Azure CDN ルール エンジンの機能Azure CDN rules engine features

このトピックでは、Azure Content Delivery Network (CDN) ルール エンジンで利用できる機能の詳しい説明を一覧表示します。This article lists detailed descriptions of the available features for Azure Content Delivery Network (CDN) Rules Engine.

ルールの 3 番目の部分は、機能です。The third part of a rule is the feature. 機能では、一連の一致条件によって特定される要求の種類に適用されるアクションの種類を定義します。A feature defines the type of action that is applied to the request type that is identified by a set of match conditions.

アクセス機能Access features

以下の機能でコンテンツのアクセスが制御されます。These features are designed to control access to content.

名前Name 目的Purpose
Deny Access (403) (アクセス拒否 (403))Deny Access (403) すべての要求を拒否し、「403 Forbidden」応答を返すかどうかを決定します。Determines whether all requests are rejected with a 403 Forbidden response.
Token Auth (トークン認証)Token Auth トークン ベースの認証を要求に適用するかどうかを決定します。Determines whether Token-Based Authentication is applied to a request.
Token Auth Denial Code (トークン認証拒否コード)Token Auth Denial Code トークン ベース認証によって要求が拒否されるときに、ユーザーに返される応答の種類を決定します。Determines the type of response that is returned to a user when a request is denied due to token-based authentication.
Token Auth Ignore URL Case (トークン認証の URL 大文字/小文字の無視)Token Auth Ignore URL Case トークン ベースの認証で URL を比較するとき、大文字と小文字を区別するかどうかを決定します。Determines whether URL comparisons made by Token-Based Authentication are case-sensitive.
Token Auth Parameter (トークン認証パラメーター)Token Auth Parameter トークン基準の認証のクエリ文字列パラメーターの名前を変更するかどうかを決定します。Determines whether the Token-Based Authentication query string parameter should be renamed.

キャッシュ機能Caching features

以下の機能でコンテンツをキャッシュするタイミングと方法をカスタマイズできます。These features are designed to customize when and how content is cached.

名前Name 目的Purpose
Bandwidth Parameters (帯域幅パラメーター)Bandwidth Parameters 帯域幅調整パラメーター (たとえば ec_rate や ec_prebuf) を有効にするかどうかを決定します。Determines whether bandwidth throttling parameters (for example, ec_rate and ec_prebuf) are active.
Bandwidth Throttling (帯域幅調整)Bandwidth Throttling ポイント オブ プレゼンス (POP) からの応答の帯域幅を調整します。Throttles the bandwidth for the response provided by the point-of-presence (POP).
Bypass Cache (キャッシュ バイパス)Bypass Cache 要求がキャッシュをバイパスするかどうかを決定します。Determines whether the request should bypass caching.
Cache Control Header Treatment (Cache-Control ヘッダーの処理)Cache-Control Header Treatment External Max-Age (外部最長有効期間) 機能がアクティブになっているとき、POP で Cache-Control ヘッダーの生成を制御します。Controls the generation of Cache-Control headers by the POP when External Max-Age feature is active.
Cache-Key Query String (キャッシュキー クエリ文字列)Cache-Key Query String 要求に関連付けられているクエリ文字列パラメーターをキャッシュキーに含めるかどうかを決定します。Determines whether the cache-key includes or excludes query string parameters associated with a request.
Cache-Key Rewrite (キャッシュキー書き換え)Cache-Key Rewrite 要求に関連付けられているキャッシュ キーを書き換えます。Rewrites the cache-key associated with a request.
Complete Cache Fill (完全キャッシュ入力)Complete Cache Fill 要求の結果、POP で一部のキャッシュが不足したときの動作を決定します。Determines what happens when a request results in a partial cache miss on a POP.
Compress File Types (圧縮ファイルの種類)Compress File Types サーバーで圧縮されるファイルのファイル形式を定義します。Defines the file formats for the files that are compressed on the server.
Default Internal Max-Age (既定の内部最長有効期間)Default Internal Max-Age POP と配信元サーバーの間のキャッシュ再有効化の既定の最長有効期間を決定します。Determines the default max-age interval for POP to origin server cache revalidation.
Expires Header Treatment (Expires ヘッダーの処理)Expires Header Treatment External Max-Age (外部最長有効期間) 機能がアクティブになっているとき、POP で Expires ヘッダーの生成を制御します。Controls the generation of Expires headers by a POP when the External Max-Age feature is active.
External Max-Age (外部最長有効期間)External Max-Age ブラウザーと POP の間のキャッシュ再有効化の最長有効期間を決定します。Determines the max-age interval for browser to POP cache revalidation.
Force Internal Max-Age (内部最長有効期間の強制)Force Internal Max-Age POP と配信元サーバーの間のキャッシュ再有効化の最長有効期間を決定します。Determines the max-age interval for POP to origin server cache revalidation.
H.264 Support (HTTP Progressive Download) (H.264 サポート (HTTP プログレッシブ ダウンロード))H.264 Support (HTTP Progressive Download) コンテンツのストリーム配信に使用される H.264 ファイル形式の種類を決定します。Determines the types of H.264 file formats that may be used to stream content.
Honor no-cache request (キャッシュなし要求の許可)Honor No-Cache Request HTTP クライアントのキャッシュなし要求を配信元サーバーに転送するかどうかを決定します。Determines whether an HTTP client's no-cache requests are forwarded to the origin server.
Ignore Origin no-cache (配信元のキャッシュなしを無視する)Ignore Origin No-Cache 配信元サーバーから提供された特定のディレクティブを CDN が無視するかどうかを決定します。Determines whether the CDN ignores certain directives served from an origin server.
Ignore Unsatisfiable Ranges (満たされない範囲を無視する)Ignore Unsatisfiable Ranges 要求で「416 Requested Range Not Satisfiable」状態コードが生成されるとき、クライアントに返される応答を決定します。Determines the response that is returned to clients when a request generates a 416 Requested Range Not Satisfiable status code.
Internal Max-Stale (内部 Max-Stale)Internal Max-Stale POP が配信元サーバーでキャッシュされたアセットを再有効化できないとき、通常の有効期間を過ぎてから、キャッシュされたアセットを POP から提供できる期間を制御します。Controls how long past the normal expiration time a cached asset may be served from a POP when the POP is unable to revalidate the cached asset with the origin server.
Partial Cache Sharing (部分キャッシュ共有)Partial Cache Sharing 部分的にキャッシュされたコンテンツを要求で生成できるかどうかを決定します。Determines whether a request can generate partially cached content.
Prevalidate Cached Content (キャッシュされたコンテンツの事前有効化)Prevalidate Cached Content TTL が期限切れになる前に、キャッシュされたコンテンツが早期再検証の対象となるかどうかを決定します。Determines whether cached content is eligible for early revalidation before its TTL expires.
Refresh Zero Byte Cache Files (ゼロバイト キャッシュ ファイルの更新)Refresh Zero-Byte Cache Files 0 バイトのキャッシュ資産に対する HTTP クライアントの要求を POP が処理する方法を決定します。Determines how an HTTP client's request for a 0-byte cache asset is handled by the POPs.
Set Cacheable Status Codes (キャッシュ可能状態コードの設定)Set Cacheable Status Codes 結果としてコンテンツがキャッシュされるステータス コードのセットを定義します。Defines the set of status codes that can result in cached content.
Stale Content Delivery on Error (エラー時の古いコンテンツ配信)Stale Content Delivery on Error キャッシュの再検証中にエラーが発生したとき、または顧客の配信元サーバーから要求されたコンテンツを取得するときに、期限切れのキャッシュされたコンテンツを配信するかどうかを決定します。Determines whether expired cached content is delivered when an error occurs during cache revalidation or when retrieving the requested content from the customer origin server.
Stale While Revalidate (古いキャッシュを返し、同時に再有効化)Stale While Revalidate 古いクライアントを要求元に提供することを POP に許可し、同時に再有効化することにより、パフォーマンスを改善します。Improves performance by allowing the POPs to serve stale client to the requester while revalidation takes place.

コメント機能Comment feature

この機能は、ルール内で追加情報を指定するために設計されています。This feature is designed to provide additional information within a rule.

名前Name 目的Purpose
CommentComment ルール内にメモを追加できるようにします。Allows a note to be added within a rule.

ヘッダー機能Header features

以下の機能では、要求または応答のヘッダーを追加、修正、削除できます。These features are designed to add, modify, or delete headers from the request or response.

名前Name 目的Purpose
Age Response Header (Age 応答ヘッダー)Age Response Header 要求元に送信する応答に Age 応答ヘッダーを追加するどうかを決定します。Determines whether an Age response header is included in the response sent to the requester.
Debug Cache Response Headers (キャッシュ応答ヘッダーのデバッグ)Debug Cache Response Headers 要求された資産のキャッシュ ポリシーに関する情報を提供する X-EC-Debug 応答ヘッダーを応答に追加できるかどうかを決定します。Determines whether a response may include the X-EC-Debug response header, which provides information on the cache policy for the requested asset.
Modify Client Request Header (クライアント要求ヘッダーの修正)Modify Client Request Header 要求のヘッダーを上書き、追加、削除します。Overwrites, appends, or deletes a header from a request.
Modify Client Response Header (クライアント応答ヘッダーの修正)Modify Client Response Header 応答のヘッダーを上書き、追加、削除します。Overwrites, appends, or deletes a header from a response.
Set Client IP Custom Header (クライアント IP カスタム ヘッダーの設定)Set Client IP Custom Header 要求側クライアントの IP アドレスをカスタム要求ヘッダーとして要求に追加することを許可します。Allows the IP address of the requesting client to be added to the request as a custom request header.

ログ記録機能Logging features

以下の機能では、生ログ ファイルに保存されているデータをカスタマイズできます。These features are designed to customize the data stored in raw log files.

名前Name 目的Purpose
Custom Log Field 1 (カスタム ログ フィールド 1)Custom Log Field 1 生ログ ファイルのカスタム ログ フィールドに割り当てる形式とコンテンツを決定します。Determines the format and the content that is assigned to the custom log field in a raw log file.
Log Query String (ログ クエリ文字列)Log Query String アクセス ログに URL と共にクエリ文字列を保存するかどうかを決定します。Determines whether a query string is stored along with the URL in access logs.

配信元の機能Origin features

以下の機能では、CDN が配信元サーバーと通信する方法を制御できます。These features are designed to control how the CDN communicates with an origin server.

名前Name 目的Purpose
Maximum Keep-Alive Requests (最大キープアライブ要求)Maximum Keep-Alive Requests キープアライブ接続の最大要求数を定義します。この数に達すると終了となります。Defines the maximum number of requests for a Keep-Alive connection before it is closed.
Proxy Special Headers (プロキシの特殊ヘッダー)Proxy Special Headers POP から配信元サーバーに転送される、CDN 固有の要求ヘッダーのセットを定義します。Defines the set of CDN-specific request headers that are forwarded from a POP to an origin server.

特殊な機能Specialty features

これらの機能は、上級ユーザー向けの高度な機能です。These features provide advanced functionality for advanced users.

名前Name 目的Purpose
Cacheable HTTP Methods (キャッシュ可能 HTTP メソッド)Cacheable HTTP Methods ネットワークでキャッシュ可能な追加 HTTP メソッドのセットを決定します。Determines the set of additional HTTP methods that can be cached on the network.
Cacheable Request Body Size (キャッシュ可能要求の本文サイズ)Cacheable Request Body Size POST 応答でキャッシュ可能かどうかを決定するしきい値を定義します。Defines the threshold for determining whether a POST response can be cached.
User Variable (ユーザー変数)User Variable 内部使用専用です。For internal use only.

URL 機能URL features

以下の機能では、要求を別の URL にリダイレクトするか、書き換えることができます。These features allow a request to be redirected or rewritten to a different URL.

名前Name 目的Purpose
Follow Redirects (リダイレクトのフォロー)Follow Redirects 顧客の配信元サーバーから返される Location (場所) ヘッダーに定義されているホスト名に要求をリダイレクトできるかどうかを決定します。Determines whether requests can be redirected to the hostname defined in the Location header returned by a customer origin server.
URL Redirect (URL リダイレクト)URL Redirect Location (場所) ヘッダー経由で要求をリダイレクトします。Redirects requests via the Location header.
URL Rewrite (URL 書き換え)URL Rewrite 要求 URL を書き換えます。Rewrites the request URL.

Azure CDN ルール エンジンの機能のリファレンスAzure CDN rules engine features reference


Age Response Header (Age 応答ヘッダー)Age Response Header

目的: 要求元に送信する応答に Age 応答ヘッダーを追加するどうかを決定します。Purpose: Determines whether an Age response header is included in the response sent to the requester.

Value 結果Result
EnabledEnabled 要求元に送信する応答に Age 応答ヘッダーが含められます。The Age response header is included in the response sent to the requester.
DisabledDisabled 要求元に送信する応答から Age 応答ヘッダーが除外されます。The Age response header is excluded from the response sent to the requester.

既定の動作: 無効。Default Behavior: Disabled.

先頭に戻るBack to top



Bandwidth Parameters (帯域幅パラメーター)Bandwidth Parameters

目的:  帯域幅調整パラメーター (例: ec_rate、ec_prebuf) を有効にするかどうかを決定します。Purpose: Determines whether bandwidth throttling parameters (for example, ec_rate and ec_prebuf) are active.

帯域幅調整パラメーターは、クライアントの要求のデータ転送率をカスタムの比率に制限するかどうかを決定します。Bandwidth throttling parameters determine whether the data transfer rate for a client's request are limited to a custom rate.

Value 結果Result
EnabledEnabled POP で帯域幅調整要求が受け入れられます。Allows the POPs to honor bandwidth throttling requests.
DisabledDisabled POP で帯域幅調整要求が無視されます。Causes the POPs to ignore bandwidth throttling parameters. 要求されたコンテンツは通常どおりに (つまり、帯域幅調整なしで) 提供されます。The requested content is served normally (that is, without bandwidth throttling).

既定の動作:  Enabled。Default Behavior: Enabled.

先頭に戻るBack to top



Bandwidth Throttling (帯域幅調整)Bandwidth Throttling

目的:  POP からの応答の帯域幅を調整します。Purpose: Throttles the bandwidth for the response provided by the POPs.

帯域幅調整を正しく設定するには、次のオプションの両方を定義する必要があります。Both of the following options must be defined to properly set up bandwidth throttling.

オプションOption 説明Description
Kbytes per second (kb/秒)Kbytes per second このオプションは、応答を提供するために使用できる最大帯域幅 (Kb/秒) に設定します。Set this option to the maximum bandwidth (Kb per second) that may be used to deliver the response.
Prebuf seconds (Prebuf 秒)Prebuf seconds このオプションを、帯域幅が調整されるまでに POP が待機する秒数に設定します。Set this option to the number of seconds for the POPs to wait until bandwidth is throttled. 帯域幅を制限しないこの期間の目的は、メディア プレーヤーで帯域幅調整によって途切れ途切れの再生やバッファリングの問題が発生するのを防ぐことです。The purpose of this time period of unrestricted bandwidth is to prevent a media player from experiencing stuttering or buffering issues due to bandwidth throttling.

既定の動作:  Disabled。Default Behavior: Disabled.

先頭に戻るBack to top



Bypass Cache (キャッシュ バイパス)Bypass Cache

目的:  要求がキャッシュをバイパスするかどうかを決定します。Purpose: Determines whether the request should bypass caching.

Value 結果Result
EnabledEnabled コンテンツが以前に POP でキャッシュされた場合でも、すべての要求が配信元サーバーにフォールスルーされます。Causes all requests to fall through to the origin server, even if the content was previously cached on POPs.
DisabledDisabled 応答ヘッダーで定義されているキャッシュ ポリシーに従い、POP で資産がキャッシュされます。Causes POPs to cache assets according to the cache policy defined in its response headers.

既定の動作:Default Behavior:

  • HTTP ラージ:  DisabledHTTP Large: Disabled

先頭に戻るBack to top



Cacheable HTTP Methods (キャッシュ可能 HTTP メソッド)Cacheable HTTP Methods

目的:  ネットワークでキャッシュ可能な追加 HTTP メソッドのセットを決定します。Purpose: Determines the set of additional HTTP methods that can be cached on the network.

重要な情報: Key information:

  • この機能では、GET 応答が常にキャッシュされると想定されています。This feature assumes that GET responses should always be cached. このため、この機能を設定する際に GET HTTP メソッドは含めないでください。As a result, the GET HTTP method should not be included when setting this feature.
  • この機能では POST HTTP メソッドのみがサポートされます。This feature supports only the POST HTTP method. POST 応答のキャッシュを有効にするには、この機能を POST に設定します。Enable POST response caching by setting this feature to POST.
  • 既定では、本文が 14 Kb 未満の要求のみがキャッシュされます。By default, only requests whose body is smaller than 14 Kb are cached. Cacheable Request Body Size (キャッシュ可能要求の本文サイズ) 機能を使用すると、最大の要求本文サイズを設定できます。Use the Cacheable Request Body Size Feature to set the maximum request body size.

既定の動作:  GET 応答のみがキャッシュされます。Default Behavior: Only GET responses are cached.

先頭に戻るBack to top



Cacheable Request Body Size (キャッシュ可能要求の本文サイズ)Cacheable Request Body Size

目的:  POST 応答がキャッシュ可能かどうかを決定するしきい値を定義します。Purpose: Defines the threshold for determining whether a POST response can be cached.

このしきい値は、最大の要求本文サイズを指定することによって決定されます。This threshold is determined by specifying a maximum request body size. これより大きい要求本文が含まれる要求はキャッシュされません。Requests that contain a larger request body are not cached.

重要な情報: Key information:

  • この機能が適用されるのは、POST 応答がキャッシュの対象になっている場合だけです。This Feature is only applicable when POST responses are eligible for caching. POST 要求のキャッシュを有効にするには、Cacheable HTTP Methods (キャッシュ可能 HTTP メソッド) 機能を使用します。Use the Cacheable HTTP Methods Feature to enable POST request caching.
  • 要求本文は、次のものについて考慮されます。The request body is taken into consideration for:
    • x-www-form-urlencoded 値x-www-form-urlencoded values
    • 一意キャッシュキーの確認Ensuring a unique cache-key
  • 最大の要求本文サイズを大きい値に定義すると、データ配信のパフォーマンスに影響する可能性があります。Defining a large maximum request body size may impact data delivery performance.
    • 推奨される値:  14 KBRecommended Value: 14 Kb
    • 最小値:  1 KBMinimum Value: 1 Kb

既定の動作:  14 KBDefault Behavior: 14 Kb

先頭に戻るBack to top



Cache-Control Header Treatment (キャッシュ制御ヘッダーの処理)Cache-Control Header Treatment

目的:  External Max-Age (外部最長有効期間) 機能がアクティブになっているとき、POP で  Cache-Control  ヘッダーの生成を制御します。Purpose: Controls the generation of Cache-Control headers by the POP when the External Max-Age Feature is active.

この種類の構成を実現する最も簡単な方法は、同じステートメントに External Max-Age (外部最長有効期間) と Cache-Control Header Treatment (Cache-Control ヘッダーの処理) 機能を配置することです。The easiest way to achieve this type of configuration is to place the External Max-Age and the Cache-Control Header Treatment features in the same statement.

Value 結果Result
上書きOverwrite 次のアクションが発生するようにします。Ensures that the following actions occur:
- 配信元サーバーによって生成された  Cache-Control  ヘッダーを上書きします。- Overwrites the Cache-Control header generated by the origin server.
- External Max-Age (外部最長有効期間) 機能によって生成された  Cache-Control  ヘッダーを応答に追加します。- Adds the Cache-Control header produced by the External Max-Age feature to the response.
Pass Through (パススルー)Pass Through External Max-Age (外部最長有効期間) 機能によって生成された  Cache-Control  ヘッダーが応答に追加されないようにします。Ensures that the Cache-Control header produced by the External Max-Age feature is never added to the response.
配信元サーバーで  Cache-Control  ヘッダーが生成された場合は、エンドユーザーにパススルーされます。If the origin server produces a Cache-Control header, it passes through to the end user.
配信元サーバーで  Cache-Control  ヘッダーが生成されない場合は、応答ヘッダーに  Cache-Control  ヘッダーが含まれなくなることがあります。If the origin server does not produce a Cache-Control header, then this option may cause the response header to not contain a Cache-Control header.
Add if Missing (ない場合に追加)Add if Missing  Cache-Control  ヘッダーが配信元サーバーから受信されなかった場合、External Max-Age (外部最長有効期間) 機能によって生成された  Cache-Control  ヘッダーが追加されます。If a Cache-Control header was not received from the origin server, then this option adds the Cache-Control header produced by the External Max-Age feature. このオプションは、 Cache-Control  ヘッダーがすべての資産に割り当てられるようにするのに役立ちます。This option is useful for ensuring that all assets are assigned a Cache-Control header.
RemoveRemove このオプションでは、 Cache-Control  ヘッダーがヘッダー応答に含まれないようにします。This option ensures that a Cache-Control header is not included with the header response.  Cache-Control   ヘッダーが既に割り当てられている場合は、ヘッダー応答から取り除かれます。If a Cache-Control header has already been assigned, then it is removed from the header response.

既定の動作:  Overwrite。Default Behavior: Overwrite.

先頭に戻るBack to top



Cache-Key Query String (キャッシュキー クエリ文字列)Cache-Key Query String

目的:  要求に関連付けられているクエリ文字列パラメーターをキャッシュキーに含めるかどうかを決定します。Purpose: Determines whether the cache-key includes or excludes query string parameters associated with a request.

重要な情報: Key information:

  • 1 つまたは複数のクエリ文字列パラメーター名を指定します。各パラメーター名は単一の空白で区切ります。Specify one or more query string parameter names and separate each parameter name with a single space.
  • この機能では、クエリ文字列パラメーターをキャッシュキーに含めるかどうかを決定します。This feature determines whether query string parameters are included or excluded from the cache-key. 各オプションの追加情報を次の表に示します。Additional information is provided for each option in the following table.
種類Type 説明Description
Include (含める)Include 各パラメーターをキャッシュキーに含めることを示します。Indicates that each specified parameter should be included in the cache-key. この機能で定義されているクエリ文字列パラメーターの一意の値を含む要求ごとに、一意のキャッシュキーが生成されます。A unique cache-key is generated for each request that contains a unique value for a query string parameter defined in this feature.
Include All (すべて含める)Include All 一意のクエリ文字列を含む資産への要求ごとに、一意のキャッシュキーが作成されることを示します。Indicates that a unique cache-key is created for each request to an asset that includes a unique query string. キャッシュ ヒットの割合が低くなる可能性があるため、通常、この種類の構成は推奨されません。This type of configuration is not typically recommended because it can lead to a small percentage of cache hits. キャッシュ ヒットの数が少ないと、より多くの要求を処理する必要があるため、配信元サーバーの負荷が増加します。A low number of cache hits increases the load on the origin server, because it must serve more requests. この構成では、[クエリ文字列のキャッシュ] ページで "unique-cache" と呼ばれるキャッシュ動作が複製されます。This configuration duplicates the caching behavior known as "unique-cache" on the Query-String Caching page.
Exclude (除外)Exclude 指定したパラメーターのみがキャッシュキーから除外されることを示します。Indicates that only the specified parameter(s) is excluded from the cache-key. 他のすべてのクエリ文字列パラメーターはキャッシュキーに含まれます。All other query string parameters are included in the cache-key.
Exclude All (すべて除外)Exclude All すべてのクエリ文字列パラメーターがキャッシュキーから除外されることを示します。Indicates that all query string parameters are excluded from the cache-key. この構成では、[クエリ文字列のキャッシュ] ページで既定のキャッシュ動作の "standard-cache" が複製されます。This configuration duplicates the "standard-cache" default caching behavior on the Query-String Caching page.

ルール エンジンを使用すると、クエリ文字列キャッシュの実装方法をカスタマイズできます。The rules engine allows you to customize the manner in which query string caching is implemented. たとえば、クエリ文字列キャッシュが特定の場所またはファイルの種類でのみ実行されるように指定できます。For example, you can specify that query string caching is performed only on certain locations or file types.

[クエリ文字列のキャッシュ] ページでクエリ文字列キャッシュ動作の "no-cache" を複製するには、URL Query Wildcard (URL クエリ ワイルドカード) 一致条件と Bypass Cache (キャッシュのバイパス) 機能を含むルールを作成します。To duplicate the "no-cache" query string caching behavior on the Query-String Caching page, create a rule that contains a URL Query Wildcard match condition and a Bypass Cache feature. URL Query Wildcard (URL クエリ ワイルドカード) 一致条件をアスタリスク (*) に設定します。Set the URL Query Wildcard match condition to an asterisk (*).

重要

このアカウントのいずれかのパスでトークン承認が有効になっている場合、クエリ文字列キャッシュに使用できるモードは standard-cache モードだけです。If token authorization is enabled for any path on this account, standard-cache mode is the only mode that can be used for query string caching. 詳細については、「クエリ文字列による Azure CDN キャッシュ動作の制御」を参照してください。For more information, see Control Azure CDN caching behavior with query strings.

サンプル シナリオSample Scenarios

この機能の次の使用例は、サンプルの要求と既定の cache-key を示しています。The following sample usage for this feature provides a sample request and the default cache-key:

  • サンプル要求: http://wpc.0001.<Domain>/800001/Origin/folder/asset.htm?sessionid=1234&language=EN&userid=01Sample request: http://wpc.0001.<Domain>/800001/Origin/folder/asset.htm?sessionid=1234&language=EN&userid=01
  • 既定のキャッシュキー: /800001/Origin/folder/asset.htmDefault cache-key: /800001/Origin/folder/asset.htm
Include (含める)Include

サンプル構成:Sample configuration:

  • 種類: IncludeType: Include
  • パラメーター: languageParameter(s): language

この種類の構成では、次のクエリ文字列パラメーター キャッシュキーが生成されます。This type of configuration would generate the following query string parameter cache-key:

/800001/Origin/folder/asset.htm?language=EN
Include All (すべて含める)Include All

サンプル構成:Sample configuration:

  • 種類: Include AllType: Include All

この種類の構成では、次のクエリ文字列パラメーター キャッシュキーが生成されます。This type of configuration would generate the following query string parameter cache-key:

/800001/Origin/folder/asset.htm?sessionid=1234&language=EN&userid=01
Exclude (除外)Exclude

サンプル構成:Sample configuration:

  • 種類: ExcludeType: Exclude
  • パラメーター: sessionid useridParameter(s): sessionid userid

この種類の構成では、次のクエリ文字列パラメーター キャッシュキーが生成されます。This type of configuration would generate the following query string parameter cache-key:

/800001/Origin/folder/asset.htm?language=EN
Exclude All (すべて除外)Exclude All

サンプル構成:Sample configuration:

  • 種類: Exclude AllType: Exclude All

この種類の構成では、次のクエリ文字列パラメーター キャッシュキーが生成されます。This type of configuration would generate the following query string parameter cache-key:

/800001/Origin/folder/asset.htm

先頭に戻るBack to top



Cache-Key Rewrite (キャッシュキー書き換え)Cache-Key Rewrite

目的: 要求に関連付けられているキャッシュキーを書き換えます。Purpose: Rewrites the cache-key associated with a request.

キャッシュキーとは、キャッシュの目的で資産を識別する相対パスのことです。A cache-key is the relative path that identifies an asset for the purposes of caching. つまり、サーバーは、キャッシュキーによって定義されたパスに従って、資産のキャッシュされたバージョンがないかどうかを確認します。In other words, the servers check for a cached version of an asset according to its path as defined by its cache-key.

この機能は、次のオプションの両方を定義することによって構成します。Configure this feature by defining both of the following options:

オプションOption 説明Description
Original Path (元のパス)Original Path キャッシュキーが書き換えられる要求の種類への相対パスを定義します。Define the relative path to the types of requests whose cache-key is rewritten. 相対パスは、ベースとなる配信元のパスを選択してから正規表現パターンを定義することによって定義できます。A relative path can be defined by selecting a base origin path and then defining a regular expression pattern.
New Path (新しいパス)New Path 新しいキャッシュキーの相対パスを定義します。Define the relative path for the new cache-key. 相対パスは、ベースとなる配信元のパスを選択してから正規表現パターンを定義することによって定義できます。A relative path can be defined by selecting a base origin path and then defining a regular expression pattern. この相対パスは、 HTTP 変数を使用することで動的に構築できます。This relative path can be dynamically constructed through the use of HTTP variables.

既定の動作: 要求のキャッシュキーは要求 URI によって決定されます。Default Behavior: A request's cache-key is determined by the request URI.

先頭に戻るBack to top



Comment (コメント)Comment

目的: ルール内にメモを追加できるようにします。Purpose: Allows a note to be added within a rule.

この機能の用途の 1 つは、ルールの一般的な用途や、特定の一致条件や機能がルールに追加された理由に関する追加情報を提供することです。One use for this feature is to provide additional information on the general purpose of a rule or why a particular match condition or feature was added to the rule.

重要な情報: Key information:

  • 最大で 150 文字を指定できます。A maximum of 150 characters may be specified.
  • 英数字のみを使用してください。Use only alphanumeric characters.
  • この機能は、ルールの動作には影響しません。This feature does not affect the behavior of the rule. 将来参照したりルールのトラブルシューティングを行う際に役立つ可能性のある情報の入力場所を提供するだけです。It is merely meant to provide an area where you can provide information for future reference or that may help when troubleshooting the rule.

先頭に戻るBack to top



Complete Cache Fill (完全キャッシュ入力)Complete Cache Fill

目的: 要求の結果、POP で一部のキャッシュが不足したときの動作を決定します。Purpose: Determines what happens when a request results in a partial cache miss on a POP.

一部のキャッシュの不足は、資産に関するキャッシュが POP に完全にはダウンロードされなかった状態を示します。A partial cache miss describes the cache status for an asset that was not completely downloaded to a POP. 資産が部分的にのみ POP でキャッシュされている場合、その資産に関する次の要求は配信元サーバーにもう一度転送されます。If an asset is only partially cached on a POP, then the next request for that asset will be forwarded again to the origin server.

通常、一部のキャッシュの不足は、ユーザーがダウンロードを中止した後や、HTTP 範囲要求を使用して単独で要求された資産について発生します。A partial cache miss typically occurs after a user aborts a download or for assets that are solely requested using HTTP range requests. この機能は、通常は最初から最後までダウンロードされない大きな資産 (ビデオなど) に役立ちます。This feature is most useful for large assets that are not typically downloaded from start to finish (for example, videos). そのため、この機能は HTTP ラージ プラットフォームでは既定で有効になっています。As a result, this feature is enabled by default on the HTTP Large platform. その他のすべてのプラットフォームでは無効になっています。It is disabled on all other platforms.

顧客の配信元サーバーの負荷を軽減し、顧客がコンテンツをダウンロードする速度を上げるため、HTTP ラージ プラットフォームでは既定の構成をそのまま使用します。Keep the default configuration for the HTTP Large platform, because it reduces the load on your customer origin server and increases the speed at which your customers download your content.

Value 結果Result
EnabledEnabled 既定の動作を復元します。Restores the default behavior. 既定の動作では、POP で配信元サーバーからの資産のバックグラウンド取得が開始されます。The default behavior is to force the POP to initiate a background fetch of the asset from the origin server. その後、資産は POP のローカル キャッシュに入れられます。After which, the asset will be in the POP's local cache.
DisabledDisabled POP で資産のバックグラウンド取得が実行されないようにします。Prevents a POP from performing a background fetch for the asset. これにより、そのリージョンからその資産が次に要求されたときに、POP は顧客の配信元サーバーにその資産を要求します。The result is that the next request for that asset from that region causes a POP to request it from the customer origin server.

既定の動作: Enabled。Default Behavior: Enabled.

互換性Compatibility

キャッシュ設定を追跡する方法が原因で、この機能を次の一致条件に関連付けることはできません。Due to the manner in which cache settings are tracked, this feature cannot be associated with the following match conditions:

  • AS Number (AS 番号)AS Number
  • Client IP Address (現在の IP アドレス)Client IP Address
  • Cookie Parameter (Cookie パラメーター)Cookie Parameter
  • Cookie Parameter Regex (Cookie パラメーターの正規表現)Cookie Parameter Regex
  • CountryCountry
  • DeviceDevice
  • Edge Cname (エッジ CNAME)Edge Cname
  • Referring Domain (参照ドメイン)Referring Domain
  • Request Header Literal (要求ヘッダーのリテラル)Request Header Literal
  • Request Header Regex (要求ヘッダーの正規表現)Request Header Regex
  • Request Header Wildcard (要求ヘッダーのワイルドカード)Request Header Wildcard
  • Request Method (要求メソッド)Request Method
  • Request Scheme (要求スキーム)Request Scheme
  • URL Query Literal (URL クエリ リテラル)URL Query Literal
  • URL Query Regex (URL クエリ正規表現)URL Query Regex
  • URL Query Wildcard (URL クエリ ワイルドカード)URL Query Wildcard
  • URL Query Parameter (URL クエリ パラメーター)URL Query Parameter

先頭に戻るBack to top



Compress File Types (圧縮ファイルの種類)Compress File Types

目的: サーバーで圧縮されるファイルのファイル形式を定義します。Purpose: Defines the file formats for the files that are compressed on the server.

ファイル形式はインターネット メディア タイプ (Content-Type など) を使用して指定できます。A file format can be specified using its Internet media type (for example, Content-Type). インターネット メディア タイプは、サーバーが特定の資産のファイル形式を識別できるようにする、プラットフォームに依存しないメタデータです。Internet media type is platform-independent metadata that allows the servers to identify the file format of a particular asset. 一般的なインターネット メディア タイプの一覧を下に示します。A list of common Internet media types is provided below.

インターネット メディア タイプInternet Media Type 説明Description
text/plaintext/plain プレーン テキスト ファイル (.txt)Plain text files
text/htmltext/html HTML ファイルHTML files
text/csstext/css カスケード スタイル シート (CSS)Cascading Style Sheets (CSS)
application/x-javascriptapplication/x-javascript JavaScriptJavascript
application/javascriptapplication/javascript JavaScriptJavascript

重要な情報: Key information:

  • 複数のインターネット メディア タイプを指定する場合は、単一の空白で区切ります。Specify multiple Internet media types by delimiting each one with a single space.
  • この機能では、サイズが 1 MB 未満の資産のみを圧縮します。This feature only compresses assets whose size is less than 1 MB. これより大きい資産はサーバーで圧縮されません。Larger assets are not compressed by the servers.
  • イメージ、ビデオ、オーディオ メディア資産などの特定の種類のコンテンツ (JPG、MP3、MP4 など) は既に圧縮されています。Certain types of content, such as images, video, and audio media assets (for example, JPG, MP3, MP4, etc.), are already compressed. これらの種類の資産をさらに圧縮しても、ファイル サイズが大幅に小さくなることはないため、これらの種類の資産では圧縮を有効にしないことをお勧めします。Because additional compression on these types of assets does not significantly diminish file size, it is recommended that you do not enable compression on them.
  • アスタリスクなどのワイルドカード文字はサポートされていません。Wildcard characters, such as asterisks, are not supported.
  • ルールにこの機能を追加する前に、このルールの適用先となるプラットフォームの [圧縮] ページで、[Compression Disabled ](圧縮の無効化) オプションを必ず設定してください。Before you add this feature to a rule, ensure that you set the Compression Disabled option on the Compression page for the platform to which this rule is applied.

先頭に戻るBack to top



Custom Log Field 1 (カスタム ログ フィールド 1)Custom Log Field 1

目的: 生ログ ファイルのカスタム ログ フィールドに割り当てられる形式とコンテンツを決定します。Purpose: Determines the format and the content that will be assigned to the custom log field in a raw log file.

このカスタム フィールドを使用して、ログ ファイルに保存される要求ヘッダーと応答ヘッダーの値を決定できます。This custom field allows you to determine which request and response header values are stored in your log files.

既定では、カスタム ログ フィールドは "x-ec_custom-1" という名前です。By default, the custom log field is called "x-ec_custom-1." このフィールドの名前は、[Raw Log Settings](生ログ設定) ページでカスタマイズできます。The name of this field can be customized from the Raw Log Settings page.

要求ヘッダーと応答ヘッダーを指定する際の形式は、次のように定義されています。The format for specifying request and response headers is defined as follows:

ヘッダーの種類Header Type 形式Format Examples
要求ヘッダーRequest Header %{[RequestHeader]()}[i]() %{Accept-Encoding}i%{Accept-Encoding}i
{Referer}i{Referer}i
%{Authorization}i%{Authorization}i
応答ヘッダーResponse Header %{[ResponseHeader]()}[o]() %{Age}o%{Age}o
%{Content-Type}o%{Content-Type}o
%{Cookie}o%{Cookie}o

重要な情報: Key information:

  • カスタム ログ フィールドには、ヘッダー フィールドとプレーン テキストの任意の組み合わせを含めることができます。A custom log field can contain any combination of header fields and plain text.
  • このフィールドで有効な文字は、英数字 (0 ~ 9、a ~ z、A ~ Z)、ダッシュ、コロン、セミコロン、アポストロフィ、コンマ、ピリオド、アンダースコア、等号、かっこ、山かっこ、スペースです。Valid characters for this field are as follows: alphanumeric (0-9, a-z, and A-Z), dashes, colons, semi-colons, apostrophes, commas, periods, underscores, equal signs, parentheses, brackets, and spaces. パーセント記号と中かっこは、ヘッダー フィールドを指定する際にのみ使用できます。The percentage symbol and curly braces are only allowed when used to specify a header field.
  • 指定された各ヘッダー フィールドのスペルは、目的の要求/応答ヘッダー名と一致する必要があります。The spelling for each specified header field must match the desired request/response header name.
  • 複数のヘッダーを指定する場合は、区切り記号を使用して各ヘッダーを示します。If you want to specify multiple headers, use a separator to indicate each header. たとえば、各ヘッダーの省略形を使用することもできます。For example, you could use an abbreviation for each header:
    • AE: %{Accept-Encoding}i A: %{Authorization}i CT: %{Content-Type}oAE: %{Accept-Encoding}i A: %{Authorization}i CT: %{Content-Type}o

既定値: -Default Value: -

先頭に戻るBack to top



Debug Cache Response Headers (キャッシュ応答ヘッダーのデバッグ)Debug Cache Response Headers

目的: 要求された資産のキャッシュ ポリシーに関する情報を提供する X-EC-Debug 応答ヘッダーを応答に含めることができるかどうかを決定します。Purpose: Determines whether a response can include X-EC-Debug response headers, which provides information on the cache policy for the requested asset.

デバッグ キャッシュ応答ヘッダーは、次の両方に該当する場合に応答に含められます。Debug cache response headers will be included in the response when both of the following are true:

  • デバッグ キャッシュ応答ヘッダー機能が、指定された要求で有効になっている。The Debug Cache Response Headers feature has been enabled on the specified request.
  • 指定された要求で、応答に含められるデバッグ キャッシュ応答ヘッダーのセットが定義されている。The specified request defines the set of debug cache response headers that will be included in the response.

デバッグ キャッシュ応答ヘッダーは、要求に次のヘッダーと指定されたディレクティブを含めることによって要求できます。Debug cache response headers may be requested by including the following header and the specified directives in the request:

X-EC-Debug: _&lt;Directive1&gt;_,_&lt;Directive2&gt;_,_&lt;DirectiveN&gt;_

例:Example:

X-EC-Debug: x-ec-cache,x-ec-check-cacheable,x-ec-cache-key,x-ec-cache-stateX-EC-Debug: x-ec-cache,x-ec-check-cacheable,x-ec-cache-key,x-ec-cache-state

Value 結果Result
EnabledEnabled デバッグ キャッシュ応答ヘッダーに関する要求で、X-EC-Debug ヘッダーを含む応答が返されます。Requests for debug cache response headers will return a response that includes the X-EC-Debug header.
DisabledDisabled X-EC-Debug 応答ヘッダーが応答から除外されます。The X-EC-Debug response header will be excluded from the response.

既定の動作: Disabled。Default Behavior: Disabled.

先頭に戻るBack to top



Default Internal Max-Age (既定の内部最長有効期間)Default Internal Max-Age

目的: POP と配信元サーバーの間のキャッシュ再有効化の既定の最長有効期間を決定します。Purpose: Determines the default max-age interval for POP to origin server cache revalidation. つまり、キャッシュされた資産が配信元サーバーに格納されている資産と一致するかどうかを POP が確認するまでの時間です。In other words, the amount of time that will pass before a POP will check whether a cached asset matches the asset stored on the origin server.

重要な情報: Key information:

  • このアクションは、 Cache-Control ヘッダーまたは Expires ヘッダーで最長有効期間を割り当てていない配信元サーバーからの応答に対してのみ実行されます。This action will only take place for responses from an origin server that did not assign a max-age indication in the Cache-Control or Expires header.

  • このアクションは、キャッシュ可能と判断された資産については実行されません。This action will not take place for assets that are not deemed cacheable.

  • このアクションは、ブラウザーと POP の間のキャッシュ再有効化には影響しません。This action does not affect browser to POP cache revalidations. これらの種類の再有効化は、ブラウザーに送信された Cache-Control ヘッダーまたは Expires ヘッダーによって決定され、External Max-Age (外部最長有効期間) 機能によってカスタマイズできます。These types of revalidations are determined by the Cache-Control or Expires headers sent to the browser, which can be customized with the External Max-Age feature.

  • このアクションの結果は、POP から返される応答ヘッダーとコンテンツに対して目に見える影響はありませんが、POP から配信元サーバーに送信される再有効化トラフィックの量に影響する可能性があります。The results of this action do not have an observable effect on the response headers and the content returned from POPs for your content, but it may have an effect on the amount of revalidation traffic sent from POPs to your origin server.

  • この機能は、次のように構成します。Configure this feature by:

    • 既定の内部最長有効期間を適用できる状態コードを選択します。Selecting the status code for which a default internal max-age can be applied.
    • 整数値を指定してから、目的の時間単位 (秒、分、時間など) を選択します。Specifying an integer value and then selecting the desired time unit (for example, seconds, minutes, hours, etc.). この値により、既定の内部最長有効期間が定義されます。This value defines the default internal max-age interval.
  • 時間単位を "Off" に設定すると、 Cache-Control ヘッダーまたは Expires ヘッダーで最長有効期間が割り当てられていない要求について、既定の内部最長有効期間である 7 日が割り当てられます。Setting the time unit to "Off" will assign a default internal max-age interval of 7 days for requests that have not been assigned a max-age indication in their Cache-Control or Expires header.

既定値: 7 日Default Value: 7 days

互換性Compatibility

キャッシュ設定を追跡する方法が原因で、この機能を次の一致条件に関連付けることはできません。Due to the manner in which cache settings are tracked, this feature cannot be associated with the following match conditions:

  • AS Number (AS 番号)AS Number
  • Client IP Address (現在の IP アドレス)Client IP Address
  • Cookie Parameter (Cookie パラメーター)Cookie Parameter
  • Cookie Parameter Regex (Cookie パラメーターの正規表現)Cookie Parameter Regex
  • CountryCountry
  • DeviceDevice
  • Edge Cname (エッジ CNAME)Edge Cname
  • Referring Domain (参照ドメイン)Referring Domain
  • Request Header Literal (要求ヘッダーのリテラル)Request Header Literal
  • Request Header Regex (要求ヘッダーの正規表現)Request Header Regex
  • Request Header Wildcard (要求ヘッダーのワイルドカード)Request Header Wildcard
  • Request Method (要求メソッド)Request Method
  • Request Scheme (要求スキーム)Request Scheme
  • URL Query Literal (URL クエリ リテラル)URL Query Literal
  • URL Query Regex (URL クエリ正規表現)URL Query Regex
  • URL Query Wildcard (URL クエリ ワイルドカード)URL Query Wildcard
  • URL Query Parameter (URL クエリ パラメーター)URL Query Parameter

先頭に戻るBack to top



Deny Access (403) (アクセス拒否 (403))Deny Access (403)

目的: すべての要求を拒否し、「403 Forbidden」応答を返すかどうかを決定します。Purpose: Determines whether all requests are rejected with a 403 Forbidden response.

Value 結果Result
EnabledEnabled 一致条件を満たすすべての要求を拒否し、「403 Forbidden」応答を返します。Causes all requests that satisfy the matching criteria to be rejected with a 403 Forbidden response.
DisabledDisabled 既定の動作を復元します。Restores the default behavior. 既定の動作では、返される応答の種類を配信元サーバーが決定できます。The default behavior is to allow the origin server to determine the type of response that will be returned.

既定の動作: DisabledDefault Behavior: Disabled

ヒント

この機能の用途の 1 つは、コンテンツへのインライン リンクを使用している HTTP 参照元へのアクセスをブロックするために要求ヘッダーの一致条件に関連付けることです。One possible use for this feature is to associate it with a Request Header match condition to block access to HTTP referrers that are using inline links to your content.

先頭に戻るBack to top



Expires Header Treatment (Expires ヘッダーの処理)Expires Header Treatment

目的: External Max-Age (外部最長有効期間) 機能がアクティブになっているとき、POP で  Expires ヘッダーの生成を制御します。Purpose: Controls the generation of Expires headers by a POP when the External Max-Age feature is active.

この種類の構成を実現する最も簡単な方法は、同じステートメントに External Max-Age (外部最長有効期間) と Expires Header Treatment (Expires ヘッダーの処理) 機能を配置することです。The easiest way to achieve this type of configuration is to place the External Max-Age and the Expires Header Treatment features in the same statement.

Value 結果Result
上書きOverwrite 次のアクションが行われるようにします。Ensures that the following actions will take place:
- 配信元サーバーによって生成された Expires ヘッダーを上書きします。- Overwrites the Expires header generated by the origin server.
- External Max-Age (外部最長有効期間) 機能によって生成された Expires ヘッダーを応答に追加します。- Adds the Expires header produced by the External Max-Age feature to the response.
Pass Through (パススルー)Pass Through External Max-Age (外部最長有効期間) 機能によって生成された Expires ヘッダーが応答に追加されないようにします。Ensures that the Expires header produced by the External Max-Age feature is never added to the response.
配信元サーバーで Expires ヘッダーが生成された場合は、エンドユーザーにパススルーされます。If the origin server produces an Expires header, it will pass through to the end user.
配信元サーバーで Expires ヘッダーが生成されない場合は、応答ヘッダーに Expires ヘッダーが含まれなくなることがあります。If the origin server does not produce an Expires header, then this option may cause the response header to not contain an Expires header.
Add if Missing (ない場合に追加)Add if Missing  Expires ヘッダーが配信元サーバーから受信されなかった場合、External Max-Age (外部最長有効期間) 機能によって生成された Expires ヘッダーが追加されます。If an Expires header was not received from the origin server, then this option adds the Expires header produced by the External Max-Age feature. このオプションは、 Expires ヘッダーがすべての資産に割り当てられるようにするのに役立ちます。This option is useful for ensuring that all assets will be assigned an Expires header.
RemoveRemove  Expires ヘッダーがヘッダー応答に含まれないようにします。Ensures that an Expires header is not included with the header response.  Expires ヘッダーが既に割り当てられている場合は、ヘッダー応答から取り除かれます。If an Expires header has already been assigned, then it is removed from the header response.

既定の動作: OverwriteDefault Behavior: Overwrite

先頭に戻るBack to top



External Max-Age (外部最長有効期間)External Max-Age

目的: ブラウザーと POP の間のキャッシュ再有効化の最長有効期間を決定します。Purpose: Determines the max-age interval for browser to POP cache revalidation. つまり、ブラウザーが POP に対して資産の新しいバージョンを確認するまでの時間です。In other words, the amount of time that will pass before a browser can check for a new version of an asset from a POP.

この機能を有効にすると、POP から Cache-Control: max-age ヘッダーおよび Expires ヘッダーが生成され、HTTP クライアントに送信されます。Enabling this feature will generate Cache-Control: max-age and Expires headers from the POPs and send them to the HTTP client. 既定では、これらのヘッダーにより、配信元サーバーで作成されたヘッダーが上書きされます。By default, these headers will overwrite those headers created by the origin server. ただし、この動作は Cache-Control Header Treatment (Cache-Control ヘッダーの処理) および Expires Header Treatment (Expires ヘッダーの処理) 機能を使用して変更することができます。However, the Cache-Control Header Treatment and the Expires Header Treatment features may be used to alter this behavior.

重要な情報: Key information:

  • このアクションは、POP と配信元サーバーの間のキャッシュ再有効化には影響しません。This action does not affect POP to origin server cache revalidations. これらの種類の再有効化は、配信元サーバーから受信された Cache-Control ヘッダーとExpires ヘッダーによって決定され、Default Internal Max-Age (既定の内部最長有効期間) および Force Internal Max-Age (内部最長有効期間の強制) 機能によってカスタマイズできます。These types of revalidations are determined by the Cache-Control and Expires headers received from the origin server, and can be customized with the Default Internal Max-Age and the Force Internal Max-Age features.
  • この機能を構成するには、整数値を指定して目的の時間単位 (秒、分、時間など) を選択します。Configure this feature by specifying an integer value and selecting the desired time unit (for example, seconds, minutes, hours, etc.).
  • この機能を負の値に設定すると、POP からブラウザーへの各応答と共に、 Cache-Control: no-cache と過去に設定された Expires 時間が送信されます。Setting this feature to a negative value causes the POPs to send a Cache-Control: no-cache and an Expires time that is set in the past with each response to the browser. 応答は HTTP クライアントでキャッシュされませんが、この設定は配信元サーバーからの応答をキャッシュする POP の機能には影響しません。Although an HTTP client will not cache the response, this setting will not affect the POPs' ability to cache the response from the origin server.
  • 時間単位を "Off" に設定すると、この機能は無効になります。Setting the time unit to "Off" will disable this feature. 配信元サーバーの応答と共にキャッシュされる Cache-ControlヘッダーとExpires ヘッダーは、ブラウザーにパススルーされます。The Cache-Control and Expires headers cached with the response of the origin server will pass through to the browser.

既定の動作: OffDefault Behavior: Off

先頭に戻るBack to top



Follow Redirects (リダイレクトのフォロー)Follow Redirects

目的: 顧客の配信元サーバーから返される Location (場所) ヘッダーに定義されているホスト名に要求をリダイレクトできるかどうかを決定します。Purpose: Determines whether requests can be redirected to the hostname defined in the Location header returned by a customer origin server.

重要な情報: Key information:

  • 要求は、同じプラットフォームに対応するエッジ CNAME にのみリダイレクトできます。Requests can only be redirected to edge CNAMEs that correspond to the same platform.
Value 結果Result
EnabledEnabled 要求をリダイレクトできます。Requests can be redirected.
DisabledDisabled 要求はリダイレクトされません。Requests will not be redirected.

既定の動作: Disabled。Default Behavior: Disabled.

先頭に戻るBack to top



Force Internal Max-Age (内部最長有効期間の強制)Force Internal Max-Age

目的: POP と配信元サーバーの間のキャッシュ再有効化の最長有効期間を決定します。Purpose: Determines the max-age interval for POP to origin server cache revalidation. つまり、キャッシュされた資産が配信元サーバーに格納されている資産と一致するかどうかを POP が確認できるようになるまでの時間です。In other words, the amount of time that will pass before a POP can check whether a cached asset matches the asset stored on the origin server.

重要な情報: Key information:

  • この機能では、配信元サーバーから生成された Cache-Control ヘッダーまたは Expires ヘッダーで定義された最長有効期間がオーバーライドされます。This feature will override the max-age interval defined in Cache-Control or Expires headers generated from an origin server.

  • この機能は、ブラウザーと POP の間のキャッシュ再有効化には影響しません。This feature does not affect browser to POP cache revalidations. これらの種類の再有効化は、ブラウザーに送信された Cache-Control ヘッダーまたは Expires ヘッダーによって決定されます。These types of revalidations are determined by the Cache-Control or Expires headers sent to the browser.

  • この機能では、POP から要求元に配信される応答に対して目に見える影響はありません。This feature does not have an observable effect on the response delivered by a POP to the requester. ただし、POP から配信元サーバーに送信される再有効化トラフィックの量に影響する可能性があります。However, it may have an effect on the amount of revalidation traffic sent from the POPs to the origin server.

  • この機能は、次のように構成します。Configure this feature by:

    • 内部最長有効期間が適用される状態コードを選択します。Selecting the status code for which an internal max-age will be applied.
    • 整数値を指定してから、目的の時間単位 (秒、分、時間など) を選択します。Specifying an integer value and selecting the desired time unit (for example, seconds, minutes, hours, etc.). この値により、要求の最長有効期間が定義されます。This value defines the request's max-age interval.
  • 時間単位を "Off" に設定すると、この機能は無効になります。Setting the time unit to "Off" disables this feature. 内部最長有効期間は、要求された資産に割り当てられません。An internal max-age interval will not be assigned to requested assets. 元のヘッダーにキャッシュに関する指示が含まれていない場合、資産は Default Internal Max-Age (既定の内部最長有効期間) 機能でアクティブな設定に従ってキャッシュされます。If the original header does not contain caching instructions, then the asset will be cached according to the active setting in the Default Internal Max-Age feature.

既定の動作: OffDefault Behavior: Off

互換性Compatibility

キャッシュ設定を追跡する方法が原因で、この機能を次の一致条件に関連付けることはできません。Due to the manner in which cache settings are tracked, this feature cannot be associated with the following match conditions:

  • AS Number (AS 番号)AS Number
  • Client IP Address (現在の IP アドレス)Client IP Address
  • Cookie Parameter (Cookie パラメーター)Cookie Parameter
  • Cookie Parameter Regex (Cookie パラメーターの正規表現)Cookie Parameter Regex
  • CountryCountry
  • DeviceDevice
  • Edge Cname (エッジ CNAME)Edge Cname
  • Referring Domain (参照ドメイン)Referring Domain
  • Request Header Literal (要求ヘッダーのリテラル)Request Header Literal
  • Request Header Regex (要求ヘッダーの正規表現)Request Header Regex
  • Request Header Wildcard (要求ヘッダーのワイルドカード)Request Header Wildcard
  • Request Method (要求メソッド)Request Method
  • Request Scheme (要求スキーム)Request Scheme
  • URL Query Literal (URL クエリ リテラル)URL Query Literal
  • URL Query Regex (URL クエリ正規表現)URL Query Regex
  • URL Query Wildcard (URL クエリ ワイルドカード)URL Query Wildcard
  • URL Query Parameter (URL クエリ パラメーター)URL Query Parameter

先頭に戻るBack to top



H.264 Support (HTTP Progressive Download) (H.264 サポート (HTTP プログレッシブ ダウンロード))H.264 Support (HTTP Progressive Download)

目的: コンテンツのストリーム配信に使用される H.264 ファイル形式の種類を決定します。Purpose: Determines the types of H.264 file formats that may be used to stream content.

重要な情報: Key information:

  • File Extensions (ファイル拡張子) オプションで許可される H.264 ファイル名拡張子の空白で区切られたセットを定義します。Define a space-delimited set of allowed H.264 filename extensions in the File Extensions option. File Extensions (ファイル拡張子) オプションにより、既定の動作がオーバーライドされます。The File Extensions option will override the default behavior. このオプションを設定する際は、MP4 と F4V のファイル名拡張子を含めることによってこれらのサポートを維持してください。Maintain MP4 and F4V support by including those filename extensions when setting this option.
  • 各ファイル名拡張子を指定する際はピリオドを含めます (.mp4.f4v など)。Include a period when you specify each filename extension (for example, .mp4, .f4v).

既定の動作: HTTP プログレッシブ ダウンロードでは MP4 と F4V メディアが既定でサポートされます。Default Behavior: HTTP Progressive Download supports MP4 and F4V media by default.

先頭に戻るBack to top



Honor No-Cache Request (キャッシュなし要求の許可)Honor No-Cache Request

目的: HTTP クライアントのキャッシュなし要求を配信元サーバーに転送するかどうかを決定します。Purpose: Determines whether an HTTP client's no-cache requests will be forwarded to the origin server.

キャッシュなし要求は、HTTP クライアントが HTTP 要求で Cache-Control: no-cache ヘッダーや Pragma: no-cache ヘッダーを送信するときに発生します。A no-cache request occurs when the HTTP client sends a Cache-Control: no-cache and/or Pragma: no-cache header in the HTTP request.

Value 結果Result
EnabledEnabled HTTP クライアントのキャッシュなし要求を配信元サーバーに転送することが可能となり、配信元サーバーは応答ヘッダーと本文を POP 経由で HTTP クライアントに戻します。Allows an HTTP client's no-cache requests to be forwarded to the origin server, and the origin server will return the response headers and the body through the POP back to the HTTP client.
DisabledDisabled 既定の動作を復元します。Restores the default behavior. 既定の動作では、キャッシュなし要求が配信元サーバーに転送されることが防止されます。The default behavior is to prevent no-cache requests from being forwarded to the origin server.

すべての実稼働トラフィックについて、この機能を既定の無効状態のままにしておくことをお勧めします。For all production traffic, it is highly recommended to leave this feature in its default disabled state. そうしないと、配信元サーバーは Web ページの更新時に大量のキャッシュなし要求を誤ってトリガーする可能性があるエンド ユーザーや、すべてのビデオ要求で no-cache ヘッダーを送信するように設計された多くの一般的なメディア プレーヤーからシールドされません。Otherwise, origin servers will not be shielded from end users who may inadvertently trigger many no-cache requests when refreshing web pages, or from the many popular media players that are coded to send a no-cache header with every video request. ただし、この機能は、配信元サーバーから最新のコンテンツをオンデマンドでプルできるようにするために、特定の非運用のステージングまたはテスト用のディレクトリに適用するのに役立つ可能性があります。Nevertheless, this feature can be useful to apply to certain non-production staging or testing directories, in order to allow fresh content to be pulled on-demand from the origin server.

この機能によって配信元サーバーに転送可能な要求についてレポートされるキャッシュの状態は、 TCP_Client_Refresh_Miss です。The cache status that is reported for a request that can be forwarded to an origin server due to this feature is TCP_Client_Refresh_Miss. コア レポート モジュールで使用できるキャッシュの状態レポートでは、キャッシュの状態ごとに統計情報が提供されます。The Cache Statuses report, which is available in the Core reporting module, provides statistical information by cache status. このレポートにより、この機能が原因で配信元サーバーに転送されている要求の数と割合を追跡できます。This report allows you to track the number and percentage of requests that are being forwarded to an origin server due to this feature.

既定の動作: Disabled。Default Behavior: Disabled.

先頭に戻るBack to top



Ignore Origin No-Cache (配信元のキャッシュなしを無視する)Ignore Origin No-Cache

目的: 配信元サーバーから提供された次のディレクティブを CDN が無視するかどうかを決定します。Purpose: Determines whether the CDN will ignore the following directives served from an origin server:

  • Cache-Control: private
  • Cache-Control: no-store
  • Cache-Control: no-cache
  • Pragma: no-cache

重要な情報: Key information:

  • この機能を構成するには、上記のディレクティブが無視される状態コードを空白で区切った一覧を定義します。Configure this feature by defining a space-delimited list of status codes for which the above directives will be ignored.
  • この機能について有効な状態コードのセットは、200、203、300、301、302、305、307、400、401、402、403、404、405、406、407、408、409、410、411、412、413、414、415、416、417、500、501、502、503、504、および 505 です。The set of valid status codes for this feature are: 200, 203, 300, 301, 302, 305, 307, 400, 401, 402, 403, 404, 405, 406, 407, 408, 409, 410, 411, 412, 413, 414, 415, 416, 417, 500, 501, 502, 503, 504, and 505.
  • この機能を無効にするには、空白の値を設定します。Disable this feature by setting it to a blank value.

既定の動作: 既定の動作では、上記のディレクティブを許可します。Default Behavior: The default behavior is to honor the above directives.

互換性Compatibility

キャッシュ設定を追跡する方法が原因で、この機能を次の一致条件に関連付けることはできません。Due to the manner in which cache settings are tracked, this feature cannot be associated with the following match conditions:

  • AS Number (AS 番号)AS Number
  • Client IP Address (現在の IP アドレス)Client IP Address
  • Cookie Parameter (Cookie パラメーター)Cookie Parameter
  • Cookie Parameter Regex (Cookie パラメーターの正規表現)Cookie Parameter Regex
  • CountryCountry
  • DeviceDevice
  • Edge Cname (エッジ CNAME)Edge Cname
  • Referring Domain (参照ドメイン)Referring Domain
  • Request Header Literal (要求ヘッダーのリテラル)Request Header Literal
  • Request Header Regex (要求ヘッダーの正規表現)Request Header Regex
  • Request Header Wildcard (要求ヘッダーのワイルドカード)Request Header Wildcard
  • Request Method (要求メソッド)Request Method
  • Request Scheme (要求スキーム)Request Scheme
  • URL Query Literal (URL クエリ リテラル)URL Query Literal
  • URL Query Regex (URL クエリ正規表現)URL Query Regex
  • URL Query Wildcard (URL クエリ ワイルドカード)URL Query Wildcard
  • URL Query Parameter (URL クエリ パラメーター)URL Query Parameter

先頭に戻るBack to top



Ignore Unsatisfiable Ranges (満たされない範囲を無視する)Ignore Unsatisfiable Ranges 

目的: 要求で「416 Requested Range Not Satisfiable」状態コードが生成されるとき、クライアントに返される応答を決定します。Purpose: Determines the response that will be returned to clients when a request generates a 416 Requested Range Not Satisfiable status code.

既定では、この状態コードは、POP で指定されたバイト範囲要求を満たすことができず、If-Range 要求ヘッダー フィールドが指定されていないときに返されます。By default, this status code is returned when the specified byte-range request cannot be satisfied by a POP and an If-Range request header field was not specified.

Value 結果Result
EnabledEnabled POP が無効なバイト範囲の要求に対して「416 Requested Range Not Satisfiable」状態コードで応答しないようにします。Prevents the POPs from responding to an invalid byte-range request with a 416 Requested Range Not Satisfiable status code. 代わりに、サーバーは要求された資産を配信し、クライアントに「200 OK」を返します。Instead the servers will deliver the requested asset and return a 200 OK to the client.
DisabledDisabled 既定の動作を復元します。Restores the default behavior. 既定の動作では、「416 Requested Range Not Satisfiable」状態コードを許可します。The default behavior is to honor the 416 Requested Range Not Satisfiable status code.

既定の動作: Disabled。Default Behavior: Disabled.

先頭に戻るBack to top



Internal Max-Stale (内部 Max-Stale)Internal Max-Stale

目的: POP が配信元サーバーでキャッシュされたアセットを再有効化できないとき、通常の有効期間を過ぎてから、キャッシュされたアセットを POP から提供できる期間を制御します。Purpose: Controls how long past the normal expiration time a cached asset may be served from a POP when the POP is unable to revalidate the cached asset with the origin server.

通常は、資産の最長有効期間が経過すると、POP は再有効化要求を配信元サーバーに送信します。Normally, when an asset's max-age time expires, the POP will send a revalidation request to the origin server. 配信元サーバーは、「304 Not Modified」で応答して、キャッシュされた資産に関する最新のリースを POP に提供するか、「200 OK」で応答して、キャッシュされた資産の更新されたバージョンを POP に提供します。The origin server will then respond with either a 304 Not Modified to give the POP a fresh lease on the cached asset, or else with 200 OK to provide the POP with an updated version of the cached asset.

POP がこのような再有効化の試行時に配信元サーバーとの接続を確立できない場合は、この Internal Max-Stale (内部 Max-Stale) 機能により、POP が古くなった資産を提供し続けるかどうか、およびその期間が制御されます。If the POP is unable to establish a connection with the origin server while attempting such a revalidation, then this Internal Max-Stale feature controls whether, and for how long, the POP may continue to serve the now-stale asset.

この期間は、失敗した再有効化の発生したときではなく、資産の最長有効期間が経過したときに開始されることに注意してください。Note that this time interval starts when the asset's max-age expires, not when the failed revalidation occurs. したがって、再有効化が成功しないうちに資産を提供できる最長期間は、最長有効期間と max-stale の組み合わせによって指定された時間です。Therefore, the maximum period during which an asset can be served without successful revalidation is the amount of time specified by the combination of max-age plus max-stale. たとえば、30 分の最長有効期間と 15 分の max-stale を指定して資産が 9:00 にキャッシュされた場合、再有効化が 9:44 に失敗すると、エンドユーザーはキャッシュされた古い資産を受信しますが、最有効化が 9:46 に失敗すると、エンドユーザーは「504 Gateway Timeout」を受信します。For example, if an asset was cached at 9:00 with a max-age of 30 minutes and a max-stale of 15 minutes, then a failed revalidation attempt at 9:44 would result in an end user receiving the stale cached asset, while a failed revalidation attempt at 9:46 would result in the end user receiving a 504 Gateway Timeout.

この機能用に構成されたすべての値は、配信元サーバーから受け取った Cache-Control: must-revalidate ヘッダーまたは Cache-Control: proxy-revalidate ヘッダーによって置き換えられます。Any value configured for this feature is superseded by Cache-Control: must-revalidate or Cache-Control: proxy-revalidate headers received from the origin server. 資産が最初にキャッシュされた配信元サーバーからこれらのヘッダーのいずれかが受信された場合、POP はキャッシュされた古い資産を提供しません。If either of those headers is received from the origin server when an asset is initially cached, then the POP will not serve a stale cached asset. その場合、資産の最長有効期間が経過したときに POP と配信元の間で再有効化を実行できないと、POP は「504 Gateway Timeout」エラーを返します。In such a case, if the POP is unable to revalidate with the origin when the asset's max-age interval has expired, the POP returns a 504 Gateway Timeout error.

重要な情報: Key information:

  • この機能は、次のように構成します。Configure this feature by:

    • max-stale が適用される状態コードを選択します。Selecting the status code for which a max-stale will be applied.
    • 整数値を指定してから、目的の時間単位 (秒、分、時間など) を選択します。Specifying an integer value and then selecting the desired time unit (for example, seconds, minutes, hours, etc.). この値により、適用される内部 max-stale が定義されます。This value defines the internal max-stale that will be applied.
  • 時間単位を "Off" に設定すると、この機能は無効になります。Setting the time unit to "Off" will disable this feature. キャッシュされた資産が通常の有効期限を超えて提供されることはありません。A cached asset will not be served beyond its normal expiration time.

既定の動作: 2 分Default Behavior: Two minutes

互換性Compatibility

キャッシュ設定を追跡する方法が原因で、この機能を次の一致条件に関連付けることはできません。Due to the manner in which cache settings are tracked, this feature cannot be associated with the following match conditions:

  • AS Number (AS 番号)AS Number
  • Client IP Address (現在の IP アドレス)Client IP Address
  • Cookie Parameter (Cookie パラメーター)Cookie Parameter
  • Cookie Parameter Regex (Cookie パラメーターの正規表現)Cookie Parameter Regex
  • CountryCountry
  • DeviceDevice
  • Edge Cname (エッジ CNAME)Edge Cname
  • Referring Domain (参照ドメイン)Referring Domain
  • Request Header Literal (要求ヘッダーのリテラル)Request Header Literal
  • Request Header Regex (要求ヘッダーの正規表現)Request Header Regex
  • Request Header Wildcard (要求ヘッダーのワイルドカード)Request Header Wildcard
  • Request Method (要求メソッド)Request Method
  • Request Scheme (要求スキーム)Request Scheme
  • URL Query Literal (URL クエリ リテラル)URL Query Literal
  • URL Query Regex (URL クエリ正規表現)URL Query Regex
  • URL Query Wildcard (URL クエリ ワイルドカード)URL Query Wildcard
  • URL Query Parameter (URL クエリ パラメーター)URL Query Parameter

先頭に戻るBack to top



Log Query String (ログ クエリ文字列)Log Query String

目的: アクセス ログに URL と共にクエリ文字列を保存するかどうかを決定します。Purpose: Determines whether a query string will be stored along with the URL in access logs.

Value 結果Result
EnabledEnabled アクセス ログで URL を記録するときにクエリ文字列を保存できるようにします。Allows the storage of query strings when recording URLs in an access log. URL にクエリ文字列が含まれていない場合、このオプションには効果がありません。If a URL does not contain a query string, then this option will not have an effect.
DisabledDisabled 既定の動作を復元します。Restores the default behavior. 既定の動作では、アクセス ログで URL を記録する際にクエリ文字列を無視します。The default behavior is to ignore query strings when recording URLs in an access log.

既定の動作: Disabled。Default Behavior: Disabled.

先頭に戻るBack to top



Maximum Keep-Alive Requests (最大キープアライブ要求)Maximum Keep-Alive Requests

目的: キープアライブ接続の最大要求数を定義します。この数に達すると終了となります。Purpose: Defines the maximum number of requests for a Keep-Alive connection before it is closed.

要求の最大数を低い値に設定することは、パフォーマンスの低下につながる場合があるため、お勧めしません。Setting the maximum number of requests to a low value is discouraged and may result in performance degradation.

重要な情報: Key information:

  • この値は整数として指定します。Specify this value as a whole integer.
  • 指定する値にコンマやピリオドは含めないでください。Do not include commas or periods in the specified value.

既定値: 10,000 件の要求Default Value: 10,000 requests

先頭に戻るBack to top



Modify Client Request Header (クライアント要求ヘッダーの修正)Modify Client Request Header

目的: 各要求には、その要求について説明する要求ヘッダーのセットが含まれています。Purpose: Each request contains a set of request headers that describe it. この機能により、次のいずれかを実行できます。This feature can either:

  • 要求ヘッダーに割り当てられた値を追加または上書きします。Append or overwrite the value assigned to a request header. 指定された要求ヘッダーが存在しない場合、この機能はその要求ヘッダーを要求に追加します。If the specified request header does not exist, then this feature will add it to the request.
  • 要求から要求ヘッダーを削除します。Delete a request header from the request.

配信元サーバーに転送される要求には、この機能によって行われた変更が反映されます。Requests that are forwarded to an origin server will reflect the changes made by this feature.

要求ヘッダーには、次のアクションのいずれかを実行できます。One of the following actions can be performed on a request header:

オプションOption 説明Description Example
AppendAppend 指定された値が、既存の要求ヘッダー値の末尾に追加されます。The specified value will be added to the end of the existing request header value. 要求ヘッダー値 (クライアント):Request header value (client):
Value1Value1
要求ヘッダー値 (ルール エンジン):Request header value (rules engine):
Value2Value2
新しい要求ヘッダー値:New request header value:
Value1Value2Value1Value2
上書きOverwrite 要求ヘッダー値が、指定された値に設定されます。The request header value will be set to the specified value. 要求ヘッダー値 (クライアント):Request header value (client):
Value1Value1
要求ヘッダー値 (ルール エンジン):Request header value (rules engine):
Value2Value2
新しい要求ヘッダー値:New request header value:
Value2Value2
削除Delete 指定された要求ヘッダーを削除します。Deletes the specified request header. 要求ヘッダー値 (クライアント):Request header value (client):
Value1Value1
クライアント要求ヘッダー構成の修正:Modify client request header configuration:
問題の要求ヘッダーを削除します。Delete the request header in question.
結果:Result:
指定された要求ヘッダーは、配信元サーバーに転送されません。The specified request header will not be forwarded to the origin server.

重要な情報: Key information:

  • Name (名前) オプションで指定されている値が目的の要求ヘッダーと正確に一致することを確認してください。Ensure that the value specified in the Name option is an exact match for the desired request header.
  • ヘッダーを識別する際、大文字小文字は区別されません。Case is not taken into account for the purpose of identifying a header. たとえば、次のバリエーションのいずれを使用しても、 Cache-Control ヘッダー名を識別できます。For example, any of the following variations of the Cache-Control header name can be used to identify it:
    • cache-controlcache-control
    • CACHE-CONTROLCACHE-CONTROL
    • cachE-ControlcachE-Control
  • ヘッダー名を指定する際は、英数字、ハイフン、またはアンダー スコアのみを使用してください。When specifying a header name, use only alphanumeric characters, dashes, or underscores.
  • ヘッダーを削除すると、そのヘッダーが POP によって配信元サーバーに転送されなくなります。Deleting a header will prevent it from being forwarded to an origin server by the POPs.
  • 次のヘッダーは予約済みであり、この機能で変更することはできません。The following headers are reserved and cannot be modified by this feature:
    • forwardedforwarded
    • hosthost
    • viavia
    • warningwarning
    • x-forwarded-forx-forwarded-for
    • "x-ec" で始まるすべてのヘッダー名は予約済みです。All header names that start with "x-ec" are reserved.

先頭に戻るBack to top



Modify Client Response Header (クライアント応答ヘッダーの修正)Modify Client Response Header

各応答には、その応答について説明する応答ヘッダーのセットが含まれています。Each response contains a set of response headers that describe it. この機能により、次のいずれかを実行できます。This feature can either:

  • 応答ヘッダーに割り当てられた値を追加または上書きします。Append or overwrite the value assigned to a response header. 指定された応答ヘッダーが存在しない場合、この機能はその要求ヘッダーを応答に追加します。If the specified response header does not exist, then this feature will add it to the response.
  • 応答から応答ヘッダーを削除します。Delete a response header from the response.

既定では、応答ヘッダー値は配信元サーバーと POP によって定義されます。By default, response header values are defined by an origin server and by the POPs.

応答ヘッダーには、次のアクションのいずれかを実行できます。One of the following actions can be performed on a response header:

オプションOption 説明Description Example
AppendAppend 指定された値が、既存の応答ヘッダー値の末尾に追加されます。The specified value will be added to the end of the existing response header value. 応答ヘッダー値 (クライアント):Response header value (client):
Value1Value1
応答ヘッダー値 (ルール エンジン):Response header value (rules engine):
Value2Value2
新しい応答ヘッダー値:New response header value:
Value1Value2Value1Value2
上書きOverwrite 応答ヘッダー値が、指定された値に設定されます。The response header value will be set to the specified value. 応答ヘッダー値 (クライアント):Response header value (client):
Value1Value1
応答ヘッダー値 (ルール エンジン):Response header value (rules engine):
Value2Value2
新しい応答ヘッダー値:New response header value:
Value2Value2
削除Delete 指定された応答ヘッダーを削除します。Deletes the specified response header. 応答ヘッダー値 (クライアント):Response header value (client):
Value1Value1
クライアント応答ヘッダー構成の修正:Modify client response header configuration:
問題の応答ヘッダーを削除します。Delete the response header in question.
結果:Result:
指定された応答ヘッダーは、要求元に転送されません。The specified response header will not be forwarded to the requester.

重要な情報: Key information:

  • Name (名前) オプションで指定されている値が目的の応答ヘッダーと正確に一致することを確認してください。Ensure that the value specified in the Name option is an exact match for the desired response header.
  • ヘッダーを識別する際、大文字小文字は区別されません。Case is not taken into account for the purpose of identifying a header. たとえば、次のバリエーションのいずれを使用しても、 Cache-Control ヘッダー名を識別できます。For example, any of the following variations of the Cache-Control header name can be used to identify it:
    • cache-controlcache-control
    • CACHE-CONTROLCACHE-CONTROL
    • cachE-ControlcachE-Control
  • ヘッダーを削除すると、そのヘッダーが要求元に転送されなくなります。Deleting a header prevents it from being forwarded to the requester.
  • 次のヘッダーは予約済みであり、この機能で変更することはできません。The following headers are reserved and cannot be modified by this feature:
    • accept-encodingaccept-encoding
    • ageage
    • connectionconnection
    • content-encodingcontent-encoding
    • content-lengthcontent-length
    • content-rangecontent-range
    • datedate
    • serverserver
    • trailertrailer
    • transfer-encodingtransfer-encoding
    • upgradeupgrade
    • varyvary
    • viavia
    • warningwarning
    • "x-ec" で始まるすべてのヘッダー名は予約済みです。All header names that start with "x-ec" are reserved.

先頭に戻るBack to top



Partial Cache Sharing (部分キャッシュ共有)Partial Cache Sharing

目的: 部分的にキャッシュされたコンテンツを要求で生成できるかどうかを決定します。Purpose: Determines whether a request can generate partially cached content.

その後は、要求されたコンテンツが完全にキャッシュされるまで、この部分的なキャッシュを使用してそのコンテンツに関する新しい要求を満たすことができます。This partial cache may then be used to fulfill new requests for that content until the requested content is fully cached.

Value 結果Result
EnabledEnabled 部分的にキャッシュされたコンテンツを要求で生成できます。Requests can generate partially cached content.
DisabledDisabled 要求されたコンテンツの完全にキャッシュされたバージョンのみを要求で生成できます。Requests can only generate a fully cached version of the requested content.

既定の動作: Disabled。Default Behavior: Disabled.

先頭に戻るBack to top



Prevalidate Cached Content (キャッシュされたコンテンツの事前検証)Prevalidate Cached Content

目的: TTL が期限切れになる前に、キャッシュされたコンテンツに早期再有効化の資格が与えられるかどうかを決定します。Purpose: Determines whether cached content will be eligible for early revalidation before its TTL expires.

要求されたコンテンツの TTL の有効期限が切れる前に早期再有効化の資格が与えられるまでの時間を定義します。Define the amount of time prior to the expiration of the requested content's TTL during which it will be eligible for early revalidation.

重要な情報: Key information:

  • 時間単位として "Off" を選択すると、キャッシュされたコンテンツの TTL が期限切れになった後で再有効化が実行されます。Selecting "Off" as the time unit requires revalidation to take place after the cached content's TTL has expired. 時間を指定する必要はなく、指定しても無視されます。Time should not be specified and is ignored.

既定の動作: Off。Default Behavior: Off. 再有効化は、キャッシュされたコンテンツの TTL が期限切れになった後にのみ実行されます。Revalidation may only take place after the cached content's TTL has expired.

先頭に戻るBack to top



Proxy Special Headers (プロキシーの特殊ヘッダー)Proxy Special Headers

目的: POP から配信元サーバーに転送される一連の Verizon 固有 HTTP 要求ヘッダー を定義します。Purpose: Defines the set of Verizon-specific HTTP request headers that will be forwarded from a POP to an origin server.

重要な情報: Key information:

  • この機能で定義される各 CDN 固有要求ヘッダーは、配信元サーバーに転送されます。Each CDN-specific request header defined in this feature is forwarded to an origin server. 除外されたヘッダーは転送されません。Excluded headers are not forwarded.
  • CDN 固有要求ヘッダーが転送されないようにするには、ヘッダー リスト フィールドのスペースで区切られたリストから削除します。To prevent a CDN-specific request header from being forwarded, remove it from space-separated list in the header list field.

既定のリストには、次の HTTP ヘッダーが含まれています。The following HTTP headers are included in the default list:

  • ViaVia
  • X-Forwarded-ForX-Forwarded-For
  • X-Forwarded-ProtoX-Forwarded-Proto
  • X-HostX-Host
  • X-MidgressX-Midgress
  • X-Gateway-ListX-Gateway-List
  • X-EC-NameX-EC-Name
  • HostHost

既定の動作: すべての CDN 固有要求ヘッダーが配信元サーバーに転送されます。Default Behavior: All CDN-specific request headers will be forwarded to the origin server.

先頭に戻るBack to top



Refresh Zero-Byte Cache Files (ゼロバイト キャッシュ ファイルの更新)Refresh Zero-Byte Cache Files

目的: 0 バイトのキャッシュ資産に対する HTTP クライアントの要求を POP が処理する方法を決定します。Purpose: Determines how an HTTP client's request for a 0-byte cache asset is handled by the POPs.

有効な値は次のとおりです。Valid values are:

Value 結果Result
EnabledEnabled POP が資産を配信元サーバーから再取得します。Causes the POP to refetch the asset from the origin server.
DisabledDisabled 既定の動作を復元します。Restores the default behavior. 既定の動作では、要求時に有効なキャッシュされた資産が提供されます。The default behavior is to serve up valid cache assets upon request.

この機能は、正しいキャッシュおよびコンテンツ配信のために必要というわけではありませんが、回避策として役に立つ場合があります。This feature is not required for correct caching and content delivery, but may be useful as a workaround. たとえば、配信元サーバー上の動的コンテンツ ジェネレーターにより、誤って 0 バイトの応答が POP に送信される可能性があります。For example, dynamic content generators on origin servers can inadvertently result in 0-byte responses being sent to the POPs. 通常、これらの種類の応答は、POP によってキャッシュされます。These types of responses are typically cached by the POPs. 当該のコンテンツで 0 バイトの応答が有効でないことがわかっている場合は、If you know that a 0-byte response is never a valid response

この機能を使用してそれらの種類の資産がクライアントに提供されることを防止できます。for such content, then this feature can prevent these types of assets from being served to your clients.

既定の動作: Disabled。Default Behavior: Disabled.

先頭に戻るBack to top



Set Cacheable Status Codes (キャッシュ可能ステータス コードの設定)Set Cacheable Status Codes

目的: 結果としてコンテンツがキャッシュされる状態コードのセットを定義します。Purpose: Defines the set of status codes that can result in cached content.

既定では、キャッシュは「200 OK」応答についてのみ有効です。By default, caching is only enabled for 200 OK responses.

目的の状態コードを空白で区切ったセットを定義してください。Define a space-delimited set of the desired status codes.

重要な情報: Key information:

  • Ignore Origin No-Cache (配信元のキャッシュなしを無視する) 機能を有効にしてください。Enable the Ignore Origin No-Cache feature. この機能が有効でないと、200 OK 以外の応答はキャッシュされない可能性があります。If this feature is not enabled, then non-200 OK responses may not be cached.
  • この機能について有効な状態コードのセットは、 203、300、301、302、305、307、400、401、402、403、404、405、406、407、408、409、410、411、412、413、414、415、416、417、500、501、502、503、504、および 505 です。The set of valid status codes for this feature are: 203, 300, 301, 302, 305, 307, 400, 401, 402, 403, 404, 405, 406, 407, 408, 409, 410, 411, 412, 413, 414, 415, 416, 417, 500, 501, 502, 503, 504, and 505.
  • この機能を使用して、「200 OK」状態コードを生成する応答についてキャッシュを無効にすることはできません。This feature cannot be used to disable caching for responses that generate a 200 OK status code.

既定の動作: キャッシュは「200 OK」状態コードを生成する応答についてのみ有効です。Default Behavior: Caching is enabled only for responses that generate a 200 OK status code.

先頭に戻るBack to top



Set Client IP Custom Header (クライアント IP カスタム ヘッダーの設定)Set Client IP Custom Header

目的: IP アドレスによって要求元クライアントを識別するカスタム ヘッダーを要求に追加します。Purpose: Adds a custom header that identifies the requesting client by IP address to the request.

[ヘッダー名] オプションにより、クライアントの IP アドレスが格納されるカスタム要求ヘッダーの名前が定義されます。The Header name option defines the name of the custom request header where the client's IP address is stored.

この機能により、顧客の配信元サーバーはカスタム要求ヘッダーを通じてクライアントの IP アドレスを知ることができます。This feature allows a customer origin server to find out client IP addresses through a custom request header. 要求がキャッシュから提供された場合、配信元サーバーにクライアントの IP アドレスは通知されません。If the request is served from cache, then the origin server will not be informed of the client's IP address. したがって、キャッシュされない資産でこの機能を使用することをお勧めします。Therefore, it is recommended that this feature be used with assets that aren't cached.

指定されたヘッダーの名前が次のいずれの名前とも一致しないことを確認してください。Ensure that the specified header name does not match any of the following names:

  • 標準的な要求ヘッダー名。Standard request header names. 標準的なヘッダー名の一覧は  RFC 2616 に記載されています。A list of standard header names can be found in RFC 2616.
  • 予約済みのヘッダー名:Reserved header names:
    • forwarded-forforwarded-for
    • hosthost
    • varyvary
    • viavia
    • warningwarning
    • x-forwarded-forx-forwarded-for
    • "x-ec" で始まるすべてのヘッダー名は予約済みです。All header names that start with "x-ec" are reserved.

先頭に戻るBack to top



Stale Content Delivery on Error (エラー時の古いコンテンツ配信)Stale Content Delivery on Error

目的: キャッシュ再検証中にエラーが発生したとき、または顧客の配信元サーバーから要求されたコンテンツを取得するとき、期限切れになったキャッシュ済みコンテンツを配信するかどうかを決定します。Purpose: Determines whether expired cached content will be delivered when an error occurs during cache revalidation or when retrieving the requested content from the customer origin server.

Value 結果Result
EnabledEnabled 配信元サーバーへの接続中にエラーが発生したときに、古いコンテンツが要求元に提供されます。Stale content is served to the requester when an error occurs during a connection to an origin server.
DisabledDisabled 配信元サーバーのエラーが要求元に転送されます。The origin server's error is forwarded to the requester.

既定の動作: DisabledDefault Behavior: Disabled

先頭に戻るBack to top



Stale While Revalidate (古いキャッシュを返し、同時に再検証)Stale While Revalidate

目的: 再有効化の実行中に古いコンテンツを要求元に提供することを POP に許可することにより、パフォーマンスを向上させます。Purpose: Improves performance by allowing the POPs to serve stale content to the requester while revalidation takes place.

重要な情報: Key information:

  • この機能の動作は、選択した時間単位によって異なります。The behavior of this feature varies according to the selected time unit.
    • 時間単位: 古いコンテンツの配信を許可する期間を指定し、時間単位 (秒、分、時間など) を選択します。Time Unit: Specify a length of time and select a time unit (for example, Seconds, Minutes, Hours, etc.) to allow stale content delivery. この種類の設定により、CDN は次の式に従って、有効化を要求する前にコンテンツを提供できる期間を拡張できます。TTL + Stale While Revalidate (古いキャッシュを返し、同時に再有効化)This type of setup allows the CDN to extend the length of time that it may deliver content before requiring validation according to the following formula: TTL + Stale While Revalidate Time
    • Off: "Off" を選択すると、古いコンテンツに関する要求を実行する前に再有効化が要求されます。Off: Select "Off" to require revalidation before a request for stale content may be served.
      • 期間は適用されず、無視されるため、指定しないでください。Do not specify a length of time since it is inapplicable and will be ignored.

既定の動作: Off。Default Behavior: Off. 要求されたコンテンツを提供する前に再有効化が実行される必要があります。Revalidation must take place before the requested content can be served.

先頭に戻るBack to top



Token Auth (トークン認証)Token Auth

目的: トークン基準の認証を要求に適用するかどうかを決定します。Purpose: Determines whether Token-Based Authentication will be applied to a request.

トークン基準の認証が有効になっている場合は、暗号化されたトークンを提供し、そのトークンで指定されている要件に準拠している要求だけが受け入れられます。If Token-Based Authentication is enabled, then only requests that provide an encrypted token and comply to the requirements specified by that token will be honored.

トークン値の暗号化と暗号化解除に使用される暗号化キーは、[Token Auth (トークン認証)] ページの Primary Key (主キー) オプションと Backup Key (バックアップ キー) オプションによって決まります。The encryption key that is used to encrypt and decrypt token values is determined by the Primary Key and the Backup Key options on the Token Auth page. 暗号化キーはプラットフォームに固有であることに注意してください。Keep in mind that encryption keys are platform-specific.

既定の動作: Disabled。Default Behavior: Disabled.

この機能は、URL 書き換え機能を除くほとんどの機能より優先されます。This feature takes precedence over most features with the exception of the URL Rewrite feature.

Value 結果Result
EnabledEnabled 要求されたコンテンツをトークン基準の認証によって保護します。Protects the requested content with Token-Based Authentication. 有効なトークンを提供し、その要件を満たしているクライアントからの要求のみが受け入れられます。Only requests from clients that provide a valid token and meet its requirements will be honored. FTP トランザクションはトークン基準の認証から除外されます。FTP transactions are excluded from Token-Based Authentication.
DisabledDisabled 既定の動作を復元します。Restores the default behavior. 既定の動作では、要求が保護されるかどうかはトークン基準の認証構成によって決まります。The default behavior is to allow your Token-Based Authentication configuration to determine whether a request will be secured.

互換性Compatibility

トークン認証は、[常に] 一致条件と一緒に使用しないでください。Do not use Token Auth with an Always match condition.

先頭に戻るBack to top



Token Auth Denial Code (トークン認証拒否コード)Token Auth Denial Code

目的: トークン ベースの認証により要求が拒否されるとき、ユーザーに返す応答の種類を決定します。Purpose: Determines the type of response that will be returned to a user when a request is denied due to token-based authentication.

使用可能な応答コードを次の表に示します。The available response codes are listed in the following table.

応答コードResponse Code 応答名Response Name 説明Description
301301 Moved PermanentlyMoved Permanently この状態コードでは、Location ヘッダーで指定された URL に未承認のユーザーがリダイレクトされます。This status code redirects unauthorized users to the URL specified in the Location header.
302302 FoundFound この状態コードでは、Location ヘッダーで指定された URL に未承認のユーザーがリダイレクトされます。This status code redirects unauthorized users to the URL specified in the Location header. この状態コードは、リダイレクトを実行する業界標準の方法です。This status code is the industry standard method of performing a redirect.
307307 Temporary RedirectTemporary Redirect この状態コードでは、Location ヘッダーで指定された URL に未承認のユーザーがリダイレクトされます。This status code redirects unauthorized users to the URL specified in the Location header.
401401 UnauthorizedUnauthorized この状態コードを WWW-Authenticate 応答ヘッダーと組み合わせることにより、認証を求めるプロンプトをユーザーに表示することができます。Combining this status code with the WWW-Authenticate response header allows you to prompt a user for authentication.
403403 ForbiddenForbidden このメッセージは、未認証のユーザーが保護されたコンテンツにアクセスしようとしたときに表示される標準の 403 Forbidden 状態メッセージです。This message is the standard 403 Forbidden status message that an unauthorized user will see when trying to access protected content.
404404 File Not FoundFile Not Found この状態コードは、HTTP クライアントがサーバーと通信できたが要求されたコンテンツは見つからなかったことを示します。This status code indicates that the HTTP client was able to communicate with the server, but the requested content was not found.

互換性Compatibility

トークン認証拒否コードは、[常に] 一致条件と一緒に使用しないでください。Do not use Token Auth Denial Code with an Always match condition. 代わりに、管理ポータルの [トークン認証] ページの [Custom Denial Handling](拒否のカスタム処理) セクションを使用します。Instead, use the Custom Denial Handling section in the Token Auth page of the Manage portal. 詳細については、「トークン認証による Azure CDN 資産の保護」をご覧ください。For more information, see Securing Azure CDN assets with token authentication.

URL Redirection (URL リダイレクト)URL Redirection

この機能では、3xx 状態コードを返すように構成された場合に、ユーザー定義 URL への URL リダイレクトがサポートされます。This feature supports URL redirection to a user-defined URL when it is configured to return a 3xx status code. このユーザー定義 URL は、次の手順を実行することによって指定できます。This user-defined URL can be specified by performing the following steps:

  1. Token Auth Denial Code (トークン認証拒否コード) 機能用の 3xx 応答コードを選択します。Select a 3xx response code for the Token Auth Denial Code feature.
  2. Optional Header Name (省略可能なヘッダー名) オプションから "Location" (場所) を選択します。Select "Location" from the Optional Header Name option.
  3. Optional Header Value (省略可能なヘッダー値) オプションを目的の URL に設定します。Set the Optional Header Value option to the desired URL.

3xx 状態コード用の URL が定義されていない場合は、3xx 状態コード用の標準の応答ページがユーザーに返されます。If a URL is not defined for a 3xx status code, then the standard response page for a 3xx status code will be returned to the user.

URL リダイレクトは 3xx 応答コードにのみ適用されます。URL redirection is only applicable for 3xx response codes.

Optional Header Value (省略可能なヘッダー値) オプションでは、英数字、引用符、スペースがサポートされます。The Optional Header Value option supports alphanumeric characters, quotation marks, and spaces.

AuthenticationAuthentication

この機能により、トークン基準の認証によって保護されたコンテンツに関する未承認の要求に応答するときに WWW-Authenticate ヘッダーを含めることが可能になります。This feature supports the capability to include the WWW-Authenticate header when responding to an unauthorized request for content protected by Token-Based Authentication. 構成で WWW-Authenticate ヘッダーが "basic" に設定されている場合、未承認のユーザーにはアカウントの資格情報を入力するように求められます。If the WWW-Authenticate header has been set to "basic" in your configuration, then the unauthorized user will be prompted for account credentials.

上記の構成は、次の手順を実行することによって実現できます。The above configuration can be achieved by performing the following steps:

  1. Token Auth Denial Code (トークン認証拒否コード) 機能用の応答コードとして "401" を選択します。Select "401" as the response code for the Token Auth Denial Code feature.
  2. Optional Header Name (省略可能なヘッダー名) オプションから "WWW-Authenticate" を選択します。Select "WWW-Authenticate" from the Optional Header Name option.
  3. Optional Header Value (省略可能なヘッダー値) オプションを "basic" に設定します。Set the Optional Header Value option to "basic."

WWW-Authenticate ヘッダーは、401 応答コードでのみ適用されます。The WWW-Authenticate header is only applicable for 401 response codes.

先頭に戻るBack to top



Token Auth Ignore URL Case (トークン認証の URL 大文字/小文字の無視)Token Auth Ignore URL Case

目的: トークン ベースの認証で URL を比較するとき、大文字と小文字を区別するかどうかを決定します。Purpose: Determines whether URL comparisons made by Token-Based Authentication are case-sensitive.

この機能によって影響を受けるパラメーターは、次のとおりです。The parameters affected by this feature are:

  • ec_url_allowec_url_allow
  • ec_ref_allowec_ref_allow
  • ec_ref_denyec_ref_deny

有効な値は次のとおりです。Valid values are:

Value 結果Result
EnabledEnabled POP で、トークン ベースの認証パラメーターの URL が比較されるときに、大文字小文字が区別されなくなります。Causes the POP to ignore case when comparing URLs for Token-Based Authentication parameters.
DisabledDisabled 既定の動作を復元します。Restores the default behavior. 既定の動作では、トークン認証で URL が比較されるときに大文字小文字が区別されます。The default behavior is for URL comparisons for Token Authentication to be case-sensitive.

既定の動作: Disabled。Default Behavior: Disabled.

先頭に戻るBack to top



Token Auth Parameter (トークン認証パラメーター)Token Auth Parameter

目的: トークン基準の認証のクエリ文字列パラメーターの名前を変更するかどうかを決定します。Purpose: Determines whether the Token-Based Authentication query string parameter should be renamed.

重要な情報: Key information:

  • Value (値) オプションにより、トークンを指定するために使用できるクエリ文字列パラメーター名が定義されます。The Value option defines the query string parameter name through which a token may be specified.
  • Value (値) オプションを "ec_token" に設定することはできません。The Value option cannot be set to "ec_token."
  • Value (値) オプションで定義する名前には、有効な URL 文字のみを含めてください。Ensure that the name defined in the Value option contains only valid URL characters.
Value 結果Result
EnabledEnabled Value (値) オプションにより、トークンを定義するのに使用する必要のあるクエリ文字列パラメーター名が定義されます。The Value option defines the query string parameter name through which tokens should be defined.
DisabledDisabled 要求 URL でトークンを未定義のクエリ文字列パラメーターとして指定することができます。A token may be specified as an undefined query string parameter in the request URL.

既定の動作: Disabled。Default Behavior: Disabled. 要求 URL でトークンを未定義のクエリ文字列パラメーターとして指定することができます。A token may be specified as an undefined query string parameter in the request URL.

先頭に戻るBack to top



URL Redirect (URL リダイレクト)URL Redirect

目的: Location (場所) ヘッダー経由で要求をリダイレクトします。Purpose: Redirects requests via the Location header.

この機能の構成では、次のオプションを設定する必要があります。The configuration of this feature requires setting the following options:

オプションOption|説明Description -|- コードCode|要求元に返される応答コードを選択します。Select the response code that will be returned to the requester. Source & Pattern (ソースとパターン)Source & Pattern| これらの設定により、リダイレクトされる要求の種類を識別する要求 URI のパターンが定義されます。These settings define a request URI pattern that identifies the type of requests that may be redirected. URL が次の条件の両方を満たす要求だけがリダイレクトされます。Only requests whose URL satisfies both of the following criteria will be redirected:

ソース (またはコンテンツ アクセス ポイント): 配信元サーバーを識別する相対パスを選択します。Source (or content access point): Select a relative path that identifies an origin server. このパスは、/XXXX/ セクションとエンドポイント名です。 This path is the /XXXX/ section and your endpoint name.

ソース (パターン): 相対パスによって要求を識別するパターンを定義する必要があります。Source (pattern): A pattern that identifies requests by relative path must be defined. この正規表現パターンでは、前に選択されていたコンテンツ アクセス ポイント (上記参照) の直後に始まるパスを定義する必要があります。This regular expression pattern must define a path that starts directly after the previously selected content access point (see above).
- 前に定義した要求 URI 条件 (つまり、[Source & Pattern](ソースとパターン)) がこの機能について定義されている一致条件と競合しないことを確認してください。- Ensure that the request URI criteria (that is, Source & Pattern) previously defined doesn't conflict with any match conditions defined for this feature.
- パターンを指定します。パターンとして空の値を指定すると、すべての文字列と一致します。- Specify a pattern; if you use a blank value as the pattern, all strings are matched. 宛先Destination| 上の要求がリダイレクトされる URL を定義します。Define the URL to which the above requests will be redirected.

この URL は、次のものを使用して動的に作成します。Dynamically construct this URL using:
- 正規表現パターン- A regular expression pattern
- HTTP 変数- HTTP variables

$n を使用して、ソース パターンでキャプチャされた値を変換先パターンに置き換えます ( n はキャプチャされた順序で値を識別します)。Substitute the values captured in the source pattern into the destination pattern using $n where n identifies a value by the order in which it was captured. たとえば、$1 は、ソース パターンでキャプチャされた最初の値を表し、$2 は 2 番目の値を表します。For example, $1 represents the first value captured in the source pattern, while $2 represents the second value.
絶対 URL を使用することを強くお勧めします。It is highly recommended to use an absolute URL. 相対 URL を使用すると、CDN の URL が無効なパスにリダイレクトされることがあります。The use of a relative URL may redirect CDN URLs to an invalid path.

サンプル シナリオSample Scenario

この例では、ベース CDN URL http://marketing.azureedge.net/brochures に解決されるエッジ CNAME URL をリダイレクトする方法について説明しますThis example, demonstrates how to redirect an edge CNAME URL that resolves to this base CDN URL: http://marketing.azureedge.net/brochures

対象の要求は、ベース エッジ CNAME URL http://cdn.mydomain.com/resources にリダイレクトされますQualifying requests will be redirected to this base edge CNAME URL: http://cdn.mydomain.com/resources

この URL のリダイレクトは、次の構成によって達成できます。URL Redirect (URL リダイレクト)This URL redirection may be achieved through the following configuration: URL redirect

重要なポイント:Key points:

  • URL Redirect (URL リダイレクト) 機能では、リダイレクトされる要求 URL が定義されます。The URL Redirect feature defines the request URLs that will be redirected. このため、追加の一致条件は必要ありません。As a result, additional match conditions are not required. 一致条件を [Always (常に)] として定義しましたが、顧客の配信元 "marketing" にある "brochures" フォルダーを指定する要求だけがリダイレクトされます。Although the match condition was defined as "Always," only requests that point to the "brochures" folder on the "marketing" customer origin will be redirected.
  • 一致するすべての要求は、Destination (送信先) オプションで定義されているエッジ CNAME URL にリダイレクトされます。All matching requests will be redirected to the edge CNAME URL defined in the Destination option.
    • サンプル シナリオ 1:Sample scenario #1:
      • サンプルの要求 (CDN URL): http://marketing.azureedge.net/brochures/widgets.pdfSample request (CDN URL): http://marketing.azureedge.net/brochures/widgets.pdf
      • 要求 URL (リダイレクト後): http://cdn.mydomain.com/resources/widgets.pdfRequest URL (after redirect): http://cdn.mydomain.com/resources/widgets.pdf
    • サンプル シナリオ 2:Sample scenario #2:
      • サンプルの要求 (エッジ CNAME URL): http://marketing.mydomain.com/brochures/widgets.pdfSample request (Edge CNAME URL): http://marketing.mydomain.com/brochures/widgets.pdf
      • 要求 URL (リダイレクト後): http://cdn.mydomain.com/resources/widgets.pdfRequest URL (after redirect): http://cdn.mydomain.com/resources/widgets.pdf
    • サンプル シナリオ 3:Sample scenario #3:
      • サンプルの要求 (エッジ CNAME URL): http://brochures.mydomain.com/campaignA/final/productC.pptSample request (Edge CNAME URL): http://brochures.mydomain.com/campaignA/final/productC.ppt
      • 要求 URL (リダイレクト後): http://cdn.mydomain.com/resources/campaignA/final/productC.pptRequest URL (after redirect): http://cdn.mydomain.com/resources/campaignA/final/productC.ppt
  • 要求スキーム (%{scheme}) 変数は Destination (送信先) オプションで利用されるため、リダイレクト後に要求のスキームが変更されなくなります。The Request Scheme (%{scheme}) variable is leveraged in the Destination option, which ensures that the request's scheme remains unchanged after redirection.
  • 要求からキャプチャされた URL セグメントは、"$1" を使用して新しい URL に追加されます。The URL segments that were captured from the request are appended to the new URL via "$1."

先頭に戻るBack to top



URL Rewrite (URL 書き換え)URL Rewrite

目的: 要求 URL を書き換えます。Purpose: Rewrites the request URL.

重要な情報: Key information:

  • この機能の構成では、次のオプションを設定する必要があります。The configuration of this feature requires setting the following options:
オプションOption 説明Description
Source & Pattern (ソースとパターン)Source & Pattern これらの設定により、書き換えられる要求の種類を識別する要求 URI のパターンが定義されます。These settings define a request URI pattern that identifies the type of requests that may be rewritten. URL が次の条件の両方を満たす要求だけが書き換えられます。Only requests whose URL satisfies both of the following criteria will be rewritten:

- ソース (またはコンテンツ アクセス ポイント): 配信元サーバーを識別する相対パスを選択します。- Source (or content access point): Select a relative path that identifies an origin server. このパスは、/XXXX/ セクションとエンドポイント名です。This path is the /XXXX/ section and your endpoint name.

- ソース (パターン): 相対パスによって要求を識別するパターンを定義する必要があります。- Source (pattern): A pattern that identifies requests by relative path must be defined. この正規表現パターンでは、前に選択されていたコンテンツ アクセス ポイント (上記参照) の直後に始まるパスを定義する必要があります。This regular expression pattern must define a path that starts directly after the previously selected content access point (see above).
前に定義した要求 URI 条件 (つまり、[Source & Pattern](ソースとパターン)) がこの機能について定義されている一致条件と競合しないことを確認してください。Verify that the request URI criteria (that is, Source & Pattern) previously defined doesn't conflict with any of the match conditions defined for this feature. パターンを指定します。パターンとして空の値を指定すると、すべての文字列と一致します。Specify a pattern; if you use a blank value as the pattern, all strings are matched.
宛先Destination 上の要求の書き換えに使用する相対 URL を定義します。Define the relative URL to which the above requests will be rewritten by:
1.配信元サーバーを識別するコンテンツ アクセス ポイントを選択します。1. Selecting a content access point that identifies an origin server.
2.次のものを使用して相対パスを定義します。2. Defining a relative path using:
- 正規表現パターン- A regular expression pattern
- HTTP 変数- HTTP variables

$n を使用して、ソース パターンでキャプチャされた値を変換先パターンに置き換えます ( n はキャプチャされた順序で値を識別します)。Substitute the values captured in the source pattern into the destination pattern using $n where n identifies a value by the order in which it was captured. たとえば、$1 は、ソース パターンでキャプチャされた最初の値を表し、$2 は 2 番目の値を表します。For example, $1 represents the first value captured in the source pattern, while $2 represents the second value.

この機能により、POP は従来のリダイレクトを実行せずに URL を書き換えることができます。This feature allows the POPs to rewrite the URL without performing a traditional redirect. つまり、要求元は、書き換え後の URL を要求した場合と同じ応答コードを受信します。That is, the requester receives the same response code as if the rewritten URL had been requested.

ンプル シナリオ 1Sample Scenario 1

この例では、ベース CDN URL http://marketing.azureedge.net/brochures/ に解決されるエッジ CNAME URL をリダイレクトする方法について説明します。This example demonstrates how to redirect an edge CNAME URL that resolves to this base CDN URL: http://marketing.azureedge.net/brochures/

対象の要求は、ベース エッジ CNAME URL: http://MyOrigin.azureedge.net/resources/ にリダイレクトされます。Qualifying requests will be redirected to this base edge CNAME URL: http://MyOrigin.azureedge.net/resources/

この URL のリダイレクトは、次の構成によって達成できます。URL Redirect (URL リダイレクト)This URL redirection may be achieved through the following configuration: URL redirect

サンプル シナリオ 2Sample Scenario 2

この例では、正規表現を使用して、エッジ CNAME URL を大文字から小文字にリダイレクトする方法について説明します。This example demonstrates how to redirect an edge CNAME URL from UPPERCASE to lowercase using regular expressions.

この URL のリダイレクトは、次の構成によって達成できます。URL Redirect (URL リダイレクト)This URL redirection may be achieved through the following configuration: URL redirect

重要なポイント:Key points:

  • URL Rewrite (URL 書き換え) 機能では、書き換えられる要求 URL が定義されます。The URL Rewrite feature defines the request URLs that will be rewritten. このため、追加の一致条件は必要ありません。As a result, additional match conditions are not required. 一致条件を [Always (常に)] として定義しましたが、顧客の配信元 "marketing" にある "brochures" フォルダーを指定する要求だけが書き換えられます。Although the match condition was defined as "Always," only requests that point to the "brochures" folder on the "marketing" customer origin will be rewritten.

  • 要求からキャプチャされた URL セグメントは、"$1" を使用して新しい URL に追加されます。The URL segments that were captured from the request are appended to the new URL via "$1."

互換性Compatibility

この機能には、要求に適用する前に満たす必要がある一致条件が含まれます。This feature includes matching criteria that must be met before it can be applied to a request. 競合する一致条件が設定されることのないよう、この機能は次の一致条件と互換性がありません。In order to prevent setting up conflicting match criteria, this feature is incompatible with the following match conditions:

  • AS Number (AS 番号)AS Number
  • CDN Origin (CDN 配信元)CDN Origin
  • Client IP Address (現在の IP アドレス)Client IP Address
  • Customer Origin (顧客配信元)Customer Origin
  • Request Scheme (要求スキーム)Request Scheme
  • URL Path Directory (URL パス ディレクトリ)URL Path Directory
  • URL Path Extension (URL パス拡張子)URL Path Extension
  • URL Path Filename (URL パス ファイル名)URL Path Filename
  • URL Path Literal (URL パス リテラル)URL Path Literal
  • URL Path Regex (URL パス正規表現)URL Path Regex
  • URL Path Wildcard (URL パス ワイルドカード)URL Path Wildcard
  • URL Query Literal (URL クエリ リテラル)URL Query Literal
  • URL Query Parameter (URL クエリ パラメーター)URL Query Parameter
  • URL Query Regex (URL クエリ正規表現)URL Query Regex
  • URL Query Wildcard (URL クエリ ワイルドカード)URL Query Wildcard

先頭に戻るBack to top



ユーザー変数User Variable

目的:  内部使用専用です。Purpose: For internal use only.

先頭に戻るBack to top


次の手順Next Steps