purging only clears the cached content on the CDN edge servers. ダウンストリームのキャッシュ (プロキシ サーバーやローカル ブラウザーのキャッシュなど) がある場合、キャッシュされたファイルのコピーが残る可能性があります。Any downstream caches, such as proxy servers and local browser caches, may still hold a cached copy of the file. ファイルの有効期間を設定するときに、この点に気を付けることが重要です。It's important to remember this when you set a file's time-to-live. ダウンストリーム クライアントが最新バージョンのファイルを要求するように強制するには、更新するたびに一意の名前を付けるか、 クエリ文字列のキャッシュを利用します。You can force a downstream client to request the latest version of your file by giving it a unique name every time you update it, or by taking advantage of query string caching.

このチュートリアルでは、エンドポイントのすべてのエッジ ノードからアセットを消去する方法について説明します。This tutorial walks you through purging assets from all edge nodes of an endpoint.

チュートリアルWalkthrough

  1. Azure Portal で、消去するエンドポイントを含む CDN プロファイルを開きます。In the Azure Portal, browse to the CDN profile containing the endpoint you wish to purge.
  2. CDN プロファイル ブレードで、[消去] ボタンをクリックします。From the CDN profile blade, click the purge button.

    CDN プロファイル ブレード

    [消去] ブレードが開きます。The Purge blade opens.

    CDN の [消去] ブレード

  3. [消去] ブレードで、[URL] ドロップダウンから消去するサービス アドレスを選択します。On the Purge blade, select the service address you wish to purge from the URL dropdown.

    [消去] フォーム

    注意

    [消去] ブレードを開くには、CDN エンドポイント ブレードの [消去] ボタンをクリックします。You can also get to the Purge blade by clicking the Purge button on the CDN endpoint blade. この例では、そのエンドポイントのサービス アドレスが既定値として [URL] フィールドに表示されるようになります。In that case, the URL field will be pre-populated with the service address of that specific endpoint.

  4. エッジ ノードから消去するアセットを選択します。Select what assets you wish to purge from the edge nodes. すべてのアセットを消去する場合は、 [すべて消去] チェックボックスをクリックします。If you wish to clear all assets, click the Purge all checkbox. それ以外の場合は、消去する各アセットのパスを [パス] テキストボックスに入力します。Otherwise, type the path of each asset you wish to purge in the Path textbox. パスには次の形式がサポートされています。Below formats are supported in the path.

    1. 単一URL の消去: 完全な URL (ファイル拡張子の有無を問わず) を指定することによって、個別のアセットを消去します。例: /pictures/strasbourg.png または /pictures/strasbourgSingle URL purge: Purge individual asset by specifying the full URL, with or without the file extension, e.g.,/pictures/strasbourg.png; /pictures/strasbourg
    2. ワイルドカードによる消去: アスタリスク (*) をワイルドカードとして使用できます。Wildcard purge: Asterisk (*) may be used as a wildcard. パスに /* を付けてエンドポイント下のすべてのフォルダー、サブフォルダー、およびファイルを消去するか、または /* が付いたフォルダー (たとえば /pictures/*) を指定して特定のフォルダー下のすべてのサブフォルダーおよびファイルを消去します。Purge all folders, sub-folders and files under an endpoint with /* in the path or purge all sub-folders and files under a specific folder by specifying the folder followed by /*, e.g.,/pictures/*. ワイルドカードによる消去は、現在 Azure CDN from Akamai ではサポートされていないので注意してください。Note that wildcard purge is not supported by Azure CDN from Akamai currently.
    3. ルート ドメインの消去: パスに "/" を付けてエンドポイントのルートを削除します。Root domain purge: Purge the root of the endpoint with "/" in the path.

    ヒント

    消去にはパスの指定が必要であり、パスは次の正規表現に準拠する相対 URL にする必要があります。Paths must be specified for purge and must be a relative URL that fit the following regular expression. すべての消去およびワイルドカードによる消去は、現在 Azure CDN from Akamai ではサポートされていないので注意してください。Purge all and Wildcard purge not supported by Azure CDN from Akamai currently.

    単一 URL の消去 @"^\/(?>(?:[a-zA-Z0-9-_.%=\(\)\u0020]+\/?)*)$";Single URL purge @"^\/(?>(?:[a-zA-Z0-9-_.%=\(\)\u0020]+\/?)*)$";
    クエリ文字列 @"^(?:\?[-\@_a-zA-Z0-9\/%:;=!,.\+'&\(\)\u0020]*)?$";Query string @"^(?:\?[-\@_a-zA-Z0-9\/%:;=!,.\+'&\(\)\u0020]*)?$";
    ワイルドカードによる消去 @"^\/(?:[a-zA-Z0-9-_.%=\(\)\u0020]+\/)*\*$";Wildcard purge @"^\/(?:[a-zA-Z0-9-_.%=\(\)\u0020]+\/)*\*$";.

    テキストを入力すると、 [パス] テキストボックスが追加され、複数のアセットの一覧を作成できます。More Path textboxes will appear after you enter text to allow you to build a list of multiple assets. 一覧からアセットを削除するには、省略記号 (...) ボタンをクリックします。You can delete assets from the list by clicking the ellipsis (...) button.

  5. [消去] ボタンをクリックします。Click the Purge button.

    [消去] ボタン

重要

消去要求にかかる時間は、Azure CDN from Verizon (Standard と Premium) で約 2 ~ 3 分、Azure CDN from Akamai で約 7 分です。Purge requests take approximately 2-3 minutes to process with Azure CDN from Verizon (standard and premium), and approximately 7 minutes with Azure CDN from Akamai. Azure CDN には、プロファイル レベルで常に同時の消去要求が 50 件という上限があります。Azure CDN has a limit of 50 concurrent purge requests at any given time at the profile level.

関連項目See also