作業を開始しましょう。クラウド戦略チームを結成するGet started: Build a cloud strategy team

成功するには、すべてのクラウド導入の取り組みで、ある程度の戦略的な計画が必要になります。To be successful, every cloud adoption journey needs to involve some level of strategic planning. このファースト ステップ ガイドは、堅固なクラウド戦略を構築して遂行できる、専任のチームまたは仮想チームを結成するのに役立つよう設計されています。This getting started guide is designed to help you establish a dedicated team or virtual team that can build and deliver on a solid cloud strategy.

この取り組みで最初に行うべきことは、戦略チームが必要かどうか、または既存のチーム メンバーで役割を分担し、クラウド戦略を遂行できるかどうかの判断です。The first step in the journey is to decide whether you need a strategy team, or whether your existing team members can deliver on cloud strategy as a distributed responsibility.

どちらの方法を選択するにしても、動機とビジネスの成果を定義し、ビジネスの優先順位とクラウド導入の取り組みの整合性を検証して維持する、クラウド戦略チームを構築することをお勧めします。Whichever approach you choose, you'll want to create a cloud strategy team that defines motivations and business outcomes, and that validates and maintains alignment between business priorities and cloud adoption efforts. ビジネス成果がビジネス機能に影響を及ぼす場合は、組織全体からビジネス リーダーを招集して戦略チームに含めるようにしてください。When the business outcomes affect business functions, the strategy team should include business leaders from across the organization. クラウド戦略チームの目的は、クラウド テクノロジによって実現される具体的なビジネス成果を生み出すことです。The goal of the cloud strategy team is to produce tangible business results that are enabled by cloud technologies. ビジネス成果と合致するようクラウド導入の取り組みを進行させるのは、総じてこのチームになります。Overall, this team ensures that cloud adoption efforts progress in alignment with business outcomes. 可能な限り、ビジネス成果とクラウド戦略チームの取り組みの両方を、プロセスの早い段階で定義する必要があります。Whenever possible, business outcomes and the cloud strategy team's efforts should both be defined early in the process.

クラウド戦略チームの結成に着手する

注意

この記事では、クラウド導入プロセスにおいて主要な役割を担う "戦略ファシリテーター" について説明します。This article discusses a strategy facilitator, a key player in the cloud-adoption process. この役割は、一般に、プログラム マネージャー、アーキテクト、コンサルタントが担います。The role is commonly held by a program manager, architect, or consultant. クラウド戦略チームが結成されて取り組みを開始すると、戦略ファシリテーターは、アラインメントを作成し、チームがビジネス目標に沿って取り組みを進めているかについて、一時的に説明責任を負います。As the cloud strategy team forms and gets started, the strategy facilitator is temporarily accountable for creating alignment and keeping the team aligned with business goals. 多くの場合、クラウド導入の取り組みの成功について最も詳しく状況を把握している人物が戦略ファシリテーターです。The strategy facilitator is often the person most accountable for the success of the cloud adoption journey.

手順 1:クラウド戦略チームが必要かどうかを判断するStep 1: Determine whether a cloud strategy team is needed

クラウド戦略チームは、"クラウド戦略機能" と呼ばれる、クラウドにおいて必要な機能を遂行します。A cloud strategy team delivers on a required capability in the cloud, referred to as the cloud strategy capability. クラウド戦略チームを結成するためには、専任のビジネス リーダー、利害関係者、プログラム マネージャーから成る所定のグループが定期的に集い、クラウド導入を推進する戦略を遂行する必要があります。Forming a cloud strategy team requires a defined group of dedicated business leaders, stakeholders, and program managers to meet on a regular, recurring basis to advance the strategy that drives cloud adoption.

成果物:Deliverables:

  • ビジネスにクラウド戦略チームが必要かどうかを判断します。Determine whether your business requires a cloud strategy team.

成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

クラウド戦略チームを結成することは、多くの場合、次のような理由から必要です。Creating a cloud strategy team is often necessary for the following reasons:

理由Reason 考慮事項Considerations
クラウドの導入はビジネスにとって重要である。Cloud adoption is important to the business.
  • クラウド導入が、重役レベルの役職によって把握される取り組みである。The cloud adoption effort has board-level visibility.
  • クラウド導入の取り組みが成功を収めることで、市場での立ち位置や顧客維持、収益が向上する。Success of the cloud adoption effort will improve market positioning, customer retention, or revenue.
  • 導入ポートフォリオ内のプログラムが、戦略的なビジネス成果に直結する。The programs in the adoption portfolio map directly to strategic business outcomes.
  • 導入に向けた取り組みに伴うワークロードのポートフォリオが、戦略的でかつミッション クリティカルであり、複数の部署に影響を及ぼす可能性がある。The portfolio of workloads in this adoption effort is strategic and mission-critical and could affect multiple business units.
  • クラウドの導入には経営幹部の継続的なサポートが必要である。Cloud adoption requires ongoing executive support.
  • クラウド導入の取り組みが、組織変動の算段に影響を及ぼす。The cloud adoption effort will affect how you manage organizational change.
  • その取り組みに伴って、多数のビジネス ユーザーによるトレーニングが別途必要になり、一定のビジネス機能の中断を招くおそれがある。The effort will require additional training from multiple business users and could interrupt certain business functions.
  • 既存のデータセンターにこだわる事情が、既存の IT 運用チームまたはベンダーにある。The existing IT operations team or vendor is motivated to remain in an existing datacenter.
  • 既存の IT チームが取り組みにあまり賛同していない。The existing IT team hasn't fully bought into the effort.
  • クラウドの導入にはビジネスへのリスクが伴う。Cloud adoption presents risk to the business.
  • 所定の期間内に移行が完了しなかった場合、市場に悪影響が生じたり、ホスティング コストが増えたりする。Failure to complete the migration within the specified time window will result in negative market impact or increased hosting costs.
  • 導入対象として予定されているワークロードをデータの漏えいから保護する必要があり、仮にデータが漏えいすれば、ビジネスの成功や顧客のセキュリティに支障が生じる可能性がある。Workloads slated for adoption need to be protected from data leakage that could affect business success or customer security.
  • クラウド化に向けた取り組みの測定に用いられるメトリックがビジネス志向であり、技術的な成功への依存やリスクを形成する。Metrics that are being used to measure the cloud effort are business aligned, creating a dependency and risk on the technical success.
  • 上記の理由のいずれかまたはすべてがご自身の既存のビジネス上の考慮事項として該当する場合は、この記事の残りの部分で説明されている情報を参考にして、クラウド戦略チームの結成に役立ててください。If any or all of the preceding reasons represent your existing business considerations, the information in the rest of this article will help you establish your cloud strategy team.

    説明責任を担う人物またはチーム:Accountable person or team:

    • 戦略ファシリテーターがクラウド戦略チームの必要性を判断する説明責任を負います。The strategy facilitator is accountable for determining whether a cloud strategy team is needed.

    クラウド戦略チームが不要だったらどうするかWhat if I don't need a cloud strategy team?

    クラウド戦略のニーズを満たすために必要なクラウド戦略機能を改めて確認しましょう。Review the cloud strategy functions that are required to deliver on cloud strategy needs. 組織によっては、戦略的なニーズを満たすために専任のチームまたは仮想チームは必要ありません。Not every organization requires a dedicated team or virtual team to help meet its strategic needs. RACI (実行責任、説明責任、助言、通知) テンプレートで戦略の主要な責任を列挙し、それぞれチーム内のだれが担当するかを確認します。In your RACI (responsible, accountable, consulted, and informed) template, list the core accountabilities of the strategy, and identify the person on your team who will be accountable for each. そのすべての説明責任を 1 人の担当者が負う場合は単に、RACI テンプレート内の "クラウド戦略" をその人物の名前に置き換えてください。If one person will take on all of those accountabilities, simple replace "cloud strategy" with that person's name in the RACI template.

    手順 2:クラウド戦略チームを結成するStep 2: Establish the cloud strategy team

    クラウド戦略チームは、ビジネス リーダーと IT リーダーとの間に立って、定期的にすり合わせを行う役目を果たします。The cloud strategy team serves as a recurring alignment point between business leaders and IT leaders. 重要度やリスクの度合いによって、また、戦略チームのニーズを後押しする経営幹部のサポートのレベルによって、チームの参加や構成メンバーは変わる可能性があります。Based on the levels of importance, risk, and executive support that drive the need for a strategy team, participation in and the composition of the team might vary.

    成果物:Deliverables:

    • クラウド導入戦略の説明責任と実行責任を積極的に共有する適切な組織または個人を特定します。Identify the appropriate organizations or individuals who are willing to share in the accountability and responsibility for driving the cloud adoption strategy.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    • 専任のチームがあることで恩恵を受け、また戦略の推進に貢献しうる利害関係者を明確にするために、手順 1 の根拠を文書化し、共有します。Document and share your reasoning from step 1 to identify stakeholders who will benefit from regular involvement and will be able to help drive the strategy.
    • だれが適任かについては、「クラウド戦略機能」を参照してください。For ideas about who might be a good fit, see Cloud strategy functions.
    • 想定される関係者それぞれの整合性と労力的余地を検証するには、この機能の最小スコープ成果物を確認します。To validate the alignment and bandwidth from each potential participant, review the minimum scope and deliverable for this capability.
    • 現在のチーム構造に基づいて適切な RACI チャートを作成するには、さまざまな RACI の構成例を確認するか、RACI テンプレートの下部にあるタブ例のいずれか 1 つを選択します。To establish the right RACI chart based on you current team structures, review the various RACI configuration examples, or select one of the example tabs at the bottom of the RACI template.
    • その結果を RACI テンプレートOrg Alignment ワークシートで文書化します。Document the results in the RACI template in the Org Alignment worksheet.

    説明責任を担う人物またはチーム:Accountable person or team:

    • クラウド戦略チームの結成についての説明責任は、戦略ファシリテーターが負います。The strategy facilitator is accountable for establishing the cloud strategy team.

    手順 3:頻度を確立するStep 3: Establish a cadence

    チームは、クラウド導入の取り組みの初期段階で、意思の疎通と反復的な戦略レビューを頻繁に行う必要があります。Early in the cloud adoption journey, your team will require frequent interaction and iterative strategy reviews. 導入作業が始まるとその頻度は減っていき、バックログ優先順位の状態と検証 (または調整) へと重点が移ることになります。As adoption starts, that frequency will lessen, transitioning to a focus on status and validation or adjustment of the backlog priorities.

    手順 4、5、および 6 は、4 週間から 6 週間以内に完了する必要があります。Steps 4, 5, and 6 should be completed within four to six weeks. 残りの手順は、後続のミーティングで遂行することになります。The remaining steps will be completed in subsequent meetings. チームが手順 7 を開始するまで、より頻繁にミーティングを開催することを維持する必要があります。More frequent meetings should be maintained until the team begins step 7.

    成果物:Deliverables:

    推奨されるミーティングの頻度を確認したうえで、戦略チームのメンバー全員とのミーティングをスケジュールします。Review suggested meeting cadences and schedule meetings with all strategy team participants.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    • 文書化されたそれぞれのメンバーの認識を一致させるために、推奨される短期的および長期的なミーティング頻度を確認します。Review the suggested short-term and long-term meeting cadences to align each of the documented participants.

    説明責任を担う人物またはチーム:Accountable person or team:

    • クラウド戦略チームのミーティング頻度の確立についての責任は、戦略ファシリテーターが負います。The strategy facilitator is accountable for establishing an appropriate cadence for the cloud strategy team.

    手順 4:動機主導の戦略を確立するStep 4: Establish a motivation-driven strategy

    クラウド導入の取り組みには、移行とイノベーションの両方のアプローチがあります。Cloud adoption journeys include approaches to both migration and innovation. 技術チームが戦略を設定するとき、その戦略は、チーム メンバーが現在有しているスキルや強みによって決まるのが一般的です。When technical teams define the strategy, it's common for the strategy to be driven by the team members' current skills and strengths. そのような戦略は、技術的には成功を収める可能性が高いものの、ビジネス インパクトが限定的なものになるリスクをはらんでいます。Such a strategy is likely to be a technical success, but it risks producing limited business impact.

    クラウド戦略チームの最初の目的は、ビジネスの動機に基づいて戦略の概略を設定することです。The first objective of the cloud strategy team is to define a high-level strategy that's based on business motivations. これは通常、クラウド戦略チームのメンバー全員との 1 時間のワークショップで完了することができます。This can usually be completed in a one-hour workshop with all of the cloud strategy team members. また、さまざまな技術チームおよび対象となる利害関係者と一緒に、さらに 1 時間以上かけてビジネスの動機を確認することも必要です。It also requires a minimum of one additional hour to review the business motivations with various technical teams and affected stakeholders.

    最初のワークショップ時に、チームの各メンバーが動機に優先順位を付け (動機の把握に関する記事を参照)、その最優先事項を共有する必要があります。During the first workshop, each member of the team should prioritize its motivations in the understand motivations article and share its top priorities. 移行またはイノベーションの方向でテーマが見えてくるまで、戦略ファシリテーターが主導で、少なくとも 1 回、会話の場を設けるようにします。The strategy facilitator helps guide one or more rounds of conversation until a theme emerges in the direction of migration or innovation. 動機は、両方のカテゴリの上位 3 件のリストにある可能性が高く、明確なパターンがどちらか一方に傾くまでには、チームがそのリストを深く掘り下げる必要がある場合があります。There will likely be motivations in the top 3 list from both categories, which might require the team to go deeper on its list before a clear pattern leans one way or another.

    チーム メンバーの足並みを揃えるうえで役立つ会話が、この作業を通じて引き出されます。This exercise will surface conversations that can help build alignment among the team members. この成果物は、残りの戦略と結果として生成される計画の指針となります。The deliverable will help guide the rest of the strategy and the resulting plan.

    成果物:Deliverables:

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    • 動機を把握する: 重要なビジネス イベントや一部の移行の動機は、コスト重視となる傾向があり、その後のすべての取り組みでコスト管理の重要性が大きくなります。Understand motivations: Critical business events and some migration motivations tend to be cost sensitive, which increases the importance of cost control for all subsequent efforts. 一方、イノベーションまたは移行による成長に関連した未来志向の動機もあり、その場合には、より営業収益に重点が置かれます。Other forward-looking motivations that are related to innovation or growth through migration might be focused more on top-line revenue. 動機を把握すると、チーム メンバーによるコスト管理の優先度付けの判断に役立てることができます。Understanding motivations helps team members decide how high to prioritize your cost management.

    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウド導入チームCloud adoption team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • 手順 5:ビジネス成果を確立するStep 5: Establish business outcomes

    クラウド戦略チームの各メンバーは、ビジネスの成功を測定するための具体的なメトリックを適用することで、ビジネス成果を少なくとも 1 つ定義するよう求められます。Each member of the cloud strategy team is asked to define one or more business outcomes by applying specific metrics to measure business success. ある特定のメトリックを、クラウド導入の取り組みの直接の結果として改善できる場合、チーム メンバーは、予想される影響を共有するよう求められます。If a certain metric can be improved as a direct result of the cloud adoption effort, a team member is asked to share the expected impact. クラウド導入の取り組みがメトリックに影響しない場合でも、そのメトリックをビジネスが後押しできるようなら、そのことも文書化する必要があります。If the cloud adoption effort doesn't affect the metric but will enable the business to better drive the metric, that too should be documented.

    クラウド戦略チームのリーダーの多くは、その核となるメトリックを分解して、クラウド導入の取り組みによって影響を受ける可能性のある成果を特定しなければなりません。Many leaders on the cloud strategy team might need to decompose their core metrics to identify an outcome that can be affected or influenced by the cloud adoption effort. その取り組みによってチーム メンバーの成果が変わらないようなら、プログラムへの関心の度合いを維持することは難しいでしょう。If the team members' outcomes can't be affected or influenced by this journey, it might be hard for them to maintain their level of interest in the program. ファシリテーターは各リーダーと連携して、一線化されたメトリックを策定し、チーム メンバーが戦略チームの一員として適任であるかどうかを再評価する必要があります。The facilitator should work with each leader to develop an aligned metric and reevaluate whether that team member is the right person to participate on the strategy team.

    ビジネス成果に反応が現れるまでには時間がかかる場合があります。Impacts on business outcomes can take time. そうした類の変化は、技術の変化に比べて進行が遅いのが一般的です。These types of changes typically move slower than technical changes. 透明性を維持するために、戦略チームは、より短期的な学習メトリックを取りまとめる必要があります。To maintain transparency, the strategy team should agree on shorter-term learning metrics. そうしたメトリックには、それぞれのチーム会議でレビューすることによって技術的な目標やビジネス成果に向けた進捗を実証できるような変化 (技術的変化など) が挙げられます。These metrics might include technical and other changes that can be reviewed at each team meeting to demonstrate progress toward technical goals and business outcomes.

    成果物:Deliverables:

    • クラウド戦略チームのメンバーごとに、期待されるビジネス成果を少なくとも 1 つ割り出します。Identify at least one expected business outcome per member of the cloud strategy team.
    • 期待される時間の必達目標と期待される成果を一線化するために、メンバーのリストを絞り込みます。Refine the list of members to align expected time commitments with expected outcomes.
    • 継続的に進行状況をレポートできるよう一連の短期的メトリックと中期的メトリックを整理します。Align on a set of short-term and mid-term metrics to support ongoing progress reports.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    • 戦略と計画のテンプレートにビジネス成果を記録します。Record business outcomes in the strategy and plan template.
    • ビジネス成果:一部の財政上の成果では、コストが極端に重視される傾向があります。Business outcomes: Some fiscal outcomes tend to be extremely cost sensitive. 目標とする成果が財務メトリックと対応関係にある場合は、極力早い段階で Cost Management のガバナンス規範に投資するのが賢明でしょう。When the desired outcomes map to fiscal metrics, it can be wise to invest very early in the Cost Management governance discipline.
    • ビジネス成果と導入の技術的な取り組みとの間に存在するギャップは、学習メトリックを利用して埋めることができます。Learning metrics help bridge the gap between business outcomes and technical adoption efforts.

    説明責任チーム:Accountable team:

    クラウド戦略チームがポートフォリオを表示するビューを定義する責任を負います。The cloud strategy team is accountable for defining business outcomes. チームは特定のメトリックを使用して、ビジネス結果の成功を測定できます。The team can use specific metrics to measure the success of the business outcomes.

    手順 6:業務上の正当な理由に基づいて、計画を続行するか中止するかの判断を下すStep 6: Decide whether to proceed or cancel based on the business justification

    業務上の正当な理由は、計画、長期的なリターンの予想、総保有コスト (TCO) の予想に寄与します。Your business justification can help with planning, long-term return expectations, and expectations about total cost of ownership (TCO). この手順でクラウド戦略チームは、計画を進める判断をチームですり合わせるために最低限、どの程度の規模の分析が必要かについて合意する必要があります。In this step, the cloud strategy team should agree on the minimum amount of analysis required to help the strategy team align on a go-forward decision. 戦略的なすり合わせには、踏み込んだ計画と TCO 分析が必要になる場合もあります。Strategic alignment might require deep planning and TCO analysis. ほとんどのクラウド戦略チームは、単純なコスト分析で十分に方向性を一致させることができます。Most cloud strategy teams will find a simple cost analysis sufficient to align on direction.

    戦略チームの各メンバーは、業務上の正当な理由に関わる一般的な通説とアプローチを確認する必要があります。Each member of the strategy team should review common myths and approaches to business justification. これにより、チームは、サポート チームから期待される特定の分析情報を伝えることができます。This can help the team communicate the specific analysis that's expected from the supporting teams. チームがこの期待に応えられるようになったら、時間投資とミーティングの頻度を下げることができます。After the team communicates its expectations, it can reduce its time investment and meeting frequency. 業務上の正当な理由とデジタル資産分析の両方について見解が一致するまでは、チームは引き続き、戦略を遂行するうえでの責任を負います。The team will maintain accountability for completing the strategy until the business justification and digital estate analysis have been agreed upon.

    成果物:Deliverables:

    • サポート チームと一緒に、業務上の正当な理由を提示する作業を開始します。Kick off the business justification effort with your supporting teams.
    • クラウド導入計画を続行するか中止するかの判断について戦略チームの意見が一致するまで、サポート チームと毎月 (または必要に応じて) ミーティングを行います。Meet with the supporting teams monthly (or as needed) until the strategy team can align on a go/no go decision to proceed with cloud adoption.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    • 業務上の正当な理由は、クラウド導入の財務計画全体の概要を示します。The business justification serves as a high-level view of the overall financial plan for cloud adoption. これは、最初の予算作成に役立つ情報源となる可能性があります。This can be a good source for initial budgeting efforts.

    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウド導入チームCloud adoption team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • 手順 7:定期的な頻度で導入をサポートするStep 7: Support adoption through a regular cadence

    クラウド戦略チームは、戦略を進める判断で合意したら、作業のペースを落とし、ミーティング頻度を減らしていくことができます。After a go-forward decision has been agreed upon with the cloud strategy team, the team can transition into a less intense and less frequent meeting cadence. この時点でチームに期待されることも変わっていきます。The expectations of the team also shift at this point. 取り組みの内容が戦略的な定義から導入作業 (計画、準備、導入) へと移ったら、戦略チームには、優先順位付けと戦略的なサポートに重点を置くことが期待されます。After the journey moves from strategic definition to adoption efforts (plan, ready, adopt), the strategy team is expected to focus on prioritization and strategic support.

    成果物:Deliverables:

    • 優先順位付け: 既存のデジタル資産が合理化されるときに、戦略チームは移行やイノベーションの優先順位を確立するのを支援します。Prioritization: When the existing digital estate is rationalized, the strategy team helps establish waves of migration or innovation priorities. これにより、技術実装チームがビジネス価値を高めることに注力できます。This helps the technical implementation teams focus on actions that drive the greatest business value.
    • リスクを評価する: クラウド導入が広がるにつれて、新しい導入形態から、今までになかったリスクが顕在化します。Evaluate risks: As cloud adoption grows, new forms of adoption expose new risks. そうした新たなリスクを評価する責任は戦略チームにあります。The strategy team is responsible for helping evaluate those new risks. 新たなリスクを評価し、ビジネスがそのリスクに耐えられるのか、それともそれらのリスクを排除または対処するためのポリシーが必要であるのかの判断が戦略チームには求められます。The expectation of the strategy team is to evaluate new risks and determine whether the business can tolerate the risks or it needs policies that eliminate or mitigate them.
    • 予算と支出を確認する: クラウド導入が拡大するにつれ、ポートフォリオに含まれるさまざまなワークロードの予算も増えていきます。Review budget and spend: As cloud adoption increases, so will budgets for various workloads in the portfolio. 予算に対する実際の支出を毎月、クラウド戦略チームが確認し、解決すべき問題を突き止める必要があります。On a monthly basis, the cloud strategy team should review actual spend against budget to identify issues that need to be resolved. 予算の変更を早期に把握して対処することが、導入ライフサイクルの後の段階になって想定外の費用が発覚するのを防ぐことにつながります。Detecting and addressing budgetary changes early will help prevent sticker shock later in the adoption lifecycle.
    • ビジネス計画: 導入チームによる移行またはイノベーションに向けた取り組みが完了したら、新しいテクノロジ ソリューションからのリターンを最大化するために、追加のビジネス計画が必要になります。Business planning: When the adoption teams complete their migration or innovation efforts, additional business planning will be required to maximize return from the new technology solutions. その計画には、エンド ユーザーのトレーニングやビジネス プロセスの変更など、導入後の作業が含まれる場合があります。Such planning might include user training, business process modifications, or other post-adoption activities.
    • 経営幹部からのサポート: クラウド導入には組織的な変化が伴います。Executive support: Cloud adoption will result in organizational change. それが最も顕著に現れるのは IT 組織です。This is most visible within the IT organization. 変更を把握したり、新しいスキルを身に付けたり、新たなモデルでの最善の運用方法を理解したりするために、さまざまなチームやそのメンバーに、戦略チームから別途サポートを提供する必要性が出てくる場合もあります。At times, various teams or team members might need additional support from the strategy team to understand the changes, develop new skills, and understand how to best operate within the new models.

    成果物の完遂をサポートするうえでのガイダンス:Guidance to support deliverable completion:

    • 増分型の合理化:遅延バインディングの技術的な決定を適切に調整する合理化に対するアジャイルなアプローチを検討します。Incremental rationalization: Consider an agile approach to rationalization that properly aligns late-bound technical decisions.
    • 合理化の 5 R:合理化のさまざまなオプションについて理解します。The five Rs of rationalization: Understand the various rationalization options.

    説明責任チームAccountable team 実行責任チームとサポート チームResponsible and supporting teams
  • クラウド戦略チームCloud strategy team
  • クラウド ガバナンス チームCloud governance team
  • クラウド導入チームCloud adoption team
  • クラウドのセンター オブ エクセレンスまたは中央 IT チームCloud center of excellence or central IT team
  • 参照トピックWhat's next

    戦略と計画は重要です。Strategy and planning are important. チームで必要とされるクラウド導入機能を特定するまで、何もすることはできません。Nothing is actionable until you identify the cloud adoption functions that are needed on your team. 導入への取り組みを開始する前に、これらの主な機能を理解しておくことが重要です。It's important to understand these key capabilities before you begin your adoption efforts.

    クラウド導入機能を担当する導入チーム (または個人) と連携して、戦略とクラウド導入機能との整合性を確保します。Align your strategy with the cloud adoption functions by working with the adoption team or individuals who are responsible for these functions.

    RACI の各パーティを明確にするクロスチーム マトリックスを作成することで、チーム間での責任を調整する方法を確認します。Learn to align responsibilities across teams by developing a cross-team matrix that identifies RACI parties. RACI テンプレートをダウンロードして変更してください。Download and modify the RACI template.