Azure Certified Device 認定の要件

(以前の IoT Hub)

このドキュメントでは、Azure Certified Device カタログで表されるデバイス固有の機能について説明します。 機能とは、ソフトウェアの実装またはソフトウェアとハードウェアの実装の組み合わせである場合がある、単一のデバイス属性です。

プログラムの目的

Microsoft は、IoT を簡素化しており、Azure Certified Device 認定は、あらゆるデバイス タイプが Azure IoT Hub に安全にプロビジョニングされることを保証するためのベースライン認定プログラムです。

Azure Certified Device 認定では次のことが保証されています。

  1. デバイス サポート (IoT Hub で動作するテレメトリ)
  2. デバイス サポート (Azure IoT Hub に安全にプロビジョニングされる IoT Hub Device Provisioning Service (DPS))
  3. デバイスでは、ユーザーが埋め込みコードを再コンパイルしなくても、ターゲット DPS ID スコープ転送を簡単に入力できます。
  4. 必要に応じて、クラウド、デバイス メッセージ、ダイレクト メソッド、デバイス ツインなどの他の要素を検証します

必要条件

[必須] デバイスからクラウドへ: テストの目的は、テレメトリを送信するデバイスが IoT Hub で動作することを確認することです

名前 AzureCertified.D2C
ターゲットの可用性 現在利用可能
適用対象 リーフ デバイス/エッジ デバイス
OS 非依存
検証タイプ 自動
検証 デバイスは IoT Hub にテレメトリ スキーマを送信する必要があります。 Microsoft では、テストを実行するためのポータル ワークフローを提供しています。 デバイスからクラウドへ (必須): 1. デバイスが AICSで管理されている IoT Hub にメッセージを送信できることを検証します 2. ユーザーは、メッセージの数と頻度を指定する必要があります。 3. AIC は、ハブ インスタンスによってテレメトリが受信されたことを検証します
リソース 認定手順 (すべての追加リソースを含む)

[必須] DPS: テストの目的は、3 つの認証メソッドのいずれかを使用して、デバイスが IoT Hub Device Provisioning Service を実装およびサポートしていることを確認することです

名前 AzureCertified.DPS
ターゲットの可用性 新規
適用対象 任意のデバイス
OS 非依存
検証タイプ 自動
検証 デバイスでは、ターゲット DPS ID スコープの所有権を簡単に入力できます。 Microsoft では、デバイスが DPS をサポートしていることを検証するためのテストを実行するポータル ワークフローを提供しています 1. ユーザーが構成証明方法 (X.509、TPM、SAS キー) のいずれかを選択する必要があります 2. 構成証明方法に応じてユーザーがとる必要がある、対応する措置として、a) X.509 cert を AICS マネージド DPS スコープへアップロードする b) SAS キーまたは保証キーをデバイスに実装する、などがあります
リソース Device Provisioning Service の概要

[実装されている場合] クラウドからデバイス: テストの目的は、メッセージをクラウドからデバイスに送信できることを確認することです

名前 AzureCertified.C2D
ターゲットの可用性 現在利用可能
適用対象 リーフ デバイス/エッジ デバイス
OS 非依存
検証タイプ 自動
検証 デバイスは、IoT Hub のクラウドからデバイスへのメッセージに対応できる必要があります。 Microsoftでは、これらのテストを実行するためのポータル ワークフローを提供しています。クラウドからデバイス (実装されている場合): 1. デバイスが IoT Hub からメッセージを受信できることを検証します 2. AICSは、ランダムなメッセージを送信し、デバイスからのメッセージ ACK を使用して検証します
リソース a)認定手順 (すべての追加リソースを含む) b)IoT Hub からのクラウドからデバイスへのメッセージの送信

[実装されている場合] ダイレクト メソッド: テストの目的は、デバイスが IoT Hub で動作し、ダイレクト メソッドをサポートしていることを確認することです

名前 AzureCertified.DirectMethods
ターゲットの可用性 現在利用可能
適用対象 リーフ デバイス/エッジ デバイス
OS 非依存
検証タイプ 自動
検証 デバイスは、IoT Hub からのコマンド要求を受信して応答できる必要があります。 Microsoft では、テストを実行するためのポータル ワークフローを提供しています。 ダイレクト メソッド (実装されている場合) 1. ユーザーは、ダイレクト メソッドのメソッド ペイロードを指定する必要があります。 2. AICS は、指定されたペイロード要求が、デバイスによって受信されたハブと ACK メッセージから送信されたことを検証します
リソース a)認定手順(すべての追加リソースを含む) b)IoT Hub からのダイレクト メソッドについて説明します

[実装されている場合] デバイス ツインのプロパティ: テストの目的は、テレメトリを送信するデバイスが IoT Hub で動作し、ダイレクト メソッドやデバイス ツインのプロパティなどの IoT Hub 機能の一部をサポートすることを確認することです

名前 AzureCertified.DeviceTwin
ターゲットの可用性 現在利用可能
適用対象 リーフ デバイス/エッジ デバイス
OS 非依存
検証タイプ 自動
検証 デバイスは IoT Hub にテレメトリ スキーマを送信する必要があります。 Microsoft では、テストを実行するためのポータル ワークフローを提供しています。 デバイス ツインのプロパティ (実装されている場合): 1. AICS は、デバイス ツインの JSON で読み取り/書き込み可能なプロパティを検証します 2. ユーザーは、変更する JSON ペイロードを指定する必要があります 3. AICS は、IoT Hub から送信された指定の所望プロパティと、デバイスが受信した ACK メッセージを検証します
リソース a)認定手順 (すべての追加リソースを含む) b)IoT Hub でデバイス ツインを使用する

[必須] 再コンパイルの制限: このポリシーの目的は、デバイスをデプロイするために、ユーザーがコードを再コンパイルする必要がないことをデバイスが既定で保証することです。

名前 AzureCertified.Policy.LimitRecompile
ターゲットの可用性 ポリシー
適用対象 任意のデバイス
OS 非依存
検証タイプ ポリシー
検証 ユーザーのデバイス構成を簡素化するには、デバイスのソース コードを再コンパイルしてデプロイすることなく、すべてのデバイスを Azure に接続するように構成できる必要があります。 これには、スコープ ID などの DPS 情報が含まれます。これらの情報は、構成設定として設定する必要があるため、コンパイルしないでください。 ただし、デバイスに特定のセキュリティで保護されたハードウェアが含まれている場合、またはユーザーがコードをコンパイルしてデプロイすることを期待する酌量すべき状況がある場合は、認定チームに連絡して例外のレビューを依頼してください。
リソース a)デバイス プロビジョニング サービスの概要b) DPS の ID スコープ転送用のサンプル構成ファイル