作業を開始しましょう。クラウド導入チームを構築するGet started: Build a cloud adoption team

クラウド導入チームは、技術実装チームやプロジェクト チームの現代版です。Cloud adoption teams are the modern-day equivalent of technical implementation teams or project teams. クラウドの性質上、より流動的なチーム構成が必要になる場合があります。The nature of the cloud might require more fluid team structures.

クラウド移行だけに専念しているクラウド導入チームもあれば、クラウド テクノロジを利用したイノベーションに注力しているクラウド導入チームもあります。Some cloud adoption teams focus exclusively on cloud migration, and others focus on innovations that take advantage of cloud technologies. データセンターの完全な移行など、大規模な導入作業を完了するために必要な幅広い技術的専門知識を持つチームもあれば、技術的な焦点を絞ったチームもあります。Some teams include the broad technical expertise that's required to complete large adoption efforts, such as a full datacenter migration, and others have a tighter technical focus.

特定の目標を達成するために、小規模のチームがプロジェクト間を移動する場合もあります。A smaller team might move between projects to accomplish specific goals. たとえば、データ プラットフォーム スペシャリストのチームが、SQL Database 仮想マシン (VM) から SQL PaaS インスタンスへの変換の支援に注力することがあります。For example, a team of data platform specialists might focus on helping convert SQL Database virtual machines (VMs) to SQL PaaS instances.

クラウド導入が広がると、お客様はクラウド プラットフォーム機能専用のチームからベネフィットが得られます。As cloud adoption expands, customers benefit from a team that's dedicated to the cloud platform function. このチームは、自動化されたデプロイとコードの再利用により、導入の成功を促進します。That team uses automated deployment and code reuse to accelerate successful adoption. クラウド プラットフォーム機能を重視するユーザーは、インフラストラクチャ、アプリケーションパターン、ガバナンス、その他のサポート資産を実装することで、さらなる効率性と一貫性を高め、組織内にクラウドの原則を定着させることができます。People focused on a cloud platform function can implement infrastructure, application patterns, governance, and other supporting assets to drive further efficiencies and consistency, and to instill cloud principles in your organization. 小規模な組織や小規模の導入チームには、そのような専用のクラウド プラットフォーム チームがありません。Small organizations and small adoption teams don't have the luxury of a dedicated cloud platform team. この重要なクラウドの構築を開始するには、導入チームに自動化機能を確立することをお勧めします。We recommend that you establish an automation capability in your adoption team to begin building this important cloud muscle.

クラウド導入チームの構築を開始する

手順 1:必要な導入チームの種類を決定するStep 1: Determine the type of adoption team you need

クラウド導入チームは、次の種類の導入を 1 件以上実施する傾向があります。Cloud adoption teams tend to perform one or more of the following types of adoption:

  • 既存のワークロードの移行Migration of existing workloads
  • 既存のワークロードと資産の最新化Modernization of existing workloads and assets
  • 既存のワークロードと資産のアーキテクチャの変更Architectural change to existing workloads and assets
  • 新しいワークロードの開発Development of new workloads

多くの場合、IT ポートフォリオの導入では、これらの作業の種類を組み合わせる必要があります。The adoption of any IT portfolio will likely require a mixture of these types of efforts. 残念ながら、種類ごとに異なるスキルとマインドセットが必要となります。Unfortunately, each type requires different skills and mindsets. 導入チームの専門性が高いほど、チームはその種類の作業をより効果的かつ効率的に遂行できます。The more specialized an adoption team, the more effective and efficient the team will be when it delivers that type of work. 逆に、クラウド導入のすべての実装オプションの習熟は、このような専門性の高いチームを圧倒する可能性があります。Conversely, mastery of all the implementation options across cloud adoption can be overwhelming for these more specialized teams.

クラウド導入チームを最初に構築するときは、いずれかの導入手法に合わせることで、チームの集合的なスキルの開発が促進されます。When you're first building a cloud adoption team, aligning with one of the Adopt methodologies will help accelerate the development of the team's collective skills.

成果物:Deliverables:

  • チームが移行手法とイノベーション手法のどちらにより適しているかを判定します。Determine which methodology the team best aligns with: the Migrate methodology or the Innovate methodology.
  • 各手法には、その作業をうまくこなすために必要なツールとプロセスをチームが把握するのに役立つ、4 ステップのオンボーディング エクスペリエンスがあります。Each methodology has a four-step onboarding experience to help the team understand the tools and processes required to get really good at that effort. チームとして最初の数ステップの実行に時間を注ぎ、初期の繰り返しで必要になる可能性が最も高いツールとシナリオを把握します。Invest time as a team going through the first few steps to understand which tools and scenarios you're most likely to need in early iterations.
  • "実行責任、説明責任、助言、通知 (RACI) " の関係者を明確にするクロスチーム マトリックスを作成することにより、チーム間で責任を調整します。Align responsibilities across teams by developing a cross-team matrix that identifies responsible, accountable, consulted, and informed (RACI) parties. 会社の RACI テンプレートを更新して、チームのメンバーと、チームが重点的に実施する手法を他の人々が理解できるようにします。Update your company's RACI template to help others understand who's on the team and which methodology the team will focus on delivering.

成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

  • 移行手法の概要に関するページでは、ワークロードのポートフォリオを移行および最新化するためのプロセス、ツール、およびアプローチについて説明します。Migrate methodology overview describes the process, tools, and approaches for migrating and modernizing a portfolio of workloads.
  • イノベーション手法の概要に関するページでは、クラウドネイティブのワークロードをポートフォリオに追加するためのプロセス、ツール、およびアプローチについて説明します。Innovate methodology overview describes the process, tools, and approaches for adding cloud-native workloads to the portfolio.
  • この取り組みの背後にある動機を理解して、それらが移行またはイノベーションの取り組みと適切に整合しているかどうかを確認します。Understand motivations behind this effort to see whether they're better aligned with migration or innovation efforts.

手順 2:自分のチームと他のサポート チームを連携させるStep 2: Align your team with other supporting teams

会社のクラウド導入の取り組みがサポート チームを用意できるほど十分に成熟しているようであれば、一連のチームと各分野の専門家を自社バージョンの RACI テンプレートで見つけられるかもしれません。たとえば、クラウド ガバナンス、クラウド運用、クラウドのセンター オブ エクセレンス、その他の類似のチームなどです。If your company's cloud adoption effort is mature enough to have supporting teams, you might be able to find a list of the teams and subject matter experts in your company's version of the RACI template, including cloud governance, cloud operations, a cloud center of excellence, or other similar teams.

成果物:Deliverables:

  • さまざまなサポート チームの設計ガイダンス、運用ベースライン、ポリシー、プロセスを確認して、クラウド導入を導くために確立されたガードレールを把握します。Review design guidance, operational baselines, policies, and processes from the various supporting teams to understand the guardrails that have been established for guiding cloud adoption.
  • 他のクラウド導入チームと共にガイダンスを確認して、それらのガードレールの結果として発生する可能性がある制限事項を把握します。Review the guidance with other cloud adoption teams to understand any limitations you might encounter as a result of those guardrails.

成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

  • 企業ポリシーの評価」では、企業ポリシーを定義する手順の概要を説明しています。企業ポリシーによって、チームが会社のクラウド環境で安全に行うことができる意思決定が制限されることがあります。Evaluate corporate policy outlines the steps to define corporate policy, which might limit decisions that the team can safely make in the company's cloud environment.
  • ガバナンスの規範に関する記事では、クラウドを安全かつコンプライアンスに準拠した方法で導入できるように、ガバナンス チームが実装している可能性が高い制御または統制されたプロセスの種類の概要を説明しています。Governance disciplines outlines the types of controls or disciplined processes that the governance team has likely implemented to allow for safe, compliant adoption of the cloud.
  • 管理手法に関する記事では、基本的な運用管理を提供するためにクラウド運用ベースラインに組み込まれる考慮事項の概要を説明しています。The Manage methodology outlines the considerations that go into a cloud operations baseline for providing basic operations management.

説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド戦略チームは、クラウド導入ライフサイクル全体にわたって明確な RACI 構造を維持する責任を負います。The cloud strategy team is accountable for maintaining a clear RACI structure across the cloud adoption lifecycle.
  • 以下からのガイダンスと要件を確認します。Review guidance and requirements from:
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウド運用チームCloud operations team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • RACI に掲載されている他のクラウド導入チームまたは個人Other cloud adoption teams or individuals listed in the RACI
  • 手順 3:導入の取り組みを開始するStep 3: Begin your adoption journey

    自分がメンバーとして属している導入チームの種類に応じて、次のガイドのいずれかを使用して開始します。Depending on the type of adoption team you're a member of, you'll get started with one of these guides:

    • 作業を開始しましょう。ワークロードをクラウドに移行するGet started: Migrate workloads to the cloud
    • 作業を開始しましょう。新しい製品またはサービスを構築するGet started: Build new products or services

    これらのガイドには、さまざまなレベルの説明責任および実行責任と共に、さまざまなチーム向けのガイダンスが記載されています。These guides provide guidance for various teams listed alongside their varying degrees of accountability and responsibility. これらのガイドを使用して、自分のチームが取り組みのその他の部分にどのように適合するかを理解します。Use the guides to understand how your team fits into the rest of the journey. また、これらを使用して、会社全体から得られると予想されるサポートのレベルを把握します。Also use them to understand the levels of support you can expect to get from around the company.

    最終的に、クラウド導入チームは、割り当てられた移行作業や新製品開発の遂行について責任を負います。In the end, the cloud adoption team is accountable for delivery across their assigned migration efforts or new product development. サポート チームは各手順を確実に完了する責任を負いますが、サポート チームが成功を収めるために必要なサポートを得られるようにするのは、各クラウド導入チームの責任です。Although supporting teams are accountable for ensuring that each step is completed, it's the responsibility of each cloud adoption team to ensure that the supporting team is getting the support it needs to be successful. 責任を負うチームがまだ存在しない場合や、責任のある手順を遂行するためにさらにサポートが必要な場合は、導入チームが他のチームと連携して成果物を完了することをお勧めします。If the accountable team doesn't yet exist or needs more support to deliver on its accountable steps, the adoption team is encouraged to partner with other teams to complete its deliverables.

    成果物:Deliverables:

    • 導入アプローチに関連する手法の遂行がますますスムーズに進むようになります。Become increasingly better at delivering on the methodology associated with your adoption approach.
    • 他のチームが責任のある手順を完了できるよう支援します。それらの手順が導入作業の阻害要因になっている場合も同様です。Support other teams in the completion of their accountable steps, even if those steps are blockers to your adoption efforts.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    これらのチェックリストのその他すべての手順は、作業が管理しやすくなるように設計されています。All other steps on those checklists are designed to make the effort more manageable.


    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド導入チームCloud adoption team
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウド運用チームCloud operations team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • 手順 4:シナリオとベスト プラクティスを使用してスキルを伸ばすStep 4: Expand your skills with scenarios and best practices

    クラウド導入チームは、導入を 1、2 回繰り返すと、主要な手法の基本を理解できるようになります。After one or two iterations, the cloud adoption team will understand the basics of their primary methodology. その後、チームはおそらく、追加のシナリオに取り組む準備が整い、いくつかの追加のベスト プラクティスの実装を開始できる状態になります。From there, the team will likely be ready to take on additional scenarios and start implementing some additional best practices.

    成果物:Deliverables:

    • より複雑な導入シナリオに対処するためのスキルを伸ばし、経験を積みます。Increase skills and experience to address more complex adoption scenarios.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    チームは、次のガイダンスを確認することで、スキルを確認して強化できます。The team can review and expand their skills by reviewing the following guidance:

    • シナリオベスト プラクティスを通じて、新しい種類のワークロードを移行するか、より複雑な移行の課題を解決します。Migrate new types of workloads or solve more complex migration challenges through scenarios and best practices.
    • シナリオベスト プラクティスを通じて、新しいクラウドネイティブのソリューションを使用してイノベーションを進めるか、より複雑なイノベーションの課題を解決します。Innovate by using new cloud-native solutions, or solve more complex innovation challenges through scenarios and best practices.

    説明責任チーム:Accountable team:

    • クラウド導入チームは、スキルを強化する責任を負います。The cloud adoption team is accountable for expanding its skills.

    手順 5:クラウド導入ファクトリを構築するStep 5: Build a cloud adoption factory

    チームは、さまざまな導入シナリオに慣れるにつれて、より多くの作業をより迅速に行うことができるようになります。As the team becomes more familiar with various adoption scenarios, it will be able to do more and do it faster. ガイダンスのこのセクションでは、導入に関するチームの能力を次のレベルに引き上げます。This section of guidance will take the team's adoption abilities to the next level.

    クラウド導入ファクトリ アプローチでは、導入作業の背後にあるプロセスについて考察します。The cloud adoption factory approach looks at the processes behind adoption efforts. 理解と明確なコミュニケーションの欠如が原因で、移行とイノベーションに関連する時間的な負担のほとんどは多数の会議によって生じています。Because of a lack of understanding and clear communication, most of the time burden that's related to migration and innovation comes from a high volume of meetings. クラウド導入の取り組みのさまざまな段階でプロセスと相互作用を明確に定義することで、文化的および政治的な阻害要因が取り除かれます。Clearly defining processes and interactions at various phases of the cloud adoption journey will remove cultural and political blockers.

    成果物:Deliverables:

    • 遂行プロセスを改善して、高度に最適化された導入ファクトリを作成します。Improve delivery processes to create a highly optimized adoption factory.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    • 移行作業をサポートするプロセス ガイダンスについては、移行手法のプロセス改善に関するセクションを参照してください。Process guidance that supports migration efforts can be found in the process improvements section of the Migrate methodology.
    • イノベーション手法のガイダンスでは、テクノロジの削減とより効果的な製品開発につながるイノベーション プロセスに焦点を当てています。In the Innovate methodology, the guidance focuses on innovation processes that result in less technology and more effective product development.

    説明責任チーム:Accountable team:

    • クラウド導入チームは、導入を次のレベルに引き上げるプロセスを構築する責任を負います。The cloud adoption team is accountable for building the processes that take adoption to the next level.

    参照トピックWhat's next

    クラウド導入は大きな目標ですが、導入が管理されていない場合、予期しない結果が生じる可能性があります。Cloud adoption is a great goal, but ungoverned adoption can produce unexpected results. 導入とベスト プラクティスを促進するには、ビジネス リスクと技術的リスクを軽減しながら、クラウド導入をクラウド ガバナンス機能と連携させます。To accelerate adoption and best practices, as you're reducing business and technical risks, align cloud adoption with cloud governance functions.

    クラウド ガバナンス チームとの連携により、クラウド導入作業全体でバランスを取ることができますが、持続可能ではない可能性があるため、これは実用最小限の製品 (MVP) と見なされます。Aligning with the cloud governance team creates balance across cloud adoption efforts, but this is considered a minimum viable product (MVP), because it might not be sustainable. RACI チャートに示すように、各チームは多くの役割を担っています。Each team is wearing many hats, as outlined in the RACI charts.

    組織のアンチパターンを克服する方法の詳細については、「組織のアンチパターン: サイロと封土」をご覧ください。Learn more about overcoming organizational antipatterns: silos and fiefdoms.