作業を開始しましょう。ポートフォリオ全体で一貫したパフォーマンスを確保するGet started: Ensure consistent performance across a portfolio

ワークロードのポートフォリオ全体で十分なパフォーマンスを確保するにはどうすればよいのでしょうか。How do you ensure adequate performance across a portfolio of workloads? このガイドの手順は、このレベルのパフォーマンスを維持するためのプロセスを確立する際に役立ちます。The steps in this guide can help you establish processes for maintaining that level of performance.

パフォーマンスは、他の役割や機能にも依存します。Performance also depends on other roles and functions. この記事では、関与するチーム間の連携の確立に役立つサポート機能について説明します。This article maps those supporting functions to help you create alignment among the involved teams.

ポートフォリオ全体で一貫したパフォーマンスを確保するうえで最も一般的なアプローチは、運用管理の一元化です。Centralized operations management is the most common approach to consistent performance across the portfolio. 運用プラクティスに関する決定事項によって、運用ベースラインと全体的な改善点が明確になります。Decisions about operational practices define the operations baseline and any holistic enhancements.

このガイドの最初の手順は、運用チームの最初の一歩を手助けするものです。The first step in this guide helps the operations team get started. 後続の手順では、ワークロードのポートフォリオ全体でのエンタープライズ パフォーマンスに向けて共有された取り組みに企業全体が着手できるよう支援します。The subsequent steps help the entire enterprise get started on a shared journey toward enterprise performance across the portfolio of workloads.

エンタープライズ パフォーマンス管理の概要

手順 1:運用管理の要件を規定するStep 1: Establish operations management requirements

Azure 用の Microsoft クラウド導入フレームワークにまとめられている運用管理ベースラインでは、一貫した運用を確保するための一連の制御とクラウドネイティブの運用ツールが提供されます。The operations management baseline, outlined in the Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure, provides a set of controls and cloud-native operations tools to ensure consistent operations. そのベースラインを自動化ツールで拡張することにより、ポートフォリオ全体で一貫したパフォーマンス要件を満たすためのパフォーマンス監視と自動化が実現されます。Expanding that baseline with automation tooling provides performance monitoring and automation to meet consistent performance requirements across the portfolio.

成果物:Deliverables:

  • パフォーマンスの期待値からの逸脱に関連した自動修復タスクを含むように管理ベースラインを改善します。Enhance the management baseline to include automated remediation tasks related to deviations from performance expectations.
  • パフォーマンス要件を満たすために、ワークロード固有のデータ パターンやアーキテクチャの変更が必要な場合、ワークロード固有の運用によって、より優れたパフォーマンス管理が可能となります。When workload-specific data patterns or architecture changes are needed to meet performance requirements, use workload-specific operations to provide greater performance controls.
  • 運用管理ブックで、IT ポートフォリオ全体にわたる運用上の決定事項を文書化します。Document operational decisions across the IT portfolio in the operations management workbook. Operational Compliance タブの Baseline セクションに、パフォーマンスの自動化に関する決定事項を含めることに重点を置きます。Focus on including performance automation decisions in the Operational Compliance section of the Baseline tab.

成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

  • 管理ベースラインの改善に関する記事では、Azure Automation などのツールを使用して、パフォーマンスに関連した強化を追加する例を取り上げています。The enhanced management baseline article outlines examples of using tools like Azure Automation to add performance-related enhancements. このアプローチは、サポート資産のサイズとスケールの基本的な変更によって一貫したパフォーマンスを維持するのに役立ちます。This approach can aid in maintaining consistent performance through basic modifications to the size and scale of supporting assets.
  • ワークロード固有の運用に関する記事では、Microsoft Azure Well-Architected Review を使用して、特定のワークロードの自動化に関するガイダンスを提供します。Workload-specific operations uses the Microsoft Azure Well-Architected Review to provide guidance on automation for a specific workload. パフォーマンス管理のこのアプローチは、ワークロード固有のデータによって運用上のアクションを促進する必要がある場合に特に役立ちます。This approach to performance management is particularly useful when workload-specific data should drive operational actions.
  • 前述のガイダンスは、管理ベースラインの既存の実装で、ワークロードの完全なポートフォリオがサポートされていることを前提としています。The preceding guidance assumes that an existing implementation of a management baseline supports the full portfolio of workloads.

注意

クラウド導入ライフサイクル全体におけるさまざまな判断がパフォーマンスに直接影響します。Various decisions throughout the cloud adoption lifecycle can have a direct impact on performance. 以降の手順では、IT ポートフォリオ全体でパフォーマンスを上げるために必要な連携と支援について概説します。The following steps help outline the partnerships and supporting efforts required to deliver performance across the IT portfolio.


説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド運用チームCloud operations team
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • クラウド導入チームCloud adoption team
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • 手順 2:管理ベースラインを一貫性をもって適用するStep 2: Consistent application of the management baseline

    管理ベースラインが改善されたら、それらの改善がリソースの整合性ガバナンス規範にも適用されるようにすることが重要です。As the management baseline is improved, it's important to ensure that those improvements carry through to the Resource Consistency governance discipline. そうすることで、管理下のすべての環境に対し、改善されたベースラインが確実に適用されます。Doing so ensures the application of the enhanced baseline in all managed environments.

    成果物:Deliverables:

    • 対象となるすべてのシステムに、改善された管理ベースラインが適切に適用されていることを確認します。Ensure proper application of the enhanced management baseline for all affected systems.
    • リソースの整合性規範テンプレートで、リソースの整合性のポリシー、プロセス、設計ガイダンスを文書化します。Document your policies, processes, and design guidance for resource consistency in the Resource Consistency discipline template.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:


    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • クラウド運用チームCloud operations team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • 手順 3:戦略を定義するStep 3: Define strategy

    戦略的な決定は、パフォーマンスに直接影響を及ぼし、その影響は導入ライフサイクル全体と長期的な運用に波及します。Strategic decisions directly affect performance, rippling through the adoption lifecycle and into long-term operations. 戦略を明確にすることで、パフォーマンスへの取り組みがポートフォリオ全体で向上します。Strategic clarity improves performance efforts across the portfolio. また、この明確化によって、ワークロードの特殊化と高度な運用がある程度必要とされるワークロードを運用チームが把握しやすくなります。That clarity also helps the operations team understand which workloads need a degree of workload specialization and advanced operations.

    成果物:Deliverables:

    • 戦略と計画のテンプレートに、動機、成果、業務上の正当な理由を記録します。Record motivations, outcomes, and business justification in the strategy and plan template.
    • 管理ベースラインによって、クラウド導入の戦略的な方向性に沿った運用サポートが確実に提供されるようにします。Ensure that the management baseline provides operational support that aligns with the strategic direction of cloud adoption.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    • 動機を把握する: 重要なビジネス イベントや、移行の動機によっては、コストが重視される傾向があり、後のすべての作業でコスト管理の重要性が高まります。Understand motivations: Critical business events and some migration motivations tend to be cost sensitive, which increases the importance of cost control for all later efforts. 一方、イノベーションまたは移行による成長に関連した未来志向の動機の場合、営業収益がより重視されます。Other forward-looking motivations related to innovation or growth through migration might be focused more on top-line revenue. 動機を把握すると、コスト管理の優先度付けの判断に役立てることができます。Understanding motivations can help you decide how high to prioritize your cost management.
    • ビジネス成果:一部の財政上の成果では、コストが極端に重視される傾向があります。Business outcomes: Some fiscal outcomes tend to be extremely cost sensitive. 目的の成果を財務メトリックに対応付ける場合は、初期段階でコスト管理ガバナンス規範に投資してください。When the desired outcomes map to fiscal metrics, you should invest in the Cost Management governance discipline early.
    • 業務上の正当な理由: 業務上の正当な理由は、クラウド導入の財務計画の概要を示します。Business justification: The business justification serves as a high-level view of the financial plan for cloud adoption. これは、最初の予算作成に役立つ情報源となる可能性があります。This can be a good source for initial budgeting efforts.

    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウド運用チームCloud operations team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • 手順 4:ワークロードの導入を評価、計画するStep 4: Assess and plan for workload adoption

    デジタル資産 (既存の IT ポートフォリオの分析) は、業務上の正当な理由の検証に役立ち、IT ポートフォリオの詳細を把握できるようになります。The digital estate (or analysis of the existing IT portfolio) can aid in validating the business justification and provide a refined view of the IT portfolio. 導入計画により、導入時のアクティビティのタイムラインが明確になります。The adoption plan provides clarity on the timeline of activities during adoption. 計画とデジタル資産分析の整合性を確保することで、運用管理における将来の依存関係を計画する手段が得られます。Aligning that plan and digital estate analysis provides a means of planning for future dependencies on operations management.

    また、計画を理解することで、クラウド運用チームを開発サイクルに招きます。Understanding the plan also invites the cloud operations team into the development cycle. チームは、ワークロードを運用するために必要な管理ベースラインに対する変更を評価し、計画することができます。The team can then evaluate and plan for any changes to the management baseline that are required to provide workload operations.

    成果物:Deliverables:

    • 戦略と計画のテンプレートを更新して、デジタル資産分析によってもたらされた変更を反映します。Update the strategy and plan template to reflect changes triggered by the digital estate analysis.
    • クラウド運用チームと連携して、短期的および長期的な導入計画における各ワークロードの重要度とビジネスへの影響を明確に定義します。Work with the cloud operations team to clearly define the criticality and business impact of each workload in the near-term and long-term adoption plan.
    • クラウド運用チームと連携して、オペレーション レディネスのタイムラインを確立します。Work with the cloud operations team to establish a timeline for operations readiness.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:


    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウド運用チームCloud operations team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • 手順 5:ランディング ゾーンを拡張するStep 5: Expand the landing zones

    クラウド導入フレームワークの準備方法では、クラウドでワークロードをホストするランディング ゾーンの開発に重点を置いています。The Ready methodology of the Cloud Adoption Framework focuses heavily on the development of landing zones to host workloads in the cloud. ランディング ゾーンの実装中は、さまざまな意思決定が運用に影響を及ぼす可能性があります。During landing zone implementation, various decisions can affect operations.

    ランディング ゾーンを見直して、よりよい運用を実現するために、クラウド運用チームに助言を求めます。Consult the cloud operations team to help review the landing zone for operations improvements. また、ランディング ゾーンの設計に影響を及ぼす可能性のある設計ガイダンスと "リソースの整合性" ポリシーを理解するために、クラウド ガバナンス チームにも助言を求めます。Also consult the cloud governance team to understand "resource consistency" policies and design guidance, which can affect the landing zone design.

    成果物:Deliverables:

    • 短期的な導入計画で、ワークロードをホストできる 1 つ以上のランディング ゾーンをデプロイします。Deploy one or more landing zones that can host workloads in the short-term adoption plan.
    • すべてのランディング ゾーンが運用の決定事項とリソースの整合性の要件に沿っていることを確認します。Ensure that all landing zones meet operations decisions and resource consistency requirements.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:


    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド導入チームCloud adoption team
  • クラウド運用チームCloud operations team
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • 手順 6:導入Step 6: Adoption

    長期的な運用は、移行とイノベーションの取り組みの中で行った意思決定の影響を受けることがあります。Long-term operations might be affected by the decisions that you make during migration and innovation efforts. 導入プロセスの初期段階で一貫した整合性を維持することで、運用リリースに対する障壁を取り除くことができます。Maintaining consistent alignment early in adoption processes helps remove barriers to production release. また、新しいソリューションを運用管理プラクティスにオンボードするために必要な作業が削減されます。It also reduces the effort required to onboard new solutions into operations management practices.

    成果物:Deliverables:

    • リソースの整合性ポリシーを使用して、運用環境のデプロイの運用準備状況をテストします。Test operational readiness of production deployments by using Resource Consistency policies.
    • リソースの整合性の設計ガイダンスと運用の要件に準拠していることを確認します。Validate adherence to design guidance for resource consistency and to operations requirements.
    • 高度な運用の要件を運用管理ブックで文書化します。Document any advanced operations requirements in the operations management workbook.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:


    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド導入チームCloud adoption team
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • クラウド運用チームCloud operations team
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • バリュー ステートメントValue statement

    上記の手順によって、企業全体およびホストされているすべてのリソースでパフォーマンスを確保するための制御とプロセスを実装できます。The preceding steps will help you implement controls and processes to ensure performance across the enterprise and all hosted resources.