クエリ文字列による Azure CDN キャッシュ動作の制御 - Standard レベルControl Azure CDN caching behavior with query strings - standard tier

概要Overview

Azure コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用すると、クエリ文字列を含む Web 要求のためにファイルをキャッシュする方法を制御できます。With Azure Content Delivery Network (CDN), you can control how files are cached for a web request that contains a query string. クエリ文字列を含む Web 要求で、クエリ文字列は要求の疑問符 (?) の後に指定されます。In a web request with a query string, the query string is that portion of the request that occurs after a question mark (?). クエリ文字列には、フィールド名とその値を等号 (=) で区切って指定される、キーと値のペア (複数可) を含めることができます。A query string can contain one or more key-value pairs, in which the field name and its value are separated by an equals sign (=). キーと値のペアはそれぞれ、アンパサンド (&) で区切られます。Each key-value pair is separated by an ampersand (&). たとえば、http://www.contoso.com/content.mov?field1=value1&field2=value2 のようになります。For example, http://www.contoso.com/content.mov?field1=value1&field2=value2. 要求のクエリ文字列にキーと値のペアを複数指定する場合、どのような順序で指定してもかまいません。If there is more than one key-value pair in a query string of a request, their order does not matter.

重要

Azure CDN の Standard および Premium 製品では同じクエリ文字列キャッシュ機能が提供されますが、ユーザー インターフェイスは異なります。 この記事では、Azure CDN Standard from MicrosoftAzure CDN Standard from Akamai、および Azure CDN Standard from Verizon のインターフェイスについて説明します。 Azure CDN Premium from Verizon でのクエリ文字列のキャッシュについては、「クエリ文字列による Azure CDN キャッシュ動作の制御 - Premium レベル」をご覧ください。

次の 3 つのクエリ文字列モードを使用できます。Three query string modes are available:

  • クエリ文字列を無視する: 既定のモードです。Ignore query strings: Default mode. このモードでは、CDN Point-of-Presence (POP) ノードは、クエリ文字列を要求元から最初の要求の配信元サーバーに渡して、資産をキャッシュします。In this mode, the CDN point-of-presence (POP) node passes the query strings from the requestor to the origin server on the first request and caches the asset. POP から提供される資産の後続の要求はすべて、キャッシュされた資産の有効期限が切れるまで、クエリ文字列を無視します。All subsequent requests for the asset that are served from the POP ignore the query strings until the cached asset expires.

  • クエリ文字列のキャッシュをバイパス: このモードでは、クエリ文字列のある要求は CDN POP ノードでキャッシュされません。Bypass caching for query strings: In this mode, requests with query strings are not cached at the CDN POP node. POP ノードは配信元サーバーから直接資産を取得し、それを各要求により要求元に渡します。The POP node retrieves the asset directly from the origin server and passes it to the requestor with each request.

  • 一意の URL をすべてキャッシュ: このモードでは、クエリ文字列を含む一意の URL が指定された各要求は、独自のキャッシュがある一意の資産として扱われます。Cache every unique URL: In this mode, each request with a unique URL, including the query string, is treated as a unique asset with its own cache. たとえば、example.ashx?q=test1 の要求の配信元サーバーからの応答は POP ノードでキャッシュされ、後続のキャッシュではその同じクエリ文字列により返されます。For example, the response from the origin server for a request for example.ashx?q=test1 is cached at the POP node and returned for subsequent caches with the same query string. example.ashx?q=test2 の要求は、独自の有効期限設定を持つ個別の資産としてキャッシュされます。A request for example.ashx?q=test2 is cached as a separate asset with its own time-to-live setting.

    重要

    セッション ID やユーザー名など、要求ごとに変わるパラメーターがクエリ文字列に含まれる場合は、キャッシュ ヒット率が低くなるので、このモードを使わないでください。

Standard CDN プロファイル用にクエリ文字列のキャッシュ設定を変更するChanging query string caching settings for standard CDN profiles

  1. CDN プロファイルを開き、管理する CDN エンドポイントを選択します。Open a CDN profile, then select the CDN endpoint you want to manage.

    CDN プロファイル エンドポイント

  2. 左側のウィンドウの [設定] で、[キャッシュ規則] をクリックします。In the left pane under Settings, click Caching rules.

    CDN の [キャッシュ規則] ボタン

  3. [クエリ文字列のキャッシュ動作] 一覧でクエリ文字列モードを選択し、[保存] をクリックします。In the Query string caching behavior list, select a query string mode, then click Save.

    CDN クエリ文字列のキャッシュ オプション

重要

登録内容が Azure CDN に反映されるまで時間がかかるため、キャッシュ文字列設定の変更がすぐに表示されないことがあります。

  • Azure CDN Standard from Microsoft プロファイルの場合、通常、反映は 10 分以内で完了します。
  • Azure CDN Standard from Akamai プロファイルの場合、通常、反映は 1 分以内で完了します。
  • Azure CDN Standard from Verizon プロファイルおよび Azure CDN Premium from Verizon プロファイルの場合、通常、反映は 10 分で完了します。